詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自殺した弟を恨んでしまい、苦しいです。

    お気に入り追加
    レス45
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    ゆう
    ヘルス
    見てくださりありがとうございます。理解しがたい悩みかと思いますが、同じような経験のある方にアドバイスをいただけないかと思い、投稿しました。

    私の弟は1年前に自殺をしました。私は20代後半、弟は私の5つ年下でした。
    ある日、仕事終わりに同僚と飲みに行っていると父から連絡があり、そこで弟が死んだことを告げられました。

    私と弟は折り合いが悪く、もう何年も口を聞いていませんでした。正直なところ、もう一生関わることはないだろうと思っていたほどです。
    というのも、弟はいわゆる引きこもりで、家では親に殴りかかったり暴れたりする生活を何年も続けていました。
    私はそれが嫌で、社会人になるときに家を出ました。両親に全てを押しつけて自分だけ辛いところから逃げました。

    そんな弟でしたが、亡骸に対面した時は何故だか涙が止まらず、青ざめた顔をかわいそうに思いました。弟の行いをすべて許そうと思いましたし、何も理解しようとしなかった自分を後悔しました。
    発見者の両親を少しでも支えたいと思い、長い間敬遠していた実家にこまめに顔を出すようになりました。

    やはり、母は特に苦しみを引きずっており、ことあるごとに弟に対する懺悔を口にします。母の口から「私は一生この苦しみを背負って生きていく。あの子に対して謝りつづける」という言葉を聞いた時、死んで全てから逃げた弟を恨むようになってしまいました。
    生きている間だけではなく、死んでからも私たち家族を苦しめるのか、と。
    最低だと思います。死ぬほど辛いから死んだのに、もはやその死を悲しむことすらできません。母を楽にしてあげたいのに、弟を恨んでいるせいで、母の望む言葉をかけてあげられません。
    どっちつがずで、冷たい自分に嫌気がさします。

    こんな話、誰にもできないし母の泣き言を聞くたびに心が荒んでいって苦しいです。どうすれば弟を許せますか。

    トピ内ID:4441578054

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 31 面白い
    • 69 びっくり
    • 172 涙ぽろり
    • 2476 エール
    • 44 なるほど

    レス

    レス数45

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  45
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ご自分を責めないでください

    しおりをつける
    😣
    穂村
    大変お辛い中、よく頑張っていらっしゃいますね。トピ主様は何も悪くないですよ。
    私も弟と5歳離れていて弟がニートです。
    私も弟に対して恨みを持っています。
    弟さんを悪く言うつもりはありませんが、そう思ってしまうのは当然だと思います。
    私ももし弟が自殺して親が苦しんだら、弟の事がかわいそうだと思う分弟の事を恨むと思います。
    ごく自然で当たり前のことです。 
    ご自分を責めないで下さい。
    いろんな感情が混ざって本当につらいと思いますが今は無理しないで下さい。
    トピ主様がどんな事を思っても「悪い」なんて事はないです。
    きっと一生消えない傷になってしまうと思いますがトピ主様はトピ主様の人生を生きて欲しいと思います。

    トピ内ID:4235226603

    閉じる× 閉じる×

    自分を許す

    しおりをつける
    こと
    弟さんを許したいとのことですが、そのためにはまず自分を許さなければいけません。今抱えているとても大きな罪悪感を払拭しないかぎり、他人を許すことは難しいでしょう。弟を理解できなかったこと、苦しむ両親になすすべがないこと。そういう状況に、自分の無力さがクローズアップされ罪の意識を感じているのではないでしょうか。

    今感じている苦しみは、自分で自分を断罪しているがゆえに生じているのだと気づくことができるのなら、その一見出口のないように思える苦しみの連鎖から逃れることができるでしょう。

    たとえ家族であっても、自分以外の人間の人生に責任を追うことはできません。そのことで、自分を責めるのをやめるところから始めてはどうでしょう。弟を許すのではなく、弟を理解できなかった自分を許すのです。あなたには何の罪もないのです。

    罪悪感は多くの人の心に巣食い、人の心を殺します。罪悪感という自分で作り出した化け物から、自分を救い出してくださいね。自分を許すことができるようになると、今とは全く違った視点でご家族を見つめることができるようになるでしょう。何より、自分の中の閉塞感も解消されるはずです。

    さて、私もまた状況は違いますが、家族間の問題に長く悩み、答えを見つけたいと模索しつづけてきました。他人はみな、平穏で幸せな人生を生きているように感じられ、自分のような境遇は特殊で、およそ社会からは受け入れられないだろうと思っていたものです。でも、その途上で気がついたのは、案外、少なからずの人は深い闇を抱えながら生きているのだなということでした。

    苦しくなったら、ためこまず吐き出すようにしてください。カウンセリングなど、誰にも責められることなく、安全に自分の気持ちを打ち明けられる場所がありますから。自分を癒せるのは究極的には自分だけです。そしてどんな人にもその力は備わっていると私は思っています。

    トピ内ID:7276851685

    閉じる× 閉じる×

    病院でカウンセリングしていただく方がよいかと思われます

    しおりをつける
    😢
    まい
    まずはじめに、お悔やみ申し上げます。
    想像がつかない程壮絶な経験をされたトピ主様。一旦家を出たという覚悟であれば、弟様のことを忘れてもよい程の覚悟で居られると思うのですが、お母様は息子さんであるため母としての立場での気持ちが出てしょうがないと思います。

    しかし、それを聞くとトピ主様が、忘れたくても忘れられず苦しむことになると感じました。お母様が病院でカウンセリングを受けられるのがよいのではと感じます。

    トピ主様が抱え込まれたら、トピ主様の今後の心身の健康も心配です。状況が状況なので、素人では解決できないと思います。状況によってまずは、お母様が病院で先生にカウンセリングを受けられるのが一番かと思います。

    トピ内ID:3197799949

    閉じる× 閉じる×

    カウンセリングを。

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    すみません。
    似たような体験はないので、お気持ちが想像の中でしか分からないですが、とても苦しんでおられるのが伝わり レスを書かさせてもらいました。

    私は色んなカウンセラーさんにお会いした事があるのですが、その中で お子さんを亡くされた方がいました。
    そのカウンセラーさんも 本当に辛い思いをされたと思いますが 今は前向きに楽しそうに活動されていました。
    もちろん完全に心の傷が消えたわけではないのかもしれないですが。

    やはり、身近な人を亡くされた方にしか分からない気持ちもあると思いますし、どうやって辛く苦しい時期から 前向きになるようになったのか 体験された方に聞くのがよいような気がします。
    よかったら ネットで検索してみて、トピ主さんが 話しやすそうなカウンセラーさんを探してみて下さい。

    あなたとお母さんの心が少しでも軽くなるよう願っています。

    トピ内ID:7347426908

    閉じる× 閉じる×

    弟さんの苦しみも分かってあげて

    しおりをつける
    🙂
    マンマ・ミーア
    弟さんのことご愁傷さまです。
    長く仲が悪かったとのこと。だからご両親を今もなお悲しませている弟さんを恨みに思ってしまう・・・この考えは私はとてもよく理解できます。

    というのも、私も全く同じ経験をしているからです。ただ一つ違うところは、私は弟を恨みには思わなかったこと。なぜか。亡くなる数年前に弟は心の病気であることが分かり、それが暴力や引きこもりといった行動につながっていたと理解したからです。

    トピ主さんの弟さんもそうかは分からないですが、その可能性は大きかったと思います。そうであれば弟さんも相当に悩み苦しんでいたと思います。一人で。
    そして家族には分かってもらえない、と失望したか、迷惑をかけたくないからと思ったか(多分両方)で自分の命をあきらめてしまったのかもしれません。

    ご両親に自分を責めないで、と言っても親なのでやはり責めてしまうでしょう。何十年という長い時間をかけて心を癒し、自分を許していく旅が始まっているのだと思います(私の両親もその途中です)。
    トピ主さんは実家に顔を出すようにがんばってらっしゃるので、優しい娘さんです。特別に何かしてあげようと思わず、話を聞いてあげてください。それだけでもかなり違うそうです。

    私の家族も弟が亡くなるまでばらばらで、自分たちがそれぞれ好き勝手をしていましたが、弟の死で家族が一つになった気がします。
    自死で魂は楽にはならない、とお経をあげにきてくださるお坊さんがおっしゃってました。きっとそばにいて、「なんてことしてしまったんだ」など後悔しているかもしれません。
    100%自信を持って言えることは、弟さんはとても苦しんでいて、もう死ぬしか解決手段が思いつかないぐらいに追い詰められていたということ。だから許してあげてください。彼の病がそうさせてしまったのだと思います。

    一日も早く、弟さんの魂が安らかになっていつか空へ帰れますよう!

    トピ内ID:9933609082

    閉じる× 閉じる×

    恨んでもいいと思います。

    しおりをつける
    😢
    もも
    家族や恋人や友人など大切な人が自殺してしまうと、大切な人を失った悲しみ、何も出来なかった自分に対する何ともいえない気持ち、大切な人を殺した大切な人本人に対する憎しみ、その人が自殺したことによって悲しみ苦しんでいる別の大切な人を悲しませている殺人犯としての自殺者に対する怒りなど、色々な感情がコロコロ入れ替わったりごちゃ混ぜになったり、瞬間瞬間で変化するのは普通のことだと思います。

    なので、トピ主さんも、悲しくなったら悲しんで、恨みたくなったら恨んで、いつかこの先許したくなったら許して、その時々の自分の気持ちに素直に寄り添えばいいのではないでしょうか。

    余談ですが、私も自殺者の家族です。

    トピ内ID:0791488359

    閉じる× 閉じる×

    自分を見つめて

    しおりをつける
    🙂
    シナモン
    とても重い内容でどんな言葉がふさわしいか悩みつつ。

    読ませていただいて思ったのは、あなたもお母さんも何も悪くないと。

    弟さんのことはお会いしていないのでお門違いかもしれませんが、私が以前福祉施設に勤務していた際に上司に言われたのは「人に攻撃してるように見えるけど、あれは実は自分に攻撃しているんだよ」と。もしそうなら、お母様はどうにもならなかった弟さんの悲しみに寄り添っているからこその悔恨なのかもと。

    弟さんはもう空の上の人です。攻撃することはありません。

    重ねて言いますが、あなたは悪くありません。そして冷たい人でも。お母様には望む言葉などと考えず、ただそばにいて、時々一緒に外出して新たな思い出を重ねていければ。時間薬を信じて。

    あと、お母様の悔恨の言葉が苦しかったら少し離れてもいいのです。お母様にはお母さんの価値観や人生があります。あなたにはあなたの人生があるように。

    自殺ではありませんが、私も兄が心筋梗塞で急逝しました(2人兄弟です)。そんなに仲の良い兄弟ではなかったですが、今も心の中に兄はいます。不思議と亡くなった後のほうが近くにいる気がします。本当に不思議です。

    トピ内ID:1020257499

    閉じる× 閉じる×

    遺族の会

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    自死の遺族の会などに一度行ってみてはどうでしょうか。
    同じ悩みをもっておられる方の考えなどを聞いてみては。

    トピ主さんが家を出たのは悪いことではありません。
    逃げても良かったのです。
    子供ですから。
    親は子供を守る義務があります。それは社会人だったとしても、そうすべきだったと思います。

    今、ご両親のことを心配するのはトピ主さんが家を出たから出来ることだと思います。
    弟さんを恨むのも当然の感情でしょう。
    でも、恨みは引きずってはいけません。
    ご両親もですが一つの感情に囚われ過ぎると辛くなりますよね。

    やはり遺族の会などに参加してみて、気持ちを分散させた方が良いと思います。

    トピ主さんも自分の生活を中心に生きてください。
    楽しいことも楽しんで良いのですよ。

    トピ内ID:9023860005

    閉じる× 閉じる×

    弟さんポジションの人間です。

    しおりをつける
    🙂
    8月太郎
    僕は元ヒキで、弟さん側の人間です。
    大変苦しい状況、心中お察しします。

    ヒキが暴れる、キレる、悪態、口だけ達者などの行動は『どうしていいかわからない、助けて欲しいが、助けてとも言えない』『情けないし、申し訳ない、なんとかしなきゃいけないのにどうしていいかもわからない』という苦しみゆえです。

    ヒキっていると思考力が子供並みに落ちていきます。弟さん自身制御ができなくなっていたのだとおもいます。例えるなら、高熱や仕事で疲弊しきって頭が回らない状況が永遠に続いてるくらいグダグダ。

    故に逃げたではなく、弟さんなりに『いい息子で有ろうと足掻いて戦った結果、どうしようもなくてこれ以上悪化する前に自分でけじめをつけた』と思ってあげるのはいかがでしょうか。

    ベストは社会復帰だったのでしょうが、それには運と理解者が必要です。幼児並に打たれ弱く未熟な成人男性を受け入れて再成長の機会を与えられる場は少ないです。僕らの『頑張った、精一杯』は社会的に『出来て当然』なのだから。僕もギリギリの毎日です。未遂もしたし、いつか死ぬ気持ちも常にある。

    お母様も貴女も弟さんも誰も悪くありません。恥ずべき事もありません。親も人間、完璧ではない。子供もまた素質はバラバラ。『皆出来てるのに』『普通はこうなのに』は呪縛です。

    お母様は一生懸命に弟さんや貴女をそだて、貴女や弟さんは一生懸命に育とうとした。けど、たまたま今の社会を生きるには不都合な素質を抱え、倒れてしまったのだと思ってください。

    最後までお母様は頑張られた。
    弟さんも最後まで頑張った。
    二人とも 本当によくやった 

    今は悲しみ、悔しさ、怒り、怨んでいいとおもいます。

    過ぎ去った後でいいです。
    そう称えてあげることはできませんか?

    トピ内ID:2254144928

    閉じる× 閉じる×

    似た経験をしています

    しおりをつける
    blank
    おりーぶ
    引きこもり10年の兄が死にました。
    私は割と早くから両親の持つ毒に気がついていて、実家から逃げるために独立。距離を置いていました。
    その後、兄の引きこもりを知り、支援など動いたこともありましたが、兄妹だからといって人を変えることなどできないのだと、諦めました。
    私も、もともと兄が嫌いで、一生関わりたくないと思っていました。でもそれと同時に彼もまた両親の犠牲者であり、私が兄のようになっていたのかもしれないと思い続けています。
    引きこもりの元凶である母は息子の死を受け入れないまま認知症になりました。シアワセなヒトです。
    私は兄よりも母を憎んでいます。

    まず、両親に押し付けて逃げた、という罪悪感はどうか持たないで下さい。
    親が子育てに失敗したものを、きようだいがどうにか出来るわけないんです。
    実家にこまめに行くとのことですが、行かなくていいのでは?
    お母さんを楽にしてあげたいともおっしゃっていますが、それもあなたの仕事ではないと思います。
    ご自愛ください。

    トピ内ID:0780139863

    閉じる× 閉じる×

    上手く言えないけど

    しおりをつける
    プリズム
    トピ主さんがこれから自分の生活をきちんと楽しむ。
    楽しんだ上で、両親の話し相手になる。
    それが出来ないと、トピ主さんが苦しいだけ。

    弟さんが出来なかった分まで
    あなたが生きてる間、自分の生活をエンジョイするんです。
    不謹慎ではありませんよ。

    あなたが健全に生きてこそ、両親を支えることができるんです。
    あなたまで不幸に染まったら、家族みんな共倒れです。

    トピ内ID:8072944796

    閉じる× 閉じる×

    許さなくで良い

    しおりをつける
    😉
    スポンジ
    お母さまは、長い子育ての中で悔やむことがおありなんだと思います。

    私にはもうすぐ二十歳になる息子がいますが、子育てを振り返ると後悔ばかりです。

    幸い息子は順調に生きていますが、それでも「あの時ああしていたら‥」と思います。ましてや、子どもが自殺するまで追い込まれていく姿を、身近で見ていたら、なぜ救えなかったのか、向き合い方に間違いはなかったのかと、息子が生まれた瞬間まで遡って反省します。

    そして生涯懺悔して生きていきます。

    でもあなたは、親ではない。だからお母さま同様の苦しみを背負う必要もなければ、死んだからといって弟を許す必要もない。憎んだままで良い。

    ただただお母さまの悔いに相槌をうち、背中をさすって黙って聞いてあげたら良いと思います。あなたがこの相談を誰にも出来ないように、お母さまもあなた以外には話せないから。

    お母さまの話を聞き続けるあなたは苦しと思います。苦しくなったら、その間は行く頻度を減らしても良いと思います。無理はしない。その間は電話やメールにする。

    今はお母さまは弟さんのことでいっぱいで、自分の言動があなたを苦しめていることに気付いていないと思います。

    でも、あなたもお母さんにとって大切な我が子。自分の心を大切にして、人生を満喫して下さい。その姿が、そのうちお母さんの新たな支えになると思います。

    トピ内ID:4265244441

    閉じる× 閉じる×

    頭が混乱してますが

    しおりをつける
    blank
    XXX
    簡単にはお返事できない内容なのと、私の性格は天然で、冷めた人間、少数派の変わり者。
    コミュニケーションも下手で、語彙力が無い為、悪気が無くても、傷付けてしまうことが、多少あるため(お相手の性格にも左右しますが)悩みましたが、何か少しでもヒントになればと思い、書きます。

    死ぬということは、簡単ではないと思います。
    私が一時期精神科に通い、精神障害の友達と話して思った事は、自分の意思で治る人と、意思だけでは精神は動かない人がいることです。
    神経質な人は、人の数倍悩みます。
    誰からみても、どうでも良い事でも気になります。
    お母様の反省の言葉に対し、心が痛み、弟さんを許せなくなってしまう。
    お母様が弟さんの全てを理解できるわけはなく、でも、親だから申し訳なく思ってしまいます。
    私は非常に鈍感なのですが、ムカつくほど手をやく、4人兄弟の嫌われ者な息子に対し、申し訳ない気持ちもあり、息子の苦しみは理解できないけど、息子が苦しんでいる事を、一生忘れないでいようと思ってます。
    考え方、価値観、意思に反する体、、、
    人それぞれなので、割りきるしかないと思います。
    人を理解するのは難しいですし、どんな言葉をかけても、病んでる時は、頭に入らないと思います。
    恨むのではなく、お母様の心に寄り添い、寄り添いすぎると、主様が疲れてしまうので、適度に、、、
    時間と共にうすらいでいく事を待つしかないと思います。
    結局は皆、自分の人生なので、自分で解決するしか出来ないと思います。

    何のヒントにもならないかもしれませんが、主様、自分を責める事だけはしないでください。
    お願いします。

    トピ内ID:7458140319

    閉じる× 閉じる×

    お力になれないと思いますが投稿しました

    しおりをつける
    🙂
    ごりみか
    人間死んだら終わり。今生きてる人をたいせつにする。というのが私の父の言葉です。自殺した弟さんはある意味苦悩から解き放たれるために自殺した。お母様が受け止めるには時間がかかるかもしれませんが、人の考えは人それぞれだから、寄り添うしかないし、弟を恨む自分の気持ちにも、寄り添うしかありません。正解はありません。私は友人を亡くしました。その時から、人間いつ死ぬかわからないから、毎日いつ死んでも後悔しないという気持ちで、生きることにしました。それを言葉に出して、家族や友人にも伝えることで、自分が急に死んでも、回りの人の悲しみが、少し少なくなってほしいという意味合いもこめて、言葉に出しています。いつ死んでも後悔しないように毎日一生懸命生きてるから、悲しまないで明るく生きてください。私だったらそう思いながら死にます。

    トピ内ID:8916060405

    閉じる× 閉じる×

    たぶん

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    なんのお力にもなれませんが、私の経験から少しお話ししますね。

    私は義理の妹を自死で亡くしました。夫の弟のお嫁さんです。とても仲良しとまではいえませんでしたが、帰省のときなどに親しく話したりはしていました。彼女は鬱病でずっと服薬していたようです。でも、それを忘れるようになったころ、彼女は自殺しました。

    私は家族とともに、通夜と葬儀に出席しました。彼女の顔を見て、私は悲しむよりうらやましさを感じていました。きっと決心した瞬間は幸せを感じていたのだろうなと思ったからです。私はそのころとてもつらい時期でした。でも、彼女は自身のつらさを終わらせることができたのです。そのうえ、夫や母親や姉が彼女の死を悲しんでいました。

    もちろん私がそのように思ったことは、彼女からすると理不尽でしょう。彼女自身もつらかったはずですし、私のつらさは彼女とはまったく関係ないことなのですから。でも、私はうらやましく感じていました。

    私の例とトピ主さんの状況は違いますし、人間の感情はさまざまな要素が混じっているものだと思います。相反する感情をかかえることも珍しくはありません。だから、トピ主さんが弟さんをかわいそうだと思ったことも事実であり、うらむ気持ちを感じるのも事実です。お母様を苦しめつづけている弟さんをうらむと同時に、お母さまが弟さんを思いつづけることをうらやましく思う気持ちもあるかもしれません。弟さんは死ぬほどつらかったのでしょうが、そのつらさを終わらせたのも事実です。さまざまなことが入り組んでいるので、気持ちも揺れてしまうのでしょう。つらいですよね。

    でも、トピ主さんにはトピ主さんの人生があります。まずは、そちらを優先させましょう。トピ主さんはとてもやさしいお嬢さんだと思います。お母様に特別な言葉をかけられなくても、ときどきそばにいるだけでも充分だと思います。あまりご自分を責められませんよう。

    トピ内ID:9006565792

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      まずは自分を癒す

      しおりをつける
      blank
      暑い日を過ぎれば
      私も数年前に兄弟を自死で亡くしました

      借金云々で亡くなるまでも後も大変でした  
      亡くなった後は、自分を責めてみたり 本人を恨んでみたり(親は、借金の援助の為にお金が無く‥ 死後も借金の片付けで私達も含めて大変な日々)
      仕事と育児をしながら、その事から頭や感情が逃れられない苦しさを感じてました

      まずは、親の苦しみ悲しみと
      自分の事は分けて考えるようにしました

      私にも子どもがいます
      たとえどんな子でも愛情があり苦しむ気持ちは分かります そこは変えられない
      聞いていて気持ちに共感出来なくても 
      親の気持ちとしてそう思うんだね‥と否定せずに受けとめる事は出来ました
      それ以上に苦しみを受けとめすぎると今度は自分がしんどい そんな時は、少し離れます  悲しさが倍々になってしまうから


      兄弟として許せない自分がいる気持ちがある事も(親に伝えなくても) 良しとしました
      後悔する自分がいるのもOKに

      変えられない事をありのままに良しとするのは、意外と苦しいものでした
      でも色々な気持ちを手離すのは、思った以上に楽になる瞬間がありました
      でも‥また‥の繰り返しでしたが、今は考えない時間が増えつつある事自体が癒しだと感じてます


      ゆうさんが、家を出たのは自分の心を守る為必要だったと思います
      自分は結局 自分でしか守れません

      自死遺族の会も行きました
      カウンセリングも

      私が1番救われたのは、毎日その事を考えない日を作る事でした
      仕事を忙しくする 子どもの事や家事に集中する
      考えそうになるなら身体を動かす
      映画や動画(話しの長く集中する海外ドラマとか)
      本を読み込む

      考えそうになったりハマりそうになったら
      「考えても 自分を責めても 誰を恨んでも
      何も変わらない 帰ってこない 過去にも戻れない」
      と1人の時に口に出して言ってました
      一日乗り越えたらよく頑張った!と

      応援してます

      トピ内ID:2832287619

      閉じる× 閉じる×

      一言一句大切に、繰り返し読ませていただきました。

      しおりをつける
      🙂
      ゆう
      皆さま、ありがとうございます。
      多少の非難は覚悟の上でしたが、まさかこんなにあたたかいお言葉を頂けるなんて思ってもみませんでした。

      弟が心の病を抱えていた可能性を提案された方がいらっしゃいますが、その通りです。何年もの間精神科に通っていました。

      私が弟への暗い感情に後ろめたさを感じるのには、弟の担当だった方から伝えていただいたことかあるからです。
      弟さん、すごく後悔しているよと。あなたに悪いことをした、と。そう言われました。
      まだ弟が生きている時です。なのにその時の私は、今更そんなことを言われても知らないしどうでもいいと、弟の心情をろくに考えもしませんでした。

      弟の存在を頭の中から排除して、ないものとすら思っていたある日、突然死んでしまいました。
      たとえ弟が生きているうちに私が歩み寄れたとしても、きっと弟は死を選んだのでしょう。
      罪悪感を感じる必要はないのかもしれません。

      だけど、あの日からずっと、自分の幸せを求めることができません。
      仲良くしていた恋人とも、距離を置くようになってしまいました。私がそっとしておいて欲しい時に、そうしてくれなかった彼を、自分とは違う生き物なのだと認識してからうまく話すことができなくなりました。
      趣味も何もない私は素敵な家庭を築くことが唯一の目標でしたが、それすらも自分には無理なことに思えてきて、生きていることに価値を見出せません。
      辛くなったら死のうと思いながら今まで生きてきました。弟が死んで悲しむ両親を前に、その選択肢も無くなって、すがるものもありません。

      お礼の言葉を言うつもりが、さらに重い悩み相談になってしまい申し訳ありません。
      ですが、こんな私に労りの言葉をかけてくださって本当に嬉しかったです。
      カウンセリングも、時期を見て母に提案してみます。また辛くなったらこのトピを見返すことにします。
      本当にありがとうございました。

      トピ内ID:4441578054

      閉じる× 閉じる×

      いいんじゃないでしょうか

      しおりをつける
      🙂
      へなへな
      僕の経緯は言いませんが、それでいいと思います。
      理屈で感情は変えられません。
      僕はその相手を憎みもしましたし許せもしませんでしたが、それを否定したことはありません。
      時間の経過と共にもしかしたら相手はこう考えていたのかもしれないなあ…と色々想像するようになって、気持ちも和らいでいきました。
      貴方がそうなるかはわかりませんが、変えられないものを無理矢理変えるのも苦しいと思います。

      トピ内ID:8516472183

      閉じる× 閉じる×

      自分の気持ちに焦らないで

      しおりをつける
      🐤
      うめおかか
      あなたは今まで経験したことがない苦しい感情にぶつかった。どこにぶつければいいのかよくわらない。ご自分の気持ち、焦らないでください。
      あなたも、お母さんの気持ちも責めないで下さい。今は「許す」という気持ちはできなくてもいいんです。ふとした瞬間にすとん、と落ち着きますから。それでもふとした瞬間に思い出し、罪悪感に苦しみます。人生、それの繰り返し。どこで自分は一線引いて、悲しいところにずっぽりはまらないかは自分で見つけるしかありません。

      私事でお恥ずかしい話なんですが、私の母は私を出産後、育児ノイローゼにかかりました。私には姉もいまして。母は子ども2人を育てる気持ちの余裕がなかったそうです。厳しすぎる父と祖母から子育ての協力が得られず、孤立。そのまま統合失調症を約30年患いました。母に泣かされたことは数知れず、大人になり、母を姉と父に押し付けて家を出ました。ご近所さんや親戚中から母のせいで私を哀れな目で見てくるのが悔しかったんです。
      母からくる手紙も電話も無視し、親戚の葬儀も参加しませんでした。
      程なくして私は結婚し、娘を出産しました。そんな時、母の死を姉から連絡を受けました。5年ぶりの再会が棺桶の母でした。
      子どもってお腹にいる時からお乳を飲んでいる姿もどんどん成長していく姿を常に見ているのはほとんどお母さんだと思います。あなたのお母さんがご自身を責めてしまう気持ちは私はすごくわかります。
      私は棺桶にいる母をみて、母に対する仕打ちを自分のしでかした事を後悔しました。みんなの前では泣きませんでしたが家に帰り、お乳を吸う娘をみてて、親になってわかったことが沢山あったんです。

      本当に苦しいと気持ちを打ち明けることすらできません。今、とても苦しくてあなたはこのトピを立てた。それでいいんです。少しずつ解決します。沢山の意見を読んで下さい。そしたら、少しは気持ちが落ち着きますから。

      トピ内ID:5512649489

      閉じる× 閉じる×

      罪悪感は人の心を蝕む

      しおりをつける
      🙂
      ぷるる
      私はあなたのようにこれほどの苦しい経験をしてはいないので
      軽々しく言うのもはばかられますが
      私が分かる範囲の事だけ。
      罪悪感というやつは、人の心を確実に殺していきます。
      持ち続けている間は。
      私は、何事にも自分が悪いと考えがちな人間で、この罪悪感に潰されそうになります。
      客観的に見ると、まったく自分が悪くない事でも
      100%のうち1%でも自分に非があれば、自分で自分を責めてしまうのです。
      私の場合は、それを無くすため色々と心の働きを学ぶ必要がありました。
      要するに、心理学的な事。
      私は理屈っぽいからそうなのかもしれませんが、
      知る事で理解したり回避したりすることが出来る場合もあります。
      恨みを持ち続けるのも、同様に自分の心を蝕みます。
      とはいえ、怒りというやつを、何とか手懐けるか吐き出さない限り
      恨みは消えてはくれません。
      とりあえず、罪悪感を持つ事に罪悪感を持たず
      恨み・怒りを持つ事に、罪悪感を持たないようにして
      (つまり、罪悪感を持つのも恨みを持つのもいいんだ、と自分を許し)
      そこから、カウンセリングを受けたり、本を読んだりして
      知識を身につけていくのも、心を癒やす方法として1つあるかもしれません。
      カウンセリングは、うまく合う先生を見つけるのが難しかったりするので
      遺族会がいいかもしれません。
      こうした難しい状況を理解できる人は少ないので
      同じ立場の人なら分かり合いやすい。
      話すだけでも、気持ちが随分と楽になります。
      こちらの小町に投稿しただけで、ほんの少しだけでも楽になったように。

      トピ内ID:7819724506

      閉じる× 閉じる×

      うちもです

      しおりをつける
      blank
      すもも
      ゆうさまもお辛い中、親を支えなければという辛さがありますよね。
      子を自死で亡くすのとはまた違う苦しみ・大変さが兄弟にはあると思います。

      私は、2カ月ほど前に弟が35歳で自死してしまいました。
      我が家では一緒に旅行に行くほど仲が良く、私が結婚先からたまに帰省すると何時間でも一緒に喋っている姉弟でした。(たった2人の兄弟だからかもしれません)
      でも、弟は短気なところがあり、30過ぎても死ねと父親に暴言を吐いたり、借金をしたり会社を無断欠勤して離職、親に迷惑をかけたりと好き放題したり…というところもあり、そんな様子を見ると普段の仲良し姉弟は一変、「いなくなってしまえ」と思うこともありました。

      でも、実際いなくなると死ぬしか選択肢がなかったのかと可哀そうでならないし、ゆう様同様母と父の悲嘆ぶりに困惑しています。

      遺された人というのは後悔があります。
      それは当然のことで、死因が自死でなくても、病死でも事故死でも後悔があるそうです。
      でも、どうか弟様には「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」と言ってみていただけないでしょうか?
      私がお世話になっているお坊さんから、厳しく言われました。
      「故人に向けてごめんなさいということは、こちらへの未練となってしまいますから、故人のことを思うなら感謝の言葉を述べる、それしかないのです。ごめんなさいは禁句ですよ」と。
      そう言われて以来、極力「ごめん」と後悔は封印し、感謝に変換しています。


      お辛いとは思いますが、まずはゆうさまから、「ありがとうを言う習慣」をつけられてはいかがでしょう?
      そして余裕がでてきたらお母様にもそう話していただければと思います。
      必ず悲しみは和らぎ、思い出しても心が痛まない日がくると思っています。
      顔も見えず、離れているかもしれませんが、私もゆうさんに寄り添わせていただきます。

      トピ内ID:5013138398

      閉じる× 閉じる×

      まだ日が浅いから

      しおりをつける
      温泉
      自死ではありませんが、兄を若い頃亡くしてます。残された両親を思う気持ち、とても分かります。

      引きこもりに関してはよく分かりませんが、やはり親子関係も一因ではないか、と思います。

      子育てというのは、その子に合わせた育て方をしないと間違うこともあります。

      放っておいても自立心があればまっすぐ成長するだろうし、過干渉くらいサポートしてもらわないと満足いかない子もいるでしょう。

      親はその子の資質を見抜いて、この子はこうだからこういう策を講じないととか試行錯誤の連続が子育てなんですよね。

      あとは、相性もあると思います。親子とは言え、別個の人間なわけなので、合う合わないはあるでしょう。

      そう言った諸々を掛け合わせると、結局、何が悪かったなんて言えないのではないかと思います。

      残された家族は痛みと共に生きていくことになるとは思いますけど、やはり、仕方なかった、と思うしかないのではと思います。

      私も亡き兄に対して不平もありましたが、供養を続けることで気持ちの昇華は最近感じます。

      ご自愛ください。

      トピ内ID:9623075669

      閉じる× 閉じる×

      許す必要はないし、母も懺悔し続けていい。

      しおりをつける
      🙂
      ハナ
      昔からお母さんの心を閉めていたのは、ずっと弟。
      死んですらお母さんを縛る弟を恨んでもいい。
      弟を許す必要なないし、許せない自分の気持ちを認めたらいい。

      同じように、母さんの気持ちはお母さんのもの。
      お母さんが一生懺悔したいなら、あなたがどうにかできるものではない。
      お母さんは楽になんてなりたくないし、トピ主さんからの言葉も望んでないと思う。

      機能不全家庭で育ったトピ主さんこそ、カウンセリングをした方がいい。
      自分と母の気持ちを大切にしたいなら、今は実家から離れた方がいい。

      トピ内ID:2118931378

      閉じる× 閉じる×

      冬眠かな

      しおりをつける
      こと
      今は少し心を閉じて、冬眠のようなモードに入って行きつつあるようですね。そういうときは、その時の流れに逆らったりせず、徹底的に閉じてすごすのもいいと思います。

      ただ、人間とは変化を求めるものです。だから、冬眠を続けるなかで、心の中に新しい動きのようなものが感じられたら、そのときはやはりその声に耳を傾けつつ、また自分の殻から出てきてください。長く凍りついた冬もいつかは必ず終わるのです。ご自愛ください。

      トピ内ID:7276851685

      閉じる× 閉じる×

      私も

      しおりをつける
      ぱす
      弟と不仲です。
      コミュニケーションが成り立ちませんし、会えば不快な思いばかりでしたので。
      もう何年も会っていませんが、快適ですね。
      あなたと違うところがあるとすれば、私は明るくキッパリ、決別したところです。

      鍵になるのは、やはり親です。
      私の親もいつまでも、私に対して、わざと弟の話題を出すなどしてきました。
      でも、私にとっては不愉快でしかないことを、散々繰り返し伝えましたよ。
      見ようによっては薄情でしょう。
      でも、それを続けられると私は心が病むし、親にさえ会いたくなくなる。
      話すなら行かない、それほどに嫌だということを真摯に伝えました。

      結局ね、あなたの場合も、私の場合も、「人として劣る弟なのに、親の愛情は自分より弟のほうへ向いている」のが、許し難いのです。
      私の行動はね、だから結果として親を恨まずにすんで良かったと思いますよ。
      合わない姉弟というのは、悲惨です。
      あなたも、割り切るべき。
      親の苦しみは、あなたにはシェアできないと、ハッキリしてしまおう。
      親が弟のことを覚えておくのは仕方ないことですが、あなたは忘れよう。
      痛くもかゆくもないし、あなたにはその方が幸せなの。
      薄情でいいじゃない!

      トピ内ID:7174527275

      閉じる× 閉じる×

      心や体の悩みランキング

        その他も見る その他も見る

        父が自殺しました。

        しおりをつける
        😠
        ちな
        ゆうさんは弟さん、私は父ですので立場も状況も違うのですが…

        私の父が自殺してから30年程経ちました。

        私は父を一生許すつもりはありません。

        だって、死ねば「無」ですよね。
        残された人の事も考えず、自分だけ楽になって…

        父の両親、そしてなにより私の母を幸せにしなかった。私と私の妹のことを考えず死を選んだ。

        許さなくてもいいと思います。

        でも、私は母だけは一生かけて守ろうと思ってます。

        「あー色々と苦労ばかりだったけど、幸せだったかなー」

        って、最後は母にそう言ってもらいたいので。

        今もお墓に行くと、父に文句を言いますよ(笑)

        祖父祖母にとっては、子に先立たれたことは不幸でしかないですが、

        そうやって父を育ててしまったのは自分達だと思って、私は割り切ってます。

        父の妹も(私にとっては叔母)甘やかされちゃったんだなって感じます。
        またその叔母の息子も変わってます。

        ゆうさんの考え、しっかりされてますし、いくら甘やかさせたとしても、その後は子供が自分で考えて人生を歩んでいくものですよね。

        結局、死ぬのも生きるのも自分で選んだこと。誰のせいでもありません。

        文章まとまらずにすみません。

        私は母に

        「そうなってしまったことは仕方ない。変えられないこと。残りの自分の人生を幸せに過ごそうよ。」

        と昔からそんな感じで言ってます。

        コーヒーがとても好きな父だったので、
        「今生きてたらコンビニで手軽においしいコーヒー飲めるのにね。死んじゃってバカだよね(笑)」

        とか悪口言ったりしてます。

        早くそんな穏やかな日がきますように。

        トピ内ID:5078959058

        閉じる× 閉じる×

        みんな違う人格を持っています

        しおりをつける
        🐱
        意地悪猫
        弟さんのこと、残念でしたね。何時までも忘れないで上げて欲しいと思います。
        トピ主さんは、家族一体化と言う幻想を抱いておられるのではないでしょうか。勿論、そういう家族もあるでしょうが、それぞれが独立した、自立した家族もいらっしゃるのではないでしょうか。

        冷たい言い方になりますが、私達は、それぞれの人生を歩んで行かなければなりません。どんなに心配しても、代わりの人生を歩んで行くことは出来ないのではないでしょうか。

        お母さんが嘆いていらっしゃる様です。それは理解しますが、トピ主さんまでが母親の嘆きを引き受けるのは、違うのではないかと思います。

        人間と言う生き物は、難しいものですね。彼は、純粋であるが故に自分の人生を短くしたのではないでしょうか。この世の中では約束された物や事はありません。

        日々、選択しながら、チャレンジしながら、のんびり暮らして行けたらと思います。トピ主さんも肩の力を抜いて、深呼吸をしながら生活為さってはと思います。

        トピ内ID:1375257867

        閉じる× 閉じる×

        どうしようもなかった

        しおりをつける
        🐶
        マングース
        若くして我が子を亡くされたご両親の悲しみは如何ばかりかと思います。
        誰も悪くありません。
        あなたも、ご両親も、もちろん弟さんも。
        皆それぞれに苦しんだし頑張ったと思います。
        もし弟さんが生きておられても、ご両親は弟さんの暴力、将来への不安に苦しんでおられたと思います。
        どちらの道も苦しい道だったと思います。
        弟さん、これは間違っているんですけれども、そうなんですけど、もしかしたら皆を解放させてあげたいという気持ちがあったのかもしれませんね。
        大切な人を亡くして気持ちの切り替えなどできようはずもありませんが、弟さんは、もう楽になったのだと思うようにして供養に徹してください。
        向こうの世界で弟さんが少しでも良い待遇で暮らせるように、お経を読んだり、お供え物をしたり、手を合わせてあげてください。
        悲しい出来事を忘れることはできませんが、年月が気持ちの変化や心の持ちようを変えて行ってくれます。
        朝起きてご飯を作り、洗濯、掃除をする、それがお母さんの何よりの回復薬になると思います。
        ペットを飼うのもいいかもしれません。

        トピ内ID:4510096994

        閉じる× 閉じる×

        時が解決します。

        しおりをつける
        🐤
        あや
        人を喪う痛みは時が解決しますよ。

        わたしも母が自殺し、しかも第一発見者になりました。
        まあ別に悲しいかって聞かれたら悲しくはなかったですが1年くらいは発見したときのトラウマで苦しみましたね。
        主さんもまだ1年ですもんね。つらいと思います。

        いまは4年経ちますがもう何とも思っていませんし、別に普段思い出すこともないです。あの頃大変だったなーくらいの感覚です。

        あと、無理に親御さんに寄り添わなくてもいいと思います。子を亡くすのときょうだいを亡くすのは違いますしね。親御さんには親御さんなりに乗り越えてもらうしかないと思います。
        こう言っては何ですが、幸せだろうと後悔していようと死んだらそれまで。主さんは主さんの人生を描いていってください。

        トピ内ID:6451927536

        閉じる× 閉じる×

        やはり自分を救う事から

        しおりをつける
        blank
        暑い日を過ぎれば
        再度のトピ文を読んで、とても感じた事
        やはりご両親(特にお母様)をゆうさんが支えになろうと気負う前に、自分の心が少しでも癒される事や時間を見つけられる事が大切なのではないかと思います

        今まで、何かあれば自死を選んでしまいそうな自分もいて
        弟さんの事で悲しんでる両親を目の当たりにしたらそれも叶わなくなったように感じるなら
        弟さんの自死以前に、あなた自身も辛い自分を抱えていたのではないですか?

        家を出るまでも、自分が親に甘えたい時もあったはずです
        弟さんの状態からそれを我慢していたり
        思春期にも色々と思う事があったのかなと思います

        自死の辛さや後悔(自責の念)とも分けて考えて
        ご自分の気持ちが癒される事
        カウンセリングでも 全く違う事でも
        何が自分に合うかは人それぞれなので模索するしかないのですが‥

        私は、自死遺族の会に出席した時は
        たまたまお子さんを亡くされ 親の立場の方ばかりでしたので
        親とはこう思うのだな‥と言う事を更に深く知り
        参加してしばらく揺り戻しのような感じでした

        兄弟の立場での方と話せたら良いのにと思った事もありましたが
        そう言う活動の所もあるかもしれません

        結局、私は心療内科で話しやすい先生に出会えたのでそれも心の回復になりました
        兄弟の事云々の前に、自分が抱えていた今までの葛藤に気づきました

        機能不全家族だったのだなと思います(兄弟も借金を抱えてましたが、親も過去にありました
        負のループだと分かりました)

        心理学の本を読んでみるのも良かったです
        カウンセリングに通う予算も考えたり
        自分の考え方の癖が変わらないと同じ事の繰り返しだと感じたからです
        (心療内科の先生からも分かりやすいのをすすめて貰いました)

        何かともさんが支えに出来る事との出会いがありますように
        願っています

        トピ内ID:2832287619

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  45
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0