詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自分の心が狭いのか・・・実母のこと。

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    砂漠
    ひと
    もうすぐ人生半世紀に到達する主婦です。

    子どもの頃から、半分壊れかけた家庭で育ちました。
    いつも両親の夫婦喧嘩を見ながら、荒れ狂う家でおびえて大きくなりました。

    そんな私も優しい夫と出会え、子どもにも恵まれました。
    他のご家庭と同じく、小さな事件は何度もありましたが「幸せ」を実感しな
    がら生活できています。

    酒癖が悪かった父親は数年前に亡くなり、いまは母親が実家で一人暮らしをして
    います。この母が持病をいくつも持ち、この数年は入退院を繰り返しており
    そのたび、私が動かざるを得ない状況です。

    年老いて病弱で、私しか近くに居ない(電車で1時間の距離。私の姉妹は遠
    方に一人いますが、母との関りは避けています)ので仕方がないのですが、
    子どもの頃、母親らしいことは何一つしてくれなかったことを思い出し、
    「なぜ私が一人で背負わねばならないのか」
    と、時折無性に母が憎らしくなります。

    子は親に尽くすものーと育てられた私。
    また、道徳的にもそれが当然と頭ではわかっているのですが、いろんなこと
    を考えると自分の体調がおかしくなります。

    ここで、お叱りの言葉でも励ましの言葉でも頂ければーと、甘い思いでトピ
    をたてました。
    やらねばならないことは重々わかっているのです。

    それでも、心がぐじぐじする・・・

    どうぞよろしくお願い致します。

    トピ内ID:5145465679

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 5 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 88 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    えーそんな事無いよー

    しおりをつける
    😑
    無いわぁ
    >子は親に尽くすものーと育てられた私。

    そりゃ親の寝言。気にしなくて良い。それでも気になるならあなたが自分で呪いをかけちゃってるんです。「そんな事無い」と解きましょう。

    最底限度の手続きはしてあげても母親に会う時は事務的に接する。冷たいと言われたってかまわないんです。まずは自分の身心の安全を一番に考えてください。

    トピ内ID:2348348947

    閉じる× 閉じる×

    すっごくわかるっ

    しおりをつける
    🐶
    エースをねらう
    毒親から執拗ないじめを受けて育った者です。
    姉妹がおりますが
    私だけ虐められていました。

    そして親が老いた今、
    姉妹は遠方に住んでいるため
    たまーに電話したりする程度。
    親は喜んでいるようですが。

    私も実家から近くはないのですが
    姉妹に比べたら近いので
    結局、入退院の世話はぜんぶ私がやっています。

    聖人君子ではないのでムカムカしますよ。
    こんな理不尽なことってあるのかなと。
    しんどい部分は私が引き受けなければいけない?
    姉妹いつも良いとこどりですわ。

    だけど物理的な面で仕方ないってのもある。
    だから、トピ主さま。
    一緒に耐えましょう。

    人生不平等。きょうだい不平等。
    あーあ!・・・・ですね!

    トピ内ID:4907818442

    閉じる× 閉じる×

    自分を苦しめる考え方はしなくていい

    しおりをつける
    侘介
    >子は親に尽くすもの
    >道徳的にもそれが当然

    そんな簡単にひとくくりにできるものではないでしょう
    トピ主さんは道徳的かもしれないけれど
    当然ではないことをしていると思います

    トピ内ID:7783474802

    閉じる× 閉じる×

    自分の心を秤にかけて

    しおりをつける
    🐶
    わんこ
    自分の体調が悪くなるくらいなら
    しないという選択も入れましょう

    しても感謝されない
    しないと罵倒される

    嫌な思いはどっちにしてもするなら
    自分で決めましょう

    あと兄弟にもこれはできないを宣言しましょう
    私は親よりも兄弟との今後のほうが大切だったので
    遠方でしたがしました
    なので遠方でできないということはありません

    でもあなたにばかり負担をかける兄弟なら
    今後の付き合いもないと思えば
    たまにはしてという言い方でなく
    これはできませんのでよろしくでいいと思います
    親にも同じことを言う

    いつも思うの
    子は親に尽くすものという親は
    自分の親にしてきたのか?
    どうですか?
    していないなら、する必要はないって思います

    自分の心が一番
    その次にいろんなこと
    この順番は守ろう

    トピ内ID:4953462407

    閉じる× 閉じる×

    トピ主・砂漠です

    しおりをつける
    🙂
    砂漠
    お返事を頂いた方々、ありがとうございました。

    私はみなさんに、どんな言葉を頂きたかったんだろう?と自問自答しています。
    腹を立てながらも母のもとへ行ってやることは何も強制ではありませんし、
    自分がキッパリ心を決めることができたら、言いたいことを言って縁を切る
    こともできる・・・

    でも、それができないのは、自分の中にいくらか母を見てやらねばならない
    という義務感があるからです。

    「呪い」と表現下さった方がいらっしゃいました。
    その通りなのかも知れません。

    母と別れるその日まで、「ぐじぐじする心」を持ち続けるのか、やめるのか、
    結論は出せませんでしたが、いくつか気づきを頂けたこと感謝します。

    妹にも連絡は欠かしていないのですが、今後のことを相談してみます。
    私にとっては、長子という呪いが一番大きいのかもしれません。

    まだご意見を頂けるようでしたら、よろしくお願い致します。

    トピ内ID:5145465679

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    呪いなら解けます

    しおりをつける
    🐶
    わんこ
    自分がぐじぐじしたいなら止めません
    好きなだけぐじぐじしてください
    きっぱりすることが必ずしも良いわけではないです
    それがあなたの核になっている場合
    なくなることが不安になるでしょうから
    おかしいと思っても半世紀続けた習慣です

    私も第一子ですが
    呪いは解きました
    解けたら、なんてことはない
    自分の子供には呪いをかけませんでした

    いくらかでも自分がみると決めたならみればいい
    その線引きは自分でできると伝えたかったのです
    自分ひとりが我慢すればとか
    親が決めても世間が決めても
    それを選んだら自分で責任をとらなければいけません
    それが嫌なら自分で選ぼう
    それで失敗しても痛い目にあっても
    受け入れられると思います

    そういうことも全てわかっているとは思いますが
    あなたにお子さんがいれば
    母として凛とした姿を見せてあげてください
    お手本になりますから

    トピ内ID:4953462407

    閉じる× 閉じる×

    第三者になったつもりで適当に

    しおりをつける
    🙂
    あねもね
    心が狭いとは思いません。人として当然の感情だとおもいます。
    状況は違っても同じような 親らしい(愛情に関わった事)は何もしてもらった
    覚えがなく育ったので、お気持ちお察しします。
    経験からすると、自分のしたいことは何かを突き止め、それに忠実になることが
    今だけでなく、あとあと自分を楽にしてくれる事と思います。
    背負いたくなければ背負わなくていい。
    自分の自己満足のために、しておきたい事はしておく。
    必要な時は一人で背負い込まず急でも遠方でも姉妹に来てもらって、
    自分は普段しているのだから休む。

    親に踏みにじられた過去は戻せませんが、今は自分が手綱を握っているのです。
    義務感を捨てて第三者になったつもりでできる事はできる時にするけど、
    けしてそのために無理したり相手のために我慢したりしない。
    それをするぐらいならば、お母さんの負担でヘルプを雇う。

    自分の中での理想の親子像(それは無理とはわかっていても)や理想の娘像(どちらも虚栄ですが)と現実の狭間から抜け出せず、目の前には何もしてくれなかったのに子供に当然と頼ってくる親に苦しみました。両親が亡くなった当初は押しやっていた感情、育ってきた頃の全てがフラッシュバックして苦しい2~3年を過ごしました。数年立って気持ちは薄れてきたものの、心の蟠りは全ては消えません。今思うともっと早く心を断ち切って距離を保ち、どうしても関わるときは 見知らぬボランティアのつもりでいればもっと気持ち良く接する事ができたかもと思います。
    少しでも、黒雲がトピ主さんの心から消えて、晴れの日が多くなりますように。

    トピ内ID:9670587408

    閉じる× 閉じる×

    逆だと思いますが

    しおりをつける
    🐧
    詩音
    「子は親に尽くすもの」とは昭和ぐらいまでの考え方です。それが全て間違っているとは言いませんが、最近本当は逆なのではと思う時があります。
    つまりは「親が子に尽くすもの」=「大人が子供に尽くすもの」

    これは子供を持ち上げて喋よ花よと温室で育てるという意味ではなく、子供の心身の健全を守りながら寒風吹き荒れる現実をも教えながら、自分の時間(命)を削りながらも後進の発達に努めるのが親であり大人の義務ではないかと。

    これを怠れば、後に自分が困るという分かりやすい人生の答えが待っています。
    トピ主さんの母親はまさに答えを受け取る真っ最中。
    因みにトピ主さんが今後母との縁を切ったり、一切の援助を行わなかったとしても、誰もトピ主さんを責める権利はありません。
    もし、言う人がいたら「寝言は寝て言えや。」と返せば良いのです。

    子供全員にそっぽ向かれるご老人がいたら「それをされるだけ理由があったのだろう。」と哀れに思っても、子供さんに不忠だとは思わない。職業柄、色んな家族のケースに立ち合いますが、トピ主さんのケースは珍しいことじゃないです。近隣に子供がいても生活保護になることも少なくない。

    あまりご自分を責めないようになさって下さい。母親や兄弟に言いたいことぶちまけても良いんです。
    まずは自分の体です。滅私奉公を求める人とは距離を保って良いんですよ。ご自愛くださいませ。

    トピ内ID:9445704558

    閉じる× 閉じる×

    トピ主・砂漠です

    しおりをつける
    🙂
    砂漠
    引き続き、レスを下さったみなさま、ありがとうございました。

    勝手な言い分ですが、あねもね様のメッセージに心打たれました。
    >背負いたくなければ背負わなくていい。
     自分の自己満足のために、しておきたい事はしておく。<
    きっと、私の心はこういうことだったんだと思い知りました。

    親と子どもの頃にいい関係が築けなかった人は、たくさんおられると
    思っています。
    そういう子ども時代を過ごした人間が、親が老いた時にどう自分の心を
    制御しながら老いた親に接しているか・・・

    親もそういう子の気持ちを、少しは考えるべきだと思います。
    年老いて子の世話になりたければ、それ相応の態度であるべき。
    私もこれからの「老い」について、覚悟をしています。

    たくさんの示唆を頂けたこと、感謝です。

    私の実母はいま入院中。
    心を強く持って、母に相対していきたいと思います。
    ありがとうございました。

    これでトピを〆させて頂きます。

    トピ内ID:5145465679

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0