詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 子育てを、労働と捉えてはどうでしょうか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子育てを、労働と捉えてはどうでしょうか?

    お気に入り追加
    レス73
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    やすしこの夜
    話題
    近年、小さい子供たちがどんどん親から切り離されて行く感じがしています。
    それは、共働きが主流になりつつあるからでしょう。
    勿論、べったり親がついているから よい子育てになるとは言いません。
    しかし子供の情緒的な発育において、親のサポートにより軽減されることは多いです。
    実際、物理的にそうしたいのにそう出来なく悔しい思いをしている親御さんも多いと思います。
    私も子育中の親で、中学受験までは経験しました。
    受験だけを見ても結果を出している子の家庭を知ると、親(特に母親)のサポートが分かります。
    その過程としても、多くの習い事や経験を出来る機会を与えられています。
    幼保無料化により母親が働きに出るよう、促されている感覚があります。
    子育てを中心に考えた場合、共働きにより負担が多いのはまだまだ母親だと思います。
    そこで思いついたのが、家庭での子育てしている親に、対価を払う です。
    それはどこかに預けなくても、なるべく家庭内で成立させるためです。
    ここまでの話ですと女は家庭に逆戻りかもしれませんが、どちらも子育てに参加できるようにするは今後の課題ということで。
    私の狙いは時間的拘束により、子供たちがより良い選択を出来る機会を奪われるのを少しでもなくしたいという願望からです。

    トピ内ID:8657854781

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 299 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 37 エール
    • 19 なるほど

    レス

    レス数73

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  73
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    海外在住です。

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    どんなレスが付くのか、ドキドキの投稿だと思いますが、全面的に私の心情とマッチしています。

    アラフォーまで妊娠できず、ようやく授かったということもあ、すすんで専業ママになりました。まだまだ初心者です。

    在住国は日本以上に女性が仕事を持ちキャリアを作ることが重視されており、完全に逆行しております。そのため、一般的に6ヶ月で仕事復帰となるため、我が子も当然のように6ヶ月で人に預けるよう促されました。週数時間でもベビーシッターもしくは託児所に預け、私一人の時間を確保してはどうかという事でしたが、要するにこの早い段階で子供を自立に導きなさい、ということです。

    他にも、6ヶ月目度に子供部屋で一人寝させるような話をされたりすることもありました。

    結論から言って、一緒に寝て、毎日二人で遊んで二人で昼寝をしています。私自身、専業ママの母にべったりの人生でしたが、結婚を機にこちらに来ているのですから自立に何ら悪い影響があったとは思えません。

    子供の情緒発達もそうですが、子供の成長を間近で見ていられる幸せは何にも置き換えられません。

    先日目にした論文ですが、子供と布団を共にすることで、子供と親両方が根本的な安心を得るそうです。特に複雑な家庭に育った夫にとっては大切なことで、子供自分に得られなかったものを子を通して得ているのです。そういう意味においても、両親のどちらかが専業になると言うのは素晴らしい考えだと思います。

    経済の問題等色々あると思いますが、理想です。

    トピ内ID:6592961490

    閉じる× 閉じる×

    逆戻りどころではない

    しおりをつける
    blank
    はて
    単に育児の実務のみならず、扶養の義務からすら逃げたい
    父親の提案にしか見えませんが。
    育児は母親、扶養は国家。父親は何するんですか。

    トピ内ID:9497978294

    閉じる× 閉じる×

    教えて下さい。

    しおりをつける
    🙂
    あぼ
    >家庭での子育てしている親に、対価を払う です。

    対価は、誰がどのくらい支払うのですか?

    国・地方自治体で、大人1人子供1人の生活を支える位必要とすれば、
    「生活保護」みたいなことですか?
    旦那さんが支払うとすれば、今時大人1人子供1人の生活を支える位、稼げる方がどれくらいいるのでしょうか?

    対価は生活するための一部を支給するとすれば、
    現在の児童手当とどう違いますか?

    私も現代は子供を育てることに、すごく高いハードルがあると思います。
    今後の世代のための良い議論になれば良いなと願います。

    トピ内ID:8713381084

    閉じる× 閉じる×

    やーめーてー

    しおりをつける
    🙂
    しなもん
    子育てを労働と捉えて対価を払う。報酬を払う。
    報酬があるということは、それに対する責任も一層増しますよね?

    ただでさえはじめての育児でどうしていいか分からず悩みながら手探りで進んでいくしかないのに、「報酬を受け取ったんだから、母親が責任持って育てろ(他の人間は協力する必要はない)」って言われるんですか?
    育てる責任なんて、妊娠した時から嫌でも感じてますよ。
    何度逃げ出したいと思ったか。

    そうやって親、特に母親に責任を押し付けるの、やめてくれませんか。

    トピ内ID:0247161730

    閉じる× 閉じる×

    父親は?そして野心のある女性は?

    しおりをつける
    🐧
    バナーヌ
    なぜ父親が出てこないのでしょう?父親の役割を果たしていない男性が非常に喜ぶ政策になるでしょうね。

    さらに仕事をする女性が皆生活のためだけに働いているわけではありません。専門職の多くはキャリアを中断したらそこで全うなキャリアが終わってしまうと思います。私はただの研究者志望の学生ですが、医師になった長姉と大学教員になった次姉はそれぞれ複数の子供のを育てながらキャリアを途絶えさせないよう必死で頑張ってます。自分の能力で意味のある仕事で結果を出したいと思っている野心のある女性にとっては何の意味もありません。それより家事育児を協力して負担する夫が必要なんです。

    ただお金をもらって、または夫に経済的に頼ることによって(親から)自立している以上の意味が社会の中での仕事にあることを完全に忘れています。

    トピ内ID:1043118898

    閉じる× 閉じる×

    制度を変えるパワー

    しおりをつける
    くものす
    私も基本的には、トピ主さんのお考えに賛成です。
    海外でも、国によっては子どもが複数いれば、それでちょっとしたパート収入に相当するくらいの手当てが出るところがあります。日本ももはや個人の負担で子どもを増やせる社会ではないので、国が積極的に介入して、助成してでも、奨励すべきだと思います。

    ただ、そういうことをするには、税制や社会保障制度の大きな改変が必要です。
    いま、後期高齢者の医療費の自己負担を、3割にしたほうがいいとわかっていながら、政府も与党も、2割ということさえ言い出せずにいます。
    そういう政治環境で、大きく増税をして、出産・育児への手当てに回すということを、誰が言い出して、誰が実行できるのか。
    なかなか難しいことでしょうね。

    すでにあと数年で、女性の半数は50歳以上になります。
    もうそこから先は、いくら払っても、そもそも出産できる人がいなくなっていくのです。
    あのときに、もっと思い切ったことをやっていればと思いながら、この先の日本で生きる人は、国が縮小していくか、多くの移民に依存せざるを得なくなっていくのを、見るしかないのでしょうね。

    トピ内ID:3645237644

    閉じる× 閉じる×

    子育てをちゃんとするかはわからない。

    しおりをつける
    blank
    くま
    家にいてもネグレクトや虐待する人もいますよね?
    そういう家庭では保育園が安心の場所であったり、成長を促してくれる場所であるわけです。
    そして虐待などがないか保育園での目がある事で見つかる事もありますよね。
    そう考えるとそのような家庭の場合は早くから保育園に入っているのは子供にとっては有益な事です。
    虐待する親に労働として対価を払うのはおかしい。

    勿論、子供としっかり向き合って触れ合っていきたいし出来る人もいるでしょう。
    両者の線引きは難しいですよね。
    誰がとうやって判断するの?って事です。

    私は成人まで育てて、その子たちが税金を納めるようになったら、年金額が多少アップするのがいいのではないかと思います。納税者を育て上げたのですから、貢献度を考えて年金をあげる。
    ニート、引きこもりは所得税払ってないから年金はそのまま。(将来的に働く可能性も考えて)
    子供なしは養育費分貯蓄が可能なので年金が減る。
    年金が増える事で、老後分の貯蓄目標が減り、少しは生活が楽になって、子供に目を向けられるのではないかと。

    でも結局は先のお金より目先のお金で人は動くかな?とも思いますがね。

    トピ内ID:7765212336

    閉じる× 閉じる×

    算定基準はどのように?

    しおりをつける
    🙂
    waniwanini
    子育ては夫婦でするものですが、その視点が完全に抜けてますね。
    父親は子育てに必要ありませんか?
    父親不在の家庭に育った子どもがのほうが、
    より良い選択ができて、子どもの将来のためになるとでも?

    それとも、子育てに父親がかかわったら
    その分対価が払われるということですか?

    子育てはいつか終わりが来ます。
    そのあとどうするかも問題ですよね。
    ずっと働いていれば、収入も上がるし、定年まで働ける。
    家で子育てだけしてきた人がその後再就職となると、難しそうです。

    トピ主さんは、お金のために働いているけど、本音では働かずに
    子どものためという大義名分の上に、専業主婦になりたいのですか?

    それとも、子育てにこれほどの手間暇をかけているのに
    なんの対価も払われないことが不満なのかな?

    まあ、専業主婦で家事と子育てだけやって、その上対価なんてもらえたら
    どれほど楽かとは思いますけど。
    私は自分が働きたくて働いているので、どんな制度ができても働きます。
    それは子どもを不幸にすることなのでしょうか?

    トピ内ID:4401891615

    閉じる× 閉じる×

    福祉とか社会保障の考え方から逸脱している

    しおりをつける
    🙂
    りゅう
    子供を産み育てることを労働というのは、ちょっと変だと思います。


    人が生き物として子孫を残すことは労働とは言えないです。
    労働とは、働いてその対価を得る事をさしているからです。


    しかしトピ主さんの言いたいこともわからないではないです。

    ただ、人の生き方に口を出さないのも成熟した社会の有り様だと思います。

    家で子供を見ている人にも、辛いことや悩みがあるでしょうから、福祉でそれを救ってあげればよいです。
    働いているお母さんも、子供のそばに居て、子供ににいろいろしてあげられなくて、子供が不憫だと思うのなら、それを救ってあげればいい。

    福祉は、皆が幸せになるためのものであって、誰かがお金をもらって得をするというものではないと思います。

    トピ内ID:7771656713

    閉じる× 閉じる×

    子供育て屋さんの登場

    しおりをつける
    🙂
    りゅう
    代理母のような金銭と引き替えに子供を産む人も世界にはいるらしいですが、育てることも金銭的取引の材料になるとしたら、子供育て屋さんが現れるような気がします。

    そういうお金の絡むことには、必ず法の網の目をかいくぐって、一儲けしようみたいな人が現れるからです。

    実際に児童扶養手当を不正に受給していた人の話もありました。
    海外に子供が何十人もたくさんいて・・って話です。

    もし育児報酬みたいなのができたら、実際は育児してないのに、金だけもらってふんぞりかえってるような人がでてきますよ。

    トピ内ID:7771656713

    閉じる× 閉じる×

    海外でのありかた

    しおりをつける
    🙂
    茶葉
    海外在住の通りすがりさんに質問したいことがあります。
    女性もキャリアを求められる社会で、ベビーシッターという職に就くのはどのような人なのか、ずっと疑問でした。

    大学で幼児教育を専攻した人の仕事ですか?
    それとも、学歴のない人の仕事ですか?
    あるいは、その両方が混在しているとすれば、幼児教育に精通している人気のシッターはシッター料も高く、そうでないシッターは質も価格もそれなりとなってしまうのか。
    できたら信頼できるシッターに預けたいのは世界中同じだと思います。母国語の形成の面でも。

    シッターにはシッターのキャリアというものが存在し、社会的地位のある職業として認められるものなのでしょうか。よかったら教えてください。

    トピ内ID:4274725507

    閉じる× 閉じる×

    産油国ならわかるけど

    しおりをつける
    blank
    財源はどこから?
    子供の人数に合わせて対価が支払われるってのは将来税金を「必ず収められる子」に育てる義務が生じるんじゃないですか?

    もしニ一トになった場合は返納するんでしょうか?また必ず子供や生活費にせず遊興費に回しちゃう親もいます。そのためにいっぱい産むけど必要な教育は受けさせない(出来無い)人も出て来そうだし。バラマキ方式は負の連鎖を生むだけの気がするんです。その辺りはどうなんでしょう?

    原油とかのでっかい資源があるお国じゃないとムリな気がします。

    トピ内ID:7555181303

    閉じる× 閉じる×

    対価を払う ?誰が?

    しおりをつける
    blank
    甘夏
    国や自治体ですか?助成金や支援金では無くて、対価なのですね?
    それは時給ですか?ぴったり隣に張り付いて難関校の受験勉強を指導しているお母さんと、宿題でしている教科書音読を家事の片手間に聞いているだけのお母さん。どちらも子どもに寄り添うのは1時間だから同じ対価…というのでは、ちょっと納得がいきませんね。

    それとも能力給?成果主義を取り入れるのもいいですね。子どもの成績や進学先など、結果が明白ですから。せっかく難関校に進んでも、子どもがつまずいて不登校や引きこもりになった場合は返金してくれるのでしょうね?

    成果品が不良品なら、支払った対価が無駄に費やされたことになりますものね。

    トピ内ID:6300724253

    閉じる× 閉じる×

    茶葉さん

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    あくまでも、私が住んでいる東部の田舎でのベビーシッターの状況の一部をお話します。主観的なので、鵜呑みにしないでください。

    まずは大学生のアルバイトです。
    幼い頃からご近所や親戚の子の子守をお小遣い稼ぎでして、キャリアを積んで、大学生になってもっと本格的にというパターン。本格的にというのは、履歴書を作り面接を経て仕事としてという事です。

    他に多いのは、何らかの理由で家にいなくてはならない場合です。家族の自宅介護や、自分の都合で一旦出勤するタイプの仕事から身を引いた人が自宅を開放し、ベビーシッターとなる場合です。

    幼児心理学やその他の大学、短大含め勉強され、キャリアをこの分野で求められる方は、保育所や他の教育機関もしくは教育委員会などの公的機関で就職されることが多いように見受けられます。ただ、大学で保育などをマイナーディグリーで取られる方も結構いらっしゃるようです。故、専門分野が経理や社会学でそちらに精通し専門職をされていても、実は大学で保育も学ばれ実生活で知識を活用されているなど。

    ベビーシッターは様々です。各ご家庭の経済状況で雇えるシッターの時給がかってますし、親が何を求めるかでも違ってきます。よく感じるのは、価値観が様々だということです。タバコを吸うシッターもまだいますし、自分の子と一緒に遊ばせるだけの人も。逆にしっかり新生児のときから預かり親に代わって育てる人もいます。

    社会的な地位という観点からだと、シッターをしているから見下されるということはバイト思います。職業として成立していると思います。

    ちゃんと答えられていると良いのですが。

    トピ内ID:6592961490

    閉じる× 閉じる×

    主さんに賛同

    しおりをつける
    🙂
    リタイヤ世代
     各家庭の事情や考え方は有ると思いますが、私か主さんの考えに基本的には賛同します。

     生まれて何も分からない子供を、大人に育てる中心は親だと思います。 部分的には専門家(学校等)にまかせたとしても、それ以外の社会常識、習慣、その他モロモロの生きていく知識が必要です。そのためには、常に子供に付き合える大人がいるのが理想的だと思います。
     さらに、その大人が親なら子供に必要な面倒を見る事もでき、子供も安心できると思います。
     
     もちんその大人が、家庭の事情で父でも母でも良いと思います。ただ乳児の頃は母の方が優位、また家庭の経済面からも母の方が良い場合が多いと思います。  
     当方昭和ですので、この考えで妻には専業主婦になってもらいました。
     
    >そこで思いついたのが、家庭での子育てしている親に、対価を払う です。

     対価は、誰かのために労働しその見返りをもらう事だと思います。子育ては、子供のために労働(ちょっと言葉は変ですが)するので、子供から見返りをもらうのでしょうか?。子育ては見返りを求めない、ある意味一方的な子供への援助だと思います。あるとすれば自己満足かな?。

     幼保無料化など、働く親に支給される公的な部分を言われているのかな?。
     働く親は、自分自身が働いて収入を得、その間の子育てを他者に依頼している。その対価を公的に支払うなら、家庭で子育てしている親にも同額払うべきとのお考えなら、公平性との観点では同意します。
     もちろんそれが福祉や国の方針等の観点では別の議論ですが・・・。

    トピ内ID:4941822098

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      誤解

      しおりをつける
      🙂
      そこに愛はないのかい
      〉受験だけを見ても結果を出している子の家庭を知ると、親(特に母親)のサポートが分かります。
      〉その過程としても、多くの習い事や経験を出来る機会を与えられています。

      親のサポートがあるのは確かですが
      サポートがあるからと言って、多くの習い事や経験を出来る機会…というのは少し語弊があります。

      それらをするためには資金が必要です。
      そのためには親が子どもに寄り添って成長を見守るだけではなく
      働く事も必要なのです。
      確かに働くことで母親へ更に負担が偏るような子育てになることは考えられます。
      そこは今後の課題とトピ主がいうのは同意です。

      ちなみに…「働く」の語源は「端(ハタ)が楽(ラク)になる」が通説で
      子育ても、子育てで子どもの世話することで端(子ども)が楽になることと考えれば
      「子育てを労働とする」なんて当たり前なのでは?

      つまり、お金の問題ですよね。
      子育てして得た対価が欲しいと。

      トピ内ID:5546733746

      閉じる× 閉じる×

      育休

      しおりをつける
      blank
      ぷりん
      誰が誰に払うのですか?
      父親が母親に払うなら、専業主婦になればいいです。既に父親が母親を養ってるんですから、家事育児の対価を払ってる事になります。
      会社が払うなら、育休はまさにそれでしょ。
      国や自治体が払うなら、既に育児手当がありますよ。
      高校も無償化になり、その分親は払わなくていいのですから会社を休んだらよい。
      育児に対価って、そこまで事務的に処理すべき事なんですか?そんな考えって、世も末だと思います。

      トピ内ID:7950822988

      閉じる× 閉じる×

      レス

      しおりをつける
      blank
      りの
      昔の社会主義の考えはそうですよね。
      人は国家の財産、人材育成は国がやる。
      子育ては労働。
      そういうことですよね。

      トピ内ID:5269400683

      閉じる× 閉じる×

      それよりも

      しおりをつける
      🐱
      とら
      問題は共稼ぎでないと豊かな生活が出来ない(と思い込んでる)事では無いですか?

      ちょっと無理した額のマイホームや車、海外旅行、スマホ、パソコン、塾、家庭教師、お受験、部活、各種習い事、ママ友や職場や親戚との交際、季節の行事、外食、趣味、各種保険、老後の貯金、これら全部真面目にやってたら二人分の収入がないと無理でしょう。

      思い切ってこれらの出費をリストラして、生活を質素にして一人分の収入で基本賄うレベルの生活で満足することができれば、親一人育児に専念できるのではないですか。てか、実際そうやってる人もいますよ。みんながやったら経済は停滞しそうですけどね。

      トピ内ID:2655356256

      閉じる× 閉じる×

      それって

      しおりをつける
      🐱
      お昼寝コロコロ
      保母さんや幼稚園の先生の事では?
      もう既にあると思います。

      トピ内ID:8653877486

      閉じる× 閉じる×

      対価っていくらぐらいのイメージですか?

      しおりをつける
      🐤
      ピピピ
      あまりに漠然とした提案だと思います。

      育休制度が浸透しており、首都圏エリアを除いては1歳児4月までは育休が主流、それも徐々に育休期間が伸びていると周囲を見てても感じています。
      時短やフレックスなどを利用したり、元々パートという方もかなり多いはず。もしくは祖父母の支援ありも結構多い(保育園のお迎え時間などで感覚的にですが)

      トピ主さんがあげている点においては、子供が10歳前後からについてのことなのでしょうか?
      確かにその頃になると育児時短の対象からは外れてくるでしょう。
      でも、そういう働き方をしている方はそれなりのお給料でそれなりのお仕事をされています。
      月に数万円の対価と引き換えには出来ないです。働く姿を子供に見せ、社会人として子供の成長時期に合わせてアドバイスすることも大切なことです。

      個人的には、ワークライフバランスや働き方改革が進み、男女共に働きながらも家事育児に携われる選択肢のある世の中になってほしいです。

      トピ内ID:5176376810

      閉じる× 閉じる×

      トピ主が奥様に払えば?

      しおりをつける
      🐱
      トピ主が奥様に子育ての対価を払い、奥様には専業主婦になってもらえば良いのでは?
      それではお金が足りないですか?
      では、奥様にも外で働いてもらうしかないですね。
      仕方ないです。トピ主が甲斐性無しだから。

      税金から支払うとなれば、子供は全て国のものになります。
      恐ろしいですね。
      国の役に立つ人間に育たなかった場合、どんなペナルティがあるのでしょう。

      トピ内ID:1268428462

      閉じる× 閉じる×

      語弊がありすぎる

      しおりをつける
      blank
      匿名
      こういった話はさ、理想と現実があってね簡単な話ではないんだ。

      『子育てを労働と捉える』これが難しいんだよ。

      労働とするならさ、じゃあ仕事って給料だけ支払えばよいのかな?
      世間の風潮は働き方改革という方向じゃないの?
      つまり、給料とかだけでなく労働時間や休暇の在り方を問う時代。

      そんなご時世に『子育てを労働』というならさ、
      1日8時間勤務、週休2日をどうやって夫婦2人に保証できる制度がある?
      ってことになるんだけど…

      ましては労働と見なすなら、勤務実績や勤務評定というものは?
      支給したお金が何のために使われているかも確かめようがないのに。

      社会保障とか公的扶助のようなものってさ、
      直接支援(現金支給)と間接支援のバランスの問題でもあるんだよ。

      でね、直接支援にすれば確かに各家庭への支給できる金額は増えるんだが、
      これが目的通りに活用されないために失敗することが大半なんだ。

      堅実な良い家庭であれば、『貯蓄』に加算されて眠ったお金となる。
      その結果として経済とか景気と言う面で悪影響が出る傾向がある。

      良くない家庭であれば、親が浪費に使うだけで終わって
      子供に恩恵がない場合も出てくるだろうよ。

      それともさ、高齢者対策で出来た介護保険のようなパターンが必要か?
      介護認定をしてもらって事情に応じて支援が変わるよね?
      子育ての現状を全家庭の子供たちを調査して決めるのかってなるんだよ。

      だからこそ、直接と間接の支援のバランスが大事で、
      直接支援は貯蓄に回されても良い金額で大した条件なしで支給ってなるんだ。
      その分で間接支援の在り方を考えているんだよ。

      間接支援なら、間に入る人たちの仕事が成立するから、
      その人たちの給料があり、その人たちの生活支出も発生する。
      それらが景気に影響も出て税金に反映されていることも忘れずにね。

      トピ内ID:8595655697

      閉じる× 閉じる×

      対価(お金)を払う制度なら、もう既にある

      しおりをつける
      🙂
      キャベツ
      子育て世代にお金を支給する制度ならすでにありますよ。
      民主党世代の「子供手当」もそうだし、今も同様の制度はなにかしらあるんじゃないかな。

      お金よりも、人手とか時間とか余裕とかのほうが、圧倒的に足りないと思います。

      今の労働時間は7~8時間が主流で、法律でもそう決まってるけど、これを5時間とか、4時間にできたら良いと思ってます。
      もちろん、給料は今のままで。
      9時に出社して、14~15時に退社できたら、子供に接する時間が必然的に増えますよね。学校から帰って来た子供と一緒に、スーパーに夕飯のお買い物に行けちゃいますよ。

      ちなみに、子育て世代に限らず、労働者は全員そうなれば良いな~と思います。
      医療や介護関係はそうなると人手が圧倒的に足りなくなるけど、もともとが激務の職種だし、可能であればだけど、そうなっても良いなと思います。

      トピ内ID:5269025623

      閉じる× 閉じる×

      賛成します

      しおりをつける
      🙂
      lala
       財源は現在の保育園の助成金で賄えるのでは?子供一人につきびっくりするほど補助がでているのですから、親一人一人に最低賃金を払うくらいはできるのではないでしょうか。もちろん育児は最低賃金では見合いませんが。
       いっそのこと満三歳までは家庭で育てることにして保育園を無くしてしまえばいいと思います。そして子供が幼稚園に行った後の親の就業支援とキャリア形成支援を充実させる。人間は45年くらい働くと思いますが、そのうち3年~5年をフルで子育てする時期10年くらいまでを子育てと仕事の両立する時期と個人も企業も最初から組み込んで生涯のキャリアを考えればよいと思います。

      トピ内ID:2631047735

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        労働なら休みが欲しい

        しおりをつける
        blank
        ワーママ
        子育てするのは父親でもいいのでは?

        と思わず突っ込みを入れました

        いえ、子育ては父親も母親も必要なんです
        ここはそもそもの労働時間の緩和と賃金の向上ではないでしょうか?

        週に40時間、1日8時間、9時から18時まで
        いえいえ、もっと働かされて所得も少なく余裕がないから
        少子化なんではないでしょうか?

        諸外国は日本以上に男女平等で共働きが一般的なのに
        なぜ、こんなにも違いが生まれるのか?

        そこを考えたら、

        父親も母親もほどほど働いて、
        ほどほど稼ぎがあればいいのにと思います

        昔のような専業主婦が家族を支える仕組みは本当によかったでしょうか?
        あれが一瞬の出来事で

        昔からもどこの世界でも
        家族で子育てをするのが普通であって、
        誰かに子育てを押し付けるものではなかったはずです


        そういえば、子供がいるとお金がもらえる国があったと思います
        お金目当てにどんどん子供を産んだり、養子をもらって
        という人が必ずいますから
        肝心の子供の教育は蔑ろ・・・みたいになりますよ


        また、自分の子供を教育するのは難しい
        誰でもできる事ではありません

        子供と程よく接して、外で働いた方がいいという人もいます
        肝心の教育は大概は塾や学校習い事になります

        その費用も国で負担なのでしょうか?


        労働なら休みが必要
        でも子育ては休めない

        そもそもね、お金で換算できないのが子育てなんだと思います

        現在だって、こども手当や子育て支援はそれなりにあります

        あとね、幼稚教育無償化はあくまで幼児の教育を無料にしただけ

        0歳から3歳までは変わらないですし
        もともと3歳以降の保育料は安くなります

        外で働けって意味じゃありません

        今は無償か、育休手当をもらえるはずなのに
        あなたに響かなかったのはなんででしょうね?

        トピ内ID:5197300645

        閉じる× 閉じる×

        父親不在

        しおりをつける
        blank
        あまなつ
        部分的には賛同できるところもあるんだけど、結論聞いてびっくりよ。

        私自身に子供はおりませんが、子育ては対価のない労働だと思います。
        ま、プライレスの喜びもあるから、お子さんを持ちたいと望む人が多いのだと思いますが。

        でね、問題なのは共働きじゃないのよ。

        >共働きにより負担が多いのはまだまだ母親だと思います

        確かに現状はそうです。
        だけど、なんでそこで「子育てに対価を払う(誰から?)から、母親が子育てに専念」って発想になるの?

        父親が子育ての負担をもっと受け持てばいいんじゃないの?
        共働きなんだから。
        「母親は負担が大きくて大変だよね~」って、なに傍観者みたいな事言ってんの?
        自分の子供でしょ?

        誰かお金をくれれば、自分は今のまま楽出来るのにな~って言ってるようにしか見えませんが?

        トピ内ID:1630261956

        閉じる× 閉じる×

        報酬なんてありえない

        しおりをつける
        🐷
        呑龍
        子育てという仕事は、他とは 一線を画くものだと思う。

        動物を育てるのではなく、人格を持った人間を育てるのですよ。

        崇高で高邁な行為であり、金銭換算できるものではない。

        従って 報酬なんてありえない。

        トピ内ID:4270010350

        閉じる× 閉じる×

        現実的にはないでしょう

        しおりをつける
        blank
        おじさん
        今、女性や高齢者に労働を促しているのは、そうすることが個人の幸せになるからではなく、国の財政がひっ迫しているからです。
        ですから、

        >そこで思いついたのが、家庭での子育てしている親に、対価を払う です。

        国や地方公共団体が対価を支払うことは不可能だと思います。
        できるとしたら、主さんの考えに賛同する人が財団か何かを作って寄付を募り、低収入で共働きを余儀なくされる過程に援助するとこかなと思います。

        私は、親が子供といたいというのは当然だと思うので、職場に子供を連れていくことがもっと一般的になればいいのにと思っています。

        トピ内ID:2961481921

        閉じる× 閉じる×

        いかにも男性的な発想

        しおりをつける
        😨
        これだから・・・
        ???

        対価が支払われるのであれば家庭に入るのは父親だって構わないわけだけど。
        「母親」が家庭に逆戻りと決めつけているあたり
        いかにも男性的な発想ですね。

        お門違いの子育て支援施策はこのようにして生まれているのだなあ。

        トピ内ID:9124001802

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  73
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0