詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    2年前に亡くしたわんこ

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    ころん
    ひと
    14歳でわんこを亡くしました。定期的に健康診断につれていっており、老犬ですが元気にしていました。
    急性の病気で、病院で早期に治療を開始して回復し、もう少しで退院できるはずだったんですが、突然急変しました。

    私が会いに行ったとき、興奮してしまって失神しまうほどでした。
    治療しても回復は厳しそうだったので、家に連れ帰り、酸素室の中で過ごさせました。
    それから4-5時間を家の酸素室で過ごし、息を引き取りました。

    結果論なのですが、入院させてしまったことがとても申し訳なくて。
    入院しなければそのまま亡くなっていたけれど、結局亡くなってしまうならば、家族のいない動物病院で何日も過ごさせるのではなく、家にいさせてあげたかった。

    お見舞いも出来る限りいっていたのですが、急変する前2日間タイミングが合わずに私は行けず。(その間はわんこがなついていた私の夫がみてくれたことが救いです)

    初めての入院で、捨てられたと思ったのではないか、最後の最後になんでここにいるのー?とさみしい思いをさせたのではないか、入院するまでは愛情をもって家族で可愛がっていたので後悔はありませんが、入院させた期間がかわいそうで…

    遠くの動物病院でしたので、仕事のある両親にかわってお見舞いは私の役割でした。わんこにとっては、本当は両親にお見舞いに来てほしかったんじゃないか、と本当に心苦しいです。

    その前に亡くなった子は何度か入院しながらも無事に退院し、最後は通院だけでずっと家で過ごさせてあげられたから余計に申し訳なく感じるのかもしれません。

    その子に比べたら、体の苦しい時間はとても少なかっただろうけど、それでも申し訳ないです。同じような経験をした方、どのように乗り越えていらっしゃいますか?
    今、猫2匹と犬1匹がいますが、この子達が病気になったときも考えてしまいます。

    トピ内ID:8391402218

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 1 びっくり
    • 9 涙ぽろり
    • 30 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    結果論ですね

    しおりをつける
    🙂
    トン子
    確かに(どっちみち遅かれ早かれ死ぬのであれば)入院させず
    家にいさせて家族と最期の日まで過ごすことの方が良かった・・・
    そう思うと思います。でも結果論ですね。

    ただ、、私も2年前に15歳まで生きた愛犬を見送りましたけど、
    13、4歳を超えてきたら「そろそろ・・」って思いますよね。

    病院に連れて行き、治療はしたとしても「延命させた」に過ぎない
    行為だし、年齢的にも厳しいです。退院しても元気な期間があと
    何日なのか?半月なのか?数ヵ月なのか?・・・ってところです。

    これが、10歳未満(4~7歳とかまだ若いのなら)とかだと
    治療に励み、望みを託しますが、14も15歳もいっていればね、、、
    飼い主としても覚悟しますよ(病院には連れていかない。自然に任せる。
    入院させて何日も飼い主と離れるくらいなら家で看取る・・)。

    結果論ですけど、家で看取ってやればよかったですね。

    病院に連れて行かないなんて!って思う人はいると思いますけど、
    私がいつも思っているのは「ペットはオモチャじゃない」ってこと。
    つまり生きた動物なわけで、なかには短命な個体だってあるでしょう。
    それを不具合をおこした家電品ごとく、修理(病院に)しに行き、
    部品を取り換えて戻ってきたら元気になってた・・・なんて
    まあ、そうあることじゃないです。

    もちろん出来る限りは私だってやります。
    しかしそこまで高齢犬の場合、何やっても元の体(と脳)に戻ることは
    ないんです。

    人間でいえば100歳くらいの高齢者に、外科手術するのと同じ。
    それがいかに危険行為かが分かっていたら、ペットにもさせないですし。
    静かに、ゆったり愛犬と最期を迎えることを選択します。

    トピ内ID:5477607473

    閉じる× 閉じる×

    コメントありがとうございます。

    しおりをつける
    😨
    ころん
    そうですね、結果論なのはわかっているんです。。
    高齢なのは家族みんな認識はしていたので、何か病気が見つかっても手術はしないし、治る見込みがないなら家で看取る覚悟はしていました。
    今回の病気は、お薬だけの治療で回復できる一過性のもので、数日病院でお薬と点滴で回復したら、あと1-2年は生きられる可能性があったのと入院してる間は回復傾向でしたので、あの時点では連れて帰る選択肢はなかったんです。。。

    無理やり連れて帰って亡くなったらもっと深い後悔だったと思います。

    って、自分でいっときながら、結論出ちゃってますね。。。すみません。

    あのときの選択を間違ってるとは思っていないのですが、それでも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。

    これが、腫瘍などの病気なら入院などさせずに家で余生を過ごさせたんですけど。。

    自分で答えもわかってるのにどうしても心のもって行き場がなく、このような投稿をしてすみません。

    お返事、ありがとうございました。

    トピ内ID:8391402218

    閉じる× 閉じる×

    どんな選択したとしても

    しおりをつける
    🙂
    まる
    入院させなかったとしても、それはそれで後悔の気持ちになったのではと思います
    どんな選択をしても後悔は必ずあると思いますが、それは飼い主さんがペットを愛していた証拠だと思いますよ
    ああしてあげれば、もっとこうできたはず、なんて、ペットを愛してなければ考えもしないことですから
    その気持ちはペットにちゃんと伝わってます
    長い年月一緒にいて愛情たくさん注いでもらえて、とっても幸せな犬生だったと思います

    トピ内ID:1752523010

    閉じる× 閉じる×

    悲しいけれど、、、

    しおりをつける
    blank
    りさ
    まずは、ころんさんのわんこちゃんにご冥福をお祈りします。

    大好きな家族が亡くなってしまうのはとても寂しいことですね。
    わたしが前飼っていた犬は、11歳でこの世を去りました。死んでしまうにはまだ少し早いのですごく悲しかったのを覚えています。
    その子は2年ほど闘病生活を送り、入院もありましたが、最後は通院し自宅で過ごしました。
    ですが夜中、みんなが寝たあとに死んでしまい最後は自宅とはいえ一人でした。
    わたしはその時学生で部活をしていたこともあり、病院への付添など充分に尽くしたとは言えませんでした。
    最後の日も病院には付き添えず、夜家に帰ってきてから少し撫でたりしただけ。
    かなり後悔しました。
    死んでしまってからは毎日泣いてました。学校だろうと家だろうと。完全にペットロスでした(笑)
    でも、時が癒やす…というかほんとにそんな感じです。
    今は辛いですがいつか、そのわんこちゃんとの思い出を笑って話せるようになります。

    死んでしまってから後悔するのは簡単です。
    きっと、大好きでとても大事なわんこちゃんだから、どんな方法をとっても後悔してしまうと思いますよ。
    飼い主さんのお膝の上で亡くなったペットたちはどんなに幸せか…
    それでも後悔することもあると思うのです。
    でも生き物はいつかみんな死にます。

    現在まだねこちゃん、わんこちゃんいるようなので、その子達をめいっぱい大切にしてください。
    わたしの家にも犬が一匹います。
    後悔のないよう、一緒に生きていきたいと思っています。

    まとまりのない文章になってしまってすいません。
    今は辛いですが、悲しいときはたくさん泣いて、また笑えるようになったら笑ってください。
    ころんさんのわんこちゃんもそれを願ってると思います。

    トピ内ID:1085541659

    閉じる× 閉じる×

    今でも悲しい

    しおりをつける
    😢
    ぬいぐるみ
    私も2年前に可愛がっていた犬をなくしました。
    今うちにも猫二匹と犬一匹います。人ごととは思えず出てきてしまいました。
    毎日毎日思い出してはまだ泣いています。ダメですね。
    たったの6歳でした。木曜日に便が濃いブラウンだったのに気づき、もうちょっと様子をみよう、と思っていたら、あっという間に具合が悪くなり、次の週の水曜日には虹の橋を渡ってしまいました。
    あんなに早くいなくなってしまうのなら、苦しい輸血なんて受けさせなければよかった。
    食べることが大好きだったので、あんな四種類ものお薬が最後に口に入れたものだったなんてかわいそうすぎる。美味しいものをせめて食べさせてあげたかった。
    後悔だらけです。
    とっても大人しくて吠えることもないいい子だったので、ちょうどクリスマス直前で、一緒にショッピング行こうねと楽しみにしていました。
    あの子の代わりは絶対に居ないけど、あの子の死を無駄にしたくなくて、シェルターから貰い手のなかったシニアでよく目の見えないワンチャンを貰い受けました。
    今は、猫のボランティアをして保護した猫が二匹居ます。
    病気になったりすることを考えると怖いけど、毎日毎日を一生懸命楽しく過ごそうと思っています。
    トピ主さまもおつらいでしょうが、14歳まで愛されたワンちゃん、幸せだったと思います。
    ママ、ありがとう、って天国から守ってくれていますよ。
    お互いに頑張りましょうね。

    トピ内ID:1291082185

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0