詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 日本人はいつから毎日お風呂に入るようになったの?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    日本人はいつから毎日お風呂に入るようになったの?

    お気に入り追加
    レス52
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    面倒くさがり
    話題
    お風呂に入るのが嫌いな人は2日に1回のかたもいるかと思いますが、

    というか私はお風呂があまり好きではなくて、
    入れば気持ちいいしスッキリしますが、
    毎日入るのは面倒だと思っています。

    ですが一般的には毎日入浴もしくはシャワーを浴びるというかたが多いのではないでしょうか。

    いつ頃から毎日お風呂が一般的になりましたか?

    昔、どのくらい昔に遡れば数日に1回入浴が普通だったのでしょうか。

    トピ内ID:2829713228

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 95 面白い
    • 101 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 64 エール
    • 18 なるほど

    レス

    レス数52

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    アラフィフですが毎日入ってます、ました

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    子供の頃はアパート、社宅暮らしで小学生で持ち家に引越し兄弟4人と祖母と7人家族でしたが、
    毎日お風呂に入っていましたよ。
    もちろん祖母も認知症の介護になるまでは。

    今も85歳の両親ともに毎日入り湯船にも浸かります。

    昔は‥と言うのはいつ頃のことでしょう??
    もちろん戦後は家にお風呂がなかったとかありますけど、逆に都会でなければ銭湯自体が少ないですから普通に毎日風呂には入るのでは?
    都会だと風呂なしのアパートや長屋みたいなのがありましたからね。

    だから家、人によるだけではないですか?

    今も言わないだけで毎日入らない人はいると思います。
    鼻が効く私は毎日入らない人わかりますけど。。
    でも多分習慣がないと言う訳ではなく、単に面倒くさいんだと思いますけど。

    習慣で毎日風呂に入らない人は昔も少ないと思うけどなぁ。

    トピ内ID:2325099275

    閉じる× 閉じる×

    毎日お風呂に入るようになったの

    しおりをつける
    blank
    煤籠り
    家庭にお風呂が普及し始めた最近だと思いますよ。かなりの確率で。つい昭和三十年代までは都会では貸家に住む人も大勢いて大体が風呂屋を利用していたそうですよ。だから毎日お風呂にはいかなかった筈です。昭和四十年代になり高度経済成長に合わせて一戸建てとか集合住宅に住むようになって各家庭にお風呂が普及したそうです。日本人も一般庶民が毎日家庭でお風呂にはいれるようになったわけですね。だからここ五・六十年からだと思います。ただ日本人の風呂好きは江戸時代にはあったそうですよ。毎日入るかどうかは別にして。行水の風習も風呂好きの一環だそうです。
     今でも皆が皆毎日お風呂に入るかどうかは甚だ疑問に思います。風呂嫌いは一定数いますので。

    トピ内ID:6032913936

    閉じる× 閉じる×

    蒸し風呂だったのよ

    しおりをつける
    🙂
    なな
    昔は、浴槽にお湯を貯めて入るのではなく、サウナみたいなお風呂だったの
    お助け小屋みたいなところにサウナみたいなお風呂を設けて病人のお世話をした記録が大仏殿や国分寺建立の頃にありました。

    大化の改新頃も温泉はお湯に浸かったとおもう←湯治の記録が残っている
    平安時代は一枚着た状態で入ってた筈
    で、戦国時代のお城にはお風呂があった
    一般にお風呂に浸かるようになったのは江戸時代だとおもいますよ。銭湯もいっぱい出来たし。
    専門家でないうろ覚え記憶なので、間違ってたら、ごめんなさい


    昭和も東京五輪前までは、木をくべて火を燃やして沸かしていたので、数軒で持ち回りで沸かして、お風呂をもらいに行く風習がある所もありました。

    お風呂、面倒なら、足湯だけして、髪はドライシャンプー、顔は洗う、で、2日に一回入浴でもなんとかなるのでは?
    あ、首と脇の下は蒸しタオルで拭いた方がいいかも。
    発熱とかで入浴しないときは、蒸しタオルで、顔、首、髪と拭いてました。

    トピ内ID:4569671111

    閉じる× 閉じる×

    昭和40年代 東京

    しおりをつける
    都内在住です。
    都内下町で生まれ育ちました。私の家庭は裕福ではありませんでしたが、周りも似たようなものでした。

    小学生の頃は、私を含め学級内の半数は家風呂がありませんでした。なので、近所の同級生や同学年の仲良しと一緒に銭湯に通ったものです。

    ですから、お互い週に何回銭湯に通っているのか知っています(笑) 夏場は毎日か2日に1度のペース、冬場は2日に1度か3日に1度のペースでした。

    子供の頃の生活習慣は大人になっても、なかなか変わらないものです。自宅に1坪サイズの風呂がありますが入る頻度は昔と同じですね。
    クサイ話で申し訳ない(笑)

    トピ内ID:8939477359

    閉じる× 閉じる×

    昭和30年代生まれです

    しおりをつける
    🐱
    @リン
    故郷は人口2万人弱の その当時は 観光地でした。鉄道が開通したのは 中学生の頃でした。
    お風呂は2日に1度でした。 薪で沸かすのは子供の役目でした。 中学生になってから 灯油の風呂になってからも 頻度は同じでした。 思春期だったので 「勿体ない!」と、親に叱られながら 風呂を沸かさない日はシャワーを使いました。 普通の生活水準でしたが、田舎でも農家ではない町中の勤め人宅には その程度の頻度がほとんどでした。 農家の人達の家は風呂の焚口も広くて~ 賃貸や戸建ての町中の家は 焚口が、雨に濡れたりするので…… 関西に出てきてからも シャワーと 交互の生活が癖になってます(笑)

    トピ内ID:7338794862

    閉じる× 閉じる×

    しおりをつける
    🙂
    ぱんこ
    40代です
    昔、子供の頃は1日置きは当たり前でした。
    2日3日入らない事もありました
    もっと入らなかった事も…。
    それでも平気でした。

    自宅に風呂が無かった事とトラウマで風呂が嫌いになった事が理由です。

    自宅に風呂シャワーがある生活になってから
    入浴の気持ちよさを知り、頻繁に入るようになり、1日2回3回シャワー入りたくなる日もあるけど、今も1日2日入らなくても
    平気ではあります。

    清潔は大事だけど、いつの頃からか特に
    世の中が清潔感とか、においとか、
    気にする時代になったような気がする。

    でも、いつからかなぁ?
    お答えにはなりませんでしたが…。

    トピ内ID:2158679138

    閉じる× 閉じる×

    う~ん、昭和40年代後半じゃないかな?

    しおりをつける
    blank
    匿名
    高度経済成長期を経て、いわゆる公営住宅というものが高層住宅化したころ。

    いわゆる団地が全国各地にでき始めたころだろう。
    当初は法律上でエレベーター設置不要でもある4~5階建ての団地が
    各地で乱立し、昭和40年代半ばになると、10階建ての団地も増えて、
    その間取りに風呂場が漏れなくついていたことだろうな。

    まあこれらの話はあくまで都市部の話だろうが…

    かぐや姫の『神田川』が昭和48年で、
    それがノスタルジックにその当時で聞こえた部分があるんだから、
    銭湯通いがようやく無くなった時期と考えるのが妥当じゃないだろうか。

    トピ内ID:1464832822

    閉じる× 閉じる×

    江戸時代

    しおりをつける
    🙂
    neco
    後期になると庶民の社交場だったようです。
    浮世絵や川柳にもよく登場しました。

    ただ、入り口は別ですが浴室は男女一緒で混浴だったそうです。湯に浸かるのではなくサウナです。
    今のスーパー銭湯の様に休憩所や飲食出来るところが併設されていたそうです。

    トピ内ID:4900484713

    閉じる× 閉じる×

    地域性と職業

    しおりをつける
    🙂
    なな
    蒸し風呂だったのよを投稿した、ななです。
    昭和30年代、私が生まれ育った田舎では毎日入浴だったそうです。
    祖父母の家には戦前から普通に浴槽がありました。
    林業、農業、牧畜業などですと、毎日洗いたかったのでは?とおもいます。

    街中で、商業や勤め人ですと、汚れ具合が全く違いますので、また違うかもです。

    トピ内ID:4569671111

    閉じる× 閉じる×

    アラカンです

    しおりをつける
    blank
    あおい
    農村の育ちです。私が18歳で就学のために実家を離れるまで、わが家は2~3日に1度が普通でした。薪で炊くお風呂だったためかもしれません。「毎日なんてもったいない」というのが両親や祖父母の考え方。

    私は上京して一人暮らしをするようになってから、毎日お風呂に入るようになりました。

    でも、幼少時から思春期までの習慣ゆえか、今でも1日2日入らないのはまったく気になりません。

    トピ内ID:8975468310

    閉じる× 閉じる×

    エポック1水道普及エポック2バランス釜

    しおりをつける
    blank
    カンタ
    地域階層で全然違うがなあ。
    江戸の町人が銭湯好きで金も碌にないくせに毎日通う粋なのもいたとかいうのは、それが江戸という都市の特権であったからでなあ。

    まあ風呂を普通に貧乏な家で毎日たてるようになるには、まずは「栓をひねると水が出る」水道普及が必要だろうなあ。
    井戸水くんで毎日風呂ためるのはなかなか大変だからね。使用人のいる家ならアリだろうが。

    次に、バランス釜の普及が大きかったと思うがな。
    ウチの旦那の実家は昭和55年頃まで外から薪で炊く方式で、小学生旦那が毎日炊いてたそうだが(偉いなあ)、
    ウチは昭和50年まで外からガスで火をつけて炊く方式で、薪よりは大分手間はなかったはずだが、冬は1日おきだった。
    「外から炊かなきゃならない」のがネックなのよね。

    んでどっちの家もバランス釜経験なくていきなり「家の外に電気やガスの給湯器据え付けて栓をひねると湯が出る(これは毎日入れて当たり前)」方式に移行したわけだが、
    一般的にはバランス釜が導入されて結構風呂頻度は上がったはずだよ。シャワーが使えるようになったのもバランス釜からだしな。
    バランス釜は昭和40~50年代かなあ。まあその辺りが結構転換点だったのでは。

    トピ内ID:4118574724

    閉じる× 閉じる×

    どうなんでしょうね

    しおりをつける
    blank
    yuki
    私50歳です。

    私が小学生くらいの時に母が、「結婚したころは家にお風呂がなくて、お父さんが仕事で帰りが遅くなったときは銭湯が閉まっていて、(お父さんは)お風呂に入れない日があった」という話をしていました。

    そのころは、家にお風呂のあるアパートに引っ越すのが夢だったって言っていました。

    だから、50年もとい52年くらい前はすでに毎日お風呂に入るのが普通だったのかなと思います。まあ、銭湯がお休みの日は入れませんけど。

    親は中卒で別に特別裕福な家庭ではなくて、どちらかで言えば低所得層だったのかもしれませんが、風呂に関して言えばそんな感じだったようです。

    それから、また母の話ですが、私が赤ん坊の時は毎日自分の髪は洗えなかったって言ってました。赤ん坊を抱えて体を洗うのがやっとだったって。でも、銭湯では親切な人がいて私を抱っこしてくれいて、その時だけは髪を洗ったりゆっくりお風呂に入れてありがたかったって言ってました。

    トピ内ID:5792220194

    閉じる× 閉じる×

    答えじゃないけど

    しおりをつける
    🙂
    義母は長男教
    >昔、どのくらい昔に遡れば数日に1回入浴が普通だったのでしょうか。
    という答えにはなりませんが
    我が家はお風呂は1日おきにしか沸かしません

    夏場はお風呂は沸かさなくてもシャワーはしますが
    1日冷房の効いた部屋にいたりした日はしないこともあります

    私もめんどくさがりだから毎日は面倒くさいなと思うことが多いです

    40代後半ですが
    そういや実家はどうだったかな~
    というか、建築系の自営だったから
    両親は沸かさなくてもシャワーはしてかもしれないな

    トピ内ID:9053646226

    閉じる× 閉じる×

    アラカンです

    しおりをつける
    blank
    匿名
    地方の兼業農家生まれです。
    小さいころは家に風呂がなく、共同風呂へ行っていました。
    もちろん何日かに一回です。
    なんと男女混浴で、母はすごく嫌だったそうです。

    中学校へ入るころやっと家に風呂ができましたが、毎日は入りませんでした。

    大学入学で上京しましたが、1980年代は、半分以上風呂無しのアパート
    でした。
    銭湯へは毎日通えませんでした。

    1990年代は、お風呂のないアパートは無くなってきたと思います。
    風呂アリのアパートに引っ越してから毎日入るようになりました。
    住環境によっても違いますが、日本人が全体的に毎日入るようになった
    のって、まだ2,30年そこそこじゃないですか?

    毎日入らないと不潔とか、言い過ぎだと思います。
    お湯につかりすぎると乾燥肌にもなってしまいます。

    トピ内ID:0137438592

    閉じる× 閉じる×

    うちは

    しおりをつける
    blank
    メンマ
    昭和30年代生まれですが、お風呂は夏場は毎日か一日おき、冬場は3日に1回くらいだったと思います。

    今と違ってすぐお湯が出てためるわけじゃなく、水から沸かすので時間もかかるし手間もかかったと思います。
    子どもの頃の湯船も木でしたから。
    子どもの頃のうっすらとした記憶ですが、最初は薪をたいていたような…
    その後すぐにガス風呂になりましたね。

    やっぱり今みたいにお湯をためてサッと入れないから、毎日は入れなかったのでは?
    昭和40年代以降は毎日入っていたと思います。
    昔はシャワーもなかったですよ。

    今風邪をひいていてまる2日お風呂に入れていません。
    髪の毛がベッタリしてきて気持ち悪い!
    早く入りたいです。

    トピ内ID:4801223385

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      子供の頃から

      しおりをつける
      🙂
      50代
      今でも週に1~3回ですよ

      トピ内ID:1018710066

      閉じる× 閉じる×

      銭湯

      しおりをつける
      🙂
      ととんと
      アラカンです。昭和の時代は毎日なんて入れませんでしたよ。家に風呂がなくて皆銭湯に通ってましたから。
      夏場はタライで行水ですね。
      昔から毎日入っていた人は余程上流の方なのでしょう。
      その後朝シャンが流行ったでしょう?
      今みたいに小ぶりの家でも普通に風呂場を備えているなら、朝シャンなんてしないでも朝にシャワーすれば良いことです。
      上下水道がちゃんとするまでの家は便所でさえ戸外に建てられていたから、風呂に毎日入る習慣なんて本当にあるとすればごく最近のことだと思いますよ。

      風呂すると風呂洗も洗濯も色々大変だから、毎日なんて絶対入りたくないです。風呂をしたら最低でも1時間は余分にかかるから、ちょっと汗したぐらいだったら体を拭いて寝たりもします。
      入院したら1週間入れないことなんてザラですからね。風呂に入って死ぬことはあっても入らないで死ぬことはありません。入浴は体力使います。
      毎日肌着下着は替えるし、洗顔もちゃんとしてるから毎日入らなくても気持ち悪くないです。もう年なので汗や体臭も減ってるけれど、鼻のいい人には臭がられてるんですかね?別にどうでもいいけど。

      トピ内ID:8907597283

      閉じる× 閉じる×

      1日おき

      しおりをつける
      🙂
      まりこ
      50代前半、横浜育ち。
      家にはお風呂がなくて、近所の銭湯にかよってました。
      だいたい1日おきだったと思います。
      夏は、家でプールに水ためて行水とかしてたなぁ。
      中学生のときは、朝シャンが流行って
      家にお風呂がないので台所(キッチンなんておしゃれなもんじゃない)で
      湯沸かし器で朝シャンしてたよ、そういえば。
      今だと衛生的にも、信じられない!!って言われそうだけど
      どこのうちもそんなもんだった。
      20歳のときにお風呂のある家になったけど、習慣はかわらず1日おき。
      29で結婚して、主人の習慣で毎日お風呂を入れるようになりました。
      相変わらずシャンプーは1日おきだけど。

      トピ内ID:9814823206

      閉じる× 閉じる×

      家風呂がなかった時代

      しおりをつける
      blank
      B
      生理中は銭湯には行けないから、清拭だったし
      そもそも銭湯は月曜日休みだったから、毎日は入れなかったなぁ~

      子供のころ(家風呂がなかった)週に二回程度でした。
      家風呂が出来ても毎日は風呂を沸かさなかったですよ。
      結婚した昭和の終わりのころは毎日入っていたから
      我が家に限って言えば、昭和50年代には毎日に沸かしていました。

      【日本人】も、色々だと思います・・・

      トピ内ID:7024560837

      閉じる× 閉じる×

      昭和40年代

      しおりをつける
      🙂
      インコし
      昭和40年代で毎日風呂に入っていました。
      その後上京しましたが、昭和最後の方はまだ一日おきの銭湯の学生も多かったです。

      銭湯が300円を超えたあたりで、銭湯離れが加速したように思います。

      トピ内ID:2029613873

      閉じる× 閉じる×

      1940年代後半生まれですが

      しおりをつける
      🐤
      お風呂大好き
      70年代はまだ内湯が珍しい時代で一般の人は毎日なんて入浴していませんでした。 我が家は内湯でしたが一日おきだったかな? 尤も、夏は庭で行水もしました。 面白かったですよ!
      当時、髪を洗うのは週一回くらい。ヘアドライヤーの普及前だったので乾かすのは大変でした。
      不況とは言っても庶民の生活水準はとても高い昨今、毎日のシャワーや入浴は当たり前になりましたね。
      水の無駄使いかなとは思いつつ、私も毎日の入浴はやめられません。 ごめんなさい!

      トピ内ID:1662738622

      閉じる× 閉じる×

      昭和30年代生まれ

      しおりをつける
      blank
      minmin
      私が小さい頃は、お風呂は薪をくべて沸かしていましたからとても大変で、夏は毎日でしたが、冬は2日に一度でした。
      昭和40年頃に深夜電力でお湯を沸かすシステムができて、我が家にも導入され、それからは毎日入っていました。
      蛇口からお湯が出てくるのは、当時感動的でしたよ。

      トピ内ID:7988873031

      閉じる× 閉じる×

      50代です

      しおりをつける
      フィヨルド
      子供の頃社宅に住んでました。
      各家にお風呂は付いていましたが、薪や石炭で沸かすお風呂でした。
      かなり手間だったと思います。
      なのでお風呂は毎日ではなかったな。
      今でも毎日入らないで平気です。
      まぁ、最低でも1日おきには入ってますが。
      お風呂に入るのは気持ちいいんだけどお風呂掃除やらタオルの洗濯やら色々あとが面倒なんですよねーー

      トピ内ID:6904584057

      閉じる× 閉じる×

      50代ですが

      しおりをつける
      🙂
      kuma
      私は50代ですが子供のころから入浴は毎日ですね。
      現在も湯船に入らなかったとしてもシャワーは毎日浴びます。
      子供のころから家にお風呂がありましたし、泊まりに行く祖父母宅も内風呂で、お風呂に入らなかった日は無かったですね。
      逆に銭湯を近所で見たことがないです。
      私が生まれる何年か前まではあったと聞いたことがありますが。
      ただ北国で生まれ育った父は、「夏場はともかく、冬場は二日か三日に一度で風呂はいい」と言ってました。

      多分入浴の頻度は、内風呂の有無や気候職業によって違うのだと思います。
      毎日入浴が当たり前となったのは、内風呂が普及して、その後朝シャンが流行りだしたころからじゃないでしょうか?

      トピ内ID:1486280888

      閉じる× 閉じる×

      昭和40年代後半かな

      しおりをつける
      🙂
      50代
      昭和30年代生まれ。
      地方の大きな都市に生まれ育ちました。
      家風呂はありましたが一日おきでしたね。

      夏の間は行水(シャワーではなく)とお風呂と一日交替。
      行水は汗を流すだけ、洗髪はもちろんなし。

      夏以外は一日おきに沸かしましたが洗髪は週に2回程度でした。
      おしゃれを気にする年齢になってから一日おきに洗髪するようになりました。
      それがちょうど40年代後半。
      たまたま私の成長度合いと一致してたけど、社会通念もそんな感じだったと思います。

      夫は田舎育ちなので銭湯文化はありませんでした。
      でも家風呂は桶で水を汲み入れマキで焚いていたので、ちょくちょく洗髪するなんて贅沢は許されなかったとか。
      泡をたっぷりたてて体を洗うのも贅沢。
      ちゃちゃっと簡単に洗っていたようです。
      今とは湯を沸かす労力が違うのだから当然でしょうね。

      トピ内ID:4284925490

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        61年生まれです。

        しおりをつける
        🙂
        匿名
        小学校低学年の頃は、銭湯と木製のタライを交互にだったような。
        最初は親が大きなお鍋でお湯を沸かして運んでました。
        瞬間湯沸かし器の登場で、湯沸かし器にホースをつけてタライに注湯もありました。(今考えると危険ですね)
        その後、家にお風呂ができたので毎日。
        今は、お風呂は確かに気持ちがいいですが、体調不良で疲れるので毎日は入浴していません。
        今日は入浴しようと決めていても、家族の帰宅時間とか夕食時間とかで心が折れてしまう。
        夏なら、暇な時間にシャワーできますが、やはりこの時期はお湯につからないと寒いですしね。

        トピ内ID:0468989006

        閉じる× 閉じる×

        勝手に想像してみる。

        しおりをつける
        💤
        どうでしょう。
        本当に日本人は綺麗好きですよね。

        日本人の多くは毎日入浴しているのかな?
        でも毎日入浴していると体を綺麗にと言う前に習慣となってきますね。
        毎日食事するのと同じ様な。
        体を綺麗にもそうだけど一日の疲れを取ると言う意味でも入浴しますね。

        そうですよね、何時から日本人は毎日お風呂に入る様になったのでしょう。
        元々日本人は温泉好きだし銭湯に入っていたと江戸時代だかの古い絵も残っていますね。

        先日とある番組で日本人は元々綺麗好きだったのか?と言う事を言ってまして、其れは入浴の話ではないのですが、昭和39年の東京オリンピック前の日本の電車内の写真を見せていました。

        其れを見て吃驚。電車の中の通路ゴミだらけ。町もゴミだらけ。
        東京にオリンピックが来る、世界の人が来ると言う事で国を挙げて日本を綺麗にしようと運動を始め今の日本の様になったそうですね。

        此処で第一回東京オリンピックの頃から日本は経済も大成長してきて日本全国中流家庭と呼ばれる様に国民も余裕が出来てきました。
        きっとその辺りから毎日お風呂に入る様になったのではないかと「勝手に」想像しております。

        トピ内ID:4203321960

        閉じる× 閉じる×

        50代です

        しおりをつける
        blank
        たろすけ
        昭和40年代生まれ、生まれたころは自宅に風呂はなく、徒歩3分の祖父母の家に貰い湯に行っていました。祖父母宅は薪でわかすお風呂。

        下に兄弟が生まれ、貰い湯に通うのが大変になったので、父が親戚のおじさんと風呂を増築しました。

        父が風呂が嫌いで、毎日じゃなかったですね。

        トピ内ID:7132109223

        閉じる× 閉じる×

        お風呂大好きです

        しおりをつける
        老いて暇もあるから16時に入り寝る前も入ります(寝る前はもう一度追い炊きします)
        旅行に行けば(温泉目的)ついた直ぐ入り昼寝
        起きて入り食事 食事後も入り 寝る前にも入り
        最後は出発前に入ります。最低5回は入ります。至福の時です。

        トピ内ID:4456031932

        閉じる× 閉じる×

        アラカンです 地方の農家でしたが毎日入ってました

        しおりをつける
        blank
        もうすぐアラカン
        多分都会では家に風呂があったかどうかの境目ぐらいかもしれません。

        また、もったいないから毎日風呂をたかないという話もわかります。

        が、我が家は当時薪でした。水は山から引いたもの。
        なので風呂を沸かすのは手間はかかりますがコストはたいしたことありませんでした。

        ということで毎日風呂を沸かすのは私ら子どもの役目でしたし(結構火を焚くのは楽しかった)、毎日入るものだと思ってました。

        今も風呂に入らずに寝るなんて事はないです。
        例えば歯磨きをせずに寝るのは気持ち悪いなぁと思うのとおなじです。

        トピ内ID:0223955320

        閉じる× 閉じる×

        子供の頃から

        しおりをつける
        ゆき
        >いつ頃から毎日お風呂が一般的になりましたか?

        物心ついた頃から。

        両親の実家は兼業農家なので、両親が毎日入浴するのが当たり前だったので、余程何かなければ必ずお風呂に入ってました。

        >昔、どのくらい昔に遡れば数日に1回入浴が普通だったのでしょうか。

        最近たまにあります。

        仕事や出かける行く前にシャワーや入浴をするので、1日数回入ることが多いですが、休日どこにも出かけない日は、入らない事もあります。

        トピ内ID:7461764121

        閉じる× 閉じる×

        昭和20年代生まれ 冬、毎日は入らなかった

        しおりをつける
        blank
        日に二度は米の飯
        昭和30年頃には薪でお風呂わかしてましたので冬は毎日は入りませんでした。2~3日おきかも。真夏は行水みたいにぬる湯?で入ってました。

        焚き口が風呂桶にくっつく形だったので追い炊きは可能でしたけど、水を足せばぬるくなるし、また外から薪を持って来て焚くことになるから基本今あるお湯でやりくりしてましたから髪を洗うのはたまに、でした。

        薪は近くの製材所にリヤカーを引いて買いに行くので大仕事。薪はバタ薪と呼んでましたっけ。いつの間にか薪が石炭になり、石油になり、ガスと電気になり。戦後の歩み、みたいな。

        お風呂場には水道の蛇口は無く、隣接してる台所の蛇口にホースを繋いで給水してました。つまり水道の蛇口は1個だけ。

        因みにそこは最新の戸建て公営住宅でありました。庭も広く玄関ドアの窓枠がミントグリーンでおしゃれでしたね。

        トピ内ID:3024064747

        閉じる× 閉じる×

        毎日

        しおりをつける
        blank
        コタツ
        東京下町生まれの40代後半。
        我が家の昔の家には家庭風呂は無く近くの銭湯に毎日入りに行ってました。家自体は下町にしては少し広めでしたが、お風呂は無かったです。
        お風呂がある場合も内風呂ではなく、家の外にプレハブ?みたいな建物内に風呂を取り付けてるところが近所では多かったです。それが無かった時は銭湯だったから、毎日か一日おきとかだったのではと推測されます。

        小学5年の時に家を建て直した時に内風呂になりました。それまで銭湯だったのでひとりで入った時は少し落ち着かなかったのを覚えてます。

        今は仕事柄、数日入ってない方が来られると匂いで分かります。昔より逆に敏感になってる気がします。

        私も疲れて入りたくないと思う時が年に数回ありますが、地方都市の兼業農家出身の主人にお風呂に入って寝る様に言われるので、彼には入らないという考えはないみたいです。

        トピ内ID:6471448153

        閉じる× 閉じる×

        そのうち何もしなくなる未来??

        しおりをつける
        blank
        通行人
        >一般的には毎日入浴もしくはシャワーを浴びるというかたが多いのではないでしょうか

        …シャワーだけで済ませる人ってそんなに多いのかしら

        その昔、祖父母宅は五右衛門風呂でした
        もったいないので冬は1日おきです
        それでも贅沢な方でしょうね
        戦時中なんかお風呂は贅沢でしょうから

        両親の時代になってからは、夏は毎日
        冬場は寒い日はやっぱり1日おき

        私の時代で冬も夏も毎日です

        …そんなにお風呂がめんどくさくなってきたのかな

        そのうち「え~お風呂なんかに入るの?」って
        反論される時代がくるのかしら

         

        トピ内ID:9479758952

        閉じる× 閉じる×

        団地には「風呂桶」があり内風呂だった

        しおりをつける
        🙂
        ニンジン娘
        まだ「東京市」という表札があった祖父の家は内風呂がありましたが、歩いて数分の所に銭湯がありました。
        昭和30年代に東京近郊に「団地」というモノが建てられた時、その間取りには「風呂」がありました。
        少なくとも戦後の都内は銭湯もありましたが、内風呂を持つ個人宅もそこそこありました。

        トピ内ID:4562258770

        閉じる× 閉じる×

        1日おきの時期あった

        しおりをつける
        🙂
        posuyumi
        50代。
        小1くらいまで冬は1日起きだったような。その後毎日に。
        旦那の家は毎日入るけどお湯をはるのは1日起きで二日目はお湯浄化のタブレットを入れてたそうです。

        あと、小学生くらいまでは洗髪も毎日じゃなかったですよね。
        シャンプーのCMで女性が友人にふけを指摘され「フケ?昨日シャンプーしたばっかりなのに」という(そんなことないようにこのシャンプーにする、というアピール)コピーがありました。今思えば驚きですね。

        トピ内ID:5646770416

        閉じる× 閉じる×

        爆笑!

        しおりをつける
        🐱
        面倒臭いおじさん
        50代田舎育ちです。
        自分が無意識のうちに投稿したのかと思いましたよ。

        子供の頃は毎日入りました。
        学生時代は一日おき(学生寮の風呂は一日おきでした。ちなみに風呂水は週に一回しか交換しませんでした。水道料金が頭割りで高くなるのを嫌ったためです。二週間替えないと流石に無理。)。

        今は、家族は毎日入りますが、娘たちが私が先に入るのをいやがるわりに入るのが遅いので、つい面倒になり一日おきか週末は2日入らないことも。娘たちは、ますます私の後はいやがる悪循環。

        入るとさっぱりして好きなのですがなんとなく面倒というところも、そもそも日本人はいつから毎日風呂に入るようになったのかと空想するあたりもトピ主さんの同類です。

        トピ内ID:3921357566

        閉じる× 閉じる×

        子供のころは週2~3回、今はほぼ毎日かな。

        しおりをつける
        🐷
        バッフクラン
         子供のころは家風呂がなくて銭湯だったよ。
         なぜか水曜日、日曜日が銭湯に行く日って決まっていたよ。
         6年生の時に家風呂ができて週3回くらいになったかな。
         たしか堀ちえみさんがシャンプーのCMで「信じられる?ティーンの二人に一人は毎日シャンプーをしているのよ。」っていうのがあったよ。昭和50年代くらいかな。
         つまりそのころから毎日風呂に入る人が増えてきたってことかなと思うよ。
         今はほぼ毎日(といっても大半はシャワーだけど)かな。
         冬はちょっと億劫な日はさぼってしまうよ。

        トピ内ID:1403592083

        閉じる× 閉じる×

        私の母が言うには、

        しおりをつける
        🐤
        ロミ
        私の母は美容師でしたが、昭和40年代の頃、小料理屋を経営している店の女主人が来店した際、すき毛を入れてアップにするセット(夜会巻き)を依頼されたそうですが、

        あまりにも砂を掛けたようなフケだらけだったので、フケ落としをしてシャンプーしようとしたら、

        私は髪を洗ってまだ1週間しか経ってないので、シャンプーしなくていいです。と言われたそうです。

        昔は、一度アップにしたら何日間かはその髪型をキープし続けるみたいです。
        その間、首から下の入浴はしていたのか、していなかったのかは不明ですが、
        まだ1週間しか経っていない。発言を聞いて私もビックリした覚えがあります。
        しかも飲食店経営なのに、そんな女主人の料理なんて食べたくないですしね。

        その時はあまりに汚れていたので、流石に強引気味にシャンプーさせてもらったそうですが。

        母曰く、昔の美容師の練習メニューの中に
        つげのくしを使ったフケ落としの練習があったそうです。

        今時、フケだらけで美容室や理髪店に来店する人もまずいないでしょうから、今の美容師さんはフケ落としの練習は無いと言っていました。

        頻度は不明ですが、当時は毎日入浴している人はあまり居なかったのではないでしょうか?

        トピ内ID:1540076327

        閉じる× 閉じる×

        夏はシャワーを毎日、冬は2日に1回風呂

        しおりをつける
        🐱
        ミミ
        私は夏はシャワーを毎日浴びて、冬は2日に一回しか風呂に入りません。
        夏は湿度が高くてベタバタするし、シャワーを浴びないと気持ち悪いです。
        15分くらいで終わるしすぐ髪も乾くから毎日シャワーしてもあまり苦になりません。

        冬は寒いから体を温めるために風呂に入ります。
        お湯に浸かったり髪や体を洗ったり、髪を乾かしたりしていたら、結局1時間ほどかかりますね。
        面倒と言えば面倒だと思います。
        なので冬の間は、外出しない土日には2日間風呂に入らないこともあります。
        こんな私は乾燥肌で、20代の頃まではほぼ毎日冬でもお風呂(時間の無い時はシャワー)に入ってました。
        しかし、年齢とともに肌の潤いがなくなり乾燥するように。
        30才前には皮膚から粉が吹いて周りから心配され、家族から「蛇女」と呼ばれる始末で、結局冬は2日に1回だけ風呂に入ることにしました。
        おかげで肌の状態は落ち着きました。

        春と秋は気温と気分によってお風呂にしたりシャワーにしたり、連続して入ることもあれば、1日開けることもあります。

        ちなみに私は海外(欧米)で数年過ごしたことがあります。
        そこでは毎日シャワーを浴びたりお風呂に入る習慣は無かったです。
        理由はすぐに分かりました。
        年中乾燥しているんです。
        なので毎日体を洗わなくても臭わないし、ベタベタしない。
        逆に入りすぎると皮膚が乾燥して良くないみたいです。

        日本のように湿度の高い地域なら、夏は毎日風呂かシャワーを浴びないと汚いし不衛生だと思います。
        冬は乾燥しているから毎日でなくても良いと思います。
        風呂を洗うのも面倒だし。

        トピ内ID:3389305757

        閉じる× 閉じる×

        続き

        しおりをつける
        🐱
        ミミ
        質問に答えるのを忘れてしまってました。

        日本人がいつから毎日風呂に入るようになったかですが、戦後から高度成長にかけてではないでしょうか?
        その頃まで家に風呂がない家庭も多かったから。

        私のおじいちゃんやおばあちゃんは銭湯が大好きで、ほぼ毎日通ってました。
        銭湯だとお金もかかるから、昔の人はもう少し頻度が少なかった(週に2~4回ほどとか)のかもしれません。

        トピ内ID:3389305757

        閉じる× 閉じる×

        あら還です

        しおりをつける
        🙂
        おばさん
        東京都下の団地で育ちましたが、家風呂(ガス)があったので毎日お風呂に入っていました。洗髪も毎日。両親には水やガス代が勿体ないと言われたことはなかったので、気にしたことはありませんでした。当時は近くに銭湯が一つも無かったので、おそらくその地域の家にはどこも家風呂があったのではないかと?(分からないけど)。同級生の間でも銭湯の話は聞いたことがなかったので。
        大人になってから、同年代で家風呂が無く、銭湯に行っていた人たちもいるということをネットで知りました。

        両親の実家は共に地方の田舎ですが、母の実家には広い家の一画に旅館の様な風呂場があり(土間を渡って行きました。着替え専用の和室が付いていた)、五右衛門風呂でした。父の実家は家の外にお風呂がありましたが、私たちが泊まる時にはそれは使わず、いつも銭湯でした。銭湯は幾つかありました。これも40年代の話です。

        若い頃は毎日お風呂に入りましたが、今は私もトピ主さんと同じで毎日は入りません。面倒だし、入浴も体力が要るし疲れるので。独り暮らしですし働いていないので誰にも迷惑をかけないので。仕事をしている時は周りに迷惑をかけない様に毎日入ります(一日入らないとやはり臭うと思います。人は汗をかくから)。
        それと若い頃は節約の為浴槽の水を入れ換えるのは二日に一度でしたが、今は一人でも必ず毎回取り替えます。贅沢になったなと思いますが、浴槽の中がぬるっとするのが嫌なんです。

        トピ内ID:0332558982

        閉じる× 閉じる×

        昨日やっと

        しおりをつける
        blank
        メンマ
        お風呂に入れましたー
        3日ぶりで気持ちよかったです。
        子どもの頃は風邪をひくと、親が一週間はお風呂に入っちゃダメと言われましたが。

        私は子どもの頃から東京ですが、近所でも戸建てはお風呂のない家はなかったです。
        だから小学生になると、たまに友だち同士で銭湯へ行きました。
        大きなお風呂が気持ちよかったなー

        湯上がりにびんのフルーツ牛乳(今もあるのかな?)を飲めるのが嬉しかったです。

        トピ内ID:4801223385

        閉じる× 閉じる×

        髪結いと洗髪

        しおりをつける
        🙂
        なな
        江戸時代に髪を結うようになってから、銭湯に行っても髪はそのままで、ひと月に一回くらい結い直す(髪結いさんに結い直してもらう)
        平安時代の女性は(男性もかな?)陰陽師とかに占ってもらい洗髪にふさわしい吉日を選んで洗髪したそうです。1日がかり!
        濡れ縁みたいなところで大きいたらいに湯を入れて洗うの。

        他レスにもありましたが、
        水と燃料の問題は切実です。
        たぶん大正時代からほぼ毎日お風呂をたてた家(冬は違うかも)は両家とも井戸があり、一方は裏が山で前が渓谷、もう一方は農業用水路があり養蚕をしていたので、水と燃料を確保できたからでしょう。←カイコの餌になる桑の葉。木は大木になりますが根元で切って細い枝を出させては元から切ります。で、葉を食べると枝だけ残ります。この枝を薪にするそうです。はぜてとてもこわいらしいです。
        あと、温泉地も明治の記録で体調悪くない限りほぼ毎日というのがあった気がします。

        トピ内ID:4569671111

        閉じる× 閉じる×

        アラカンですが、

        しおりをつける
        🙂
        ろべママ
        子供のころ、毎日銭湯に通ったいましたよ。大阪市内在住でした。家にお風呂ができたのは、小学生になってからでしたが、やっぱり毎日入ってました。
        ふと思い出したのは、洗髪は1日おきでした。毎日洗うようになったのは、高校くらいからかも。

        トピ内ID:7840447757

        閉じる× 閉じる×

        週二回でした。

        しおりをつける
        🙂
        柚子
        昭和30年前半生まれです。
        当時は風呂のないぼろアパートに住んでいて、銭湯に行ってましたが、
        その銭湯が家から遠かったので、毎日は通えなかったです。
        昭和40年代頃から、当時の平屋アパートに勝手に浴室を作る人が出てきて
        (敷地に建てるだけの余裕があった)我が家も作りましたが、
        それでも週二回。
        昭和一桁生まれの母は「入浴は体に悪い」が口癖で、ちょっとでも体調崩そうものなら入浴禁止。一ヶ月入れないこともざらでした。
        そのアパートには私が大人になってからも住み続け、
        自分の結婚でようやく脱出。
        今は好きなときに入浴できる幸せをかみしめています。

        そうそう、質問の答えですが、地域家庭にもよるでしょうが、
        戦前生まれの人はあまり入浴しない傾向がありますね。

        トピ内ID:5916760697

        閉じる× 閉じる×

        薪 と 行水

        しおりをつける
        🐷
        呑龍
        昭和30年代。ウチの風呂は 可燃ごみや 薪を
        燃やして 沸かしていました。
        これらの燃料は 簡単に入手できないので、
        風呂を沸かすのは 週に 2回だけ だったな。

        当時は エアコンなんて 無かったので、
        夏は 皆 汗びっしょり。
        シャワーも無かったので、 それに代わるのが 行水 だ。

        行水 って聞くと 浮世絵の春画を連想しそうだ(笑)。

        現代では 死語でしょうね。

        嗚呼 懐かしい。。

        トピ内ID:4272780119

        閉じる× 閉じる×

        自宅風呂が温泉(原源泉かけ流し)だったので…

        しおりをつける
        blank
        子供の頃から家に温泉のお風呂があったから毎日です。
        旅館の娘とかではないです。

        トピ内ID:6678269425

        閉じる× 閉じる×

        「5日に一回はシャンプーしましょう」

        しおりをつける
        昭和30年代生まれ
        戦後に初めて発売されるようになった「シャンプー」
        粉を溶かして使うものだったらしいです。
        その商品の宣伝文句は
        「5日に一回はシャンプーしましょう」
        と何かのテレビ番組で知りました。
        つまり当時は頭髪を洗う頻度が、5日よりも相当長かったんでしょうね。

        江戸時代の江戸では、毎日銭湯に通う庶民も珍しくなかったようです。
        上方に比べ、空気が乾燥して風も強く埃っぽい江戸では、風呂が好まれたと聞いたことがあります。

        昭和30年代生まれの私は、生まれた時から自宅にガスで沸かす風呂はありました。
        最初は、小さな楕円形の木桶の端に煙突がついた物、
        小学校時代は、いわゆるバランス釜でした。
        たぶん基本的には毎日入っていたけれど、子供はお風呂が嫌いです!
        今も、あまりお風呂は好きじゃなくて、主さんと同じく毎日は入りません。
        ピッ!て押すだけなのにね。
        それなのに温泉は大好きで、行くと一日何回も浸かっている・・・我ながら矛盾していると思います。

        トピ内ID:3286912516

        閉じる× 閉じる×

        清潔一番

        しおりをつける
        blank
        シトロン
        昭和40年代生れです。
        都内の平均的な家庭の子でしたが、生れた時から毎日お風呂に入って中学の頃から毎日シャンプーしています。

        風邪の時だって38度以上の熱がなければ、お風呂に入って身体を温めた方がいいです。

        肌も弱い方ですが、清潔にしてしっかり保湿した方が調子がいいです。

        私が生まれる前の事はよくわかりませんが、日本は他の国に比べ水が豊富で清潔にしてきたから、ペスト等の流行も少なかったのだと思います。

        事情があって入れないのなら、汗拭きシートで拭く等の工夫が必要ですが、入れる状況なら入った方が早くないですか?

        面倒なら、お風呂掃除は毎日でなくていいと思います。
        2日目は入浴剤を入れて沸かすし、1週間に1回しっかり洗えば、後は水を捨てて、シャワーの水圧で軽く流せば大丈夫だと思います。
        湯船から出てからもう一度シャワーを浴びれば大丈夫です。

        なので、掃除が面倒で入浴をしないのはナンセンスです。

        トピ内ID:0088900183

        閉じる× 閉じる×

        各家庭に内風呂が出来てからじゃないかな・・・

        しおりをつける
        🙂
        トリートメント
        終戦数年で生まれた母にきいたところ、戦争末期から戦後のドタバタの時期はわからないけど、少なくとも物心ついてからは、毎日入浴(夏場は行水)していたし、戦前もそうだったはずだとのことです。

        ちなみに内風呂ではなく、本家の敷地に離れ風に風呂場が建っていて、親戚が交代で薪で風呂を沸かしてたそうです。一族だと20人はいたはずで、お湯をタップリ使って体や洗髪はなかなか難しかったと思いますから、今のお風呂に入る感覚とは違ったのではないかと思います。家で毎日入るようになったのは、はっきり覚えていないけれど、小学校高学年・・・1950年代後半ではないかとのことでした。

        ちなみに、大学生時代は、単身ならほぼ全員が銭湯(か共有風呂)の、神田川の世界だったそうです。ただ、家族向け世帯では、内風呂が急速に普及し始めていて、大学卒業後数年で結婚して家を借りる時には、当然のように内風呂の家を選んだそうです。

        家庭風呂の普及が、1970年前後とのことなので、今の家にお風呂があって毎日入浴するという習慣が一般化し始めたのは、その頃ではないかと思います。

        トピ内ID:8762936634

        閉じる× 閉じる×

        江戸時代からかな

        しおりをつける
        🐱
        蝶子
        和宮様が16歳の時、文久元年(1861年)に江戸に降嫁されましたよね。その時、江戸の大奥では風呂に入るのは毎日が習慣でした。和宮様はお風呂が好きじゃなかったようですが。

        トピ内ID:7679218537

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0