詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実母が毒親と気づき、悩んでいます

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    あー
    ひと
    実母が毒親ということに気づきました。

    母は昔から親戚や元夫など人間関係が誰ともうまくいかず、常に問題を起こし被害者ぶり私は悪くないという話を泣きながらされ続けました。

    私が10代の頃はかわいそうと思い聞いていましたが、最近は(現在23歳)、母の性格に難がある・母がおかしいと気づき、私も自分の考えを言い返すようになりました。
    それから少し連絡を取るだけでも喧嘩になり、関わるのがしんどいです。

    ・言い返すと、全部私がわるいのね!もういい
    ・泣いて感情的に訴えて周りを困惑させる
    ・なにもできないフリをして周りに責任を押し付ける
    ・努力する気もなく(私のせいではなく病気のせいで、他人のせいで、)~ができない。私には~がない。と嘆く

    そりゃ周りから人が離れていくわと成人してから気づきました。

    正直に関わるのがしんどいというと
    なんでそんなこというの!娘にそんなこと言われるなんて寂しい、悲しいといった調子です。
    やはり自分の主張ばかりで関わりたくないと思う子供の気持ちをわかろうとする様子や自分の行動を省みる素振りは全くありません。

    問題なのは、
    今母とは必要最低限しか関わらないようにしていて、できる限り忘れて過ごしたいのですが、暇な時間があれば母との喧嘩やされたことを思い出してイライラ→母のことなど考えずに楽しく自分の人生を送ればいいのにどうしても考えてしまう自分に自己嫌悪
    となってしまい、連絡をあまり取らない状態であってもしんどいことです。

    そして私は現在妊娠中です。母親のようには自分の子に接さないぞと反面教師にして子育てをがんばるつもりで関わり方などの勉強もしていますが、子に自分は悪くないと泣くような母しか私は知らないので、ちゃんと育てられるかとても不安です。

    同じような母を持つ方や同じ状態の方はいますか?またはその状態から克服された方はどのように克服されましたか?

    トピ内ID:5185178081

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 94 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    誰に取って?

    しおりをつける
    blank
    おやじ
    毒親か否かは、自分に対しての事と思っていたのですが、違うのですか?

    私には、トピ主様が、身勝手に思えます。

    反面教師など、余計な思念だと思います。

    なぜなら、今のトピ主様を育て上げられたのですから、ご立派に子育てをされた、そう言えるのではないでしょうか。

    トピ内ID:5627453260

    ...本文を表示

    実母の苦悩は、未来のあなたの苦悩でもある

    しおりをつける
    🙂
    無常の風
    あなたの母が、昔から人間関係が誰とも上手くいかなかったことに関して心中お察しします。人間関係を良くするための道徳が、母の成長期に家庭内で教える人がいなかったのでしょう。

    もっと言えば、親に孝養を、兄弟・姉妹は仲良く、夫婦は仲良く、友達を大切にというような道徳を教えられていないのでしょう。きちんと教えられなければ、家庭内暴力、兄弟姉妹は他人の始まり、浮気、人を見たら泥棒と思え、というような自己中心的な思潮になってしまいます。それでは人間関係が上手く構築できなくなるのは当たり前のことです。

    そのような実母であれば、あなたもまた「親に孝養を、兄弟・姉妹は仲良く、夫婦は仲良く、友達を大切に」というような道徳を、実母から成長期に教えられなかったのではないでしょうか。

    そうであるならば、あなたもまた自分の子に対して毒親になってしまいかねません。そもそも毒親は成ろうと思っても成れませんし、成らないでおこうと思っても成ってしまうものなのです。今のまま実母を批判するだけでは、生まれて来る子は親のあなたに関わるのがしんどくなり、あなたは自分の子に対して自己主張するばかりの親になりかねません。これは、成長期の実母の姿そのものです。

    もしも、ここから甦る道があるとすれば、実母に向けている目を自分に向けることです。実母に対して「自分の主張ばかりで関わりたくないと思う子供の気持ちをわかろうとする様子や自分の行動を省みる素振りは全くありません」ということではなくて、自分の主張ばかりの実母と向き合うこと、あなたの気持ちを実母に伝えること、自分の行動を省みること」を自ら実践することです。

    それが出来るようになった時、初めて実母と互角に向き合えることが出来るのでしょう。それが互いに毒親、毒親予備軍からの甦りの始まりになるのでしょう。自分の行動を省みるような生き方を実践することの大切さを思います。

    トピ内ID:6350231044

    ...本文を表示

    お気持ちわかります。

    しおりをつける
    🙂
    momo
    私の場合は父です。

    ただの友人なら、疎遠にしてしまえば次第に思い出さなくなり、心に波風も立たなくなるのですが、肉親だとなぜこうも支配されてしまうのか。

    私の場合は、やはり自分の中に罪悪感があるのだろうと思います。

    「家族仲良く、親孝行」という一種の呪縛といいますか、美徳であり普通であると私が認識しているもの。

    これが自分には出来ないため、親に傷つけられたことなどを一々思い出し、親を嫌う自分に正当性を持たせようとしているのでは、と自分なりに解釈しています。

    私はまだ克服できたとは言い切れないので、アドバイスなどはおこがましいのですが、一時期に比べ随分と楽になったと思うきっかけは

    ・夫が、親と距離を置くことについて理解を示してくれた(親を精神的に自立させたほうが良いという客観的判断)
    ・ネットで、大人になっても実親が嫌いな人が一定数いることを知った(リアル友では親嫌いはおらず)
    ・突き放さなければ、自分の人生が守れなかったのだと割り切ろうと努めている

    親は親、自分は自分の人生があり、依存しない、させない強い心が欲しいですね。


    最後になりましたが、妊娠おめでとうございます!
    親から傷つけられた経験をお持ちのトピ主様であれば、少なくとも無意識に子供を傷つけ続けることはないのでは、と思います。

    元気な赤ちゃんの誕生を、心よりお祈りしております。

    トピ内ID:0018338315

    ...本文を表示

    問題は母親じゃない

    しおりをつける
    blank
    ところ天
    毒親とは子供の人生を丸ごと乗っ取ってしまうような親のことだと思います。
    トピ主さんのお母様は毒親というよりも性格にちょっと欠点がある人、程度ですよね。
    欠点のない人間なんていないですよ。
    誰でも多かれ少なかれ欠点があるものです。

    問題はトピ主さん自身にありますよね。
    おそらくトピ主さんには理想的な母親像があって、自分の母親がその理想に当てはまらないのが葛藤の根源なのでしょうね。
    「お母さんは子供の気持ちをわかろうとするのが当たり前」と思っていませんか?
    母親といえども他人であり、トピ主さんとは別人格。
    思い通りになんていかないのが当然。
    「みんな違って、みんな良い」というではありませんか。
    ありのままの他人を受け入れることが大事ですよ。
    子育ても同じこと、世間の理想や基準に惑わされず、子供のありのままのを受け入れて下さいね。
    可愛い赤ちゃんの誕生を楽しみに素敵なマタニティライフを楽しんでください。

    トピ内ID:6591478833

    ...本文を表示

    毒親からは心理的にも物理的にも距離をとることをお勧めします

    しおりをつける
    blank
    ぴの
    子供の頃からカウンセラー役をさせられてきたのですね。
    主さんとお母さまの関係性は、親子が逆転しているように感じます。
    毒親家庭、特に母娘の関係ではよくあることです。
    お母さまは主さんに精神的に甘えていますよね。

    私は自分自身も毒親を持ち、大学や社会人になってからも心理学を学んできました。
    毒親に関しては、相手を変えよう(人間関係全般でそうですが)とか理解してもらおう、諭そう、反省してもらおうなどとは考えない方がいいです。

    トピに書かれているようなお母さまの細かい行動については、お母さま自身の問題としてきっちり線を引き、主さんの人生や思考の中には長くとどめない方が良いです。

    >今母とは必要最低限しか関わらないようにしていて、できる限り忘れて過ごしたいのですが、暇な時間があれば母との喧嘩やされたことを思い出してイライラ→母のことなど考えずに楽しく自分の人生を送ればいいのにどうしても考えてしまう自分に自己嫌悪となってしまい、連絡をあまり取らない状態であってもしんどいことです。

    ここが一番の問題だと思います。
    主さんの中にお母さまとの関係性の中で不完全燃焼な感情や子供の頃の記憶があると思いますので、そこを開放してあげることが大切です。
    カウンセリングやゲシュタルト療法をお勧めします。
    相性の合うカウンセラーに出会うまで効果が感じられないこともありますが、やってみないとわからない部分が大きいのでダメもとでピンときたものをぜひ試してみてください。

    アダルトチルドレンは子育てが始まると通常時よりも葛藤に直面しやすいです。
    ご出産前から準備をしておいた方がよいと思います。
    毒親になりそうで怖いと思いますが、主さんは問題に気づいているのできっと大丈夫です。

    田房永子さんの漫画はわかりやすくよくできているのでお勧めですよ。
    カウンセリングのような効果や気づきがあります。

    トピ内ID:2268680287

    ...本文を表示

    お母さんは愛情飢餓なのね

    しおりをつける
    🙂
    ppp
    でも、これはお母さんとお母さんのご両親との問題です。

    この親子関係が非常に悪くて、お母さんは自己肯定感が育たないまま大人になってしまった。
    なのでいつまでも不安定で、愛情飢餓をずっと抱えている。

    そしてその寂しさを、あろうことか娘のトピ主にぶちまけて八つ当たりしてる…。

    これはひどいですね。
    お気の毒なことです。


    でもはっきり言って、お母さんの愛情飢餓は
    あなたには関係ないことなんですよ。
    だって、お母さんとお母さんの親との間で起こったことなんですから。


    大事なのは、このお母さんとお母さんの親の良くない親子関係を、
    あなたが世代連鎖させないことなんです。

    あなたがあなたの子どもに、お母さんと同じようことをしないようにすることが、とても大事なんです。

    子供さんには否定的な言葉で怒鳴りつけたり、ヒステリックに喚いたりしてはダメですよ。

    いつも、

    良い子だね、
    大丈夫だよ、
    きっとできるよ、

    と肯定的な言葉で励まして、接してあげてください。

    お子さんの自己肯定感を育てるのは、親から子供への最大級の贈り物なんです。
    これは親にしかできないことだからです。

    そのためには、お母さんのことは
    『メンタル的に』バッサリ切り離したほうがいいです。

    トピ内ID:0985625912

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    😢
    あー
    お返事まとめて失礼します。
    みなさんご意見、アドバイスありがとうございます。
    同じような境遇の方のお話しや、他の方のアドバイスも私の頭の中だけで考えていても思いつかない気付きにたくさん気付けました。

    その中でもところ天さんの
    「お母さんは子供の気持ちをわかろうとするのが当たり前」と思っていませんか?
    という言葉にはっとしました。

    私自身、勝手に母親というものは子供の気持ちをわかろうと努めるものだと思っていましたが、
    子供の気持ちをわかろうとしない親も世の中にはいるし、自分の母はわかろうとしない母親なんだと気づきました。
    いままでどうしてわかろうとしないんだ?どうして?ということでとても葛藤があったのですが、「子供のことをわかろうとしない母親」として接したら何を言われても今までのようにはイライラしない気がしてきました。
    何かとても吹っ切れた気がしました。

    また母親とはこういうものという理想や私の中での普通を母親にぶつけているということにも気付きました。確かに母自体がどのような母親であるかもまた、母の自由ですね。
    まだ葛藤が全く無くなったわけではないですが、上記のようにそういう人なんだと受け取り方を変えて自分が楽に感じれるように接していけたらと思います。

    また、今回母にしたように、産まれてくる子供に無意識のうちに自分の理想や普通を押し付けないよう、ありのままを愛して育てていきたいと思いました。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:5185178081

    ...本文を表示

    自分のことかと思いました…

    しおりをつける
    🙂
    スクラム
    トピ主さんの書かれているエピソードが、うちとかなり重なるところがあり、驚きました。うちの母の場合は泣くのではなく、怒鳴っていました。叫ぶ、といった方がいいかな。とにかくヒステリックでした。

    うちの母にも友達はおらず、私の義理の両親とも折り合いが悪く、顔合わせや婚約のときには母のあまりの幼さ、了見の狭さが露呈し、それはもう青ざめました。今も母以外の全員がわだかまりを抱えている感じです。

    40近くの私もまだまだ苦しみの中にはいますが、以前より随分マシになりました。それは、母が老いてきたことで丸くなってきたことと、結婚により物理的な距離ができたこと、あとは自分自身の年の功というところでしょうか。

    いまは妊娠・出産を控えて精神的に辛かったことを繰り返し思い出しやすいタイミングなのかもしれません。時がなんとかしてくれる部分もあるので、まずは悲観してしまうことをストップして、気分転換をしましょう。
    そして自分も毒親になりたくないのであれば、心がけることは一つで、それは「賢い人になる」、これに尽きると私は思います。
    賢い人は、反省をする。恨みと行動は分ける。自分の弱さを認める。人の愚かさに動揺しない。どのようにすれば優しく大人の対応をできるのか、よく考える。それです。
    失敗しないことではなく、失敗の後、どんな対応をするかを冷静に考える。そんな人を目指せば、きっと子育てにおいても、お母様との関係においても、良い方向へと向かうのだと思います。

    なかなかすぐには良い親にもならないし、お母様との関係も変えられないかもしれません。長年苦しんで、色んなことを体験とともに刷り込まれてきたのですもの。絡まった糸をゆっくりほぐすイメージで、やっていきましょう。

    あと、心の緊急事態時には無視することも必要ですよ。後からの罪悪感は辛いものですが、辛いのはもう今更です(笑)胸を張ってスルーしましょう!

    トピ内ID:6928611925

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0