詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • 仕事
    • 指導者側のメンタルはどうやって維持してますか?
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    指導者側のメンタルはどうやって維持してますか?

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    トピ主
    仕事
    後輩の指導をするように上司から言われましたが、とにかく人の話を聞かない後輩で、おまけに注意力散漫なため、誤字脱字にはじまり、ミスが多くフォローが非常に大変です。 指導者はフォローするのが仕事、なんとしてでも指導すべきだという意見は最もで、私もそう考えているので、なるべく寄り添って後輩に指導したいですし、できることは全て試したいと考えております。しかし、その前に私のモチベーションが保てなくなってきました。 原因の一つとして、後輩のミスの内容が致命的なことがあげられます。 例えば、料理人だけど塩と砂糖(しかも黒砂糖!)を間違えたりする感じでしょうか。 もちろん事前に注意点や確認方法、理由などを説明しておりますが、本人に響いてない様子なのと、元々の注意力散漫な性格も相まって改善されません。ミスの後に、もう一度理由を説明して、改善方法を一緒に考えても、改善方法を実行しないので、当然また同じミスが生じます。その度に心が痛いです。 加えて、仕事内容には大きな差があるのにも関わらず、社歴が近いので、年功序列が強いこの会社では後輩と私の給料はそんなに変わりません。そこもモチベーションを下げる要因の一つです。 同じような立場の方が世の中にはいらっしゃると思いますが、皆様どうやってモチベーションを保ってますでしょうか? 特に部下がミスしたときの心の持ちようをご教示いただければ幸いです。

    トピ内ID:2784554445

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 7 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 37 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    本人に責任感を持たせるしかありません

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >指導者はフォローするのが仕事、なんとしてでも指導すべき この意見には疑問です。フォローするだけが「指導」ではなく、「突き放す」のも「指導」です。 後輩は自分に「致命的なミス」が多いことをどう思っているのですか?。 ミスしても全く悪いと思わないのか、ミスしないように注意深くしてもミスしてしまうのかでも対応は変わります。 いずれにしても、本人に「自分が完成させる」という責任感を持たせることが必要です。 だから「懇切丁寧」に指導したら、一旦「一人でやれ」と任せてしまう。 任せた仕事(書類や作業など)が完成した時点でチェックを入れて「この完成度では、上司や他部署に突き返される」と告げることが必要です。 できるなら、実際に上司や、次に回す部署に見てもらい、本人に直接「ダメ出し」をしてもらうのが効果的です。 その後、時間がかかっても、本人にじっくりミスを修正させる。(その時は指導や手助けしない) それでも完成物にミスがあれば、さらに「こことここを直すように」と指導して、本人に直させる。 それを何回もくりかえし、時間がかかっても、本人が仕事を完成させるべきです。 何回も繰り返す時間がないのなら、時間切れの前に(できるなら後輩と一緒に上司の前に行き)上司に見せて「後は私が修正して期限までに完成します」と言って後輩から仕事を引き継ぐしかありません。 それで、後輩が自分で仕事を完成できない状態なら、後輩も考え始めると思います。 それでも後輩が何も考えず、同じミスを繰り返すなら「私には後輩の指導は出来ません」と上司に言って降参するしかないと思います。 私にも入力ミスが多い部下がいました。いくら指導してもミスは多く残る。でも、締め日には責任を持って深夜まで残業し、ミスを全部自分で修正していました。 万一、他部署に迷惑をかけても、自分で謝罪して修正していました。

    トピ内ID:2567005588

    閉じる× 閉じる×

    いたれりつくせりは有害なこともある

    しおりをつける
    🙂
    鋼のメンタル
    チュン夫さんもレスしていらっしゃいますが、ある程度教育したら自己責任の部分もあるので、突き放して痛い目を見させることが成長を促すこともあります。いたれりつくせりすると、どうしても当事者意識に欠けます。自分のミスを自分でフォローする、突き放す指導法もありだと思います。 私にも致命的に仕事ができない部下(男性)がいますが、彼には一通り教えた後は自分で考えてね、といって突き放しました。彼は痛い目を見たほうが覚えると思ったからです。もちろんそう思った理由があるからですが。そのために迷惑をかけるであろう他部署担当者には事前に頭を下げて回りました。 ミスの改善方法も一緒に考えるのではなく自分で考えさせました。最初は誰かにフォローしてもらうという、自分に甘~い改善方法を提示してきたので、木っ端みじんになるまで論破してからもう一回考えさせたりしています。メンタル鍛えられますね。1年やってきてやっと改善の兆し(兆しなのが悲しいですが)が見えてきています。 私は「上司」なので上記のやり方ができますが、トピ主の場合先輩なので泣かせたりしたら問題ですし、上司に相談した後で突き放す指導法を試してみてもいいかもしれません。

    トピ内ID:2327685667

    閉じる× 閉じる×

    ポイントを表記する

    しおりをつける
    blank
    キキララカフェ
    お察しいたします。つかれますよね(笑) がっかりするお気持ち 私にも わかります。 そのタイプの方は、注意力散漫なので 何から手をつけて良いかわからないと思いますし 緊張したりして今は 確認も正確にできないのでしょう。 私は、忘れっぽいと判断した方に仕事を頼む場合には 付箋に わかるように 仕事の順番や ポイントを書き、それを 見せながら簡潔に話しています。そして 付箋は わたします。 少々 子供に接するような感じはしますが(笑) 正確に 相手に伝わることが利点です。そして 表記がわかりやすいと、相手もやる気がわくようです。付箋をノートや 机上にはり、確認しながら 安心して仕事をしている姿が見られました。 仕事のできない方は、正直に言うと 確認も雑なのだと思います。 いかがでしょうか。 本当におつかれさまです。

    トピ内ID:8746931641

    閉じる× 閉じる×

    自分の存在意義をもつこと

    しおりをつける
    blank
    キキララカフェ
    続けてレスします。 モチベーションを保つ方法がぬけていました。しつれいしました(笑) 私は お相手が素直な方であれば、がんばれます。何度もミスしても、反省の気持ちを持てる方なら、きっと 伸びると信じて 指導します。 給料のことは 考えず、相手を 信じる気持ちを モチベーションに変えます。 付箋に書いてわたす方法は、口頭のみよりも確実です。 私の場合でした。

    トピ内ID:8746931641

    閉じる× 閉じる×

    全否定になっていませんか?

    しおりをつける
    🐶
    意地悪猫
    人間は、他者に認められて育って行くものだと思います。 トピ主さんは、指導者として任命されたことに強い意識 をお持ちの様ですが、やっと後輩ができたくらいの気持ち で接した方がいいです。 始めにザッと説明して、分からないことがあったら聞いて ねとして、後は見守りに徹すること。現状のトピ主さんの 姿勢は、「全否定」になっていませんか。 人には、皆に個性があります。出来ない物探しではなく、 出来るもの探しを為さってはと思います。 彼女さんは、きっと素晴らしい才能をお持ちなのでは。 どのように生きて行くか、どのように勤めるかは、彼女 の課題なんですから。 トピ主さんは、一応の説明ができたら宜しいのではありませんか。 その後は、彼女の課題です。

    トピ内ID:9863480765

    閉じる× 閉じる×

    モチベーション、逆に上がります

    しおりをつける
    🙂
    48歳
    もし私なら、逆にモチベーション上がりますね。 ありとあらゆる手段を使い、その指導対象者にアプローチして、その詳細を全部レポートに残します。 相手との会話も、相手のミスも、ミスの内容もすべて。 「なぜこういうミスがあったと思いますか?」 「このミスを、どうしたら無くせると思いますか?」 「このミスは〇度目ですが、繰り返すことになった原因は?」 「このミスの繰り返しをやめるには、どうしたら良いと思いますか?」 「ミス防止策を間違いなく実行するには、具体的にどうしますか?」 毎日、エンドレスに続けます。 これは根競べです。 相手は「ミスしても誰かがなんとかしてくれる」と思ってて、実際その通りになってきたわけです。 同じお給料なら、ミスしないように気をつけるなんて損だわ、というのがこのタイプの発想。 指導にはう~ん?とか、はぁ~とか返しておけば、そのうち無罪放免。のらりくらりと乗り切れば、うるさく言われなくなるってことをよく理解してるから、そういう行動になるわけです。 それを許さないスッポンのような姿勢を示し、ミスレポートがたまればたまるほど自分の立場が不利になることをわからせます。同時に自分の教育クオリティを上にわかってもらうチャンスにもなります。 ところで、その指導対象は、部下なんですか、後輩なんですか? トピ主さんは指導権限があるってことでよろしいですか? そこハッキリしないと。

    トピ内ID:1401789862

    閉じる× 閉じる×

    改善方法を実行できなかったと言うミスに関して

    しおりをつける
    blank
    新人指導は四苦八苦
    トピ主様はじめまして。 部下がミスをした時、と言うよりは『部下がミスを繰り返した時』の対応、ということでよろしいでしょうか? まずは部下の、『改善方法を実行できなかった』と言う新たなミスに関しての改善をはかります。 トピ主様は、部下の『改善方法を実行できなかった』と言うミスに関しては、どのような改善をしていますか? なぜ改善方法を実行できなかったのか、を再度検証し、これを改善して『決められたことを、決められた通りできる様にする』 とりあえずは、新たな課題に取り組む事で、『ミス再発』の精神的衝撃をやり過ごしてます。 あと、 〉事前に注意点や確認方法、理由などを説明し とありますが、その後の理解確認はどの様に行っていますか? 私の所では、 まずは指導員が説明する。 次に説明を覚えているか確認する。 覚えていたらその注意や確認を『しなかったら』どうなるか説明させる。 更にそれはどの様に波及し、最終的にはどんな事態が起こるか、を考えてもらい、それを『指導員に』説明する。 これができて初めて『説明を理解した』とみなしますが、トピ主様の所では、どの様に理解の確認を行っていますか?

    トピ内ID:2425036047

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    トピ主
    チュン夫様  突き放すのも指導という意見はかなり衝撃でした。  同時に、良いアドバイスをしていただき、ありがとうございます。  私の上司が割と高圧的に詰め寄るタイプなので、後輩のミスをカバーしていないことに怒りそうなものですが、根回しをした上で実行してみたいと思います。  でも後輩は怒られても他責にしそうで怖いところです。 鋼のメンタル様  ミスが大きくならないところから、手放してみたいのですが、超絶マイペースな部下なので、上司とも対立しそうです笑。  1年やってきて兆しがみえてきたのは素晴らしいですが、やはり皆様かなり苦労されていらっしゃるのですね。  私の後輩にも一度、緊張感をもって仕事してもらうようにします。 キキララカフェ様  アイディアをありがとうございます。  実は、おっしゃる通り、確認も雑な後輩なので、付箋と同じことですが、全てメールで仕事をお願いしています。タスク管理のソフト、マニュアルなども用意しました。  そして見事に後輩都合で解釈したり、読み飛ばされています。  前日に指定の会議室予約してねとか簡単な内容なのですが、何度確認しても予約しておきますと言い、当日まで予約しません。そんな感じです。  モチベーションの事ですが、伸びると信じる気持ちを持てるキキララカフェ様は本当に素晴らしい人ですね。ポジティブな気持ちが大切だと感じました。 意地悪猫様  その通りだと思います。  よって全否定にはならないよう気を付けています。  今はできることのみお願いしていますが、できる業務はそうないので、できることを増やしていくことが大変なのです。  しかし、後輩の課題ですので、後輩に任せるのが良いかもしれません。  業務が多い部署なので、フォローまで手が回らないことにやきもきしてましたが、後輩自身に最後まで取り組んでいただくのが一番良いような気がします。  

    トピ内ID:2784554445

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    レスありがとうございます。トピ主です。Part2

    しおりをつける
    🙂
    匿名希望
     48歳様  モチベーションがあがるとは素晴らしいです。  ちなみに指導対象は後輩です。  指導権限はありますが、管理職ではございません。  でもなぜか部下のように後輩のタスク管理、指導を任されている状況です。権限のないプロジェクトリーダーのようなものでしょうか。  なるほど後輩の扱いがわかってきました。  私自身の問題のように感じてましたが、後輩の問題として捉え、自分で成長してもらいます。  そして私は記録をつけることにします。  ご回答、ありがとうございました。  新人指導は四苦八苦様  その通りだと思います。  後輩は決められたことを決められた通りできないのだと思います。改善方法を検証、注意点を書き出してもらって次回やるときに復唱してもらい、チェックシートを作って、実行したらチェックするなどもしましたが、チェックしても実行できていないとかが多いです。  説明についても、復唱やメモの確認をさせたり、復習できるように文字に書き起こして送ったりもしてます。  おそらく、後輩の場合は、その場で理解していても、自分の中で時がたつにつれ内容を自分の良いように変換していくるタイプです。  緊張感をもってもらうのが、一番かもしれませんので、一度突き放してみたいと思います。  ご回答、ありがとうございました。

    トピ内ID:5668761796

    閉じる× 閉じる×

    レス読みました

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >前日に指定の会議室予約してねとか簡単な内容なのですが、何度確認しても予約しておきますと言い、当日まで予約しません。 この件が気になりました。私なら、一度指示したらあとは放っておきます。 ただし「会議室を予約したら、会議の参加者全員にメール(かなにか)で、○○会議室を○時~○時で予約しました。と通知しなさい」という指示も出します 「当日予約すれば良い」と本人が考えて、それで支障なく仕事が回るのなら、それで問題ないわけです。(こちらがヒヤヒヤしているだけ) 万一、当日に会議室が埋まっていて予約できないのなら、どうすれば良いか、本人に考えさせる。 当日に予約してメールしたのでは、読み遅れとか、急な出張などで参加者が集まらないのなら、それも本人の責任で「次はどうするのが良いか」を考えてもらう。 もし絶対に「その日」に開催しなければいけない重要会議なら、こっそりと自分で別の手立ても考えて実行しておきますが。 (会議室に余裕があれば、自分でも会議室をこっそり予約しておき、後輩の会議室がきちんと取れたら、自分の会議室はキャンセルするとか) 明日の会議室予約をしてないことを何度も責め立てると、本人も「また言ってる」と聞き流し、かえって「常に指示を聞き流す人」になりそうです。 人は「失敗」から学び、成長する事が多いです。「失敗」しないようにフォローを続けると私も含めてほとんどの人は成長しません。 だから、指導者は会社や本人が危険にならない程度の「失敗」をわざとさせるのが常套手段です。 そのために一度は「自分でやってみろ」と突き放します。 結果、他部署からお叱りを受けたりすれば、普通は失敗したことを本人が身にしみて感じます。指導者も「指導が足りませんでした」と一緒に謝る勇気も必要です。 後輩や上司にこれが必ず当てはまるとは限りませんが、一般的には有用な方法です。

    トピ内ID:2567005588

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    トピ主
    チュン夫様 とっても為になります! 私自身、ちゃんと教わった経験なく今まで来てましたので、失敗しないように予め教えるのが先輩の役目なのかと勘違いしていました。 おっしゃる通り、後輩はそれによって指示を聞き流しているような気がします。 1度失敗したくらいでは、後輩は学びませんでしたが、それも私がフォローしているからなのかもと思えてきました。 自分で責任を取れるようにするのも大切な事ですね。 的確なアドバイスをありがとうございます。 本当に相談してよかったです。

    トピ内ID:2784554445

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    制御下にある失敗体験と一段踏み込んだ質問

    しおりをつける
    blank
    新人指導は四苦八苦
    レス拝見しました。 そうですね、チュン夫様のレスにもありますが、『制御下にある失敗体験』は多くの場合有効です。 更にその責任を取らせて後始末までさせるのが、コツでしょうか。 トピ文の 〉料理人だけど塩と砂糖(しかも黒砂糖!)を間違えたりする であれば、トピ主様は間違える前にミスを指摘してちゃんとした料理を作らせているようですが、そこはあえて、間違いを指摘しない。 失敗作が出来たら、作った部下に『責任を持って』食べさせる。 結果が自身に降りかかってこそ、教訓を得る事が出来る。 ただし、正規品でいきなりやらず『まかない』でやらせるのが鉄則ですが。 そして、理解確認は、覚えさせた後一段踏み込んだ質問をする必要があります。 例えば、『A』の作業をするときは『B』を確認する。理由は『C』を防ぐ為だ。 と、教えたとして、決められた通りできないタイプは『丸暗記』ではダメなので、教えたあと、 何で『C』って防がなきゃ行けないの? どうして『B』をすると『C』は防げるの? そもそも『A』って何のためにするの? 等の、丸暗記では答えられない質問をして自分の言葉で説明させて理解させる。 中々覚えてくれないタイプは、これをひたすら反復練習。 一般的な指導としてはこんな感じでしょうか。

    トピ内ID:2425036047

    閉じる× 閉じる×

    相手のレベルを下げて考える

    しおりをつける
    blank
    キキララカフェ
    トピ主さん、お返事ありがとうございます。 私の付箋。。。の初歩的なレベルではなく、 かなりレベル高く作成していて、ご指導されていたのですよね。 失礼しました。ごめんなさい。 それでは 第二段の考え方として、相手に求めるレベルを もっと下げて考えるのも、良いかもしれません。 例としては、せっかく作成し渡した文章が 、もしかしたら 難しくて意味をわかってもらえないときは、簡単な短い文にし、文字のサイズを大きくして、相手にわかるようにする 等(笑) いかがでしょうか。 その他は、具体的に指示する。 私の説明は 子供むけかもしれませんが ご了承くださいネ。 例を挙げてみますね。パソコンの仕事内容は わからないので、例えばです(笑) 3月○日 10時に◯様方の来客についての流れ 1 9時までに、会議室の席をあける。 2 9時20分頃までには、資料を席に5部置く。 3 席に着いた方から 緑茶をお出しする。 全員そろったら、うちあわせをする。 4 玄関まで見送り いかがでしょうか? 違ったら お知らせくださいね。 そのタイプの方は、ずばり、今現在は 能力や気遣いのセンスが不足していると考えられます。 このように具体的にすると良い場合もありますよネ。相手によっては失礼ですが(笑) そこは加減していただいて。 皆さまのレス、私も 深いなと感じて読ませていただいております。

    トピ内ID:8746931641

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    トピ主
    新人指導は四苦八苦様  ご回答ありがとうございます。  結果がわかれば、責任は自然と身についてくるということですね。指導は深いな、、と思います。  反復練習は後輩と仕事をするときに真っ先に取り組みましたが、中々改善にはつながらず心が折れかけてしまいました笑。  責任を持たせないと、反復練習が身に沁みないタイプのようです。 キキララカフェ様  とても丁寧にありがとうございます。  その通りだと思います。私もなるべく簡単に連絡するようにしてますが、失礼だなと思うくらいが丁度良いかもしれません。    考えない子になってもいけないので、バランスを見ながら、伝えるときは失礼程度に文章を砕いて書いてみます。  度々ご返信ありがとうございました。

    トピ内ID:2784554445

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    人のミスは気にしない。

    しおりをつける
    🙂
    レス主
    そもそも勤務歴が変わらない後輩は、ミスも自分でどうにかしてもらいます。 今の職場では、「間違った原因を教えて」と聞かれます。 あとは、「頼りにしてるから。」 の一言でしょうか。 よく、口だけ。 と言う方居ますが、やはりある程度頼りにしなければ任せられないので、頼りにしている事は伝えます。 教える側は、相手のやる気を見定めれば良いと思います。やる気があれば、ミスは減ります。

    トピ内ID:7568973238

    閉じる× 閉じる×

    後輩と自分を育てる(1)

    しおりをつける
    🐤
    もそもそ
    とにかくビジネス書やメンタル系の書籍を読み漁ってました! 結局指導するって、人を育てることとなんですよ。人を育てるのは自分も育てるのと同じことだと、私は考えてます。 草花が育つのに栄養が必要な様に、人にも必要だと思います。 それは育てる側が栄養不足なら、育てられる側には分け与えられないので、とにかく自分に【心の栄養】を与えまくってましたね。 ビリっけつだったチームが、首位トップになった理由は、選手の意識革命をして、やる気を育てた名監督がいますよね。その監督のインタビュー記事を読んだりしましたよ。 で、弱ってる時にチャージできる本は決まってるので、何度も何度も読み返しました。 あの時ほど、忙しくてくたくただけど、寸暇を惜しんで読んだことはないですね。 こんな言葉があります。 「自分の目の前に灯りを灯しても、他人の前は明るくならない。でも他人の前に灯りを灯したら自分の前も明るくなる」 他人【後輩】の前に、灯り【やる気】を灯してもあげて下さい。 ミスとか向上心は本人がその気にならないと、根本解決にはなりません。注意し続けるだけになり、へっぽこ社員の出来上がりです。後輩とあなたの意識革命とやる気が必要です。意識を変えてあげるのが指導者の役割だと思ってます。それはあなたが後輩の為に悩んで探し出して下さい。ヒントは私が求めたように本にもあります。周りはそこまで考えて対応してる人はいなかったので、アドバイスは敢えてしてもらいませんでした。 続きます。

    トピ内ID:1070630225

    閉じる× 閉じる×

    後輩と自分を育てる(2)

    しおりをつける
    🐤
    もそもそ
    続きです。 それから最初は話しを良く聞いてあげて下さい。ミスをしたにはちゃんと理由があります。何故その様な処理をしたのか?適当なら叱ったらいい。考えてなら、考えたことを誉めて間違いは正す。子供と同じです。 話しをする中で自分もミスしたよとか、こんな時はこうしたよ?とか言うもありだと思います。親近感と信頼をしてもらって下さい。 信頼できない人のアドバイスは無意味なんですよ。自分の意思を無視されて、やり方を押し付けられてるだけなんです。そこには信頼も何にも出来ません。 人を育てるのは大変ですが、その人のお陰で自分も成長させてもらえるとの【感謝の気持ち】があれば、多少のことは気にもしないし、乗り越えられますよ。仕事と思ってるうちは、あなたの労力の対価は給与にしかなりませんし、何もかも受け身で苦痛しかないと思います。後輩がいつの日か「今あるのはトピ主先輩のお陰」と思ってもらえるようになるといいですね。あなたも「今あるのは◯◯後輩のお陰」と思えるように、どうぞ頑張って下さいね。

    トピ内ID:1070630225

    閉じる× 閉じる×

    意外な盲点 過干渉

    しおりをつける
    🙂
    薬用
    水やり過ぎて腐らす場合もあるし、水がないとダメなものもあり。注意や指導が「水」ならば、与え過ぎかもしれませんねぇ。常に貼り付き、フォローされてミスが強調されていたら、どうですか?土壌となる根本の知識や栄養、健康状態は十分ですか。必要なのは水ではなく、栄養なのでは。落ち着いて仕事に取り組める環境を作ってあげてみてはいかがです? トピ主さんにしか出来ない仕事をしてくださいね。

    トピ内ID:3421875472

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]