詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お墓どうする?

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😑
    悩むさん
    話題
    はじめまして。
    とあるケースでのお墓の疑問について、
    一般的な常識や、みなさんならどうするか知恵をいただきたいです。

    夫 長男 姉が一人(既婚) 本家
    嫁 次女 姉が一人(既婚) 分家の三代目
    二人が結婚し、嫁入り、夫姓に。住居は嫁実家にて敷地内同居。(いわゆるマスオさんに近い状態)お互いの実家は車で2時間ほどの距離。

    ここでお墓の問題になるのですが、
    通常なら嫁入りした身ですので、夫婦ともに夫実家のお墓に入りますよね。本家ですし。
    しかし、夫婦ともに長く暮らし思い出のある土地は嫁の地元であり、夫は生家なのでまだいいとして、嫁は全く知らない土地のお墓に入るのもどうなのか。
    ちなみに、夫姉は実家近くに嫁いだため、実親の援助を受け、代わりに介護も主体でやります。しかし嫁いだ身としてお墓までは関知しない。お墓の継承者はあくまでも夫です。
    嫁姉は実家から飛行機を使うほどの遠方に嫁ぎ、長女ですが実家関係はすべて妹任せで実親の介護なども妹です。嫁は愛着のある地元に骨を埋めたい。

    いっそのこと新しくお墓を建設すべきか。そうした場合残された両家の先祖代々のお墓はどうしよう。夫婦には一人娘しかいません。3つのお墓を管理するのは無理です。
    やはり夫実家のお墓を守り、嫁実家は墓じまいするのがいいだろう。しかし嫁が躊躇しています。
    お墓はどんどん現代社会に合わせて形をかえており、子供たちに迷惑をかけないよう永代供養墓など様々ですが、私たちの地域ではやはりまだ先祖代々のお墓を守っていくというスタンスが一般的です。


    みなさんなら、どうされますか。

    トピ内ID:1579611367

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 22 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    考えすぎ

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    私は親を最近親を亡くしましたが、それまでは、お寺やお墓なんてどうでもいいと思っていましたが、実際に自分が葬式や法事をすると、こういうのをちゃんとやるのもいいものだと思いました。
    とはいえ、後の人がそれをいいものだと思うかは分かりませんので、年を取ったら、お墓とかどうするか考えないといけないと思っています。

    供養って気持ちですから、どうしたいかは、状況や年齢によって変わりますよ。
    今は実家のお墓に入りたいと思っても、年を取ったら夫の墓でいいやと思うかもしれません(逆も当然ある)。
    ですから、決断は、まだあとでいいんじゃないかと思いました。

    さしあたり、夫の墓に入ることにしておいて、実際に自分たちが年を取ったときにどうしたいかを改めて話し合ったらいいんじゃないでしょうか。
    お墓を建てたら、放置できないから大変ですよ。

    トピ内ID:2795547916

    閉じる× 閉じる×

    トピ主より【追記】

    しおりをつける
    😑
    悩むさん
    お墓もそうですが、
    お仏壇や位牌の問題もあります。

    嫁は実家と敷地内同居なので、仏壇や位牌の管理は嫁ができます。
    しかし、ゆくゆくは空き家となる夫実家にある仏壇や位牌はどうしましょう。

    空き家にずっと置いておくものなのでしょうか。毎日手を合わせたりお供えもなにもない状態で置いておくのはちょっと...。
    夫の叔父(夫父の弟)がいるので、分家になりますが引き取ってもらうことはできるのか。
    となると、お墓も正式な継承者は夫ですが、
    叔父が代わりに継いだりすることも可能なんですかね。
    宗教的な問題、親族たちの理解など、難しそうですね。
    それが出来るならベストなんだけれど。

    悩ましい問題です。

    トピ内ID:1579611367

    閉じる× 閉じる×

    先祖代々の墓が数十あるとかではないんですね?

    しおりをつける
    🙂
    なな
    ひとつに合祀されているということ?
    共同?

    先祖代々の墓が数十あるような家は昭和50年以降徐々に先祖代々の墓ひとつに集約して墓地の整理をしているところが多いようです
    そして空いた土地を分譲して新しいお墓をつくっています

    お墓は墓石を開けると骨壺を納める空間があります
    昔は土葬や骨を直置きした地域もあり、いつの間にか古いものは土に還りましたが、骨壺だといつまでもそのままです

    親世代までは合祀でよければ合祀
    お金はかかりますが、新しい夫婦の墓をそのお寺でつくる
    ではどうでしょう

    宗派は両家で同じですか?

    夫生家の菩提寺でつくるのが筋かとおもいますが、夫の同意が得られるなら、妻生家の菩提寺でもいいとおもいます

    両家のご両親が亡くなってから話し合った方がベターな案件ではないでしょうか

    4人ともとても話がわかる人たちなら、二度手間になるので生きているうちに考えて手を打ってもらうのでも…傍系に面倒な親戚が居ないといいですね

    うちは、
    家を継いだひとにやはり女の子達(内孫)しかおらず、墓問題に悩んでいたようですが
    親の弟で先祖代々の墓に入りたい人がいたので、
    親(祖父)が生きているうちに菩提寺で自分達夫婦の墓を準備して先祖とは分けました
    葬儀のとき、とても楽でした
    次の世代までは入り、そのあとは永代供養かな?

    トピ内ID:9877194212

    閉じる× 閉じる×

    33回忌で一区切り

    しおりをつける
    🙂
    なな
    色々な考え方がありますが

    夫婦で後から死んだ方の位牌をつくるときに夫婦位牌にして

    最短で33回忌のときに先祖代々の位牌と合祀できるとおもいます

    そうすると、直近の両親のものと先祖代々の位牌だけにできます

    仏壇も抜魂していただき、処分できます
    古いものは新居に入らない等の理由で
    新しいものに変えるときなど

    今は宗派が違っても受け入れてくれるお寺もあるので、
    このあたりはお寺さんに相談ですね
    (先に生家菩提寺に相談しても)
    お説教の上手な御坊さんは相談事もうまくさばいてくださるとおもいます

    本当にやる方向で固まってから聞いてくださいね
    話がどこかから漏れると困りますからね

    親の兄弟にはご納得いただかないと難しいかもです

    トピ内ID:9877194212

    閉じる× 閉じる×

    問題は子供まで影響する

    しおりをつける
    🙂
    らぐ
    夫婦間のお墓の問題は難しいですが、より難しいのはトピ主さんたちの子供以降の世代にまで負荷がかかる恐れがあるということです。
    お墓や仏壇と言うのは現在の生活スタイルには合わなくなってきました。子供は地元から離れ、戻ってくる保証もありません。
    人それぞれ考え方はあるでしょうが、次の世代に負荷を掛けないうちに今の世代の人たちが色々考えたほうが良いのではないかと思います。

    私の場合、父方は分家で墓とかは自分で用意するしかなく、母方は長男が墓を継いでますので、墓の責任はありませんでした。
    ただ、母方の親族の話し合いで母方の実家の墓を無くして合祀型の永代供養を行うことになりました。その関係で両親と母方の長男夫婦もそこで合祀することになっています。

    子や孫はいますが地元にいないし戻ってくる保証もないため、両親の世代で決着をつけることになりましたので、自分としては親世代に感謝しています。
    自分達もリタイヤしたら地元に戻る予定ですので、同じ場所で合祀するつもりです。

    宗派や親族や個々の価値観でなかなか調整するのは難しいですが、うちは時代的に墓と言うスタイルは選択肢から外しました。
    地元は古い考えが残っており、先祖代々の墓を守る家庭が多いのは実情ですが、古い考え方は今の若い人たちには通用しません。昔と違って墓の面倒を見てくれる人がなかなか居ませんからね。子供の世代への負荷も良く考えた方がいいと思いますよ。

    トピ内ID:6752585245

    閉じる× 閉じる×

    我が家の場合

    しおりをつける
    🙂
    オッサン
     我が家は夫である私の父親が三男だったので生前に自分の墓を建てました(私も一部資金援助しました)。父母ともその墓に埋葬しましたが、日帰りの距離とはいえ墓参りは一日仕事で不便でした。
     そこで都内の寺が運営している納骨堂形式の墓を購入して両親の遺骨を移しました。この納骨堂は骨壺が二つまでしか入れられないので別途私たち夫婦用にもう一つ契約しました。なお、実家にあった仏壇と位牌(父が亡くなった時に私が購入したものですが)は今我が家に置いてあります。
     トピ主の夫の実家の墓はおそらく先祖代々のものだと思うので、改装・墓じまいは大変だと思います。お寺の墓地だと寺に相当の金額を収めないとは墓じまいを認めてもらえませんし、お骨も先祖の分まであれば改葬も面倒です。
     我が家のような納骨堂形式も考慮に入れながら検討してみてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:3521231077

    閉じる× 閉じる×

    墓じまいが希望です

    しおりをつける
    😣
    かのこ
    夫家が先祖代々の墓なら、少し手こずる感じがしますね。
    夫家の父兄弟姉妹はまだご存命なのでしょうか?
    お元気なら、相談しないといけませんね。
    その方のご両親や兄弟達が入っている墓なのですから。

    うちの実家も先祖代々の墓があります。
    まあ、存続に難アリの状態でして(継承者がいない)、どうするのかなぁ‥?と私も見守っている現状です。
    高齢の親世代(父の兄弟姉妹がまだ元気)がなんとかしてくれないと、私たちの一存では動けませんからね。

    子供の立場としては、親世代で墓じまいしてほしいのです。

    子供達は今の時代を生きていくので精一杯です。
    墓の面倒まで見れないのが本音です。

    さらに、今後墓守をしてくれる子供もいないなら、尚更待たずに、片付けて欲しいです。

    後々のこと、自分の子供の苦労を考えると、トピ主さんには、どちらの家の墓も永代供養になるようにされては?

    残った数少ない子供達は、それはそれで、必要になったら新しく作ったらいいのです。
    今までの家の墓を維持する必要はないかと思います。

    トピ内ID:6622164607

    閉じる× 閉じる×

    どうしようって

    しおりをつける
    🙂
    義母は長男教
    それぞれの両親の考えは?

    >私たちの地域ではやはりまだ
    >先祖代々のお墓を守っていくというスタンスが一般的です。

    >嫁は全く知らない土地のお墓に入るのもどうなのか
    といいますけど、それこそ、夫実家と遠方で別居、そこに墓がある
    なんて人は結構多いのではないでしょうか?

    住んでいるのが嫁実家で嫁の地元と言いますが
    車で2時間ならそこまで遠くはないのでは?

    まあこれは感覚の違いなのか
    私は関東圏で生まれ育ちました
    それこそ2県離れるぐらいとか車で2時間なら
    近くはないがそこまで遠くもないという感覚ですが

    現在夫の地元の地方で暮らしています
    車で1時間の所に嫁いだ義姉(夫姉)がいますが
    義母は遠いと思ってるし
    近所の方に「家のお嫁さんも遠くから来たから仲良くしてあげてね」
    と言われてどこかと聞いたら隣県(車で2時間ぐらい)でした

    夫の従妹は隣の市の方とのお見合いを遠いから嫌だと断った
    という話も聞いたことがりますから

    地域によっては車で2時間はかなり遠いというかんじなのでしょうかね?

    まあこの場合双方の両親が許すのなら
    <双方の墓じまいをして、夫婦のみの永住供養>
    が1番いいと思いますね

    それと仏壇、位牌に関しては、本来はあまり良くはないのでしょうけれど

    母が姉妹で姉がいます、その伯母の家には
    母と伯母の親のものと、その夫である伯父の親のもの
    がどちらもありますよ

    トピ内ID:3869068350

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0