詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    不登校からの煩悩

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    ひと
    以前不登校の息子の事で投稿した者です。

    生きる意味がないと言う息子
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2018/1105/871549.htm

    中2から不登校になり、高校で通信に編入その後も心に蟠りを抱えたままでまともに続かず。
    あれから、アルバイトをしたり少しずつ変わりました。高認を取得する方向に変え、本人なりに頑張っています。
    ですが、やはり時々心にある悩みが勃発して感情が荒れます。勉強のやる気にもすごく波があります。
    本人は、「一般的な幸せを感じることは自分には、ない。このまま進学や就職をしても辛いのには変わりない。ずっと重たい気持ちのままだ。何の希望もなく目的もないのに、頑張れないし、生きてる意味が分からない。」
    というのは、不登校当初から一貫して同じ主張です。
    一時に比べて穏やかにはなったと思うのですが、やはり根本にこの煩悩というのかそれがあるので、本気で納得して進路を切り開こうとしているわけではないと思います。
    目の前の現実から逃げる為の言い訳のようにも見えたので様子をみていましたが、何年経っても、同じ主張で躓くので、ここは、何らかの価値観や哲学を必要としているのではないか、と親の私も悩んでいます。
    向き合って話を聞くのですが、子供に希望を見せるような立派な事はどう頑張っても出来ませんでした。時間が解決するのとも違うと思います。
    そんなものは、色々経験したり、本を読んだりして自分で見つけるものだと諭したりもしました。
    それでも母親に詰め寄ってくる息子にうんざりしていますが、親子ともに雁字搦めなので理解者、指導者が見つかればと思っています。
    何らかのヒントになることがあれば教えて頂きたいと思います。
    これまでカウンセラーや、心療内科医には会っています。息子が本気で心を開くような事はありませんでした。参考までに、息子は不登校になる前は、朗らかで映画や音楽、読書が好きな「いい子」と言われるようなタイプでした。

    トピ内ID:1507540335

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 5 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 57 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    冒険体験が良いかもしれません

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    前回トピもざっと見ました。

    カウンセラーや心療内科にも行き、少し前向きにはなっても、息子さんの心の底から湧き出してくる問題は残っているのですね。

    >何の希望もなく目的もないのに、頑張れないし、生きてる意味が分からない

    元々は「人は何のために生きるのか」を問う、哲学や宗教に接するのも意味があると思います。

    簡単な所では「禅道場」や「仏教の修行」などをしばらく体験するとか。

    前のトピで「海外旅行」がありましたが、私のお勧めは一人でパックパックを背負い、東南アジアなどを何ヶ国かまわり、現地で知り合った人と安宿などの情報交換をしながら旅をする。という方法です。

    日本では会えない、いろんな人と出会い、とんでもない出来事に遭遇すると、本人も成長するし、考え方も変わるかもしれません。

    「ガンジス川でバタフライ」(たかのえつこ著)などを読んで、気に入れば、旅をするのも良いと思います。(今のウイルス騒動中は無理ですが)

    私はサイクリングが趣味なので勧めるのですが、一人で自転車で日本一周とか。(最初は四国一周でも九州一周でも琵琶湖一周でも)

    一人で人里離れた山道を走り、たまに集落を通過して食堂で食事するのは「非日常」です。

    1000mの山に麓から(舗装路を)自転車で登れたら「もの凄い達成感」がありました。

    その延長で海外も少し走りました。

    頭で考えたり話したりするのではない、実際の「冒険体験」は心にも体にも刺激を受けます。

    途中で迷子になったり、自転車が故障したりとか遭難しそうな時もありますが、それを「自力で解決して家に戻る」ことが自分を鍛えてくれました。(最悪はタクシーを呼んだこともあり)

    高くない山への単独登山も良いかもしれません。

    四国88ヶ所や西国33ヶ所などの単独徒歩巡礼も似たような体験になりそう。

    息子さんが興味を持つ冒険が見つかれば良いのですが。

    トピ内ID:0985883428

    閉じる× 閉じる×

    子離れする

    しおりをつける
    🙂
    吹雪
    もともと悩みやすい性質だったんでしょうが、思春期と重なってより不安定なんでしょうね。30代ぐらいになったら、落ち着いてくるとは思います。

    いいなって思うのは「死にたい」と口に出して親に言えること。家族との信頼関係がしっかりあるのは良いことだと思う。

    指導者が欲しいようですが、これはどーかな?誰かに頼って解決する問題じゃないし、簡単に答えを見出そうとするのが間違っていると思う。変な新興宗教にハマりやすいので、危険です。

    今の環境が恵まれすぎてると思います。もし、今戦争中で、明日死ぬかもしれない!今日食べるパンがない!状況なら、生きる意味なんて悠長に考えてる暇などないわけで…

    不登校やってきたんだし、もう大学進学は諦めて、独立させては?家でゴロゴロして、3食昼寝付きの環境を変えた方が良いと思う。嫌になったから辞める、家に帰れば快適な暮らしが保証されて…では、ダメなのでは?

    とにかく、家から出して一人でやらせる
    働かなければ、生きていけない状況を作った方が良いと思います

    親も、いつまでも元気で、サポートを永遠に続けることはできないんですし、彼の独立が50代からでは遅すぎます。今こそ、心を鬼にして、親離れ、子離れした方が良いと思う。

    中卒で働くって、辛いこと。でも働いてみて、学歴の大切さがわかると思う。もっと不幸な人もたくさんいること、自分はとても恵まれていること、いろんなことがわかってくると思います。

    トピ内ID:2241259353

    閉じる× 閉じる×

    哲学的な物もいいかとは思いますが…

    しおりをつける
    blank
    ナスカ
    知的障害を伴わない自閉症スペクトラムの息子がいます。鬱も患ったりもしています。

    哲学的な事もいいかと思いますが、うちの子にはそれほど効果があったか?と考えると…。どうかなぁ。
    かえって生きる事は何か?に固執して自分には生きる価値が無い事ばかり考えてしまっているように感じました。

    息子はかろうじてやりたい事があったので、波がありながらもそれに向かっているのですが、振り返ってみると、ボランティアが考えが少し変わるきっかけになったのではないか?と思っています。

    9年前の震災、津波の時に
    「現地に行ってボランティアをする人もいれば、自分で稼いだお金で募金する人もいる。僕は人の中に出れないし、稼ぐ事も出来ず社会貢献を何一つできない。」(まぁ生きていてもしょうがない的な話で)と話すので
    「住んでいる街の清掃活動だって立派な社会貢献だと思う。君は君の出来る事で社会貢献すればいい。」と伝え、一緒にゴミ拾いを始めました。

    世の中には親切な人、頑張っている人を見つけるのが上手い人がいて、
    「ご苦労さん」
    「ありがとう」なんて声かけして下さる人がいるんですよ。
    一度携帯を拾って、落とし主に感謝された事もありました。
    そんな事の積み重ねで、人の役に立つ喜びみたいなのをじんわり感じていったように思います。

    それと本人ではなく他人の事、特に弱者に対する考え(尊厳とか)を親子で議論する事もよかったかも。私なんかは価値があるから生きているのでは無く、生きる事・存在する事に価値・意義があるだ。みたいな考えがあるので、それについての意見を聞いたり議論する事で、弱者の話でありながら、自分にも当てはめて受け取れるようになっていったかな?

    なかなか特効薬みたいなものは無いですが、色んな方面に四苦八苦しながら息子さんなりの道を切り拓けたらいいですね。

    トピ内ID:4437663168

    閉じる× 閉じる×

    フィジカルに追い詰められてないから

    しおりをつける
    🙂
    esezou
    不快な表現があればお許しください。

    ある意味微温湯に居るからと思います。

    大自然に向き合い、生きるか死ぬかの体験をすれば180度変わると思います。

    安全で無難な例としてはバンジージャンプですね。

    自然派のスポーツ(トラックやコートでない)がおすすめです。

    トピ内ID:5594659429

    閉じる× 閉じる×

    本当にやりたいことをやっていないから

    しおりをつける
    blank
    777番
    たぶん息子さんは、本当に自分がやりたいことをやっていないのだと思います。

    本当にやりたいことは人によって違います。
    人によっては、ホストやストリッパーが天職という場合だってありえます。
    そこまで極端な道ではなくても、お笑い芸人やダンサーのようなエンタメ系が天職な人もいます。
    あるいはフランス外人部隊が天職の人もいます。

    それを親や周囲が、自分たちの常識に従って一般的で刺激のないその他大勢と同じ道を歩むことを求めて、それ以外の道を間違った道と無言の圧力をかけたら、息子さんが幸せを感じないのは当然な気がします。

    >勉強のやる気にもすごく波があります。

    息子さんには「一般的な学校の勉強」ではない道が天職なのに、息子さんは自分の天職には必要ない学校の勉強を親や先生のススメに従って自分の心を捨てて殺してまで勉強に取り組もうとしているのでは? でも自分の心を捨て去って無理を続けることは不可能だから、本当の自分に戻ってしまうだけでは?

    学校の勉強をさせて、学校に行って、一般企業に就職することが正しいこととは限りません。
    息子さんの幸せと天職はそこじゃないかもしれません。

    トピ内ID:7690619721

    閉じる× 閉じる×

    宿坊体験

    しおりをつける
    blank
    みやこ
    頭であれこれ考え過ぎて、精神と肉体に解離がありすぎるのかも

    お寺や宿坊で早朝から掃除などの決められたことを、考える前に行動に移す(習慣付ける)訓練も案外役に立つかもしれません

    トピ内ID:0960060538

    閉じる× 閉じる×

    不登校から鬱になった息子が在宅の仕事で変化

    しおりをつける
    🙂
    主婦
    うちの子供が最初に不登校になったのは小学生。
    そして高校でまた不登校になり、社会人で鬱に。
    このように書くと、未来は真っ暗と思う人がいるでしょうね。
    しかし現在、在宅の仕事で少しずつ収入がアップしています。
    本人が好きな、ゲームの関係です。
    自分の好きなことをしながら、余計なストレスがないので穏やかに過ごしていると思います。
    実は私も、在宅でホームページの仕事をしています。
    朝起きられなかったので、工務店の仕事はやめましたが
    起きれるように慣れば、行きたいとい気持ちも出てきたようです。

    トピ内ID:3495987677

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    😣
    一つひとつ大切に読ませて頂きました。冒険的な事、寺のようなところでの修行、考えたことあり、調べました。本人が興味を持たないので無理矢理行かせることもできずで止まっています。ボランティアや登山等も新しい価値観を得られそうで私はさせたいのですが、17才になった子供に何かを促すのはとても難しいです。そこで、私が通っているカウンセラーに会わせて促してもらおうとしましたが、カウンセラー曰く、本人が変わりたいと思って出向いてこない限りは効果はないと言われました。たくさんの本を読み様々な方法は私も知っているつもりなのですが、本人の心が動かない事には始まらない。ですが、本人の心が動かないので、何かを吹き込もうとする、これのジレンマです。
    哲学や宗教を、という考え方もこちらのご意見を聞いて早まってはいけないかも知れないと思っているところです。
    旅行に行かせる、又は私が海外等に連れ出し開眼させる、これも計画していたのですが、現ウイルス影響で動けません。海外に関しても本人が切望したものではなかったですし、どのようになったかは分かりませんが。
    勉強以外の道を…これに関しては、よほど没頭できるものを本人が見つけない事には難しいと思うのですが、本当にやりたいことは見つかっておらず、停滞してる次第です。その状態でも少しでも前に進ませようと高卒認定試験を受けさせているのですが。
    子離れという意見にも頷けます。どういうやり方にせよ、私が一緒に暮らさないというのが一番実現可能な事のように思います。そこから、納得がいかずとも、生きるためには何かをしなければいけないと改心するのではないかと思います。これを決行するタイミングについてカウンセラーと相談しています。
    一方で、家庭で出来る仕事で収入を得られるようになった方のお話も参考になりました。纏まりませんが、色々勉強になるので引き続きご意見を頂けたらと思います。

    トピ内ID:1507540335

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ボランティアは「お願い」

    しおりをつける
    blank
    ナスカ
    ボランティアは本人が興味が無ければ基本「お願い」ではないでしょうか?
    こういう事で困っている、助けて欲しい、手伝って欲しい、頼まれてくれないかな?手伝ってくれると助かるんだけど…などなど、お願いです。

    私は町会の役をした時なんか
    「役員は率先して草むしりしなきゃいけないのよ。一人じゃ大変だから手伝ってくれない?」
    とか
    「夏祭りの買い出し重いから手伝ってくれない?」

    こちらは雪の多い地域なので、雪が降れば
    「一人暮らしの◯◯さん、もう結構お年だから雪かきしてあげてくれないかな?」

    手伝ってくれれば
    「ありがとう、助かるわ。◯◯さんも喜んでいたわ」とフィードバックする。

    少しずつ自分は必要とされている人間なんだ、と実感できるように。

    > 私が一緒に暮らさないというのが一番実現可能な事のように思います。

    これってリスクも大きい大きな賭けのように感じます。
    単なる甘えなら、そこで奮起して生きる道を考えるかもしれませんが
    下手をすると、自分は捨てられるぐらい不要な人間、と受け取り生きる気力をなくす可能性も大きいかと思います。

    人って自分の事では頑張れなくても、大切な人の為になら頑張れる所ってありませんか?
    親が子供の為に踏ん張ってみようとか頑張ってみようと思うように。
    それって自分を必要としてくれる存在が、生きる上で必要なんじゃないかと思うんです。
    自分の存在意義を少し感じさせてくれる。
    つまんない人生でも、こうやって喜んでくれる人がいるのならちょっと頑張ってみようかな。
    そう思えたら歩み出せるんじゃないかと思います。
    出来れば親以外の人に、少し頼られているって感じられるのがいいと思うんですよ。
    幸せって働いてお金を稼ぐ事ではなくて
    誰かに必要とされる、背伸びしたり無理せずにちょっと相手を気遣う事で喜んで貰える
    そんな実感なんじゃないかと思います。

    トピ内ID:4437663168

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます(1)

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    一つ疑問なのですが、前トピも含め「お父様」「ご主人」のことが何もないのですが、離婚か死別されたのでしょうか?。

    「一人親だから」などと言う気はまったくありませんが、こういった問題は父親が引っ張ったり、父親の背中を見ていると、少しは前に進むような気がするのです。

    もしもまったく頼りにならないお父さんなら、母親が頑張って解決するしかないのかもしれません。

    私は自分に自信がなく、若い頃から河合隼雄先生の本に触れて、いろいろ自分で考える事もありました。(おそらく、トピ主さんも読んでいると思います)

    河合隼雄先生によると、父親がいなくても、母親が父性を出すことで、父親代わりになることもできるし、親戚や近所のおじさんが時々は父親の代わりをしてくれる場合もあるそうです。

    >子離れという意見にも頷けます
    河合隼雄先生の考えでは、過保護くらいにどっぷりと親の愛情に漬かった子供ほど、勝手に自分から親離れするそうです。

    (テレビゲームも、夏休み中に、河合隼雄先生の子供の好き放題にさせておいたら、夏休みが終わる頃には勝手にテレビゲームから離れたそうで。成績は少し落ちたそうですが)

    今までの親子の状態が分からないし、専門家でもないので、無理に子離れすべきかどうかはわかりません。

    「子離れ」というよりも「一人暮らし」は良いかもしれません。ただ、大学に行くわけでもないので、お金の援助をどこまでするかが難しいと思います。

    一人暮らしをすると「生きる意味」ばかり一人で考えて、外見はグータラな引きこもり生活になる恐れもあります。(それで一流の哲学者になる可能性もゼロではありませんが)

    トピ内ID:0985883428

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます(2)

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    私も含め、みなさんのレスを読んでも「体を動かす体験」が良いのかな?。と思います。

    少なくとも、息子さんは行動や体験を伴わず、頭で考えるだけの「頭でっかち」のような気がします。

    息子さんが興味を示さなくても、トピ主さんが興味を持っている事に息子さんを誘って、何か一緒に行動できませんか?。

    >本人の心が動かないので、何かを吹き込もうとする、これのジレンマです

    嫌がる子供を無理矢理「修行」させて「更正」するスクールもある(あった)ようで「ある程度」は息子さんに効果があるような気もします。

    ただ、そんな「無理矢理」スクールはハラスメントの温床になりやすく、過去には子供が死ぬ事例もあったので、よほど信頼でき、子供をしっかり理解する指導者でないと危険です。

    本来は「お父さん」が無理矢理「ハイキング」に連れ出したり「一緒にスポーツ」とかすれば、いろいろ試せると思います。

    お父さんがいないのであれば、トピ主さんができそうなものを選んで(多少は)無理矢理に、一緒にするのも良いと思います。

    ただ、本人が嫌がる事なので、やっても興味を示さなければ、一ヶ月位は間を置いてから、別の嫌がる事を一緒にやる。を繰り返したらどうでしょうか?


    あと、ナスカさんのレスはなかなか示唆に富みます。

    「誰かに必要とされる」経験はとても大切でしょう。「誰からも必要とされない」と思えば、私だって生きる意味はありませんから。

    そういう意味では「動物(ペット)を飼って世話をする」のも「ペットに癒やされる」ことと「自分が必要と思われている」ことを感じられるので良いかもしれません。

    ただし、息子さんが途中で世話をしなくなれば、トピ主さんが世話をするハメになります。

    トピ内ID:0985883428

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    😣
    ボランティア体験、「お願いをする」ということですね。息子はボランティアを普段から良く言いません。アルバイトはお金が貰えるから…とか言ってやっていましたが、寂しい子です。前はカウンセラーに自分を必要とされたい、という旨を話していたそうなので、本心はそうなのです。ボランティアなり何なり頼まれたりするようになれば心が変わりそうなのに。歪んでしまったのか、または意地なのか分かりませんが。
    少し強引にでも、修行体験やボランティア等をさせたいところです。私の言葉では動かないので難しいですけど。
    一緒に暮らさない、子離れするという考えですが、確かにタイミングが重要ですね。捨てられたと感じさせてはいけないと聞いたことがあります。昨年位に実行していればそう感じさせてしまったかも知れません。現在は、何があっても、どんな姿でも息子の事を支えるというスタンスで生活しています。十分なくらいだと思います。涙をのんで悔しい気持ちを抑えながら世話をしていました。時々爆発しそうになりますが。
    とことん甘やかすことも良い手段かも知れませんね、私が現在やっていることはそれに近いと思います。そうやってきたので、将来の事を言うようになったり、また発展した悩みに変わってきたように思います。
    この辺で何かアクションを起こしたいと思いましたが、ものすごく悩みます。

    トピ内ID:1507540335

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとうございます!つづき

    しおりをつける
    😣
    それから、夫ですが普通に一緒に暮らしています。仕事が忙しくて帰りも遅いですが、この一年位は子供とそれなりに交流しています。息子からみて、主人は目の上のたん瘤状態で、きっちり働いて帰宅する姿は家にいる息子にとって無言のプレッシャーのようで。以前はすごく嫌っていました。学校や会社になんの疑問も持たずに従う一番苦手なタイプということです。夫は心身共にタフで簡単に言うと悩まない人に見えます。私からみても噛み合わない感じだったので距離をとってもらっていました。息子は私の事以上に夫の話を聞かないと思います。夫に何らかを息子に促してもらうのは難しいです。
    確かに息子は頭ばかりで考えているので体を動かす事をさせて気持ちの転換をする必要がありますね。
    私も悩みすぎて整理がつかず、苦しいばかりですが、他に息子と向き合える人がいないので逃げられません。
    本当に何とかしたいです。強制的に連れ出す機関もあるのは知っていますが、これこそ、親子関係崩壊というのか、今の状態では出来そうにないです。
    とにかく、新たな人間関係、体を動かすこと、キリスト教に興味があるようなので礼拝、旅行など、刺激になることを体験させようと思います。親子で離れるのはタイミングが難しいので、まずは、パートタイマーの私がフルタイムで働き、家にほぼ居ないくらいの生活をしてみようかと思います。
    もう一つ、確かに息子は悩んでいるようで、本人が見つけた症状があります。それは、「退却神経症」というものでした。当てはまるところがありました。これはどのように治療するのか分かりませんが、そこも研究してみます。

    トピ内ID:1507540335

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    距離と愛情

    しおりをつける
    🙂
    吹雪
    お仕事、良いと思います。息子さんと二人で、ずっと家の中で、生きがいを見つけようとしても、煮詰まるだけでしょう。トビ文読むと、精神的に親子の距離が近すぎるのでは?と感じます。

    たぶんですが、どんな素晴らしい提案も、親であるトビ主さんから提供される形だと、息子さんはやる気が出ないと思います。同じことをやるにしても、親に言われたからでなく、自分で探して、自分で選んで、その結果を自分で引き受ける…年齢的に、この過程を求めているのではないでしょうか?たとえ、失敗しても、親に言われてやるよりは、価値があるんだと思います。

    黙って見守るって、ツライです。口を出したくなるし、手も出したくなります。でも、息子さんを信じて距離をおくのも大事です。

    私だったら、18歳までは家にいさせますが、それ以降は、家から出して、一人暮らしさせます。
    生活費は、アルバイトでなんとかしなさいと言います。若いんですから、選ばなければ、仕事はあります。

    ひどい状態になるかもしれません。うちの息子の場合、アパートがゴミ屋敷になりました。どうしたものかとずいぶん心配しましたが、彼女が出来たのが動機付けになったようで、一気に解決しました。私が行って片付けをしてしまったら、息子に自信がつかなかったと思います。

    私が心掛けているのは、「こちらから何も言わない」ことです。でも、扉はいつも開けてあると伝えています。必要があれば、大いに相談に乗るし、手助けもします。でも、そのタイミングは息子に決めさせ、こちらから先回りしないようにしています。ただ、一年に一度だけ、誕生日プレゼントと共に、心を込めた手紙を送っています。べったり関わらなくても、愛情は、これだけで充分伝わると思います。

    我が家は、この距離感でうまくいってます。息子からは「本当に悲しいとき」と「本当に嬉しいとき」に電話があります。でも、普段は連絡無しです。

    トピ内ID:2241259353

    閉じる× 閉じる×

    ご主人について、他

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >学校や会社になんの疑問も持たずに従う一番苦手なタイプ

    単にそう見えるだけだと思います。

    学校にしても、会社にしても「何の疑問も持たずに従う」のは、従うようにプログラムされたロボットだけだと思います。

    ご主人がそんなロボットのような人なら仕方ありません。

    でも、本当は嫌な指示にも渋々従ったり、反発したり、苦労したり、いろいろなストレスがあるのが普通です。

    そんなストレスがあっても、それを一切外に出さずに生活する人はいます。

    ご主人はそれを家族に打ち明けるのも嫌な人なのかもしれません。

    とはいえご主人が、(とても難しい事ですが)実際にあった葛藤や苦労をトピ主さんに話してくれれば、それを息子さんに伝えることで、息子さん(とトピ主さん)が父親を見る目が変わり、状況が変わる可能性もゼロではないと思います。

    私も最近、息子から「本来はこうしたらいいのに、しないのはオカシイ」となじられました。その時、具体的な返事はしなかったのですが。

    その1週間後に、たまたまその件で話をする機会があり「これこれの理由で、今はこうしている」と言ったら、息子は凄く驚いていたので、今まで別の可能性を考えてなかったのでしょう。

    あと、掲示板だから仕方ないのですが、トピ主さんが「必死すぎる」ような気がします。

    そういった息子さんと暮らしているので、必死になるのも致し方ありませんが、トピ主さん自身が心に余裕を持つ。

    つまり「遊び」の精神も持ち、たまには一人で(または息子さんと)遊びに行かないと、息子さんのお手本にもなれず、息子さんとがんじがらめになるような気がします。

    あとトピ文にある「母親に詰め寄ってくる」とは何を言われるのですか?。

    単に「生きる意味は何か?」と聞かれるだけなら「動物と同じで、この世に生を受けたら必死に生きるだけ。意味はない。意味は後付けだ」としか言えませんが。

    トピ内ID:0985883428

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      トピ主レスを読んで

      しおりをつける
      🙂
      なな
      お父様やご親戚など、割と身近な方で
      稼ぐことが大切
      稼げないボランティアは無駄
      という考えをお持ちの方がいらっしゃいませんか?

      言葉は呪いです

      気づかぬうちに、自分の価値観として浸透していきます
      そして、その価値観から離脱するのはエネルギーがいります
      その価値観から外れてしまっている自分が赦せずに受け入れられずに自家中毒のようになると、身動きもままならない状態に陥るのではないでしょうか

      親の言葉かけも言葉通りでなく、妙なバイアスがかかったりして、とんでもない形に変換されている場合もあります

      キリスト教に興味があるとのこと
      プロテスタント系しか知りませんが、子育て相談会とか色々な活動を広く行っているところも多いので、お母様だけ通ってみるのも役立つことがあるかもしれません

      トピ内ID:4126717838

      閉じる× 閉じる×

      レスします

      しおりをつける
      🙂
      ぶぶちゃ
      本当はボーイスカウトなんかがいいのですが。自分の手で何ができるか、どれだけ頑張れるか、試させる機会があると息子さんのような人は育ちます。哲学はそのあと。

      トピ内ID:0893384318

      閉じる× 閉じる×

      出来ることが少なすぎるのでは?

      しおりをつける
      blank
      くじら
      例えば、本人が自信が持てる何かが平均よりも秀でている場合で、
      人からそれを認めてもらえる状況を持てるならば、
      不登校にはまずならないと思うんです。
      勉強でも芸術でも運動能力でも何でも良い。

      私には現在、中学生の子供がおりますが、
      現在まで育ててきた印象としては、

      ”平均より秀でているものが、何かしら中学までで形作れないと、
      中々人(子ども)は自信が持てづらいのではないか” という事です。

      多数のお子さんをお持ちの親御さんは、幼少期から小学生時代、
      なにかしら特技を持てるように・伸ばせるようにと必死になりながら
      子育てをしているんじゃないかなと思います。

      能力の伸びに関しては、早い子もいれば遅い子もおり、
      うちの子は遅かったタイプで、あれこれ模索し実行しましたが、
      小学生時代に能力が開花されることは、結局ありませんでした。
      当時は愕然としたものです。

      ですが中学生になり、どうやらうちの子の能力は、
      「コツコツ嫌がらずにやることができる能力」なのだと理解でき、
      「なら、勉強系だね。がんばろう!」と気もちを絞り、
      現在は学年でも理数系はトップ。総合でも上位に安定しだしました。

      子供の能力を見極め、開発し、伸ばす。
      それってとても大変だし、親の方もコツも知略も根気もいります。

      どうか、不登校だ気もちがどうのだとか言う前に、
      お子さんの能力や技術の向上をまずは実践して、
      お子さん自身のステータスを向上させてあげてください。

      それが一番、お子さんを救うことに繋がるじゃないかと思います。

      でないと、年齢を重ねるごとに居場所が無くなり、
      この先もっともっと辛く、生きづらくなります。

      親の保護が効く今のうちに、お子さんとよく話をして、
      現状でも出来ること。好きなこと。その中でも得意なもの。
      もしくは過去、得意だったこと。
      そして、それを伸ばすことを考えてみてください。

      トピ内ID:8882283687

      閉じる× 閉じる×

      医療福祉方面から

      しおりをつける
      🙂
      紗菜
      とりあえず、医療福祉の視点から私の知っていることをお話します。まず、ご本人(息子さん)でなくてもご家族さんでも、精神科心療内科へ行き相談が出来ます。お金がいらないのは、各地域の支援員の方や就労支援センターへ行き話を聞いたりして専門家の方の手を借りることもできます。これらは市役所の福祉課などに電話してみたら教えてくれます。
      他にも精神保健福祉センターなどありますが、自分たちのニーズに合わせたもので受けられる支援は何があるかを知ること。ちゃんと相談出来て信頼出来る専門家の方(支援員さんでも)と繋がりを持ち、ご家族の方でもいいので情報を得ることです。病院ならソーシャルワーカーさんがいます。

      何でもそうなのですが、向こうからは教えてくれません。自分から動かなければ、自分が使えるものに何があるかが分からない。利用できるちょっとした居場所、親身になってくださる専門家の方、知っている人しか知らない情報は山のようにあります。
      自己流で動くのも手ですが、お金を払わずただ話を聞いてくれる支援員の方もいますので、当たり外れはありますがお母様がまず動いてみてはいかがかと思います。

      私は自分が病気でして、全て、専門家の友達に教わって後は自分で動きまくりました。かなり波のある病気なのでしんどい時期は最低限の「規則正しい生活」「健康的な食事」「充分な睡眠と休息」を守れるだけ守り、寝たきり以外は散歩に行ったり無理やり切り替えてます。やらねば何も手に入らないので。

      ただ、やはり息子さんの様子を見ると鬱状態かもということも伝わって来ます。ですが、鬱は必ず回復する病気なので、気分がよくなれば自分の好きなことをします。もし何か変だと思うのなら、別の何かかもしれません。
      低血糖症のうちのひとつが、鬱状態とよく間違われます。食事療法も効果があるかもしれません。健康的な生活は健康的な心身をつくります。大事です。

      トピ内ID:6745153880

      閉じる× 閉じる×

      料理はどうでしょうか?

      しおりをつける
      😉
      りり
      うちの子供も不登校です。

      試行錯誤して 子供にとっての良い状況を日々 考えています。

      うちは母子家庭で 私が仕事で疲れて帰ったときに たまに料理作ってくれるのですが アプリなどを見ながら 上手に作ってくれます。

      そして、やはりすごく美味しいので伝えると嬉しいようで 自信を持ち、色々挑戦したい気持ちが出てくるようです。週一あるかどうかですし、女の子なのもあるのかなぁ。

      男の子なら いきなり料理だと面食らう可能性もあるだろうから 例えば、家族でバーベキューして 肉を焼いてもらうとか、そもそも 買い出しから関わらせるとか。ソースを手作りしてみるとか。どんな味が良いか、何を入れようか議論するのもありかなぁ。

      テレビでラーメンやの番組を見てたら 急に思い付いたようにラーメンのスープを二人で作ってみようとか、そばうちだか、麺うちするのに力が足りないから手伝ってとか。

      パティシエも男の人が多いだろうから、抵抗がなければ そちら方面を作るとか。

      手を使って 何かを作って、人に喜ばれて満足感があれば 興味を持つ可能性も出るし。というか、一瞬でも興味を持たせるようにして 関わらせる。

      子供が興味を持って何かをすることを色んな種類 体験させてあげると気持ちを違う方向へ向いたりするのではないかなぁ。

      料理って お母さんが簡単に作っているように見えて 地味に大変だったりするし、大変さがわかるからこそ、やってもらえると嬉しい。そして、生きてく上で大切なことだから 自分で出来る方がいいし。

      どうでしょうか?

      トピ内ID:7713760841

      閉じる× 閉じる×

      こういうのは如何でしょうか?

      しおりをつける
      blank
      ナスカ
      ボランティアは嫌。対価が欲しい。
      ボランティアを勧めている私が言うのもなんですが、ある意味それは妥当な考えだとも思います。

      いいように使われたくない。
      自分は対価を得られる程の役割が出来る。
      もしくは対価を得られる程の価値が自分にはあると思いたい。
      と、思っているからではないでしょうか。

      なら、その対価を得つつ自分を肯定できる、人に必要とされる自分を感じてもらえるような体験を少しずつ出来たらいいのではありませんか?

      お母様がフルタイムで働く事は大変ですよね。
      充分ではないけれど、少し対価を払う事で家事を担って貰うのは如何でしょうか。
      どんな小さな事でも感謝の気持ちを伝えて、自分の行動が必要なのだと思わせる。
      今までは存在自体が親に取っての価値であった事が、行動にも価値があるように思わせていく。
      まずは身内でも自分の行動で喜ぶ姿を見て、他人に対しても同じように、対価プラス喜んでもらえる事が嬉しくなるような、自分の存在価値を感じるようになったらいいなぁ、と思います。

      時にはお母様も気弱になったり、疲れて見せたり、頼りなくなって、支えてあげないと…と思わせるような演技も必要かも。

      私は何故かいいタイミングに病気になったりするんですよ。
      癌になった時とか結構自分が頑張って心配かけないようにしなくちゃ的な感じて成長が見られましたし。
      だからお母様も立派にならずに弱い所も見せて心配させてやりしましょう!

      トピ内ID:4437663168

      閉じる× 閉じる×

      もう

      しおりをつける
      🙂
      ひろ
      お寺にでも預けたらどうですか?
      禅寺で修行でもしたら何か吹っ切れるんじゃないですか?

      あとは、どっか農場ででも働くとか。

      なんか頭でっかちになりすぎてる感じがするんですよね?
      ぐだぐだ言ってる暇があったら、体を動かしたらどうかと思いますよ。

      いや、私も何か昔似たようなところがあったんです。
      やっぱりなんだかんだ言って、動くのが怖くて言い訳してた気がするんです。

      毎日毎日ヘトヘトになるまで働くみたいなのって結構大事なんですよね。結局生きるってこういうことだなって言うか。

      期間限定でもいいので、何かそういうことをしてみたらいいんじゃないかと思いますよ。

      トピ内ID:2606485835

      閉じる× 閉じる×

      ありがとうございます

      しおりをつける
      😣
      こちらで相談させて頂き、ご意見とてもためになりました。私を知る者は、私がどうだから、どうしたから、という親の対処への批判も入ります。きっと批判の意思は無く無意識だと思いますが相談を持ちかけるとそのようになります。掲示板はありがたいです。

      私はできる限りの事はしました。それまでの育児も本人の能力を伸ばそうと努めました。中学受験までは良かったのですがそこから狂い始め、反抗期なのだろうと思っていましたが…本人が困っていたことを取り除き楽にさせ見守ってきましたが…

      もう、根本に頑固な思い込みがあるように思います。その闇は深く、簡単ではありませんでした。不登校になったころから、それには気づいていたのかも知れません。私自身、それに目を瞑り軌道修正に力を入れようとしました。でも、この件は、相当な事がないと変わらない。でも、本人も気まぐれで、やり直す気持ちを言ってみたり機嫌よく何かを始めたりするので、見極められず振り回されてきました。簡単には無理なのです。

      私も体調崩して入院したこともあります。どこかに預けたいと思ったことも何度も。ご意見はすべてごもっともなのですが、こちらから働きかけて何かを促すのではなく、本人が変わりたいと心の底から思うまでは無理なのだと思います。それをそばで支えることには私は限界がきています。不登校にも色々ありますが、至って親の言うことを聞く相手ではないので。ここで、少し距離を置き、何らかを求めてきたり行動したがったら、ご意見の件を促してみようと思います。
      世間はコロナウイルス騒動ですが、うちは何も普段と変わりないくらい、ずっと重たい自粛の生活をしています。皆様もそれぞれに色んな事を抱え奮闘しておられると思いますがお身体お互いに気を付けましょう。

      そして、個人の難しい悩みにご意見をくださるような懐の深い方々ばかりで頭が下がります。尊敬しています。ありがとうございました。

      トピ内ID:1507540335

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(4件)全て見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (4)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0