詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 夫婦って、それぞれ自分の役割を果たすだけ?助け合えない?
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫婦って、それぞれ自分の役割を果たすだけ?助け合えない?

    お気に入り追加
    レス48
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    松子
    恋愛
    結婚1年半。色々考えていると空しくなる時があります。

    夫は申し分のない人ですが、仕事が常に忙しく
    帰宅は23時~24時が普通です。
    私も仕事をしていますが、今月から本格的に不妊治療を始め
    片道1時間半かかる病院へ週に2回ほど通っています。
    いきなり高度治療なんですが、恐れていたような副作用は全くないものの
    子供がほしい気持ちは同じなのに私だけが通院していると孤独になります。

    子供が生まれても子育てはほぼ私1人になってしまうので
    私の孤独な戦いが始まったと思うと気が重いです。

    夫は優しいのですが、仕事のせいで物理的支援はなく
    夫自身も多忙なので仕事のことで頭が一杯
    そんな夫を私は何も助けてあげることはできません。
    家事は私が8割ぐらいです。

    夫婦って、そんなものなのでしょうか?
    それぞれが自分の役割を果たすだけで何も協力し合えない。
    役割を放棄していないだけマシなのかもしれませんが
    それぞれが別のことに力を注いでいる。

    お互い愛情もあるし何も問題ない夫婦です。
    ただ私がボンヤリ、こんなことを考えてしまっています。
    皆さんも、これぐらいのこと思いながらも頑張って日々を生きているのですか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数48

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  48
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    明日は明日の風が吹きます

    しおりをつける
    blank
    もえ
    今日を精一杯生きることをしてみてください。
    余計な事を考える暇がなくなります。
    明日は明日の風が吹きます。
    陽はまた昇ってまいります。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    考え方が・・・

    しおりをつける
    blank
    あゆこ
    トピ主さんの気持ちはよくわかります。そういう方向で考えていたら、ご主人の仕事がもっとヒマになって家で過ごす時間が飛躍的に増えない限り、ずっとそのさびしい気持ちのまま、不満が募る一方だろうなと思います。
    まったく同じ状況でも、別に物理的に助け合う場面が少なくても、お互いに頑張っているだけで互いを助け合っていると感じ、充実して感じられる夫婦もいるでしょうにね。

    お互い愛情もあるし何も問題ない、互いが互いのことに力を注いでいるのに、少なくともトピ主さんはそれを「助け合っている」と感じられず、むなしいと考えている。
    悲しい結婚ですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さんの望むスタイルとは?

    しおりをつける
    blank
    夫婦の協力、助け合いの形は様々だと思います。

    夫婦が共働きで、家事や子育てを分担するという協力の形もあるし、
    伴侶が仕事に専念できるように、家庭の中を切り盛りする。伴侶や家族のために仕事に専念する。というのも、協力の形です。
    どちらが正しいとか間違っている、良い・悪いはないと思いますし、どちらかに決めたら、ずっとそのスタイルを続けなければならないわけでもないと思います。
    その時の状況や、家族に合ったスタイルを選べば良い(選ぶ必要がある)と思います。
    トピ主さんの仰る、望む、協力は、夫婦共働きで家事などを分担するスタイルなのですか?
    ご主人は、どんな考えなのでしょう?
    相談して、お互いにとって、できる範囲で一番最善と思われるスタイルと選ぶことではないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    解かります、その気持ち

    しおりをつける
    blank
    max
    トピ主さんはご主人と一緒に何かをする事に喜びを感じる人なのですね。僕の友人で、カミさんに「釣りに行こう」というと「アタシその日は行けないから一人で行っておいでよ」と言われて、「じゃあオレも行かない」って男がいます。釣りが一番の趣味でも彼にとっては一緒に行く事に意味が有るんですね。物理的に共同作業が無理な状況というのは、どの家庭でも有ると思います。ただ、肝心なのは「相手を思いやる気持ち」です。「いざという時は全てを放り出しても救いに行くぞ」というお互いの気持ちがあれば、大概の事は乗り切れます。後は、普段のちょっとした気遣いが有れば大丈夫ですよ。まずは、トピ主さんが目的に向かってしっかりした心構えを持つことです。不安な事は遠慮なくご主人に打ち明けましょう。按ずるより生むが易しです。(字が違うかな・・・汗)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    物理的ってどんな?

    しおりをつける
    blank
    ありあ
    週2回の頻度で往復3時間もかけて医者通いって事は、トピ主さんは多分フルタイムの仕事はしてらっしゃらないですよね?
    パートかな?それとも専業主婦ですか?

    不妊症の高度治療って、随分お金がかかるって聞きますけど。
    その治療費は旦那様が働いて稼いだお金から出ているんじゃありませんか?
    連日残業して家庭のためにお金を稼いで、しかも家事も2割もやってくれている。
    これ以上何を望むのでしょうか?

    私は旦那様が何も協力していないとは思えません。
    そんな事を言ったら罰が当たりますよ。
    それに
    >それぞれが別のことに力を注いでいる。
    とも思いません。
    お二人は“家庭をより良くする”という同じ目的のために、それぞれができる事をしているのだと思います。

    トピ主さん、治療のせいでちょっと精神的に疲れていませんか?
    薬の副作用という事も考えられます。
    お医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    不妊治療は大変ですね

    しおりをつける
    blank
    マンゴーヨーグルト
    副作用が出ていないのは良かったですが、痛いでしょうし、つらい思いもされていますよね。そのつらさを分かち合いたいと思っても、通院しているのは自分ひとり、と孤独感を募らせているのかなと想像しています。

    でも、必死に働いて、その費用を捻出するというのは、立派な後方支援だと思うのです。つらかったことは「こんなふうにつらかった」とトピ主さんが口に出して、慰めてもらったら、いたわってもらいましょう。旦那様の日頃のお疲れも同様にねぎらいましょう。

    旦那様、2割程度は家事もされているのですよね。子育てのこともそうですが、先のことをあれこれ思い煩い過ぎるのはやめましょう。孤独な育児にならないための方策はさまざまにありますよ。

    それぞれができる役割を果たす。大事なことです。それに伴う感情のあれこれは伝えなければわかりません。ひとりで「誰も自分の気持ちをわかってくれない」なんて悶々としてはいけませんよ。

    きちんと伝えましょう。共有しましょう。そのやりとりを怠らないから良い夫婦なのだと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    blank
    みかこ
    私も、結婚してからずっとトピ主さんのような思いを抱えてきました。一つ違うのは、子供がもう成人したことです。休日も仕事に行き、平日はいつも深夜の帰宅、夫婦で話し合うゆとりもなく結婚生活22年です。もちろん育児は全て私でした。ご近所付き合い
    、子供の教育、進路全て私がやってきました。夫は
    お金を入れてくれるのが仕事、自分でもそう言っていました。そういう人と結婚してしまったのですから
    仕方ないです。でも、私はそれでいいです。トピ主さん、話し合って改善されるなら話してみてはどうですか。うちの場合、喧嘩になりますので諦めましたが。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    この先、ずーっと続きますよ

    しおりをつける
    blank
    ポット
    その不安はきっと的中します。子どもができても1人で育てることになります。夫婦それぞれが自分の役割分担をこなすことで精一杯で、別の方向を向いて自分の作業に没頭するだけ。「共同作業」ができない夫婦もいるのです。我が家がそうです。
    夫が深夜0時に帰宅するような家はみなそうだと思います。もしも海外ならば普通の家庭では夜8時までに帰宅して夫婦一緒に台所に立ちます。深夜0時まで働くような激務な男性はごく一部の社会を率いるエリート階層なので収入も桁外れに多く、妻は寂しさを我慢する代わりにお手伝いさんやベビーシッターを雇い、夫の出資で店を開業するなりして自分の人生を楽しみます。ところが日本では収入が並のサラリーマンですら深夜0時まで働き、妻は家事育児のサポートを受けられないので外で働けず家に縛り付けられるというパターンが多いです。それを覚悟で、たとえば自分の実家近くに家を建てて夫・父親役を埋めるとかしないとやっていけないと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    我が家の場合

    しおりをつける
    blank
    スーパー専業主婦
    うちの夫も仕事が忙しく、帰宅は早くても23時。午前様や休日出勤も多いです。今月は既に半分以上海外出張で留守にしています。

    私は結婚前、彼と同じ職場で働いていました。私も同様の生活で、帰宅はほぼ毎日終電。家のことは母任せでした。

    夫の仕事の状態では家事に協力するとか、ともに子育てをするなどというのはとうてい望めないと思っていますし、自分が過去に出来なかったことを彼にお願いするつもりはありません。

    かといって、仕事と家事、そして子育てを一人で抱え込むことは体力的にも精神的にも私には無理と思われ、、、、で、私は仕事を辞めました。キャリアと収入を捨てるのは躊躇いもありましたが、気持ちにゆとりを持って暮らせるのって大切です。

    あくまでも我が家の場合を書いてみました。この決断は「それぞれの役割を果たすだけ」という考え方かもしれません。でも今のところはうまくいっています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あゆこさんのレスをしみじみ拝見しました。

    しおりをつける
    blank
    配偶者一筋
    トピ主さんと同じような20~30代を過ごしました。

    さらにうちは、
    夫は年の三分の一は9時出勤翌朝5時帰宅という激務。
    夫に海外からのFAXが夜間でも入るため、寝室は別。
    海外勤務の間は別居。
    夫婦とも海外出張多し。
    妻は土日勤務で、夫と休日がめったに重ならない。

    明け方、夫が帰宅した音を聞きながら、今日も無事に帰宅したことに感謝しました。深夜、夫が国際電話に出ていると、ああ、頑張っているなと尊敬が溢れでました。あまりに会えないと、わたしの似顔絵入りのメモを夫の貴重品入れに載せておきました。

    2人で過ごすたまの休日は、夫の健康を願い、会話を楽しみながら散歩しました。

    40代後半頃、やっと時間的な余裕ができ、気付けば資産もできていました。
    50代に突入、娘も結婚し、当然のごとく共働きをしていますが、「ママとパパっていつもお互いのことが一番大切なんだよね。うちもそうなろう」と言っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  48
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0