詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    水辺の事故危機一髪体験語って。

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    mee
    ヘルス
    レジャーから家庭まで、体験語ってください。
    ケーススタディにしたいです。
    弟は小学生のころ滝つぼに落ちそうになりました。
    母に手を繋がれていてたすかりました。
    岩道が濡れていて滑ったものです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    浮き輪だけ

    しおりをつける
    blank
    プール
    プールの淵から、5歳ぐらいの女の子が
    浮き輪と一緒にダイブ。
    しかし、浮き輪だけ残りその子だけプールの
    奥底に沈んでいってしまいました。

    その子のお姉さんが、いち早く気づいて
    もぐって助けたみたいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の場合は・・・

    しおりをつける
    blank
    アホな親
    息子に浮き輪で遊ばせていた時、突然浮き輪の輪から体が滑り落ちて見えなくなってしまいました。

    焦って、急いで泳いで浮き輪のところに行きました。
    息子がいないんです。
    水中で手をバタバタしていたので救い上げました。
    今から思うと、鳥肌が立ちます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    海で!

    しおりをつける
    blank
    りーん226
    高校時代、友達と海水浴に行きました。
    台風の前後で波が少し高かったのですが若くて無知で無謀にも泳ぎに行ったのです。
    友達と遊んでいたら、そんなに移動していないのに足元の砂が流れる感じでどんどん深くなっていることに気づいたのですが、その時にはもう爪先立ちで私の顔がやっと出ているぐらいでした。
    私は結構泳げるし立ち泳ぎもできるので何とかなりますが一緒にいた友達は達者ではないのでとりあえず彼女を先に行かせねばと押し出した所、同じ所で平泳ぎをやっている状態(波に戻されて進んでいなかった)で「こりゃ、マズイ」と思い「助けて!」と近くにいた男性に助けを求めて浮き輪を借り、何とか戻りました。
    その浮き輪も波でなかなか私達まで届かず、水深はどんどん深くなるしで、友達を抱っこして立ち泳ぎをしながら「本当に死ぬかも」と思いました。
    それ以来、脇より深い所には行きません。
    浮き輪も絶対手放しません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    プーケットで・・・

    しおりをつける
    blank
    恐かった・・・
    一、二年くらい前、ビーチの波打ち際で
    泳いでいた女性が引き潮に連れ去られて
    沖まで流され、溺死してしまった事件で
    何の注意書きもしていなかった旅行会社を
    旦那さんが訴えた・・・
    ということがありましたが
    それからプーケット旅行用のパンフレットには、
    「雨季は危険なので泳がないで下さい。」という
    注意書きがつくようになりました。

    しかし初めてプーケットに行った私は
    泳がなければ大丈夫なんだろうと思い
    波打ち際を歩いていました。

    本当に、足の甲が水にひたるくらいの、
    ごくごく浅い波打ち際だったのですが
    ものすごかったです!引き潮の力が・・・!
    足首すら浸かってないのに
    ぐーーーーーっと体ごと海にもっていかれそうに
    なりました。

    あれが膝くらいまで浸かっていたら・・・と
    思うと心臓がドキドキしてとても恐かったです。

    私は泳ぎには自信があるのですが、そういう
    問題ではないな・・・と思いました。

    プーケットではそれまでにも何人かの日本人の
    観光客がビーチに出て溺死してるとのことなので
    今後も泳げる人が自分を過信してしまわないよう
    祈っております・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    何度か経験しました。

    しおりをつける
    blank
    それでも水が好き
    1 海で岩場を歩いていたらグラつく岩の上に立ってしまい、磯溜まりに落ちて岩で頭を切った。

    2 混雑した海で波にもまれもぐってしまった、びっくりして立ちあがろうとしたら頭のちょうど真上にビニールボートが浮いていて立ちあがれなかった、横にずれればいいのに、あせりのあまりそのままの場所でもがいてしまい大量に海水を飲んで死にそうになってしまった・・・

    3 プールで大人の人は普通に泳いでいるみたいだったのでなんの疑問もいだかず飛び込んだらものすごく深いプールで、小学校低学年位だった私は足がつかずすっぽりともぐってしまった。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    古い話で恐縮です・・・

    しおりをつける
    blank
    40歳女
    私がまだ小学生の頃、家にお風呂が無かったので家族で銭湯に行っておりました。
    その日は比較的空いていて、洗い場にまばらに座っている人が居るだけ。
    私が体を洗っていると、一人の女性がものすごい勢いで一番深さのある湯船に飛び込んだのです。
    何事かと見てみると、4~5歳くらいの子供が溺れていたんです。
    その女性が一早く気付き助けたのですが、そのあとの光景が・・・
    その子供の母親が事に気付き、近づいたと同時に子供に向かって「なにやってんの!ばか!」と背中をバシーン!と叩き、そのまま助けてくれた女性にお礼も言わずに、そそくさと出て行ってしまったのです。
    その母親も思わぬ事故にパニックになっていたのでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    7~8才の頃

    しおりをつける
    blank
    海が好き
    海水浴場の出来事です。

    ウキワでぱちゃぱちゃと皆で遊んでいたのですが、気がついてたら私一人が沖に流されていました。
    (人数が多い事と子供ばかりで皆は気がつかない)

    まだ7~8才の子供が沖に流されてどんなにバタ足をしても岸に戻れるわけがありません。
    それでもひたすらバタ足を続けている私に「こんな所で何してるの!!!」と、ヨットに乗ったお兄さんお姉さんが助けてくれました。


    あの時、ヨットのお兄さんお姉さんが助けてくれなかったら・・・・・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    参考になれば

    しおりをつける
    blank
    NO!犬を炎天下
    3回あります。

    一回目 小学一年の時。海で板状の浮き袋にのっていたら、叔父にふざけてひっくり返されて、海の底まで沈みました。もう死ぬと思ったから、じーっとしていたら、ぷかっと浮いてきました。
    沈んだ時は、決してじたばたしてはいけません。息を止めて静かにしていると、必ず浮いてきます。

    2回目 大学生の時。友だちとしま温泉に遊びに行って、川を渡ろうとした時。
    大きな川ではないので、橋迄行くのが面倒だったので、川の中を歩いて、向こう岸に行きました。途中で流れが急になり、流されそうで恐かったです。
    それ以来、川はどんなに穏やかそうに見えても、渡ってはいけないと知りました。

    3回目 知り合いの子を自宅のお風呂に入れた時。その子がすべって、頭から逆さにになってしまいました。いそいで拾い上げました。5歳で頭でっかちで典型的日本人の体型で足が短いので。
    ぎょっとしました。子どもはお風呂で溺れるんですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    川と海で

    しおりをつける
    blank
    カッパ
    まずは僕自身の経験から。
    僕は渓流釣りが好きで、解禁直後から山に入ります。3月頃のことですから、山にはまだかなり雪が残っています。
    その残雪が川の流れの上にまで張り出して、下を水が流れている状態を雪庇といいます。間違ってこれを踏み抜くと、下の川までズボッとはまります。深場の上の雪庇なら溺れることも。
    雪代が入った水の冷たいこと。僕は2度ばかり雪庇を踏み抜いたことがあります。

    僕の経験は夏じゃないので、時季はずれかな?
    次は妹のケースです。まだ幼児の頃ですが、プールで浮き輪に乗って遊んでいました。さて帰ろうかという時間になって、妹がいないことに気づきました。
    見ると浮き輪からお尻だけ出ていて、上半身は水中という状態でプールに浮いています。慌てて父が飛び込んで外にあげましたがすでに意識はありませんでした。プールの監視員も飛んできて、人工呼吸を施してくれました。すると5分ほどで意識が戻って大声で泣き出し、一同ホッと胸をなで下ろしました。
    どのくらいの時間水中に頭を突っ込んでいたのかわかりませんが、両親にとっては幼児からは目を離してはいけないという教訓になったようです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    流れる水に注意

    しおりをつける
    blank
    さとふみ
    私自身は3~4歳のときに川で流されそうになり、通りかかった人に助けていただいた体験があります。現在は水泳が得意で3キロほどの遠泳もします。
    一般論としては水流には十分注意しなければなりません。長い砂浜の続く所では、離岸流と呼ばれる沖合いに急速に引いてゆく流れが発生する場合があります。これがひざぐらいまでしか水の無い所で水遊び程度のことをしていて沖に流される事故の一つの原因だそうです。この流れは普通の人には簡単には発生が予測できませんので、子供には必ず浮き輪をつけておく(はずれても自分で引き寄せられるようにひもで結んでおく)必要があります。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  17
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0