詳細検索

    夫婦関係・離婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「大丈夫」な私と「心配」な夫

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    根拠?
    夫婦
    15歳年上の夫 再雇用でお昼までの仕事で月15万円 貯金800万円 2年後開始の年金は2か月で30万円の見込 生活費担当

    妻の私は会社員 住宅ローン担当 50歳で完済&退職 退職後はお昼までの仕事で月20万円(ある免許で採用確定しています)貯金なし

    夫婦での出費はお互いトントンです

    とにかく夫と旅行がしたい
    夫が元気なうちにたくさんの思い出を作りたい

    義父他界 義母元気 実親絶縁

    夫は新婚旅行で初めての海外
    その後、3度の海外旅行

    結婚して8年 これからというときにコロナ禍

    私に貯金がないままの退職は無謀だと分かっています
    無謀だけど夫と時を一緒にしたい
    海外旅行にはまった夫ともっともっと旅行がしたい

    台所を全て担当してくれている夫
    弱った私を常に見守ってくれた夫
    心の支えになっている夫
    心のよりどころになっている夫

    感謝してもしきれないです

    お金はどうにかなる
    本気でそう思っている私
    だから「大丈夫」
    退職後の月収は全て夫とのために使えるお金
    個人年金と年金は2か月で40万円程の予定

    月15万円では生活費が厳しく貯金を崩すこともある夫
    老後資金2000万円? ないない
    妻の早期退職は「心配」
    妻自身の老後資金が一番心配だと

    生活費だって旅費だって退職後の私の収入は全て二人のために使える
    貯金だって多少はできる
    パッパラパーと使うわけではない

    優先したいのは夫との時間
    私の老後は年金で十分

    夫は「大丈夫に根拠がない」とあきれています
    私は「心配しても時間は同じだけ流れる」と言い張っています

    どちらを支持されますか?

    住宅ローンの完済を最優先して一部繰上返済を年二回
    現在、5年分の期間短縮ができました

    夫は医療保険に入っていますが私は性格上、未加入
    入院やけが、病気の際の費用は別に500万円置いてあります
    これは貯金として計算していません

    トピ内ID:2315900012

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 115 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 37 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分にできない事を相手に強いるのは無理というもの

    しおりをつける
    🎂
    もち
    根拠?様、こんにちは。

    ご自身とご主人の考えに差がありお悩みとのこと。

    因みに、
    ここで多数派の支持を得たらどうだというのでしょうか。
    ご主人に突きつけて皆がこう言っているのだから
    お前が心配しすぎなのだと論破したいのではないでしょう?

    どちらかと言えば正論はご主人の仰るとおり、
    大丈夫な根拠がない、かと思います。

    たかだか500万円で全ての病気と戦えるでしょうか。
    いいえ、無理です。

    入院をすれば部屋代、高度医療を受ければ治療費
    慢性的な通院が必要になれば、と病と寿命からは逃げられませんから
    備えておくに越した事はありません。

    が、そう申しましてもどうせ理解しようとなどしないのでしょうから
    別の視点から。

    仮に1000人が絶対に大丈夫!
    と言ったとして、その1000人は貴女様ご夫婦とは無関係な他人です。
    もし万が一にも大丈夫じゃなかった時
    何の責任も負わないただの外野です。

    その上で、ご主人を無理やり旅行に連れて行ったとして
    ご主人の不安は拭えません。

    1000人の無責任な他人が大丈夫だと言っているから大丈夫だろう
    なんてことには絶対になり得ませんから
    心から楽しむ事は無理です。

    それどころか、老後を考えて節制していたのに
    無理やり大勢の意見を突きつけられ、
    出費とリスクを冒してまで我を通そうとするパートナーに不信感さえ抱きます。

    なぜ自分のしたい事ばかりで
    お互いのことを考えられないのか、と。

    他人は変えられないが自分が変わる事は出来ると申します。

    貴女様がご主人の主張を聞いても納得出来ず
    なんとか自分の主張を通そうとここへ書き込んだように

    ご主人にどれだけ熱く語っても本心だけは変えられません。

    で、あれば貴女様が変われば良い。
    ご主人を説得するのではなく安心させる方向に行動する事は出来るはず。

    北風と太陽ですよ。

    おしあわせに

    トピ内ID:4626128031

    ...本文を表示

    夫婦の視点が違う事で起こっている齟齬

    しおりをつける
    blank
    ne2kai
    トピ主さんは、ご主人との「今」に重きを置いて、「大丈夫」と言っている。
    対して、ご主人の方は、10年20年「先」に重きを置いて、「心配」している訳ですよね。

    ご主人の杞憂を払拭してあげる、一番の方法は、漫然とした「大丈夫」という言葉ではなく、ご主人が元気なうちに二人で旅行に行ったとしても、老後の暮らしに問題が無い事を、具体的な数字やデータで示してあげる事だと思います。
    退職後に入ってくるお金は、分かっている訳ですから、後は出て行くお金を書き出し、夫婦どちらか(もしくは両方)が、定期的に通院が必要な状態になったり、介護が必要な状況になったら、この場合はこれくらいの支出が必要…と、想定出来るシチュエーションでシミュレートしてみる。
    あと、旅行に使う予算を、あらかじめ決めてしまう。
    「これだけ使ったら、あとは時々小旅行するくらいで、二人で慎ましく暮らしましょう」と予定を立てておく。
    15歳の年齢差との事なので、最悪「あなたに先立たれた後も、万一、あなたが寝たきりになって、介護が必要になったとしても、これだけのお金が手元にあれば「大丈夫」よ」と、数字を示してあげれば、ご主人も安心するのでは無いでしょうか。

    逆に、トピ主さんが、そういった先々の事を全く考えずに、「どうにかなるでしょ!」的に「大丈夫」と言っているのであれば、ご主人で無くとも不安になると思います。
    人生100年とまでいかなくても、80歳まで生きたとしても、50歳で定年退職したら、30年間の時間がある訳です。
    学校へ行っていた年数よりも、下手したら働いていた時間よりも長く。心身も衰えていきますから、体力や知恵や根性で切り抜けるという訳にもいきません。
    お金があれは出来る事。無いから出来ない事が、定年後の生活では、よりくっきり浮き彫りになりますよ。

    トピ内ID:5286065366

    ...本文を表示

    お気持ちはわかります

    しおりをつける
    blank
    とうふ
    トピ主の大好きなご主人と
    元気なうちに旅行したい気持ちは分かます。

    が、

    「感謝してもしきれないほどの夫」
    とおっしゃっているわりには、
    ご主人の気持ちに寄り添う事より、
    海外に夫と行きたい!という自分の気持ちが大切なのかな?
    というのが正直な感想です。

    厳しい話で申し訳ないですが、
    海外旅行で沢山楽しみたい、という気持ちがあるのに
    ご主人に心配されるような金額しか貯金出来てなかったのは
    トピ主自身やご主人が要因です。
    そこがしっかり心配無いくらい貯金できていたら
    話も違ったのでしょうけど、
    現実はそうじゃないのだから、仕方ないですね。

    他人に「どちらが支持できますか」と聞くのは
    トピ主だけをいつも見守ってくれてたご主人に対して、
    真摯ではない気がします。

    仮にトピ主が支持される結果に終わって
    トピ主が自分の意見に自信をもてたとしても、
    それは”他人”によって生まれた支持です。
    ご主人の気持ちより、その”他人の支持”を大切にするのでしょうか。

    ご主人は今まで、周りの家庭や奥さんに意見を聞いて
    トピ主との生活にそれを当てはめてきたのかなぁ…?

    このご時世まだまだ海外には行けないでしょうから、
    2人の折り合いがつくところを話し合って探してみては?

    私的には、
    海外旅行”でしか”その幸せが埋められないのかな?と思いました。
    海外旅行ばかりに固執している間も時間は過ぎます。
    その方が、時間勿体ない気がしてなりません。

    トピ内ID:5416672248

    ...本文を表示

    海外でなく国内

    しおりをつける
    blank
    三毛猫
    海外なんて時代遅れです。
    国内の方が良い旅行ができますよ。

    二人で、話し合って下さい。
    海外に飽きたら、国内を余りに知らなかったと後悔すると思います。

    トピ内ID:5811774802

    ...本文を表示

    夫支持

    しおりをつける
    🙂
    ゆかたん
    でもまあ心は決まっているのでしょう。
    他人さまのことですから、どうぞご自由にとしか言いようがない。

    トピ内ID:7032432744

    ...本文を表示

    確認ですが

    しおりをつける
    🙂
    おかき
    夫の収入15万円が2人の生活費で
    妻の収入20万円が全て旅行費ということですか?

    で、夫の貯金から、生活費を切り崩す事もある?

    夫さん、老後の不安から心労とかで倒れそう。私もパートナーがそんな金銭感覚だとイライラして胃が痛くなりそうです。無駄遣いだと思うと旅行もおちおち楽しめないんじゃないかな。

    夫との時間を大切にしたいなら
    夫のメンタルも大切にして、夫の価値観にも少し寄り添ってみては?

    トピ主さんの楽観的な所は良いと思いますが、夫さんの堅実な所も素敵でしょう?2人の良い所を足して割るくらいが丁度良い。

    トピ主さんの収入は、半分は使って半分は貯金にまわしてみては。

    トピ内ID:6531805581

    ...本文を表示

    勇気のある人ですねー。

    しおりをつける
    🙂
    オッサン
     タイトルがトピを読んでの率直な感想です。
     そのノー天気な将来設計で人様に迷惑をかけずに天寿を全うしていただくことを祈っています。もし、生活保護にでもなれば我々納税者の税金を使うことになるので。
     我が家もたまたま15歳差の夫婦ですが、夫婦合わせての資産は2億近くあり、妻は三大始業なのでその気があれば死ぬまで稼げるので、まかり間違っても生活保護など世間に迷惑をかけることはないと思います。
     どのような老後を送ろうと勝手ですが、くれぐれも生活保護など公的支援を受けるようなことが無いようにお願いします。

    トピ内ID:0366187018

    ...本文を表示

    推測ですが・・

    しおりをつける
    ご主人が63歳、主さんが48歳という年の差と想定すると、ここら辺から年齢差というか体力的な差が顕著になると思いますね。

    海外旅行などパワーが要る事がしんどくなるご主人と、どんどん行きたい主さんと・・。

    とは言え、コロナの影響で海外旅行は当分無理なのと、例え国内旅行でもご主人が感染した場合重篤化するという意識をもっと強く持った方が良いかもしれませんね。

    そうなると本末転倒になる訳です。
    一緒に楽しく過ごしたかったのにそれが叶わなくなるので。

    主さんの実親とは絶縁という所から見ても、ご主人への執着が凄そうですね。
    この人しか身内が居ない!という思いからそういう思考になるのでしょうね。

    しかしご主人が色々と将来を心配しているのであればそこに寄り添う事が大事ではないでしょうか。

    この先、ご主人の母親の介護が出て来ますよ?
    その事もご主人は危惧されてるのでは?
    その介護を通じて、主さんも絶縁してる実親の事を心配し始める心境になるかもしれませんからね。

    800万円程度の貯金しかないのは非常に不安ですね。

    トピ内ID:0872824231

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0