詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    皆さんもこんな経験ありますか?僕は異常ですか?

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😑
    トピ主
    ヘルス
    今年ひいじいちゃんが亡くなりました。僕が生まれた時にはもうすでにかなりの歳で、いつ亡くなられてもおかしくはないから覚悟しておいてと言われ続けていました。ひいじいちゃんとは、ばあちゃん家に行った時に話すくらいでしたが普通に好きでした。去年病気が判明、すぐ悪化しましたがなんとか一命を取りとめました。元々ひいじいちゃんは活力?が強い人で、安心していました。でも今年の春急にまた悪化して亡くなりました。
    僕らの家族は家が遠くてお葬式に行ける状態ではなくて行くことができませんでした。朝起きた時母がサラッと「ひいおじいちゃん亡くなったって」と言ってきました。両親はこういった経験が人生のうちで何度かあったらしくとても冷静でした。姉は身内が亡くなる経験は僕と同じく初めてだったはずなのに、何事も無かったかのように動画サイトを見始めました。僕は状況が飲み込めなくてボーッとしてました。でも哀しくもなくて、(ああもう会えないんだなあ)くらいにしか思うことができませんでした。しかも(走馬灯見たのかな)とかクソみたいなことが頭の中に出てきて自分自身驚きました。ひいじいちゃんとの楽しかった思い出とかあるはずなのに、居なくなったら悲しいなとかひいじいちゃんと話してた時思ったりしてたのに。そんな自分がすっごく嫌で、ひいじいちゃんに申し訳ないとか思って、そういうことで泣きました。
    これは今までこういう経験が無かったからなんでしょうか、僕が最低なんでしょうか、僕の考えすぎなんでしょうか、いつも頭の隅にあって悩んでます。

    トピ内ID:4770359627

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 1 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 82 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    異常ではないですよ

    しおりをつける
    💤
    さくら
    僕さんは、小学生か中学生ですか?
    初めて人の死に触れたのですね。

    主さんの感情は異常ではありません。
    そして、ご両親もお姉さんも間違ってはいません。

    身内の死を悲しむ度合いは人によって違います。
    表に出す人、出さない人。出さなくても、心の中は号泣かも知れない。
    実感がなくて、悲しめないのかも知れない。

    ご両親は、ひいおじいさんのことは覚悟されていたのではないでしょうか。
    大往生だったのでは。

    ひいおじいさんのことを思い出すということは、主さんの心の中で生き続けるということです。
    主さんの悲しみも少しずつ落ち着きます。

    トピ内ID:9891123570

    ...本文を表示

    そんなことないですよ

    しおりをつける
    💡
    ビー玉
    全然冷たくも異常でもないと思いますよ。
    いざ、大切な人を失うと、その時はもしかしたら心がその現実を受け入れない時もあるのだと思います。
    時間が経つにつれ、曾お爺様との思い出が蘇ってくるかもしれません。
    お葬式に行けなかったとの事ですが、今の状況では仕方ないないと思います。
    でも主様はいつも心の中で曾お爺様の事を思っておられるご様子なので、曾お爺様もきっと喜んでいらっしゃると思います。
    故人を忘れず、主様が毎日健やかでいらっしゃる事が何よりだと思いますよ。

    曾お爺様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    トピ内ID:2273387794

    ...本文を表示

    哲学をお薦め

    しおりをつける
    🐤
    しま
    自分がよく知っている人が亡くなったのに、あまりに自分たちは普段通りで、あっさりで、これでいいのか? ひいおじいちゃんに悪い…という気持ちなんですね。
    もしお葬式に行けてたら、黒い服で神妙な顔で皆集まって、非日常的な雰囲気になるので、何となく納得できたかもしれません。お葬式には、そういう役目もあるのかな、と思います。

    で、トピ主さんは「ふうん、亡くなったのか…」でおしまいではなく、「人ってなんだろ、死って何だろ」みたいな疑問を感じたのだとしたら…哲学の才能があると思います。若い人向けの哲学の本なども出ているので、読んでみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:8349655413

    ...本文を表示

    伯父が亡くなった時

    しおりをつける
    😨
    ねね子
    かれこれ10年程前、母の姉の夫が亡くなった時の事です。
    小さなころは何度か遊びに行って、よく顔を合わせていたし
    大好きな伯母の旦那さんだった人です。
    全く悲しくないとは言いませんが、やっぱり「ああ、亡くなったんだな」と言うくらいの感覚でした。
    ある程度、覚悟があったのか、伯母も従姉妹たちも特に泣きわめくでもなく
    お通夜の後にみんなで夜通し語り明かしたりしましたが
    母の弟が「頼む今日、どうしても見たいテレビがあるから見せてくれ」と言い出し
    そこにいた一同、全員でテレビを見ました。
    時には笑ったりもしていました。
    私はとても不謹慎だと思ったのですが、伯母は「みんなで笑いながら送ってあげられるのもいいね」と言っていました。

    ごくごく身内でもそんな感じですので、トピ主さんの感覚は決して悪いものではないと思います。

    トピ内ID:8176165961

    ...本文を表示

    それで良いんですよ。

    しおりをつける
    🛳
    divide
    かなりのお歳だったんですよね。
    親族皆覚悟はできていたんだと思います。
    順番通りに旅立った。
    自然の摂理で当たり前の事なので
    必要以上に悲しがらなくても良いんです。

    ご自分を責めないで下さいね。

    トピ内ID:8373571792

    ...本文を表示

    みんな、そんな感じだと思います。

    しおりをつける
    🙂
    ゆみ
    私も1年ほど前に祖父が亡くなりました。
    入院先の病院で息を引き取り、一人暮らしをしていた私は母からのLINEで祖父の死を知りました。

    もう意識をなくしてから1ヶ月以上経っていましたから、なんとなく覚悟はしていました。
    でも、いざ亡くなったことを聞いても、全然実感が沸かなかったことを覚えています。一滴も涙は出なかったし、普通にテレビ見ながらご飯食べて普通に寝ました。寝付けないなんてこともなかった。

    次の日も、バイトに行って夜は彼氏と電話して、いつも通りでした。彼に慰めてもらいましたが、私はそこまで悲しみを感じていませんでした。

    祖父が亡くなって、初めて涙が出たのはお葬式で冷たくなった祖父を見た時です。触ると冷たくて、話しかけても返事がなくて、そこでやっと、ああ亡くなってしまったんだなと実感が湧きたくさん涙が出ました。

    しかし葬儀が終わり、次の日一人暮らしの家に帰ってみると、不思議なことに涙が引っ込みました。お通夜で実感した祖父の死が、また現実味のないものになっていました。
    もう喋れない、触れられないなんて、正直今でもあまり現実味がないです。

    祖父と祖母の家に、今は祖母だけが暮らしています。元々祖父の部屋だった場所はきれいに片付けられ、祖父のお仏壇だけがあります。
    その家に遊びに行って祖父の仏壇を見たときだけ、いつも涙が出ます。きっと嫌でも祖父の死を実感してしまうからだと思います。

    トピ主さんはお葬式に参列されていないようですから、多分いまいち実感が沸いてないんですよ。
    無理に泣く必要なんてないです。いつか嫌でも実感して、寂しさで涙がたくさん出てしまう時がきますから。

    それに、もしも一生寂しさを感じず涙が出なかったとしても、悪いことではないですよ。なんだかいつまで経っても実感が沸かないんだよなあって、そういう人もたくさんいます。泣かずに済むならそれが一番です。

    トピ内ID:4328287017

    ...本文を表示

    ありがとう

    しおりをつける
    🙂
    私は 伯母さん 叔父さん2人 おじいちゃん おばあちゃん 2人 従兄弟 が 今迄 なくなりましたが 誰のお葬式も出ていません。
    お葬式を逃すというのは 喪失の共有を逃すことになって 亡くなった人がいなくなっちゃったことをきちんと把握出来損なっちゃうんだと思います。

    思い出話をしたり 一緒に泣いたり 亡くなった人をいろんな方向から 悲しみ惜しみ物語る事で 1人の人が いなくなったという納得が出来上がる経過を 経ないままになってしまったんだと思います。
    ただただ 「おじいちゃんと私」の 断念的な物語の終わりという、 筋書きもなにもない断片的なお別れになってしまって、しっくりこないままになってしまうんだと思います。

    私は 海外に住んでいて、もう 死んでいても生きてても 人生で後何回あうかしら?という親戚の中に、 死者もふくまれてしまって 永遠に中途半端な喪失を生きています 。しかも それを 悲しむ事が少なくてラッキーとかおもい始めてました。
    あなたの 疑問を読んで 少し目が覚めました。あんまり 何もかんも無かったことにしてたらあかんな。
    1人ずつ 帰国のたびに お墓まいりか おせんこうあげにいかせてもらって 区切りをつける覚悟をしようと思いました。
    ありがとう、 ちゃんとしてないおかしさを 言葉にしてくれて。「普通に好きでした」っていってくれる人がいることって すごいこと。私がひ孫にそう思われたら 凄い嬉しい。
    いい文章ですね。

    トピ内ID:5706901819

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0