詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大往生おめでとうございます。について

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ほのぼの
    話題
    先日、祖母が98歳で亡くなりました。
    そんな年齢でも死ぬ間際に「死にたくない」と言いました。
    葬儀でお坊さんの説法の時「大往生おめでとうございます。」と笑顔で言ったのがショックでした。
    高齢でなくなると「大往生おめでとうございます。」と言うものですか?
    宜しくお願いします。

    トピ内ID:4661712530

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 63 面白い
    • 350 びっくり
    • 29 涙ぽろり
    • 274 エール
    • 67 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    九十八歳なら大往生でしょう

    しおりをつける
    🐱
    ぎんねこ
    私の祖母も九十八歳で亡くなりましたが、戒名に寿という字がついています。亡くなった時の僧侶の話では、名前が付いたのは三十年以上前でしたが、そのころから長生きすることがわかっていたそうです。
    祖父が六十四歳で亡くなった時に、一緒につけてもらった戒名でした。

    まあ、九十八歳なら。長生きではないでしょうか。

    大往生、もしくはおめでたいに近いと思います。

    トピ内ID:9664511895

    閉じる× 閉じる×

    聞いたことない

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    私は、大往生うんぬんはもちろん、葬儀の話を笑顔でするお坊さんを見たことないですね。
    神妙な顔をして、ありがたいお話をするのが普通ではないでしょうか。

    考えられるとしたら、昔からおばあさんとそのお坊さんが顔なじみで、何かの機会におばあさんが、しんみりしたお葬式は嫌だとか話していた、とかは考えられると思いますが、どうなんでしょうね?
    今まで会ったことのない、その場限りのお坊さんなら、98歳という年齢だけ聞いてそのような話をすることはあり得る…のかなあ?

    トピ内ID:4198755951

    閉じる× 閉じる×

    言わないです。

    しおりをつける
    blank
    さらしな
    去年、母が92歳、父が93歳で亡くなりましたが。

    お坊さまはもちろん、誰にもそんなことは言われませんでした。

    うちの両親だって喜んで亡くなったわけではありませんが。
    私のほうからは「90歳もとっくに越えて大往生でした」と言いました。

    それでも「おめでとうございます」と返されたら、ムッとしたと思います。

    尊属が亡くなるのが喜ばしいことであるはずがないじゃないですか。

    もしかすると今頃、お坊さまは(失敗したー)と頭をかかえてらっしゃるかも知れません。

    トピ内ID:7397167078

    閉じる× 閉じる×

    家族が他人に対して気を使って言うのはあるけれど

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    他人から大往生なんて言われたくないですよね!!

    何歳だろうが 家族にとっては大切な人なんですし・・
    私も祖母が亡くなった際 跡継ぎの奥さんにそう言われて しかも
    非常識なことに身内っだけでしたが お昼赤飯だったんですよ!

    お勉強はできても常識がないなって 高校生だったけれど思いました。

    人はいつか死ぬんだけれど
    私の母方の曾祖母は 104歳まで生きたし 最後までぼけることもなく
    その際もお焼香に来る人たちが 大往生でしたね・・って

    不愉快でした。

    トピ内ID:6022704252

    閉じる× 閉じる×

    地域柄?

    しおりをつける
    🙂
    ふー
    老衰で亡くなられたのでしょうか?

    地域によっては90歳過ぎて亡くなると葬儀に紅白まんじゅうが配られたりもします。
    天寿を全うできたと言うことで、、、。

    トピ内ID:7077902317

    閉じる× 閉じる×

    大往生かは本人・家族が決める

    しおりをつける
    😢
    ぴこ
    『大往生でしたね』は失礼にあたる事がある為、使わないという事が常識かと思っていました。

    高齢だと大往生、は言われがちで仕方がない部分はあるのかな‥と感じますが、決してめでたくはないですよね。

    お坊さんなら尚更遺族への配慮が必要と思います。
    お坊さんが大往生と言った事もビックリですが、さらにおめでとうございます、との発言にビックリです。

    私だったらどちらもいいません。

    トピ内ID:2823818037

    閉じる× 閉じる×

    お悔やみ申し上げます

    しおりをつける
    😢
    みち
    親類にお坊さんがいる者です。

    お坊さんと言っても、所詮は人間、色々な人がいます。
    お坊さんにより、説法の上手い下手もありますし。
    (お坊さんの人間性で説法の善し悪しも決まる気もします)
    この世の中には態度が良いお坊さん、悪いお坊さんもいますね。

    たぶん、ほのぼのさんは、ハズレのお坊さんに
    当たってしまったのだと思います。

    普通は「大往生おめでとうございます」とは言わないでしょう。
    98歳は世間で言えば、長寿の域ではありますし亡くなれば大往生と言われ
    ますが、身内が亡くなった不幸があった遺族の方に「おめでとう」とは
    言いません。

    もしかしたら、そのお坊さんは仏教的にいうと
    「大往生(苦もある修行のようなこの世を長く生き抜いてきてたことに対する敬意)おめでとうございます(死の辛さを経て今お釈迦様のもとへと召されて苦から解放されて光の下へいるであろう幸せ)」とか言いたかったのかな?
    とも思いますが・・・普通はどう考えてもそうは理解されないと思います。

    トピ主さんがお祖母さんを亡くされショックを受けているところに
    その説法で一層、心を痛められたのがとても辛く悲しかっただろうと
    とても気の毒に思います。

    ただ、そんなお坊さんの頓珍漢な説法でネガティブに引きずられては
    ほのぼのさんの心が深く閉ざされて病んでしまいます。
    それこそ、悔しいことですし、亡きお祖母さんも悲しむと思います。
    ほのぼのさんの心から失礼な坊さんをエイッと追い出してしまいましょう。

    そしてお祖母さんとの楽しかった思い出を思い返して故人を偲ぶ事が
    お祖母さんの供養になる、あちらの世でお祖母さんもお喜びになると
    思います。

    お祖母さんの死を乗り越えて、トピ主さんのお心に少しずつ
    平穏が戻りますように・・・。

    トピ内ID:3963194339

    閉じる× 閉じる×

    世間では

    しおりをつける
    🙂
    やす
    世間ではよく「それは大往生だったね」(お悔みの気持ちを込め)と言われたりしますよね。
    お坊さんの世界では正式には、大往生「おめでとうございます」だったりするんですかね。
    それでも、家族はいやですよね「おめでとうございます」なんて。
    しかも、亡くなる間際に「死にたくない」という言葉を聞いてる家族にとってはなおさらです。
    仏教の世界で、もしそれが正しい言葉だったとしても、そんなことを言うお坊さんは人としてどうなんだろう。

    トピ内ID:9601518383

    閉じる× 閉じる×

    「おめでとうございます」は、余計ですね

    しおりをつける
    😝
    後悔むすめ
    私の母も98歳で亡くなりましたが、母は5か月間の延命の末の
    苦しみながらの死でした。

    ですから、「大往生」では全くなかったです。

    「大往生おめでとうございます」と言われる位の死を、
    母にさせてあげたかったです。

    羨ましく思いますが、「おめでとうございます」と「笑顔」は
    余計ですね。

    しかし、言葉はどうであれ、死ぬ間際に「死にたくない」などの言葉が
    言えたお祖母様は、本当に、苦しさのない大往生だったと思います。

    共に、ご冥福をお祈り申し上げます。

    トピ内ID:3896054907

    閉じる× 閉じる×

    今どきではないかも

    しおりをつける
    🐤
    ICHICO
    夫の祖母が93歳で亡くなりました。
    もう15年以上前ですが、当時の感覚では「大往生おめでとうございました」でしたね。

    大病することなく、晩年は足腰も弱り介護される生活も長かったのですが一切ぼげることなく過ごしましたので、最後は「老衰」で息を引き取りましてねぇ。

    亡くなったことはとても寂しいのですが、私たちは違和感なくその言葉を受け止めましたよ。


    夫の祖母の時は本当に静かに静かに、蝋燭の灯が絶えるが如くでしたのでねぇ。
    親族がみな集まり、声を掛けても反応も無く眠るようにして旅立ちましたから、臨終の際には皆口々に「おばあちゃん、ご苦労様でした。」「ありがとう」と声をかけたものですよ。

    ただ、現代では100年人生と言われまして90過ぎまで生きることが当たり前の時代に突入していますし、ご病気でお亡くなりになることも多いでしょう。
    ましてや、そもそもの「大往生」の意味は「思い残すことなく遺族に見守られて幸福な死を迎える姿」をさすのです。

    死の間際に「死にたくない」と残されたということは、ある意味大往生とは違ったのでしょう。

    御坊様は昔からお付き合いのあるお寺さんの住職様ですか?

    我が家は代々引き継がれている寺の住職様にお願いしていますので、家族の事情や状況も解かってくださっています。

    義父は長い闘病を経て無くなりましたので、「大往生」という言葉は使われませんでした。

    もしかしたらお坊さんはあまりお亡くなりになった状況をご存じなくて、年齢だけで「大往生」といったのかもしれませんね。

    今際の際を知るトピ主様にとってはお辛い言葉でしたね。

    トピ内ID:5869213070

    閉じる× 閉じる×

    説法だからね

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    友人知人レベルなら、絶縁ですけどね
    ショックを受けたのかな?

    私も詳しいわけではないですが
    宗教観ですから、死についてはそれぞれ考え方があるのだろうと思います

    捉えようによっては
    家族へのねぎらいの言葉だったり
    亡くなった人への旅路への言葉だったりと
    悲しい場所だからこそあえての言葉

    お坊さんならではの考え方だと思います


    普段から、宗教や死について触れないから
    酷いという気持ちが先行したのかなぁと

    前後の言葉や、それなりに説法を聞いたとは思いますが
    どんな感じだってのでしょうか?

    トピ内ID:9580417788

    閉じる× 閉じる×

    長く生きられた事は奇跡。

    しおりをつける
    🐱
    めたも
    98年もの長きに渡り
    無事に生き続けられた事の「おめでとうございます」ですよね。


    人は必ず死ぬので、

    そんなにも長い期間、
    事故、病気、犯罪被害などに巻き込まれなかった事は、ラッキーです。


    同じように、

    どんな最期を迎えるかわからない中で、
    熱い・苦しい・痛い・怖いなどが、比較的少ない死因だった時も
    ラッキーだし、うらやましいですね。

    トピ内ID:6082629792

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    ほのぼの
    祖母の生前にお坊さんとは面識がありませんでした。
    祖母は母方です。
    世間知らずの母はそのお坊さんが少年野球のコーチだと知って、
    「少年野球のコーチだから立派な人だ」
    と惚れ込んでお葬式に来て貰いました。
    説法も少年野球の話でした。ハズレのお坊さんだと思います。
    でも母が気に入っているなら仕方がないです。
    母のための葬儀だと思って我慢します。
    これからも月命日などに来て貰います。

    トピ内ID:4661712530

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    ちなみに

    しおりをつける
    🙂
    ほのぼの
    祖母の死因は癌でした。
    お坊さんにも言ってたんですがね。

    トピ内ID:4661712530

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    お悔やみ申し上げます。

    しおりをつける
    blank
    葬儀スタッフ
    この度はお寂しい事と存じます。
    お悔やみ申し上げます。

    他の方のレスにもあるように、
    仏教ではこの世を修行の場と考えますので、
    修行を終えられ「めでたく」極楽へと旅立たれた。

    しかしこれ、凡夫である我々は、
    なかなか受け入れられない。
    何せ極楽やらご浄土やらが本当にあるのか判らないし、
    大切な人との別れがめでたいはずなどない。
    修行が終わっておめでとうなんて気分にはなれませんよね。
    もうこれは、
    そのお坊さん(宗旨宗派)の考え方を披露しただけと思いましょう。

    年齢に不足はなくとも、
    大切な人の死は辛いです。
    その辛さはおばあ様が本当にいい方だったからです。
    どうぞその辛さも、思い出もしっかり抱いて人生を歩んで下さい。

    梅雨でむしむし、晴れれば酷暑。
    どうぞご自愛下さい。

    トピ内ID:1889656297

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      口にできる人は限られてます

      しおりをつける
      🐱
      うららママ
      昔のお寺さんは 学歴も 一般家庭人より高かったから…… 仏様の世界からものを言う!的な発言も多かったと思います。 その感覚で 生を全うされて 御本尊様の導きで天界に召されて行ったお祖母様の事を 身内の方などの前で 「悲しむことはありません」という意味で 言ったのでしょう…… 普通は 言いませんよね(笑)

      この春 90歳の父を亡くしましたが 晩年は 寂しがってました…… 同年代の話が通じる人が皆 亡くなり…… 言葉使い 音楽 食べるもの 観るもの 読むもの全てが 時代の流れで変わってしまい、 便利で衛生的になり安心な暮らしになったのになぁー と。

      トピ主さんにはショックだったと思います。お祖母様が死にたくないと 仰ったのは 何処であれ、知らない処へ行くことへの不安からだったのかもしれません。 私は あちらで沢山の友人 知人と 話に興じている父の姿を思い浮かべるようにしていますよ。戦前戦後を 色んな思いで生きてこられたお祖母様のご冥福をお祈りしております。

      トピ内ID:0506200936

      閉じる× 閉じる×

      無い

      しおりをつける
      🙂
      かあさん
      それは無い。

      大往生も、おめでとうも、紅白まんじゅうも、身内から出るもので、他人から言われる筋合いのものではない。

      長生きでした、頑張りました、ご苦労様でした・・が行き過ぎて、おめでとうございますになったのかもしれないけど、他人が率先して吐く言葉では無い。

      トピ内ID:9730012739

      閉じる× 閉じる×

      「おめでとうございます」も「笑顔」もおかしい

      しおりをつける
      🙂
      蝸牛
      98歳は一般的には大往生です。私の母は76歳で亡くなりました。平均年齢位は生きていて欲しかったですが、後から亡くなった叔母たちは皆90代まで行きましたが、最期数ヵ月は苦しんだり、いとこたちから「大変だった」「認知症になった」などと聞かされました。
      私の母はいわゆるピンピンコロリで、夕食も一緒にすませてテレビも一緒に見て「寝てくるね」と自分の部屋に行って30分後でした。
      何の気持の準備もなかったので狼狽しましたが、母にとっては一番いい最期だったかな、と思っています。
      明日の朝のお米を炊く準備もして、年末だったので孫たちへのお年玉も用意してありました。母にとっては明日もいつもと同じようにくるはずだったんです。
      少し早かったけど大往生といっていいかと思います。長さではないと思います。

      「大往生でしたね」は使いますが「大往生おめでとうございます」は聞いたことないですし、笑顔で言われるのも違和感です。

      トピ内ID:5516828355

      閉じる× 閉じる×

      恐らく、お世話していた人への労いだと…

      しおりをつける
      🙂
      ボール
      90越えていれば、誰でも「大往生」であって、そこまで長生きできた事は、とてもおめでたいと言う考えではないでしょうか。

      だから、本人の最期の言葉が「まだ生きたい」だったけど、ここまで長く生きていた事自体がおめでたい、と言う事なのではないでしょうか。

      その坊さんの心意はわかりませんが、98歳まで長生きした事を、残った家族の苦労(介護や身の回りの世話)を労い「(あなたの苦労のお陰で)大往生(させられたね)おめでとうございます」なのではないでしょうか。

      他人の発言を悪く捉えようと思えば、いくらでも悪く捉える事ができますし、坊さんも人間なので間違うこともあるとは思いますが、恐らく悪意での発言ではないと思いますよ。

      トピ内ID:6796149511

      閉じる× 閉じる×

      私の曾祖母も

      しおりをつける
      😨
      ふみ
      そのくらいの年齢で亡くなり葬儀に参列しました。確かに大往生ではありますが、おめでとうは違和感ありまくりです。
      ちなみに私はその葬儀の際に、お坊さんが、「え~このおばあさんは98歳でお亡くなりになり~このおばあさんは~」と連呼されていて、いくら高齢でもおばあさんではなく名前で呼んでほしかったなと感じました。

      トピ内ID:7468482884

      閉じる× 閉じる×

      お悔やみ申しあげます。

      しおりをつける
      😑
      ダリアの花
      父が94歳、ガンで亡くなりました。
      当時私は44歳、一人っ子でした。
      その時、主人の母の再婚相手が
      「紅白饅頭配らなあかんやろ」とのたまいました。
      私は辛くて悲しく、もっと話をしたかった、もっと生きてて欲しかった、と
      喪主をなんとか務めねばと涙を堪えて居たのに、26年経ってもあの言葉を忘れません。貴女の気持ちは良くわかります。

      トピ内ID:9564946582

      閉じる× 閉じる×

      亡くなった方におめでとうは言わないですよね。

      しおりをつける
      🙂
      るな
      「大往生」は分かるけど、「おめでとう」はナイですよね。

      悲しんでいる家族の前で言う事じゃないと思います。

      どうしても引っかかる。訂正して欲しい。というなら物申しに行けばいいと思います。

      家族が亡くなり傷心の身に「おめでとう」は辛かった。と。

      が、私ならそこは(?)と思いつつ、スルーしますかね。

      「大往生」という言葉には間違いありませんし、おばあ様が成仏できるよう弔ってあげてください。

      トピ内ID:8345348539

      閉じる× 閉じる×

      無作法な僧侶

      しおりをつける
      🙂
      ゴリ子
      「大往生」も「おめでとうございます」も言いませんよ。

      98まで生きたから「大往生」か?違います。
      高齢まで生きてもただ普通に生きていたなら大往生でも何でもない。

      逆を言えば50代でも、いろいろ人のために尽くしたとか、
      業績や成果を残しての死去なら私は(親族からみたら)
      「大往生」だろうとは思います。

      また「大往生」がめでたいことでも何でもありませんし、
      他人から言われるスジアイのものじゃありません。

      その僧侶、何らか言おうとして口に出したんでしょうけど、
      無作法というか、言葉知らずというか、失礼というか、
      非常識というべきか、、、

      私だったら「大往生・・」までは良いとしても「おめでとうございます」
      なんて言われたらその場で文句言いますよ。
      「は?どういう意味ですか?」「何が”めでたいのですか?”」とね。

      その場でツッコミ入れるべきでしたよ。

      トピ内ID:0724165585

      閉じる× 閉じる×

      地域・地方・宗派によっては、そのように言うようですよ。

      しおりをつける
      🙂
      通りすがり
      軽く調べてみると、地域・地方によって、そのようにおめでとうございます。と言われるようですね。こんなに長生きできたからおめでたいと言う意味があるようで。
      そして、例えば仏教系であっても宗派によって、使う言葉もあるそうです。トピ主さんの所でお願いされたお坊さんはどの宗派だったのでしょう?
      そして、レスにもありましたが、お赤飯を炊く所もあるそうです。
      このような宗教絡みの事は、地域地域によって異なるようなので、やみくもに「不謹慎だ」とは言えないかと。

      トピ内ID:2412697590

      閉じる× 閉じる×

      私は祖母の葬儀でお祝いをもらいました

      しおりをつける
      🙂
      みーすけ
      93歳の祖母が亡くなった時、長寿銭と紅白饅頭をもらいました
      共に祝いの意味を持つ【蝶結びの水引】です

      90歳を超えた方が亡くなった時に皆に配るモノだそう

      人は必ず命が尽きる
      この年齢まで生きた時点で大往生

      日本にはこういう慣習もあるということを知ってもらいたいと記しました

      トピ内ID:5714703360

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        苦しみから解放されたからとか

        しおりをつける
        くも
        宗派にもよりますがいわゆる仏の世界にいかれたという概念。
        98歳は長生きだし、もう痛みも苦しみもない世界にいくことができて良かったですね、という思いが、おめでとうございますという言葉になってしまったのかもしれませんね、そのお坊さん。

        お坊さんってほら、お経を唱えて成仏させる仕事ですし、そういう感覚が強いのかもしれず。

        にしたって遺族にしてみたら気持ちのいい言葉では決してないと思います。
        不適切だろうなあ。

        トピ内ID:1562915349

        閉じる× 閉じる×

        他人が使ってはいけない

        しおりをつける
        🎶
        コユン
        こんにちは。はじめまして。
        「大往生」は身内は作ってもいいが、他人は使ってはいけないと聞いています。天寿を全うし、安らかに亡くなることを言うそうです。ご高齢で病気などなく、老衰で眠るように亡くなられた場合、身内が「大往生でした」と言うことはあると思いますが、お坊さまが「大往生おめでとう」と言うなんて。

        トピ内ID:0684662594

        閉じる× 閉じる×

        それで気持ちが楽になる人もいる

        しおりをつける
        🙂
        ハレルヤ
        98歳で大往生と思うか、それともまだまだ元気でいられたのにと思うか、それは人それぞれの感じ方なのだと思います。
        それでも私は、大往生=天寿を立派に全うした、と考えると晴れ晴れしい気持ちになれます。
        そういう人もいるので、死の悲しみから気持ちを切り替えることができる言葉だと思いますよ。

        トピ内ID:6291773583

        閉じる× 閉じる×

        よく言われる言葉ですが

        しおりをつける
        blank
        匿名希望
        最近、伯父が亡くなりました。
        90歳でした。
        最期まで頭も体もしっかりしていたようです。
        頭がしっかりしていたのは亡くなる前の年に会ったのでわかっています。
        進行が早い病で亡くなりました。


        葬儀に参列してくださった伯父の町内の方か知人の方かわかりませんが
        私はその方と面識はないのですが
        「残念だったね、ばってん大往生だけんね」
        という言葉がその方から出ました。
        (「おめでとう」は言われていません)

        「大往生」という言葉はよく使われるものですが
        小さい頃から可愛がってくれた伯父、90歳だから確かに長く生きました。
        でもその言葉を聞いたときにはとても寂しかったです。
        身内はそういう言葉を聞きたくないものなのかもしれない、自分も注意しようと思いました。

        お坊様からそのような言葉が出るとがっかりするし、怒っちゃうかもしれません、私なら。

        トピ内ID:1607945026

        閉じる× 閉じる×

        元気な100歳の方がたくさんいらっしゃる今

        しおりをつける
        blank
        大きい犬が好き
        大往生という言葉は遺族側が口にするもので
        はたから言うものではないということを
        聞いたことがあります。

        そのお坊さんに対するトピ主さんの違和感はとても
        よくわかります。

        穏やかに最後を迎えられても遺族としては悲しいの
        ですから、おめでとうなどと軽々しく口にしない
        のが思いやりだと思います。
        ましてやご病気でつらい経験をなさった上での
        ご逝去でしょう。

        40、50で亡くなる人が多かった昔だったら
        元気で長生きされたのはめでたかったという
        意味合いがあるのは分かりますが、今は90代の元気な
        方も驚くほど大勢いらっしゃいます。

        どんな年齢だったとしても、親族を亡くして
        悲しみにくれている方に投げかける言葉ではないですよね。

        トピ内ID:8200168809

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  54
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (3)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0