詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    これは男女差別みたいなものでしょうか?

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さえる
    仕事
    20代の女です。背が高い方でガッチリ体型で自分でも体力に自信があります。職場で重い物が乗った台車を運ぶのですが、1台ずつ運ぶのが安全だけど他の男性が2台ずつ運んでいて真似してみたら案外キツくなかったのでやっていたら年配の女性に怒られてしまいました。しかし目の前で私よりも小柄な男性が2台運んでいったので、「あの人には怒らないんですか」と言ってしまいました。そうしたら「男の人はいいのよ、力あるんだから」と言っていました。言いたい事はわかるし、気づかいや安全第一なのはわかるんです…。わかるんですけど、だったらみんな1台ずつにするとかルール作れよ…とか思いました…。
    でもその女性とは後からあなたが怪我したらいけないから言ったのよと優しく言ってくれて私も口答えしたので悪かったと思い謝ったので和解はしてはいますが…。

    トピ内ID:0093137981

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 26 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 14 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    台車運搬事故は女性に多い傾向があるんです

    しおりをつける
    🎂
    う~む
    おそらく本能なのか、男性が運搬するときには
    教えなくても重心や台車の癖等を考えて運ぶのですが
    女性に同じことを頼んでも何も指導しないと
    転倒したりして、かえって手間がかかってしまいますし
    物によっては、破損しますから損失が出てしまうのです
    これは何度も倒すシーンを目撃してますので
    圧倒的に女性が多かったですね
    こんなので怪我でもされたら、労災適応になってしまうので
    非常にまずいのである。本人はケロっとしてますが
    労災件数が多いと会社側が役所から指導対象になってしまうのである
    なので、運搬は男性に任せろ。なのである

    トピ内ID:4865422056

    ...本文を表示

    正確にはジェンダーハラスメントと言います

    しおりをつける
    🙂
    へたれ管理職
    ジェンダーハラスメントとは性別役割分担に基づく偏見によるハラスメントのことです。文字にすると難しいですね。

    一例として、女の子は赤いもの、男の子は青いものを持つべきだとか、お茶を出すのは女性で、重いものを持つのは男性でなくてはならない、なんてことが昔は言われていました。女らしさ、男らしさという性別固定観念(ジェンダー)が原因のハラスメント(いじめ)のことです。

    誰でも考え方に若干の偏りはあるので、偏りや偏見自体をなくすことは難しいですが、その偏った考えで相手の行動を批判したり制限することはやはりいじめ(ハラスメント)ではないかと思います。

    パワフルな女性いいですね。私の女性部下も結構パワフルです。おばさんの私はたじたじです。

    トピ内ID:4707178574

    ...本文を表示

    そうです

    しおりをつける
    🙂
    ss
    >これは男女差別みたいなものでしょうか?
    そうです。
    個人の能力(嗜好)ではなく性別(男女)で責任、対応が違うのは「男女差別」です。

    >「男の人はいいのよ、力あるんだから」
    三宅 宏実さんを見れば明白ですが間違いです。
    男性の平均より力のある女性はそれなりにいらっしゃいますし、女性の平均値より力のない男性もいらっしゃいますよね。

    >年配の女性
    老若男女にかかわらず「男女差別」の方はいますからね。「女性の敵は女性」みたいな話ね。
    まあ、老若男女にかかわらず「文化」ですからね。

    トピ内ID:6213764323

    ...本文を表示

    運搬重量制限が定められています

    しおりをつける
    blank
    法令順守
    はじめましてトピ主様。

    荷物運搬の男女差ですが、労働基準法では人力での成人女性の運搬重量上限をを断続作業では30kg、連続作業では20kgとしています。

    また、厚生労働省通達、 さらに「職場における腰痛予防対策指針」により

    イ:満18歳以上の男子労働者が人力のみにより取り扱う重量は、55kg以下にすること。また、当該男子労働者が、常時、人力のみにより取り扱う場合の重量は、当該労働者の体重のおおむね40%以下となるように努めること。

    ロ:イの重量を超える重量物を取り扱わせる場合には、2人以上に行わせるように努め、この場合、各々の労働者に重量が均一にかかるようにすること

    ハ:満18歳以上 の女子労働者では、さらに男性が取り扱うことのできる重量の60%位までとすること

    と、されています。

    よって、男性は台車二台、女性は台車一台、と言うのは、政府の指針(女性の運搬重量を男性の60%におさえる)に則したものだと言えます。

    一般的に、女性はウエストの『くびれ』の分、腹や腰の筋力が男性より少ない。

    これはもし男性並みに腹筋などがあると、妊娠時お腹が膨らめない、出産時赤ん坊が産道を通れないからだと言われています。

    法律は基本的に『多数派』に合わせてつくられます。

    あなたに危険が無い範囲なら、多数派に合わせた法律に合わせて作業するのがおすすめです。

    トピ内ID:2474843568

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0