詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    冷めていたはずなのに

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    さかえ
    恋愛
    失礼いたします。
    タイトルの通りなのですが、彼氏との関係についてご相談させてください。現在付き合っている彼氏がいるのですが、以前大きな喧嘩をきっかけに私の気持ちがだいぶ落ち着いてしまいました。

    好きかどうか分からなくなりましたが、しばらくすれば元に戻れるだろうと、また彼からの説得もあり、この関係を続けることになりました。

    一緒にいて楽しいのですが、それでも以前のように、本人に「好き会いたい」と躊躇いなく言えていた頃とは気持ちが違うのは自覚していました。

    そんなある日、また喧嘩をしました。以前までは喧嘩した時、自分から考えを言ったり謝ったりしたのですが、それをする気力もなく軽くあしらい会話を終わらせました。

    今回も、彼は謝ってくれたのですが、それ以降彼と連絡が取れなくなりました。

    彼のことが好きか分からず、別れてしまってもしょうがないと思った。喧嘩して和解するまで話し合う余力を彼に使うほどの気持ちがなかった。

    にもかかわらず、いざ連絡が取れないと不安で悲しいです。もう彼は冷めてしまったのか。自分はやっぱり彼のことが好きだったのか。自分の事がわからず、今放心状態にいます。

    ただ話を聞いて欲しかった、という気持ちもあります。

    てすが、あまりこちらの詳細がなく分かりづらいかもしれませんが、皆様も似たような経験があれば、是非お話し聞かせていただきたいです。

    トピ内ID:3939945078

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 12 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    倦怠期なのでは?

    しおりをつける
    🙂
    nao
    どれくらいのお付き合いかわからないのですが、倦怠期なのではないかと思いました。
    好き好き大好きな情熱期間を過ぎて、相手がよく見えてくる・現実が見えてくる時期に倦怠期はやってきます。

    >>もう彼は冷めてしまったのか。
    >>ただ話を聞いて欲しかった、という気持ちもあります。

    主さんは心のどこかに、【彼は私が好きで自分から離れていかない】という慢心はありませんか?
    喧嘩の内容がわかりませんが、いつも彼が主さんを引き留めたり謝ったりしているみたいですね。
    だから余計にそう思う部分があって、いざ彼が引くと不安になってしまう。
    この文章からそう思いました。
    主さんは彼に甘えてるんです。
    大丈夫だろうと。
    でも、彼だって人間だから、主さんが見えない部分で深く考えている事だってあるでしょう。
    彼の中でも色々溜まっている所はあっていっぱいになってしまったかもしれない。
    もし彼がこのまま連絡とらずに、別れようって言ったら、多分主さんはすごく後悔すると思います。
    いつも引き止めて謝ってきた彼がいよいよ本気でお別れを言ってくるわけですから、そういう人がこうなる時って本気ですよね。

    逆に彼が何日かしてひょっこり普通に連絡をしてきたら、、、きっと主さんはホッとすると思います。
    それと同時に、本当は自分が彼を好きである事を再確認するかもしれないし、やっぱり別れようって思うかもしれないし。
    彼の反応でよりわかるんじゃないかな?

    因みに私は今付き合って2年の彼氏がいますが、半年に1回くらいで倦怠期の喧嘩をします。
    自分でも半年の1回でくるのがわかります。
    去年12月に来たのでそろそろくるなと思ってたら先週喧嘩しました。
    でもそのサイクルが自分で分かっているので気を付けるようにしてますけど。
    そのたびにやっぱり自分は彼が好きなんだと再確認するんですよね。

    トピ内ID:7824480862

    ...本文を表示

    後に引きづらない

    しおりをつける
    🙂
    黄色いスイカ
    喧嘩の終わらせ方がなんとなく良い方向に行ってない時は不安になるし、それが気になりますよね

    喧嘩の原因を発生しないようにするか、喧嘩してもそれはそれで後に残さないかお互いに話してみるのもいいかもしれません。

    トピ内ID:0068329236

    ...本文を表示

    喧嘩はチャンス

    しおりをつける
    🙂
    黄色いさくらんぼ
    ずいぶん昔にはなりますが、恋愛関係は今も昔もかわり無いですね。

    どの位の期間のお付き合いから分かりませんが、そこそこ長くなると、楽しいばっかりではなく、喧嘩、気持ちのすれ違いが生じます。
    喧嘩して、ちょっと冷静になり、また不安にもなり、いろいろな妄想もぐるぐると…

    喧嘩はけっしてマイナスではなく、自分達を見直すチャンスととらえれば、2人の地に足がつく付き合い方が見えてくると…

    ちょっと、クールダウンする期間ですね。

    喧嘩もしないで、上部だけの付き合いは、かえって、危うい。
    寂しいと思う気持ちは主さんの本心なら、素直に合って、話すのが一番。

    トピ内ID:8548274306

    ...本文を表示

    それは依存心

    しおりをつける
    blank
    かなこ
    トピを読んで、これは典型的な「依存」だなと思いました。
    実際、私も同じような経験をしたことがあります。

    一緒にいることに慣れてくると、以前のような高ぶる思いは薄れていきますよね。
    でも二人にとってそこからが本当のスタートだと思うのです。
    本当のスタートに立った時、以前のような干渉や過度な期待はしなくなったけど、その分心も穏やかになった。彼を冷静に見つめ、気持ちが繋がっている気がする・・と思えたなら、きっと素敵な関係が続くのです。

    何か大きなきっかけがない限り、「嫌い」なんてことにはならないです。
    だから「好きかわからない」って感情はもう致命的なんですよ。
    「一緒にいると安心する」なんてことは、大前提だと思ってください。
    これまでの付き合いを考えると、そりゃそうだって話です。

    でもこの「一緒にいると安心する」って感情が厄介なんですよね。
    「安心」というのは色々な意味合いが含まれると思います。
    精神的な意味や経済的な意味、世間の目なんかも含まれます。
    彼と別れてひとりぼっちになるって、本当に辛くて寂しくて怖いですよね。
    だから無意識のうちに、自分の中で感情を複雑化させてしまうのです。
    「いざとなってザワザワするこの気持ちは、まだ好きだからなのかも?」と。
    でもそれとこれとは別。本来は全く別物の感情です。

    これを「依存」と言います。恋愛感情抜きにして、彼が離れていくこと(一人になる事)への恐怖心から執着してしまうこと。
    愛は冷めきっているのにも関わらず、子供や経済的な問題を理由になかなか離婚しない状況も同じ事が言えます。
    この気持ちのまま付き合いを続けても、おそらく同じことの繰り返しです。

    別れは辛いですが、きっとまた素敵な恋ができます。

    トピ内ID:4530303496

    ...本文を表示

    甘えて下に見ていた

    しおりをつける
    🙂
    クリリンさん
    彼に甘えそして彼のことを下に見ていた。そのような存在に見放されてしまったと今感じているのです。
    彼はある程度までは我慢するつもりではいたが、限界を超えてしまった。それまでは彼の方が積極的だったのに。

    トピ内ID:7579442519

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0