詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 子供のいない既婚女性の方、教えて(批判ではありません)
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供のいない既婚女性の方、教えて(批判ではありません)

    お気に入り追加
    レス113
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ききたがり
    ひと
    恐縮ですが、「子供の有無」の言い争いを避けたいので、子供のいる方、欲しいと思っていらっしゃる方の発言はご遠慮願います。

    20代後半の独身女性です。結婚はしたいですが、「子供が欲しい」って思ったことはありません。とりたてて大好きというワケではないので・・・。夫婦で共働きをして、子供のいない分、趣味やその他に当てたい、と考えています。

    ぶっちゃけ「子供のいない生活ってどうですか?」

    辛い面は何となく想像つきます。「何で子供作らないの?」攻撃でしょう、恐らく・・。。幸い私は友人がほとんどいないので、その心配はあまりないと思うし、親も結婚・出産に関しては私の意思を尊重してくれるんで周りの騒音はあまりないかと思われます。

    「子供がいなくて良かった(ちょっと嫌な言い方かな)」と思うことありますか?子供のいないメリットを既婚女性ならではの視点で教えて下さい。「やっぱり欲しいな」と思うこともあるものなんでしょうか?

    どちらかというと、利点のほうを聞きたいです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数113

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  113
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    色々ある

    しおりをつける
    blank
    真鯛
    子供が居ないことの利点。

    子供のことで悩むことがない!これが一番。ただ喜びもないけれど。当たり前か。

    そして自由がある!結婚は解消できるけど親子はそうはいかないものね。

    自分の時間がいっぱいある!気楽!家の中でなら少々不道徳なことを言っても平気!

    悪い点もあるよ。一応あげておきますね。

    人間として成長できていないような気がする。世間に顔向けが出来ない。あと女として失格か?赤ちゃんを抱けない。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    覚悟して・・

    しおりをつける
    blank
    ハンタ~
    子供のいない生活はラクだし、自分に投資できるし、旅行もいつでも行ける・・ってのがメリットかな?

    でも、姑&舅はうるさいと思うよ~!
    結婚するならもう義両親が他界されてる家を選ばれた方が・・。そうでない場合は、孫攻撃に耐えられるかしら?法事なんかで親戚が集まると、トピ主様が考えているよりもかなり過酷な状況・・ですわ。
    家を絶やす事になるからね。うるさいよ!

    子供のいない人生、そういう意味で覚悟がいるよ。
    あと老後は寂しいかもね~!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いいですよ

    しおりをつける
    blank
    しらら
    結婚8ヶ月目の共働き二十代後半女です。
    結婚前と同じペースで働いていますが、大人二人暮しの家事なんてたかが知れているので自宅にいた頃と暮らしは変わりません。
    習い事も継続しているし連休になればフラっと旅行にも行きます。

    でも子供みたいな夫を持ってしまうと、中学生のように門限を気にしながら生活しなくちゃいけないみたいですよ。
    夫より先に帰って家事をしないといけないんですって。
    子供のいない暮らしを楽しみたいなら、まず夫選びから慎重にネ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    結婚して3年です。

    しおりをつける
    blank
    しーちん
    独身の頃から子供が苦手で、結婚してからも作りたくありませんでした。
    かと言って性欲がない訳ではありません。むしろ好きです。好きな人と結婚したのですから。

    お互い貯金があり、私が専業になっても生活には全く不自由無く、趣味やドライブや旅行に行ってます。
    二人で生活するには多分充実してると言えるでしょう。

    ただ、やっぱりふ…と思ってしまいます。実は子供が要らない…と言う訳ではなく出来にくい体質だった事、主人が何かあった時に一人残されてしまう事、そして二人の生活に満足しているはずなのに「もし、ここに好きな人の子供がいたら」と。

    年を取るとどんどん臆病になっていく自分がいます。
    無理には欲しくない、でも、居たら楽しくなるかも知れない、そうするとお金も自由も無くなる。

    私は物理的には満足できても精神的にはまだ大満足ではないようです。自分が出来にくい体だと知ってしまってから余計子孫が欲しくなってきています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やはり

    しおりをつける
    blank
    でんくす
    教育費等にお金がかかりませんから、その分は自分自身に使えますね。お子さんがいらっしゃる家庭より経済観念は夫婦ともども独身気分のままかもしれません。

    時間についてもそうですね。育児にとられる時間がありませんから、自分の時間はたっぷりあります。
    年2回は夫婦で海外旅行へも行きます。旅行のプランも子供中心に考える必要がなく、好きなところへ好きなことをしに行くって感じです。

    日々子供のことを心配する精神的負担もないですね。その代わり、老後自分達が病気になった時のことは考えないといけませんが

    ↑これは子供のいる友達と比べて私が実感していることです。メリットという言う方が正しいか分かりませんが、要するに気楽だな~って思います。

    ただ自分と愛する夫との子供を産み育てる女性としての醍醐味を味わえないのは、さみしいですよね。親にならないと人間として成長できない何かがあるような気もします。
    欲張っても仕方ないので、割り切って人生エンジョイ!ですが。

    トピ主さんご自身が何を重視するのかによりますね。
    ただ、ご結婚されたら親はもう二人増えますよ~。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やはり身軽

    しおりをつける
    blank
    みにー
    結婚4年目です。
    で、子供のいないメリットですが、やはり身軽さではないでしょうか。
    先日思い切って私の両親とヨーロッパに行きました。両親の体が利くうちに、親孝行です。
    これも子供がいたら金銭的にも、日程的にも不可能だったと思います。
    結婚するまでは「子供嫌い、産むつもりもない」と公言してはばからなかったのですが、結婚後「夫の子供なら産んでみたい」と思うようになり、馬鹿子供でない小さい子のかわいらしさも、感じるようになりました。
    が、体の事情で子供ができにくいようです。
    神様からの授かり物、と思っているので治療はしていませんが、こんな私で良かったらいつ来てくれてもいい、という気持ちです。
    これが本能とは思えませんが、最近何かを可愛がりたい、世話したい欲求が芽生えてきて、子供のころから飼いたかった猫を飼うことを計画中です。
    参考になるかわかりませんが、こんな感じです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    メリットといえるかどうかはわかりませんが

    しおりをつける
    blank
    デイジー
    夫婦でインフルエンザにかかった時には正直なところ
    「子供いなくてよかったー」って思いましたね。
    おかゆを用意したり薬局へ薬をもらいにいく等は私が
    しましたが、子供の面倒なんて見られるような状態では
    なかったです。
    それから、仕事の納期の関係で、深夜にいったんお風呂に入って、あがってからまた朝まで作業をしなければいけない時があるのですが、その時にも「こんな時に子供がいたら大変だろうなぁ」と思ってます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    いいのかな?正直にレスして。

    しおりをつける
    blank
    モルツ
    30歳既婚コナシ結婚1年経過しましたモルツです。
    ダンナは33歳です。
    愛するダンナと結ばれまして楽しく毎日生活をしています。ずっと働きっぱなしだったので新婚生活と呼ばれる今、料理の勉強というか料理を時間かけて作れること、家事がきちんとこなせること(専業主婦です)、趣味も持てることでストレスのない生活を送っております。
    こんな私ですが、毎日ダンナに愛妻弁当を持たせ、帰るコールをもらうのでいつも熱々の夕食を食べさせてあげられることが快感です。晴れた日には毎日でも布団が干せて、カーテンを洗い、窓を磨き、こんな当たり前のような生活をしていることに感動するほどです。仕事を持ってる時は忙しくて自分の身の回りのことすらおろそかで過ぎていきました。今、私がこういった生活を送れるのは子どもがいない時間があったということだと思います。妊娠していても日常生活が限られることもあるでしょう。この1年は私にとって非日常のような素晴らしい時間でした。このあと子どもを作るかどうか、又できるかどうかも解りませんがとにかく結婚後しばらく二人の愛に満ちた生活を送れる日々のあることを独身のトピ主さんに提言して止みません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    好きな人と一緒にいられる幸せ

    しおりをつける
    blank
    綾子
    一番感じるのは、“好きな人と一緒にいられる幸せ”です。
    子供が居ても、夫婦仲が悪くて不満だらけの夫婦もいますよね?
    子供がいなくて、相手の事も嫌いなら、さっさと別れてますよね?
    実際、そういう夫婦を何組も知っています。でも、子供も
    いないけど、私は相手をずっと好きなんです。

    子供のいる幸せというのも確かにあるでしょう。
    私自身はそれほど子供が好きではないし、(というより、
    どう扱っていいのかが判りません。)親子間の相性が
    悪いと子供にとっては最悪、子供は親を選べないし、と
    子供を持つ事を躊躇する部分もありますし。

    夫は私を大事にしてくれます。暴力も浮気もない、私が
    体調が悪ければちゃんと心配もし、看病もしてくれます。
    そういう事を当たり前にしてくれるから、好きで居続け
    られるのだと思います。二人で旅行も行くし、外食も
    するし、手をつないで寝るし、夜中に星を眺めながら
    お腹が空いたと塩だけの小さなおにぎりを作って、
    「美味しいね。」と言い合えます。子供が居ても居なくても
    小さな幸せが日常にはたくさんあるのだと、向き合う相手が
    お互いしかないからこそ、私は気が付いたと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    攻撃なし

    しおりをつける
    blank
    既婚フリーター
    理解ある親なので「子供まだ?」攻撃はありません。
    利点ですか?
    子供がいる生活をしたことがないので、比較の対象もなく、自分がラクしているかどうかもわかりませんが・・・。

    ・料理は全く苦じゃないけど、急な予定変更が可能。夫が外で食べてくると言えば私はビールとデパ地下のお惣菜ですます。仕事帰りに夫と食事もあり。

    ・お風呂はいつも1番。仕事から帰宅してお米を炊飯器にセットしたら入浴タイム。1時間弱。

    ・夫は土日出勤ですが、朝ごはんを食べないので私は寝ています。

    ・終電逃して始発帰りなどだらしない生活ができる。元々几帳面なので、教育上良くない行動は極力避けたいと思っていますから。

    ・正社員ではありません。気軽に職を変えられますね。保育園のお迎え等で職場の理解を必要としないから。

    ・友達と海外旅行ができる。
    ・家でぼーっとできる。ネット三昧の日もあり。

    こんなもんでしょうか?もっとあるんでしょうね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  113
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0