詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    教室運営の悩み

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    花咲く
    ひと
    自宅で子供のアート教室(絵や工作)を月に1度やっています。生徒さんは7人程度です。知り合いの希望もあり教室を立ち上げることなり2年ほど経ちます。出来上がる作品に子供さんも親御さんもとても満足していただけて、楽しみながらやってきました。
    家の都合で日にちが変則的なので、事前に開催日と、作る内容をお知らせし、参加の有無のお返事を開催日の1週間ほど前にお願いしますと伝えます。
    最近モヤモヤすることがいくつかありました。
    1教室に通いたいと最初に言ってくれた子が、他の絵画教室にも行き始め(親御さんではなく子供さんから聞いた)いつも都合が悪いと言って断る方がいる
    2何をやるかによって、参加するかしないかを子供に決めさせる方がいる。はじめに参加すると言って、こういうものを作りますと写真を送ると、イメージと違ったと不参加にしたことも。
    3グループLINEにて欠席のお返事が2、3人来た時、「みんなが行かないなら行かない」という子も
    4参加のお返事をいつまでもいただけない方
    (後で確認すると、「忙しくて忘れてました、すみません!」と)
    参加人数が少ないと、材料費などがかさむので、開催しないこともあります。

    教室のモットーは、子供達が普段経験できないようなことを手先を使って体験させて、完成の喜びを味わってもらいたいと思い、生徒さん、親御さんに満足していただけるよう、楽しめる内容を考えてやってきましたが、自分と相手の温度差を感じ、やめようか迷っています。

    親御さんのほとんどは友達や知り合いでもあり、どうして?とか強くも言えません。
    個人でやっていることなので、なかなか相談できる人もいません。
    ささいなモヤモヤかもしれませんが、この気持ちのまま続けていくのは辛いなと思います。
    何か良いアドバイス、考え方があったらいいなと思います。

    トピ内ID:7295847287

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 61 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    教室とはそういうもの

    しおりをつける
    🎂
    もち
    花咲く様、こんにちは。

    教室運営で生徒と自分の温度差があるとのこと。

    最初は乗り気だけど徐々に離れていってしまう
    何事にもある事です。

    例えば料理が上手なご友人がいたとして
    お店を出そうか悩んでいたら、出来たら絶対食べに行くね!
    なんて口にするでしょうが、
    実際足を運んだとして月に一度くらいのものでしょう?

    だれしも自分に責任がない事には手放しで乗ってきますが
    いざ自分や子供が行動する時になるとそういうわけには参りません。

    志高くプロを目指すようなものでもありませんから
    純粋に関心が低くなれば離れていくでしょう。

    純粋に地域ボランティア等の一環として行うのであれば良いですが
    材料費が、生徒数がとなるならば、おやめになっても良いかもしれませんね。

    このご時世に難しいかもしれませんが
    DMを作って、親しいお店等に置いてもらうこともできるかもしれません。

    それがお店であれ教室であれチームであれ、
    運営サイドは常に成長の努力をしなければどんどんと廃れていくばかりです。

    トピ内ID:0996056963

    ...本文を表示

    立ち位置が曖昧なのかも

    しおりをつける
    🙂
    ぴこ
    トピ主さまの教室は、行けば楽しいんでしょう。お友達もいて、普段できないような工作や絵画制作ができる。また行きたいとその時は思う、その気持ちに嘘はないのでしょう。大きな問題点として考えられるのは

    1、時間枠。プロの教室なら例えば第一第三月曜日午後3時、のようにちゃんと時間枠が決まっている。これは大きいです。子どもや保護者の心の中に「その時間は教室に行く」という心づもりができる。でもトピ主様のところは変則的でそれができない。

    2、料金。月末に次の月のレッスン料を払うシステムでなく当日払いなら、休みやすくなる。

    上記の2点が重なると教室へ行くことの優先順位が下がるのも仕方ないのではないかと思います。あとはトピ主様が書いていらっしゃる通り「みんなが行かないなら」「忘れてた」「作りたいものじゃないし」となりますよね。

    さらに悪いのは「参加人数が少ないと開催しないことも」。これは行く気のあった子までがっかりさせます。少人数でも開催しないと教室への信頼感がなくなります。悪循環に陥ります。

    内容的にはトピ主様なりに考えていらっしゃるのでしょう。でも教室の枠組みとして、プロの教室としてやっていくのか、子どもが楽しめる場所をご近所さんとして作ろうとしているのか、そこが曖昧なのだと思います。

    トピ内ID:6400749546

    ...本文を表示

    ごめんなさい!

    しおりをつける
    🙂
    蜜蜂
    自宅で月1回は会費貰ってるのですか?

    家の都合で毎月〇日とか決まってなく変則的なんですね。
    1ヶ月に1回 それも変則的で開催日は1週間前?
    子を通わせる親としたらば 他に習わせたい通わせたい事があっても変則的ではやはりちゃんと日時が決まってる方を優先しますね。
    他の習い事に貴女の教室の開催日株ったら あらかじめ決まってる曜日の習い事に行かせますよ。 変則的でいつのあるかもわからない教室だから軽く見られてしまうのでは?
    あっ!忘れてた?やまぁいいか?て

    貴女の熱意までは伝わりませんから。
    また2年前にから通ってるお子様も 大きくなれば習い事が増えてるでしょうし。

    月に1度でも毎月この〇〇日は!!と定まってたら 予定立てる子どもたちのおやも良いのでは? 初めて変則的な1週間前の日でも 2年経ち習う子ども習い事も増えたり変わったりなのでは? 1番は毎月〇〇日!と決まってないのが!?

    トピ内ID:6253840948

    ...本文を表示

    それを、教室運営とは言わないのでは

    しおりをつける
    🐤
    ディスタンス
    月一回、7人程度、身内が生徒で、教室運営なのですか?

    教室運営と言いたいのであれば、生徒の口コミに左右されない安定した需要があってのことです。

    どうせ悩むのなら、キャンセル待ちの生徒さんをどうするとかで悩んでください。

    モヤモヤするのは、辞められたら困るからでしょ?

    トピ内ID:5463273928

    ...本文を表示

    あくまでも私の場合、ですが・・。語学教室運営しております。

    しおりをつける
    🙂
    レス主
    語学教室を運営しております。

    これから書くことは、あくまでも私の場合、です。全教室主催者に当てはまらないだろうし、お互いの分野も違ううえにトピ様のことも存じ上げないので、ピンと来たところだけ拾って、あとはスルーしてください。

     私の場合、もし生徒さんが休まれたら、いかなる理由でも、自分のレッスン内容の魅力が乏しくなってきたのだ、とまず「内省から」始めます。理由が病気でも、家族のことでも、お友達が行く行かないという人間関係的なこと、や、趣味嗜好の食い違い、でもなんでも、です。
     どんな不都合があったにせよ、私自身と私のレッスン内容がじゅうぶん魅力的であれば、お客様〔あるいは生徒さん〕は来るものなんです。

     なので休まれたりすると私なら内省しまくりますよ。「私最近寝不足でイライラしていなかったかな。」とか、「お教室の掃除が不十分だったよね・・。」とか、「自分のコミュニケーションに修正加えるべきかも。メールの頻度や言葉遣い、大丈夫かな。もうちょっとどこか変えたほうがいいかな?」とか。「そもそも私自身の語学力、ちょっと落ちてやしないか・・。」「最近、教材研究が足りていないよね。」「授業料の値段設定、どうなんだろ。安過ぎ?高すぎ?」「でも、内省しすぎて自分自身のニーズをないがしろにしてない?」「そもそも自分にとってこの仕事って何なのか。」とか。

     このように、自分の仕事に対するクエスチョンがいくらでも湧いてきます。生徒さんの出席率ってそのまま自分自身の人間としての魅力や教室運営力のバロメーターなんです。お休みされる側の理由は、まったく関係ありません。

     と、思っているのですが。
      お目汚し、失礼いたしました。

       良いことがありますように。

    トピ内ID:4748248053

    ...本文を表示

    それならしっかり体制を整えてください。

    しおりをつける
    🙂
    ゆかり
    工作ではありませんが、子どもをママ友の教室に数年通わせ、小学校卒業とともに円満退会した者です。

    生徒さんはルール違反は何もしていないように感じます。とくに2は全く問題ないですよね。

    お金を気にされるということは単発性?なら月謝制にすればいい話です。
    子どもが通っていたところは格安な分、月謝制でしたよ。振替も講師都合のときのみ返金。だからみんな真面目に通っていました。
    月謝制でも「魅力がないから行かない」というなら、それまでの価値ということ。
    受講する側に自由を与えることを決めたのは主さんですから、不満を言う権利はないと思います。

    1は、他の絵画教室の曜日は聞いていますか?そちらも不定期開催でしょうか。あちらが決まった曜日なら曜日をずらす、同じように不定期なら、商品として負けただけです。

    3はお返事がみんなに見えない形で発信できますよ。LINE公式アカウントってご存知ですか?これならグループに登録している方からの返信は管理者しか見えないようになっていますから、「わたしも、ぼくも」にはなりにくいです。

    あえて生徒側が問題なのは4ですが、あなたも1週間前と銘打ってるのだから、そのときの人数でやるかやらないかを決めればいい。

    職業としてきちんとしたいなら、お知り合いやママ友だから、という甘い意識は捨てて、プロとしてしっかり体制を作ってください。
    温度差があるのではなく、あなたの温度が低く伝わってるから下に見られているだけです。

    運営に協力して欲しいなら、「家の都合で日にちが変則的」も、普通は何とかしませんか?
    曜日が変則的なのは、他の習い事やきょうだいの兼ね合いがあり、本来は困るはずですが、今まで皆さん都合をつけて来てくださってるんですよね。

    お客さんがすべて、とはいいませんが、
    もう少し受講する側に立って考えてみては?

    トピ内ID:0108334303

    ...本文を表示

    「日にちが変則的」が全ての原因の気がする

    しおりをつける
    🙂
    どんなに素晴らしい先生の教室でも「不定期」「変則的」の開催だと、2回以上続けての参加は難しい気がします。
    1~4の理由全て、変則開催をやめればある程度解決すると思いますよ。

    まず1ですが
    多分絵画教室は毎週火曜だとか、曜日が決まってるんでしょう。
    そういう教室の方が断然参加しやすいです。
    優先順位はそちらの方が上になりますよ。

    2も同じで、変則開催でしかも気乗りしない内容だったら、わざわざそのために都合を開けるのもな~と思ってしまいます。

    3も同じ。毎週決まった日にみんなが来ると思えば多少題材に気乗りしなくても行きますが、1と2の理由で人が減って、さらに変則となったら行くモチベーションが低下します。

    4も、変則日程だからですよ。
    変則開催ということは、お伺いの連絡もいつ来るかわからないってことですよね。
    そういうのわずらわしいです。

    続けたいなら、まずは「毎週この曜日で!」というのを固定してみたらいいと思います。
    どうしても別日に、というのも半年に一度くらいなら許容範囲かな。

    これができない、どうしても変則日程での開催しか不可能なら、生徒は固定の7人にこだわらず、市の広報とかWebとかで広く参加者を募って、「定員は7人です」とかにしたら、毎回メンバーは変わる可能性は高いですけど、安定して生徒が集まりやすいと思います。

    トピ内ID:8899296496

    ...本文を表示

    趣味の延長

    しおりをつける
    🐱
    ラクシュミー
    どんな立ち上げ時の様子であろうと 今 通わせてるのは 「趣味の延長でやってる人の教室を」だと思われてるのかもしれませんね
    トピ主さん自身も 教室の意義を強く主張出来ないのは そんな心持ちを自分でも意識されてるのでは?
    続ける為には 本当に通いたい人を大切にするしかないでしょう。 それなりにルールを作り守ってもらいましょう。 それを提示する事は ご自分にも厳しく 大変だろうとは思いますけど。

    トピ内ID:9499470294

    ...本文を表示

    その運営方法では

    しおりをつける
    blank
    ブロンド
    遅かれ早かれ行き詰まると思います。
    月一の友人の教室を手伝ったことがありますが(花関係)
    その時の経験からお話ししますね。

    まず月一でも不定期というのがまずいです。
    最初は生徒側が合わせてくれても毎回では予定がたちません。

    それと継続して初めて習得できる習い事ではない、このような単発の講座は
    その一回で何かが出来上がるとか楽しみが完結するので
    継続につながりにくいのです。

    おまけに生徒も慣れて来ると自分の好みがはっきりしてきます。
    苦手だな、と思った内容でもやってみれば楽しかったというのはあるのですが
    休めば受講料なしなら休んじゃえ!となります。

    休んだら内容的に置いてかれるとか先にお月謝払ってるとか
    心理的に行かないと!って思わせないと人って続かないんですよ。
    子供でも同じです。受講料を払う親の意向も大きく入りますし。

    おすすめするのは
    月一だったら第何週の何曜日かを決めて3ヶ月~6ヶ月ワンクールで
    先払い(3回分~6回分の料金)にする方法です。
    もちろんそうするなら先々の内容も明示して
    魅力のある時間をアピールしないと生徒は来ないと思います。

    最初は請われて始めたとしてもいつまでも生徒側の熱意は続きません。
    継続するならそれなりの体制にしなくては。

    トピ内ID:9523072589

    ...本文を表示

    プロだと思われていないのだな

    しおりをつける
    🙂
    うどん
    習い事でモメがちな、所謂「プロだと思われてない先生の悩み」そのものですね。

    お金をとって教室を開催する場合、きちんと規約をつくって料金体系を整え説明のうえ、申込の手続きをもって「入会」と見做す仕組みが一般的です。

    開催は、曜日で決めておく。月何回あるかもきちんと決める方がいい。
    かかるコストについて「月謝」の形をとり、出席しようが欠席しようが徴収するのが一番です。

    そうすれば収入の目途がつき教材等についてもきちんとコストをかけられますので、結果的には質の高い教室を維持することになり、運営安定化の基盤となる要素です。

    それを「参加・不参加は申し出制」「参加しなければコスト負担なし」とするから、毎回バラけた対応をいちいちせねばならないし、収入が安定しないから予算も立てられず、結果的に活動を取りやめなければならなくなる。

    ようは「素人」と思われているからこういうことになるのであって、仕組みをしっかりしてプロだと思われるよう振る舞うことが重要かと思います。

    トピ内ID:5828217515

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0