詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    忘年会スルー(駄)

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    忘年会キライ
    話題
    今日は金曜日、忘年会が一番多い日みたいですね。
    「忘年会スルー」が流行語だと、夕方のニュースで報じていました。
    しかも、複数局のニュースで同じ話題を採り上げてました。
    20~30代の若い社員は上司の相手をするのが嫌で、口実を作っては「忘年会スルー」するのだとか…

    しかし50代の私が若い頃も、まったく同じことしてました。
    「忘年会スルー」という言葉こそなかったけど、私は忘年会に限らず職場の飲み会は極力スルーしてました。
    私だけでなく、同世代お同僚は大体同じように行動してました。

    今日のニュースでも、「忘年会が嫌い」と答えた比率は実際、20~30代よりも40~50代の方が多いというアンケート結果を伝えていました。
    じゃあ何故ここにきて敢えて「忘年会スルー」が話題になってるんでしょうか?
    いつの世も繰り返される、単なるジェネレーションギャップなのでは? と思いました。

    あ、単なる(駄)です。
    ふと疑問に思いました。

    トピ内ID:4434221439

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 31 面白い
    • 12 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 27 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    おっしゃっているとおり

    しおりをつける
    🙂
    弱腰
    いつの世も繰り返されているものですよ。
    袖にされたほうは、自分の若いころを忘れているのです。
    「近頃の若いもんは・・・」という常とう句と一緒ですよ。
    ただ私は職場の飲み会は極力出ていましたけどね。
    飲み会でないとわからない、体験できないことはたくさんあります。
    仕事の一環ですから。

    トピ内ID:0630963415

    閉じる× 閉じる×

    面白い。

    しおりをつける
    💤
    成程。
    今の40代ー50代も若い頃は忘年会嫌だったと言うなら、何故今も忘年会と言う行事続けているのか?って話ですよね。あ、ちなみに私も50代。

    若い頃忘年会嫌だったと言う人がもし上司になっているなら後輩の気持ちも分かるはずだし、止めそうなものなのに今もなお忘年会ある会社は沢山ありますね。

    忘年会の起源は鎌倉時代の貴族が始めたらしいけれど、律義な日本人は何百年もお正月や節句を祝う様に忘年会も日本人の行事の一つとして続けて来たのでしょうか?

    でも時代も変わり、もうそろそろ義理立ての忘年会なんぞ止めましょうの声が上がってきているのかもしれませんね。
    実際忘年会の時期が忙しいはずの飲食店の売り上げが落ちているのでしょう?
    きっと会社の忘年会を止めている会社も今後増えるのかもしれません。

    私が若かりし頃働いていた会社はスルー出来る雰囲気ではなく、ほぼ強制でした。
    今の様に○○ハラなんて言葉も無かったですから、強制で出席が当たり前でしたね。何でもありの時代だったかも。

    トピ内ID:0412666417

    閉じる× 閉じる×

    本当ですか??

    しおりをつける
    🐶
    パクパク
    トピ主さんと同年代ですが、「忘年会スルー」はほとんどできませんでした。

    行きたくない派でしたが飲み会はことあるごと、先輩に「わかってるだろうけど飲み会は仕事だからな」と常に言われてました。
    欠席のときは一人ひとり上長に理由を説明して了承を得るのが不文律。ちなみに公務員です。

    トピ主さんのようにスルーされてた方が少数派だと思います。
    だから今の40、50代は忌避するのではないですか。

    その年代だと若い頃は飲酒の強要、女性や新人はお酌回りが当然、セクハラや酒での失態も今よりずっと容認されていて、大抵被害者は泣き寝入り。
    飲み会といえば楽しい場面もありながら嫌な記憶もセットになっていると思います。

    「忘年会スルー」が流通するのも、飲み会が嫌いだと公然と言えるようになり、それを端的に表す言葉が必要になったからでしょうね。

    トピ内ID:8523631419

    閉じる× 閉じる×

    嫌いだけど参加していたのでは?

    しおりをつける
    🙂
    カテゴリー別
    忘年会が嫌いな人が40~50代に多いのは、「嫌いだけど断れなかった、断れない」人が多いのだと思います。
    忘年会で嫌な体験をしたことがある人も年を重ねるごとに増えるでしょう。
    女性社員の割合が40~50代の方が少ないのも、こういう因習を避けて仕事を非正規に変える人も多いからでしょうね。別の要因もあるでしょうけど。
    そういった理由で、忘年会が嫌いな人は20~30代より40~50代が増えるのでは?

    実際、半数は嫌と答えていても、参加者が半数って職場は、いまだに少ないのではありませんか?
    だから、「忘年会スルー」という言葉で断りやすい風潮を生み出しているような気がします。
    流行に敏感ということで、忘年会を堂々と欠席できる雰囲気作りでは?

    トピ主は少数派だったと思います。
    社風や業界の傾向もありますから、同窓会などで他業種の人に聞いてみては?
    私はトピ主より下の世代ですが、断れない雰囲気は強かったです。
    先輩の40代の方が断ってくれていて、便乗して断るようになりました。
    有り難いことです。

    ジェネレーションギャップではなく、社会の傾向として忘年会みたいな職場の飲み会は今後も減っていくと思いますよ。

    トピ内ID:0842788317

    閉じる× 閉じる×

    変わってないと思うけど

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    昔っから『ワタシはホントは嫌なんだけど~、でも周りがみんな来て来てしつこくって~♪』
    みたいな体でいたがる人って、いませんでした?

    それの言葉を変えたのが“忘年会スルー”で、別に不参加を決め込んだものでは
    ないって思いましたけど。

    何だかんだ言っても、特に女性の『ワタシは誘われなかった?!』コンプレックスって
    昔も今もそんなに変わらないし、気に留める言葉とは思いません。

    トピ内ID:0053825106

    閉じる× 閉じる×

    まだマイノリティーだから

    しおりをつける
    blank
    昭和人
    このトピへのレスでも分かるように、忘年会スルーを実行する人は、たとえ数が多くても立場としてはマイノリティーです。
    少数派を取り上げることが話題となるので、定期的に報道されるのでしょう。

    たぶん皆さんよりだいぶ上の年代ですが、忘年会スルーは普通に行われていました。
    自分も、「出来ればスルー」でした。なかには「完全スルー」もいたが、仕事に支障が出ているのを見たことはなく、それなりにエラクなっていました。
    そもそも酒の席でペラペラしゃべるような人間は信用されるわけもなく、大切な情報は伝えられません。
    酒席で大事な情報が取れると思うのは、勘違いではないですか。

    自分が、忘年会を左右できる立場になったときに実行したのは、
    *積立式だった会費を、行事の度に現金で集金する。
    *座席は、幹事役を除いて抽選方式にして、仕事上の序列と切り離すようにする。
    *幹事役には、それまで必ず女性1人加えるのが決まりだったのを廃止、男だけでも女だけの組合せでも、その時まかせにした。

    この結果、「出たくないのに無理して出席」という人がいなくなり、風通しが良くなりました。

    会社の規模は、かなりデカイほうで、いわば先端技術産業です。

    トピ内ID:9624922357

    閉じる× 閉じる×

    なんとなくうなずける

    しおりをつける
    🎶
    アイボリー
    私はお酒が好きなので忘年会は好きな方ですが、
    40~50代の方に忘年会嫌いが多いのは何となくうなずけます。

    25年~30年くらい前の飲み会には飲酒の強要とかイッキ飲みが流行っている頃だったので、嫌な思い出がある人も多いのではないかな?

    そう言えば、酒の味も分からない奴にイッキ飲みを強要され、それを断ったらなんと、酒の飲み方のうんちくを語りだした奴がいました。

    お酒を味わって飲むか、バカ騒ぎして飲むかの違いなのに…。
    思い出します。

    トピ内ID:1815041832

    閉じる× 閉じる×

    同調圧力はあったけど

    しおりをつける
    🐧
    けちゃっぷ
     昔は参加人数に依って会社から補助があったから、兎に角出ないと後が面倒になる。自分の頃も忘年会かねた社員旅行とか泊りで。

     今はそういう親睦会も脱税の温床になるとかで解散して、冠婚葬祭は規定集に盛り込まれているから、会の参加も自費になって不参加し易くなっている。

     

    トピ内ID:6186127844

    閉じる× 閉じる×

    嫌いと言うよりも

    しおりをつける
    🐤
    真夏
    40代50代は子どもの学費が一番かかる時期です。
    無駄な出費は抑えたいがあると思います。

    50代後半で忘年会嫌いなのは、もともとアルコールがダメな体質だったり、体力がついていかないがあるのではないでしょうか。

    トピ内ID:4070554598

    閉じる× 閉じる×

    忘年会スルー派が会社の主流になる事は果たしてあるのか

    しおりをつける
    🙂
    tete
    若者が嫌いなのは、好きでもない会社の上司や先輩との飲みですよね
    これはいつの世もそうだと思います、今に始まった事ではない
    お酒そのものがダメ派もいますが
    これは忘年会スルーとはまた違うカテゴリでしょうね


    つまりは、結構な割合の人々が
    飲み会そのものが嫌いなわけでは無い
    自分が楽しめる飲み会なら好きなんですよ

    会社の幹部連中も同じです
    彼らにとっては会社が輝ける場です
    だから会社の飲み会を開くのはむしろ当然です


    そこでふと思う
    忘年会スルー派が会社の主流になる事は果たしてあるのか

    能動的にその組織の運営をやっていく立場の人が
    忘年会やりたくない、ってメンタルではその会社は恐らくヤバいでしょう

    忘年会スルーは、一方で会社の主流の人々がやる気満々で居てくれるからこそ
    存在が許されるのかもしれませんね
    毎年愚痴をこぼすくらいにしておくのが良いのではないでしょうか

    トピ内ID:5944074936

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    忘年会キライ
    トピ主です。
    たくさんのご意見、ありがとうございます。
    いろいろ考えさせられました。

    私が社会人になった頃、
    「OLの主な仕事はお茶汲みと鉛筆削り」
    などと巷間では言われていました。
    しかし実際の職場では、お茶汲みも鉛筆削りもする必要はありませんでした。
    私は何度か転職しており、社員規模は数十人~数万人いろいろ経験しましたが、その点はどこも変わりませんでした。
    ですから「お茶汲み」は都市伝説だと思ってました。

    同じように、
    「忘年会では上司にお酌しなきゃいけないからイヤだ」
    「忘年会は飲ミニュケーションだから仕事のうち」
    なんてことも、当時から巷間では言われていました。
    しかし実際には、ビールは瓶ではなく生ビール(ジョッキ)の時代が始まっており、上司にお酌する必要もありませんでした。
    場合によっては断りにくい飲み会もありましたが(例:私の歓迎会)、それ以外はスルーしても別段支障はなかったと記憶しています。
    だから同じように、「忘年会の強制参加」も都市伝説だと思っていました。
    ただ実際に忘年会スルーする人は皆さんがおっしゃる通り少数派でしたし、それは今も変わらないようですね。
    私自身も不承不承ながら参加したこともあります。

    ただし、社員旅行はスルーできませんでしたね。
    海外旅行で費用は100%会社持ちでしたが、毎回いやいやながら参加してました。
    添乗員が「飾り窓に行きたい方はこのあとロビー集合」なんて平気で言ってた時代です。
    昼間は観光地を巡ってもバスの中で高いびきのオジサマ上司、何のための旅行?って感じでした。
    現代ではもう社員旅行がある企業は少ないでしょうが、忘年会は延々続いているんですね。

    トピ内ID:4434221439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    このニュース見ました

    しおりをつける
    🙂
    南華
    確か、代わりに昼食会をやる会社が増えている、という話でしたね。

    昼食会、悪くないですね。

    会社の人たちとの飲み会は、酒が入るために、愚痴や説教、日頃の憤懣をぶちまけたりのあまり歓迎出来ない雰囲気になりやすい。

    昼食会なら、酒もビール少々でしょうから、そういう嫌な雰囲気にならずに済みそう。

    当方もうリタイア世代ですが、会社の飲み会は出来れば避けたいイベントでした。

    まして、今の個人主義的な若い世代なら避けたいものでしょうね。

    トピ内ID:1132559870

    閉じる× 閉じる×

    気を遣うから

    しおりをつける
    ライ麦
    スマホ世代の若い連中と考え方が違いすぎて、昔自分が若かった頃のようにできず気を遣うから疲れちゃうんじゃないのかな。
    今ってなんでもかんでもパワハラセクハラ言われるしね。

    トピ内ID:8514441158

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    忘年会キライ
    たくさんのご意見、ありがとうございます。

    当該ニュース番組では、南華さまのおっしゃるように、忘年会を夜ではなく昼食会にした会社もあるやに紹介していました。
    夜よりは二次会三次会に繋がりにくく、若い社員もさくっと帰宅しやすい利点はあるかも知れません。

    また会場を社内の会議室にして、料理はケータリング、飲み物はノンアルコール中心にする例も紹介していました。
    しかしケータリング料理を盛り付け直したり、紙コップにジュースを汲んだり準備するのは、当然ながら若い社員でした。
    しかも立食形式で、紙皿に乗せた料理はいまにも落っこちそう。
    忘年会で上司にお酌する以上に、若い社員に業務以外の負担がかかっているように私にはみえましたが…

    私が若い頃、忘年会や社員旅行が嫌いだった理由は、上司に気を遣うとか、酒の席が乱れるからとかだけではありません。
    忘年会や社員旅行は経営者の節税手段であり、また社員の給与を低く抑えながら同時に社員のモチベーションを上げ結束力を強めるための、経営者の常套手段だったからです。
    戦後の高度成長期なら社員側にも利点があったでしょうが、転職が普通の時代になってまで酒肴程度で丸め込まれるようで大変不快でした。
    プライベートな時間まで職場の人とは一緒に過ごしたくない、それより給与を上げたり休暇を増やしてくれる方が社員本人のためになるはずなのに…と。

    日本は長いこと景気が悪かったので、リクルートスーツもいつの間にか真っ黒ばかりになりました。
    社員の価値観も、私の若い頃よりもっとずっと昔の価値観にいつの間にか戻っていたんでしょうか?
    ニュース番組を見ていて、そんな印象すら受けてしまいました。

    トピ内ID:4434221439

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    仕事の一環?

    しおりをつける
    😨
    やま
    50代女性です。飲みは嫌いではないです。
    が、部内は日中の信頼関係あってこそ楽しく飲めるのに、飲み会やればコミュニケーションがとれている、と勘違いするおじさん達の多いこと。昔は参加していましたが、勘違いを増長させるだけなので、ほぼ行かなくなりました。

    逆に積極的に参加するのは、普段やり取りない他部署の方々とか、同業他社との懇親会です。
    刺激もあり、有意義な時間を過ごせます。

    トピ内ID:8683598173

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (2)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0