詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    先日、祖母が亡くなりました。

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    apoanzan
    ひと
    私は、現在22歳で会社員として働いています。
    父親はおらず、戸籍に記載されていないどころか、話も聞いたことがありません。
    また、祖父と一度もお会いしたこともなければ、本名さえ存じ上げません。
    母は、三姉妹で末っ子です。
    母親が、シングルマザーとして私のことを育ててくれました。

    幼少の頃(小学校高学年くらいまで)は祖母にお世話になっていました。祖母にとって初めての孫であった私は、特別祖母から深い愛情をうけて育ちました。
    私が保育園や小学校に通っていたころに、家から追い出されたときはいつも祖母の家にかくまってもらっていました。勉学や運動を見てくれたのもいつも、祖母でした。祖母の孫として、この世に生まれてこれたことは私にとっての何よりの名誉です。

    祖母も、私が小学校高学年の時にくも膜下出血で倒れ、以後記憶が前後するようになり、介護施設で過ごすようになりました。

    母親と私はとても仲が悪く、最後に家族としてお話したのは15歳の頃と記憶しています。
    国立高校に進学した為授業料はなかったですが、交通費や、参考書費、生活費を自分で工面しました
    18歳の時、親から一方的に絶縁を宣言され家を追い出され、自ら保証会社をさがし一人暮らしを始めました。

    先日、祖母が亡くなりました。
    私が家を出るときに置いていった置手紙に書いた住所に母親から祖母が亡くなった旨を記した手紙が届きました。
    遠方にすんでいるため、手紙を受け取ったときには、もう通夜や葬儀に間に合わない状態でした。その為、弔電をお送りしました。

    まず何よりも、私に誰よりも愛情を注いでくれた祖母の死に際に一緒にいてあげられなかったことが残念でなりません。
    そして、その原因である自分の母親との関係を後悔しています。
    初めて親しい人の死に直面して、自分で自分のことが分からなくなってしまいました。
    どうやって生きていけばいいでしょうか?

    トピ内ID:0575510601

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 7 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 123 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    『自信・誇り』を持って。

    しおりをつける
    🎁
    Bitter
    苦難の年月…
    どんな思いで、毎日が過ぎて行くのを数えたのか
    明日が来るのが怖かったのか…
    想像もつきません。

    涙に耐えて、
    悔しくても自分を励まし、頑張って、頑張った…
    世の中の成人式を迎えた人たちの誰よりも、余程成人、一番乗り!

    おばあさんの優しさ・愛情が貴女の唯一の砦だったのでしょうね。
    心の支えのおばあさんが居て良かったです。
    ずっと、心の中で応援されてたと思います。
    貴女が立派な大人になって喜こばれてますよ。

    苦労し、色んな難題を自身で乗り越えて生きたという経験
    『自信・誇り』があるでしょう?

    おばあさんの存在がお守り、自分の力が頼りで、気が張り詰めてたのでしょうね(私も、ばあちゃんが、お手本でした)
    信頼できる友人はいますか?
    偶には他人を頼ってみては?
    趣味を楽しみましょう。

    誰にも、貴女も!幸せになる権利があります。
    これから長い人生、楽しい時間が沢山ありますように。

    トピ内ID:1888085711

    ...本文を表示

    立派なお祖母様だったんでしょうね。

    しおりをつける
    🙂
    podom
    トピ主さんは、お祖母様の愛情を一心に受けて育たれたので、こんなに優しくて強い方なのでしょうね。お祖母様にとっても、トピ主さんが何よりも名誉なお孫さんだと思います。

    大切な人の死に直面した時には、思い切り泣いて良いんですよ。
    お祖母様は亡くなっても、トピ主さんの側で、ずっと一緒にトピ主さんを見守って下さっていますよ。
    トピ主さんの心の中には、お祖母様との思い出が、今もしっかりと生き続いてるでしょ。だから安心して、自分を責めずに、自分の人生をしっかり歩んでいくんです。

    親との相性は誰にでもありますが、絶縁して追い出すとは何と心無い親なんでしょう。トピ主さんは、未だ若いのに是迄も自分で頑張って来られた賢い方ですね。
    お祖母様もきっと賢い方だったんでしょうね。
    トピ主さんは何も悪くないので、今まで通り生きて行けば良いんです。

    トピ主さんが、元気に笑って暮らしていてくれる事が、お祖母様が何よりも幸せな事なんですよ。

    トピ内ID:1306201938

    ...本文を表示

    祖母さんも幸せだったのよ

    しおりをつける
    💡
    今は祖母
    トピ主は、大変な環境の中、立派に育ち頑張っていますね。感心します。
    トピ主の存在が、祖母さんにとっても幸せだったと思います。

    だから、何も後悔することもなく、トピ主が、これからも幸せな
    人生を歩んでくれることが、祖母さんにとっては、うれしくて、
    大往生できるのです。

    「18歳の時、親から一方的に絶縁を宣言され家を追い出され」とあるので、
    母親との関係もトピ主が悩むことではなく、これからも、自分の生活を
    大切に、今まで通り自立し、先の長い人生を、それこそ後悔しないように
    歩むことが大切だと思います

    取りあえずは、今の生活を大切に、生活の基盤をしっかりすることが
    トピ主の仕事だと思いますので、将来の幸せの為に頑張ってください。

    祖母としては、暇なときに、お墓参りしてくれれば、それで十分です。

    トピ内ID:4515820821

    ...本文を表示

    お墓参りに行きましょう

    しおりをつける
    🙂
    ぽこん
    若いときから苦労されて たいへんな人生を歩まれたんですね
    強く生きてこられたこと 素晴らしいです

    私も いわゆる おばあちゃん子だったので お気持ちわかります
    今 あまり自由に遠方への移動はできないですよね

    少し落ち着いたら お墓参りに行きましょう
    宗教にこだわることはしませんが そこには お祖母さんの遺骨があるわけで その前で色んな話をしてきましょう
    お茶を持っていっていっしょに飲むのもいいでしょう
    気持ちが晴れるかもしれませんよ

    トピ内ID:7196192448

    ...本文を表示

    祖母様は主が【しっかり生きぬき幸福な人生を送る】のを願ってる

    しおりをつける
    🙂
    介護婆
    祖母様は
    トピ主が
    【しっかり生きぬき幸福な人生を送る」のを、ずっと、そして今も願っている。

    だから、トピ主は、
    祖母様の恩返しに

    【しっかり生きて、少しでも幸福な人生】を送りましょう。

    最後に会えなかったことは
    誰にでも起こり得ます。

    そんな人はいっぱいいます。心配いりません。

    祖母様はずっと今も、どこかでトピ主を見守っていてくれます。

    自分の心が辛ければ、

    「おばあちゃん・ありがとう」と、心で言えば、見えなくても祖母様に伝わります。

    機会があれば、お墓参りに行ってあげればいいですね。

    でも、気持ちは通じていますよ。

    だから、今の生活を大事にして、
    しっかり生きるのが、お祖母ちゃんを悲しませない、一番の恩返しです。

    トピ内ID:4638382334

    ...本文を表示

    幸せになろう

    しおりをつける
    🐤
    しま
    若いときから家庭での苦労が多かったあなた。
    愛してくれるお祖母さんがおられてよかったですね。お祖母さんもあなたがいてくれてお幸せでしたね。お母さんとの関係は、しかたがなかったのでは…。むしろ、しっかり生きてこられてほんとうに立派だったと思います。
    お祖母さんの写真があったら、部屋のどこかに小さなコーナー?みたいなものを作ってみてはいかがでしょう。で、人から貰ったお菓子などお供えして、「おばあさん、こんなのもらったよー」って話かけたりとか。

    家族の縁にあまり恵まれないに人は、他人様の縁が待っているものですよ。元気に生活して、幸せになってください。

    トピ内ID:4607941381

    ...本文を表示

    ご愁傷様でした。

    しおりをつける
    🐱
    neko
    私の伯父の話ですが、伯父は自宅から数分のところに病院があり、その病院の近くに伯父の二人の息子の仕事先(家族経営)と住居があります。その病院に運ばれた時に二人の息子とその伴侶はかわるがわる詰めて、容体が安定したのでちょっと着替えに戻った数分の間に天に召されました。

    当方は亡くなる時は親戚が皆集まって死に水を取ります。親戚の殆どは同一市内です。一族の長ともいうべき存在の伯父がたった一人で亡くなるとはだれも想像してませんでした。

    本当にこういうのは運みたいなものなんですよ。伯父程、見舞いやすい患者はいないのではないかと思う位、息子たちの職場も住居も病院の近くで、たった2~3分の距離にあるのです。いつ急変しても誰かが駆けつけられるそんな距離でした。それでも誰も間に合いませんでした。

    反対に疎遠の家族が飛行機で駆けつけて、全員が間に合ったという話も聞きます。決して傍に居れば死に水を取ってあげられたというものではないんですよ。

    だからこれから出来る事はおばあ様の菩提を弔ってあげる事です。でも独身の孫であるあなたが主になってやる必要もありません。ただ時々思い出して生前の恩に感謝して、冥福を祈るだけで十分ですよ。

    トピ内ID:6848722303

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0