詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    警戒してしまう証券会社からの営業電話

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    働く母
    話題
    独身時代から、某大手証券会社と縁があり(学生時代の後輩が働いていた)、大金ではないですが投信や国債など買ってきました。

    結婚前はバブル前の恩恵もあったものの、結婚後は公社債など安定系商品を主にお付き合いしてきました。
    リーマンショック後、営業電話が減り、この十年ほどは営業さんの電話は全く無い状況でしたが、今年に入り月に一回程度若い営業さんからの電話が入るようになりました。

    なんか不気味なんですよね。
    私は、自分の得た収入で言わばヘソクリ感覚で証券会社と付き合っているのですが、いままでの音沙汰無し状態から、こんな風に定期的に営業電話があり、『近くの喫茶店でも話ができないか?』みたいな話になると、なんだか警戒してしまいます。

    証券会社の営業方法が変わったのか、私のように数百万しか取り引きしていない客にも営業強化の方針になったのか。
    よくわからず、色々考えてしまいます。

    同じような方がいらっしゃったら、教えて頂けませんか?
    少額の取り引き客にも営業する訳を。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:1816285174

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 23 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 16 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順

    良くも悪くも「お客さん」です。

    しおりをつける
    🐶
    エス
     それが仕事ですから珍しくはありませんよ。

     電話攻撃には波があります。
     多くのお客さんを完全に均等に常に一定に連絡をするなんてことは、現実的に無理ですよ。立場を変えて考えて見て下さい。他に仕事が多い時には、新たな仕事をとる為に電話をかける時間はありません。余裕がなければ新規開拓にかける時間はありませんよね。またある程度ターゲットを絞って重点的に話を聞いてもらわないと売り込みの効果は低いです。

     一般的に電話が増えるのは「景気の良い時」や「景気の悪い時」ではありませんか?
     景気の良い時は仕事が勝手に飛び込んでくるのでセールスの電話をする余裕が出来ます。ライバルの成績が上がりますから自分も頑張らなくてはいけません。
     景気の悪い時は飛び込んでくる仕事が少ないのでセールスの電話をする余裕が増えます。自分の成績が下がるので頑張らなくてはいけません。
     個人で数百万もすでに取引しているなら期待の出来るターゲットです。

    「なんだか警戒してしまいます・・」

     何に警戒ですか?
     それを口実に口説かれる?
     多分考えすぎです。

     何かを売り込まれる?
     当たり前です。それがセールスです。

     良くも悪くもあなたはお客の一人です。

     客として、説明を聞くか不要と伝えるかを判断して下さい。
     それは失礼でありませんし、むしろセールスに対するマナーです。

     我が家にも忘れた頃に連絡が再開しますが、自己責任で運用してますから売り込みはお断りをしています。担当交代などのご挨拶は受けますが「今は相場が上がってますよ~」等と景気のよい説明は特にNG。放っておいても儲かる相場上昇時は連絡不要ですが、大損になる相場下降時の連絡は重要ですよね。しつこい担当者なら都合の良い話しかしない人の助言は受けない旨をしっかりと伝えてセールスはお断りしています。

     客としてクールに対応しましょう。

    トピ内ID:8177014036

    閉じる× 閉じる×

    ただ単に

    しおりをつける
    🐶
    ぱー
    ノルマが厳しくなったのと、
    投資の客が減ったんじゃないでしょうか

    私のところにも営業の電話が多いですよ
    特に3月の年度末と、6月末
    年度末はノルマの追い込みなのかなぁと勝手に想像し、
    あと6月は賞与のタイミングかなぁと思ってます

    私なんて投資とか株取引とか一切しないのに、
    毎度毎度 根気よくかけてくるから
    本当にウンザリです
    「興味ない」って言ってるのに
    「興味ないなら、なおさらこちらにお任せください!」
    とか意味不明の張り切りで逆に怪しさ全開
    見ず知らずの人間にお金を任せる程、
    世間知らずではないんですよね・・・

    トピ内ID:5635889036

    閉じる× 閉じる×

    企業宛にも

    しおりをつける
    ラクシュミー
    過去に数社を経験してますが どこにでも電話ありますよ
    3月後半から6月が多いのは 新人教育の為です

    相手が 電話番号を持ってるからこその 連絡です

    必要ありません!と答えたら済みますよ
    何を怖がってるのか?!ただの営業ですよ

    トピ内ID:2952360783

    閉じる× 閉じる×

    地方の証券会社とお付き合いがあります

    しおりをつける
    blank
    リリカ
    このたびのコロナショックで、株価に変動がありましたよね。
    株価が急降下した3月の半ばころから2~3回、証券会社の営業担当に電話
    をしました。
    株価の動向を伺おうとしたのです。
    結局決心がつかず、売りも買いもせず時が過ぎました。

    私も思わせぶりをしたことがいけなかったのですね。
    今月に入ってから担当から連絡があり、「(買い増しの)決心はつきましたか」とのことでしたが、はっきりとお断りしました。
    そうしたら、とっても機嫌が悪かったです。

    株価が変動している時期なので、顧客が投資の方向にいくと思ったのでは
    ないでしょうか。

    しかし、株取引は曲者です。
    過ぎ去ってみれば、3月の半ばころがチャンスだったんですよね。
    今回のコロナ禍で、驚異的に資産を増やした人、その反対に損失を被った
    人、さまざまだったのだろうな~と思います。

    トピ内ID:9814093327

    閉じる× 閉じる×

    以前と違い、客への連絡頻度を増やしている

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    以前とは違って、客への連絡頻度を増やしているようです。

    強引な売り込みはありませんが、現況伺いも増えて、ついでに商品を買ってもらえないか打診しているようです。

    他にも、生命保険会社も昔は契約後は放りっぱなしだったのが、毎年1回は営業員が自宅に来て、現状を確かめたり、保険の支払事項が発生しなかったかどうか確認されます。(ついでに、新しい保険の契約余地があれば勧誘もあります)

    近年、顧客をないがしろにしたために、クレームや問題が発生する事例があちこちで発生したので、今の契約に不満がないかも含め、状況を確かめるために、連絡頻度を増やしているように思います。

    ひょっとしたら、業界全体へ行政指導があったのかもしれません。

    ウチの場合も証券会社で数種類の商品で、計数百万程度運用していますが、年に一回自宅に来ることになったようで、玄関で対応すると、現在の契約状況の一覧表をくれて、各商品がどんな状況なのかを簡単に説明してくれます。

    最近代わった営業員とゴタゴタがあって、電話の回数は減りましたが、「会社として定期的に連絡しなければいけないので」と、定期的に運用状況が電話でも来ます。

    ただ、自宅へ訪問ではなく『近くの喫茶店でも話ができないか?』というのは、勧誘がしたいのかもしれません。

    なぜ、毎月電話してくるのか。なぜ面談したいのか。をズバリ聞けば良いと思います。

    トピ内ID:1255602674

    閉じる× 閉じる×

    何を警戒しているの?

    しおりをつける
    blank
    泡わ
    証券会社も仕事ですから、営業してくるでしょう。 別に証券会社だけで無く、取引も無い不動産屋・銀行などから営業の電話・資料送付などありませんか?

    どんなに説明されても、トピ主さんが納得しなければ売買成立しないし、どんなに勧誘されようが、決定するのはトピ主さんです。

    自分で商品の勉強をし、営業の人の言いなりにならなければ良いだけで、それをはっきり電話口で伝えれば良いだけです。 情報だけ貰って、、、なんて期待して電話に対応するからでしょ。

    別に簡単な事です。

    トピ内ID:7486813735

    閉じる× 閉じる×

    ご意見、ありがとうございました

    しおりをつける
    🙂
    働く母
    チュン夫さんまで拝読させて頂きました。

    なるほど!と感じたご意見があったことと、自分がなぜそこまで警戒心を持ってしまったのかーを振り返ることもできました。ありがとうございました。

    3月~6月、新入社員の教育の一環で・・・というお話。
    たしかにそうです。この春に電話を受けた時は、まだおどおどした感じだった担当者(いつも同じ若い男性)が、先日の電話の時にはだいぶん慣れた(悪く言えば馴れ馴れしい口調に変化していた)感じになっていました。

    その「口調」に引っ掛かりを感じていたのです。
    自分の息子と同じ年頃であろう青年、しかも大手証券会社の営業マンです。砕けた物言いは親しみを感じる反面、信頼感は薄らぐのではないかと。

    >それを口実に口説かれる?
    と書いておられた方がいらっしゃいましたが・・・
    自分の歳は自覚しておりますので(笑)

    チュン夫さんのご意見、納得でした。
    正直、もう証券会社の商品を全て引き上げようか?というような気持ちもあり、最初の営業電話の時にそんな話もしました。

    引き止めと、更なる売込みが目標なのかもしれませんね。

    何十年となんの知識も増やすことなく、付き合いを続けてきた証券会社との今後。どうするのかしっかり自分で考えて、結論を出そうと思います。

    5名の方々、参考になるご意見をありがとうございました。
    これにて、締めさせて頂きます。

    トピ内ID:1816285174

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0