詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    料理が好きになる方法を教えて下さい

    お気に入り追加
    レス86
    (トピ主14
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    不器用
    話題
    主婦歴6年半です。

    独身時代は、全く料理をした事がありませんでしたが、結婚してからは、日曜日の夜以外は、朝・昼(夫はお弁当・子供は麺類など)・晩と毎日作っています。

    が…一向に上手くならないし、まだレシピを見て作っています。

    よくドレッシングが適量にかけられれば、料理は目分量で作れるといいますが、さっぱりできません。

    かけすぎたり、かけなさすぎたりします。

    自信がないので、まだ本やネットの分量通りに作っています。

    不味いという感じでもないですが、特に美味しくもありません。

    幸い、夫は味にはそんなに拘りがない方ですが(←外食だと、私は不味くて食べられない時がありますが、夫は一切ない)

    何というか…料理をしていて全く楽しくありません。

    私の性格は、四角四面で柔軟性がなく、変化がストレスになるタイプです。

    すぐに不味かったらどうしよう…、こんなに煮てしまって良いのだろうか…などと思ってしまうので、どうしても全て本通りになります。

    どうしたら、普通の主婦みたいに目分量で作れますか?

    またどうしたら、料理が好きになれるのか知りたいです。

    目分量でチャーハンやパスタを作ると、辛すぎたり、薄すぎたりします…。

    ちなみにうちの母親もそんな感じでしたが、気にしている様子はありませんでした。

    まだ私の方が、本通りな分だけ、味付けの安定度はましな気がします。

    が…何というかセンスも全くないし、料理を楽しめない感じです。

    トピ内ID:2539653480

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 22 びっくり
    • 10 涙ぽろり
    • 150 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数86

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    味見しないの?

    しおりをつける
    黒猫
    レシピ通り作る時は味見しないなら、それが自分と家族の舌に合うのかどうかわからないじゃん。
    大方の場合うちには「レシピ通りは味が濃すぎ」なのでカンで間引きます。

    炒飯でもパスタソースでも、控えめに味付けして味見してみりゃいいじゃん。

    トピ内ID:3179532405

    ...本文を表示

    思い込みしか・・・

    しおりをつける
    🙂
    はなこ
    独身時代に料理をしなかったということは、もともと料理が好きじゃないのでしょうね。

    私の場合ですが、小学生のころからお菓子作りに興味を持ち、中高生の時には、家庭科の調理実習で作ったものを家で作りたくて、しょうがありませんでした。

    一人暮らしを経て今は家族と暮らしていますが、どうして学生の頃はあんなに作りたかったのに、今はこんなに苦痛でしかないのかと思っていしまいます。

    体力があって新しい料理を作れるようになりたいと思う時期は、料理をするのが楽しかったです。働いて疲れている親や兄弟がおいしいと言ってくれるのもうれしかったです。

    今、逆に楽しくないと感じるのは、疲れていて休みたい気持ちが優先しているし、1日2食や3食を絶対に作らなくてはならないという強制のような状態にあるからだと思っています。

    作りたいときに趣味程度に作ればいい時は楽しく感じても、体調が悪い時にも作らなければいけない状態になると、本当にうんざりしてしまうのです。

    もともと料理が好きじゃないと思っていたなら、それが素直な心境だと思います。

    だって好きじゃない男性を好きになるとか、野球が好きじゃないのに好きになる方法・・・そういう風に当てはめて考えてみても、無理に好きになればなろうとするほど、苦痛でしかなくなる気がします。

    私は40代半ばですが、味付けはほとんど味見せずに、入れた感覚や色などで分かります。
    「ごめん、味見するの忘れたけど大丈夫?」って聞く感じです。

    よほど疲れているときは、塩辛いものが食べたくて味が濃くなる時がありますが、ほとんど味見せずに作れます。

    感覚でやるので、たぶん、計量をして作っているから、感覚が養われていないのでは?
    でもレシピ通りにいつもつくる、これっていいことじゃないですかね?
    いつも計るのは悪いことじゃないと思います。
    めんどくさがりで私には無理なので。

    トピ内ID:1612999202

    ...本文を表示

    わかる!!!

    しおりをつける
    🙂
    ゆたぽん
    結婚3年目、1児の母です。
    ものすごくわかります!
    わたしも料理は苦手です。ものすごく不器用だし、特に煮物なんか、味付け難しいですよね~。なぜか煮込んだら味が変わるし、し染みてないしで。

    いつもレシピサイトの人気高いメニューのレシピ見ながら作ってますよ笑

    最近、やっとこさ子供の後追いが落ち着いて料理が少しマシになりました。それからちょっと楽しくなったかな?

    わたしの場合、煮物に関しては電気圧力鍋を買ってからちょっとマシになったかもです。とにかく楽ちんだし、しっかり火が通るし、味染みるし。
    あと、簡単なのは揚げ物です。油の温度にさえ気をつければどうにかなります。
    特に唐揚げ。濃い目のタレにしばらくつけて、2度揚げすればほれはもう美味しくできますよ笑
    夏は暑いですけどね。

    味付けはずーっとレシピ頼りです。だって間違いがないんですから!!

    トピ内ID:8581654961

    ...本文を表示

    嫌いなものを好きになる方法なんてないです

    しおりをつける
    🙂
    アリとキリギリス
    料理が嫌いなのになぜ三食毎日作らないとならない環境を自ら選ぶんでしょう?訳わかりません。

    私だったら働いて、料理作りは減らすけど。昼は各自で外食にする、朝と夕食は夫と交互に、無理なら夕食はハウスキーパーさんに頼むとか。

    もしかして働くのはもっと嫌なのかな。そういうお母さん見て子供はどう育つのかな。カッコよく働いてお金も稼いでいるママさんもいるけどね。

    トピ内ID:4545545873

    ...本文を表示

    具体的に…

    しおりをつける
    blank
    匿名
    『まし』な料理の傾向と『不得手』な料理の傾向を分けましょうね。

    煮物が苦手とかそういった具体的なものがあるのかどうかは重要だ。

    一番重要なのは塩味というものは最後に調整するぐらいで良いものだってこと。
    出汁などの旨味を優先することが出来ればあとは微調節でどうとでもなるんだ。

    下ごしらえとかで魚や肉に塩や胡椒を使うってあるだろ?
    臭い消しであれば、ニンニクとか生姜なども含まれることがあるだろう。

    でもそれらはさ、旨味を出すためでもあるので、
    とにかく旨味とか出汁って部分に意識を置きなさい。

    これが出来れば薄味でも不味くないものが出来るから。
    でね、塩味は極力控えて、旨味の次は風味付けが重要だ。
    肉料理でも胡椒とかニンニク・生姜などの風味がつけば塩味は減らせる。
    それこそ下ごしらえで旨味抽出のための塩だけでも十分となる。

    味を付けようという意識こそが間違いの根っこかもしれないよね。
    サラダならさ、かけるのではなくて食べる直前に“和える”んだよ。
    野菜をボウルに入れて少量のドレッシングでも良いからかけてさくっと
    混ぜてみなよ。

    純粋にね、サニーレタスとかサラダ菜とかを
    オリーブオイルで和えて、手にほんの少しの塩をふって更に和えてみなよ。
    それだけでも十分に美味しいから。

    オリーブオイルをごま油に変えれば中華風(韓国風)にもなるよ。

    とにかくさ、塩とかしょう油のような塩味が強いものに気を付けるんだよ。
    ほとんど塩を足さなくてよいように旨味とか他のものを重視しなよ。

    トピ内ID:6842541445

    ...本文を表示

    最初は、1品だけ頑張って、後はお惣菜を買う

    しおりをつける
    🐧
    絹子
    手抜きがうまくなると、苦でも無いと思いますが、いつも全力なんですね?

    理科の実験程度の感覚で、保存食なんかを組み合わせたり、早くできるようになるとしんどくないと思います。

    お子さんの好きなものとか、夫さんに気を遣いすぎてませんか?

    自分が食べたいもの優先タイプでもいいんですよ、バランスさえとれていれば。

    栄養士さんでは無いんだしね。

    トピ内ID:3374432301

    ...本文を表示

    料理も実験

    しおりをつける
    🙂
    ホイコーロー
    トピ主さん こんにちは。

    私は食べる事が大好きです。
    でも怠け者です。
    しかし料理はします。
    何故なら「自分の食べたいものを食べたい欲」が、
    「面倒臭がり」に買っているから。
    つまりは食い意地が張っているのです。

    トピ主さんは外食で食べられないものがあるという事ですので、
    きっと逆に好きな味の料理があると思われます。
    それをマネしてみたいな、
    家でも作ってみたいなと実験してみるのはどうでしょう。
    少しでも好きなものを作ってみて下さい。

    あとは、四角四面な性格という事ですが、
    トピ主さんは正確さを求める方だと思うので、
    美味しくできた時の分量をメモっておくのはどうでしょうか。

    料理も実験です。
    一つ一つ条件を変えてトライしてみて下さい。

    芸人さんのロバートの馬場さんがお料理上手ですが、
    彼のしている事を見たら、ちょっとした化学実験でした。
    料理もそう考えたら面白くありませんか?

    トピ内ID:3868446975

    ...本文を表示

    頑張って!

    しおりをつける
    🙂
    キッコロ
    わたしも結婚3年目で、あまり料理は得意ではありませんでした。

    トピ主さんと違ったのは、主人が味に敏感な人だったので、結婚当初ダメ出しが多く、泣いてしまうこともありましたが。笑 ある意味自分のやっていることを評価してくれる人が身近にいたので、自分の上達を感じやすかったかもしれません。上達していると感じられると、楽しくなってくると思います。

    わたしもまだまだ修行の身ですが、わたしが実践していることを書きます。

    料理の腕を上げるのは、練習が必要かと思います。例えばハンバーグを上手に作りれるようになりたいと思ったら、1ヶ月で上手になることを目指します。一週間に一回ハンバーグを作ると決め、一回目レシピを見て作る、二回目レシピをできるだけ見ないようにして作る、三回目レシピを見ないで目分量で作る、四回目レシピを三回目の反省を生かして作る、という感じで作っています。そうすると、だいたい作れるようになります。作れなかったら、次の月も週一ハンバーグです。1ヶ月に一つのレシピ作れるようになっていったら、少しずつ何も見ないで作れるメニューが増えていくと思います。

    また目分量を鍛えるのも、塩小さじ1だったら、塩を2周ふるとか、何か目安があるといいと思います。あとは、少し薄味にして足りなければ後で味見して足していきます。

    火加減などもできたら、最初はずーと鍋を眺めて時間ごとの泡の出方など、観察していたら、だんだん調度いいところがつかめてくると思います!火加減はとにかく観察です!

    あとは、トピ主さんの料理を評価してくれる人がいるといいですが、、、。ご主人にも、もっとこうした方がいいとある?と投げかけてみたら、何か言ってくれるかもしれません。ご主人が難しかったら、お友達とかに食べてもらえる機会を作るといいかもしれませんね!

    トピ内ID:7871516263

    ...本文を表示

    お返事ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    お返事ありがとうございます。

    味見はしないの?というご質問ですが、うまく説明できないのですが…

    例えばカボチャを煮るとして、うちにある本では調味料と水を鍋に入れて煮汁を作った上で、その中にカボチャを入れて、落し蓋をして煮るという工程なのですが…

    この煮汁の時点の味と、カボチャを足して煮た後の味って全然違うので、それがよく分からない感じです。

    またひじきの煮物なども、出来上がった時は、むしろ甘いのでは…と思うのですが、段々味が馴染んで、違う味になる…その味の変化までが読めなくて困っています。

    とりあえずレシピ通りにやっているので、大失敗はないですが、それでも日によって味が微妙に違うのが、私にとっては、ストレスになります。

    作っている時に、今日は上手くいくのかな…といまだに毎日ドキドキしています。

    レシピを見て、好みの味に調整するように、少し調味料を減らすというのは、出来るようになりました。

    炒飯やパスタは、味見をして、これでOKと思うのですが、必ず少し冷めてくると味が濃く感じます。

    それで薄味にすると、逆に薄すぎたり…
    どうにも上手く調整できません。

    また何度か味見をすると、何が美味しいのか、よく分からなくなってきます。

    味見の時点(一口目)で、美味しいと思う味付けは、食べ続けると濃いような気がする時もあります。

    結局、レシピに頼る…という事になるのですが、子供の相手をしながらなので、もっと普通の主婦の方みたいに、さっと目分量で素早く美味しく作れたらな…といつも思います。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >味付けはほとんど味見せずに、入れた感覚や色などで分かります

    これが、どうにもさっぱり分からなくて困っています。

    何も見ないと、ドバドバと入れすぎたり、入れなさすぎたり…してしまいます。

    塩コショウを少々も、感覚的に難しくて分からないので、少々は5振りぐらい…との情報を参考にしています。


    >『まし』な料理の傾向と『不得手』な料理の傾向を分けましょうね

    ましなのは、煮物で(←レシピ通り作れば、どうにかなっているような気がします)

    不得手は、炒め物です。
    恐らく、炒め過ぎている気がするのですが、難しいです。

    また、ロールキャベツがたまに爆発したり、ハンバーグも綺麗に成型しても、焼いたら“もっさり”とした形になったりしてしまいます。

    とにかく子供の頃から、不器用でめんどくさがり屋でした。
    (←自分だけの為だけなら、料理しようと思わず、カップラーメンで済ませるタイプです)

    また普段から、予定と違った事が起こると、すぐに頭の中がパニックになってしまいます。

    料理をすると、こんな自分を直視する事になり、それが辛く嫌になってしまう気がします。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    取り合えず

    しおりをつける
    🐱
    猫舌
    慣れるまで本を見ながら作った方がよいと思います。やっている内にご自分もご主人も納得する味(トピ主さんのご家庭の味)が確立されていきます。

    でもレシピ通りに作って塩気が足りなかったと思ったらレシピにメモしておき、次作る時は塩を多めにする等、調整が必要です。そうやっていくと段々、レシピを見て「あーこれは美味しそう。作ってみよう」とか思いますし「材料に〇〇とあるけれどXXにしてもいいだろうな」と判断できるようになります。

    同様に大失敗した時は冷静に原因とどうするべきだったのかを考え、再挑戦して下さい。<卵は熱を加えると固まる>や<ゼラチンの溶ける温度は60℃くらい>等、料理は味覚だけでなく科学的な知識も必要です。

    私は主婦歴16年です。和食、中華、タイ・ベトナム、欧州、アフリカ料理と多国籍料理を作っています。ドレッシングは毎回目分量で作っていますが、調味料の配分レシピなど作る前に覚書を確認しています。メニューは1週間単位におおよそを考えています。付け合わせは何にするとか、昨日と似たような味付けにならないように。面倒ではありますがあれこれ考える楽しい時間でもあります。それゆえ、色々な国の料理を作るまでに及んだのだと思います。
    もちろん出先で「美味しそうな食材を見つけたから」とメニュー変更もありますが、それはそれでOKです。数日先の大雑把なメニューを決めていれば気持ちに余裕も出来ますよ。

    いろいろ書きましたが、兎に角料理を作って美味しかったら自分のレシピとしてファイルする。そうでなかったら改善点を考え再チャレンジ、、その繰り返しの先に自分の家のレシピが出来ていきます。何事もチャレンジという気持ちで取り組むと、料理も楽しくなるのでは。

    ネットでもレシピのみならず料理に関するブログ等、沢山あります。作り方の動画を見たらわかりやすいですし。料理上手に損はなし。頑張ってみて下さい。

    トピ内ID:9226225565

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    後は、今まで誰にも分かってもらえなかったのですが、料理ってレシピ通りの分量・火加減・時間で作っても、いつも全く同じ味にはならなくて、それが精神的にソワソワして落ち着かなくなります。

    何というか、同じがいいのに~!!って心の中で、キィーってなる感じです。

    むしろ料理好きの友人は、それを工夫して、うまく作れるようになる工程が楽しいと言っていました。

    これは子供の頃からで、例えば7時に家を出ると言っていたのに、7時5分になると頭の中がパニックになるというか…柔軟性や臨機応変が苦手です。

    私の子供にもそんな傾向があり、ちょっと心配事です。

    何かのグレーゾーンで、だから料理が苦手なのかな?と思う事もありますが、子供の事で相談に行った精神科医の先生いわく、それは個性の範囲内との事でした。 

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    料理は「応用力」です

    しおりをつける
    🙂
    南華
    四角四面で融通性がないと、ご自分でおっしゃるうちは上達しないかも。

    ワタシも最初は並み以下でしたが、料理は応用力なんだという事に気がついてから面白くなった。

    つまりレシピは標準的な模範解答であり、それをなぞっているだけでは少しも面白くならない。単なるひと真似だから。

    工夫し、レシピを色々変えることで無限の変化が楽しめる。

    この楽しさが分かるようになると、料理が面白くなって腕も上達します。実際ワタシがそうでした。

    料理は応用力、まずこれを理解してあなたの独創を発揮してください。

    トピ内ID:9904897480

    ...本文を表示

    レシピ通りでいいよ!大丈夫

    しおりをつける
    blank
    葉子
    主婦歴25年の者です。
    10代から料理していますが、私も最初からレシピ通りに作ってます。

    煮物なんかは煮汁と出来上がった味は違いますよね。
    特に例にあげたかぼちゃは、かぼちゃにもともとの甘味があるし難しい。

    料理を好きになるコツは、やっぱり自分が美味しいと思うレシピに出会うこと。
    かぼちゃの煮物なんて、色んな配合、やり方があります。
    その中から「これは美味しい」と思うレシピに出会うと自分の定番になります。
    そして毎回同じレシピで作っていると、レシピを見ないでも出来るようになります。

    流石に25年主婦していると、目分量で味付けする事も出来るのですが、それはだんだんと配合バランスが理解してくるからです。

    料理初心者でもそれが出来てしまう人もいるかもしれませんが、そんな他人のことは気にしないで。
    自分が食べたいもの、作りたいもの、楽しんで欲しいと思います。

    トピ内ID:0852594277

    ...本文を表示

    結婚20年以上経ちますが…

    しおりをつける
    🙂
    バタしょっと
    トピ主さんと大して変わりません(笑)。
    私の母は料理上手でしたが、私にはその遺伝子は
    ゼロのようです。マズくて食べれない訳ではないが、
    特別美味しい訳でもない。至って普通です。

    今でも目分量は苦手ですし、レシピにもお世話に
    なっています。でも、食事作りは毎日の事ですから
    やっていれば慣れますよ。
    料理自体が好きになるかは別ですが。

    トピ主さんの生真面目な性格なのですね。
    人には得手不得手がありますし、今まで通り、
    料理はレシピ通りに、お惣菜なども活用して、
    程よく手抜きしてみては?。

    トピ主さん毎日頑張っていますよ!、心配無用です。

    トピ内ID:9196911321

    ...本文を表示

    「いつも80点の味を食卓に」と考える必要はありません

    しおりをつける
    blank
    傍流
    家庭料理を前提に話しますね。

    >料理ってレシピ通りの分量・火加減・時間で作っても、いつも全く同じ味にはならなくて、それが精神的にソワソワして落ち着かなくなります。

    これがそもそもの勘違い、原因です。
    料理は「全く同じ」にはできない、むしろ違うことを楽しむもの。そう考えた方が良いでしょう。
    料理人が家では家族の作った料理しか食べない、という話があります。(全員ではありません)その人の言うには「全く同じでないから良い」だそうです。料理人の多くは、誤差が少ない味、例えばいつも90点の味を出すことができます。が、食べる方はいつも90点だと飽きるのだとか。

    体調や年齢、季節や天気で合わないときがあります。料理としては90点なんだけど、食べる人にとってはその時々で採点が変わってしまいます。私は玉子焼きには基本的には砂糖を入れません。しかし、たまには入れることもあるし、市販のあるいは、外で食べるほの甘い玉子焼きも好きです。どちらかが40点で他方が85点なんてことではなく、どちらも「おいしい」のです。

    素人の投稿が多いレシピサイトで、同じ料理のレシピを比較すると分かりますが、調味料の配分が千差万別。倍以上違うことも良くあります。それらは間違っているのではなく、その投稿者の味なのです。だから、そういうサイトのレシピは参考にするに留め、最終的には自分の(家庭の)味に合わせましょう。それができないなら、投稿サイトのレシピは見ない方が良い。混乱するだけです。

    覚えていてほしいのは、「味は足せるけど、引けない」ということです。実際には引くことができないわけではありませんが、食卓に載ってしまえばまずできません。それから、キッチンで丁度良いと感じても、食卓では濃く感じます。
    「出された味を楽しめ」という一流料理店ならまだしも、家庭では食卓で味に変化を付けることができます。

    トピ内ID:3490272545

    ...本文を表示

    義務感が先に立つから、好きになれないだけでは?

    しおりをつける
    💡
    フ号
    トピ主さんは、味覚自体は敏感なほうで、料理の味付けに関する疑問点も、じつにいいところを突いているとおもいます。

    >この煮汁の時点の味と、カボチャを足して煮た後の味って全然違うので、
    >それがよく分からない感じです。

    調理過程の味から出来上がりの味が想像できるようになるところまで、あともうすこしといった印象です。
    でも、主婦として家族の食事を自分が作らねばならないという義務感のほうが先に立って、調理過程で味見をしながらじっくりと出来上がりの味を想像したり、出来上がった料理の味から調理過程でつかった調味料との関係を考察する余裕がないのではないかしら?

    >またひじきの煮物なども、出来上がった時は、むしろ甘いのでは…と思うのですが、
    >段々味が馴染んで、違う味になる…その味の変化までが読めなくて困っています。

    確かにそうなのです。
    料理は食べるときの温度によって味が変わります。
    甘味は温度が低くなるにつれて感じにくくなり(果物を冷やし過ぎてはいけないのはその為)、塩味はその逆で温度が低くなると強く感じます。

    >炒飯やパスタは、味見をして、これでOKと思うのですが、必ず少し冷めてくると味が濃く感じます。

    温度変化によっておこる味の変化を感じ取れているから、そういえるのです。

    >味見の時点(一口目)で、美味しいと思う味付けは、食べ続けると濃いような気がする時もあります。

    ひと口食べて美味しいと感じる味付けは、濃いのです。
    ひと口目から美味しい濃い味付けのものは、少量供して、ほかの料理とのメリハリをつけ、バランスを取るにはいいのだけれど、ある程度の量(炒飯一人前とかね)食べ続ければ、どうしても重く感じるものです。

    洗っただけの丸ごとの胡瓜を1本渡されたら、あなたは何をどのぐらい掛けたりつけたりして食べたいですか?
    料理の味付けなんて、煎じ詰めればそんなところですよ。

    トピ内ID:8035187462

    ...本文を表示

    食の変化を楽しむ

    しおりをつける
    🐶
    ビネガー
    食べることが好きな人は料理好きな人が多いです。

    私の知り合いは料理が好きで得意な人が多いですが、上手い人ほど目分量では作らず毎回きちんと測っているそうです。

    トピ主さんの頭の中で目分量で作る=料理好きとなっていませんか。

    トピ内ID:3060703485

    ...本文を表示

    うんとね

    しおりをつける
    🙂
    たんぽこ
    料理なんて良い塩で作れば間違いなく美味しく出来るよ。

    大丈夫よ。その代わり高いけどね。

    はっきり言って、どんなプロの料理人でも食卓塩で美味しい料理は出来ないと思っていいよ。

    なので、高い塩に替えてみて。
    ミネラルたっぷりの旨味成分があなたの料理を絶対助けてくれるから。

    頑張ってね。

    トピ内ID:4386880253

    ...本文を表示

    どんな味に仕上がるかな~

    しおりをつける
    🙂
    そら
    って結果を楽しみにしてみるとか?

    トピ主さんはこだわりや敏感な感性をお持ちなのだと思います
    予想外の変化に対応するのがあまり得意ではなさそう

    調味料の配分もプロの板前さんが言うには
    繊細な味の料理の時は醤油をたった一滴多く落としただけでも味が変わるとのこと

    それに穫れた産地やその年の天候、同じ場所でも収穫時期の違いによって
    同じ食材でも違いがありますよね
    私がよく感じるのは
    スーパーの焼き芋コーナーで
    去年はさつまいもの焼き芋は何度買っても水分少な目で干し芋に近い食感であまり美味しいと感じられませんでした
    でもその中でも日によっては「今日のはまだ甘味があって美味しいな」とか
    小さな差はありました

    今年のさつまいもは蜜が垂れてきているほどネットリで柔らかく甘みも強くて
    まるでスイーツのようでした
    でもたまに同じスーパーで買っても硬いのもありました

    そのように素材も違いがあるのだから
    味の染み込み方にも差があって当然でしょうし
    具そのものが持つ甘味、渋味なども違うのだろうなと。
    自然の恵みですから当然なんですけどね

    なので私は作るたびに
    今日の玉ねぎめっちゃ甘くておいしいねーとか
    やっぱり旬のおくらは違うねー!とか
    違いを楽しんでいます

    そして味付けも
    ちょっと濃かったなと思う日も結構ありますが
    全く同じ味にはできないのだから濃すぎたら少しお湯で薄めてもいいし
    味が足りなければ食べる時に塩をふったり醤油を垂らせばいいやと思うようにしています

    煮物ならメインはめんつゆにしても入れてもいいと思います
    濃縮タイプのめんつゆはすでにほどよく調合されているので万能ですヨ♪
    そこに甘口が好みなら砂糖だけ足したりとかね
    ロールキャベツやハンバーグのように技術が必要な部分はそのうち習得出来ると思います
    味付けは日によって違いがあるのが手作りの良さだと捉えてみてはいかがでしょうか

    トピ内ID:5667604673

    ...本文を表示

    家庭料理の醍醐味

    しおりをつける
    blank
    パタリロ
    家庭料理の醍醐味や魅力って、何だと思いますか?

    それは、毎回毎回、きっちりと同じ味に仕上がらない事なんですよ。

    勿論、明らかに不味いのは困りますが、少々前回と違っていても良いのです。

    同じカボチャの煮物でも、各家庭によって違いますし、先週作った物とも違って良いのです。

    そもそも、カボチャの煮物は、買ってきたカボチャによって大きく味が変わります。カボチャの持つ水分量であったり、糖度の違いによって、同じ煮汁で煮ても違って当たり前なのです。

    プロの方は、それらの野菜の持つ個性を踏まえた上で、同じ味の物を提供しようとなさいますが、家庭ではそんなの気にする必要無し。

    最初に作った煮汁の味を覚えておいて、煮上がるちょっと前にも味見をし、そこで「なんか違うな」と思えば、微調整をすれば良いのです。
    何時も何時も、最後に甘さを足さねばならない様なら、煮汁を作る時に少し甘めにするとか、それらで対処できます。

    最初に作った煮汁の味と、カボチャを煮た後の味の違いに気が付くトピ主様の舌ならば、『感覚で味付けをする』事も、トピ主様が考えておられるよりも、ずっと容易に可能になると思います。

    私が結婚前に通っていた料理教室は、和食の料理人をしていた方が教えておられる所で、味付けの調味料を計る事は一切有りませんでした。
    だいたいこれ位、という目安の様なレシピと手順やコツは教えてくれましたが
    「味は舌で覚えて帰れ」
    という主義でした。

    苦手意識の有る間は、なかなか好きになれないかもしれませんが、おおらかな気持ちで頑張って下さい。

    トピ内ID:5306412768

    ...本文を表示

    美味しいと思ったことがないのでしょうか

    しおりをつける
    🙂
    普段は節約家
    私は外食などで美味しいと思ったものを自分で再現するのが好きです。

    料理自体ではなく食べることが好きなので、その過程である料理をするということが苦になりません。

    なにか美味しいと思った料理はないのですか?

    それをまた食べたみたい、自分で再現したいと思ったことは?

    6年も料理をしてきて、そう思えないのは、食事が楽しくないのでしょうか。

    やはり、好きこそ物の上手なれなんでしょうね。

    トピ内ID:4124153598

    ...本文を表示

    チャレンジする

    しおりをつける
    🙂
    料理はセンス
    苦手だと言っていた炒め物ですが、炒めすぎだと思うのなら時間を減らしましょう。
    材料の切り方で、火が通る時間も違います。
    分厚さ、カットする方向で違うんです。
    炒める順番も重要です。

    塩コショウを少々といっても、メーカーによって味が違うので、1~2回でもいいし、2~3回でもいい、となってしまいます。
    味覚は人それぞれなので、最初は薄味で、徐々に濃くしていく。
    これは鉄則です。

    どんな料理でもそうですが、冷めていくときに味が染み込みます。
    ほんの少し薄いかな?くらいにしておけば、冷めていくときに味が染み込むのでちょうどよくなります。
    もちろん、時間が長いほど味が濃くなります。
    なので、いつ食べるのか?も大事です。

    それと、毎回同じ味になるとは限りません。
    野菜の甘味は毎回違いますからね。
    特にかぼちゃなど、甘い野菜はかなり差が出ます。
    全く同じ味になるわけがないんですよ。
    途中で味見して、調味料を足すなど調整するしかありません。

    どうすれば目分量で調味料が入れられるようになるか。
    例えば、砂糖やみりん、次に白だしや醤油や味噌や酢、最後に塩コショウ。
    この順番で入れるとしましょう。

    で、1つの調味料を入れたら味見する。
    また次の調味料を入れたら味見をする。
    こうやって徐々に味の変化を確認するんです。
    例えば、みりんを入れて味見をし、醤油を入れて味見をする。
    全体的に味が薄いなら、みりんも醤油も少しずつ増やす。
    ちょっとコクが足りないな、風味が足りないな、と思ったら白だしを少し入れる。
    どの調味料のときも、毎回必ず味見をするんです。
    慣れですよ。

    ポン酢を作ってごらんなさい。
    醤油と酢(またはレモン汁)とみりん。
    コクを出すなら白だしも。
    スプーンでちょっとずつ混ぜて、味見しながら作ってごらんなさい。
    更にラー油を足せば中華ドレッシングです。

    トピ内ID:2955729278

    ...本文を表示

    ズボラ

    しおりをつける
    🙂
    かく
    私は本当にズボラです
    料理なんて,適当でした。
    今回コロナになって,ミートソース,
    麻婆豆腐,今までわざわざ元を買っていたのを,やめて手作りしました。
    ほとんど毎日。
    外食ができなくなったからです。
    YouTubeレシピはいちいち文章を読まないので,作りやすいです。

    今では,お惣菜を一切買わなくなりました。先日家族でハンバーガーを買いましたが、冷めててまずかったので,
    翌日バンズ以外,手作りで作ったら,
    ものすごく褒められました

    自慢ではなく
    文章レシピって読んでて嫌になるので,
    動画はおすすめです

    トピ内ID:3581565330

    ...本文を表示

    何度も失敗した方がいいのに・・・

    しおりをつける
    🙂
    松いも子
    料理が上手な一般な人以上に、プロ(お金を頂戴して提供している)だって
    何度も何度も失敗して、試行錯誤を重ねてお客さんに出しているんです。

    だからレシピの分量をきっちり守っていれば、確かに大きな失敗は
    ないけれど、だけど美味しくはないのです。

    失敗なくして美味しいもの、今ままで以上のものは作れないです。

    その味はレシピを作った人の味覚だし、破綻のない味付けの範囲で
    表示されているに過ぎないわけで、人によっては「もう少し塩味が
    あった方がいい」だとか「酸味があればいいのに」・・・など
    実際に見て作って食べる人の好みまで反映されていません。

    それと途中途中の味見。
    これは大事ですよ。おそらくレシピ通りの分量を入れているから
    味見は不要と思ってやらないんだろうけど、それは結局のところ
    好みの味や目指す方向の味には近づけれられないわけで、
    「不味くもないが美味くもない」ものが出来上がるんです。

    書かれておられるように、柔軟性がないし(少々失敗しても)
    アレンジに挑戦してみるタイプじゃないっていうのが根本なのでしょう。

    でも、「今以上のものを作る」には、「今以下になるほどの失敗」も
    どんどん経験した方が良いです。自分の柔軟性の狭さ・四角四面の範囲を
    少しずつ広げればいいだけの話です。

    もう少し書くと、失敗を重ねて経験値を増やすと、それに対する
    リカバリー力も上がります。作る途中で味が濃くなれば、
    少し捨てて水を足せばいいだとか、あの材料を入れれば甘味が出て
    コクが出る・・・とかね。

    トピ内ID:9862549442

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >家庭料理の醍醐味や魅力って、何だと思いますか?それは、毎回毎回、きっちりと同じ味に仕上がらない事なんですよ

    そうなんですね!

    確かにうちの両親も同じ事を言っていたのですが、どうにも毎回同じ味にならないのが、ハラハラして精神的に辛くなってしまいます。

    作っている間、今日はどんな味になるのだろう…というストレスに耐えきれないというか…。

    夫はたぶんあまり味に拘りがない方で、何でも美味しく食べる人だと思います。

    だから、私だけが気にしているだけで、誰も気にしていないのですが、どうにもその同じにならない事が、ストレスになってしまうのです。

    なぜか分かりませんが、昔から変化が苦手で、同じルーティーンだと安心するので、変化を楽しむのが苦手なのかもしれません。


    >料理は「全く同じ」にはできない、むしろ違うことを楽しむもの。そう考えた方が良いでしょう

    結局、これが楽しめないので、料理が好きになれないのかもしれないです。

    ぜひ、これを楽しいと思えるようになりたいです!!

    誰にも文句も言われないし、気を使う人に振る舞う訳でもなく、本当に気にしているのは自分だけなのに、なぜこんなに気持ちが不安定になってしまうのか分からないのですが、ハラハラせずに料理を楽しめるようになりたいです。 

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    好きになりたいのかストレスをなくしたいのか

    しおりをつける
    🐤
    れなー
    トピ文からレスまで読んでいくと、料理が好きになりたいというよりも味が安定しないことで感じるストレスをなんとかしたいように思えます。
    ・料理が好きになりたい
    ・目分量で作れるようになりたい
    ・毎回同じ味になるようにしたい(なりたい)
    トピ主さんの希望はそれぞれ別物で一緒じゃないですよね?料理が好きになれば味が安定するわけではないし。トピ主さんが料理を楽しいと感じる状態を予想すると、とあるメニューを何回か作った際に、材料から料理になるまでの工程での見た目の変化から味までがまったく同じに繰り返された時ではないか?と。それって無理だと思います。例えば、素材も季節も温度(室温)もまったく一緒でないと成り立たない。
    トピ主さんは味や状態の変化に敏感のようですが『なぜ?』とは思わないのですか?原因が判っても割り切れない性格だとさらに厳しいかも。
    トピ主さんがストレスに感じることは私からみたらすべて『当然』です。塩分は温度が低いほど強く感じるし、甘いものは温度が高い方が強く感じるもの。ただ果糖は逆なので果物は冷えていた方が甘い。煮物等加熱調理するものは火を止めた後でも余熱で更に火が通る。料理全般は時間が経てばそれだけ味が浸透するので濃くなるのが大半。野菜も季節によって水分量等変わる。ハンバーグが崩れるのは練りが足りないからかもしれないし空気がきちんと抜けてないからかも。そもそも生肉を焼くから水分が抜けて縮むのは当たり前だし。まだまだあるのですが要は、料理って変動要素が多すぎるから一般家庭でレベルの高い安定性を求めるのは難しいと思うよ、ってことです。
    何より人間は体調によっても同じ味でも違うと感じるし、女性は体温変化も大きいからそれだけでも感じる味は変わってしまいます。
    なぜ?から原因を確かめて自分自身で納得できるようになればいいのかな?と思いました。

    トピ内ID:2130639699

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >トピ主さんの頭の中で目分量で作る=料理好きとなっていませんか

    これは、なっているかもしれません。

    私の中の料理好き(料理が得意)な人のイメージは、素早く目分量で、食材の持つ個性を踏まえた上で、毎回、全く同じ味の物を作れる人

    というイメージだったのですが、皆さんのご意見を読んで、ちょっと違うのかもしれないと思いました。

    どのようにしたら、変化を楽しめるようになるのか…。

    恐らく私は、変化なく、いつも全く同じ味に仕上がる事を求めているのですが(←自分の気持ちが不安定にならない為に…)

    それは料理が楽しいとか、好きとかとは違うのかもしれないなという事に気づきました。

    自分でも、なぜこんなに変化する事が苦手なのか分からないのですが、道順がいつもと違うと気持ちが落ち着かなかったり、時間が違うと混乱したり、部屋を模様替えすると、落ち着かなかったりする事と似ている気がします。

    料理はこれに直面し、さらに不器用な自分を見る事になるので、落ち込んでしまうのだと思います。

    でも毎日作る事なので、どうにか楽しめるようになりたいです。

    ちなみに掃除は大好きなのですが、一方向性に、一心不乱に出来て成果が出る所が楽しいのかもしれません。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    多分ですけど

    しおりをつける
    🙂
    りっとん
    既製品の味に慣れちゃったんですかね?
    当たり前なんですけど、既製品のすごいところは、いつも同じ味なところです。

    わたしも一人暮らしのときはカップラーメンとか、外食やコンビニ弁当中心の生活だったので、結婚して料理するようになって、トピ主さんと同じ状態に陥りましたよ。
    この間は美味しく作れたのに、今回は違う...なんで?みたいな。

    そしてわたしもダブルワーク、並行して調理することが苦手で、すぐパニックになって材料入れ忘れたり、味付けのタイミング忘れたり、とにかく散々でした。
    子供の後追いがひどいときなんかは特に。こっちは料理に集中したいのに~!と無駄に子供に怒ったり...。

    なので、余裕あるときは早めの時間から調理を始めて、まずは一品を集中して作ることから始めましたよ。
    時間ないときは出来合いのタレとか使ったり、生協のミールキットとか、スーパーのお惣菜で品数増やしたり。

    慣れてきたら事前に頭の中でシミュレーションして、キッチンのホワイトボードにだいたいの調理の過程を書いて、すぐ確認できるようにしてました。

    ・煮物の材料を切る→電気圧力鍋にタレと放り込む
    ・味噌汁のお湯沸かす
    ・その間に野菜炒め作る(人参、冷凍きのこ、もやし、キャベツ)
    ・味噌汁つくる(豆腐、ネギ)

    みたいな。

    あと、炒め物は弱火、中火に気をつければよいかと。
    事前にレンジで固めの野菜は少しチンしておくと、時短になるし、弱目の火力でも火が通りますよ。

    まだ新米なわたしが言うのもおこがましいですが、もう慣れしかないと思います!

    トピ内ID:8581654961

    ...本文を表示

    私は独身ですが、お料理が上手な方ではありません。

    しおりをつける
    🙂
    貴妃
    結婚相手の女性に男性が求める条件として、料理が上手なことを挙げる場合があるためか、婚活の場のプロフに料理が得意でないのに、料理が出来ると嘘をつく女性も存在しているんだとか。男性の中には、そんな嘘はついて欲しくないと思っている方もいらっしゃいます。
    確かに目分量でもお料理は出来ますが、これは多少なりとも回数をこなしていないと、美味しい状態にはならないですね。初めて作るなら、レシピを確認したほうがいいですよ。そして、繰り返すしかないと思います。市販の簡単に出来る調味料のものでも、あくまでも美味しく出来る材料の目安を書いてあるだけなので、調理例に書かれてない野菜を追加するなら、本来の材料とのバランスを見ないと野菜の水分で味が薄くなる場合もあります。
    最近は、CMなどでも簡単レシピを紹介しているので、メーカーのホームページでチェック出来るので、御家族の方が好きそうなものから挑戦してみては?美味しいと好評なら、再度作る可能性が出ますし、家庭での定番メニューに追加出来ますよね?
    そのほか、市販のレトルトをそのまま使うのではなく、アレンジをなさってみては?何分にも、今は新型コロナで家で過ごすことが増えて、三食をご家庭で作ることが定着してしまって大変だと思います。
    つい先日、テレビでインスタントラーメンをアレンジして美味しく食べる方法も紹介していたので、たまにはインスタントも取り入れてみては?お料理を好きになれなくても、生きるために食べるということは続きますよね?今は免疫力を高めることも必要になるので、如何にバランスよく食べるかも大切だと思いますよ。例え簡単なメニューでも、丁寧に作ってみられては?

    トピ内ID:4344537060

    ...本文を表示

    少し昔話をさせて下さい。

    しおりをつける
    blank
    パタリロ
    カボチャの話ばかりで申し訳ありませんが、我が家での話です。

    トピ主様には、考えられないような話でしょうが、私はカボチャの煮物にちょっとした思い出が有ります。

    これは、私の好みの問題なので、有り得ないと思う方も多いでしょうが、実は私自身、ちゃんと美しく煮上がった、綺麗なカボチャよりも、煮解ける程に煮た、グチャグチャのカボチャが大好きなのです。

    子供が小さい頃、離乳食にも丁度良いので、そんなカボチャを作っていました。

    ある日、実家の父が我が家で食事をした際、そのカボチャにダメ出しをされてしまいました。
    「おまえはカボチャの煮物すらまともに作れないのか? きちんと面取りをしてきれいに仕上げろ」と。

    それ以来、私が作るカボチャの煮物は、面取りをして飾り包丁の入った美しいものになりましたが、数年経ち、今度は娘から要望が。
    「ねえ、昔よく作ってくれたグチャグチャのカボチャはもう作らないの?」と。
    娘は、そちらの方がずっと好きだったそうです。

    そもそも、
    >恐らく私は、変化なく、いつも全く同じ味に仕上がる事を求めている
    ここが、そうである以上、進歩も無ければ、楽しくなる事も有り得ません。

    例えば、失敗をきっかけに、以前よりずっとおいしいものが出来たり、外食した際に食べた美味しいものの再現を試みたりするうちに、意外な組み合わせや美味しい我が家の料理に出くわしたりするものです。

    それらのきっかけを、入り口の手前で否定しているのですから、貴女にとってお料理は、『仕方なく熟さなくてはならない難行苦行』でしか無くなるのは、当然すぎる程、当たり前の事なのです。

    そもそも、貴女の目指す「>いつも全く同じ味」というのが、最高の味付けなのでしょうか?

    本に書いている通りに作って、最高に美味しいものなんて、今まで出会った事が有りません。

    トピ内ID:5306412768

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >なにか美味しいと思った料理はないのですか?それをまた食べたみたい、自分で再現したいと思ったことは?

    外食で美味しいと思った料理は、たくさんあります。

    また食べてみたいと思うと、単純にまたそのお店に通ってしまって…自分で再現したいという発想がありませんでした。

    正直、炒飯もパスタも目分量だと、辛かったり、薄かったりするレベルの私には、再現できる気がしないというのが本音です。

    が、これは言い訳というか、結局はめんどくさいだけなのかもしれません。
    (やってみようとすら、していないので…)

    外食を再現してみたいなんて、すごいです!!

    誰か料理を作ってくれたらな~といつも思うので、やはり好きじゃないのかもしれません。

    積極的な姿勢がないから、好きになれないのかな…という気がしてきました。

    1回ひどいぎっくり腰で、10日間連続コンビニかスーパーのお弁当という事があったのですが、その時はさすがに自分で作りたくなったし、しばらくは妙に自分の作るご飯が美味しく感じました。
    (←やはり市販品は、毎日食べていると、味が濃いので…)

    が、その時1回だけで、その後作りたいという気持ちには、どうにもならず…。

    好きではなく、毎日義務で作っている気がします。

    でも好きになれば楽しいだろうなと思うので、もう少し積極的な姿勢で取り組んでみたいです。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >トピ主さんは味や状態の変化に敏感のようですが『なぜ?』とは思わないのですか?

    今日は材料の切り方が少し大きかったのかも!とか、いつもよりカボチャの甘味が強かったのかも!とか、火加減が違ったのかも!と思って、直す時はあります。

    私の料理の本には、醤油少し減らすとか、火加減弱めに…とか、忘れないようにメモはしているのです。

    が…それでも同じにならないので、何でだろう…とストレスになっていました。

    またどんな料理も本やレシピサイトによって味が違うので、一応どのレシピが一番口に合うか、評判が良かったか…を参考にして選んではいるのですが……。

    何というか、その時々によって味が違ってしまうのが、出来上がってみないと分からないのが辛いのです。

    また、味見の自転車で、美味しいと思っても、ずっと食べていて味が濃く感じてきたら、せっかく作ったのに…失敗だった…とガッカリしてしまいます。

    >そもそも、貴女の目指す「いつも全く同じ味」というのが、最高の味付けなのでしょうか?

    最高ではないと思うのですが、同じになれば、料理を作っている時の精神の不安定感が減って、苦痛は少なくなり、楽しくなってくるのかなと思い込んでいました。

    今日はどうだろう…と思うのが、心臓に悪くて…。

    誰も何も言わないのに、なぜこんな気持ちになるのかよく分からないのですが、何か気持ちが不安定になるのです。

    服装もコーディネートが決まってしまえば安心するのですが、決めている間がすごくストレスになるので、その気持ちに似ているかもしれません(←分かってもらえるか、自信がないですが…)

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >1つの調味料を入れたら味見する。また次の調味料を入れたら味見をする。こうやって徐々に味の変化を確認するんです

    そうなんですね!レシピ通りに作っているので、最後しか味見をしていませんでした。

    私がもう少し醤油を足した方が良いな…と思ったら、後から辛くなったり、少し砂糖を減らしてみようと思ったら、味わいがなくなったりしたので、すっかり自信をなくしていました。

    でもまず、一つの調味料を入れたら味見します。
    今日からさっそく、やってみました。

    >今以上のものを作る」には、「今以下になるほどの失敗」もどんどん経験した方が良いです

    確かに独身時代、料理は全く作った事がなかったので、失敗を恐れて、初めからレシピ通りに作っていました。

    どんな味が出来上がるかな…と楽しみにできると良いのですが…

    なぜか、辛いのです。
    不安になるというか…。

    ちなみに子供の頃は、果物の味が違う事に癇癪を起こしていたそうなのですが、今はそんなものだ…と受け入れているので、そうなれば良いのかな…

    >好きになりたいのか、ストレスをなくしたいのか…は、ストレスがなくなれば、きっと好きになると思っていたのですが、違ったみたいです。

    どちらかというと、ストレスをなくしたい気持ちが強いです。

    毎日、ハラハラするので、気持ちが疲れてしまうのです。

    また料理中も子供に呼ばれているのに、自分に余裕がない為に「ちょっと待ってて~」を連発しているので、悪いなという罪悪感もあります。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    肩に力が入りすぎ

    しおりをつける
    🐤
    ICHICO
    味にうるさいご主人じゃなくてよかったですね。

    料理は実験です。化学です。

    あれこれやって失敗してもへこたれちゃダメ。
    それこそ「それなりの味には仕上がったけれど、もっと納得できる味にするにはどうしたらいい?」と言うのを考えながら次にチャレンジするんですよ。

    主婦歴30年を超えましたが、それでもレシピサイトをサーフしますよ。

    今日はお家焼肉をするにあたり、焼き肉のたれを自作。
    今までにも何度かやっていますが満足いく仕上がりにはなったことがありません。
    そこで「一番シンプルなたれレシピ」を参考にしたのね。
    でもね、調合しているときに使用した「大さじ」が実のところコーヒーの軽量さじだったことに気づきました。

    恐らくこの段階でトピ主様はパニックになるんだろうな。

    でもね、そこは笑い飛ばして「普通の大さじよりも大きいさじだった」のであれば、ほかの調味料を少し多めに入れりゃあいいんだよね。

    すり下ろしたニンニクやショウガなんて完全に目分量よ。

    大成功でした。
    恐らくそんじょそこいらの焼き肉屋のたれより旨い。

    あ・・・・トピ主様ってもしかして鼻があまり効かないタイプじゃないですか?

    美味しいものってもう匂いでわかりますよ。

    調味料の調合にしても、炒め物の味付けにしても、匂いで判断できるもんです。

    私は国内外様々なところに出向きましたが、どこで食事をとるかはガイドブック等参考にしたことがありません。
    匂いだけが頼り!
    ですから私が入る店は必ず美味しいです。
    夫からも「よくこんなおいしいお店見つけたね」と言われますが、匂いでたどり着いただけなんですよ(笑

    調味料はいきなりドバドバ入れないの。
    少しずつ加減しながら投入して「お、イイカンジの匂いになった」と言うところで止めればいい。

    失敗したっていいのよ。
    料理は実験です。

    トピ内ID:6451924680

    ...本文を表示

    毎回寸分違わぬ料理の再現は不可能だと思います

    しおりをつける
    🐷
    真ん中辺り
    日によって温度や湿度や体調が違う。
    素材の味や状態も、物理的に同じものは無い。
    だから余程慣れた人でなければ、ある程度の許容範囲を想定して
    料理しているのではないでしょうか。
    人によっては、栄養などのバランス重視や
    面倒な手間をかけないなど、拘らない方はいます。
    トピ主さんは、真面目な方のように感じますが、
    上記のような違いは容認できますか?
    まぁまぁ食べられるなら、楽しい食卓を囲むことができればいいや
    くらいに考えたらいかがでしょう?

    トピ内ID:7350957685

    ...本文を表示

    頑張っておられますね。

    しおりをつける
    🙂
    おばさん
    私も基本的に料理するのは好きじゃありません。

    その昔、人々は、食べたいときに 食べられなかったから、様々な手法を用いて 手間暇かけて 長期保存できるように食材を加工する努力をしてきたわけです。

    今は、いつでも 新鮮な食材を買ってきて食べられるのです。贅沢なもんです。だから、自然のままで食べて何が悪いんだって 思うんですよ。まあ、実は、料理が面倒にすぎないのですけど。

    そういえば、

    かぼちゃ、

    昔は、砂糖やしょうゆを入れて煮たりもしてました…かぼちゃってのは、含まれてる水分状態によって 味付けが変わりやすい、水っぽくなったり、ぱさぱさ(ほくほくとも言います。)になったりするのです。私もこれが嫌でしたね。そこで、味付けをやめました。かぼちゃは切り分けて ラップして 電子レンジでチン、あるいは、薄切りにして焼く。これで終わりです。食べるときに 軽く塩かけるか、マヨネーズをかけて食べます。子供向けには、缶詰のパイナップルの小片を混ぜたりもしてます。

    蒸すか、焼く、そうするとですね。野菜本来の甘みがでて 美味しいのです。

    魚も肉も基本、塩して焼くだけです。野菜サラダにドレッシング、食べる本人たちにかけてもらってます。

    主様は、とっても敏感な舌をお持ちのようですから、一度 お試しください。味付けはしないで、野菜を蒸すだけ、焼くだけで 美味しいのです。何も悩むことはないです。自然のままを味わうってのを楽しんでみてください。

    料理は一般に食材の1%の塩味が美味しいと言われていますが、主様のように敏感な舌の方だと0.8%くらいの塩味の方がおいしいと感じるかもしれません。小さいお子さんの食育にも 薄味の方がお勧めですよ。「おでん」なんかも 御出汁たっぷりの煮汁で柔らかく煮るだけです。味付けは、各自の好みで甘味噌をつけて食べてます。

    トピ内ID:8437672215

    ...本文を表示

    レシピ通りです。

    しおりをつける
    🙂
    三食は大変よね
    主婦歴20年です。未だにレシピの通りに作っています。料理の腕は普通です。定番メニューも必ずレシピを見て、調味料を計量して入れます。

    一杯飲みながら料理する事が多いので(キッチンドリンカー?)味が辛くならないように、レシピの通りです。

    計量カップやスプーンを取り出しやすい場所に置いて、計量しながら料理するのが、一番外れないです。

    料理アプリのプレミアム会員になり、見たいレシピをサクサク出すのもいいですよ。

    電気圧力鍋とフードプロセッサーも良いですよ。
    私は普通の圧力鍋ですが、電気圧力鍋なら、目が離せて煮物が出来ます。フードプロセッサーをつかえば、みじん切りがすぐ出来ます。餃子のキャベツも刻みまくりです。

    道具が取り出しにくいと、調理もやりにくいので、ゴチャゴチャ物を置かないで、シンプルな台所にしています。

    合理化出来るところは徹底的にしてみてはいかがですか?

    あと片付けが面倒だと感じると、ますます料理が億劫になるので、食洗機を導入されてなかったら、導入を検討されることをお勧めします。

    トピ内ID:7819976699

    ...本文を表示

    自分好みのレシピを見つける

    しおりをつける
    🙂
    なお
    日々のお料理作り、お疲れさまです。
    私も自己流(目分量)で、味付けをすると大して美味しいと感じません。なのでお料理作りは殆どレシピ通りです。厳密に言うと、レシピ+お好みでひと工夫して作ってます。ひと工夫とは、昆布の炒め煮レシピ+鷹の爪を投入するとか、卵スープレシピ+水溶き片栗粉とナルトを投入するとか、炒め物レシピ+オイスターソースを投入するなど…。基本はレシピ通りに調味料を計り入れ、仕上げには出汁のでる調味料やお砂糖や辛味調味料等を必要に応じて投入し、夫の好みの味になる様に調整して完成させています。
    今まで複数のお料理教室にも通い、様々なレシピをテレビ番組やネット上から収集しては試し作りして来ましたが、お料理サイト等で一番人気のレシピだからといって、必ずしも自分や家族の口に合うわけではないと言うのが感想です。
    お料理教室でも、其々お味の傾向が違うので、お料理本を取寄せて自分達の好みに合ったレシピを探すのも楽しみの一つです。毎日の事なので面倒ですが、家族から「美味しい」と、言われると頑張れます。
    正直、家族の味の好みと私の味の好みは異なります。しかし、美味しいと言って貰えないと私のヤル気が失せるので、基本は夫の口に合う様に味付けしています。なので、家族全員が美味しいと感じる手料理は少ないと思います。又、こまめに夫にお味の感想を聞きながら「次に作る時はアクセントに辛味を入れるね」とか「次は甘さを抑えるね」など、味付けについて会話しています。これはコミュニケーションにもなって良いですよ。
    これからも、お互いに家族と自分自身の為にお料理を頑張りましょう。皆さまお元気で。

    トピ内ID:1756907368

    ...本文を表示

    家庭料理は美味しくなくていい

    しおりをつける
    🙂
    いす
    家庭料理って、さほど美味しくなくていいと思います。毎度味が違っても、可もなく不可もなくでもいいんですよ。

    母や祖母に料理を作って貰っていた頃「簡単なものでいいよ。献立に悩まなくていいよ。冷蔵庫にあるもので適当に作ってくれるだけでありがたいよ。」という気持ちでした。
    適当にささっと食べたいのに手の込んだ料理を作って貰うのを待つ時間や、それを食べる時の何とも言えない気持ちってありますよね。有りがたいけど、喜びは大きくなくて申し訳ない気持ち。

    毎日3食の食事。お茶漬けや焼きそばで嬉しくなる日もあるでしょう。
    薬味のいれすぎを美味しく感じたり、濃すぎるのが美味しかったり、蒸し野菜で十分だったり..。
    食べる側って、案外そんなものではありませんか?旦那さんはどうでしょうか。

    >またどうしたら、料理が好きになれるのか知りたいです。

    楽しくなければ好きになれません。
    素敵なお皿に盛り付ける、自分好みの食材を使う、好きな料理研究家をみつける、調味料にこだわる、作りおきを楽しむ、メリハリをつける等々。

    私は好きな料理研究家がいて、何を作っても美味しいので、レシピどおりに作るのを楽しみにしています。

    ちなみに、私も料理に自信がなくて美味しくも不味くもないレベルです。
    でも自分1人で食べるために適当に作った野菜炒めや焼きうどんは美味しく感じます。
    他人のために作るという意識が、味見をしても何が足りないのか分からなくなる原因だったり、食べても厳しく評価してしまって美味しく感じない原因のようです。

    凝った料理や沢山の品数を作らないといけないような気持ちが強いんですけど、
    料理を頑張ることよりも、家族が3食を気楽に楽しく食べられることを意識してやっています。

    トピ内ID:7406799179

    ...本文を表示

    レシピ通りでもいい

    しおりをつける
    🙂
    ゆこゆこ
    なんかレシピを見て作るのはダメみたいな感じですが、そうでは無いと思います。
    確かにその時ある物を使ってチャチャっと作れる人は尊敬します。でもそこに拘らなくてもいいのではないでしょうか。
    私はもう結婚して20年以上経ちますが、結婚前はほとんど料理はしませんでした。嫌いなわけではなく、母がザ・主婦というタイプだったので出番があまり無かったのです。
    結婚する時に母が勧めてくれたのが、ある基本的な和食の料理本です。料理本はたくさんありますが、好みの味じゃない物もあります。それは味がいいとの事でした。もうボロボロですが今も持ってます
    とにかくレシピを見ながら色々作りました。
    今はすぐ検索出来るので便利ですが、当時はテレビの料理番組や新聞に載ってるレシピなど色々参考にしました。
    作ってみて美味しかったらレシピを保存しました。慣れてくると、既存のレシピを口に合う様に調整出来る様になりました。
    その結果いつも安定して美味しい料理が作れます。レシピ通りですから。
    レシピがどんどん増えるので整理が大変でしたが…
    うちの姑はレシピはあまり見ないで目分量で作ります。美味しい時もありますが、味が不安定です。試行錯誤して色々足した結果、凄い濃い味になったりします。
    安定した味で作れて、家族から不満も無いならそんなに気にしなくてもいいと思いますよ。
    気にし過ぎているから料理が楽しくないみたいですし。

    トピ内ID:7612273639

    ...本文を表示

    おすすめの本

    しおりをつける
    🙂
    わい
    有元葉子さんの「レシピを見ないで作れるようになりましょう。」という本をおすすめします。
    こういう食材はこうするとこうなる、ということが書いてあるので、理屈としてわかりやすく、応用もききやすいように思います。
    とはいえ今はスマホですぐにたくさんのレシピを検索できる時代。どうしても見てしまいますね。
    私は、同じ料理でいくつかのレシピを見るようにしています。守らなくてはならないところと、ある程度適当でいいところがわかるからです。
    子育てしながらのお料理は大変だと思いますが、あまり思いつめず、できる範囲で頑張ってくださいね。

    トピ内ID:0727878549

    ...本文を表示

    ロジカル

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    塩分は0.6パーセント
    が美味しくするコツ
    という料理方法があります

    総重量の0.6パーセントの塩をいれる

    最近は味噌や醤油にも塩分料が記載もありますので
    計算すればいいし
    ざっくり全体の重量の4パーセント位でいいでしょう

    そうすると確実に味が決まる

    合わせて
    火を通しすぎない

    これはプロの料理人でもむずかしいので
    いっそのこと
    家電を使って最適な調理を自動でする
    一応、家電なしでも同じように調理は出きます

    プロとか、料理が上手な人は、
    感と経験でおおよそをきめるのでしょう

    料理って美味しく作るのは難しいのだそうです

    私は、あまり砂糖は使わないですが
    それでも十分に美味しかったりします

    昔と違って、品種改良がすすんで
    そのまま食べて美味しい野菜がふえましたから
    (子供の頃、トマトに砂糖かけてたべてました)

    トピ内ID:0312130824

    ...本文を表示

    レシピ

    しおりをつける
    🐱
    ぷ~にゃんパン
    レシピ見たって、レシピ通りでも全然いいと思うよ。

    ただレシピ通りに作れるか?だもん。

    レシピサイトや、ネットのニュースでたまにレシピが上がったりするのでチェックして、作ってみたり。
    スーパーのレシピカードを眺めて、これ!と言うのを貰ってきたり・・・。

    テレビを見て作ってみたい!と思ったら、テレビ局のサイトを見て番組のホームページを出してレシピを探したり。

    意外とテレビで料理のコツをやっていたりするからね。

    唐揚げは、温度が低い状態から入れて、揚げると中がふっくら外がカリっと揚がるとか。

    唐揚げの衣は、片栗粉に大匙1杯ぐらいの水を入れて、軽く振るとだまが出来て、それに鶏肉をつけて揚げると、それがカリカリとした食感になるとか。
    いろいろ美味しくなるコツがやってますからね。

    ぼーとテレビ見るのもいいもんですよ。

    ハンバーグもやっていたけど、聞いていたつもりが何かやっていたのか聞きそびれた。肉汁閉じ込めるコツやっていたと思ったけど・・・。

    ネットでも料理系をやっている動画などいっぱいありますよ。

    全然使ってもいいと思う。

    私は今、料理人が教える麻婆豆腐の作り方を見たあとスーパーに行きました。・・・全部材料を買うと。。。高い!と思って戸惑ってますが
    でも納豆を使うという衝撃に、それなら家にあると思って作ろうかなとか思ったりしてました。

    計量スプーンと計量カップは必需品よ。しっかり測って味、再現かな。

    でもこの計量スプーンは年取り病になった時には本当に必需品になりますから。塩分制限など制限が出た時には、測りながら料理を作る必要ありますからね。慣れておくといいですよ。

    トピ内ID:5532461963

    ...本文を表示

    度々失礼いたします。生きるために必要なこと

    しおりをつける
    🙂
    貴妃
    だからこそ、悩みも尽きないのですよね。他の御意見にもあるように、御主人やお子さんからダメ出しや文句が出てないだけ、精神的には軽減されていると思います。私も得意でない分、両親と実家暮らしですし、その両親は七十代ですから、食事内容は小さい子供や小学生の子供と若い世代の両親と同じというわけにはいかないので、別の意味で気を遣うんですよ。油っこいものは良くないのと、カレーやパスタもたくさん食べるわけではないので、最近は2・5人分を3人で分けて充分ですし、両親だけなら一人分を二つに分けても充分な場合もあります。野菜を摂ることを中心にしますので、お味噌汁には野菜を3種類と油揚げか豆腐を入れます。
    早くつくりたいなら、お出汁は昆布や煮干し、鰹節を丁寧に煮るやり方ではなく、粉末のだしの素を利用します。焼き魚をメインにする時は、魚を焼くオーブンに余熱を先に入れてから焼いたり、フライパンで蒸し焼きにするのもいいですよ。特に仕事で疲れていると感じている時は、休日でも時短を考えてしまうので、新たなメニューへの挑戦が遠のくのですが、時間を短縮して美味しく、早く食べるやり方というのも必要だと思います。パスタの乾麺も、最近は3分でゆで上がるものや、通常のロングパスタよりも半分くらいの長さで小さい鍋で茹でられるものもあるので、便利ですよ。レストランや料亭などは、お客様がおいしいと喜んで下さるための努力を日々なさっているからこそ、おいしいですし、長年の信用があるんです。一般の私たちには、そこまでは難しいかもしれませんが、同じメニューを繰り返し作って、美味しくするための努力は出来るはずですから、まずは少しずつですし、お味噌汁なら日本人のソウルフードでもありますし、最近はガン予防のメニューのひとつですから、毎日作っても大丈夫ですよ。

    トピ内ID:4344537060

    ...本文を表示

    味見をこまめにするのはNGですよ

    しおりをつける
    blank
    葉子
    「料理が下手な人はレシピ通りにしない」って料理の先生が言ってました。
    私もその通りだと思います。
    そして
    「味見は何度としないこと。何度もすると舌が鈍感になって余計に分からなくなるので、味見は二回まで。」
    これも全くその通りです。

    基本的には味見は最後に。
    足りない分を足してもう一度味見、で終わりです。

    トピ主さんは絶対にレシピ通りに作るべきです。
    素人レシピではなく必ずプロレシピで。
    有名な料理研究家さん、
    例えば有元葉子さんや栗原はるみさん、土井善晴さんなど
    それでまずは基本的な料理を繰り返し作ってみて下さい。
    初心者は応用しないこと!鉄則です。
    たとえ既存のレシピ通りにしても、必ず味は毎回変わります。料理というのはそのぐらい奥深い。

    私は洋裁の講師をしているのですが、基本も出来てないのに最初からアレンジする人はダメです。
    もちろんテキストも見ないでやる人はもっとダメ(さすがにそんな人はいないけど)

    どんなことでも基礎をやらずにいきなりオリジナルや応用しませんよね。

    なぜか料理だけはそういう人がいるのでびっくりします。

    洋裁でも素人さんが質問サイトでノウハウを答えていて間違ってる事が多々あるので、料理に関しても同じなんでしょうね。

    料理指導するプロが「レシピ通りに!」と言ってますから、信じて下さいね。

    トピ内ID:0852594277

    ...本文を表示

    すごいわかります

    しおりをつける
    🙂
    ゆいまま
    すごいわかります。
    毎回同じ味になってると安心するんですよね?でもその方法を自信で模索するのは苦手で結果レシピに頼るけどなんか納得いかない、楽しくない。私もそうです。

    料理に限らずそうではありませんか?
    時間にルーズにしてしまったのは自分自身なのに、決めていた時間に間に合わないと苛立ったり落ち込んだりすることありませんか?
    生きにくいですよね。私は、私も娘もそうです。私自身10代の頃精神科いったりいろいろしましたが、性格らしいです。それ故に鬱とかになれば診察できるけどそうじゃなきゃ付き合ってくしかないといわれました。なので性格だと思って付き合ってくしかありません。
    話がそれてすみません。
    料理に関してですが、私料理暦20年近いですが、
    法則がわかってくると、レシピも役に立たなくなってきます。
    例えば、しょう油プラスみりん1:1で、あとはだしと水さえ量を変えれば、濃くすれば煮物ができるし、薄くすればうどんのかけつゆができ、水なしで少し酒足して生姜足せば生姜焼きのたれができます。要は、市販の麺つゆ的な感覚ですね。
    ただこれが、料理好きの人はパパって思いつくみたいですが、私はそれが初めのころできず、加熱前の味見なんてできないんだしそもそも何入ってるとか想像もできませんでした。そこで当時の友人が教えてくれたのが、レトルト食品や冷凍食品、コンビニ弁当などのラベルを見ること。
    例えば冷凍の唐揚げ、ラベルを見ると、醤油、酒、にんにく、生姜、片栗粉…と書いてあります。それから、ラベルを見ることを心がけ、あーこれは醤油使ってるんだ、ニンニク入ってるんだとか法則を覚えるようになり、だいぶレシピどおりでなくても作れるようになってきました。
    あくまで私のやってきた対策ですが、よかったら参考にしてください。
    お互い頑張りましょうね。

    トピ内ID:7503240203

    ...本文を表示

    ヨコですが、私も同じ、びっくりしました!

    しおりをつける
    🐷
    ぷえる子
    基本的にトピ主さんとほぼ同じ「特徴」をもつ私です。
    パートナーはいますが、子供はいません。

    料理は今はしません。
    昔、ちょっと上達したかなと思った時期がありましたが、
    仕事は、封筒の宛名貼り等の仕事しか選べませんでした。
    昼間は夕食の計画を考えることで頭がいっぱいだからです。
    予算内で毎日違う献立を作ることに神経を集中していました。

    自分は美味しいか美味しくないか、なんてわかりません。レシピどおり。

    でも、レシピを見てもわからない
    焼き加減とか、盛り付けとか、何回やってもコツがわかりません。

    パートナーが気を使って「美味しくできたね」「盛り付けが上手くいったね」などと励ましてくれないと、他には何も嬉しいことなんてないのです。
    頑張れたのは、2-3年です。トピ主さんはすごいです。

    今は、パートナーに全部やってもらっています。
    私は諦めて、年収を上げる方へ力を注いでいます。

    トピ主さんは、料理を任されているのですから、
    上手くできてもできなくても、威張っていいのです。


    好きな料理研究家さんはいませんか?
    私は土井善晴先生が好きでテレビを視ながら、
    ちょっとやってみたいな~と思って
    たま~にホントにやったりします。

    昔の金子信夫さんの番組を思い出して、
    面白かったな、あんなふうに作りたいな
    なんて思って、お酒を片手に台所に立ったりします。

    それは、人に食べさせるためじゃないから、
    無責任で楽しいですよ。

    トピ内ID:8892066355

    ...本文を表示

    二の矢を準備する

    しおりをつける
    🐴
    けろ
    私も主婦10年ほどですが、自分の味覚やセンスに自信がなく、毎回レシピどおりに作っています。
    家族がいなければ100%外食ですし、料理も決して好きではありません。
    お店の味を再現なんて、考えたこともありません(笑)

    作りながら不安になる気持ちも、予定通りに物事が運ばないとストレスを感じる気持ちもわかります。

    私の不安感は、失敗したら食べるものがなくなる、という心配にあるかなと思います。
    トピ主さんのそれと同じかわからないので、解決になるかもわかりませんが、失敗しても大丈夫なようにいつでも食べられるものを準備するのは、いかがでしょうか?

    昨年の水害や今回の新型コロナの影響で、それまでほとんど使っていなかったレトルトカレーやパスタソース、冷凍食品を購入しました。
    今のものって、すごく美味しいんですね。本当に驚きました。

    それ以来、失敗しても仕方が無い!買い置きのものでいつでも代用できる!と言い聞かせながら作っています(笑)
    メニューが入れ替わると、そのほかのおかずとのバランスも崩れて予定変更になってしまいますが…。
    たまにはカレーのみ、パスタのみになっても大丈夫大丈夫って言い聞かせています。

    作るたびに味や焼き加減が変わっても、それも仕方が無い!
    私たちはプロじゃないし、たまたまその日の食材との相性が悪かったのでしょう。

    難しいと思いますが、できるだけ気を楽にしてくださいね。
    トピ主さんの気持ちがわかるひと、結構いると思いますよ。

    トピ内ID:4653143242

    ...本文を表示

    何で好きなのか

    しおりをつける
    空飛ぶクジラ
    具体的な理由をあげる事が難しいです。
    食材の買い出しを含めて、料理作るのが大好きで楽しくて仕方ないです。
    どうしてか?
    楽しいから好きなんです。
    もともと絵を描いたり、詩や小説を書いたり、何かを作るという事が子供の頃から好きでした。
    料理を習う大学に行きましたが、実はその頃はあまり料理が好きではありませんでした。
    どうやら人からああしなさい、こうしなさいと言われる事が苦手のようです。
    卒業後、自分で好き勝手に作り始めてから、楽しくて大好きになりました。
    レシピは見ても、その通りにきっちり分量を計る事はなく、全て目分量の大雑把ですが。
    美味しいものを食べるのも大好きで、その美味しいものを自分で作れたらもう最高に幸せなんです。
    今では料理は至福の時間、最高の楽しみ、生き甲斐にまでなっています。
    仕事が休みの日、買い物に行って、キッチンでテレビを見ながらゆっくりと料理をしている時間は本当に楽しいです。
    そして、作った料理を家族が美味しい、と言って食べてくれるともっと幸せです。
    レシピを何も見ずに作る事が多いですが、失敗する事だってあります。
    次作った時に美味しくできればいいんです。
    料理は慣れもあると思いますが、イヤだな、苦手だな、何でしなくちゃならないんだろう、と思いながらやっていては上手になれないのでは?
    嫌いな事を好きになるのは難しいでしょう。
    無理して好きになろうとしたり、楽しもうとしていてはかえって辛いのではないでしょうか?
    幸い旦那さんは美味しくない、といった事は言わないタイプの人のようですから、自炊と外食をバランスよくして、負担を軽減してみてはいかがでしょう?

    トピ内ID:9751741096

    ...本文を表示

    目分量はあきらめて、いい調理家電を買おう

    しおりをつける
    🙂
    ほっとく系
    私も同じです。
    私達みたいな不器用人間は、目分量とか、そういうのは諦めた方がいいです。

    材料を放り込むだけで調理してくれる鍋、材料を並べるだけで調理してくれるオーブンレンジを奮発して買って、調味料については電卓できっちり計量するようにすると、まあまあ、程度にはなります。焼きそばもパスタもカレーも肉・魚料理、煮物、すべて調理家電に任せます。料理が好きになりました。これを料理と呼べるかは別として。
    もう持っていらしたら、ヨコですね。すみません。

    兼業主婦歴15年のうち、はじめの10年マズイ料理を作り続け、あとの5年は上記のごとく。料理の腕もしかして上がったのかな?と錯覚し、たまーに、調理家電に頼らず、塩分計算もせず、自力や、目分量で調味したりしますと、以前のようなマズイ料理が出来上がります。

    センスを磨く方法でなくて、すみません。
    お気持ちはよくわかります。

    トピ内ID:1588462096

    ...本文を表示

    うちは当たりハズレが多い

    しおりをつける
    blank
    ごはん作んのヤダ
    主婦を30年やっていても目分量の域には達していません。それなのに計量しません。だからウチのごはんは博打に近いです。

    勝率を上げるために日々台所に(嫌々)立っているだけです。料理が好きになりたいです。

    トピ内ID:9758425285

    ...本文を表示

    主様のお気持ち、よくわかります。

    しおりをつける
    🙂
    もももん
    私の場合「煮物用たれ」や「麺類の汁用たれ」をあらかじめ作っておきます。
    しょうゆ、みりん、酒をあわせて、一度煮たてた、オリジナルです。

    しょうゆやみりん、酒などをバラバラに入れることがないので、味が一定になりやすいです。

    直接しょうゆを足すと、入れすぎることが多いですが、あらかじめみりんや酒で割ってありますので、やわらかく塩分を足すことになるので、失敗しずらいです。

    煮物や麺類の汁用の「だし」に大さじや小さじを使って好みの味になるまで、足し入れるだけです。

    ちょっと少ないなと思うぐらいから初めて、煮終わる「直前」(水分がある時)に味見して、足りなかったら少しずつ足します。
    味の想像がつかない時は、途中で味見をしない方がいい場合がありますよ。

    味見は、味見用の皿に入れてからしていますか?
    あたたかい食べ物は、あたたかい時に味見していますか?
    熱々で味見をすると、味を感じない時がありますよ。


    冷たい食べ物の時は、あたたかかった時より、塩味を感じやすくなるので、ちょっと足りないと思うところでやめます。
    冷やしてから味見して、足りなければ足します。

    レシピ本に、どのように味を調整したか、時間はどのぐらいかかったか、自分なりの書き込みをしておくと、便利ですよ。

    私は、主婦歴20年以上ですが、いまだにレシピ本は見るし、計量スプーン、計量カップは、毎日、毎回使いますよ。
    目分量なんて、恐ろしくてできません。

    おいしいものを食べたいという一心と、おいしものを食べさせたいという一心さえあれば、楽しくなると思いますよ。
    私の食いしん坊は、ある種の才能だと思います。

    トピ内ID:1878230861

    ...本文を表示

    義務で作っている間は、上達しなかった気がします。

    しおりをつける
    これでも主婦歴20年
    >好きではなく、毎日義務で作っている気がします。

    >でも好きになれば楽しいだろうなと思うので、もう少し積極的な姿勢で取り組んでみたいです。

    私の場合は、ココでした。

    料理が辛かった時、どうせなら、出来た主婦のフリをしてみようと、食べてくれる人のことを考えながら、お弁当や料理を作りました。

    味見をして調整してみたくなりますし、料理も工夫してみようと思いますよ。(と言っても、手抜きのものをチャッチャッと作るだけですが。)

    結局、数をこなして慣れるしかありませんでしたが、今でも、ネットなどでレシピを調べたりしたりします。

    新婚当時は、料理本から始まりましたが、主婦歴二十年の間、料理を作るのに料理サイトなどに随分と助けられました。
    時代がちがったら、もっと苦労しただろうな・・・。

    大層な品数は作らず、いつも手抜きですが、短時間で作るコツも覚えたので、今ではそんなにストレスではありません。

    最初は、「フリ」でいいので、是非とも、前向きに取り組んでみては。
    料理好きな奥さんを演じてみては、どうでしょう。
    少しは、料理を作る間、楽しくなりますよ。

    味見は、一度はするほうがいいと思います。

    そのうち、「これこれ!この味!」と思える時がきますよ。

    トピ内ID:2874066472

    ...本文を表示

    味付けで・・

    しおりをつける
    🙂
    神田川
    味見をして追加したら後で濃く(辛く)なった・・・というのも、
    それは「加熱調理」だとありがちなことです。

    煮込み料理で「薄いかなぁ・・」と思って醤油を足す。
    出来上がったら濃く(辛く)なっていた。
    そりゃ加熱してますから水が蒸発した分、味は濃くなりますね。

    そういうのを恐れてはいけないのです。
    煮込み料理で、途中で味見をして「やや薄い」となれば
    さらに加熱したら「ちょうど良い加減」になるものですから、
    それを学んでいけばいいだけのことですよ。

    で、味付けの「最高」ってないと思いますよ。
    味覚なんてそもそも完璧じゃないし、もし風邪気味だったら
    何を味見しても「薄味」になります。

    それと味見は1回したら必ず水で口をゆすいでください。
    前回の味覚が残っていれば、ほぼ「薄く」感じてしまい
    さらに調味料追加になってしまいます。

    というか、味見ってそう何度もしない方が良いのです。

    パニックになると書かれてありますけど、パニックはどんどん
    してください。とにかく失敗も成功も「引出し」に入れていくことです。

    家族の皆さんには申し訳ないですが可能な限り同じおかずを食べて
    もらうことにはなりますが、失敗と成功を繰り返すことで
    自分なりに「平均値」が分かるようになります。
    それが「安定した家庭料理」なんですね。

    どんな人でも最初から成功ばかりなんてありませんし、
    失敗と成功の振れ幅が大きいほど平均に持っていきやすい、、と
    私は思いますね。「あともう少し醤油が・・」とか「あと少し甘味が・・」
    っていうのは、正直なところそこまで追い求める必要はないです。

    各自が取って味が足りないと思えば醤油なり塩なりタレなりを
    追加すれば良いのです。そう、濃く(辛く)さえ仕上げなければ
    後は何とかなりますから。

    トピ内ID:9862549442

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    いくら調味料をレシピ本通りにコンマ単位まで計量しようが、食材をミリ単位で揃えようが、家庭の台所では「いつも同じ」にはなりませんよ。
    厨房や工場は気温や湿度も調整されているし、調理法も研究の末の均一化がされています。

    調味料にも食材にも個性があります。
    調味料なら開封後はきちんと保存していても少しずつ酸化や劣化が進み、味も変わってきます。
    食材は保存法方や産地、季節によって味も固さも柔らかさも微妙に違ってきます。
    飲食店などは業務用のキロ単位のものを1日から数日で消費しますので問題ないでしょうが、トピ主さんの家ではどのような量の調味料や食材を買い込んでいるのでしょう?
    g、mlあたりの値段に惑わされて、中々使いきれないのに醤油とかみりんとか大容量ボトルで買っていませんか?
    一玉のほうがお得だからってキャベツやカボチャ、使いきるレシピを考えずに買っていたりはしませんか?
    そのあたりも、トピ主さんの怖がる「変化」につながります。

    四角四面の人にいきなり丸くなりなさいというのは難しいでしょうけれど、「このくらいなら大丈夫」という味付けや仕上がりに妥協出きる範囲を設けて、やってみてはいかがですか?

    いつか肩の力を抜いて楽しく料理できるといいですね。

    トピ内ID:7339059069

    ...本文を表示

    料理好きです。

    しおりをつける
    🎶
    ハーブ
    トピ主さんのレスをざっと読みました。

    自分の場合、独身なので誰かに作る義務がありません。
    だけど、料理が好きで色々作っています。
    料理好きになった要因ですが、おそらくですが、
    好きなものを食べたいからなんです。
    うちは母が料理があまり好きではなく、
    大したものを食べてなくて、家を出てから、
    外食したり(たまにですが)、自分で食べたいものを作るようになりました。

    トピ主さんも、自分が何を食べたいか、もしくはどのような食生活をしたいか、とかどのようなライフスタイルを送りたいか、など考えてみて
    料理を楽しめばいいのでは。

    私も未だに毎回レシピサイトみて、目分量では作りません。
    美味しく出来たな、と思っても、また同じ味は出せないし、
    それでいいと思います。無限大です。

    簡単な生活スタイルに関する本を読んで真似したり。
    作った料理をどんな食器に入れたいか、考えて食器を揃えたり。
    私は今、美しく痩せることを目標に本で勉強して、
    身体に良い食材を買って、ダイエット料理を作っています。

    めんどくさい時はカップ麺食べたり、レトルト使ったりしますし。

    楽しんで!

    トピ内ID:1090903173

    ...本文を表示

    二度目です

    しおりをつける
    🙂
    料理はセンス
    調味料を入れるごとに味見を・・・と書いたのですが、なぜそれをするのかというと、あなたの場合、何をどれだけ足したり減らしたりしたらいいかわかっていないのだろうと思ったからです。

    慣れてくれば、最後に味見をするだけで美味しいと思える味付けになると思います。
    簡単なチャーハンなどでも、味が決まらないのは、この量の材料に対して、どれだけの調味料を入れたらいいのか、が感覚でわかっていないからだと思います。

    私の父は板前で、母は病院の栄養士でした。
    子供の頃から、いつも料理の手伝いをしていたのですが、私はもっぱら味見係でした。
    いつも親が料理しているとき、途中で味見をさせてもらって、薄い?濃い?などと聞かれ、醤油が足りないと思うとか、みりんが足りないと思うなど、クイズのような形で調味料を足していくのがお手伝いでした。
    そうやって、目分量を覚えたんですよ。
    仕上げにこれを入れると味がひきしまるとか、隠し味にこれを入れてあるからこういう味になるんだとか、そういうことを教えてもらっていました。
    盛り付けもこうすると美味しそうに見えるなどなど。

    よく味見は何度もしてはいけないといいますが、そんなことはないですよ。
    煮物などは、どんどん味が変わっていくので、その変化もわかります。
    具材から出る甘味やコクが調味料とあわさってどう変わっていくのか。
    それも味見するからわかることです。
    似たような料理でも、なぜこの材料だとみりんや砂糖が少なめなのか?
    それは甘味のある食材が入っているからなんだな、だからこんなに甘くなるんだな、とわかります。
    いつも父が言っていたのは、料理は調味料で決まるわけじゃない。
    食材のうまみと調味料があわさって美味しくなるんだと言っていました。
    なので、材料から出るおいしさの変化を確認しつつ調味料を加減したらいいと思います。
    最初からたくさん入れないことですね。

    トピ内ID:2955729278

    ...本文を表示

    大さじ・小さじと仲良くなって。

    しおりをつける
    🙂
    ろっか
    主婦歴20年です。私も若かったころは目分量調理でした。たまに「おいしい!」っていう大当たりはあるけどその他は「まぁ食べられなくはないね」っていうくらいで。

    20年経っても言われるのが新婚の頃、市販のルーを使ったカレーで水の分量を目分量で作ったこと。「なぜ市販のルーであんなカレーができるのか今もって分からない」と夫には言われます・笑

    それから子供が生まれてお菓子やパンを一緒に作るようになったんですが、
    パン作りって大さじ小さじ、分量にものすごくきっちりするんですよ。きっちりやらないと全然おいしくならない。分量以外に、温度に敏感にならないと発酵もしないんですよね。あれだけレシピに忠実なものは他にないんじゃないかと言うくらい徹底してレシピ通りにしてました。パン作りにこんなにきっちりしなくちゃいけないなら料理だってちゃんと量ったほうが良いんじゃないかと思って、そのあとしばらく調味料は大さじ、小さじでいったん量ってから入れてましたよ。

    不思議なことに分量をきちんと量るとちゃんとした味ができるんです。

    思うに目分量ができるというのは、塩をパラパラ鍋に入れることではなく目分量で小さじ1の量が分かるってことじゃないかな。

    小さじ大さじを使うようになってから今までの自分が調味料を入れてるつもりになってただけで味が付けられるほど入れてなかったことに気が付きました。

    それからは必ず小さじ大さじを使うようにしてますよ。

    レシピは何度も見て作ればいつかできるようになります。誰かのレシピが必ずあなたの好きな味ではないので、好きな味を見つけて何度も作ってみてください。そしてきっちり量ってください。そのうち、さじを使わずとも大体これくらいっていうのが分かるようになります。

    あとレシピの動画サイトもお勧めです。手際も見られるので参考にできますよ。

    トピ内ID:2231026478

    ...本文を表示

    美味しかったレシピを繰り返す

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    食卓を囲んだとき自分や家族が美味しいと言った料理はありますか?
    あるなら味付けを覚えるまでレシピを見ながら分量を覚えるまで繰り返し作るのはどうですか?調味料を入れた後に味見して、この味が最終的にどんな味に変わるかを記憶する
    食材の分量や使う調味料の配合を覚えたら食材の量に合わせて調味料の分量も加減すれば良くなりますしレシピを見なくても作れるようになるのかな?
    私は覚えるのが億劫なので毎回レシピを見てます
    更にズボラなのでしょうゆ大さじ1なら大きめのスプーン1杯にしたり、目分量でフライパンの端っこに入れています
    目分量に自信がないうちは計量カップにためてからフライパンに流すことを繰り返し、何となくの感覚をつかむようにしました
    料理好きとレシピを見ないのは別の話だと思っています
    色んな味を試してみたいからレシピを見るってアリだと思います
    子どもの頃の勉強も覚えるまで繰り返して身につけますよね?料理だって覚える気持ちでレシピ通りに何度も作っていたら覚えられるのかもしれません
    余談ですが昔料理を習っていた子が言うには、素材の味を生かすため塩を最小限しか入れないのが日本料理、素材の味を壊さないギリギリまで塩を振るのがフレンチらしいです
    調味料に対する料理人の考えは随分違うものなんですね

    トピ内ID:2842956016

    ...本文を表示

    料理が好きになる方法というより、料理による「不安感」は、どう

    しおりをつける
    🙂
    もももん
    したら取りのぞけますか?ということを相談したかったのでは?

    まわりの人に相談しても、理解されなかったのでは?
    でも「不安感」は確かに存在していて、なんともしっくりいかない気持ち悪さをず~っと抱えていて、辛かったのでは?

    「何かのグレーゾーンで、だから料理が苦手なのかな?~精神科医の先生いわく、それは個性の範囲内との事でした。」

    セカンドオピニオンはいかがでしょうか? WAIS検査ができ、臨床心理士によるカウンセリングがある、専門医にご相談してみてはいかがでしょうか?

    主様がご自分の特性を知ることにより、不安感を取りのぞく手助けになるのなら、カウンセリングとセットで、ご相談されるのもいいと思います。

    主様が味に敏感なのは「才能」だと思います。
    才能があるから、不安になる部分もあるのでは?

    「自分でも、なぜこんなに変化する事が苦手なのか分からないのですが~部屋を模様替えすると、落ち着かなかったりする事」

    変化に敏感なのでは?これは、子どもを育てたり、介護をする上で、とても役にたつのでは?

    悪いことばかりではないと思います。

    大多数の人と違う個性的な特性は「悪い」ことのよに、とらえがちですが、そんなことはありません。
    「いいこと」もたくさんあると思います。それを見つけることは、とても楽しい作業だと思います。

    「味覚が敏感」=「味覚が天才」
    「変化に敏感」=「違いがわかる天才」

    トピ内ID:1878230861

    ...本文を表示

    料理のセンスがないのかなぁ

    しおりをつける
    🎶
    60代半ば
    もっと気楽にやったらいいのにと思って見てましたが、
    ロールキャベツが爆発するってセンスがないのかなと思いました。

    肉をこねた後に空気を抜いてますか?

    ハンバーグ等でよくやるタネをキャッチボールみたいにするやつですが。

    煮ものの基本は醤油とみりんが同量です。

    甘めが好きならそこに砂糖を少量加えればいい。

    麺つゆは醤油とみりんが同量に合わさったものにダシの旨味が
    入ってますので麺つゆ一本で色んな料理にアレンジできます。

    肩の力を抜いてそういうものを利用して楽すればいいのよ。

    毎日の総菜にそれ程力が入ったら息切れします。

    かぼちゃの煮物もひじきの煮物もそれでオッケー。

    煮詰まって水分が蒸発する分を考えて最初は薄めの味付けで
    出来上がった時にちょうどいい味になる様にします。

    最後に味見して薄ければ少し麺つゆ足せばいいじゃない?

    引き算は出来ませんから。

    かぼちゃは一緒に油揚げと似ると(薄い方の)
    味の薄いかぼちゃでも美味しくなります。

    麺つゆは色んなものに使えます。

    今の時期ならかつおのたたきに麺つゆと味ぽんを半々にして
    胡麻油を少々入れたものを掛けると美味しいですよ。

    新玉ねぎのスライス、シソの葉をのせてね。

    豚しゃぶでも使えます。

    味が濃いと思えば氷のかけらを入れれば冷えて一石二鳥です。

    そういうドレッシングは各自好きな様に掛ければいいです。

    お浸しにはにんべんの白だしがお勧め、簡単に美味しいお浸しになります。

    自分が楽になる様に色んなアイディア考えるのよ。

    難しく考えない。

    トピ内ID:3648287339

    ...本文を表示

    レシピに頼って何が悪い!!

    しおりをつける
    🙂
    なな
    40年以上、
    ほぼレシピなど見ることもなく
    朝昼晩と3世代家族の食事を作ってきました。
    その私が
    今は、レシピ様様です。
    レシピと言っても、
    何じゃこりゃというような醤油やみその量を
    平気で載せているものもあるので、
    そこは常識で加減しつつ、
    要は自分仕様のレシピをいつも参考にしています。
    計算機とキッチンスケール(はかり)は朝から手放せません。
    冷蔵庫のものと食べる人数などで、
    レシピから必要量を計算したり、
    それを正確に測ったりるのが必至だからです。
    算数の「比の値」を使います。
    料理が楽で仕方ありません。
    うっかりもなくなるし、
    頭を使うことが恒常的に減ったのが嬉しくて。
    自分仕様のレシピノートを作って、
    塩、しょうゆ、みその量だけ十分気を付けていれば
    何でもござれ、です。
    ご参考までに。

    トピ内ID:5228598879

    ...本文を表示

    調味料を入れるごとに味見、しています

    しおりをつける
    💡
    フ号
    煮物は、甘味を先に加えることが多いでしょう?
    砂糖はあまりつかわないけれど、味醂を加えて、一拍おいてから味見します。
    具材に火が通り、醤油を加えるタイミングになったら、醤油を加えて味見します。
    仕上がり直前にも味見して、たいていの場合二本の指でひとつまみ程度の塩を加えて味をしめます。
    おまじない程度の量ですけど、入れないとなんとなく焦点が定まらない感じなんですよ。

    料理=絵
    調味=彩色
    と考えれば、ことなる色を重ねる度に、様子をみる感じですかね。

    煮物をつくるときは、
    具材がひたる量の出汁を、「計量カップで量りながら」入れます。
    鍋の直径や形状、具材の大きさによって、具材がひたる出汁の量がかわるからです。
    味付けは、鍋にいれただし汁の量は分かっているので、それに見合った量を計量スプーンや計量カップで量って加えます。
    レシピは見ていませんが、自分にとって標準的な出汁と調味料の割合があり、完全に目分量よりも計量したほうが早くて楽だからです。

    炒め物に塩を振るときは、材料の量に見合った量を手のひらにとってから振り入れることもあります。
    容器から直接でも大して問題はないのですが、「どれだけの量加えたか」はわかりませんから。

    私も根が面倒くさがりなので、料理などしなくていいならしたくないのですが、自分が好きなものを好きな味で食べたい欲もあるので、自分で作るしかないのです。

    トピ主さんは不器用なのではなく、感覚が鋭敏なため許容範囲が狭いうえに、自身の能力とその結果に求めるレベルが非常に高いのだとおもいます。

    そんなにキチキチしなくていいのになぁ。

    トピ内ID:8035187462

    ...本文を表示

    センスは備わっているものではなく、自分で磨く

    しおりをつける
    🙂
    貴妃
    ものなんですよ。私もセンスがあるほうではないのですが、プロとか一流と呼ばれる方々は、本物に触れる、見る、本物を食べるということを先輩や上司、あるいは親とか祖父母に教わることもあります。しかし、大半の人達には難しいんです。なので、そうなったら自分であらゆるものを、見たり聴いたりする、食べるしかないんです。ご結婚なさってて、仕事と家事と子育てがある中でそれを実行するのは厳しいかもしれませんし、今は新型コロナの影響で、都道府県をまたいだお出掛けも出来ない上、買い物もお店の滞在時間は15分と言われ、美術館や動物園も入場制限しているところもあるので、そんな中でセンスを磨くとすれば、ドラマや映画を見る、読書するのが早いですが、自分の心が動かされないものは無理にみないようにして下さいね。精神衛生上オススメ出来ないので。食に関しては、お財布事情に無理がかからない程度にスーパーでもコンビニでも、大手のファミレスでもいいので、自分で食レポしたり、食べ合わせや組み合わせを研究してみては?スーパーでしたら、お総菜が安くなる時間帯に行けば少しは無駄が防げるかもしれません。お総菜をメインに、ご飯とお味噌汁、あるいはスープの組み合わせを考えるのも、センスのうちですよ。

    トピ内ID:4344537060

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >料理が好きになる方法というより、料理による「不安感」は、どうしたら取りのぞけますか?ということを相談したかったのでは?

    自分では分かっていなかったのですが、皆さんのレスを読んで、そうかもしれない!と思いました。

    “頭では”「失敗しても大丈夫」「気楽にやれば良い」「夫も子供も普通に食べてくれているじゃない…」と思っているのですが、どうにも出来上がるまでの不安感に耐えきれない…という感じです。

    この不安感さえなくなれば、きっと料理が好きになれる、目分量でいつも同じ味に美味しく作れるようになるには、どうしたら良いのだろう…と思っていたのですが、私はすごく見当違いの事を思っていたのかもと思えてきました。


    WAIS検査ができ、臨床心理士によるカウンセリングがある、専門医にご相談してみてはいかがでしょうか?

    WAISは、実は独身時代を含めて4回受けた事があるのですが、どこも「発達障害ではない」「グレーゾーンとも言えない」との答えでした。

    ただ、言語性IQが132あるのに対して、動作性IQが95しかなく、特に処理速度が76しかなかったので、相当、生きにくいタイプとは言われました。

    頭の中だけではすごく出来るのに、実際は動くと何も出来ない、みんなが自分に呆れてイライラしているのを、誰よりも敏感に気づいてしまう、人よりも動けないのを、全部高い方の能力で何とか処理しようと頑張ってしまうので、疲れてしまう…とは言われました。

    高校の時の授業のダンスは、全部動きを分解して、頭で覚えて踊っていた…と言ったら、まさにそういう頭の構造です。

    とは言われました…。
    やはり、料理もこれなのでしょうか?

    学生時代は何も困らなかったのですが、就職してからは困ってばかりで、逃げるように主婦になりました。

    正直、こんな変わった頭の構造に生まれてきてしまった事が辛いです。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    カウンセリングは、どこも必要ないと言われてしまって、受けられませんでした。

    私としては、この「生きにくさ」は、恐らく発達障害…と思っているのですが、それぞれ別々の違う精神科医に4回違うと言われると、どうしたらいいのか…と思います。

    大人の発達障害の専門医も、1年待ちで受診したのですが、違うと言われてしまって…。

    とにかく気楽に生きる事と、おおらかな性格の人と一緒になるといいよと言われて(←私の特性だと、必要以上に気にしてしまうので…)

    アドバイスを胸に、かなりおおらかで、細かい事は気にしないタイプの夫と結婚できたのは良かった…と思っているのですが、下の子が少し私に似ていて心配です。

    WISCの結果は私ほどは差がなかったし、またまた子供も私と同じく、発達障害でも、グレーゾーンでもないと言われたのですが、こだわりが強く、不安が高く、敏感で、生きにくいだろうな…と思うと、申し訳なさで一杯です。

    (←問題行動などはないのですが、よく同じにならない事でパニックになっているので、気持ちが分かり過ぎるほどに、分かるなと…。たぶん不安感を必死で頭で押さえ込んで、普通の振りをしているのだろうと思うと…泣けてきます)

    料理と全く関係ない事を書き込んでしまいました。
    ごめんなさい。

    何とか楽しく料理できたらな~と思います。
    毎日の事ですもんね。

    本当に皆さん、ありがとうございます。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    「足りない目」で良い

    しおりをつける
    🐱
    黒猫
    で、本当に物足りなかったら食卓で塩でもしょうゆでも銘々かければ良い。

    そのために食卓調味料あるんだから。

    トピ内ID:9453923078

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >ロールキャベツ、肉をこねた後に空気を抜いてますか?

    してませんでした!!

    料理の本に書いてなかったので、考えもしませんでしたが、よく考えたら、ハーバーグと同じですもんね!!

    何で気づかなかったんだろう…、ありがとうございます。

    さっそく今週ロールキャベツ作ってみます。
    (←もうすぐ夏なので、今週がギリギリかな~って)


    >煮込み料理で「薄いかなぁ・・」と思って醤油を足す。出来上がったら濃くなっていた。
    そりゃ加熱してますから水が蒸発した分、味は濃くなりますね

    そうなんですね!考えたらそうですよね!
    そうか!加熱するから水が蒸発するんですよね!

    こう言われるとそうだな~と思うのに、何でなのか全く気づいていませんでした。

    皆さんのアドバイスは、目から鱗の連続です。

    私は何も分からず、なぜそうなるのか、深く考えず(←というか、思い当たらず…)

    ただただ、脅えながら本通り料理をしていた気がします。

    一つ一つに意味がある!
    考えたらそうですよね…。

    すごく納得しました。

    たぶんまだ気づいてない事だらけなんだと思います。

    皆さんのレスがすごく助かります。
    ありがとうございます。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    法則を見つけませんか?

    しおりをつける
    🙂
    スターバックス
    管理栄養士の方に聞いた話ですが、
    大学時代に調理の時間や味付けを少しずつ変える
    実験をしたそうです。

    例えば、キャベツと塩だけの炒め物なら、
    キャベツを多めに用意し、少量ずつ分ける。

    次に炒める時間や火加減を変えて、
    どの炒め具合が美味しいか(または好みか)
    何パターンも試してみる。

    更に塩の量も少しずつ変えて炒めてみる。

    これを繰り返して、
    美味しいキャベツ炒めの法則を見つける。

    この方法の良いところは、
    1つできると自信になり、
    5つできるとレパートリーがぐっと広がり、
    10できると色々な料理に応用がきくようになるそうです。

    彼女曰く「料理は実験」だそうです。

    トピ内ID:3408787984

    ...本文を表示

    ご自分の特性は、把握しているようですが、できている部分を褒め

    しおりをつける
    🙂
    もももん
    ていますか?

    主様には主様の特徴があります。
    それについて、誰かが「いけないことだ」と言いましたか?
    「いけないことだ」と言っているのは、主様自身のように思うのですが。

    「こんな自分を直視する事になり、それが辛く嫌になってしまう」
    「こんな変わった頭の構造に生まれてきてしまった事が辛い」
    →自分が好きではないのでは?

    「四角四面で柔軟性がなく、変化がストレスになるタイプです」
    「予定と違った事が起こると、すぐに頭の中がパニックになってしまいます」
    「柔軟性や臨機応変が苦手」
    →これだけご自分の特性を知っているのであれば、もう少し、ご自分が楽なようにふるまっても、いいのでは?

    「普通の主婦の方みたいに」しなくてもいいし「同じルーティーンだと安心」なら時間をかけてでもそのようにすればいいし「料理は、やはり好きじゃないのかもしれない」のなら、手をぬけばいい。

    苦手なことに挑戦して「がんばっている自分」をもっと褒めてあげようよ。

    少なくとも私は、主様はがんばっていると思います。
    「えらい!辛いのに、一生懸命だと思う」

    もう少し、ご自分の心の声を聴いてください。

    「私は、こうこうこういう理由で、料理が苦手です。」とトピレスの中の主様が言っていますよ。

    また「普通の主婦のようにできない私は、だめな人です」とまちがったことを言っているように思います。

    「全然だめじゃない!主様は、がんばりやさんです!尊敬します!」

    トピ内ID:1878230861

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >簡単なチャーハンなどでも、味が決まらないのは、この量の材料に対して、どれだけの調味料を入れたらいいのか…が感覚でわかっていないからだと思います

    まさに、そうなんです。

    どうやら一般的には、やっていたら段々感覚がつかめてくる物みたいなのですが、私の場合、精神科医いわく、感覚を掴むというのが頭の構造上苦手なので、法則を探して、どうにかしよう…という癖があるみたいです。

    これは仕事で悩んで発達検査に行った時に言われたのですが、たぶん料理もこれなのかな…と皆さんのレスを読んでいて、思いました。

    「この容積の水に一番合う容器を探して下さい」

    との検査が一番苦手だったので、料理も感覚が掴めなくて苦手なのかもしれません。

    ただ初めから怖くてレシピ頼りだったので、まずはレシピ通りに作りつつ、味見をして感覚を覚える所から始めたいです。

    失敗しても大丈夫と思う事も大事ですよね。

    >食材のうまみと調味料があわさって美味しくなるんだと言っていました

    食材から出る旨味は、私にとっては頭が混乱する物だったのですが(←同じ調味料なのに、味が同じにならないので…)

    これを利用して料理するという事ですよね。

    恐らく私の苦手分野なのですが、楽しめるようになりたいです。

    皆さんのレスで、前より、大分知識がついた気がしています。

    ありがとうございます。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    レシピ見て何が悪いの?

    しおりをつける
    🙂
    甘梅
    私は主婦歴10年で料理は好きな方ですが、ほぼ毎日レシピ見て作ってますよ?
    何度も何度も同じレシピを見て作るうちに自然と覚え、その料理はレシピが無くても作れるようになるという感じです。

    だから、おおよそ10回以上作った料理は目分量でやってますけど、最近取り入れたようメニューは、覚えるまではレシピ通りに作ってます。

    主婦は目分量で作れなきゃいけないとしたら、なぜ世の中にはこんなにもレシピ本やらレシピサイトが存在するのでしょう。

    プロの料理人じゃないんだから、レシピ通りに作って味が安定するなら、それでいいじゃないですか。
    何をそんなに難しく考えているのでしょうか。

    トピ内ID:2792936171

    ...本文を表示

    レシピ本に、本当のコツはないことも。外食や素材も大事。 

    しおりをつける
    🙂
    主婦歴=料理歴20年
    私も結婚するまで料理歴ゼロ、現在結婚20年。
    苦手な料理が好きになり今はいろんな方から料理上手と言われています。
    美味しいものは好きなので、何が入っているか考えますし、大体の材料はわかるようになりました。

    私も結婚当初は苦労の連続、レシピ本やTVを見たり、最近は某サイトも見ていますが、なかなかそれだけでは上達しませんでした。

    材料(調味料)と、調理法が何がどう作用しているのか、できた料理、味覚を舌でおぼえましょう。
    (仕上げに味見しますよ。味見した後調味料足して失敗したことも多々ありました)

    レシピ本やお料理教室も行きましたが、料理のコツ、キモと呼ばれることを教えてくれる本、先生(教室)ばかりではなく、個人の性格?、あえてコツはナイショなこともありました。
    (先生って、教えたがりさんが多いので、結構親切に教えてくれますが。)
    教室はコツを聞きに行く場所、と思っていました。

    うちの夫は外食含め、食べることに拘りがあり、マズイと残します。(涙)
    そんな夫が結婚当初から言っている言葉
    「美味しいものを知らなければ作れない」→ 美味しいお店に行く
    「材料(素材)が良いと、同じ料理でも美味しさが違う」→こだわりの食材

    お店で、ステーキソースなどで隠し味が絶妙でよくわからない時にも、失礼にならない程度にお伺いしますし、作って食べ比べしたりします。

    いつも、高級店・材料ではありませんが、鍋、油、調味料は結構お金かけています。
    混ぜるだけのクッ〇〇ゥや、○○の素も美味しいと思いますが、箱の調味料見れば、自分でできますよ。

    でも、手間と時間かければ美味しいってわけでもないですし、美味しいって思う味を研究してください。

    自粛生活でこの2か月毎日3食家族の食事作りしていますが、会心の出来の日も、ソコソコの日もあります。
    頑張りすぎないで、頑張りましょ。応援しています。

    トピ内ID:2851369945

    ...本文を表示

    料理(の方法)に解決法はない

    しおりをつける
    blank
    傍流
    トピ主は、簡単に言ってしまうと、ある意味「潔癖症」なのです。
    料理が自分の目標とする100%でないと気が済まない、落ち着かない。
    許容範囲が全く無く、99%でも101%でもダメなのです。
    だから、あるレシピ通りにやっているのに、誤差無しの100%の結果でないと納得できない。それは料理や、料理の腕の問題ではありません。

    病院に行っても、自分が思い込んだ「xx(病理名)であるはずだ」と、自分が納得しないと気が済まないのです。

    私はその症状の正しい名称も知らなければ、対処法(治療法?)も知りません。
    しかし、解決を料理(の方法)に求めるのは、見当違いだろうと思います。

    トピ内ID:3490272545

    ...本文を表示

    「一汁一菜でよいという提案」

    しおりをつける
    🙂
    さじゃ
    という本にあるのですが、味噌汁に冷蔵庫にあるものなんでもぶっこめばそれで十分ごちそうなんだという考えを知ってから、料理がどんどん好きになっていきました。
    まずは味噌汁さえ有れば合格!!!てところからスタートして、あれもやってみたい、これもやってみたい、と積極的になれました。
    最終、調味料は何秒入れたら味に変化でるという自分の物差しができて、レシピ見なくても作れるようになりました!

    トピ内ID:0419817835

    ...本文を表示

    レシピ見ていいんですけどね

    しおりをつける
    🎶
    60代半ば
    一日に十数時間の仕事抱えてればレシピ見ながら
    料理する時間なんてないのが実情。

    料理は段取りから始まってるんです。

    始まる前から頭の中でシミュレーションしてるって事。

    温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たく出さなければ
    美味しくないでしょ。

    そこを段取り組んで同時に出せる様にシミュレーションする。

    レシピ見てからさあ料理始めましょうって言ったって
    その前の準備が頭に入ってないからもたつくんだと思います。

    私も大事なレシピは何点かあります。

    お節とか賛否両論のお店の絶品焼き豚とかですが、
    普段の総菜にそんな神経使っていられません。

    トピ内ID:3648287339

    ...本文を表示

    同じ料理でも失敗しにくい形を調べていくのはアリかもね。と

    しおりをつける
    blank
    匿名
    特に炒め物の場合は味付けの濃さそのものよりも
    色んな意味で失敗しにくいようにするのはどうするかって視点も良いかも。

    例えばですが、火力が強いのと弱いのではどっちが失敗しにくいか。
    一回で炒める量が多いのと少ないのではどっちが失敗しにくいか。

    当然のように調理器具の特性を知ることも大事かもしれないよね。
    IHとガスでは取り扱いも違うだろう。
    テフロンと中華鍋のような鉄鍋でも違ってくる。

    家庭では無理だけどさ、鉄板焼きやの鉄板で炒飯じゃないけど、
    ガーリックライスを作るほうが上手に炒められそうって思わない?
    薄く広く広げられて強い火力があってって失敗しにくい条件がそろうから。

    まあ炒飯を例にあげるならさ、失敗しにくい形ってあると思うんだ。
    パラパラにならないという悩みに対しては卵でコーティングすると良いとか
    言われるように、味付けが不安と言う人ならね、
    炒飯のお米への味付けは極力避けるという方法があるのも確かだよ。

    ご飯と一緒に炒める具のほうに下味をつけておく(特に塩味)方法があるよ。
    細かくした豚コマとかに塩・胡椒・醤油などで下味を十分つけて、
    必要なら卵液も塩味をつけておいて炒める。
    滲み出てくる旨味と塩味が油て炒めていくうちにある程度油にうつって
    それがご飯にもまぶされる…これだと味付けで失敗しにくくなるんだ。

    ちなみにね、それで薄味になって困るというなら、
    炒飯のときには何らかのスープを付ければよいさ。
    決して上品な食べ方とはいわないけど、ラーメン屋さんとかでね、
    ラーメンと炒飯のセットを食べるときに、炒飯の塩味が足りないなと
    感じたら、ほんの少しだけラーメンのスープをかけると美味しくなるから。

    つまり後で食べる本人が調整できる形にするのも可能なんだよ。

    トピ内ID:6842541445

    ...本文を表示

    味に敏感?

    しおりをつける
    blank
    マチ子
    トピ主さんの文章の中で気になったのが
    >外食だと、私は不味くて食べられない時がありますが
    というところ。

    もしかして「好みの味」の範囲(許容範囲)が狭くて、そこの範囲に入らないのが嫌なのかなぁと思いました。

    大人になって「不味くて食べられない」ってことは、あまりないと思うんですよね。
    いわゆる嫌いな食べ物が入ってるから、とか苦手な調味料があるから、とかではないんですよね?

    レシピ通りに作っても、食材の水分量とか、使用する調味料自体の味も変化するので、全く同じになることはほぼ有り得ません。

    私は食品会社に務めていましたが、水分量や塩分量など、数グラム単位で調整して、火加減も機械で調整するから一定の味に整えられますが、家庭では難しいでしょう。

    人それぞれ味の好みがあり、その幅が狭いということを把握した上で、多少はその範囲から外れてもしょうがないと割り切るしかないような気がします( ´ ` )一緒に食事をとる家族は満足されているんですよね?
    具体的な提案でなくてごめんなさい。

    ちなみに私は食品に関わる者ですが、料理は好きじゃないです(笑)

    トピ内ID:7362791272

    ...本文を表示

    「きのう何食べた」のドラマを見る

    しおりをつける
    🙂
    今日は晴れのち夕立ち
    料理を好きになりたいなら是非このドラマを見て欲しい
    このドラマにハマってからと言うもの俄然料理が好きになりました
    シロさんの料理の考え方やセンスがドラマを見ながらすんなり入って来て
    自分も料理をする時シロさんの真似をしていろいろ工夫して真似して作ってます
    喋り方なんかも真似したりしてとても楽しいです

    ドラマにレシピも出てますのでとても役立ちます
    ドラマの最後にシロさん達が必ず洗い物や後片付けもするので
    自分もする様になりました

    ドラマも凄く面白いですしとてもオススメです
    ドラマにハマってるうちに自然と料理上手になると思いますよ
    今度映画化もされますし

    トピ内ID:9156116019

    ...本文を表示

    もしかして、お母様とは料理に関してお話がしづらいのですか?

    しおりをつける
    blank
    花木蘭
    違っていたらごめんなさい。トピ主さんの追加レスの中にあった果物の味についての一節を読んで、日頃の食事に関してお母様にもご苦労があっただろうしトピ主さんにも何かとストレスや不満はあったんじゃないかなと思ったのですよね。

    で、いざトピ主さんが家族の食事を作っている現在、自分の作る料理に納得がいってらっしゃらくてそれが非常にしんどいと感じておられる、と。

    そのしんどさの中には、もしかしたら実家にいらした頃お母様(の作る料理)への負の感情を抱いていて、その事に今気が咎めているという部分もおありなのかもしれないように感じました。

    冒頭にも書きましたが、見当違いなら申し訳ありません。この書き込みの内容は忘れてやって下さいね。

    トピ内ID:9900447042

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >実家にいらした頃お母様(の作る料理)への負の感情を抱いていて、その事に今気が咎めているという部分も

    母親の料理は、味が安定しないな~とは子供の頃からずっと思っていたのですが、母親自身も父親も「むしろ安定しないのが家庭料理の良さ」「濃かったり、薄かったりするのを楽しめ」という感じでした。

    今でも「難しい子だった」と言われますが、特に母親に対して嫌な感情はないと思います。

    むしろ、大好きです。
    いないと生きていけないというか…。

    依存し過ぎていて、親離れした方が良いな…と思っているし、子供が出来てからは、迷惑かけて申し訳なかったな、育てにくい子供で大変だっただろうな~と思っています。

    料理についてはよく話すのですが「不器用なのは、生まれつきだし、仕方ないよ」「何でそんなに気にするんだろう?」「私なんて、一切気にした事ないけど…」「夫も子供も良いって言ってるなら、気にしてるのあんただけじゃん」「相変わらず、よく分からないタイプだ…」

    と言われます。

    ごもっともだと思うのですが…
    頭と心がバラバラです。

    閉所恐怖症の人が、なぜ狭い所が怖いのか?と聞かれても自分では分からないように、私もなぜこんなに不安になるのか…よく分からないです。

    しかし、いつも頭で感情を抑えて生きている気がしています。

    我ながら、こんなめんどくさいタイプの人…嫌だなと思います。

    だから普段は隠して生きている気がします。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    もももんさん、ありがとうございます

    しおりをつける
    😣
    不器用
    >主様には主様の特徴があります。それについて、誰かが「いけないことだ」と言いましたか?

    学生時代は支障がなかったのですが、就職してからは「柔軟性がない」「こだわりが強い」「臨機応変さがない」「頭、大丈夫?」と怒られ続けました。

    自分でもそうだなと思うのですが、いざやろうとすると、思いつかないというか…難しかったです。

    なので、自分を否定する癖がついているのかもしれないです。


    >また「普通の主婦のようにできない私は、だめな人です」とまちがったことを言っているように思います

    ついこう思ってしまいます。

    でも、もももんさんの優しいレスを見て嬉しかったです。

    今はもう、誰も私に怒っていないですもんね!

    きっと自分で自分を痛め付けてしまっているのだと思います。

    「普通の主婦のように出来なくて良い」「私は私で良い」と思えるようになりたいです。

    優しいお言葉、ありがとうございます。

    トピ内ID:2539653480

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(14件)全て見る

    長い旅行をしてると

    しおりをつける
    blank
    たけぽん
    海外でもなるべくキッチンがついている宿をとって、ちょっと作る方がストレス解消になるタイプです。普段はほぼ作ります。在宅仕事なので、6時過ぎくらいまで仕事して掃除はサボって30分くらいで3品くらい作る感じです。
    片付けは食洗機ですが、それでも片付けが楽なように、手順やメニューを組み立てますよ。まな板も最後に生ものを切る感じで。
    片付けも、家族3~4人分で20分くらい。レンジ周りの拭き掃除やゴミ処理も含みます。
    今年銀婚式なのでそりゃ慣れてますが、結婚してすぐ料理を習いに行きました。
    近所のフランス料理店のオーナーシェフさんに、数人のグループで簡単なフレンチや常備菜を習いました。
    粉からピザや肉まん、ヒラメを開いて帆立のムースを詰めてソースをかける料理など、ほんと色々でした。
    そこまでの手間はかけなくても、焼くだけ・切るだけで美味しいものはたくさんあります。先日、居酒屋で食べた「新じゃがをオリーブオイルであげたフライドポテト」がすごく美味しくて家でも作りました。
    旬のアスパラは長いままで焼くだけでも美味しいです。
    「手抜きはいけない」なんて思ってたらもったいないですよ。
    そんな毎日頑張れないですから。あと栄養も効果的に取りたいので、長く煮たりするものばかりでない方がいいです。お刺身があってお味噌汁があったら野菜炒めだけでいいし、不安なら今はお任せ調味料もあります。それを少なめに使うといいのでは?
    今年から子供が社会人で自炊してますが、いろいろ教わりました。今は米に混ぜて炊くだけで十穀米とかすごいです。
    晩酌もよくしますよ。夫は飲まないので1人で自分の作る野菜のおつまみでワイン、美味しいです。焼きそばを鉄板ごとテーブルに、など上手に楽してください。

    トピ内ID:7744630749

    ...本文を表示

    人が1時間でできることは、1週間かけてできるようになればいい

    しおりをつける
    🙂
    もももん
    ことなのでは?


    「失敗することを大前提」にものごとを考えてみては?
    「味は、毎回違うはず」なので、不安を感じた時に、どうするかをあらかじめ用意しておけば、安心なのでは?

    料理の腕は、ず~っと続けていれば、人より時間はかかっても、上手になりますよ。

    疲れたら、お休みする。←これ一番大事。

    余談ですが。

    プロの料理人でも、毎回同じ味にするのは、難しいことだと思います。
    天気、温度、湿度、材料の旬、産地、体調により、微妙に味が変わってしまうからです。
    主様は、プロでも難しいことに、挑戦しようとして、不安を抱いています。

    「同じにはならない」ことに諦めがつかないなら、毎回違うレシピで作れば、毎回「初めての味」なので「同じにならない」と悩まなくてすむと思いますよ。

    ご自分にあったやり方を模索しつづけることで、気持ちが楽になるのでは?

    人と同じやり方にしなくてもいいんですよ。
    人と同じペースでしなくてもいいんですよ。

    参考までに、レシピ本よりも、テレビのお料理番組を参考にした方が、わかりやいかもしれませんよ。

    「お〇ゃべりクッキング」「きょ〇の料理」「3分クッキング」等々、わかりやすく解説していますので、繰り返し見て勉強するのもありですよ。

    トピ内ID:1878230861

    ...本文を表示

    料理は勘,お菓子は科学

    しおりをつける
    blank
    だと思っています。

    料理もお菓子作りも実家にいるたまにやってました。(現在は一人暮らしです)
    簡単な焼きそばとかチャーハンなら小学生のころからです。

    おなじ料理でもその日の体調とか気分とかで好みって変わるし,
    具材を変えたりするので,まったく同じ味にはならないと思います。

    例えば,チャーハンなら卵チャーハンじゃないと!!みたいな感じで
    毎回同じ卵チャーハンを作りたいというならまだ分かりますが,

    毎日同じ物を作らないといけないお店ではないんだし,
    例えば高菜チャーハンを食べたいときだってあるでしょう。
    卵チャーハンにレタスを入れたくなるときもあるでしょう。
    それら全部は同じ味じゃないですよね。
    だからそのときの味付けが正解ということでいいと思います。

    旦那さんに感想を聞いてみたらどうですか?

    あとは四角四面というのであれば,お菓子作りは科学だと思っているので,
    お菓子作りをしてみたらどうですか?
    多少は誤差の範囲ですが,科学ですので
    ある程度レシピ通りでないと失敗する可能性は高いですよ。

    トピ内ID:3892667394

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (14)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0