詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    先輩方が不仲でそれぞれ指示が異なります

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    川釣り
    仕事
    部署を異動して数か月経つ、20代後半の女です。 チームのリーダー(非管理職)、教育係、古株の先輩方が互いに水面下で反目しており、業務の進め方について異なる指導をされます。 例えばメールの定型文「~よろしくお願いいたします。」について、「よろしく」や「いたします」を漢字表記にする先輩と、ひらがな表記にする先輩がおり、どなたの方針を採用しても他の先輩から指摘を受けます。 業務や成果への影響度を問わず一事が万事このような具合で、「誰かの方針で作業をする→ほかの先輩から指摘を受ける→修正する」の繰り返しになり、なかなか仕事が進みません。 上司との面談の際に相談したところ、どうでもいいことに時間をかけてないで仕事を進めるように、と言われました。(*1) また以前A先輩に「Aという方法を以前教えたのになぜBというやり方でやるのか」と言われたため「今回の案件はB先輩からそのように指示をいただいています」と回答したところ、「あなたの仕事なのだから人のせいにするな」とA先輩にもB先輩にも怒られました。(*2) 上記の*1、*2は確かに正論だと思いますが、そうはいってもどうしたら上手く進むのか、解決策が浮かびません。 因みにチームの他メンバーに対しては、反目しあっている先輩方と同世代か年上のためか、信頼して業務を一任する、或いは本人不在時に「あの人は言うこと聞かないのよ~」と愚痴を言っているのみで、私程細かい指摘は殆どないようです。私は先輩方より10歳ほど若輩のため言いやすい、というのもあると思います。 また決して暇な部署でもなく、後輩指導が考査対象になることも殆どありません。 良い対処法をご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:4947556907

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 26 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    冗談みたいな回答ですが

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    大変な職場ですね。 下記は冗談みたいな回答ですが、私ならやってみるかもしれません。 それは「A先輩とB先輩の言っていることを少しずつ取り入れながら、自分なりの方法で仕事をする」ということです。 >「よろしく」や「いたします」を漢字表記にする先輩と、ひらがな表記にする先輩 なら、「宜しく」「お願い」(おねがい)「いたします」と両方の考えを取り入れる。 これだと双方から指摘されると思いますが、指摘が入れば「どのように書いてもA先輩とB先輩の指摘が入るので、私が折衷案を考えました」と言って絶対に譲らない。 「折衷案がダメと言うのならA先輩とB先輩で指摘・指導を統一願います」と言って、自分の案に固執して、絶対に譲らない。 最悪「折衷案」でなく「自分で考えた案」で仕事をするとか。 「A先輩とB先輩の意見が違うので、自分で一番良いと思う方法を考えました」でも良いでしょう。 これだと、少なくとも「自分で考えた案」です。 それを繰り返せば、どちらも指摘を諦めるだろうと思います。(よほど変な先輩でなければ) ただ、自分の案が間違っていたら話にならないので、自分が正しいと思う案で実行してください。

    トピ内ID:9461964939

    閉じる× 閉じる×

    格上のほうの形式を使う

    しおりをつける
    blank
    777番
    困ってしまいますね。 指示が違う場合は、格上の方の指示通りに仕事をし、文句を言ってきた格下のほうに「この方法は(格上の)X先輩から指導されました。すみませんがX先輩と話し合って統一して指示していただけますか?」と、格下の方に格上の人と話し合っていただくようお願いしてみては。 格上の方に話し合いをお願いしても、格上は格下のことは無視できるから痛くもかゆくもないです。 なので格下のほうに話し合いをお願いし、格下にすべてのストレスを押し付けるのがいいです。 次回格下が何か指示をしてきたことに格上のX先輩から文句を言われたら、「格下さんにX先輩と話し合って統一した指示をして欲しいとお願いして、その上での指示だったのでX先輩の指示かと思いました」とX先輩が格下を潰すエサを与え、潰し合ってもらうのがいいでしょう。 トピ主さんの場合は、教育係の指示に従い、他の人には関係者で話し合って統一して指示して欲しいと言い続けるしかないと思います。 人のせいにするなと言われたら、「私は新入りですので、先輩の指示通り仕事をいたします」で押し切るしかないでしょうね。

    トピ内ID:0688877820

    閉じる× 閉じる×

    既にお試し済み?

    しおりをつける
    🙂
    みり
    面倒くさいですね。 良い対処法はわかりかねますが、私ならどうするか、書いてみます。 メールの件は。 例えば、Aさんが漢字派、Bさんがひらがな派だとしたら、 Aさんに送るときは漢字で、Bさんに送るときはひらがなで送ります。 Aさん、Bさん以外の他人に送信したメールを、 AさんまたはBさんに見られて、いちゃもんをつけられたら、 「その件なんですけど、毎回、人によって言うことが違うから、 〇〇さん(上司)に相談したんですけど、そうしたら、 そんなどうでもいいことに時間をかけてないで、 仕事を進めろと言われましたので・・・すみません。 上の意向ですから~」と言います。 「Aという方法を以前教えたのになぜBというやり方でやるのか」の件は。 Aさんからこのように言われるということは、 過去に「Aという方法を教わった」という事実があるわけで。 だとしたら、Bさんに「Bでやれ」と言われた時点で、 そのままBさんの言いなりになるのではなく、Bさんに、 「これはAさんから、Aでやれと教わってますが?」と確認します。 そこでBさんが「じゃあAで」と言ってくれれば問題は回避される。 Bさんが「Bでやれ」と言ってきたら、 (本来こんな工程、必要ないけど)無駄なとばっちりを防ぐために、 Aさんのところに行き、 「Bさんが、これをBでやれって言うんですけど」とお伺いを立てます。 そこで、Aさんが「今回はBでいい」と言えばBでやる。 Aさんが「Bはない、絶対A!」と言って来たら、 AとBで立場が下の方の人間に、 「申し訳ありませんが、どちらか一方の方法でやると、 後で必ず、もう一方からそうじゃないとお叱りを受けることになり、 こちらも大変困っています。 今回、どの方法でやるのか、お二人で結論を出してから、 再度私に指示をください」と言います。

    トピ内ID:4911748853

    閉じる× 閉じる×

    対処方法を紹介します

    しおりをつける
    🐱
    意地悪猫
    先ず、その前にラインを確認されることが必要です。ラインから外れた方の意見は、参考にすることはあっても採用することはありません。 ライン上の上司連のコメントが異なることが度々あって、対処策を考えました。 その様な時は、関係者が同席するタイミングを見計らって、課題となっている事の対処方を「あの件について、私はこうしたいのですが?」と対応・対処案を示すのです。 その場で異論があれば、議論すればいいし、なければゴーで良くなります。 もう一つの方法は、作業の実施前に作業計画を文書化して、決裁を受ける事です。 決裁を受けるとは、稟議スタイルにして、関係者が確認印を押して上に上げる方法です。決裁が下りれば、異論を言われることはありません。 自身の職場は、文書で業務が進むところでしたから、文書化する事が大切でした。

    トピ内ID:3064974027

    閉じる× 閉じる×

    皆様、コメントをいただき大変うれしく思います。1

    しおりをつける
    blank
    川釣り
    中には遅い時間に回答いただいた方もいらっしゃり、恐縮しております。 皆様からの具体的な策に加え、いくつかの気付きも得ました。 チュン夫さん コメント、ありがとうございます。 >それは「A先輩とB先輩の言っていることを少しずつ取り入れながら、自分なりの方法で仕事をする」ということです。 >「折衷案がダメと言うのならA先輩とB先輩で指摘・指導を統一願います」と言って、自分の案に固執して、絶対に譲らない。 後出しになって恐縮ですが、過去に折衷案を試みたところ、私の工夫が足りなかったのか、全体としてアンバランスというか、方針が定まっていないような成果物になってしまいました。 また「なぜ教えた方法と違うやりかたでやっているのか」と聞かれた際に、「他の先輩から教えていただいた方法を色々と試しています」と答えたところ、「試す前にまずは私のやり方でできるようになってね」と言われました。 恐らく守破離でいうところの「守」の過程をまずは完璧にできるように、とのことなのだと思います。 先輩の視点で見ると「自分の指導した方法でやっていない→仕事がちゃんとできていない→もっと指導しないと!→更に細かく指導する」となり、かつ先輩毎の方法が異なるため、左記の悪循環に入っているのだと思います。(勿論、私の単純な実力不足もありますし、先輩の知見をもって助けていただいているという側面も大いにあります)

    トピ内ID:4947556907

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    その2

    しおりをつける
    blank
    川釣り
    777番さん コメント、ありがとうございます。 >格下のほうに話し合いをお願いし、格下にすべてのストレスを押し付けるのがいいです。 >X先輩が格下を潰すエサを与え、潰し合ってもらうのがいいでしょう。 777番さんはやり手の策士とお見受けしました。私も上手く立ち回っていきたいです。 >指示が違う場合は、格上の方の指示通りに仕事をし、文句を言ってきた格下のほうに「この方法は(格上の)X先輩から指導されました。すみませんがX先輩と話し合って統一して指示していただけますか?」と、格下の方に格上の人と話し合っていただくようお願いしてみては。 >格上の方に話し合いをお願いしても、格上は格下のことは無視できるから痛くもかゆくもないです。 格下の方に、直接格上の方と話していただく、つまり対応自体を投げる、というのは一案ですね。今までいずれの先輩とも直接やり取りしておりました。 >トピ主さんの場合は、教育係の指示に従い、他の人には関係者で話し合って統一して指示して欲しいと言い続けるしかないと思います。 教育係の方は大変指導熱心なのですが、他の先輩方に「無駄なマイルールが多い」と評されており、指示に対して質問しても「これが常識だから」「このほうが絵的に綺麗だから」との抽象的な回答の一点張りが多く、他の先輩に「なぜこの方法で行っているのか」と聞かれた時、私自身、客観的で具体的な理由を示せず理論武装が難しい状況です。 また本来の得意分野と異なる業務を担っているそうで、当チームの専門案件についての知識・対処方法について、新入りの私も?となることが数回ありました。 これらも現状を私にとって難しくしている一因なのですが、先輩より「ひとのせいにするな」といわれるのは「明確な根拠を持って仕事をするように」との意味合いを含んでいるのかもしれません。

    トピ内ID:4947556907

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    その3

    しおりをつける
    blank
    川釣り
    みりさん >メールの件は。例えば、Aさんが漢字派、Bさんがひらがな派だとしたら、 Aさんに送るときは漢字で、Bさんに送るときはひらがなで送ります。 ご提案いただいた通り、個別にメールを送る場合は相手の指導に沿った対応をしております。ただ、チーム全員にメールするとき等、対応に困っていた次第です。 >「Aという方法を以前教えたのになぜBというやり方でやるのか」の件は。 >Aさんからこのように言われるということは、過去に「Aという方法を教わった」という事実があるわけで。 上記以降のくだりを拝読し、「どのような方法を教わったか」という事実は私が一番把握していると気づきました。事実を一つの情報と捉え、情報共有~認識・手順統一の方向にあくまでも事務的に話を持っていくのもやり方の一つだということですね。ありがとうございます。 意地悪猫さん 権限のある方々の指示が異なるとは、振り回された方々は大変だったと推察いたします。 私のチームは最終責任者以外、担当者を固定せず、持ち回りで仕事をしております。その点でいうと皆がラインの関連者になるかと思います。 (持ち回り故、Aさんに確認いただいて完了した業務を次回はBさんが担当する、ということが起こり、その際にBさんから「なぜ指導した方法でやらないのか?」との指摘を受けます) また関係者が出席する会議もありますが、重要事項に影響がなければ細部は各担当者に任せる、という方針であり、度々議題にするのは参加者の時間を浪費するようで気後れしておりました。(上司より「どうでもいいことをせずに」と言われたのもその点からではないかと考えております) ただ、ラインを常に念頭に置くこと、着手前に計画を固めて承認を得ること、誰の指示か明確にするため文書に残すこと、これらはどの業務でも大事なことだと再認識いたしました。貴重な経験談、ありがとうございます。

    トピ内ID:4947556907

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >私の工夫が足りなかったのか、全体としてアンバランスというか、方針が定まっていないような成果物になって これはそうならないように、トピ主さんが努力するしかありません。 >他の先輩から教えていただいた方法を色々と試しています 答え方が間違っています。 「試す」というのは、自分に自信がない。仕事のやり方が分かってない時に「試す」のです。 だから「試す前にまずは私のやり方でできるようになってね」と言われて当然です。 トピ主さんは他部署での経験もあり、まったくの「新人」ではないので、ある程度は自分のやりかたがわかるはずです。 だから「自分はこれが正しいと思ってやりました」と言うしかありません。 もうひとつは「AB両先輩の指示が常に異なるので、自分が正しいと思う方法で(試しているのではなく)やっている」という主張も必要だと思います。 (喧嘩にしない程度で)ある程度は自己主張しないと、いつまでも振り回されます。 >指示に対して質問しても「これが常識だから」「このほうが絵的に綺麗だから」との抽象的な回答の一点張りが多く、他の先輩に「なぜこの方法で行っているのか」と聞かれた時、私自身、客観的で具体的な理由を示せず そんな実例があるのなら、「以前別の先輩に、なぜこの方法で行っているのか聞かれて答えられなかった」 と言い 「なぜこの方法が良いのか、他の先輩にも分かりやすく言えるように教えて下さい」と質問攻めにするのも良いと思います。

    トピ内ID:9461964939

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。チュン夫さん、お返事ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    川釣り
    度々アドバイスをいただき、ありがとうございます。 試す~のくだりについては、成程と思いました。どの先輩にも角が立たないような表現を考える方に意識が向いていたのですが、聞いている方からすればご指摘の通りだと思いました。 >だから「自分はこれが正しいと思ってやりました」と言うしかありません。 >もうひとつは「AB両先輩の指示が常に異なるので、自分が正しいと思う方法で(試しているのではなく)やっている」という主張も必要だと思います。 >(喧嘩にしない程度で)ある程度は自己主張しないと、いつまでも振り回されます。 こちらについてもその通りだと思いました。 >「なぜこの方法が良いのか、他の先輩にも分かりやすく言えるように教えて下さい」と質問攻めにするのも良いと思います。 こちらについては着任後一ケ月ほどは上記の質問をしていたのですが、聞けば聞くほど「これが普通」に着地し、「私は~のように考えているのですが」と申し上げると「いいからやって」と言われてしまいました。あまりこのやり取りに時間をかけても仕事が進まないと思い、最近は質問をホドホドに進めた次第です。でもやはりこのやり方では根本的な解決に至らないですね。 ご指摘ありがとうございます。

    トピ内ID:4947556907

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    もう一回

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >聞けば聞くほど「これが普通」に着地し、「私は~のように考えているのですが」と申し上げると 質問攻めで「これが普通」なら、私の書いたように、「なぜこの方法が良いのか、他の先輩にも分かりやすく言えるように教えて下さい」と先輩を盾にするしかないと思います。 「他の先輩から聞かれても、この方法の何が良いのか答えられません。【これが普通】では納得してもらえません」 と、この場合に限っては「自分の考えはこうです」ではなく「他の先輩を納得させる方法」について質問攻めにするしかないと思います。

    トピ内ID:9461964939

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]