詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の躾

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    かおる
    ひと
    教えてください。子供の躾についてです。 親が子供に手を上げることは、どのご家庭でもあることなのでしょうか? 子供の年齢や頻度、加減強もあると思いますが、虐待との境が分かりません。

    トピ内ID:9738397547

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 25 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    しない

    しおりをつける
    🐤
    オレンジブロッサム
    しないと決めるのです。 程度とかの話ではなく、このことについては0か100のどちらかです。 で、100をやった場合、今後5倍返しで自分に返ってくると考えていたほうがいいです。 または、100の家庭を見かけた時は、189への通報を視野にいれたほうがいいと感じます。 以下は余談です(読み飛ばしていただいてかまいません)。 トピ主様がおいくつの方か、わかりませんが、今の30~40代の保護者が「躾」を受けていた時代、日本は「子どもの権利条約」を批准できなかったんですよね。 私は授業で「まあ日本では躾が必要だから」みたいな説明をうけた記憶があります。 その価値観で育てられた世代が、「きちんと正しく」子育てをすることってかなり勉強もいるし、ハードルが高いことだけど、見過ごされがちで、該当者は辛いと思います。 もし、トピ主様が育てる側だったら、ご苦労も多いかと思いますが、頑張りましょうね。

    トピ内ID:3595879090

    閉じる× 閉じる×

    1か100ではないと思う

    しおりをつける
    🙂
    くま
    子育てしていれば、子供に手をあげることもあります。 でも、親が自分の感情で怒るのと同じように、 自分の感情で手をあげるのはダメです。 私もありますよ、息子をぶっ叩いたこと。 息子が友達に「死ね」って言った時です。 多分、赤の他人が見かけたら、虐待だと騒いだかもしれないレベルです。 私にしてみたら「死ね」なんて人に言うことは バットで頭を殴るのと同じくらい酷いことです。 今でも息子が「あの時は、マジで怖かった」というくらいです。 私もあの時の行動が間違っていたとは思いません。 手をあげることがいけないと言いますが、 では、言葉の暴力はいいのでしょうか? 手を上げてないだけで、子供を罵ってもいいのですか? 親に言われた言葉で、深く傷ついている子供はたくさんいます。 手をあげることでも、言葉でも、 最終的に親の愛情があるかないかだと思います。

    トピ内ID:8101634403

    閉じる× 閉じる×

    しません

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    少なくともうちは子どもにしつけで暴力を振るわないので「どのご家庭でもあること」ではありません。 子どもが何か悪いことをした時に暴力を振るったとしても、 「ぶたれるからやってはいけないことなのだ」とは子どもも思うでしょうが、 なぜそれがぶたれるほどに悪いことなのか理解できないのではないでしょうか。 そうすると最悪、親にバレなければいい、とい思想をもつに至ってしまうのでは、と懸念します。 親にぶたれるから、ではなく、子どもが自ら主体性を持って「これは悪いことだから、自分は悪いことをしたくない」という意識を持つように促すには、言葉を尽くして子どもに理解をさせるしかないと思っています。 というわけで私は暴力反対だから子どもに手をあげないのではなく、暴力の効果に懐疑的で、あまり意味がないと思っているので手を上げません。

    トピ内ID:5699094233

    閉じる× 閉じる×

    体罰は禁止の家庭が増えてきた

    しおりをつける
    ぎんねこ
    私の子育て世代は、体罰は禁止で、こどもはほめて育てよ、と言われていました。一歳、二歳の子供は、確かに野放しで、テーブルの上に登って、猿のようなことをしていますが、ある程度の年齢になれば、きちんとテーブルについて食事をします。理解できる年齢になった時に、お作法を教えればよいのではないでしょうか。 体罰を課して、しつけをすると、こどもはいつたたかれるかという不安心理に動転するようになり、精神的に良い影響はありません。 情緒の安定した子供を育てるためには、しつけと称して、体罰は控えたほうがよく、しつけの準備ができた年齢で、お作法を教えたほうがよいと思います。 私と私の子供ですが、私が西洋式のフォークとナイフの使い方を習ったのは、五歳の時、東京駅の日本食堂で父親からハンバーグステーキの食べ方で練習しました。さすがに一度で覚えましたが、言葉の遅れていたわが娘の場合、一年ほど後の六歳の時だったと思います。親のするやり方を見て、すぐに覚えていました。 理解できる年齢になれば、そんなに大変な思いもせずに、できるようになります。 体罰を使う場合は、少しその子にとって、早い時期にしつけているのだろうと思います。もう少し親は余裕をもって、しつけやお作法を教えるべきだと思います。

    トピ内ID:0145598886

    閉じる× 閉じる×

    昔の話ですが

    しおりをつける
    🙂
    湯の華
    32才の娘と29才の息子を 3才までは手が悪ければ手を ちょっと痛いかな?ぐらいで叩き 口で悪い言葉など言ったら 頬をちょっと痛いかな?ぐらいで摘まんでました! でも私の心と手の方が痛い感じで 夜は寝顔見ては「ごめんね!」と頭を撫でたり 頬や手を。 3才過ぎたら お互い向かい合って 言葉で教え 話してました。子どもにわかるように例えば話をして! 言葉ではわからない!言ってもわからない!と言われましたが ちゃんと差の年に応じてわかるように言葉も選んで話したら わかってくれてました! だから何かの時にはちゃんと話して育てました! 例えば なんで叱られてるの? 良いことなら誉めてもらえるけど叱られてるのはどうして? 子どもは悪いことをしたから! 悪いから叱られてるんだね? もし〇〇されたら嬉しい? ・・・て 親から何々したから 何々は悪いこと!て言うのではなく 子どもに良いことか?悪いことか判断させてました。 最後は もうしないでよ!お約束と〇〇ぎゅー 子どもからお母さんぎゅーと抱き締めあい終わらせてました! 小学生の頃に子どもにお母さんに悪いことをして叱られたときはこんなのがあるから! ラムネが良いか?あんパンが良いか?と聞いたら あんパン!て答えたから あんパンは頬を叩く 叩いた音がパー バシーよ! ラムネはなの先にこんぱち入れたら鼻がツーンとするからと話したら いずれも嫌だと言われ あんパンかラムネがいるならいつでもどうぞ!て言ってましたが 言うだけで終わってました。 今は体罰!と言われるけど 子を叩くとその倍以上の痛みが親の手に残り 罪悪感も お話がわかる年なら 言ってもわからないではなく わかるようにわかるように言葉を選び話せば良いと思います! 躾は大事です!

    トピ内ID:2157731212

    閉じる× 閉じる×

    境はない

    しおりをつける
    blank
    フィッシュ
    体罰は、頻度、加減などは関係なく全て虐待だと私は思います。なぜなら物事を理論(頭)と心(感情)で理解をさせるのではなくて、恐怖と痛みでただ単に押さえつけるだけだからです。親が子供に暴力をふるっていて、例えば子供が学校でお友達を殴ってしまった場合、親は子供を殴っても構わないが、子供はお友達を殴ってはいけないとどうやって教えるのですか?社会に出れば暴力は傷害という立派な犯罪です。 私は、躾は社会(家庭のルール含む)のルールを教える事だと思います。列に並ぶ、順番を待つなど世の中全てそうじゃないですか。例えば全てのスポーツにルールがあってそれに違反したらイエローカード、レッドカード退場になります。だから例えば、決められた時間を守らないでずっとゲームやっているのであれば、1回、2回注意をして3回言っても聞かない場合はもうそのゲームは出来ない。(取り上げる)小さな子供であれば、お友達と交代でおもちゃが使えないなら、そのおもちゃはもう使えない、公園で交代でブランコに乗ることが出来ないならもうブランコは乗れないなど。社会(家)にはルールがある、そしてそれを守らなければいけないという事を教えて、守らないなら守らなかったという自分の行動に対して責任を取るという事を教える事が躾だと思います。 私には12歳の娘がいますが、うちにはスマホを自分の部屋に持って行ってはいけない、自分の部屋で充電をしてはいけないというルールがあります。もし違反した場合はスマホを1週間取り上げます。それが3回になるともう彼女はスマホを持つことできなくなります。彼女にとっては「死活問題」なのでものすごい気をつけてるみたいです。 子供を育てるという事は、この世の中で一番難しい事だと心から思います。

    トピ内ID:9217248533

    閉じる× 閉じる×

    虐待とは違う

    しおりをつける
    blank
    抹茶
    体罰は反対派ですし、私自身は娘(小学生)に手を上げた事はありません。 でも、娘の幼稚園~小学校迄見て来て、やんちゃな男の子がお母さんからペシッと頭をされている光景は何度か見ています。 例えば静かにしなければならない時にふざけている時等、端から見ていても「叱りなよ」と思うような場面では、そのママのような対応は納得出来る部分があります。 逆に「静かにしようねー」「やめようねー」なんてだらだら口で叱っているママで、だから子供も中々やめないと「ちょっとコツン位すれば良いのに」と思うのです。 今はそれも許されないのでしょうか? ただ母親の怒りに任せて怒鳴ったり叩いたりは当然許されないと思いますが、全てが絶対駄目では無いのではと思います。 もしも絶対駄目!とするのでしたら、「優しい叱り方」をやめて欲しいです。 先にも書きましたが、口だけでダラダラ優しく叱っているのは集団行動ではとても迷惑になるからです。 やんちゃな子供を持つお母さんで、絶対に手は上げませんと言う方は、一度の注意でお子さんが聞き分けられる方法を実行してくださいと言いたいです。 やんちゃな子供を責める気持ちはありません。元気があって良い。 しかし、きちんとしなければならない場面では「コツン!」とする事で「他の人に迷惑掛けているよ!」と分からせているママを見ると(分かっているお母さんだな)と好感が持てるのです。 難しい世の中ですね。

    トピ内ID:7272789161

    閉じる× 閉じる×

    めちゃくちゃ叩かれた

    しおりをつける
    🙂
    虐待っ子
    私はめちゃくちゃ叩かれたので…正座何時間とかも… 弟は物置に吊るされたし、ベルトで叩かれて、頭から血が出てね… 毒親だしね、今なら確実に虐待でお縄ですね。 でも、親のことが好きです。恨んでますが。 悲しいかな、子供ってそんなもんです。 自分がされて辛かったので、子供には叩かない子育てを目指してますし、怒るのも30分をこえないように気をつけてます。 母親には、甘いと言われますが… それでも、子供を躾で叩くことがあります、できるかぎりお尻を叩きますが、後悔が半端ないです。 怒った後は抱きしめます、それまで生意気な顔をしていたのに、泣き出すと辛かったんだなと思い、私も泣けてきます。 私も殴られた後に抱きしめてもらってたら、少しは違ったかもしれないと思う時があります。 全然関係ないですが、不幸がにじみ出ていたからか、助けたい気持ちになるからか分かりませんが、男の子には小さい頃から好かれました。 皮肉にも親に感謝かもしれませんね。

    トピ内ID:8982625731

    閉じる× 閉じる×

    叱り方のランク

    しおりをつける
    blank
    匿名
    子供が小さいときは、何度言ってもニヤニヤしながら悪さを繰り返すことがありませんか? そんな時は三回くらい注意した後に、「次にしたらおしりペンだよ」と宣言して、それでもやったときは、おしりペンしてました。 (おむつしてる頃) 注意だけでやめたら、何時間後かにまたやってもすぐにおしりペンではなくて、三回くらい注意になります。 地域柄、そんなことでと思うことで頭をゴツンとやるお母さんが多くて驚いています。 叱り方のランクで悪いことのランクを学んでほしいと思っています。

    トピ内ID:7787969288

    閉じる× 閉じる×

    時と場合にもよると思う

    しおりをつける
    🐷
    うちけ
    例えばやんちゃ盛りの男の子が静かにしようと諭しても、中々そうしてくれない場合、手の甲をぺしっと1度叩いたりするのは仕方がないと思います。 ただ、子供が「叩いたことが原因」で泣いてしまうのは虐待の域に入ってしまうのではとも考えています。 グーパンや蹴りは虐待で、手の甲などを軽くなら注意(躾というと犬猫を彷彿させるので)だと思います。

    トピ内ID:4145335246

    閉じる× 閉じる×

    必要ない

    しおりをつける
    🙂
    posuyumi
    私は手をあげたことないです。 夫は2度ほどあったそうです。息子が幼少の頃にコツン? 私は怒りに伴って人に暴行したいと思ったことないですし、 躾けたいときは目をみてお腹に力をこめて真剣に「やめなさい」と言えば親の本気さえ伝わるので手をあげる必要などないです。 痛いからやめるって。んなわけない。 それはマウスに電流を流すほどの苦痛を何度も何度も植え付けて学習させることでしょ?騒げば電流ほどのげんこつ、とか「体で学習」するほど徹底して毎回同じに苦痛を与えることなどできない。 結果、痛いときもあるし平気なときもある、となり、学習効果はありません。 何を覚えさせているかと言うと「親は時々体罰を加えることがある」と覚えさせてるだけです。 親が痛いことをする怖い人だと思って言うことを聞くんです。 親への服従心を養ってるだけです。 また、親は殴りながら「理由」を言う。 何を学習するか?「人は理由があれば人を殴っていい」と学ぶわけです。 体罰のあと優しくする?DVと同じ流れ。これで殴られるのは愛されてるからだと学ぶ。 どれも必要なくないですか? 夫に手をあげるのは絶対に反対と言い、幼児時代に二度ほどコツンとした以外には夫もそんなことはしなくなりました。 すみません、私も一回だけありました。 トイレでうんちをし始めた頃、自分のうんちを触ろうと手を入れそうになって「だめ!」ととっさに手を払い、未然に防ぎました。 あれは、はずみで止められなかったなあ、自分。

    トピ内ID:0542715866

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]