詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    司法試験に落ちた娘

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    umbrella
    ひと
    本人の意向で浪人はせず、就活をしておりました。 しかしながら、院卒社会経験なしにも関わらず、既卒という扱いの中で、苦戦していました。 現在は、某法律事務所で働いています。少し前、その事務所から司法試験合格者が出たそうです。 娘曰く、羨ましいよりも自分が恨めしい。 応援してくれた親に、何も出来ていないことが辛い、と。 私ども(親)は、大学進学やその後の進路についてアドバイスはしたものの、強いたことはありません。 同じようなご経験をされた方、どのように乗り越えておられますか?  家族として、今は支えが必要と感じます。

    トピ内ID:3724002938

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 22 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 14 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分で乗り越えるべき壁

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    世の中、こんなことばかりですよ 自分より能力のある人は、そうでない人も限りなくいます 挫折したり、追い越されたり 悔しい思いもたくさんします 蹴落とされたり、虐げられたりしていないなら 見守るのも大事だと思います 悔しさをばねに頑張れ

    トピ内ID:5464718319

    閉じる× 閉じる×

    乗り越えるのは娘さん

    しおりをつける
    blank
    どんちゃん
    うちも今大学1年で司法試験受験中の娘がいます。 > 家族として、今は支えが必要と感じます。 これは違うと思いますよ。 実はうちの夫も旧司法試験時代の浪人が10年にも及んだ人でしたが、交際中も結婚してからも私が積極的に支えになった、と自覚することはなかったです。いつまで受験するの、と聞いたらニコリともせず「合格するまで」と答えましたから。 彼が選んだ道ですから、応援はしますが、それ以上に何かできるとは欠片も思わないです。できないですし。 大変失礼ですが、今この時点で「親に申し訳ない」と感じてたらいつまで経っても合格なんて夢のまた夢です。もっと図太くならないと。法曹職なんて図太くないとやっていけませんよ。 そうですね、今私が娘に言っているのは 「努力しなさい、努力は絶対にあなたを裏切らない。でも、自分の中でこれは違う、違う生き方をしたいと思ったらすみやかに転進しなさい。それは敗北かもしれないけれど、誰もが勝者になるわけではないのだから、恥じることではない。いずれにせよ、親はあなたの選択をすべて受け入れるし、生涯応援し続ける。いつかあなたが同じように誰かを応援する立場になったら、同じように応援しなさい。それが恩返しです」 ってことですかね。 娘は今年の予備試験短答は絶対合格すると息巻いてます。 はてさて、どうなるやら。 お嬢様も出願していれば司法試験まで4ヶ月。合格したいなら、思い悩む前に1問でも過去問を解くべきだと思います。 健闘を祈ります。

    トピ内ID:9698285271

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    umbrella
    コメントありがとうございます。 もちろん進路、就職先を決めた本人が乗り越えて行くことと皆が理解しています。 娘は第一希望の大学、司法試験ともに、二次試験で落ちました。 いわゆる成功体験がないことで、自信喪失が酷くなり、体調を崩しつつあります。 何とか前を向いて生きて欲しい。 毎朝疲れた様子ながら、家族を心配させまいと出勤しているようです。

    トピ内ID:3724002938

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]