詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家計診断 お願い致します。

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    みきみき
    話題
    トピを開いていただきありがとうございます。
    なかなか貯金がたまらないため、皆様のお知恵を拝借いたしたく存じます。

    家族構成
    主人(45)会社員
    妻 (45)派遣社員
    息子1 全寮制高校2年(関西)
    息子2 小学6年生
    首都圏在住

    収入(手取り)
    主人給与 42万円
    妻給与 25万円
    児童手当 1万円
    主人賞与(年2回)平均80万円/回
    計 68万円

    月々の支出(単位万円)
    固定費
    家のローン 8.3 (残り2500万円/30年)
    息子1学費/寮費 15
    息子2学童/学校費用/習い事 2.5
    光熱費(年平均)2.6
    通信費(スマホ3台、光回線)1.2
    税金(固定資産税妻住民税積立)2.5
    車(自動車税保険車検費用積立)2
    息子2 学資積立 4
    息子1 積立 1.5
    家保全費積立 1.5
    妻確定拠出/年金型保険 4
    医療保険/就業不能(夫妻)1.7

    小計 46.8

    流動費
    ペット費用(犬2匹)1.5(注射代含)
    食費 7
    生活雑貨 1.2
    外食 2
    主人小遣い 5
    妻小遣い 2.5
    医療理美容 2

    小計 20.7

    計 68
    月額収支 プラス0万円

    賞与から以下の支払い

    年1回スキー旅行/年末年始主人実家帰省 25
    主人スーツ/大型の買い物等 30
    その他家電等買い替を含臨時出費 15

    現在の貯蓄額/積立額等
    息子1 学資 300万円
    息子2 学資 180万円
    家保全費 65万円
    妻確定拠出 550万円
    年金型貯蓄 45万円
    株等 200万円
    その他貯蓄 650万円

    ※もともとは専業主婦ですが、息子1が私立の全寮制へいきたいとのことより4年前より派遣社員として就業
    ※携帯は格安SIM、インターネット回線も見直ししています
    ※犬は亡くなった父の犬をひきとり
    ※子どもは大学進学予定(基本家から通学可能な範囲 もしくは 国立プラス下宿)

    トピ内ID:7868927680

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 25 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    食費

    しおりをつける
    🙂
    40代主婦
    そりゃ・・・食費でしょう。

    7万は使いすぎとは言いませんが節約もしていない金額だと思います。
    さらに2万も外食していたら、食だけに使いすぎと思います。

    ご主人は稼いでいる方だと思うし、トピ主さんも元専業主婦から派遣になってその収入は立派だと思います。
    が、中途半端に稼げるせいで地道な節約ができない典型の家計かなと感じました。

    普通に低所得なら我慢しなければ生きていけないので食、衣類、雑貨、消耗品などは必需品部分と贅沢品部分を見極めて、贅沢を排除(節約)します。

    中途半端に稼いでいる人はそれらを必需品と贅沢品に分けず、すべて必需品と考えてお金を使ってしまいます。
    つまり節約できてない状態です。

    食費はもっと下げられると思います。
    やる気(意識)次第です。

    トピ内ID:6837628108

    閉じる× 閉じる×

    外食が好きなのかな

    しおりをつける
    🐱
    匿名
    首都圏なら、家族で食費7万は普通だと思うけど、(うちも都内です。老夫婦だけでも、食費そのくらいかかってます)
    外食費が多くない?
    外食がお好きなのかな。
    それだと、そのくらいかかるかな。

    我が家は家食、家呑なので、外食費はかからない。
    真っ先に減らせるモノは、と考えた時に、やはり外食が一番減らしやすいと思いますよ。

    トピ内ID:5110889681

    閉じる× 閉じる×

    今は3人だよね?

    しおりをつける
    😢
    とおりすがり
    なのに食費が7万、外食が2万は多すぎですよ。
    それから、理美容代は、其々のお小遣いから出しましょう。
    妻の年金積立も見直しては?
    正規職員になって厚生年金を貰う方がいいです。

    夫婦の小遣いは、両者共に1万円ずつ減らしましょう。
    ご主人4万、トピ主さん1.5万にしましょう。

    それから、長男に掛けすぎです。
    次男が長男と同じ高校に行きたいといったら…行かせてあげられますか?
    子供の学費に差を付けないように。子供同士に禍根を残します。

    とにかく、トピ主さんがフルタイムで正社員になって、収入を増やしてください。
    それ以外には考えられません。

    トピ内ID:7485391296

    閉じる× 閉じる×

    今は貯金を増やす時期ではない

    しおりをつける
    🙂
    アルパカ
    教育費をしっかりかけてあげたい方針なら、下の子が大学卒業までは貯金を増やすことは考えない。55歳からの10年間で老後のお金を貯めましょう。

    トピ内ID:9280353075

    閉じる× 閉じる×

    40代主婦様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。

    やはり食費なんですね。
    言い訳かもしれませんが。

    うちは お酒は全く飲まないのですが、主人が大のアイスクリームとラーメン好きで、勝手に仕事帰りに買ってきてしまいます。

    ご飯をどんなに多めに用意しても そちらを残してラーメンとアイスをしめに食べます。
    主人の体が心配だからと 頻度を落として欲しいと頼むも(ここ10年お願いしています)、そのときはわかったと言ってくれますが、いつのまにか買ってきます。
    アイスクリームは息子も食べるので、また クレジットカードで買い物をしてくるため(お小遣いを使わない)、家計から出て行ってしまいます。
    これが 月約10,000円くらいでしょうか。

    主人はコンビニを利用する(帰ってくるのが毎日夜中です)ため 割高なので、一度格安スーパーでアイス等をまとめ買いしたら、ある分だけすぐに食べてしまうので、やめました。

    また、息子がお米大好きで、かつ こだわり(産地や銘柄、味)が強く お米代も結構かかっています。一度 安いお米に買えたら 食べなくなってしまったので、これも息子指定のものにしています。
    (このため 炊飯器を買い換えるときに 少し高めのものを買い、安いお米でも美味しく炊けるようにしたのですが、ダメでした)

    あとは 主人が定期的にペットボトルのお茶、水と コーヒーを購入している(月5,000円くらい)のが地味にきいています(主人の会社にもっていくのが大半)。
    自販機よりは全然安いのですが、これはお小遣いで買ってもらえるよう交渉してみます。

    そうこうしていると 月7万円になっています。
    (コロナ期間中は上の息子もいて、みんな三食家だったので、12万円かかってしまいました)。

    まずは主人の嗜好品系を半分でも主人のお小遣いでやってもらえないか 依頼してみます。

    ありがとうございます。

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    匿名様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。

    外食にかかりすぎなのですね。
    私が働きはじめて、もともと体力がなかったため、土曜日は常にへばっている状況です。

    このため、土曜日の夕飯は外食が多くなってしまいがちです。
    今は月3で外食しているので、まずは月2に抑えることができるように頑張ってみます。

    外食は 回転寿司、焼肉系が多く、気づけば会計が嵩むこともしばしばです。
    男の子は やはり食べますね。

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    とおりすがり様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。

    外食ですね。他の方へのレスにも記載したのですが、まずは外食の回数を減らすようにしてみます。食費も 主人の小遣いからだしてもらえるものは だしてもらうように交渉してみます。

    働き方は 追々検討していきます。ただ、派遣でも社保は完備で 厚生年金には入っています。
    年齢の問題もあるので、下手に正社員になると、給与は下がり 責任は重くなるということも往々にしてあると思うので、慎重に検討はしています。

    確定拠出などはもう一度金額を見直してみます。

    長男に費用をかけすぎとのことですが、この点だけは我が家として譲れない部分です。次男がもし同じところにとなったら、仕事を増やしてでも通えるようにします(その分長男には大学は奨学金等でいってもらうようにしますが)。

    少し横ですが、長男は発達障害があり、小学校は全く馴染めず いじめられて、不登校でした(療育等には通ってました)。
    このため 長男にあった学校を探して、やっと長男が行ってみたいと思えた初めての学校でした。

    その学校にいき、少しずつ明るく伸び伸びと自分を外でも出すことができ、今では友達もでき 楽しそうにしているので、これでよかった、我が家にはこれは必要経費だったと思っています。

    次男は そんなお兄ちゃんをみて、明るくなってよかったね、お兄ちゃん大好きと 長男が帰省するたびにくっついて 一緒に遊んだり サッカーしたりしています。

    小遣いは 主人とお話しをしてみます。

    色々な視点でのアドバイスありがとうございました。

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    食べたい

    しおりをつける
    🐷
    匿名
    美味しいものや好きなものは、食べたいですよね。
    我が家、食費はあまり考えずに、買ってる。
    だから、ヌシさんに偉そうなことは言えないな。
    外食しないだけで。

    お米、某産地の某銘柄が美味しい。
    これでなきゃ。と思う。
    高いけど、美味しい。

    お茶、ペットボトルなんてありえない。
    産地取り寄せの玉露をゆっくり味わう時間、最高…

    どなたかのレスにあるように、教育費は今は減らす時ではないでしょう。
    ゆとりがあるなら、かけてあげたい。

    教育や知識は、後々まで残る、財産ですからね。

    思いついたことを、書いてみました。
    節約。
    無理せず、でも、計画的にやってみてくださいね。

    トピ内ID:5110889681

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🐱
    チョッパー
    ご主人にペットボトルのお茶等をお小遣いで買ってと言っても、クレカを使われてしまいませんか?
    いっそ買うのを止めてもらって、主様が自宅で作ってマイボトルに入れたのを持っていかせるのではダメですか?
    私もやっていますが、お茶でもコーヒーでも保冷水筒の方が温度は保てるし、プラゴミも出ません。
    水筒洗いの仕事が増えますが、かなり節約できると思います。

    あとご主人にどんなにお願いしてもラーメンとアイスを買ってくるなら、ご主人だけそれありきで献立を別にしては?
    ラーメン買ってきた日は野菜料理だけ出す。野菜のお浸しや煮物、サラダ、炒め物でもいいです。
    ピクルスや甘酢漬けを常備しておいて出すと簡単です。
    ご主人の夕飯のメインだったものは、翌朝の朝ごはんかお弁当にするか、メニューによってはお子さんの朝ごはんにしても喜ぶと思います。

    外食は支出がかさみますよね。
    お子さんが食べ好きないように、外食しに行く前にお子さんにだけ冷凍おにぎりやピザを食べさせてから出掛けては?

    トピ内ID:7757984879

    閉じる× 閉じる×

    心配な事

    しおりをつける
    💤
    ハック
    教育費という聖域で結果破綻する、平均よりちょい高額所得者の層っているって、読んだことあるのですが、まさにそれかなぁ…

    ただ上のお子さんを今から転校させるわけにはいかないし兄弟格差をつけすぎるわけにもいかないでしょうから、食費や外食等、少しでも見直すのがよいのではないかと

    運良く下のお子さんの希望がそもそもお金のかからない進学先ならよいですが、上のお子さんと同等のお金のかかる進学先だと厳しそう

    心配な点は
    ・住宅ローンが30年残っており、ご主人の定年をこえること。
    ・お子さんの希望進路。上のお子さんの希望進路は文系ですか?もし理系だと学資保険ではまかなえないのでは?
    ・家保全費用の貯金が少ない。
    ・コロナの影響等でボーナス減ったり、なくなったら赤字家計。

    ローン残高を退職金で払うという考えもんあるかもですが、退職金もボーナスみたいに不確定要素が大きいとこなのでちょっと怖いかな。

    トピ内ID:4437084265

    閉じる× 閉じる×

    アルパカ様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。
    お礼が遅くなりすみません。

    確かにおっしゃるように 貯めどき、出費が嵩む時期というのはありますね。
    我が家は私たち夫婦が55には下の子は大学卒業予定なので、そこから貯めることはできるかと思います。これから長男が大学生の間出費のピークになるのかと思います。

    他の方にいただいたアドバイスは実施できる部分はやっていき、子どもへの費用は ある程度確保してやっていければと思います。

    変に焦っていた部分もありましたので、気持ちが少し楽になりました。

    ありがとうございます。

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    匿名様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。
    2回目のレスをいただいたようで、感謝です。
    (たまたまお名前かぶっていたら、ごめんなさい)。

    教育や知識は一生ものの財産であること、はっとさせられました。確かに人生いつからでもやりなおせるし、なんでもできると思っているのですが、でも 学校時代に得たものが 人生の土台の一部になっていくのは間違いないと思います。

    美味しいものを食べること、そして それを味わうこと 心を豊かにしてくれる一要素なのかもしれません。

    絞れるところは絞り、心を豊かに保つためのものは 残しつつ 節約生活やっていこうと思います。

    ありがとうございます

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    チョッパー様

    しおりをつける
    🙂
    みきみき
    レスありがとうございます。

    また、具体的な方法をご教示いただき感謝です。
    主人のペットボトル代などは もともとAmazon購入のため クレジットで お小遣いは現金で渡しています。
    この現金部分を 使った分だけ 削減することを考えておりました。


    マイボトルは 主人に提案してみます。
    私が仕事はじめたころより会社にマイボトル持参しているのですが、その際主人も同じようにマイボトルを購入したのですが、いつの間にか 持っていっていくのをやめたようです。
    主人は夜中に帰ってきて 朝も早いためボトルの出し忘れ(子どもみたいですが)が多く続かなかったような気がします。

    私も 朝バタバタしてしまい、主人のマイボトルまで気をつけることができず、、、でした。

    また、夕飯は 主人は夜中帰りで その日の気分でラーメン有無が決まってしまうので、なかなか量の調節は難しいです。

    余ったら、私や子どもが朝ごはんに食べたり、私の昼食用に会社にもっていっています。

    夜中のため、私も就寝していることが多いため、リアルタイムで止めることもなかなかできず、今に至るという感じです。

    外食前に小腹をすこし満たす案!いいですね。
    男の子だからこれからどんどん食べる量は増えていくと思われますので、それやってみます!

    ありがとうございます

    トピ内ID:7868927680

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0