詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    いつまでも嘆き続ける母

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    アイスティー
    ひと
    自分の中での限界を最近感じてきましたのでどなたかに聞いてほしくて投稿させてください。

    私は40歳既婚者で医療関係の仕事をしています。夫や実家の両親(70代前半)私の姉妹も医療関係の仕事をしています。
    両親が全く同じ専門を仕事にしてきたため、子供の頃から仕事に関して相談しあったり、意見を言い合う場面を見てきましたが、どうやら母の方が専門家としては優秀であると言うことには子供の頃からうすうす気づいていました。
    おそらく父も早くからそのことをに気づいており、母には専門分野では負けていると納得しているようです。

    現在、両親は70代半ばに近づきお互いに大病をいくつかしながら細々と仕事をしながら生活していますが、いまだに父の専門家としての能力に対して母は嘆いております。
    同じ専門家同士で、もっと優秀な熱心な専門家と母は一緒になりたかったのかもしれませんが、母の性格ではそれも無理だったように思います。70代半ばとなり、自分たちより若い親族が急病で亡くなったり、自分たちが生死をさまよう病を経験したにもかかわらず、やはり今でも母は父の能力に嘆き、父に対して憎しみまで感じてしまうようです。

    私としては、残された人生や生活を少しでも楽しく過ごしてほしいと願っていますが、長年心にしみついたままその思いが消えないものなのでしょうか。
    もちろん母の中には、家の専門家としての能力の弱さだけではなく、父と暮らしてきた中で出来事やいろいろな思いが混在はしています。

    トピ内ID:6882151515

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 73 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 10 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    勝ち負けでしか見られないのかな

    しおりをつける
    blank
    なぬ
    専門家っていうのもいろいろあると思いますが、知識量の多さと、クライアントへの説明の上手さで比べたら優劣が違うケースもありますがね。

    このトピの場合は、お母様は知識量も多く技術も高く、なおかつクライアントへの対応もお母様のほうが勝ってるんですかね?

    いったい、なにをもってお母様のほうが上という判断をされてるのですか。その辺が書いてないのですが。書いてあれば、ここでかえってくるレスの内容もかわってきますからね。

    母親のほうが上だというのは、何かの指標があって、それがお母様の方が上なのでしょうか?

    どちらにしても、今読んだ限りでは、お母様が昔からおとうさまを馬鹿にした態度だった、だから自然とトピ主も、お父様を心の中で馬鹿にしてしまってると思いました。何も比較できる指標がないのだろうから。

    トピ内ID:7404806796

    ...本文を表示

    トピ主続きです

    しおりをつける
    🙂
    アイスティー
    トピ主です。尻切れトンボで何をご相談したいか文章にまとまっておらずすみませんでした。
    母の思いとしては、父に専門家としても商売としてももっと活躍したり手を広げて事業を拡大したりして欲しかったのではと思います。
    父は家庭の事は母に任せきりでしたので、その負担も大きかったと思います。
    私から見ると父は確かに何かを発展して行こうと言う気はあまりないように見えますが、現状維持を大事にする人でそういった面は私もよく似ていると思います。ですので、私としては父の気持ちや現状維持をしていくこと、生活を守る事が安心感につながると思うのですが、母としては同業者で同世代の方がとても活躍したり事業を広げているとやはり羨ましく思うようです。
    私が若い頃は、「それなら母が手広くやっていけばいいじゃない?」などと応援も込めて話していましたが、若い時期に大病をしたこともありその自信はなかったようです。
    業種としては医療関係の研究をしておりまして、母の方が明らかにクライエントが多く、またいろいろな病院や組織からお声がかかり40代50代の頃は活躍していたように思います。その頃の母は確かに輝いており忙しくしておりましたので、そのことを今でも懐かしんでいるのかなとは思っています。
    そんな母の父に対する嘆きの中にはおそらく自分の若かりし頃への執着などが含まれていると思うのですが、母の愚痴といいますか嘆きを聞き続けてもはや30年近くになります。
    そろそろこちらが聞く耳も持てなくなってきたなぁと感じる今日この頃で、ただ母と距離を取ったりそういう話をしないでと伝える事は簡単ですが、
    何より母の気持ちをまずきちんと知りたいと思った次第です。

    トピ内ID:6882151515

    ...本文を表示

    愛情がない

    しおりをつける
    🐱
    neko
    愛情がないからかな…と思いました。

    世の中には半数の夫婦で女性の方が能力が上という事になっていると思います。今まではそれでも夫の方が経済を支えてきたから夫を立ててきましたが、これからはそうでもなくなってきてます。世の中の半数の夫は『もしかしてうちの奥さんの方が僕よりも賢いんでなかろうか…』と薄々気づいているかと思いますし、妻も『もしかして私の方が夫より賢いんでなかろうか…』と思っているでしょう。

    でも愛情があるから『でも夫にはこんな良い所もあるし…』と納得してきたんですよ。本来なら『母の性格では父以外無理だった』なら「私にはこの夫が合っているよね~」と納得させたと思います。それが出来ていないなら愛情がない、もしくは愛情が無くなったという事でしょうね。

    なので「長年心にしみついたままその思いが消えない」のではなく、愛情がないからその能力の欠けを埋める事が出来ないんです。

    トピ内ID:9195894455

    ...本文を表示

    自分の面倒をみれない人

    しおりをつける
    🙂
    風鈴
    変えられるものと変えられないものとの区別がつかず、
    自分の心の中の理想こそが正しいと思い込んでいる。

    だから配偶者や健康などの現実を
    ちゃんと見ず、受け入れられず、
    現実に即した生き方の改革や工夫が出来なかった。

    今なっても理想と現実の乖離がただただ悔しく、
    悔しさが恨みとなって降り積もっている。

    これはうちの母のことです。
    私も愚痴を30年聞きました。
    もうヘトヘトになり、母に止めるよういいましたが、
    我の強い母は決してやめませんでした。
    要は、母は自分の精神的な面倒を自分でみることが出来ず、
    娘の私に丸投げなのです。

    それが分かったので、母とは疎遠にしています。
    自分の心を守るために。

    トピ内ID:7987465608

    ...本文を表示

    自分のことを棚に上げて理想を押し付け勝手に失望する母

    しおりをつける
    🎂
    もち
    アイスティー様、こんにちは。

    長年嘆き続けるお母様の気持ちを理解したいとのこと。

    優しいお嬢様ですね。

    さて、拝見したところお母様の仕事に対する高い意識が問題のようですが
    ここを変えるのは難しい様に思います。

    そしてその事をお父様もご存知のことでしょう。

    因みにお父様が負けていると仰っておりますが
    果たしてそうでしょうか。

    医療系のスキルで知識量というのはたしかに重要です。
    しかしながら、常に傷ついた相手を治すのが仕事である以上
    相手の心を汲み、思いやりを持てることもなくてはならないスキルです。

    その点において、今の状態を守り家族を大切にする考え方を持つお父様は
    十分医療系従事者としても立派な方と思います。

    隣の芝は、と申しますが
    お母様自信が手を広げることもできたにも関わらず
    あれやこれやと理由をつけて自分でリスクを背負うことは回避した。
    しかしながら他人にはそれを求めるというのはいかがなものでしょうか。

    人はどんなに優秀であれ常に自分の価値観でしか物事を測れません。
    自分の事は許せても他人には求めるという理不尽はその際たるところです。
    お母様の心中ではその甘さ、人間力の低さが常々渦巻いているのでしょう。

    他人は変えられないが自分が変わることはできると申します。

    お母様の理不尽な被害者意識は今後も続くでしょうが
    貴女様はこれを反面教師に相手を思いやり、理不尽な希望を持たぬ様心がければ
    要らぬ悩みも嘆きも無く平穏に生きることができます。

    自分でできなかった事を勝手に他人に望み勝手に失望するとは何事か、と
    突きつけてみるのは簡単ですが
    誰しも持ってしまう感情なのである意味仕方のない事とも言えます。

    私が病気や怪我をした場合には
    他人を見下し黒い心を持つお母様より家族を大切にするお父様の方に
    お願いしたいと思いますね。

    トピ内ID:5463296722

    ...本文を表示

    真心を感じない家族

    しおりをつける
    🎁
    ラブリー
    お母様は自他ともに認める優秀な人だから手広くやりたかったけど、お母様自身が病気したため出来なかった。だから父親に手広くやれと? 

    お母様が大病したことで、お父様も、守備範囲を必要以上に広げず、夫婦ともに倒れないように、着実にやっていける程度にやって来たのではないですか。

    それをくみ取ってあげないトピ主は、お母様の言葉だけをうのみにしすぎだと思いました。そして大病していたお母様に寄り添ったおとうさまを思いやれない母とトピ主さんだと感じました。

    外はライバルだらけなのですから、家族は同じ歩調であるく仲間でいいと思いますけど??

    トピ内ID:0911687966

    ...本文を表示

    今父親のご飯作りとか誰がしてんの?

    しおりをつける
    blank
    ギーガー
    >父と暮らしてきた中で出来事やいろいろな思いが混在はしています

    うん、多分こっちなんだよね問題は。
    うちの母(有能)もだけどさ。
    夫の能力のなさをあげつらいつつ、実は日常の恨みが裏にあるのよね。

    家事を全部やってきて、子供一人で育てて(夫は何もしないからな)、夫より稼いで、
    で、当の夫は面倒見てもらって当然の涼しい顔。
    母の母が認知症になった時とか、母が一ヶ月入院した時の、母への無関心ぶりとか(母入院中の家事や看病は学生だった私と、社会人で遠くで働いてたのを有給取れるだけ取って帰ってきてくれた妹で回したがな。父は普通に暮らしてたよ)、それは酷いもんでな。
    いや、悪意がある訳じゃないんだけど、何をどうしていいか、何を言っていいか分からず、見て見ぬふりなんだな全部。私もそのとき「あー母が『お父さんは冷たい、人間の心がない』って常々言ってたのはこういうのの積み重ねだな、冷たいというか、何もできないからこうなっちゃう人なんだよなー」とよく分かりましたが。

    結局うちは、母が「不満だらけで夫にかしづいてる意味は無い」と開眼して、七十過ぎて家にずっといるようになった父にかなりスパルタで(自分でやらなきゃ絶対助けないという手法)自分の食事洗濯は自分でできるように仕込んで、父を置いて友人や自分の妹達とガンガン海外旅行とか屋久島旅行とか北海道旅行とかし始めて(自分の金で)、
    住むとこも分けて(近所に自分で買ってあった土地に自分の金で平屋建てた)、
    「父に囚われる」ことをやめたら大変機嫌のいい、身体的にも大変健康な人になりました。80過ぎた今も元気パンパン。

    そちらは今家事誰がしてます?
    相変わらずお母さんがお父さんの面倒見続けてる?だから不満や恨み辛みがどんどん肥大化するのでは?
    昔の事は変えられませんが、「今」物理的に夫から自由になったら、だいぶ精神的に変わってくるかもよ、お母さん。

    トピ内ID:7639322633

    ...本文を表示

    やっぱり家事の問題かも

    しおりをつける
    blank
    中年クライシス
    芸術家カップルなどに時々ありますよ。
    才能は同程度かもしかしたら女性の方が
    上なのに、男性側があたりまえのように
    女性側にだけ家事を押しつける。

    中にはそれで本当に精神を病んで
    しまう女性もいます。

    昔からある問題です。日本だけでなく
    西洋でも同じです。最近そういう事例を
    まとめた本が出たはずですが
    すみません、書名は失念しました。

    つまりは、お母様にとっては自分が
    家事育児を全面的に担っても納得できる
    だけの才能をお父様に見出だせないまま
    ここまで来てしまったのでしょう。

    失われた時間への嘆きだと思います。
    けれど、そういう女性の中には当然
    男性との別れや対峙を選んだ人もいる
    わけで、それを選ばなかったところは
    自分の責任であるとお母様がどこまで
    思えるかですね。

    お母様のご年齢を考えると時代的な
    ものもあり、全てが自己責任とは私には
    思えません。ただ、全てを他者のせいに
    するよりは自分にも責任はあると思った
    方が救われるかも知れないし、性格も
    関係してきますよね。

    老齢になり、ご自分の人生に納得なさりたい
    お気持ちはますます強くなっていらっしゃる
    と思われます。

    母親としての評価だけならお子さんである
    主さんがなんとかして差し上げられる
    でしょう。ただキャリアに関しては、
    今からどう納得していただくか、なかなか
    難しいかもしれません。

    女性であるというだけで家事を担わされて
    きたことが深い恨みや後悔になっている
    のだと私は思います。お父様がお母様から
    見てそれだけの時間を捧げるに値する
    才能をお持ちでないと思っているからこそ
    の恨みの強さなのでしょう。

    これが私の見解ですが、どうでしょうか?
    もしご参考になれば幸いです。

    トピ内ID:8017793887

    ...本文を表示

    娘しかできないこと

    しおりをつける
    blank
    招かれざる客
    うちも同業の夫婦です
    夫は野心がなく、立場や名誉、金銭も求めないタイプ
    ただただ、しっかり仕事をしているだけです
    私も地位や名誉は、欲しい人のところに行くのかなと考えています

    いわゆる、偉いと言われる人以外にも、世の中の役に立ち
    目立たず黙って支えている人たちがいます
    そういう縁の下の力持ちを、尊敬しています

    何を人生の成功というのかは、お金や地位ではなく
    周りの人を幸せにできて、自分も幸せだったと思えることかなと
    思います

    そう考えると、夫の愚痴を長年言い続けるお母様は
    自分の人生を、自分で暗くしているどころか
    夫や子どもにも、嫌な思いをさせています
    しかも、人がそうしてくれなかった、人がそうならなかった
    と、自分を棚に上げて、誰かのせいで不幸になったという
    主体性の無い話です

    仕事の能力はあったということですが
    賢さにかけるお母様ですね

    これは娘が、向き合って伝えるべきだと思います

    娘は、親に厳しい意見、耳に痛い事実を
    唯一言える人間だと思います

    同業で尊敬できる先輩であったとしても
    忙しい中育ててくれたとしても
    お母がこのまま、自己憐憫に浸り、家族を嫌な気持ちにさせ続けるのを
    止められるのは、娘しかいません

    このままでは、お母様自身幸せでは無いし
    次第に尊敬の気持ちも薄れるでしょうし
    お父様もお気の毒です

    頑張って対峙してみてください

    そして、その後、お母様が何をどう思うかは
    本人の問題なので、放っておいて大丈夫です
    娘にこう言われたから私は不幸、となるとしたら
    今までと同じ思考から離れられなかったということで
    それも自分の責任です


    娘のできることは、心からの忠告だけ
    あとは、お母様の人間性の問題
    一緒に溺れないように気をつけてください

    トピ内ID:9155591320

    ...本文を表示

    理由は本人が探せば良い

    しおりをつける
    blank
    招かれざる客
    自分がそんなに見苦しく、情けない態度を取り続けている
    と自覚がないから、やめないのです
    ですから、何が理由かまでは、娘が想像してみて解る必要もなく
    ご自分で、自分自身と向き合って見つけていけば良いのでです


    どんな虚無なのか、黒い野心か、自分の親からの刷り込みか、愛の欠落か
    すぐにあれか、とわかったりしないと思います
    心はそんなに単純ではないですから

    ただ、家族に垂れ流すには、迷惑で
    子どもからしたら、聞きたくない醜いものである
    と、教えてあげてください

    きっと自分は、被害者でなにも悪くない
    もったいなかった、運が悪かった、こんなはずでは、と
    自己憐憫でいっぱいだと思います
    とても不健康な心の状態ですよね

    せっかく持って生まれた能力を発揮して
    何かを成し遂げることができた
    家族もいて、こんなふうに見放さずに心配もしてくれている
    その幸運を、自ら汚しているなんて
    勿体ない話です


    時代からの女性の不幸を慮っていた方がいらっしゃいましたが
    いつでもどこでも、完全に条件が整っているなんて
    滅多にありません

    家族の世話だってなんだって
    時間も全て、勝ち取ってきた人もいれば
    譲り合う関係を築いてきた人もいます

    お母様が自分を不幸に感じて嘆いている、ある種のオカシサ
    遠目に見れば、ユーモアさえ感じられるほど
    一般的に言って、無い物ねだりの欲張りに見えます

    本人はきっと辛いんだろうなとは思いますが
    目を覚まさせてあげるのも、悪くない
    と思いますよ

    死ぬまでに、自分を見つめ直し
    人を恨んだり、嘆いたりしない心持ちになることができれば
    終わり良ければ、になりますよね

    トピ内ID:9155591320

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0