詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親戚との相続の憂うつ 空き家問題

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    みぽこ
    ひと
    母が亡くなり、母の生家を 叔母と私と父で相続しました。
    (母の相続放棄が出来ず、生家の権利もついてきました)

    過疎地でいつ崩れてもおかしくなく、家が隣接しており、売る価値もないが、放置もできません。

    以前の話し合いで、解体費で叔母と折り合いがつかず放置となりました。

    私の子供達にこの問題を残したくありません。

    父も、私に意見を聞くばかりです。

    父を差し置いて私が話を進めるのは、心証が悪い様です。

    父に まずは名義よりも、解体にむけて交渉をしてほしいのですが、とにかく相手あっての事。

    金銭の出資は最大限努力したいと思います。

    疎遠の親戚と、金銭の話を進めるのは 本当に疲れます。
    逃げれるものなら逃げたい。でも子供達の事を考えると、父が健在の内に解決したい。

    台風や大雨の度に、倒壊しないか心配です。
    鉛の様にいつも心が重いです。

    親族と相続で揉めた方。上手く解決する事が出来た方の話を聞きたいです。アドバイス下さい。

    宜しくお願いします。

    トピ内ID:0228127819

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 8 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 51 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    だからこその

    しおりをつける
    🐤
    ICHICO
    生命保険なんですけどね・・・・。
    お母様は加入していなかったか。

    世の中には「自分は女だから保険はいらない」とかおっしゃる女性が老いのですが、生前にきちんとした相続関連対策を考えると必要な方はたくさんいると思うんですよね。

    昨年に私のクライアントのお父様が亡くなられました。
    よくお調べしたら、父君も保険に加入していました。
    ただ諸事情あって払い済みになっていましたので、保険金は数百万しかのこっていませんでしたが「これはできるだけ最後まで残しておきましょう」とあどばいすしていましてね。

    そのお父様が亡くなった後の相続問題で発生したことは「不動産の名義変更でお金が掛かる」という事でしたね。
    父君が残された保険金で相殺できましたし、遺品整理の際の廃棄料もそこから出せました。
    そして、残されたお母様の青年後見人費用もそこからあてることとなりました。

    他の方のケースでは、やはり残された不動産の処分費用を自腹で負担して泣いておられる方なんて多数いらっしゃいます。

    >私の子供達にこの問題を残したくありません。

    そう思われるなら、家屋の解体費用分くらいの保険を残しましょう。

    「保険なんか必要ないでしょ」という意見を見かけますが、世の中知らなさすぎだと思います。

    生きている人間が苦労しなくて済むように・・・・は、生活費の事だけじゃないんですよ。

    トピ内ID:9474682193

    ...本文を表示

    母の生家とは?

    しおりをつける
    🙂
    ハルトゲ
    お母さん以前の相続から名義変更せずに放置していたのですね?

    だから相続権利がトピ主父子だけでなく叔母も、ということに
    なったわけか・・。

    まず、そんないつ崩れてもおかしくないような生家を
    叔母はよく相続しましたね(相続放棄も出来たはず)。

    まずそこですよ。

    なぜ叔母は相続放棄しなかったのでしょう?
    何が狙いなのでしょうかね?

    お母さんの兄弟姉妹ということで、自分の生家でもあるわけだし
    解体するなら「金をくれ」ってことですかね?

    解体するなら解体費に関しては相続した者でお金を出し合うものですけど、
    叔母は「自分はそこまで費用を出したくない」ってことですかね?

    だったら、相続放棄(相続放棄期間は過ぎているから、叔母から
    トピ主父子への「(無償)譲渡」)してもらうしかありません。

    もしくは、そんなにお金を出したくないのであれば、
    トピ主さん父子が叔母へ「譲渡」すれば良いのです。

    したがいまして、叔母へは、
    解体に向けての費用を出したくない。しかし相続した以上、
    責任があるわけで自分だけ費用を出さないなんてことは許されない、
    という交渉。冒頭に書いたように母以前の相続で、お母さん及び
    きょうだいである叔母も放置していたわけですから叔母にだって
    処理責任はあるのです。そんなに言うなら「相続権利者から抜けろ」と。

    もしくは、そんな費用を出したくない、解体したくない、
    すなわち生家へのこだわりがあるなら「叔母へ譲渡します」
    後は好きにやってください、という交渉をする。

    どっちかしかないと思います。

    トピ内ID:0425564127

    ...本文を表示

    「お金を出したくない」と言っている人を説得するのは無理

    しおりをつける
    🙂
    ochapi
    トピ主母の実家を、トピ主母とトピ主叔母が共有で相続して、その後トピ主母が亡くなったが相続放棄しなかったため、トピ主父とトピ主さんがトピ主母の共有分をさらに相続した。という流れですね?

    1. 家を壊す、土地を売るといった処分にトピ主叔母は同意していますか?
    「実家だから」という心情的な理由で、使いもしない不動産を抱え込む人は少なくありません。トピ主母の代で処分していなかったのもそのせいでは?

    2. トピ主さんが動かないと進みません。
    トピ主父から見ると「妻の実家なんか知らん」というのが本音でしょう。思い入れもないでしょうが、田舎だとヘタに売ると「先祖伝来の土地を強欲なムコが売り飛ばした」みたいな悪口を言われたりするので、触りたくない。それは血のつながったトピ主さんがやらないとダメです。

    3. 解体費は全額出す積りで交渉する。
    相続の経緯が上に書いたようなものだと、持分はトピ主叔母1/2、トピ主父、トピ主が1/4ずつなのだろうと思いますが、「壊したくない」がベースの感情の人から持分に応じた解体費を取るのは困難です。解体したいトピ主さんが全額出すくらいの積りでないと進みません。

    トピ内ID:5155469306

    ...本文を表示

    土地問題で司法書士との相談を考えてます

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    妻が今住んでいる県の田舎にある義父の実家の土地家屋、山、田畑を相続しました。

    ところがよく見ると、相続した土地の一部が、妻と亡き義叔父の共同名義になっていて、義叔父の相続人である義いとこ達は土地の相続手続きをしていません。

    だから、亡き義叔父名義を義いとこの誰かが相続して名義変更してもらう。

    その後、土地の名義を誰か一人に統一しておかないと、今後、その土地の売却などでの、手続きが必要な時に、遠くのいとこ達との話し合いが必要になります。(売却はできそうにありませんが)

    でも、妻は義いとこ達とは疎遠なので、どうやって話し合うか悩んでいます。

    現状の案としては、相続手続き時に頼んだ司法書士と「どう対応すべきか」を相談する。

    そして司法書士から義いとこ達に(弁護士でないから交渉はできないとしても)「現在こうなっているので、こうする方が良い」という複数案を事務連絡してもらえないかと考えています。

    弁護士ほど強力ではありませんが、相続や名義変更では力になってくれると思います。(相続相談の看板を掲げてますし)

    トピ主さんの場合、解体費が出せるかどうかはトピ主さんとお父さんの問題です。

    でも、いろんな相続を経験している司法書士に相談すれば「叔母にどう対応したら良いか」案を出してくれそうです。

    もし、家屋だけでなく、土地も共同名義なら「どうするのが良いか」のアドバイスもしてくれそうです。

    近いうちに倒壊する恐れがあるとしても、叔母様が健在な間に名義もすっきりしておかないと、将来、いとこ達と話し合いや交渉する必要が生じるかもしれません。

    それもトピ主さんが話し合うならまだマシですが、もっと将来、高齢のご主人か子供達がトピ主さんのいとこ達(さらにはその子供達達達達)と話し合う必要になれば、ますますややこしくなります。

    トピ内ID:7222238744

    ...本文を表示

    上手くいってないケースでごめんなさい

    しおりをつける
    🙂
    紅葉
     姑の生家の事でもめました。
    土地家屋は法律に強い従兄弟に一任。
    住宅地ですが、なまじ広くて数年売れず。

    その間も隣家があるので、姑が管理。
    結局、赤字売却。
     すると何もしていない親族が売却額だけを相続。その上、姑を猫ババ扱い。

    さらに墓で揉めて、祭祀継承者が姑に罵詈雑言浴びせて、姑はメンタル崩壊寸前。

     それは困るので、私が「姑の代行するので、以後はこちらに」と宣言しました。

     以降、未だに紆余曲折はしてます。
    ただ、話のスピードはマシかな。

     親族も、ノイローゼで、支離滅裂で、話したくない。
     親族は、お墓は残したい、でもお金がない。
     私の場合はこのノイローゼ親族が亡くなったら、車一台分の費用がかかりますが、
    墓を一人でしまおうと思います。


     トピ主は、台風とか心配ですよね。
    要は、叔母さんがカネを出したくない、お父さんも出したくないのでしょう。
     貴方が出ると理詰めでは叔母さんは負ける。だから貴女には出てきて欲しくないのでは?

     解体費用をこちらで持つつもりで、代行を宣言すれば早期解決とは思います。
    お父さんからは受け継ぐはずの財産を解体につぎ込む形で。

    まずお父様に代行を申し立てる。
    あるいは弁護士で解決することもあるようです。
     

    トピ内ID:5294278308

    ...本文を表示

    お父さんに

    しおりをつける
    🙂
    苔むすび
    トピ主さんが相続した持分をすべてお父さんに贈与したらどうですか?

    お父さんの負担すべき解体費用を援助する肚を持っておく必要はありますが、膠着するならそのまま放置して、お父さんが亡くなられた時には相続放棄すればお子さんには塁は及びません。

    トピ内ID:2981410092

    ...本文を表示

    空き家

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    解体補助金という制度が市にあります。
    いろいろと条件はありますが50万円ほど補助してくれますよ。特定空き家に該当すると、もっと大変な事になります。

    トピ内ID:7168715709

    ...本文を表示

    すぐに売れないなら、先に所有権の一本化。

    しおりをつける
    🙂
    エス
     不動産の解体や売却は所有権が複雑だと話がまとまりにくいですよ。すべてのことに所有者全員の意見や日程の調整が必要です。良い話はタイミングを逃します。相手も業者もそんな面倒な相手との売買交渉には魅力を感じません。また業者や相手に足下を見られますから、不利な値段になりがちです。

     話がまとまりかけても一人の気分が変わっただけで、その話が座礁します。売却の話が壊れてしまうだけならばマシですが、話を始めてから足並みが乱れた場合は、違約金が発生することもあります。したたかな相手であれば、有利な条件を引き出す為にそのチームワークの乱れを狙って揺さぶるテクニックもありますよ。

     まずは所有者の一本化をするべきです。あなたの説明どうりに価値の少ない物件なら、あまり高額ではないはずです。「売却」「購入」「贈与」のどれかを行って所有者を一人にしましょう。他人への売却などはその後にすることを薦めます。

     まずはお父様と意見をまとめましょう。お父様の遺産は全て放棄するつもりならお父様に自分の権利を贈与又は売却。しかしその後のあなたに不動産に対する法的な権利がなくなりますから、売却時や解体時の交渉はすべてお父様の責任です。

     お父様の権利をあなたが買い取るか贈与をしてもらう場合は、後はあなたと叔母さんとの交渉です。どちらかに所有権をまとめるか、二人で力を合わせて売却や管理をするのかを決めましょう。

     所有権の一本化をする場合の金額は、立場が逆でも構わない金額です。提案する金額で「売れないと言われたら買ってもらい」「買えないと言われたら売ってもらい」ましょう。本当に適切な価格なら言いだした方が少し+αをすれば話がまとまるはずです。話がまとまらない場合は贈与してしまうのも手ですよ。

    「一心同体でない人との共同所有物件」は「田舎のあばら家」よりも負の遺産です。子供の為に所有権を整理しましょう。

    トピ内ID:2584753651

    ...本文を表示

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    😢
    みぽこ
    皆様、専門的なご意見。体験談
    本当にありがとうございました。

    ズバリ指摘されてる方もおりますが、母は存命の内に取り壊しまでいくつもりでした。
    母がいれば、不仲な叔母とも交渉できたと思います。
    その母は急死でした。
    母の頑張って残した遺産を生家の為に放棄はできませんでした。

    私一人が放棄しても、結局、父が亡くなればまた同じ事になります。

    当時の司法書士さんは頼りになりませんでした…

    父は、今度の交渉は解体費を出す方向です。
    しかし、叔母からしたら生家。
    そしてお金は経済的に出せない。

    気持ちとお金の問題はとても複雑です。

    まずは、父と叔母がもう一度接点をもち
    相手がどうしたいのかを聞いてみたいと思います。

    母も心残りだろうから、もうこっちで全部やるから、権利もちょうだい!
    と一言言えればいいのですが。
    相手に不信感を持たれてしまっては、さらにトラブルになります。

    まずは、僅かばかりでも信頼関係を気づく事でしょうか。

    しっかり時間をかけて、皆様の意見を読み直したいと思います!
    ありがとうございます!!

    トピ内ID:0228127819

    ...本文を表示

    相続問題は大変ですよね。

    しおりをつける
    🐶
    はな
    わたしも不動産がらみの相続で苦労しました。心中お察しします。
    この文章だけだとわかりかねますが、おばさんと信頼関係築くの難しそうじゃないですか??
    家の崩壊が心配なのに、長期戦で大丈夫か心配になりました。
    一度弁護士の無料相談など受けられては??
    後は叔母がどうしたいのか、叔母の口からはっきり言わせるといいと思います。トピ主があれこれ言っても、全部突っぱねてくると思います。
    スタートはそこかな、と。

    トピ内ID:3741936341

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0