詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 将棋が楽しくなった子ども。その次段階は?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    将棋が楽しくなった子ども。その次段階は?

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ひろ
    話題
    こんにちは。
    トピをご覧いただきありがとうございます。

    小2の息子が昨年から将棋を覚えて、
    お父さんや学童のお友達・年配スタッフさんとよく打っています。
    性に合っているのか、周りで打つような相手には、大人にでも勝ち越すようになりました。
    周りには本格的に打っている方があまりいなく、私も駒の動かし方を知っている程度です。
    少々物足りなくなってきたようなので色々とさせてあげたいのですが、
    将棋を覚えて面白くなってきた子どもの次のステップとしては、
    どういったことをさせてあげたら良いのでしょうか。

    今していること、させてあげていること
    ・周りの人と打つ(物足りなくなってきた)
    ・藤井七段の将棋ゲーム(これのレーティング戦で5級くらいまで勝てる)
    ・将棋教室に通う検討(一ヶ所、体験してみたところ)
    ・子ども向けの詰将棋の本を一冊買ってあげたところ(一手詰から始めて楽しそう)

    今のところ、家ではゲームや詰将棋をしつつ、
    将棋教室に通うのがいいのかなと思っていますが、
    将棋教室にも色々とあるようで、決めかねています。
    将棋教室の決め手や、家でしてあげられることなど、
    お子さんや身近な人での経験、ノウハウをお持ちの方に教えていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:9647829102

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 2 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順

    将棋は”玉”(ぎょく)を

    しおりをつける
    消えた恋文
    詰ませる勝負です。
    先手・後手が互いに20枚の駒を持ち、攻める・守るを手順を尽くして
    戦いあいます。

    子供が興味を持つことに、その機会を持たせようとする親心は
    とても良い事と思います。

    一番手っ取り早いのは、将棋教室(道場)で良き指導者に恵まれ、
    作戦の理念や独創性を育てて貰う事です。

    私はプロなみの父の一人で研究している盤側で、まだ文字の読めない
    4歳頃から身じろぎもしないで見つめていました。
    読める文字は駒裏の”と”だけでした。
    自分なりに何故駒には動きに制限があるのか、何故相手陣地の3段目
    に行くと裏返しになったり、そのままでもいいのかを理解できずに
    居ましたが、1月ほどすると父が一日に一つか二つずつ教えて
    くれるように成りました。

    それから2年、棋力がアマ初段程の実力と父に言われ、とても嬉しく
    なり更に強くなりたいと何時も無言で盤を眺め・自分はこの局面では
    こうさしたいと思い、父の終局後盤面を戻し質問していました。

    小2では既にアマ3段クラスに成っていましたが、父との対局では
    ”飛車・角2枚落ち”で悔しい想いでおりました。

    息子さんも良き指導者に恵まれるとめきめき上達しますので、
    のびのびと楽しんで頂きたいと思います。
    物事の才能は努力の後からついてきます。
    興味から追及心へ変われば、化けるかも知れません。

    トピ内ID:5501483266

    ...本文を表示

    うちはお教室でした

    しおりをつける
    blank
    とと
    うちの息子が、同じく小2の頃に囲碁にハマりました。ヒカルの碁が流行していたころです。

    1人でゲーム機や盤に向かって石を並べているのを見て可哀想になり、囲碁のお教室を探して入会させました。

    選ぶポイントは
    ・送迎ができる距離か
    ・同じくらいの年齢のお子さんがいるか
    この2つでした。

    囲碁はあまり人気がなく、選ぶほどお教室がなかったのが実情ですが…。
    息子は囲碁を気に入り、高校では全国大会に出場するほどになりました。あのとき応援して良かったと思っています。

    トピ内ID:1576343859

    ...本文を表示

    もし可能なら

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    東京に近いなら東京の将棋会館、大阪に近いなら関西の将棋会館に行ってみるといいと思います。
    というのは、プロの指導対局を受けられるからです。
    実際にやったことがないので分かりませんが、どのくらいの力があるのか、これからどうやって練習すればいいのかなど、具体的に教えてもらえるのではないかと思うのです。
    あとは、大きな本屋さんに連れて行って、興味のある将棋本を買ってあげるといいと思います。
    詰将棋はいいですね。

    トピ内ID:2336736213

    ...本文を表示

    将棋教室がいいと思います。

    しおりをつける
    🙂
    みやん
    うちの近所の市役所(バス、自転車で通える距離。)で、
    土曜日に将棋教室がありました。

    簡単なHPを見ると、近所の子供たちも通っている様子。
    行ったら、楽しそうなのでは?と、

    当時、子供が小学校でも対戦した。
    勝った面白かった。と、一時は夢中になっていたので、
    ルール本や初心者向けの本を買ったりしてました。
    私も旦那もルールだけは分かるので相手したりと。

    なので、その将棋教室に水を差し向けたのですが、
    なんだか日々のタイミングと子供の気持ちが合わずに、
    結局、行かないまま終わりました。

    低学年だったのですが、
    土曜日は、友達とゲームで遊ぶ方を優先してました。

    それ以降の経験はないのですが、
    私はベタに将棋教室がいいと思います。

    なるべくなら最初は、
    同世代が通っているようなところが良いですね。

    私は色々と夢見て、駅近でガチ大人が行くような、
    将棋教室?サロンのようなところを見つけて、
    ここにも通うようになるのかな?
    なんてな。

    でも一度くらいは、親が強引にでも、
    将棋教室に行かせとけば良かったかも。
    とは思っています。

    でもまあ、将棋とは元々縁がなかったんでしょうね。

    今では、親(見る専)の方が、
    藤井くんの動向を追ってたりします。

    それと夫婦で、木村一基王位が大好き。
    王位の将棋解説は天下一品です。

    同世代ながら、応援しています。

    将棋はやっぱり面白いですよね。
    やっぱり生配信の対決が面白いです。

    将棋は、知の格闘技。
    見てるとヒリつくし、ドキドキします。

    トピ内ID:6552086033

    ...本文を表示

    レスを下さった皆様、ありがとうございました

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    やはり教室に行かせてみるのが良さそうですね。
    東京・大阪ではないので将棋会館に行くことは難しいのですが、いつか観光で寄ってみたい思いはあります。

    今のところメドを付けている二ヶ所はどちらも、
    車や公共交通機関で30分前後の場所にあり、毎週必ず行かなければいけない性質ではないようなので、
    うちの都合や子どものやる気に合わせて通わせてあげられたらと思っています。
    息の長い趣味になってくれたらと思いますが、
    プロ棋士になったりして?
    なんて霞のような親ばかな期待も胸に秘めつつ、子どものやる気を応援していきます。

    みやんさん、おじさんさん、ととさん、消えた恋文さん、
    ご経験もふまえたアドバイス、ありがとうございました。

    トピ内ID:9647829102

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    新聞とテレビ。

    しおりをつける
    😉
    コールドブラッド
    お宅では、新聞を定期講読してませんか?
    全国紙といわれる新聞なら、「囲碁将棋欄」が掲載されているはずです。
    例えば読売新聞なら将棋八大タイトルの一つ、「竜王戦」の棋譜が解説つきで紹介されます。その部分の切り抜きをまとめれば、将棋の教科書になるでしょう。

    NHKの教育テレビ(Eテレ)では、毎週日曜日の午前十時から「将棋の時間」が放送されます。
    プロ棋士によるアマチュア向けの将棋講座が開催されます。
    その番組のあとで、NHK杯チャンピオンを決定する、プロ棋士のトーナメント戦が放送されます。
    プロの本格対戦を、テレビで鑑賞できますよ。

    トピ内ID:3219149482

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    レスをした時点で終わりの気分になっており、コールドブラッドさんのレスにしばらく気付かずそのままになっており申し訳ありませんでした。

    新聞の将棋欄は、知人もすすめてくれました。
    やはりいいのですね。
    NHK教育の番組と合わせて、子どもに見せてみます。
    Abemaの中継なんかも、私にはちんぷんかんぷんなのですが、子どもは食い入るようにして見ています。
    アドバイス、ありがとうございました。

    トピ内ID:9647829102

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    将棋は早熟さが命、親は大変、子供は血反吐

    しおりをつける
    🙂
    ヒヨ
    奨励会の年齢制限(26歳を迎える年まで)や、
    40代50代になったベテランの苦戦ぶりから明らかですが、
    将棋は年齢と相関が深い世界です。
    競技者としてのピークは20代からせいぜい30代半ばまで。
    名を残す棋士は揃って早熟です。
    2番手3番手や「そこそこ」を狙っていてはプロにもなれません。
    (藤井聡太さんは異例なので参考にしないほうが)

    棋士の世界に入るにはスタートが早いことこそ善。
    少しでも低学年のうちに奨励会に入れること。
    それには子供大会で良い成績をおさめさせ、
    普及で来ている先生方の目にとまること。
    毎日、朝に晩に盤にかじりついて棋譜を並べ、
    ネット対局に精を出すような子なら、
    その方向もありなのではないでしょうか。
    詰将棋、少ない手数でぜひ長く続けるようお伝えを。

    将棋には「駒落ち」というやり方があります。
    ハンデをつけることですが、どの程度落としてもらった
    どの程度の棋力の方を負かしているのか分かりませんから、
    「周囲の大人を負かした」エピソードだけで
    将来性ありと考えるのは親の欲目すぎで乱暴です。
    奨励会に入る子は、アマ四段ぐらいです。
    私は中年女性ですが、子供の頃にやっていて
    社会人になってから復活し、初段のへたくそです。
    教室で認定をもらってみたらいいです。

    本格的にやらせるとなると親は大変でしょう。
    全国連れ回されますし、地方在住なら時間的にも金銭的にも余計に。
    親が将棋を知らないなら、にわか勉強で
    知ったようなことを言ってイラつかせることにもなるでしょう。
    (それはやめたほうがいい)

    でも親が将棋を「打つ」と言っているようでは…
    正しくは…お調べください。
    その感覚では苦しいと思います。
    何もプロを目指さなくても、中高大の将棋部でも
    子供は頭をかきむしって血を吐くような思いで、
    次の一手に悩むことになるのですから。
    将棋、ちゃんとやるならね。

    トピ内ID:5338392749

    ...本文を表示

    ヒヨさん

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    レスありがとうございます。
    トピ文の拙さのせいで誤解させてしまっているようですみません。
    今回の趣旨は子どもが現状では物足りないようなので、どういったことをさせてあげたら良いかを知りたかっただけで、子どもをプロ棋士にさせるにはどうしたら良いかはあまり興味がないのです。
    せっかく長文でアドバイスをいただいたのに申し訳ありません。

    周りの大人に勝ち越しているというエピソードも、あくまで現状が物足りないという説明のためで、
    「うちの子には才能があるんだわ!」という受け止め方ではありません。
    トピを立ててから教室に通うようになり、とりあえずで8級の認定でした。
    駒落ちの対局は教室で初めて経験して、先日は相手の角落ちで5級の子に勝ったと喜んでました。

    「差す」と「打つ」の間違いは大変失礼しました。
    トピを立てた後に違いを知ったのですが、トピ文で間違えているのに気付いておりませんでした。
    ご指摘ありがとうございます。

    将棋をよく差す方ということで釈迦に説法かもしれないのですが、
    プロ棋士の方々には、幼い頃から将棋漬け、という方ももちろんいらっしゃる一方で、家族はあまり将棋には関わりのないような環境だった方も多いみたいですね。
    我が家のように、とりあえず差せるくらいの家族しかいなかったり、家族関係なく小学校で友達から覚えて差すようになったり。
    結局は本人の適正・才能と、それ以降の環境かなと、色んなプロ棋士さんの経歴を見て感じたことです。
    我が家は積極的にプロ棋士を目指させるわけではありませんが、趣味のひとつ、習い事のひとつとして本人が楽しんでやってくれればいいなと思っています。
    これからめきめき頭角を現してきて、本人も目指したいと言ったら別ですけどね。

    本日も将棋界注目の対局が行われてるので、帰宅したら親子で中継に釘付けになりそうです。

    これにてトピを締めさせていただきます。

    トピ内ID:9647829102

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0