詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アリの巣観察

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ありんこ好き
    話題
    昔、子供の頃、今から数十年前の話です。 当時定期購読していた学習雑誌、多分科学のほうだったと思うのですが、昆虫観察のすすめ的な記事が色々と載っていました。 一番興味深く記憶しているのは「アリの巣観察」です。 今は手軽に取り組めるキットも市販されていますが、当時はそんなものはなく、ガラス水槽に土を詰めて、アリを生け捕りにして、水槽に放ち巣を作っていくのを観察するという事に挑戦しようとしました。 が、母親に「家の中で、虫なんか飼うな。それもありんこだなんて、おまえは何を考えているんだ!!」 私「だって学習雑誌の科学に・・」 母「捨ててきなさい!!」 私「はい・・くすんくすん・・」 といった感じで却下されてしまいました。 当時、同じように触発された子供はいっぱいいると思うのですが、小町の方々の中にもアリの巣観察に挑戦した方、いるでしょうか。 成功したよとか、体験談あればお聞かせ下さい。 私は、アリは食べ物にたかる害虫だから却下されたと考え、害虫で無ければいいのかとコオロギを捕まえて美しい鳴き声を聞いてみたいなと頑張ってみましたが、住んでいたところにはコオロギが全くおらず、仕方なくバッタやキリギリスを捕獲して自作の飼育ケージにいれたところ、自作のケージがノリとセロテープで段ボール箱を接着して、上からラップを貼っただけという子供らしい造りのため、バッタやキリギリスの脚がセロテープにひっついて外れてしまう・・という恐ろしい結末を迎え、やはりアリを試したかった・・と未だに後悔しています。

    トピ内ID:8166044786

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 1 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 17 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    やったよ

    しおりをつける
    blank
    駱駝
    あー私(52)やったよ。 大きい長いガラスびん使ってやった。水槽とか使うより巣が見易いからと。 割と親主導で。そういう教育に熱心な親だったのだ。学研の科学取ってたが、まだそういうキットはついてはなかった。 本冊にやり方書いて推奨みたいな感じだった。トピ主さんが見たのと同じ感じかな。 ウチの子らも学研の科学(まだギリギリで出てたのだ)を取ってて、「蟻の巣作らせキット(なんか青いジェルを付属ケースに満たしてそこにそこらで捕まえた蟻を入れて巣を作らせるのな)」がついてた時があった。 やったんだけどあれはなんだか上手く行かなかったです。なぜかな。 「鈴虫育成キット」がついてた月もあって、これは上手くいった。 ついてた鈴虫の卵、ちゃんと孵化して成虫になって、部屋のケースで夏秋中リーリーリーリー鳴いてたわ。 全部死んで成虫を取り除いたあとも 「土の中に卵産んだかも」って翌年までケースごと置いといたんだけど、それは無理でした。

    トピ内ID:9692734032

    閉じる× 閉じる×

    自分ではしなかったけど

    しおりをつける
    🙂
    ソバス
    1,2歳上の遊び友達が,小さなガラス瓶でやってました.遊んでいるとき,何か手に持っていると思ったら,それを覗いて,「あ,潰れた」って.アリがせっかく掘っていた穴がつぶれたらしい.そりゃ,持ち歩いたりしたら崩れるよって思いました(笑). 私がしたのは,モンシロチョウの青虫(羽化したら放す),蛙の卵(尻尾が短くなったところで川に戻す),コウロギ(よく鳴きました).最初は空き瓶や学習雑誌についてきた飼育ケース使っていましたが,ある時,誕生日のプレゼントにガラス水槽をもらいました.プラケースじゃなくて,総ガラス.当時は,プラケースなんてなかったんでしょうね.小さなものだけど,子供には重くて扱いが大変.でも,嬉しかったのを覚えています. そうそう,その水槽で,おたまじゃくしの尻尾がいくらたっても短くならないって思っていたら,イモリだったことがあります. 長い長い中断を挟んで,今は,熱帯魚と鈴虫飼育.鈴虫は毎年孵化しています.トピ主さんも再挑戦されては.

    トピ内ID:2789488149

    閉じる× 閉じる×

    キットがある

    しおりをつける
    blank
    あめんぼ好き
    アリ飼育用観察キットが売っています。水色のゲル状の培地(土の代用)やプラ水槽などがついていて透明だからアリの各部屋の様子も横から丸見えの優れもの。トピ主さん、いまからでも飼ってみたら?

    トピ内ID:0815395998

    閉じる× 閉じる×

    ありのままに

    しおりをつける
    🙂
    ありのまま
    アリだけに。 もともとものを集めたり何かを所有することに興味のない子供でした。アリ観察は虫眼鏡を持って外でやってました。 今は標本を見ながら研究する仕事をしており研究用の標本を集めています。しかし個人で所有するサンプルは、お友達や同僚がくれるもの以外にはありません。なんせ、あくまでも仕事材料なもんで。一般的には良く収集家たちが多額を払って集めるものですが。 子供用のアリ観察キット、簡単に手に入るのでそれをお勧めします。学生の頃、私の恩師からのクリスマスプレゼントにカブトガニ飼育キットがありました。ものを飼うことに慣れていませんでしたが、夢中に飼育しましたね。観察日記を付けていた事は言うまでもないでしょう。 アリで満足出来たら、次は二ホンミツバチに挑戦して欲しいなあ。

    トピ内ID:9891717267

    閉じる× 閉じる×

    生態観察は難しい

    しおりをつける
    🙂
    esezou
    蟻はね、女王蟻の存在下でないと本当の生態は解らないよね。 それが分かったのですぐ止めました。 トカゲ(カナヘビ)を籠に入れて観察したけど中で繁殖して、そのあと事故で卵を潰して可哀想で止めました。 最近ではメダカ(在来種)の累代飼育もしましたが、卵の選り分けや生餌の継続が困難で終了しました。 生き物を生態観察するのは中々難しいね。 最近は人間観察で満足してます。

    トピ内ID:8901569262

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]