詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 読書の量で人格の善し悪しを判断する上司に困ります。
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    読書の量で人格の善し悪しを判断する上司に困ります。

    お気に入り追加
    レス172
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ボブ玉磁
    仕事
    私の職場の上司は、話の内容を聞いて自分が理解できなければすぐ、「本を読め」と文句をいいます。細かく、分かりやすく説明するよう努めてますが、すぐ「何言ってるかわからん」と返してきます。恐らく、分かりにくくてもある程度解釈するのが普通ですが、上司は解釈するという事をしないのでしょう。ただ、私はある程度読書をするほうですが、読書だけで会話がうまくなるとは思っていません。偏見と思います。以前その上司が、「これを読め」と一冊の本を貸してくれましたが、返すと同時に、「感想は?それは何を表してるか?お前はどう思ったか?」と聞かれました。自分の意見を返したのに、上司の意見と一致しなかったのか、「お前は何も分かってない、もっと本を読め」と言われました。上司は極度の自己中人間かつサボリ魔で、同僚も呆れています。また人により会話の内容や対応を極端に変えます。私は年齢差のせいか(20vs59)、何が気に食わないのか、いつも怒られます。こんな口だけの上司への対処法を教えて下さい。また、読書で会話がうまくなるか、これについても意見を聞かせて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数172

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  172
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    上司に賛成

    しおりをつける
    blank
    Q
    トピ主さんの文章は要点がぼやけ、言いたいことがうまく伝わってきません。
    読書で人格をうんぬんするのは変だと思いますが、上司は貴方の言葉の使い方や理解力が不足していると判断していると思われます。
    だいたい、「わかりにくくてもある程度解釈しろ」とは!自分でわかるように言うのが先です。

    上司が尊敬できない人なのはわかるけど、文句つけるのは貴方が成長して追い抜いた後にしましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    確かに判りずらい

    しおりをつける
    blank
    max
    「自分の言いたい事が適確に伝わっているかどうか」は、複数の人との会話で判断するものです。上司以外の人に話す時、内容について何度も聞き返されることはありませんか?適確に話をする人はあまり聞き返される事がありませんから。主さんの文章には上司の悪口しか書いていないので、主さん自身の人物像が見えません。これでは、「困った上司」に対する批判のレスしかつきませんよ。「本を読めば話しが上手くなるか」ということを知りたければ、「困った上司」以外の人との会話がどうなのかという事の方が重要だと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    イヤな上司ですね

    しおりをつける
    blank
    ロディ
    私は滅多に本を読みません。
    年に2~3冊読むか読まないか。読んだとしても、子供でも読めるような、犬の感動実話物語とか、タレントのエッセイとかで、小説や難しい本は読みません。
    でも国語の成績は良かったし(北海道在住ですが模試で全道10位以内等)、周りからも「説明が上手」「話がわかりやすい」と言われます。
    だから読書量と、話すのが上手かどうかは関係無いと思います。
    読書をして得る力は、読解力だと思うので、それだけ本を読んでいて、人の話を解釈する能力の無い上司の方がむしろ、おかしいと思います。
    「そんなに話を解釈する能力が無いなんて、もっと読書した方がいいんじゃないですか」って言い返せればスッキリするのにね!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さんの話はわかりづらい(辛口でごめんなさい)

    しおりをつける
    blank
    たぁ坊
    投稿文を分析すると、
    (1)[事実]トピ主さんが説明した→上司が理解できなかった→「本を読め」と言ってきた
    (2)[分析]上司は解釈しない人間なのだ
    (3)[判断]上司の考えはおかしい
    という流れで来ているのに(「偏見と思います」まで)
    再び、本を貸してきたというエピソードで(1)[事実]に戻ってしまっています。
    また、流れから外れた[事実]の話(上司が自己中、年齢差)も入っていますね。
    細かく説明しているとのことですが、この投稿文から察するに、
    色々な[事実]の話を、思いつくままに話しているのではないでしょうか?
    まず[事実]をまとめて話し、そのあとで自分の[分析]→[判断]を話すという流れを意識してみてください。
    (違うカテゴリーの[事実]があれば、[事実1]→[分析1]→[事実2]→[分析2]→…→[判断]という流れもありです)
    紙に書いてみて、上の流れになるように整理してみればいいと思いますよ。

    ちなみに、読書と会話の関係については、
    「読書していても話がわかりづらい人はいるが、読書しないで話がわかりやすい人はいません」
    というのが、私の意見です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    読書量多し

    しおりをつける
    blank
    ゆきの
    でも、会話には何の影響もありません。
    そもそも、読書が趣味って言うと、暗い人とか、友達いない人とか、おたくとか(笑)とか、コミュニケーションできな人みたいに言われませんか?
    私は言われました。あっ、会話力は並だと思います。

    私の上司にも、解釈しない、理解しない(無自覚)な人がいます。
    まず、自分の前提があって、そこからはみ出すととたんに理解がしがたくなる、自分の考え方と違うことは受け入れられない、みたいです。
    「何を言っているのかわからん!」と。
    その人も読書量は多いです。

    要は、相手の言うことを聞く、理解するという姿勢に欠けているように思われます。
    読書量とはなんら関係はないと思います。

    あと、トピ主さんの文章、普通にわかりましたよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    多分トピ主さんは「報告」が出来ていない

    しおりをつける
    blank
    ふい
    出来ない上司はたくさんいます。でも「何をいってるのかわからん」新人もたくさんいます。私もそんな新人の一人でした。自分では「わかりやすく説明してるつもり」でしたが、振り返れば出来てませんでした。後輩をもって、やっと報告を受ける上司の気持ちがわかりました。完璧な報告をできる新人さんは、殆どいません。トピ主さんも出来てないんだと思います。

    文章を読んだ印象は、その上司は駄目な人かもしれない。でもトピ主さんも社会人としてはまだまだ未熟なんだろう、ということです。20代後半の私から見ても、20代前半の新人さんはかなり頼りないです。そんな人が自分の未熟さを棚に上げて、上司に対し解釈云々と言えば呆れます。謙虚さを持ってください。

    >こんな口だけの上司への対処法を教えて下さい。
    目立たず関わらず。同僚の態度を参考に。

    >読書で会話がうまくなるか
    会話してると「あ、この人、本読んでないな」って感じることがありませんか?学校とテレビの知識だけで話してる感じを受けます。
    読書している人は言葉や知識が豊富で、やっぱり会話に滲み出てると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    50代の私が思うこと

    しおりをつける
    blank
    さくら
    対処法ーー難しいですね。次元の違う世界に住む人間、とでも思って諦めて気にしないでいるしかないかも・・。
    私も50代ですが、最近は自分の5感と感受性の衰えを自覚せざるを得ないなと思っています。でも周りの同年代で衰えが明らかにもかかわらず全く自覚がなく、周りの(特に若い人たち)せいにばかりしている人がいます。上司さんはそのタイプかなと。

    それから読書と会話の関連ですが、私個人が勝手に感じていることとして「読書好きが強くなればなる程、普段の対人スキルが劣る人が多いのではないか」というのがあります。
    表面上で理論的なものは上手でも深いところで筋が通っていなかったり(つまり単なるヘリクツですね)、人の意見は耳に入らず頑迷だったり、コミュニケーション下手だったりするということ。
    まあこれは私自身のことなんですけどね。

    文字の世界に偏り勝ちだからそうなるのか、現実への対処が上手く出来ないから文字に頼るのか、は分かりませんが。

    とにかく頑迷な年配者の言う事は右から左、が一番ですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    読書をしようよ!

    しおりをつける
    blank
    なんなん
    >恐らく、分かりにくくてもある程度解釈するのが
    >普通ですが、上司は解釈するという事をしないのでしょう。

    ・・・って何? 「普通」って???

    トピ主さん、やっぱり読書をもっとするべきですよ。もっと表現力を身につけましょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私はトピ主さんの言いたいことわかりましたよ

    しおりをつける
    blank
    うんうん
    よくわからなかったという人がいて驚きました。
    わかりやすかったと思うんですが…

    >分かりにくくてもある程度解釈するのが普通ですが、上司は解釈するという事をしないのでしょう
    相手の言うことが多少わかりにくくても、聞き手側が言いたいことを理解しようと努めて解釈するのが普通ですが、上司はその努力をしない、という意味なのではありませんか?

    小町では、字数制限があるので、トピ主さんからの投稿文の中には説明不足と思われるものが少なくありません(ボブ玉磁さんは別ですが)
    でも、「だからといって、どうしてそう受け取るんだろう?」と疑問に思わざるを得ないレス者もいますね。
    読解力の問題でしょうか。

    私は、その上司のやり方は少し下手くそだなぁと思います。
    読書で何とかなるなら、見本を見せないと。
    >「お前は何も分かってない、もっと本を読め」というのだけではなくて、具体的にどうわかっていないのか、その本の主旨は何なのか、説明してあげないとダメだと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや・・・

    しおりをつける
    blank
    う~ん・・・
     ↑でたぁ坊さんやふいさんがトピ主さんの文章に
    ついて書かれているので、その内容を繰り返すことは
    避けますが、トピ主さんはまだお若い方なのではない
    でしょうか?上司の方はもしかすると、ニュアンスがうまく伝わって来ず、もどかしい思いをされたのかも知れません。

     同じ意味でも言葉一つでニュアンスが違い、また
    正確に言えば意味合いが違い、同じ単語を並べても
    語順で感じが変わるので、相手に伝わる情報の質が
    変わるということを、上司は感じて欲しくて読書を
    勧められたのではないかとも思うのですが・・・。

     タイトルの格言は鼻っ柱ばかり強く、生意気な
    学生だった私に、年老いた恩師が卒業の際に教えて
    くれた言葉です。上司の方もそう思っていらっしゃる
    かも知れませんね。

     どんな本でも表現方法の参考にならないことは
    ありません。興味のある分野の本でも、読み易そうな本でも、一度手にとってみられてはいかがでしょうか?何も上司が貸してくれる本だけが本では
    ないのですから・・・。

     ここにトピを立てられたことを通じて、トピ主さんが更に進歩・成長されることを心から祈っています。
     

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  172
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0