詳細検索

    • ホーム
    • ヘルス
    • 『他人と自分を比べない』、そんな事本当にできたら聖人でしょ?
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    『他人と自分を比べない』、そんな事本当にできたら聖人でしょ?

    お気に入り追加
    レス135
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ほんねのこころ
    ヘルス
     『人は人、自分は自分』『自分と他人を比較しない』

     …よく言いますよね。決して嫌いな言葉ではないです。でもそんな事本当にできるんでしょうか? 
     そりゃ自分の人生が順風満帆・前途揚揚♪なら周囲の人など気にならないのかもしれません。
     でも自分の人生が全然上手くいかなかったら…「俺は遊びもせずに勉強してたのに、なんで彼女もいて遊び狂ってたあいつが受かって俺が落ちたんだ!」「なんで彼女は俺じゃなくてあいつを選んだんだ!」「あのコは美人でおしゃれで裕福な家庭に育ってるのに、皆から人気があってモテてしかも頭もいい。それに比べて私は一個もいいところがない…」…etc.…
     
     僕は自分の人生上手くいかないとき、どうしても人と自分を比較して暗い気持ちになってしまいます、嫉妬です。いったいどうすれば『他人と自分を比較しない』なんてことができるんでしょうか?
     哲学的な質問ですが、よい知恵お持ちの方、よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 7 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数135

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  135
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    今できなくても焦らなくていい

    しおりをつける
    blank
    風子
    「他人と自分を比べない」は、若い人には無理かもしれません。目標や向上心などいろいろな事が心を支配しているでしょうから。でも、ある程度の年齢になって、自分に満足できるようになったら出来ることだと思います。でもそれはもうこれぐらいでいいというように、欲もなくなっているせいかもしれません。若い人はあんまり気にせず、自分らしい頑張り方ができたらいいでしょうね。つい、比べる事があっても自然な事だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の為の質問ですね!!(笑)

    しおりをつける
    blank
    ヒッコリー
    お教えいたします!!「うつ」経験者で「自分に気づく」ことができて人生観が激変した私が(何、偉そうなこと言ってるんだ、私は、笑)。

    「人と比較する」

    実はその原因は育った家庭にあるんです。「幸せ」とか「不幸せ」は関係ありません。

    「人の幸せは状況ではなく解釈」

    と悟る能力は「親の育て方」次第なんです。幼少期に親から十分に褒められた経験のある人は自信・安心感・ポジティブ思考を与えられ自分の世界を作る能力が育ちます。

    しかし「子育ての未熟な親・親から愛されなかった親・褒めるのが下手な親・"親離れ"できていない親・無関心な親・過干渉な親」などに育った人は不安・ネガティブ思考を植え付けられ「堂々めぐり思考」になります。

    それが人と比較する心理なんです。「親から自信を与えられなかった」だけなんです。それを「うつ」で学びました。「自分が無い」ことに気づいて。

    解決方法は

    「親を客観視して心理的親離れをする」

    これしかありません。親離れできているようで実はできていないんです。それを認める勇気が必要なんです。

    これを悟れば人生観が変わりますよ。「幸せ」ではなく「幸せ感」をつかんで下さい!!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    出来るけど

    しおりをつける
    blank
    キリン
    私は基本的に子供の頃から「人は人、自分は自分」なので、自分と人を比べる事はほとんどありません。
    もちろん聖人なんかじゃありませんし、欠点はたくさんあります。
    でも、トピ主さんの言うように自分が辛い状況にいる時は、比べてしまいそうになる時もあります。
    人間って弱い部分も必ず持ってると思うので、精神的に辛い時にその弱い部分が出てしまうのは、ある程度仕方の無い事かな?と思いますよ。
    人と比べないコツは特に無いけど、比べても仕方が無いというか、人って本当にそれぞれだから、結局のところ比べようが無いんですよね。
    だから人と比べて「あの人はいいな・・」なんて思うことは、私の中ではある意味不可能というか。
    精神的に弱ってる時に「あの人はああなのに」なんて比べそうになっても、「でもこういう所は私と違うし、状況も違うし・・・」なんて考えが出て来てしまって、「やっぱり比べられないや」となってしまうんです。
    単に考え方のクセなんでしょうね。
    「人と比べる」というのも悪く取れば嫌な事に思えるけど、良い方向にそれを活かせば、向上心にも繋がると思うし、全否定する事はないと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    絶望のあとあきらめる

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    孤独死を待つのみの、高齢独身OLです。リストラにあい、かなり所得が落ちて食うや食わずです。

    しかし、生きるために苦労し続けると、人間誰でも「不幸であたりまえ」という感覚になってきました。幸福なのが、むしろ異常な現象であり、この上なくありがたいことであると。

    若い頃は自分の不幸を呪いましたが、いつの間にかどうでもよくなりました。幸福ではないが、さりとて決定的に不幸でもない。いわば絶望のあとに、諦めがきて、さらに平穏な気持ちになれたようです。

    今は、健康である、土日に好きなだけ眠る、好きな本を読む、親が元気でいてくれる、チープでもおいしいものを食べられる、これだけで物凄く幸せを感じます。

    トピ主さんは、まだお若いから仕方ないかもしれませんが、年をとってくると、思いがけない方向でいいことがあるものです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    良いことの裏には悪い面も必ずある

    しおりをつける
    blank
    分相応
    お金がたくさんあればあったで変な気苦労が、美人なら美人で、不美人にはわからない苦労があるらしい。
    それが分かってきてから、やたらと他人のことをうらやましく思う気持ちはなくなりました。
    お金持ちの親を持って自分も会社役員でテレビにも出て有名で…という、うらやましい大学生さんが、まさに「お金持ちで有名」という理由で誘拐される事件もありましたよね。

    トピ主さんはお若いようなので、これから分かってくることだと思います。楽なだけの人生を歩んでいる人なんて、いないのですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    聖人なんかじゃない。

    しおりをつける
    blank
    まんぷく
     他人と自分を比べて意味もなく不幸な気分になってる人って多いと思います。
     その人単体で見れば、生活にさして不自由があるわけでもなく、自分も家族も健康なくせに、「もっと恵まれてる(と思い込んでる)人」と比べて、「なんて自分は可哀想なんでしょう。」と嘆いている。

     他人と自分を比べない人はとりたてて聖人だとは思いません。
     ただ確固たる目標があって、それに向かって後ろを向かない人だと思います。
     やたらに他人と自分を比べる人って、悲劇のヒロインになって不幸気分に浸ってる「暇のある人」なんだなと思います。

     本当に死ぬほど不幸な時なんて必死ですから、比べて嘆いてる余裕なんて無いですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    俗物根性丸出しです!!

    しおりをつける
    blank
    りっつ
    私は俗物で、聖人だなんてありえないですが、他人に嫉妬することってあんまりありません。

    「うらやましいなぁ」って全く思わないわけじゃないんですよ。

    私の思考回路は・・・たとえば、
    「あの人スタイル良くてうらやましいなぁ」
     ↓
    「どうやったら、あんなスタイルなれるんだろ」
     ↓
    「げ!! 20時以降食べない?? ケーキは1ヶ月1個?? 毎日3時間ウォーキング??」
     ↓
    「そんなの、私にできないしいいや!!やめておこう」
    って感じです

    勿論、自分にも出来そうなことはチャレンジするし、無理そうなことでも、やらなきゃいけないときは工夫したりするんですが・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    聖人じゃないけどくらべません

    しおりをつける
    blank
    dd
    私は子供の頃から比較嫌い。今も他人と比べることはほとんどないです。もちろん聖人じゃありません。でも比べる意味がないことばかりですから。でも会社で同じような仕事をしている人とは同じくらいの給料がほしい、など敢えて交渉材料として比較することはありますけど。

    身近な人とすぐ比べて一喜一憂する人って、あえて相手を選んで比べているような気がします。何か気に入らないことがあったときに、他にもできない仲間を探したり、世の中は不公平だということにしたり、論理をすりかえて逃げているように見えます。

    たとえば試験。誰かの点数が低かったからと言って、自分の点数が上がるわけではありません。身近にいる誰かと比べるより、平均点を見る方がまだいい。でも本当は平均点がどう、よりも自分がその試験の内容をどれだけ把握しているか、が重要。

    物事の本質というのは、えてして人との比較とは無関係に存在することが多いものです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    余裕がないとき

    しおりをつける
    blank
    くも
    私はあんまり他の人と自分を比べたりしないほうですが、よく考えてみると、自分がどんな人間なのかわからなかったときや、良くないことがあって自分に余裕のないときには、けっこう他の人と引き比べていたように思います。

    ただ、年齢とともに、自分で自分の人生を管理する範囲が広がってくると、自分が見えてくるし、他の人と比べなくても自分だけが価値を感じられることもできてくるので、そういうことを心の拠り所にしていれば、そんなに人と比べて劣等感を感じたりしないで済むようになってくるように思います。

    若い頃って、他の人と比べることで、自分が育ってくる部分もあると思うので、そういう競争意識も含めた、他の人が気になる気持ちというのは、あってもいいものじゃないでしょうか。
    ただ、そこで悩んでも解決するわけではないので、どうやってそれを前向きの力に変えていくかが、大事なようには感じますが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    考えが止まるからじゃないですか?

    しおりをつける
    blank
    カルア
    それぞれの考えの後に私ならこう考えるなぁ、と
    付け加えてみました。

    >「俺は遊びもせずに~あいつが受かって
    俺が落ちたんだ!」

    あいつは俺より勉強していたかもしれない。
    俺の努力が足りなかったかもしれない。

    >「なんで彼女は俺じゃなくてあいつを選んだんだ!」

    俺よりもあいつの方が、彼女の心を掴む何かがあったのだ。

    >「あのコは美人でおしゃれで~それに比べて私は一個もいいところがない…」

    裕福な家庭は親が裕福なのだ。彼女じゃない。
    彼女の性格も両親の育て方の賜物。
    私は自分と人と比べて落ち込んでいるばかりで
    直そうともしない・・・。


    人をうらやましがるだけの人は考えが中途半端です。

    他人と自分を比べ、嫉妬し、それで終わっているからです。
    相手は自分よりも努力をしていた。
    心を掴む何かを持っていた。
    周りがいい環境だった。
    それだけのことです。

    考えが途切れて落ち込む前に、
    何が足りなかったのか、相手のようになるには
    どうすればいいのか、考えましょう。

    暗い心は暗い未来しか生み出しません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  135
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0