詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父親が夫の悪口を怒鳴り散らします。

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    ayahikita
    ひと
    実家の父親との折り合いがつかず、悩んでおります。元々、昔から自分の思う通りにならないと、怒鳴り散らしたり、家の中のものに当たり散らし、めちゃくちゃにするなど、幼い父親でした。 私が地元にいる時は幾度となくおさめるよう努めてきました。母親は私が高校生の頃に統合失調症、妹は軽度の知的障害とうつを持っており、これもまだ私が実家にいたときは出来るかぎり支えてきましたが、落ち着いたので、上京。 気づけば7年経ちました。父親からは初め、大反対されましたが説得して今に至ります。 去年、東京の人と結婚し、地元の方でフォトウェディングや食事会をしました。うまくおさまったと思っておりましたが、今年帰省した際、私と父親が些細な事からケンカにいたり、私の夫のことまで全否定されました。はじめに結婚の挨拶の時点で陰でダメ出しや悪口を私に言いまくるなど異常でしたが、もう2度と夫には会いたくないとまで言う始末です。 父親にはとうぶん会いたくないですし、こちらの話を一切聞く気がないので話し合いなどできません。こちらが時間をかけて謝り続けるのも疲れました。しかし、今後、子どもを考えていますし、母親や弟妹レスで友達がいるので、一切帰らないわけにはいきません。もちろん、子どもが出来たら里帰り出産など出来ないので都内で産むつもりです。 両親も若くはないので、これ以上揉め事を増やしたくないですが、解決策が見つけられません。私と同じ様な状況の方がいましたら、アドバイスをご教示いただければと思います。よろしくお願い致します。

    トピ内ID:2179345054

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 44 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 35 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    諦めるしかない。

    しおりをつける
    🙂
    XxxX
    私の実家にも似たようなのがいます。家族も精神病やら知的障害やら様々。 お父さんのようなタイプはもうどうしようもありません。とにかく何か言われても言い返さず放っておきましょう。どれだけ話し合っても無駄です。イラッとしますが言い返さず、淡々と用事だけ済ませて帰りましょう。話し合いは不可能です。お父さんはあなたの話に興味はないのです。はいはいと話を流して終わりましょう。どれだけお父さんが吠えたところであなたの人生は壊せない。いずれ衰えて大人しくなります。

    トピ内ID:7196228104

    閉じる× 閉じる×

    覚悟を決める

    しおりをつける
    🐷
    たぬき飯
    あなたは、実家時代は 親に衣食住提供してもらわないと 生きていけないから、 毒親だろうと、見て見ぬ振りをして 従うしかなかったのは仕方ないですが、 それをあなたの夫へ同じことを求めたら、ご主人は離婚して、あなたの実家と縁を切るためには、あなた本人ごと切り捨てられますよ。 自分の今の家庭を守るなら。 夫の盾となり、実家とは縁を切る覚悟持たないと、 夫は、あなたの親とは他人同然です。 あなたの実家への態度次第によっては 夫は、あなたの家族の重荷まで背負いきれないでしょう。 ご主人は若いから 恋愛感情だけで、結婚に踏み切った。 もし、ご主人がある程度年齢と 世間を知ってる人なら 母と妹の病気を知った段階で 縁談は破談になる可能性が高いです。 さらに父親も、暴力的とあればなおさら。 この結婚が離婚になると 次の結婚は厳しいと自覚した方が良いです。 実家とは一線を引く、 実家が、壊れようと見殺しにする覚悟さえもつ その罪悪感に耐える覚悟持たないと、離婚になりますよ。 うちは、母があなたの父タイプで 夫に暴言をはく、アポ無しできて言いたいことぶちまけるので、縁を切りました。 実家へ帰省したのは、最初のお盆だけです。その時に暴言吐いて、夫はお前の母親おかしいだろと、責められました。 母がおかしいのは私もわかってるし、どうにかできるなら、どうにか説得したりしたいけど、通じる相手じゃない。 だから、夫を選びました。 離婚して実家に戻るのだけは避けたかったので。 結婚することで、夫が身内になることで、病院入院などの保証人に実家に頼らなくていいです。 実家に戻りたくないなら、結婚生活がうまくいくよう 努力するしかないです。

    トピ内ID:7717901108

    閉じる× 閉じる×

    実家とは一線をひく。夫の盾となる。

    しおりをつける
    blank
    ふーく
    残酷ですが、お父様は変わりません。 例え孫が生まれ、新たな幸せが来ても、結局は変わりません。 どんなに誠実な対応をしようが、話し合いをかさねようが、我慢強く説得しても、年齢を重ねて丸くなることも、介護で手かしてもらう必要があっても立場か逆転しようとも、改心することもありません。 もう、諦めるしかないのです。 そのうえで、どう折り合いをつけるのかは、トピ主さん次第です。 ご主人の盾となり、実家との一線をひくしかないのですが、 完全に絶縁する 実家にはトピ主さんだけが帰省する 実家には寄らずに、母と兄弟、友人にその都度会う やり方は様々です。 揉め事を増やしたくない、同居する母に兄弟を捲き込みたくない、と思う気持ちはよく分かりますが、トピ主さんの弱点としてお父様が人質に使うならば、完全に絶縁するのが一番です。 怒鳴れば、トピ主さんが出てくることをお父様は知っているからです。 結局は、トピ主さんがその場でおさめようと支えてきたことを、怒鳴ればトピ主さんをコントロールできることを知っているからです。 結婚して新たな家族ができて、立場はかわりました。 大切なのは、ご主人をどう守るかです。 お子さんが生まれる時に里帰りしないのは賢明ですが、それを期にお父様が近寄って来たときどうするか。 真面目なトピ主さんは、『普通の祖父母像』に悩み、孫を可愛がれる機会を母に与えられないと悩み、実家義家とのバランスにも悩むでしょう。 毒親に育てられた人の、毒親との対応の事例から学び、準備するのがよろしいかと思います。 遠距離であることは、ひとつの武器です。 一線をひくために、遠距離を最大限に使って下さい。 一線をひくことが、夫と将来のお子さんを守ります。

    トピ内ID:5529325400

    閉じる× 閉じる×

    ご実家とは疎遠に

    しおりをつける
    🐱
    neko
    『父親が結婚の挨拶の時点で陰でダメ出しや悪口を私に言いまくるなど異常で、もう2度と夫には会いたくないという』悪口の内容に因ります。これが本当に細かい事でどうでもいい事、もしくは父親に都合が悪いだけの場合はきっぱり疎遠になさった方が良いと思います。つまりは地元のお友達と会えなくなっても…です。 これが姑であなたが夫ならば、妻を全力で守れという声が強くなると思います。でもあなたが妻で夫でも一緒なんですよ。夫を全力で守ってあげてください。もうあなたの家族はご実家のご両親やごきょうだいではなく、あなたの夫と将来のお子さんです。

    トピ内ID:8523474582

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。コメントありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    ayahikita
    コメント下さった方、大変ありがとうございます。励まされました。幸い、夫は私の実家や、精神病などについては受け入れてくれる優しい人ですし、彼自身も親族に自閉症の甥っ子がいたりするので偏見の目を持ったりするような人ではないです。ですので、皆さまがおっしゃる通り、距離を保ちつつ、夫や子どものことを大切にしていきたいと思います。世の中には同じような事で悩んでる方もいるかと思うので、そういった方の事例も参考にしてみます。ありがとうございます。

    トピ内ID:2179345054

    閉じる× 閉じる×

    理解ある夫に甘えない→限界値が違うので

    しおりをつける
    blank
    ふーく
    限界値が違うので、ご主人の理解ある態度に極力甘えないことです。 事情は個々で違います。 同じ病に理解があったもの同士でも、事情は違うし、限界値も違います。 どうそ、心して下さい。 知人がトピ主さんと同じ事情でしたが、結局離婚になりました。 どうそ、一線をできるだけ遠くに引いて下さい。

    トピ内ID:5529325400

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]