詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • It is~that...の強調構文で「時」を強調したい時
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    It is~that...の強調構文で「時」を強調したい時

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    涼風
    話題
    こんにちは。表題のような場合、以下のような英文は正しいでしょうか?

    「父が死んで10年経つ」という文を、Itを主語にして書く、という問題です。

    答えは

    It has been ten years since my father died(passed away).
    または、
    It is ten years since my father died( passed away).
    ですが、

    強調構文にして、

    It was ten years ago that my father died.または、
    It was ten years ago when my father died.

    は成り立つでしょうか?
    また、このような言い方をネィティブの方はするでしょうか?
    ご教示くだされば幸いです。

    トピ内ID:9378787938

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 12 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 11 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    全部、意味は通じるそうですよ。

    しおりをつける
    blank
    マグパイ
    始めてレスしますので分かりにくいかもしれませんが、私も英語に興味がありますので、英語を主要語とする夫に聞いて見ました。、全部、意味としては理解出来るけど、一番目の ”it has been ten years since my father died .” が正しいと言っていました。そして、単に、“My father died ten years ago.” とも、言えるそうです。そして、この場合、when を使うのは、文章の経緯からして違和感?があったようです。
    少しでもお役に立てば嬉しいです。

    トピ内ID:0949627527

    閉じる× 閉じる×

    マグパイさんに同じ

    しおりをつける
    🙂
    チャレンジャー
    英語圏で長く生活してますが、会話の流れ的にMy father died ten years ago.と言うことの方が多い気がします。でも『10年』を強調したいのであれば、It's been ten years since my father died.でしょうね。

    It was ten years ago when my father died.は違和感あります。I was ten years old when my father died.ならわかるのですが。
    ネイティブでないので間違ってるかもしれませんが、ten years agoというのが10年前という曖昧な期間(範囲の広い一定期間)に対し、『when~』の部分は『~の時点で』と受け取れるので、agoがつくのが不自然に感じられるからかもしれません。

    It was ten years ago that my father died.という言い方は滅多にしないかな。

    トピ内ID:4514167512

    閉じる× 閉じる×

    横ですが

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    ネイティブじゃないですが失礼します。

    私は、何が正解かは、なぜ主さんが、その構文を使いたいのかという理由によると思いました。
    主さんが高校生で、その構文の書き換え問題を練習しているのか。
    主さんが社会人で、英語の勉強中にこの文に出会い、実際にこういう言い回しをするのか疑問に思ったのか。
    TOEICなどの勉強中にこの構文の問題があって、解説を疑問に思ったのか。
    それによって回答は異なるかなと思いました。

    トピ内ID:8630042650

    閉じる× 閉じる×

    涼風です、レスありがとうございます。

    しおりをつける
    涼風
    おじさんさままで拝見しました。
    私は実は高校教師で、先日出題した英作文の問題に、生徒が書いてきた別解について考え中でした。
    皆様のご意見通り、My father died ten years ago.
    が一番自然ですよね。
    ただ、この問題は、Itで始めること、という条件付きだったので、このような強調構文の解答が出てしまったのですね。

    ネィティブの方は、日常会話の中ではほとんど強調構文は使わないのでしょうね。やはり書き言葉ですかね。

    皆様に小町で英語のことでお知恵を拝借でき、とても新鮮で嬉しい経験です。
    これからも英語教育頑張ります!

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    会話じゃなくて文章かな

    しおりをつける
    🐱
    キリエ
    ネイティブに聞きました。

    使う
    It has been ten years since my father died(passed away).
    It was ten years ago that my father died.


    It is ten years since my father died( passed away).
    It was ten years ago when my father died.

    It is now ten years since my father passed away.
    It was 2000 (October, dawn, raining, etc.) when my father passed away.

    説明するのは難しいですが、
    Is...since の文はnowを入れて強調する形が自然。
    Whenを合わせるなら、年/月/状態だと違和感がないです。

    文章だったら、Ten years ago で文を始める事も多いです。会話だったら、My fatherが多いかな。

    蛇足ですが、passed awayの方を使うといいです。あと、スタイルガイドにもよりますが、二桁数は数字表記が主流かと思います。

    トピ内ID:7904777316

    閉じる× 閉じる×

    「10年間」と「10年前」

    しおりをつける
    🐱
    赤いめがねのさ
    "It has been ten years since my father died."

    と言うのは、お父さんが亡くなってから10年の時が経った…という意味です。
    意味合い的に、亡くなった時から現在までの間が「10年間」だという事を強調してます。
    「いやぁ~、お父さんが亡くなってから、もう10年なんだね~」って感じ。

    "It was 10 years ago when my father died."

    この文だと、お父さんが亡くなったのは「10年前」でした…となるので、初めの文に比べると、「10年前」という時点をピンポイントしてます。
    「お父さん亡くなったの、ちょうど10年前なんだよね。」みたいな。

    なので、since~を使うときは、その時から今の時点まで継続してる感覚で、when~を使うと、過去のある一点の時のみを指すので、ニュアンスが変わってくると思います。

    意味分かりますか?
    書き方が悪いかもしれませんが…

    ちなみに、"It is ten years since…"は、言いませんね。
    私にはしっくり来ないです。

    トピ内ID:9766002659

    閉じる× 閉じる×

    丁寧なご説明、ありがとうございます。

    しおりをつける
    涼風
    赤い眼鏡のさ、様まで拝見しました。確かに、10年前に死んだ、という事実は同じでも何に焦点を置くかで違ってきますね。

    It is now ten years ~というのは、今や無くなって10年経つ、という感じが良く出ていますよね。

    日本の学校英語のテキストでは、ネィティブが実際には使わない表現も出てきたりするので、テストの時に、様々な別解があると、頭をひねります。

    こうしていろいろお知恵を拝借できてうれしいです。

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    気になったので聞いてみました

    しおりをつける
    🐱
    赤いめがねのさ
    "It is ten years since my father died."

    と言う言い方はするのか?

    と、アメリカ人夫に聞いてみたところ、「う~ん…」と唸り、それだけではしっくり来ない、不自然、何か足りないと。

    だから使わないなー、と言ってました。

    例えば、

    "Today, it is ten years..."

    としたら、「今日で10年なんだよね~」となって、それなら収まりが良いと。

    ちなみに、thatを使った文と whenを使った文ですが、thatの方はあまりしっくり来ないです。

    私だったら使いません。

    時に関する事を言ってるのだから、whenの方がハマります。

    トピ内ID:9766002659

    閉じる× 閉じる×

    ご親切にレスありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    涼風
    赤い眼鏡のさ、様、おうちにアメリカ人のご主人がいらして直に英語のことを聞けるのって最高ですね。羨ましいです。

    おうちでは、会話は全て英語ですか?以前、「ダーリンは外国人」という漫画を読んでとても面白かったです。
    毎日が異文化交流ですね。

    すみません、横になってしまいました。

    またいろいろご教示くださいませ。

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    不思議なアメリカ人

    しおりをつける
    🐱
    赤いめがねのさ
    はい、そうですね。
    夫は日本語が話せないので、仕方なく英語で(笑)。

    でも英語の質問をしても、きっちりと説明してくれない…本人が出来ない時もありますよ。

    単に、

    「そういう言い方をするから、そうなんだ。」

    だそうです。

    とてもアメリカ人らしいです(笑)

    で、実はそういう人多いです。

    トピ内ID:9766002659

    閉じる× 閉じる×

    文法用語などはあまりこだわらないのでしょうか?

    しおりをつける
    涼風
    赤い眼鏡がさ、様、レスありがとうございます。

    ネィティブの方は、あまり英文法の用語や概念はこだわらないのでしょうか?
    たとえば、仮定法、分詞構文など(あ、分詞構文は書き言葉的でしたね)。

    学生時代は、文法は私たちが国語(日本語)の文法を習うような感じで、習得しているのですよね。

    いつもネィティブの方とおうちで英語で会話できるなんて、本当に素敵です!

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    文法嫌いです

    しおりをつける
    🙂
    悪夢
    文法は好きな人には面白い学問だと思います。興味のある方が英語の先生になられているのでしょう。でもこのトピを見て英語が大嫌いだった高校生時代を思い出してしまいました。その当時この細かいルールを理解できなければ英語は話せないと思い込み、将来英語に関わる人生は絶対に送るまいと心に決めていました。なんの因果かアメリカの田舎に引っ越すことになり、なんだかんだで公立の2年大学に行きました。レベルの高い大学ではなかったですが、私以外一人も外国人のいない英文学のクラスでいつもAの成績でした。作文は常にべた褒めでした(ちなみに国語は得意で日本でも国語の作文は褒められてました)それでふと高校のとき劣等生だったのはなんだったんだろう??あれは何を目指す学問だったの??と疑問に思ってしまったのです。今は帰国してネィティブの同僚と仕事をしています。職場で日本語を話すことはありません。(アカデミックな仕事ではないです)
    でも高校の英語文法のテストは多分できない。TOEICは900点ありますが、リスニングと読解で稼いでます。
    長々と書いてしまいましたが、将来英語が好きな日本人に育てて欲しい。文法を全て知らなくても英語は書けるし話せることも生徒に伝えて欲しいです。

    トピ内ID:1010673698

    閉じる× 閉じる×

    文法の扱い、悩ましいですよね!

    しおりをつける
    涼風
    悪夢様、ご丁寧なレスありがとうございます。
    実は私も、英語教師でありながら、英文法を教えるのには苦手意識があります。
    自分でも高校の時、英文法の授業は好きではありませんでした。

    文法用語もあまり繰り出すと、苦手な生徒の苦手意識をますます強めてしまいますしね。

    しかし、今の学校英語では文法なやはりなくてはならない存在で、「もっと詳しく教えてください。」とアンケートに書いてくる生徒もいるほどです。受験システムも変わろうとしている過渡期ではありますが、なんだか皆、文法をやっていれば安心する、という構図があるようです。

    悪夢様のおっしゃる通り、味気ない学校文法の先には、生きた英語が待っている、ということを教えて、少しでも英語好きの、英語が話せる日本人を育てたいと思っています!

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    そこで文化の問題

    しおりをつける
    💄
    ナリ
    > It is ten years since my father died( passed away).

    ネイティブの人があまり言わない、違和感を感じる表現だとして、です。

    「言いたいことはだいたいわかるから、間違いを恐れて何も言わないよりは、間違いながらでも伝えた方がいい」というのが、あちらの文化的な背景です。
    時には、お互いに共用語として英語を使っているだけで、誰も英語ネイティブではない時もありますしね。

    私が高校生で、英文法がわからなくて悩んでいた時に、通訳をしていた父に上記のようなことを言われました。

    トピの場合は、そもそも「文法のために作った問題」なので、ネイティブが言うかどうかという別のフィルターをかけなくてもいいのでは。テスト返却の時に解説すればいいと思います。

    ちなみに、父からは「お前の英語は、言いたいことはわかるが、文法的には間違いだらけだ。」とため息をつかれていますが。

    トピ内ID:7447880843

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です、そうですね、文法のテストですものね

    しおりをつける
    涼風
    ナリ様、ありがとうございます。
    確かに、これは正確な英文法の知識を問う、という目的のテストですよね。
    それが出発点でした。

    良いご意見ありがとうございます。

    ネィティブが実際いうかどうか、というのはまた違った問題なんですね。

    トピ内ID:9378787938

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (6)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0