詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    時給があがるけれど、辞退すべきか。

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    小梅
    仕事
    パート扶養範囲(103万以下)で働く既婚女性です。
    50代後半なので、夫も私もあと10年働ければいい方です。
    この度、時給が上がる事になりました。
    来年の分を計算すると113万になります。

    職場からは扶養を外れてもっと働いてほしい。
    せめて129万限度いっぱいまで。(現在月8日間それを月10日程度)
    103万以下扶養範囲内で収めるための調整での休みは、困る。
    (人員がいない。新しい人はなかなか来ない。周りにしわ寄せ)
    今年も越えそうになったので、仕方なく2回休みました。

    夫は扶養範囲で働いてほしい考えです。
    理由は、夫給料から扶養配偶者手当年間7万削られる
    130万越えると、国民年金支払い、社会保険料支払いも新たに出て来る。
    このまま夫にブラ下がりでいてほしい。
    拘束時間がこれ以上増えると、君が疲弊する。
    (特に体は弱くないけれど、夫はか弱いと思っている。)
    家計は特に困っていない。
    (私の収入は原則全て私が好きに使っています。
    家計にも入れていますが、定額制ではないです。
    夫から〇円入れて欲しいという要望もないです。)
    そもそも、働く苦労をかけたくない。
    本当は君にはずっと家でのんびり遊んで過ごしてほしい。
    けれど社会参加も生き甲斐も必要だと思っている。

    私の収入が130万越えない、115万までだと、住民税16000円発生します。
    夫は7万マイナスされるので、計9万近い損になります。

    夫は社長で激務。
    社会的責任が大きく、精神的に私が支える必要があります。
    全ての日の食器洗いと、休みの日の料理は全部夫がしてくれます。
    平日私が家事と、週二日仕事をしているから、
    休みの日は家事も休んで欲しいそうです。
    私は時給アップを辞退すべきですか?
    どうすることがベストか分かりません。
    皆さんならどうしますか?

    トピ内ID:8366257436

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 28 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    トピ主さんはトピ主さん

    しおりをつける
    🎶
    みらこ
    トピ主さんは仕事好きですか?
    好きなら続けた方がいいです。

    君は弱いからとか働く苦労をかけたくない、って優しさのようですが何だか一人前の大人と見ていないようだし、苦労も仕事の手応えのうちですよね。何を苦労とするかは人それぞれ違います。働くのは苦労だけでなく喜びも大きいし。
    すみません、私だったらご主人のような方が夫だったら合わないなあ。

    税金や保険のちょっとした増加位で、妻が働くや働かないや決めるのは違う気がします。
    夫婦でも、働き方はそれぞれ決めていいものだと思いますが。

    トピ内ID:7957331311

    閉じる× 閉じる×

    自分の都合で考えて

    しおりをつける
    🐶
    ポチ
    パート、アルバイトが「扶養の範囲内で働きたい」というのは、ごく当たり前のことだと思うのですが、、。

    だって扶養を外れるくらいの時間を働くなら、正社員の方が良いですよね?
    それくらい、バリバリ働くつもりなら、最初から正社員を目指してますよ。普通。

    職場は、正社員にするつもりはない(時給を少し上げるだけ)、でも正社員並みに働いて欲しいと言っているようなものです。

    ただ、まぁ、年末はどのアルバイトも調整に入って、休みが多くなるので、来年からは、もっと前に、後の調整が必要ないくらい、休んでおいたらいかがでしょうか?

    トピ内ID:3818950260

    閉じる× 閉じる×

    ご意見有難うございます。

    しおりをつける
    blank
    小梅
    皆様ご意見を有難うございます。
    あれから夫とも話をして、結論が出たので職場にも伝えました。

    115万まで働く事にしました。
    夫給料の扶養手当が減り、私は住民税が発生しますが、
    夫の「働く時間が増える事で、身体を壊してほしくない」という希望と
    「妻には社会参加をして活き活きと過ごしてほしい」という想い
    私の「仕事へのベクトルが増えることで、夫を労うゆとりを失うのは困る」
    「しかし、調整休みを取る事で他の人に迷惑をかけたくない」という想い
    どちらもバランスがとれるギリギリは、115万ということです。

    夫の扶養手当減額は、私だけがとても気にしています。
    夫が一生懸命身を粉にして働いているのに、私が少し働くのを増やしたばかりに、夫がもらえるお金が減るなど、申し訳ないという気持ちがあります。
    扶養手当以上に私が稼げればいいのですが、とてもそこまで行きません。
    もちろん正社員になったらドンと行けますが、そうすると
    家庭が夫の癒しの場としての機能を失ってしまいます。

    扶養手当が減ったり住民税を払うのは夫にしたら「大損」という気持ちはないようです。この先は結婚して扶養家族を持つものだけが、優遇というのが無くなる世の流れだからと言う事です。

    家庭を癒しの場にというのは、結婚して夫婦共通の価値観です。
    子どももいないので、家庭がギスギスしたら終わりです。
    夫は私を子ども扱い。というご意見もありますが、
    私の質問内容だけなら、そう取られてしまっても致し方ないと思います。
    しかし、実際はまったく違います。
    ただ単に夫は私が疲弊するのが嫌。心配。頭痛がすると言っただけで、全部やってくれます。風邪ひきで熱を出して寝込もうなら、(年に一度あるかないか。でも夫は寝込んだことがない。)
    かいがいしく看病してくれ、私は安心して寝てます。
    でも夫は風邪の原因は「働き過ぎ」と思っています。

    トピ内ID:8366257436

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    続きです。

    しおりをつける
    blank
    小梅
    職場の飲み会や、忘年会参加、親しい同僚とプライベートで遊びに行ったり、働いている事で別に楽しい事も沢山あるのを、喜んでくれています。
    正社員は全額職場負担、パートは半額負担の職員旅行も
    「行ってきたらいいのに!」と。(私は半額負担きついので不参加)

    夫は社長としての悩みをよく私に話すし、相談されます。
    夫の方が「小梅がいないと一日だって生きて行けない!」と言います。
    私の方が「たとえ俺がいなくなっても生きていける強さがある。」と。
    そういう延長で「俺より先に死んでもらったら困る。」といつも言い、
    私が疲弊するのが怖いのかもしれません。

    この年末年始、クリスマスも
    夫婦で楽しいイベントを沢山考えています。
    夫はそれを励みに今日も出勤していきました。
    昨日の日曜日は私は一日ゴロゴロしていたのに、
    「今日もゆっくりのんびりして。家事張り切りすぎないで。」と言い残して。
    いい天気です。家中をいつものようにピカピカにして、新しい花を飾ります。

    来年も健康第一、夫婦円満で笑顔の家庭になるよう努めます。
    皆様有難うございました。

    トピ内ID:8366257436

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0