詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 20年以上前の母親の死を乗り越えられません
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    20年以上前の母親の死を乗り越えられません

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    MD
    ひと
    30代後半女です。

    16歳の時母親を癌で亡くしました。
    亡くなる前はあまり仲の良いと言える母娘ではありませんでした。
    躾や教育に厳しい母親だったので高校生だった私は鬱陶しく思っていたんだと思います。

    私は仕事の為実家を出て10年ほど経ちますが、未婚ですしその様な相手もいません。この10年で1人も恋人と言える人は出来ませんでした。

    結婚願望については曖昧でしたが願望は弱い方でした。

    結婚を強く望まなかったり子どもが欲しいと強く望まないのは母親が早く死んで、末永い結婚生活を送る事や自分自身が母親になる事を思い描けないからだ、と思っていました。

    しかし最近になって単にそれは自分を騙す口実で、本当は結婚もしたいし子どもも欲しいのではないかと思い始めてきました。

    確かに結婚願望は常に薄かったけれど、彼氏が欲しくないわけではなくパートナーが居れば心強いなぁと思う事も何度もありました。

    だけど彼氏ができないのは自分のせいなのに母親の死のせいにしているのではないだろうかと。

    母の事は今でも毎日の様に思い出しては涙が止まらなくなる時もあります。20年も経ってもこんな状態で自分が情けないです。

    母親の死を乗り越えられず上手くいかない言い訳をそこに持って行ってしまう事が苦しいのですがどうしたらいいのか分かりません。

    どなたか親の死を乗り越えるいい方法はご存知ありませんでしょうか。

    トピ内ID:9006019300

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 23 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 138 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    トピ文を読むと

    しおりをつける
    blank
    ティータイム
    トピ主さんはとっくの昔にお母さんの死など乗り越えていると思いますよ。何故ならトピ主さんは自分の思い通りに行かない人生を母親の死の所為にしていると分かっていらっしゃるので。今の現状は母親の死んだことが原因ではなくトピ主さん自身の所為だと良くわかっていらっしゃいますよ。
     あとトピ主さんに必要なのは自己肯定だけだと思います。書く必要があるので下品な言葉を使いますが、結婚願望は薄くても、子供を持ちたいと強く望まなくても普通の性欲はあるでしょう?素直に生きればボーイフレンドは出来ると思いますよ。そのボーイフレンドが恋人に変化しやがて夫になりひょっとしたらトピ主さんは母親になるかもしれませんよ。
     トピ主さんには普通の女性と同様母親の死の影響は最初からあまりなかったと思います。ただ16歳の時だったから鮮烈に記憶に残っているだけだと思いますよ。トピ主さんの問題はただ一つ自分の存在価値を正しく認めることだけだという気がしますよ。人間誰しも存在理由があるから生まれてきたのだと思いますよ。
     ここの掲示板に投稿したことは、トピ主さんが自分の存在価値に気付き始めた証拠だと思います。今が結婚の適齢期なのでしょうね。トピ主さんにとっての。

    トピ内ID:7110419656

    閉じる× 閉じる×

    諸行無常

    しおりをつける
    😀
    ハム子。
    お母様を病気で亡くされたのはつらいですね。ただ、それが5年後のことであっても10年後のことであっても同じだったのではないでしょうか。
    そのときちょうど優しくできなかったことと重なって余計辛いのかもしれませんが、子供を心配する親というのは子供が20歳になっても30歳になっても40歳になっても心配で口うるさくしてしまい、子供から鬱陶しがられるものだと思います。
    だからそれが20年後に起きたことでも状況は変わらなかったはずです。さらに今こうやって20年も母親を思ってくれるような優しいあなたです。母親もその優しさを知っていたからこそあなたを大切になさったんだと思いますよ。
    そろそろ飛び出してもいい頃合いじゃないでしょうか。お母様もあの世で、あの子は私のことばかり気にして自分の幸せを逃しているじゃないの!と歯がゆく思っているかもしれません。
    今後はお彼岸のときだけ思い出すようにして、あとは熱中できることを探してがむしゃらに生きてみるのはどうでしょうか。

    トピ内ID:7494241164

    閉じる× 閉じる×

    乗り越えない

    しおりをつける
    🙂
    しばふ
    私は、母が亡くなって2ヶ月くらいの時に、乗り越えられないと思って占い師さんに相談したことがあります。
    そうしたら、その占い師さんもずいぶん前にお母様を亡くされたようで、「私も未だに堪えてますよ」と。

    それでなんだか気が楽になりました。
    別に乗り越えなくてもいいんだなーと。
    それはそれ、これはこれ、っていうか。

    正直私も、母のことだけじゃなく、色々なことがありながら生きてきて、その都度価値観がぐるっと変わったり、一生忘れられないだろうなあということもたくさんあるし、それで性格に多少なりとも変化はありました。
    母が亡くなったのは、私の場合は4年くらい前ですけど、それから一切友達と遊びに行けなくなったし。

    でもそういう変化も、乗り越えるとか忘れるとかじゃなくて、受け入れるって言うか、人生の一部として考えればそんなに悪いものじゃないですよ。

    ちなみに私も、元々結婚願望なかったんですが、母のことがあってますます結婚したくなくなりました。
    トピ主さんは逆みたいなので、そこは否定しません。

    ただ私の場合、下手に結婚して家族の人間が増えると煩わしいなと思ったんです。
    理由は長くなるので伏せますが、すっきりした結論です。

    自分と向き合うのが大事ですよ。
    無理に乗り越えるとかじゃなく…こんな言い方もなんですが、苦しむ時間も必要だと思います。

    トピ内ID:0705974253

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    MD
    ティータイムさん

    ありがとうございます。自己肯定感については自分の大きな課題だと自覚がありました。

    本を読んだり、啓発的な動画を見たりしていてもなかなか上手くいっていないのですが…もっと具体的に生活の中に学んだ事を落とし込んで頑張りたいと思います。

    優しいお言葉の中に沢山の気づきを与えてくださりどうもありがとうございました。



    ハム子さん

    ありがとうございます。
    1年の決まった時だけに母を思い出してみるときっと心が楽になれる気がします。
    きっと時間があるから思い出してしまうんですよね。
    忙殺されるくらいに夢中になれる事を見つけたいです。

    とても優しいお言葉に涙しました。どうもありがとうございます。

    トピ内ID:9006019300

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    MD
    しばふさん

    ご経験のシェアとアドバイスをどうもありがとうございます。

    「私」としての人生はそういうものでどうにもならないものだと思って生きていけば、もがき苦しまなくても済むかもしれませんね。
    受け入れる事を拒否してきた20数年だったのかもしれません。

    新しいモノの見方を授けてくださりありがとうございました。

    トピ内ID:9006019300

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    私も同じです

    しおりをつける
    🙂
    ゆゆゆ
    多感な年頃にお母様も亡くされてお辛かったですね…

    私は40代半ばですが、5才の時に母を、40才の時に父を亡くしました。
    ですが、今でも毎日2人を思い出しますし、涙が出ることもしょっちゅうあります。
    母なんてもう亡くなって40年も経っているんですけどね。
    同じ環境に育った兄弟には「死んだ人間にとらわれ過ぎてる。亡くなった両親に笑われる。」と言われます…

    私も乗り越えられていないですよ。
    でもしょうがない、大事な家族なんですから。
    無理に乗り越えなくても、前を向いていればいいのかなと思っています。
    頑張っていれば、ちゃんと天国から見てくれていて、
    いつか褒めてもらえるかなと思って生きています。

    自分が寿命をまっとうできたとき、両親が迎えに来てくれるのを楽しみにしています。
    今までの話をたくさん聞いてもらいたいです。

    トピ内ID:9522770841

    閉じる× 閉じる×

    自分に優しく

    しおりをつける
    🙂
    momo
    私は20代前半で母を癌で亡くし今年で21年経ちました。
    その間に結婚し、出産し、今では2児の母です。

    私も20代から30代前半までは主さん同様、結婚も出産も拒んでいたように思います。
    その理由は母がいない中で結婚や出産をすることが怖かったから。

    周りの人にはお母さんがいて、話したり手伝ってもらったりしながら出産し子育てしていることが辛く、不安定な精神状態の中で自分自身が耐えられないと思っていたのかもしれません。

    私には一生経験することが出来ないその状況をどう乗り越えて行けばよいのかずっと悩み続けていたように思います。

    でもどう望んでも手に入れることが出来ないことを嘆くのではなく、乗り越えられるときが必ず来るんだと思い、その覚悟を決めた時、結婚し、出産しようと思えた瞬間がありました。

    その瞬間から覚悟ができる日をゆっくりと待ち、その日が来た時から今の環境に至ります。

    私自身も今でもふとした瞬間に涙や感情が溢れてしまう日はたくさんあります。だから乗り越えられてはいないのかもしれない。
    でも昔よりは共存できるようになったのかなとは思いますね。
    悲しく辛い過去があったから弱い自分がいるんだよねと、そんな自分を誰よりも認めてあげて、こんな日もあっていいよねと、自分に優しくしています。

    主さん、頑張り過ぎないで!
    自分の気持ちに素直に、苦労した分誰よりも幸せになって欲しいです。

    トピ内ID:8895809970

    閉じる× 閉じる×

    私は乗り越えてないかな

    しおりをつける
    🎂
    ワーママ
    私は父を亡くしました。
    私が30代前半の頃です。

    突然死だったので心の準備もなく、たまたま出張中だった私は父に対面したのは葬儀会館でした。

    それから15年。
    まだ泣けてきますよ。
    子供のころに家族で出掛けた場所に、夫と子供たちと行くと、胸がぎゅーっとなります。

    お墓参りは辛くないのに、父が好きだったレストランには未だに行けずにいます。

    きっと乗り越えてはいないんだと思ってます。
    でも、少しずつ受け入れていけるようになったのだと思っています。

    お坊さんが「生まれてきたときに寿命は決まっているものです」と話してきれたので、少し気が楽になったのを覚えています。

    トピ内ID:8962757316

    閉じる× 閉じる×

    自分が死ぬまで悲しいと思います

    しおりをつける
    🙂
    ゆきあじさい
    こんにちは。

    私も30代後半女性です。
    母ががんで亡くなって13年になります。
    父も昨年亡くなりました。

    つい先日、お店で「魔女の宅急便」の音楽が流れた際、上映当時に母と一緒に映画館に観に行ったことを思い出して、涙がこぼれました。

    私も未だに悲しいです。いい大人になったのに。
    たぶん、自分が死ぬまで悲しいと思います。
    涙がこぼれたっていいじゃないですか。
    だって悲しいんですもの。

    結婚については、したらしたで、悲しいこともあります。
    二人流産しましたが、私にとっては、親を失ったことよりもつらいです。

    でも、一緒にいられるパートナーがいることは、トピ主さんがお考えのとおり、心強いですし、楽しいです。
    母が亡くなったのは、私が夫と付き合うよりも前のことですが、「いい人と結婚できたね」と思ってくれていると思います。

    トピ主さんのお母さんも、トピ主さんのご結婚を待っててくれているかもしれませんよ。

    まとまりのない文章になってしまいましたが、トピ主さんの幸せをお祈りしています。

    トピ内ID:9877542754

    閉じる× 閉じる×

    私も同じです

    しおりをつける
    blank
    みどり
    トピ主さん、多感な16歳の時にお母様を亡くされてとても悲しかったですね。
    私も母を11年前にガンで亡くしました。
    祖父母や親戚は長生きしている人が多く、まさか自分の母がこんなに早く逝くなんて信じられませんでした。母の死後、私は人生観が変わりました。悲観するようになり自分も気付かぬうちに深刻な病気になったらと恐怖感にも苛まれるようになりました。
    周りの人に時間が癒してくれるからと慰められると傷付き、時には腹も立ちました。
    同じようにお母様を亡くした人は、周りにいませんか?私はたまたま同じような時期に同じ病気で母親を亡くした人と出会い、随分救われました。
    とにかく自分の胸の内を言葉にして話を聞いてもらい気持ちをシェアしました。
    3歳で母を亡くした知り合いに言われた言葉ですー「母を亡くした悲しみは癒えない。乗り越えるのではなく、その悲しみとなんとかうまく付き合っていく方法を見つけることが大切」
    母を想い今でもよく涙しますが、それで良いと思っています。
    トピ主さん、まだ30代でいらっしゃるのですよね。これからまだまだ出会いや人生の転機もあります、大丈夫ですよ。トピ主さんの幸せな未来が開けるよう心から応援しています。

    トピ内ID:4522713955

    閉じる× 閉じる×

    原因ではなく目的に目を向けてみては

    しおりをつける
    🙂
    bando
    数年前に売れた「嫌われる勇気」という本をご存じでしょうか。
    トピ主さんの
     
    >だけど彼氏ができないのは自分のせいなのに母親の死のせいにしているので
    >はないだろうかと

    という部分が気になりました。
    お母さまの事を思い出すたびに悲しい、というのは何年経っていようが
    不思議な事ではありません。
    ただ親のせいにして前に進めない、という部分は変える必要があります。

    この書籍には何故原因(親のせい)ではなく目的(主さんの目標)に目を向けなければならないかという事が分かりやすく書いてあります。
    もし手に取る機会がありましたら読んでみて下さい。

    トピ内ID:6975208900

    閉じる× 閉じる×

    感想です

    しおりをつける
    🐧
    グリーン
    読んだ感想ですが。

    トピ主さんの16歳までの家庭環境はどうだったのでしょうか。
    この中で父親のことには触れられていませんが、
    両親の不仲など家庭内に問題があったのなら、いいイメージが持てずに
    結婚願望が持てずにいたのも分かります。
    両親の関係も普通で、思春期に親に反抗するのは誰もが通る道ですし
    お母様が亡くなったことで、仲良くできていなかった自分を責める気持ち
    が残ってしまったのかもしれません。誰か主さんに寄り添って下さる方が
    いたらよかったのかもしれないです。
    辛い気持ちをひとり抱えてしまわれたのでは。
    自分だけ幸せになるのが許せない気持ちが心の底に無意識に持っていた
    ようにも思います。

    でもきっと少しずつ心の中が整理できたり、成長する中で
    自分自身で気づく日が来たのではないかと思います。

    すごく辛いとか、日常に支障があるとかなら、もっと早い段階で
    心療内科や心理士の元へ行かれたら良かったように思います。
    今でも、もし心を整理したいのであれば、カウンセリングを受けて
    みられてもいいと思います。
    ただ、当時の話や自分の気持ちを話してみては。
    喪失体験は本当に辛いですし、それは人だけではなくペットでも
    何年も辛かったり、トラウマのようになる方もいるのです。

    本当の自分の気持ちを見つめ、
    自分が納得できる人生を歩いてほしいと感じました。
    勿論、幸せも。

    トピ内ID:0085037639

    閉じる× 閉じる×

    厳しい≠苛め

    しおりをつける
    blank
    三毛猫
    お母様は、苛める為に厳しくしたのではありません。
    優しい親心からなんですよ。
    子供は放置が一番楽です。
    お母様は、何時までも気に病む体質だったのかも知れませんね。

    天国に居るお母様に、「厳しく教育してくれて、ありがとう。お陰で少々の事では、へこたれないで済んでます。これからも見ててね。」と話し掛けて下さい。
    命日には、好きだった食べ物、飲み物をお供えして上げて。

    フルーツを買ったり、ケーキを買った時には一緒に頂きましょう。

    毎日側に居るのよ。ずーっと。

    だから、大丈夫です。

    トピ内ID:6995761422

    閉じる× 閉じる×

    お礼が遅くなり申し訳ありません

    しおりをつける
    🙂
    MD
    久しぶりに見たら沢山の暖かいメッセージが届いていて感動しました。見ず知らずの私に沢山の暖かいお言葉ありがとうございます。

    ゆゆゆさん
    ご両親とも…お辛い気持ちをシェアして頂きありがとうございます。父を亡くすことが今の最大の恐怖です。死後の世界を想像した事なんてありませんでした。新しい考え方をありがとうございます。

    momoさん
    >(略)結婚も出産も拒んでいたように思います。その理由は母がいない中で結婚や出産をすることが怖かったから。

    私も同じ思いです。
    出産した友達はみんな母親を頼っているのにって…。
    最後のエールの言葉涙が出ました。ありがとうございます。

    ワーママさん
    突然のお父様の死にお辛い思いをされたのですね。
    乗り越える、受け入れる…無理せず出来る事を自分の出来るレベルから始めたいです。ありがとうございます。

    ゆきあじさいさん
    既婚者さまからの体験談や沢山の喪失から続くお辛い気持ち教えて下さりありがとうございます。母が今の自分にどんな言葉をかけるだろうかと想像しました。今まであまり考えた事が無かったのですが…たまに考えてみることにします。応援のお言葉にも感謝いたします。ありがとうございました。

    トピ内ID:9006019300

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    お礼が遅くなり申し訳ありません(続き)

    しおりをつける
    🙂
    MD
    みどりさん
    みどりさんも辛い思いをされたのですね。
    私の周りにはなぜか両親が仲睦まじく揃った家庭の友達が多く自分の境遇を言い出せない事が多いです。離婚した両親をもつ友達も少ないです。羨ましいですね正直。羨んだって何にも解決はしないので分かってくれる人が現れるなんて諦めの気持ちです。
    最後のお言葉励ましてくださって嬉しいです。ありがとうございます。

    bandoさん
    具体的な改善策をご提案くださりありがとうございます。有名な書籍ですね。そのような内容が含まれているとは知りませんでした。現在海外在住なので電子書籍で入手出来ないか調べてみます。


    グリーンさん
    違う視点からのアドバイスありがとうございます。父は母の事が大好きでした。今も再婚はせずに独りです。
    母が亡くなった時に両親の結婚生活の終わりを見た気がしました。これが結婚観に影響しているんでしょうかね。
    家庭内の不和は母と同居の祖母(母から見ると姑)は良くないなぁ、母は苦労しているなぁと子供ながらに感じていた事でしょうか。祖母は母と母にそっくりな私の事が好きではない事がよく伝わってきましたので。
    こういった事を探る努力を私は今まで怠ってきたのですね、きっと。
    誰かに助けを乞う事も必要だったんですね…アドバイスをありがとうございます。

    三毛猫さん
    もうこの世に居ない母との対話をする事なんて考えてもみませんでした。
    母がどんなフルーツが好きだったか覚えておらず、そもそも最初から知らなかったのかもしれません…お供え物をするという事も宗教観が希薄(母の葬儀の時から嫌悪感があります)だったのですが、あまりアレコレ考えずにこれからは日常の生活で少しずつ気軽に取り入れてみようかなぁと思いました。
    新しい考え方を授けてくださりありがとうございます。

    トピ内ID:9006019300

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (4)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0