詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    会話の中での言葉遣いに関して

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    仕事
    現在、高2で商業高校に通っています。

    夏休みにある会社のインターンシップに行きました。

    職種は事務で1週間という短い間でしたが
    社会人の基本的な事から事務職の事まで
    学ぶことが多く、とても充実した1週間でした。


    その中で気になる事がありましたので
    質問させていただきます。

    電話やメールで事務員さんがお客様の請求先の住所や名前を確認する際
    お客様から「宛名は〇〇支店で構いません。」
    と担当者表記無しで依頼をされた場合
    「では、〇〇支店様にお送りします。よろしくお願いします。」
    などと言ったりメール打っている時がありました。

    勿論、メール文や封筒の宛名は〇〇営業所 御中
    と記載するよう教えて頂きましたが
    上記のように話の中で「●●支店にお送りします。」
    と電話やメールで言うのはなんとなく無機質かなと感じていたり、
    「●●支店のご担当者様にお送りします。」だと
    向こうから依頼されていない余分な事を付け加るのは失礼かなと思い
    御中を使うのはそもそもこの文では適切ではないのでは…
    なと色々考えましたが
    どのようにすれば失礼にならないのか、結局解決できませんでした。

    この辺りは調べてもなかなか出てこなかったので
    ご存じの方がいらっしゃいましたらご教示いただけますでしょうか。

    また、意外と知られていない失礼にあたる言葉遣いや
    正しい言い回しなともご教示いただけると幸いです。

    社会人になるまでに基本的な言葉遣いはマスターしたいと思っています。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:6444115045

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 16 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 27 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    大抵の会社はそれでわかる

    しおりをつける
    🙂
    今回も匿名で
    グループ社員数万人を抱える企業、社員千人程度の企業、数百人の企業と勤務経験があります。どのレベルの会社でも、会社間のやり取りの場合、発信元の社名と所属部署を見るだけで、たいてい仕分けが可能です。

    担当者名を指定されないのは、先方に正しく仕分ける自信があるか、仕分ける必要がない(総務扱い)からかのどちらかです。

    トピ主さんの立場なら、『では、○○株式会社××支店宛にご送付させていただきます。』とメール(もしくは電話で話す)すればよいと思います。

    「支店」は組織で人間ではないので本来は敬称(様)の対象ではありません。今は何にでも様をつけるようになって、支店様、部長様という人(メールに書く人)がいます。言葉は生き物なので、そうなっていくのかもしれませんが、私にはら抜き言葉同様受け入れられない風習です。

    トピ内ID:9507673520

    ...本文を表示

    御中の使い方ですよね?

    しおりをつける
    🐤
    もそもそ
    >向こうから依頼されていない余分な事を付け加るのは失礼かなと思い
    御中を使うのはそもそもこの文では適切ではないのでは…


    トピ主さんが習った通り、封筒の宛先やメールを差し出す時に「◯◯会社 営業所御中」とします。

    話す時に、御中はつけません。

    これで大丈夫でしょうか?

    貴社と御社、弊社と当社の違いも習いましたよね?
    それと同じです。

    トピ内ID:8224574588

    ...本文を表示

    かしこまりました

    しおりをつける
    🙂
    ゆうぽん
    「かしこまりました。それでは貴社(電話なら御社)●●支店宛にお送りします。宜しくお願い致します。」
    私ならこのように返事をします。

    指示を受けたのだから、まず「かしこまりました」「承知しました」などの言葉で確かに指示を承りましたよいうことを伝え、その後に指示の内容を復唱し、最後に対応をお願いする。これがよいと思います。
    電話なら、「お送りします」の後に相手が何か話し始めるかもしれないので、ここで一拍おくとよいかも。
    「●●支店のご担当者様にお送りします。」は指示と違うのでいけません。

    いかがでしょうか。参考になれば幸いです。

    トピ内ID:3503235581

    ...本文を表示

    「支店様」でいいのでは?

    しおりをつける
    🙂
    オッサン
     トピにあったように「支店様」でいいのではないかと思います。
     会話の中で相手の会社を「御社(おんしゃ)」という言い方があるので「御支店(おんしてん)」と言ってもいいのかもしれませんが私は実際の会話で聞いたことはありません。

    トピ内ID:9180885249

    ...本文を表示

    もしもし検定

    しおりをつける
    🙂
    とおりすがり
    電話応対技能検定(もしもし検定)というのがあります。

    電話応対の他にビジネスマナーや言葉遣いなどを学ぶ事ができますので
    考えてみたらどうですか?

    トピ内ID:4791289321

    ...本文を表示

    返事は~支店様宛、メールや封筒、箱の宛名は~支店御中

    しおりをつける
    🐱
    哀しいおじさん
    会話と宛名書きは変えてもかまいません。

    電話での送り先の指示に対して、「かしこまりました、~支店様宛にお送りします。」と回答し、
    実際の送付物を収める封筒や箱の宛名書きでは、「~支店御中」と書きます。

    電子メールやビジネス的な連絡文書

    誤認を防ぐために、電子メール等では、敢えて敬語の使用を抑えて、無機質な要件だけの文章にすることが求められる場合もあります。その場合は、尊敬語、謙譲語は利用せず、丁寧語だけとします。
    また、文頭の定型の挨拶文と、締めの一文だけ、尊敬語、謙譲語を使うという手もあります。これだけで、印象は変わります。

    心がけは立派で、その気持ちをいつまでもお持ちになると良いでしょう。しかし、職場における敬語の使い方は、正しさよりも、職場のローカルルールに従うことを優先してよいと思います。相手の認識が間違っていると、貴方が敬語を正しく使っても、逆効果になることもあります。対外的には正しい用法が求められるのですが、まずは「社内での貴方の立場を悪くしないこと」が大切です。

    言葉が変化する中で敬語そのものや使い方も変化しています(※)。だから何が正しいかの判断は難しいのですが、職場では先輩や上司が正しい用法をしているとは限りません。そんな中、特に会話において、新人が長いものに巻かれる(敬語に関する不思議なローカルルールに従う)のは致し方ないことです。

    ※(例)桃太郎の歌二番
    (元々)
    やりましょう、やりましょう、
    ・・・・・・ついて行くならやりましょう
    (現在)
    あげましょう、あげましょう、
    ・・・・・・ついて行くならあげましょう

    トピ内ID:fce915cda4869c28

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0