詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 「~なこと~」「~でおる」は正しい敬語?
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「~なこと~」「~でおる」は正しい敬語?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😀
    アラフィフほやほや
    仕事
    同僚のお客様との電話や文章の言葉がしっくりこないのですが、
    敬語として正しいのか教えていただけないでしょうか。

    たとえば
    「ご連絡いただきましたこと重ねてお礼申し上げます。」
    「ご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。」

    といった「~なこと」をよく使うのですが、私なら

    「ご連絡いただきまして、重ねて御礼申し上げます」
    「ご迷惑をお掛けいたしまして、誠に申し訳ございません」
    と書くのに、と違和感を感じています。

    また、「おる」をよく使うのですが、
    「私共は土日はお休みでおるので」とか、上記の「こと」の合わせ技で、
    「土日は休業でおることご了承願います」と使いますが、これも私なら

    「私共は土日はお休みをいただいておりますので」
    「土日は休業でございますので、ご了承願います」
    と使うのに、と違和感を感じます。

    私も敬語に強いわけではないのですが、今までの人生であまり聞いたことないし、
    同僚は慣用句や語彙力などの一般教養は低く感じるので、
    間違ってるのではないかと思いつつ、お客様対応の指導者としては
    私よりも上位なので、私の知識不足かとも思いながら悶々としています。

    どなたか教えていただけないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:8161003911

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 27 面白い
    • 63 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    トピ主さんが正しいですよ

    しおりをつける
    🐱
    @りん@
    おる…… もしかして 同僚さんの生まれ育った方言かもしれません
    そう尋ねてみては?
    ~おるでは無く
    ~ あります、なら相手も理解できますよと。

    ~なこと……については時々 耳にします

    トピ内ID:1240969853

    閉じる× 閉じる×

    人のあら探ししなくてもいいんじゃない?

    しおりをつける
    🙂
    ちほ
    地域によるかもしれず、関東圏です。

    >「ご連絡いただきましたこと重ねてお礼申し上げます。」
    >「ご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。」

    実際には句点はついていないのですが、
    ご連絡いただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。
    ご迷惑をお掛けしておりますこと、誠に申し訳ございません。
    とすると、名詞としてカプセリングしているだけで、おかしくないと思います。
    「貴社ますますご清栄のことお慶び申し上げます」あたりは常識中の常識だと思いますが、トピ主さん的には違和感があるということなのでしょうか。

    もちろんトピ主さんの例も普通ですし。ただ、より口語調だと思います。

    >「私共は土日はお休みでおるので」
    >「土日は休業でおることご了承願います」

    西日本、特に四国あたりの方言かもしれませんが、よりかしこまった言い方をしているのはわかります。
    関東ではあまり使わない言い回しのような気がしますが、東海圏の「いる=みえる」よりは本人はかしこまっているのだろうねと思います。

    トピ内ID:2368760459

    閉じる× 閉じる×

    少なくとも「おる」は方言です

    しおりをつける
    うん、
    その方、お客さんへのお電話でも
    「○○さんおられますか?」って使ってませんか?地方出身の方では?

    本人全然気にしてないと思いますので、さりげなく教えてあげると良いと思います。

    トピ内ID:2336036284

    閉じる× 閉じる×

    あら探しではなく正しいビジネス文章を書く能力がない

    しおりをつける
    🙂
    なさ
    トピ主さんの感覚は正しいです。たとえ方言であったとしても、ビジネス文章で書くのはおかしいです。現にトピ主さんが気になるということは、そうした方言を使われている地域で、地元の人同士のコミュニケーションとして書かれた文章ではないということです。あら探しとかすぐに批判するのはやめてほしいですね。

    トピ内ID:9949842181

    閉じる× 閉じる×

    場面によります

    しおりをつける
    blank
    ははは50代
    書き言葉では「ご連絡いただきましたこと…」「ご迷惑をお掛けしておりますこと…」がおかしいとは思いません。

    話し言葉では「ご連絡いただきまして…」「ご迷惑をお掛けいたしまして…」で十分丁寧な感じがしますが、書き言葉なら上段のほうがより丁重さが増すような気がします。

    話し言葉で「私どもは土日はお休みで(家に)おるので…」は名古屋近辺なら使うこともあり得ます。親しい間柄の人に「私、今度の土日はうちにおるで(遊びに来やあ)」などのように言います。

    ただし「土日は休業でおることご了承願います」は、「おること」の前と後では尊敬の程度のバランスが悪いように感じられ、そのようには使うことはありません。もしかしたらその方の言葉の癖かもしれません。

    トピ内ID:7536146075

    閉じる× 閉じる×

    違和感を「感じ」たのね。。

    しおりをつける
    🙂
    言葉って面白い
    ひとつめの「~なこと」という言い方はよく目にしますし、
    「~なこと(に対して、)」の省略であろうことも容易に想像できますので
    日本語としては(省略があるので)若干砕けた表現ですが間違いではないと思います。
    ただ少なくとも「敬語」ではありませんね。

    ふたつ目の「おる」は馴染みがないので方言ではないかと想像します(当方は在東京です)

    なお、違和感は「覚える」ものであり「感じる」ものではないですね。

    トピ内ID:7874794576

    閉じる× 閉じる×

    ひとつめは

    しおりをつける
    blank
    そらうえ
    「ご連絡いただきましたこと重ねてお礼申し上げます」、これはおかしくないと思います。

    「おる」は明らかにおかしいです。
    方言?というレスがありますが、方言ならそれに相当する標準語との入れ替えがきくのではないでしょうか。例えば名古屋近辺の「おる」は「いる」に入れ替えできますが、例文の「おる」は、入れ替える言葉が見つかりません。
    方言じゃなくてただの誤用、その人個人の勘違いのような気がします。

    トピ内ID:9107867243

    閉じる× 閉じる×

    「おる」はないでしょう

    しおりをつける
    blank
    1「~いただきましたこと重ねてお礼申し上げます。」

    これは、「~いただきましたことに、御礼申し上げます」の「~ことに」から『に』が落ちた形です。

    文法上完璧ではありませんが、実際には比較的よくある言い方(書き方)なので、間違いとまではいわなくていいと思います。
    もちろん、「~いただきまして重ねてお礼申し上げます。」の方が綺麗だというトピ主の日本語感覚は正しいものです。

    2「ご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。」

    これも「~おりますことは、誠に申し訳ございません。」の「~ことは」から『は』が落ちた形なのかもしれませんが、1ほど一般的ではありません。
    間違いかどうかのグレーゾーンのように私は思います。

    3
    「私共は土日はお休みでおるので」
    「土日は休業でおることご了承願います」

    これは完全に日本語としてはおかしい言い方で、トピ主が、これでいいの?と疑問に思われるのも当然です。
    もしかしたらどこかの方言の影響があるのでしょうか。
    いずれにせよ、標準語としてはあり得ない言い方です。

    -----
    なお、上の方が「ご清栄のことお慶び申し上げます。」で「~こと」があるではないかと書いておられますが、「ご清栄のこと『と』お慶び申し上げます。」ですね。

    トピ内ID:5354952251

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    柘榴
    >「ご連絡いただきましたこと重ねてお礼申し上げます。」
    >「ご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。」

    全く問題ないと思います。
    主さん個人が「~なこと」という言い回しになじみが薄いだけの話だと思います。
    ただ、「~なこと」自体は敬語ではありません。
    しかし、この二つの文章は敬語にできる部分はすべて敬語を用いていますから、お客様に対する言葉遣いとして何も問題ありません。

    ~~敬語には(尊敬)(謙譲)(丁寧)という3つの表現があることはご存じですよね?~~


    >「私共は土日はお休みでおるので」
    >「土日は休業でおることご了承願います」

    これは少しおかしいですね。
    「おる」は確かに敬語(謙譲)ではありますが、常体なので、うまく調和していないのだと思います。
    「ます」をつけて敬体化し、「おる」→「おります」に変えて2つの例文を読んでみると、スッキリするのではないでしょうか。
    ただし上の例の「お休み」という敬語(丁寧)は、いささか過剰に感じます。
    個人的には「私共は土日は休業しておりますので」ぐらいが適切だと思います。
    下の例は、「土日は休業でおること」→「土日は休業でおりますこと」に直すと、上で挙がった
    >「ご迷惑をお掛けしておりますこと」
    と同じ形になり、きれいにまとまりますよね。
    …と言っても、「~なこと」形になじみが薄い主さんにとっては、やはり違和感があるのかもしれませんが。

    ~~常体と敬体はおわかりですか?ざっくり言うと「だ・である」調が常体、「です・ます」調が敬体です。~~

    トピ内ID:3941498813

    閉じる× 閉じる×

    愛知ですが

    しおりをつける
    🐱
    さとこ
    1つ目の「こと」の使用はおかしいと思いません。
    ただ、わたしなら、文章として書く場合は「を」をつけて「ことを」と書きます。「を」を入れない場合は、他の方のご指摘のように「こと、」(口語調になります)と句点を入れますね。
    トピ主さんも、「ことを」と書かれれば文章的に納得いくのでは?

    2つ目の「おる」ですが、名古屋弁?とのご指摘もあるように、私は解らなくはないですが、お客様相手の表現ではないですし、いまどき普通は使わないと思います。他の地方でしたらOKなのかもしれませんが。。。

    >「私共は土日はお休みでおるので」
    >「土日は休業でおることご了承願います」

    あえて解説すると、「おる」=「座る(■居る、の意味)」という用法がありますが、この場合、丁寧語の「ます」をつけることによって「おります」に変化しますので、お客様相手に「おるので」「おること」とは言いません。
    それよりは、単に「です」の丁寧語の「ございます」をつかって、「お休みでございますので」「休業でございますので」の方が自然かと思います。

    私もご同僚の話し方は「武士か?!」と感じますが、他人がどう思われようと気にしないので、ほっときます。
    トピ主さんがどうしても気になるなら、丁寧語の「ます」を入れて、「おりますので」「おりますことを」に換えた方がいいのでは?と、アドバイスしてみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:7053515517

    閉じる× 閉じる×

    おる、は謙譲語

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    ~こと、には違和感はありません。
    頻繁ではないけど、聞かないわけではないと思います。

    「おる」については、その同僚の言い方が本当にそのままなら変ですが、
    「おります」に置き換えたら変じゃないかな。
    おるが方言というレスが多いですが、
    その同僚さんは謙譲語の「おる」のつもりなんだと思います。
    ただ、口語で「おる」という活用形は変というか違和感がありますね。
    上述のとおり、同僚さんの文脈だと「おります」なら変じゃないんですけど。

    あと、トピ主さんの言い方、
    お客さんに向かって、
    「お休みをいただいております」は、
    間違ってる使い方で有名なので気を付けましょうね。

    トピ内ID:5395280053

    閉じる× 閉じる×

    「おる」は聞きませんねえ

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    敬語を使う職種ではないので、個人的な感想です。

    >「ご連絡いただきましたこと重ねてお礼申し上げます。」
    「ご迷惑をお掛けしておりますこと誠に申し訳ございません。」

    ずいぶん大仰な言い方するなとは思うけど、言葉として間違っている感じはしません。

    >また、「おる」をよく使うのですが、
    「私共は土日はお休みでおるので」とか、上記の「こと」の合わせ技で、
    「土日は休業でおることご了承願います」と使いますが、

    「おる」って、「うちの子供おらん?」みたいな感じでなら使いますけど、敬語って感じはしませんね。
    どちらかというと、偉そうというか上から目線な感じに聞こえます。

    >これも私なら
    「私共は土日はお休みをいただいておりますので」
    「土日は休業でございますので、ご了承願います」
    と使うのに、と違和感を感じます。

    私なら、自分の休みに「お」は付けないかなあ。

    >同僚は慣用句や語彙力などの一般教養は低く感じるので、

    私は、ここの不満が、細かな言葉遣い(敬語)への不満につながっているのかなと思いました。
    敬語よりも、こちらのエピソードを聞いてみたい気がします。

    トピ内ID:3097464271

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😀
    アラフィフほやほや
    みなさま、つたない疑問にレスをありがとうございます。

    同僚の敬語よりも、自分の言葉へのご指摘をいただき、
    勉強になりました。
    丁寧に、と思うとなんにでも「お」とか「いただき」を
    付けたくなるんですよね。以後気を付けます。

    「~なこと」は間違ってはいないけど、「~なことを」が
    省略されているのが、確かに違和感のもとかも。
    また同僚は「~なこと」の後、句読点は付けずに続けて
    「重ねて」などと記載しますので、それも違和感のもとですね。

    「おる」は確かに「ございます」「おります」に言い換えるとすっきりしますね。
    東日本在住で、同僚も地元出身なので西日本系ではないのですが、
    何かですりこみされたのでしょうね。

    ちなみに二人、同じ言い方をする同僚がいますが、
    いずれも指導者の立場です。
    普段、他の方に「その言い方は違うよ」とか
    「そういう言い方はしない」などと指導されている方なので、
    恐れ多くて、私から彼らに修正するよう提言はできませんが、
    普段からのもやもやが、すっきりしました。

    ありがとうございます。

    トピ内ID:8161003911

    閉じる× 閉じる×

    果たして、世の中できちんとした言葉を

    しおりをつける
    🙂
    みやん
    使いこなせている人が、どれだけいますかね。

    私も、丁寧語、尊敬語、謙譲語は未だに説明を聞いても、
    その時は、なるへそと思うのですが、
    それで、いいのか?と思う事も度々あります。

    私も日本語を、正しく使えません。

    例えば、あなたが言っていた、
    「お休みを頂いておりますので、」
    の表現も、私にはなんら違和感がなかったのですが、
    それは正しくない。みたいですね。

    「休みを取っておりますので、」
    が正しい敬語みたいです。

    よく、レジ等で、
    「1000円の方をお預かりします。」
    「1000円からお預かりします。」
    を、それは違う!正しくない!
    と、敬語に詳しい方が言いますが、

    私には、正しい知識を得ても、
    別に不快じゃないし、ま、いっか。です。

    要は、言い方やイントネーション。
    前後の内容や言い回しで、どんな言葉でも、
    それが正しい敬語でも、慇懃無礼になったり、
    相手に不快な印象を与えることがある。
    ということです。

    正しい敬語は、江戸語や上方語からの流れもありますが、
    使い方が難しく、
    無くなっていった言葉もたくさんあります。

    あなたが気にしている、「おる」というのは、
    関西地方の方言ではないでしょうか?
    関東の方なら、
    ただ馴染みがないだけのような気がします。

    敬語のフォーマットは当然あるかと思いますが、
    言葉は、場で変わります。
    雰囲気で選ばないといけない時もあります。

    敬語は正しいマナーの基本ですが、
    そこに拘り過ぎても、
    人とのコミュニケーションは取れません。

    要は、相手の気持ちを慮って、
    どう相手に伝えたいか、私の思いはこうなんです!
    と、正しく伝える努力が大切なんかな。と思います。

    まあ、正しく伝わらないことの方が多いですけどね。

    言葉って、難しいですよね。

    トピ内ID:8322514761

    閉じる× 閉じる×

    間違いのまま聞き覚えたとか

    しおりをつける
    blank
    そらうえ
    「お休みを頂いております」
    これは敬語として間違いというより、お客さんが休みをくれたわけじゃないので、表現として正しくないというやつですよね。
    ただ、違和感を覚えない方がいるのは、この表現がそれなりに浸透しているからでしょう。最初に誰かがどこかでそう言った・使ったのをなんとなく聞き覚えた人が、次に違う場面で同じ言い方をして、またまた他の人に広めて…。
    誤用はそうやって広まり、さらにはなんとなくそれが正しいかのように許容されていく。レジの「〇円からお預かりします」も同じように広まったのでしょう。

    同僚の方の「おる」に関しては、謙譲語と間違って使用しているのではというひろさんのご意見に賛成です。で、それを聞き覚えた他の少数の方が、「こう表現すればいいんだな」と思い込んで使い続けているのかなと。コロナで覚えた言葉で示すと、トピ主さんは「誤用のクラスター発生」の現場にいるのかもしれません。

    ちなみに私は東海、関東、関西に居住経験がありますが、「〇〇でおる」という表現は一度も聞いたことがありません。また、方言はもちろん各地にありますが、たいていは単語レベルでの違いがあるだけで、日本語としての文法からズレてしまうようなものはほぼないと思います。

    トピ内ID:9107867243

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      関西の人はおる、おった使っている

      しおりをつける
      🙂
      匿名
      結婚して関西圏に来ました。

      皆さん、使いますよ、おる。

      家におるので…

      あん時、家におったん?

      私は家におります。

      もう慣れましたが、同じ意味ですね。

      関西の方は関東に行っても関西弁のままです。

      その方が関東圏なら、ご両親が関西圏の方なのかもしれません。

      気になるでしょうが、方言だと思って諦めましょう。

      ~こと、については、特に気になりません。

      他の方もおっしゃっているように文語ではよくある使い方ですから。

      逆に口語を文語にされたら気持ち悪いです。

      ~とゆう、~とゆってた等々、本当にやめて欲しいです。

      トピ内ID:4685791444

      閉じる× 閉じる×

      書き言葉の正式表現と略式表現の差

      しおりをつける
      🙂
      とおりすが~り
      ~であること、はたぶん書き言葉の正式な(固いといった方が正しいかな)表現です。戦前文語調なので今の人には違和感があるかもしれません。~いただいて、は略式表現ではないでしょうか。

      私はトピ主より5歳程度上(HNが正しければ)ですが、入社したときは書き言葉で『~に関しましてお手数おかけいたしましたこと、誠にありがたく厚く御礼申し上げます』というような文書(当時は封書で郵送でした)の書き方を教わりました。

      いまはそこまで書くと、(特にメールの場合は)慇懃無礼で嫌味ったらしくなることがあるので、『~についてはお手数をおかけいたしました。お心遣いありがとうございます。』と書くことが多いです。

      入社したときにもう一つ教わったのは、略式の伝達手段には略式表現、正式な伝達手段には正式な(固い)表現、ということです。同じご招待でも封書で招待状を送る場合、はがきで送る場合、電話の場合、自ずから表現は変わるものだ、とも教わりました。今はあまりそこまでこだわると固すぎるのかもしれません。

      トピ内ID:0532272641

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0