詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母の自殺

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    なな
    ひと
    母が死んでから約2年経ちました。
    私が高校生の頃、母は病気にかかりました。
    でもそれは手術をすれば治ると言われるほどの病気でした。私たち家族は心配をしながらもその病気を軽く考えていました。手術をして病気は治りましたが、母は精神疾患になってしまいました。
    そんな母に普段通りの冷たい態度を取ってしまっていました。私はそこまで思い詰めていると考えることもできませんでした。
    母はいつも笑顔で明るくて太陽のような人だったのでそのギャップを受け入れることができませんでした。
    ある日、母は自殺未遂をしました。発見した時も現実で起きているようには思えませんでした。事の大きさに気づけていませんでした。
    母にどう接するのが正解か全くわからず何と話しかけたらいいのかもわからなくなりました。
    それから父は母と離婚をしました。
    離婚をして欲しくなかったし一緒にいたかったです。
    でも、私たち家族は母を見捨てたのです。
    母が実家に帰ってからどうすることが正解だったのか、正解なのか毎日悩んでいました。以前のような生活にどうしたら戻れるのか、ずっと考えても答えは出てきませんでした。
    離婚をしたのがちょうど私が受験生の頃でした。
    母に会いたいけどどんな顔で何て話せばいいのか分からず、受験を言い訳に会いに行きませんでした。
    受験が終わったら会いに行こう。そう決めて受験勉強をしました。
    けれど試験期間中に母は自殺をしました。
    あの時何で会いにいかなかったのだろう、受験終わったら会いに行くねって言っていればと沢山の後悔と申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
    見捨てておいてこんなに後悔をして母が好きだと会いたいと毎日思っています。
    この罪の気持ちに押し潰されそうです。
    こんな娘でごめんなさい。 
    私はこれからどうしたらいいのでしょうか。

    トピ内ID:2091765333

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 59 びっくり
    • 78 涙ぽろり
    • 316 エール
    • 13 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ひたすら

    しおりをつける
    blank
    オーロラ
    お墓参りへ足を運ぶのが 心の安定にも繋がる気がします
    わざわざお墓へ行き、お花と線香をあげて 話したい事を全て話しかけてみると良いと思います 気兼ねなく泣けるし。

    私は身内ではないのですが 親しくしてた人を突然の自死で失いました
    たまたま職場の近くのお寺のお墓だったので 最初の頃は良く行って、その後は思い出す度に月命日など関係なくお墓参りへ行ってます

    自死も寿命と考える様になったら 少し楽ではないですか?
    また、家族と言えども 違う身体と魂を持った人です
    自分が助けられたかもしれない、と思うのは傲慢なのかもしれないと思うようになりました

    結局、その人が望んだ方向へ行ったのかな、などと思うようになりました

    >母はいつも笑顔で明るくて太陽のような人だったので

    きっとその手術する病気で人が変わる程、落ち込まれたのだと思います
    後、人間て薬や麻酔薬などで体調が悪くなったり人が変わってしまうかのような事もあります
    色々な理由から生きてるのが辛かったかもしれません

    病気は沢山する人も辛いですが 全く健康できた人が初めてする病気で落ち込み過ぎてしまう事もあります

    お墓に綺麗なお花をあげて話しかけるのが良いと思いますよ

    トピ内ID:6937569431

    閉じる× 閉じる×

    写真を見る

    しおりをつける
    blank
    座敷わらし
    人は、親を亡くすことで、心が大人になるのだと、私は思います。

    両親が存命の人と、そうではない人は、違うような感じがしませんか?

    これから先、トピ主さんは、お母さんになる時に、事の重大さに気がついてしまうような気がしてなりません。

    その時は、近くにお母さんがいて、ずっと味方。と思う事が大切です。実際に家族って、他界しても見えないだけで、呼んだら来てくれるような感じだと私は思うのです。
    生きている時よりも、心の距離が近いような。

    沢山悩むと、人に優しくできるし、人に優しくすると、好かれるから、トピ主さんが幸せになることが親孝行だと思います。お母さんに冷たくしちゃったなんて、そんなのは、全幅の信頼がないとできないので、相思相愛だったのですよ。

    トピ内ID:6594789390

    閉じる× 閉じる×

    まずはあなたを一番に

    しおりをつける
    てんじょう
    私の父も自殺しました。
    父は精神的に不安定でよく失踪したり、気分の上下がつかめなかったです。
    亡くなってからは、学生時代、思春期の頃に父に冷たく当たったこと、なんとか必死に向き合おうとしてもうまくいかなかったことばかり思い出され、父の死の原因を自分のせいだと考えました。

    その後友人に「あなたの家族もお父さんも大変だったと思うけど、あなたは大丈夫? 私はそれが心配」と声をかけられ、そこからカウンセラーに通うようになり、徐々に父のことを冷静に考えられるようになりました。

    話がそれました。
    離婚を「見捨てた」とトピ主さんは表現していますが、私も父の生前に両親が離婚していたら、そう感じて、頻繁に会うようにしたかもしれません。
    でも、距離を置くことで、お互いに対して発していた緊迫した気遣いが一時的に解消し、互いが休まって救われることがあります。
    逆に、近くにいることで互いが必要以上に傷つき合うこともあります。
    精神疾患とありましたが、ふと我に返ったとき、家族に迷惑をかけてしまった、とお母さまが罪悪感に襲われることもあったかもしれません。

    また、お母さまにもサポートしてくださるお医者様や、家族以外の周囲の方もいたことと思います。
    あなただけのせいではありません。

    それにトピ主さま自身、本来まだご両親に守ってもらうべき年齢でした。
    加えて受験期という切羽詰まった時期。
    自分を優先してもいい中で、お母さまのこと、家族のこと、いろいろ考えられ、自分を省みて悩んで、とても頑張ってこられたと思います。

    お母さんに会いたいと思うのは当然です。
    あなたはお母さんを見捨てていたとも思いませんよ。
    ここで打ち明けるということは、それだけ真剣に悩んで、考えてきたということなんですから。
    あなたはとても勇気があって、我慢強く、優しい人だと思います。
    まとまりませんが、どうぞご自愛ください。

    トピ内ID:1059292302

    閉じる× 閉じる×

    私は

    しおりをつける
    blank
    あまね
    時間を作って数年かけてお遍路まわりました。
    満願できた時に救われたような気がしました。
    あくまでも自分の気持ちだけですが…。

    兄弟姉妹はいますか?一度お父さんと一緒にお母さんの話をしてみませんか?
    あなただけでなくみんなそれぞれ思っていることがあると思います。
    悲しみも思い出もみんなで話すことで違う視点で考えることができるかもしれません。

    トピ内ID:3346438991

    閉じる× 閉じる×

    疾患だから

    しおりをつける
    🙂
    かな
    精神疾患も一つの疾患です。
    癌も疾患。脳出血も疾患。
    精神疾患もそれらの一つです。
    どんな疾患にかかっても、亡くなる人や回復する人、いろいろです。
    お母様の病状は癌でいえばステージ4。回復は難しかったのでしょう。
    自殺ではなく、病死と言っていいと思いますよ。
    たまたま癌ではなく、精神の疾患で病死なさったのです。
    他の病気で亡くなった方と同じです。

    お墓参りをしたり、お母様の写真に話しかけたりしてみましょう。

    トピ内ID:6835342591

    閉じる× 閉じる×

    見捨てたんじゃない。

    しおりをつける
    blank
    アクアブルー
    つらい経験をされましたね、体調は大丈夫ですか?

    そんなにつらい思いをしたのですから、もうこれ以上自分を責めるのはやめましょう、あなたは悪く無いですから。

    いいですか、あなたはお母さんを見捨てたんじゃない、色々な事情があって「離れただけ」です。
    まだ子供のあなたにはどうにもならなかった、人にはその時の年齢や状況で出来る事、出来ない事があります。どうか「仕方なかった」と自分を労わって下さい。

    あとは自死の事。
    お母さんは結果的に自殺、という形の亡くなり方になられましたが、精神疾患と言う病気だった、そしてその病気が原因であるならば「病死」です。

    私も18歳の時父を自死で亡くしました。
    ずいぶん長い間あなたの様に苦しみましたが、ある時「私の父は病死」だったんだ、と思え気持ちが楽になりました。

    心の中でお母さんに話しかけてみて下さい。
    お母さんは怒ってないと思います、元気だったころの明るい笑顔でまた笑ってくれるはずです、心の中のお母さんは元気な頃のままでいますよ。

    私も娘の母親ですが、娘の気持ちの中では明るい母でいたいですから。
    あなたのお母さんもきっとそうです、きっと。

    どうか自分の人生を大切にして下さい。
    これからも思い出して悲しくなる時もあるでしょう、そんな時もその気持ちと寄り添って自分に優しく労わりながら生きて下さい。

    少しずつ元気になられますように。

    トピ内ID:2860187923

    閉じる× 閉じる×

    うちの場合

    しおりをつける
    🙂
    しろ
    私の母も10年前に自殺しました。ほんとに最後まで自分の事ばかりで最低な人間でした。
    子供の頃から責められ嫌がらせをされ虐められ冷たく扱われたいたので私は全く親と心情的なつながりはなく、そのため人間不信、人間関係スキルが積めず未だに苦しんでいます。
    親には憎しみと怒りしかありません。

    親だからと言って全部の親が子どもを愛するわけじゃないんだと小6の時自分の両親から悟りました。子の幸せを願わない親はいるんです。
    家を出てから親との交流を絶っていたので、死んだのを知ったのもずいぶん後です。葬式とか絶対行きたくなかったので良かったです。

    悲しみというより「なんでうちはこんなクソ最低なんだ」と情けなくて、まともな家に生まれたかったと悲しくて涙が出ました。母親個人への悲しみは全くありません。心のつながりが全くありませんでしたから。つながりどころか会話もろくに無い家でした。それがとても負い目であり、悲しいです。まともな家族が欲しかった。

    私が住所も教えず消息を絶とうとしてもしつこくハガキやらを送ってきて、最後の方は「親戚で一番恥ずかしい家になってしまいました」と恨みがましく書いてあり、ホントにこいつは人として最低だなと情けなくて仕方ありませんでした。自分の子供を虐めていたんだから家に寄り付かなくて当然だし、晩年孤独になって自死するしかなくなったのも当然の報いです。私の兄弟は知的障害児もいるのですが、そういう子供を見捨てて死ぬというのもどんだけ自己中なんだと思います。

    主さんは気に掛ける感情があるだけ正常だと思います。思いをかけた分だけ相手からも思いを返されるという事だと思います。離婚後主さんがお母さんに連絡しなかったのも、そういう要因もあると思うので、あきらめきれないかも知れないけど心が穏やかに落ち着く事をお祈りいたします。

    トピ内ID:1165066127

    閉じる× 閉じる×

    娘と同じ歳です

    しおりをつける
    blank
    すずらん
    トピ主さん。
    お若くして苦しまれて、読んだだけで辛くなりました。

    かなさんのレスにあったように病気で亡くなられたのだと思います。
    自分で死を選んでしまうという病気、精神疾患です。

    ななさんたちご家族は見捨ててもいませんし、
    高校生で冷たい態度なんて、みんなその歳頃はそんなものです。

    お母さまの方がきっと「ごめんなさい」と天国で
    思われていると思います。

    そして一番の供養は、ななさんが幸せになることです。
    病気をされる前は太陽のように明るかったお母さま。
    そんな風になってくれれば、いつか家庭を持ち、
    ななさんも母親になったときに、そんなお母さんになってくれれば。
    そう願っていると思いますよ。

    今は大学生でしょうか、将来の事、なりたい職業や夢に
    向って頑張ることが一番嬉しいと思います。

    そんなにご自身を責めないで。
    それがきっとお母さまも一番辛いでしょうから。

    お墓参りに行って、近況や夢の話をしてあげてください。

    トピ内ID:2056357380

    閉じる× 閉じる×

    仕方ない

    しおりをつける
    🙂
    とも
    中途半端な慰めは必要ですか?
    あなたは、病気のお母さんが面倒だったのでしょう? 自分のことで精一杯だったのでしょう?
     いろいろ言ってますけど、結局はそういうことだったのでしょう?
     でも失って初めて大事なことが分かったのでしょう?
    自分が間違えていたことに気づいたのでしょう?
     それはきっとお母さんが命をかけて教えてくれたこと。
     過去は変えられない 失ったものは戻らない なかったことにはできない。 取り返しはつかない。
     自分の気持ちに、失ったお母さんに、真っ正面から向き合って抱えて生きるしかない 
     どんなに辛くても。 でもそのうち辛さは薄らいでいくから。でも決して忘れてはいけないのではないですか?

    トピ内ID:4046339501

    閉じる× 閉じる×

    一生悔いの残ること

    しおりをつける
    🎶
    金魚
    なぜ助けられなかったのか。自分の不作為は許せませんよね。
    見方を変えたり言葉でごまかしたりはきかないことだと思います。トピ主さんはおそらく一生その傷を忘れることはできないと思いますが、今後同じ後悔は2度としないと心に誓って生きていくことだけがお母さんに対してできることではないでしょうか。

    トピ内ID:9014890386

    閉じる× 閉じる×

    責任を感じないで下さい。

    しおりをつける
    🙂
    pansy
    私は母親の立場です。もう15年くらい鬱病で治療しています。
    もともとは元気だったのですが、家族の病気や
    大怪我や自分の病気手術等不運が重なったりした事がありました。それでも明るく仕事や家事を頑張っていました。
    睡眠不足が重なって疲れたなぁって思っていた頃
    夫婦喧嘩の最中に何かが首の辺りでブチっと切れたような気がしてそれから力が入らなくなり
    鬱病になりました。
    夫も高校生の息子も冷たく中学生の娘だけが優しくしてくれました。
    精神科の先生に相談すると
    息子の反応は正常な子どもの反応だから
    冷たい訳でも酷い人間な訳でもなく今まで元気だった母親のギャップに耐えられないので
    無視したり見ないフリをして自分を保ちつつ
    無視は酷い事を言って私を傷つけないようにしている行動なので責めてはいけないと言われました。
    娘は体育会系で外に自分の世界があり
    器が大きいので受け止めてサラッと流せるのではと先生に言われました。
    滅多にそんな子どもは居ませんと言われました。
    だからななさんの行動はごく当たり前の行動です。
    絶対気にしてはいけません。
    お母様も全くななさんのせいなんて思って居ないと断言出来ます。
    この病気は頭の中でぐるぐると「死にたい」と言うワードが毎日毎日何度も何年も脳内に繰り返される病気です。段々とこれが鬱病って病気なんだなって気がつき、それからは「死にたい」の次に「うっそー」なんて自分で否定するようになりました。
    いつも私が考える事は子ども達の健康と幸せです。ななさんのお母様はこの病気の脳に下す命令で亡くなったのだと思います。他の方もレスしていましたが病死です。きっと辛かったから少し楽になれたのでは?今はななさんの幸せを見守って居ると思います。
    もう悩んだりしないで自由に生きて下さい。
    ななさんの幸せと健康が供養になると思います。

    トピ内ID:1852538815

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0