詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    駄)祖母によると孫の私は宇宙人!?

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎁
    プレゼントフォーユー
    ひと
    私は20代後半女性です、 もともと私は家族4人同居でした(父母と弟と私) しかし去年、弟は就職し、実家を出ました。 弟が家を出たあと、 祖母が(祖父が亡くなり1人になったため)入れ替わりでうちに来て、 今は、父母と、私、祖母の4人で暮らしています。 祖母が家に来てからというもの、 私と祖母の世代間のギャップが面白いです。 祖母からすると、 スマホほか、いろんな電子機器を器用に使いこなす 孫の私は宇宙人みたいだと(笑) 私からすると、祖母との会話の中で、 意味が分からない事や、 自分の経験が無い話題が頻繁に出てきて、不思議な感覚です。 たとえば、ですが 私は、生まれた頃からマンション住まいで、 襖はあるけど、障子がない家で育ちました。 友人の中には、和風の一軒家に住んでる子もいますが 私は洋風マンションで、猫の額ほどの襖の和室があるのみ。 なので、祖母がうちに来て 「障子紙を張り替える作業は、この家は要らないんだねー」 というと、もちろん言ってる事はわかるけど でも感覚的には、生活の中にそういう経験がなくピンときません。 母がいうには、子供の頃、 障子にぶすぶす穴をあけて祖母から怒られ、 張り替えていたとか。 だから祖母や母は障子紙の張り替え経験があるけど 私は経験なく未知の世界です。 実は、去年、 祖母と一緒に暮らす事が決まった時、正直不安でした。 世代が違い過ぎ、一緒にやっていけるかなと。 でも、今は互いのギャップをそれぞれ楽しめています。 みなさまも、 「昔はこんな暮らしだったなー 今の若者は解らないだろうなー」とか 逆に、世代のギャップによって 「子供や孫から、驚かれちゃった」 なんて経験はありますか。 世代が違うと、驚きや戸惑いもあるけれど 互いに違う世代をリスペクトして理解し合おうとすれば 結構楽しく一緒に暮らせるものですね。

    トピ内ID:9354276584

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 106 面白い
    • 9 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 76 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    我が家の中学生

    しおりをつける
    🙂
    きりん
    我が家の中学生、缶詰めを缶切りを使って 開けるなんてこと、できません。 一度やらせてみましたが、「何これー!?ヤダー出来ない!もういい!」 だそうです。 公衆電話を使ったこともないです。 我が家も障子のないマンションです。 そういえば、うちの娘、幼い頃、 私の実家で、障子に足指、突っ込んでました(笑)

    トピ内ID:4895974127

    閉じる× 閉じる×

    国名

    しおりをつける
    blank
    熊の隠居
    この前、アルバイトのスリランカ人に、「私達の時代はセイロンと言っていたんだよ」と言ったところ、若い社員に、「国名が変わる事 あるんですか?」と聞かれたので、「ミャンマーはビルマ、ロシアはソビエトだったよ」と言ったら驚かれました。

    トピ内ID:5823464150

    閉じる× 閉じる×

    宇宙人というよりも

    しおりをつける
    🙂
    Red Rum
    素敵なお孫さんです。理解があって、世代間ギャップを楽しめるトピ主さん のお人柄が素敵です。 おばあさまも打ち解けて、新たな生活にも慣れ、家族と同居できて楽しそう ですね。いつまでも仲良いご家族で!

    トピ内ID:8861817424

    閉じる× 閉じる×

    この前の木曜日

    しおりをつける
    🙂
    次男
    この前の木曜日、小学1年の息子とその友達が遊びに来て、押し入れで遊んでいました。 その時に、天袋の上に天井裏に侵入する侵入口があり、開けて見せたらばびっくりしていました。二階には屋根裏もあるよ、(帰り際だったので)今度来たら中を見せてあげると言ったら喜んでいました。

    トピ内ID:1916593259

    閉じる× 閉じる×

    手書き!って驚かれた

    しおりをつける
    🙂
    とほほ
    子供ではないのだけど、子供ほど年の離れた同僚に「私の世代は卒論は手書きだったから」と言ったら、すごく驚かれた。 「論文手書きって、そんなの可能ですか?」 うん、可能だったよ…

    トピ内ID:8307060499

    閉じる× 閉じる×

    色々あります

    しおりをつける
    blank
    昭和
    祖母と孫の会話が噛み合わない時があります。 チョッキ→ジレ パッチ→男性の下着 スパッツ→レギンス 黒電話→何ソレ 番傘→何ソレ 火鉢→何ソレ 五右衛門風呂→何ソレ という感じで、 私は分かりますが、時代と供に昔と今の呼び方がが変わったり もう使われなくなった物など 今の若い子は分からないみたいですね。 私も子供の頃、年末に張り替える前の障子をオリャ~!と 兄弟と一緒に空手の真似事をして破ってました。 祖母が子供の頃、一升瓶にお米を入れて長い棒でついて精米したり 家の裏の防空壕で遊んだ話、経験がない孫には良く分からない様です。 時々、祖母と孫の噛み合わない会話を側で聞いていて、笑ってしまう時があります。 昔の話をする祖母は、聞いてもらって嬉しいようで楽しそうに話してくれます。 トピ主さん、祖母さんの子供の頃の話を元気なうちに聞いてみるといいですよ。 祖母さんの事、大事になさってくださいね。

    トピ内ID:0783206740

    閉じる× 閉じる×

    人はそれをジェネレーションギャップと言います

    しおりをつける
    blank
    nemo
    私が若い頃は、年上の先輩方に「近頃の若者は謎だ」と言われていたのですが、 私が50代にさしかかった現在「近頃の若いモンはよく分からない」と呟いています。 『年寄り笑うな行く道だ/若者笑うな来た道だ』 まさにその通りですね。

    トピ内ID:3870976078

    閉じる× 閉じる×

    ギャップを面白がるってステキ!!

    しおりをつける
    🙂
    ばあばの知恵
    私はお祖母様と同じ世代だと思います。76歳 色々とギャップを楽しまれていて、楽しそうに暮らされてるな~と ほっこりしました。 「障子貼り」やってましたよ。(お正月前に) 今とは全然違う生活でした。 洗濯はたらいでやってたし、 冷蔵庫は上の段に氷を入れるものでした。 テレビは無くて、毎日ラジオを聞いてました。 普通に洋服に下駄を履いてました。 遊びは、女の子は「まりつき」「お手玉」「羽根つき」など。 男の子は「コマ回し」「凧揚げ」「ビー玉遊び」などでした。 車はあんまり走ってなかったので、道路で「けんぱた」や「ゴム飛び」やってました。子供が多くて、兄妹6人、7人はふつうでしたよ。 その他いっぱいあります。おばあさまに色々聞いてみてね。 今の人に遅れないよう、20年前からパソコンやってます。 フェイスブックもやってるけど、ガラケーです。笑!!

    トピ内ID:5053962122

    閉じる× 閉じる×

    明治生まれの曽祖父

    しおりをつける
    🙂
    ゆう
    は、ふんどし使ってました。 まだ30代前半ですが貴重な体験だったと思います。ふんどし干してあるなと思ってました。 もちろん小さい頃はトイレもボットンで、もう一つトイレがあったんですがあんな形状のトイレは今でも見たことないです。 お風呂は薪で炊いてました。 なので小学生ながら薪割りをたまにやりました 寝る時に使う、ホットアンカは中に本物の熱いものを、火であっためてから入れて祖母達は使用してました。

    トピ内ID:2856803720

    閉じる× 閉じる×

    ふたたび

    しおりをつける
    🙂
    ばあばの知恵
    近所の小学生に聞かれました。「雨雨ふれふれ」の歌に でてくる「蛇の目」ってなに?と。。。そういえば蛇の目って死語ですね~。 「下駄箱」も今の子は「靴箱』って言うんですね。 「火鉢」や「練炭」や「五右衛門風呂」「洗濯板」いっぱいありますね。 祖母は洋服の下に「腰巻」をしてました、(もちろんパンツは履いてない) 父はいつも「ふんどし」でした。 夏はクーラー無かったので、家の中や近所で、女の子は「シュミーズ」 男の子は「ランニングシャツ」一枚で走り回ってました。 トイレは汲み取り式で、バキュームカーが各家庭を回ってました。 逆に老人の私がギャップを感じるのは、日本語です。 「まじ~」「きもい」「やばい」「タピル」などなど 知らない言葉が多いし、略語はわかりません。宇宙人かな~?

    トピ内ID:5053962122

    閉じる× 閉じる×

    割と最近のことのほうが「これもダメか」って驚くね

    しおりをつける
    blank
    KONTA
    52の私のチビのときには七輪で魚焼いたり焼きナス作ったりあってそれは無茶苦茶旨かったんだけど、私らの子はマンション住まいでそれは経験ねえなとか、そういうのはまあ「当然だわな」でいいんだ。火鉢で餅焼いたこともねえよなとかな。そういうのは全く驚かない。 寧ろ近年まであったもので「これすらダメか!」ってのに子との激しいギャップを感じるな。 10年ほど前、小学校で「博物館に行って昔の生活コーナーで体験してこい」って宿題か出て連れて行ったとき、子らが電話のダイヤルを回すという発想がなく、番号の穴をグイグイ押して一生懸命かけようとしていたのは驚いた。 あと、理科実験の準備で学年全体に「マッチで火をつける練習してこい」と宿題が出たとき、「そうだそこが抜けてた!」と膝を叩いたが、子のことよりも寧ろ、自分ちにマッチが全くないから買いに走らねばならないということに気付いたのが衝撃だった。ロウソクはあるのになあ。チャッカマンでつけるからなあ。 あと、今の若いもんは(うちの高校生らもだけど、もっと年長の若者も)メールに添付ファイルつけて送るというのができなかったり、できてもえらいこと面倒がるよな。そんなに面倒かな?あれ。 とかいうのが不思議だ。

    トピ内ID:4851331124

    閉じる× 閉じる×

    家の中にブランコがあった

    しおりをつける
    blank
    おばちゃん
    祖父が終戦後に建てた家で、台所は土間、お風呂は薪でわかすような家でした。 かまどの上に板をのせて、ガスコンロをおいてありました。 台所から上がった所が板の間で、吹き抜けになっていて明かり取りの天窓がありました。 父がそこの梁にロープをかけて、ブランコを作ってくれました。 「白いブランコ」という歌がヒットし、友人宅の庭には、白いブランコがありましたが、「うちのは家の中にある」というのが、嬉しかったです。 雨の日は、兄弟で順番待ちでした。 豆炭あんかの話もありましたが、練炭火鉢もありました。灯油が高い冬は、これでした。 火鉢でお餅を焼くのは、楽しかったですよ。 そのころは、祖父は別の家に住んでました。 キセルを使ってタバコを吸っていて、いつも「銭形平次」が使ってるような(わかるかな?)、四角い火鉢の前に座ってました。 ちなみに、夏のみふんどしでした。

    トピ内ID:7262909922

    閉じる× 閉じる×

    自分の中の有名人と違う

    しおりをつける
    ブレーキランプ5回
    家の話とか、昔の習慣の話とズレてしまうけれど 私(53歳)は、自分の中の一番の有名人は 子供時代はピンクレディー 学生の頃はドリカム ですが、わが子の世代は なんとピンクレディーや吉田美和さんを知らない子もいる。 育ってきた時代は違うから それも当然かもしれないけど、 こういうのも世代でのギャップかもね。 KONTA様のレスを読んで あんまりおもしろくて声を出してわらっちゃいました。 ちなみに、うちもマッチなんて家にはありません。 もうずっとチャッカマン。 だから、うちの子供は、マッチが湿気ってつきにくくなって 何度もシュッ、シュッとする事なんか、知らないでしょうね。 そして、私も、もちろん卒論は手書きした世代です。

    トピ内ID:8715763522

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]