詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    不平等な相続 文化と法律

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    田舎の嫁
    ひと
    法律では遺産は平等となってますが、日本の文化的な考えは地方では昔からそんなに変わりません。長男は親と同居か近居、長男嫁は20年以上屈辱的な扱いと言葉の暴力。親がなくなれば葬儀、法事等々、やっぱり長男と長男嫁の仕事。そんな文化がまだ日常的なのに、財産は兄弟平等?なんだか何が平等なのか不思議に思うのは私だけでしょうか?平等なら墓守りは誰の仕事?仏壇を継ぐ人も誰かいるでしょう。墓も全てが永代供養になってないのに、日本には独特の文化がまだ色濃く残ってるのだから財産を平等にする方が不平等だと感じる今日この頃です。せめて長男に重きをおく親はあとあと揉めないように遺言状書いて旅立ってほしい。兄弟で揉めて気分の悪い長男嫁の愚痴でした。

    トピ内ID:8104198790

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 19 面白い
    • 78 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 238 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    うん?それは勘違い、もっと勉強してください。

    しおりをつける
    🙂
    藁子
    遺産分割には、指定分割と協議分割があるとか、まぁ難しいことは抜きにしてザックリ話すと、相続人全員で話し合いで決められるんですよ。
    昨今は、介護貢献した場合、長男嫁等にも相続があります。

    分割に納得出来なければ、調停でも裁判でもすればいい。その時に法定相続分というものが出てくるでしょう。
    ただし、これで全てが決まるわけでもない。

    単純に、相続で兄弟仲が悪くなるのが嫌だとか、相続が長引くのが面倒で嫌だからと適当な所で手を打つから、トピ主様のような不満が出てくるのです。

    今は家督相続はなくなりましたが、農村部ではまだまだ残っていますよね。
    やはり後継者として同居し家業を継いでいるのだから相続は多くなりますよ。
    トピ主様のお宅は、良く言えば先進的な感じで珍しいと思いますが。

    本来ね、トピのような分割で納得しちゃマズイでしょ?
    日本が~とか、社会情勢的な話ではなくて、単純にトピ主様の旦那様が押しに弱いだけの話です。

    もう少し、相続について勉強されてから協議に挑むべきですね。

    実際ね、土地や建物などの不動産、預貯金や有価証券、生命保険などトータルで見ると、たぶん跡取りが多くなってると思いますけど…実際の協議書をご覧になってみてください。

    農村部で「不動産や事業関連資金等は跡取りに、現金や預貯金は相続人で均等に」とは良く聞く話です。

    それとヨコになりますが、遺言もね、相続人全員が納得しなかったら意味がなくなるんですよ。

    相続は争族、一歩間違えば仲違い。

    トピ内ID:1554022661

    閉じる× 閉じる×

    すごく良くわかります

    しおりをつける
    🐤
    美鈴
    私も田舎の長男嫁です。
    現在近居、退職後は同居、まだあと15年あります。
    夫の弟と奥さんは世渡りがうまいです。
    ちゃっかりしてます。
    いただくものはいただいて、厄介事はサヨナラ。
    姑は弟の奥さんはあっけらかんとして好きだそうです。
    だったら同居してよ。
    でも長男の役割だと。
    長男を差し置いて次男と住むなんてあり得ない。
    近所に笑われる。
    私に対する扱いは、おっしゃる通りです…。
    諦めてます。

    遺言について。
    私の実家の母の兄弟たちの話です。
    祖父は「なぁにうちの子たちが争うわけがない(笑)」と言って遺言を遺さず死にました。
    結果骨肉の争いですよ。
    血を分けた兄弟に食ってかかる自分の親を見るのも嫌だったし、子どもの頃から可愛がってもらった叔父叔母も人が変わったようでした。
    未だに冠婚葬祭しか顔を合わせません。

    遺言は必ず遺すべき。
    嫁は口出しできないので、実子が責任を持つべき。

    トピ主さん。
    長い間おつかれさまでした。
    吐き出させてくれてありがとうございました。

    トピ内ID:1543893524

    閉じる× 閉じる×

    祭祀継承者は上乗せ

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    するのかと…

    親は分家でしたが、相続のとき13回忌分くらいまでは祭祀継承者に上乗せしました
    それでも何だかんだと赤字だとおもいます

    きっちり平等なら、供養代も毎回明細を出して回収できたらいいですよね
    見積もりの方がなお良いですね
    お包みをいただいても黒字にはならなそうですし

    よそをみていると、兄弟が放棄した場合は、里帰りしたら上げ膳据え膳、盆も正月も命日もウェルカム、兄弟関係が濃い気がします

    トピ内ID:5599664080

    閉じる× 閉じる×

    おつかれさまでした

    しおりをつける
    🙂
    あお
    大変な思いをなさったのでしょうね、おつかれさまでした。

    でも・・
    そういうトラディショナルな考え方のおうちの長男さんと
    ご結婚される時点で、そういう未来は想像できませんでしたか?

    恋は盲目と申しますから、ご結婚された時には
    気づけなかったかもしれない。

    でも、20年以上時間があったんですよね。
    その間に離婚するチャンスはありませんでしたか。

    お気の毒ですが、それはあなたが選んだ道だからしょうがない、
    としか言いようがないと思います。

    だれしも思い通りに生きる権利があります。
    残りの人生は、ぜひご自身の思うがままに生きられますよう。

    トピ内ID:5417530588

    閉じる× 閉じる×

    相続は平等です

    しおりをつける
    🙂
    あじさい
    だから親が生きているうちに少しずつ生前贈与してもらうのですよ。
    孫のためとか御先祖供養のためとかそれらしく言って。

    ただ、トピ主さんは相続が不平等だ、長男側は損だとお思いでしょうが、
    実子のトピ主夫の立場から見たら必ずしも不平等とは限りませんよ。
    大好きな親と一緒ににぎやかに暮らせてこれたし、
    もし家を買ってもらえてたり同居で生活費も安く済ませられていたなら、メリットも受けているわけで。
    長男としてのメンツとか頼られて嬉しいとか長男のプライドもあるかも。
    親からあまり頼りにされず影の薄い下の兄弟の立場もそれはそれで結構寂しいものだったりします。
    小さい頃から兄ばかり大事にされていたという恨みがある場合も。
    長男だけおかず多めだったとか、結構小さい頃の恨みの話も聞きますからね。
    まあ長男嫁にしてみれば知ったこっちゃないでしょうが。
    相続はあくまで実子の権利なので、嫁であるトピ主さんの苦労はあまり関係ないのです。

    トピ内ID:1614162010

    閉じる× 閉じる×

    遺言状を書いてくれなかったのですね

    しおりをつける
    🙂
    さわ
    長男夫婦に同居,近居,介護,など世話をかけるなら,遺言状は必須です。
    長男に家と土地,財産の多くが行くように。

    それなしでは,長男夫婦が気の毒過ぎます。
    それはあなたの子供に伝わる財産も減るということですよね。
    誠にお気の毒です。

    >長男嫁は20年以上屈辱的な扱いと言葉の暴力。

    大変でしたね。お疲れさまでした。

    トピ内ID:1496219237

    閉じる× 閉じる×

    本当そう

    しおりをつける
    😭
    うんうん
    わかります!
    本当にその通りです。
    長男夫婦って色々損する立場ですよね。
    責任はあるのに財産は平等って逆に不平等です。
    義弟夫婦はお嫁さん実家で暮らしているのに何かあるたびに義両親に貢いで攻撃をしてきます。
    将来はお嫁さんのお墓を見るらしいのですが、同居嫁で耐えてる私からしたら介護もしないだろうし、たかってこないでって思います。
    それで義両親の貯金が少なくなったら私達にしわ寄せが、、、
    本当に長男夫婦は、色々大変です。

    トピ内ID:9813262841

    閉じる× 閉じる×

    あなたの考えわかります。

    しおりをつける
    🙂
    ぽん
    昔は家や土地を長男(家を継ぐ人)が全て相続するのが当たり前でした。
    なぜだか分かりますか?
    田んぼを子供の数で分けていくと数世代でなくなるからです。
    「たわけ者」とは田を分けるのは愚か者だという言葉です。
    だから、長男の奥様が義両親を世話をされたり苦労されたのは、その家を守ってのことなので、個人的には相続の対象でもいいのにと感じますね。

    トピ内ID:7924987645

    閉じる× 閉じる×

    義両親はもうお亡くなりですか?

    しおりをつける
    🙂
    銀河
     私も本家長男嫁です。

     遺留分が不満なのでしょうが、それも話し合い(言い争い)次第です。葬式でバタバタしたのでしょうが、遺言が無くても兄弟を黙らせればいいことです。不満があれば、遺留分を争う裁判になります。不満はそのときに言えばいい。必ず平等にしないといけない訳ではないのです。夫も弱気だと思います。
     また、トピ主夫婦を責める訳じゃないけど、生前の親との話し合いは大切ですよ。
    こんな展開は見えていたのだから、登記の変更や生前贈与など、方法はあります。
     また、嫁が養子になる人もいます。
    親任せではなく、夫婦で動くべきでした。

     相続の過程で永代供養と墓じまいの費用を先取り宣告すれば良かったのです。
     
     お気持ちは分かりますが、この時代に長男の嫁になったのは自分の意思です。また、何処に住むか、人生の決定をしたのも夫で、それについていったのもトピ主の選択。

     田舎でも、実家付近に住まない長男は多いです。嫁に出た娘が同居、近居のケースもよくあります。
     全て、自分の選択です。選択肢じゃない、強制だと言うかも知れませんが、振り切って逃げる人もいます。

     私は近居です。いずれは同居に介護だな、と思います。小さな家のみで財産は無く、あるのは寺と墓だけ。
     その家も面倒だから義弟(不仲)と半分わけの予定です。墓じまい、供養文は先取りの約束です。予定だけどね。

     ーが多いけど、姑は良い人だからいい。屈辱や言葉の暴力があれば離婚してました。それが私の選択です。

     本家長男嫁の義母はそれこそ言葉の暴力、屈辱に耐えました。それも義母の選択。耐えたのに、家業が倒産。相続してません。むしろ弟が使い込んだり、残ったモノを持ち出したり。でも面倒だから言わない。法要も沢山兄弟がいるのに、全部負担してます。面倒がなくていいそうです。

    トピ内ID:5399247308

    閉じる× 閉じる×

    何か誤解があるようですが

    しおりをつける
    🙂
    今回も匿名で
    遺産分割割合は強行規定ではありません。当事者(相続人)らが合意すれば、一人が全遺産を相続したり、誰も相続せずに全額を第三者に遺贈・寄付したり、当人らの自由です。

    法定分割割合は、当事者らの合意が整わない場合の基礎となる訓示規定です。「遺留分」に至っても、遺留分を有する相続人からの申出がなければ無視してかまいません。

    「平等」とは、例えば「長男だから全額相続が当然」と言うような法的根拠がないと言うことです。

    まあ、あとあとの揉め事を防ぐ或いは最小限に抑えるためにも、遺言を認めることは逝く者の責務でしょうね。

    トピ内ID:8264636784

    閉じる× 閉じる×

    ご自身でわかっているじゃないですか。

    しおりをつける
    blank
    尼のおんな
    遺言状を書いてもらう。
    これ以外にないでしょう。
    法律で平等にしておかない方がややこしいです。

    きっと全てお解りなのですよね。
    日本の文化や法律が悪くて、
    トピ主さんが苦しく悔しい思いをしているわけではないこと。

    義両親、義兄弟、そして夫。
    為すべき人が為していないから辛い思いをしたのです。

    ご主人に優しくしてもらって下さい。
    お子さんはいらっしゃいますか?
    どうぞ誰かが損をしたと思わないように、
    ご自身も準備なさってくださいね。

    トピ内ID:3267885886

    閉じる× 閉じる×

    要は「長男が全部欲しい」ってこと?

    しおりをつける
    🙂
    アテな夜
    遺産(相続)は相続権利者皆平等なんかにはなってませんよ。
    法律にそう書いてあるのか私は知りませんけど書いてあるのですか?

    そもそも遺産相続というのは、一応、相続人には「法定割合」という
    のがあって、これは公平さ(平等ではなく)をベースにした考えとして
    あるのです。

    さらに相続者間では遺産分割協議というものもあって、
    当事者間で分割割合を話し合える余地は十分あるわけです。

    何も四角四面に”平等”の均等割りで遺産を分けよ、、、なんて
    そんな法律はどこにもないです。

    誰かが7割、誰かが2割や3割、、、こういう分け方だって
    出来るのです。そこに話合いの合意の元か、誰かの独り占めか違いは
    あったりなかったり・・。

    遺産割合は別としても、いずれにしても当事者全員合意ならば、
    そこは「公平」なんです(平等と公平という言葉はその意味と定義、
    使い方はきっちり学習された方が良いですよ)。

    もっというとね、じゃあ長男夫婦が「強引に」親の遺産を独り占めに
    して、兄弟姉妹には雀の涙程度の遺産しかない、、、なんてことだって
    あるんですよね。その場合、大体、長男嫁の裏工作だったりします。

    さらにいうと、じゃあトピ主さんは夫の親の遺産目当てでこのトピ
    書いたんでしょうけど、自分の親筋の遺産相続権利だって持っている
    わけで「あっちからもこっちからも貰う」って強欲過ぎやしませんか?

    少なくとも配偶者の立場では、相手のスジの相続問題には口を出す
    べきではないと思いますよ。

    トピ内ID:9701694262

    閉じる× 閉じる×

    ほんと、その通り

    しおりをつける
    🙂
    ももた
    法事とかその都度兄弟と割り勘とかしないしね
    香典持ってきてもらっても、割り勘にはたりないし

    少し前までは、そういうの全部ひっくるめて
    大事な跡取り長男に全財産譲っていた
    のだと思います

    別に長男がしなくてはならないってわけじゃないのに
    長男がすること
    っていう風潮が崩れないと解決しない問題かなぁ

    トピ内ID:4726719967

    閉じる× 閉じる×

    感情と法律をない交ぜにしない

    しおりをつける
    🐱
    しゃしゃり部
    あなたが不満を抱いている「儀式」は法的義務ではなく、当然ながら法的に拒否権があり、拒否したことで地域が仲間外れみたいな扱いをするなら、そこを去ることも法的権利、去ることに夫が同意しなければ堂々と離婚訴訟も出来る。
    相続は公平に分割と言っても、これとて裁判で争えば寄与度などを鑑みて配分を変えることも出来る、これも法的権利。
    貴方は、戦うべき相手と戦わないから不本意な人生だと感じるだけで、親族相手でも争えば良いのです。
    私は先祖代々の土地に権利関係がうやむやなまま勝手に家を建てて住んでいる親戚(昭和初期の話で親が口約束したらしいが何の書面も取り交わさず、長期にわたって固定資産税すら負担せずに居住していた)を追い出しましたよ、補償など一銭も支払っていません。
    不条理だと思うなら戦いなさい、というのが法律で権利を主張しなければ泣き寝入りなのも法律、法治国家だから仕方のないこと。

    トピ内ID:0213201443

    閉じる× 閉じる×

    私の母の遺産相続の場合

    しおりをつける
    🙂
    オッサン
     母が亡くなった時に遺言状はありませんでしたが、生前、日頃から接触の多かった私の妹に「葬儀やお墓の管理などがあるので、お兄ちゃん(私のこと)に多めになるように分けてね。」と言っていたそうです。そのため、預貯金の取引銀行別に遺産を相続する際に兄である私の方が多めに相続しました。
     私達兄妹は仲が悪いわけでもなく私も妹も結婚していて生活にも困っていなかったので、母の遺志を尊重して円満に相続を終えました。
     そんな相続が普通かと思っていましたが、世間では肉親間のどろどろの相続争いが珍しくないようですね。
     トピ主が指摘するように長男が墓守や法事などの責任を負うのなら、その点を考慮した相続になるように遺族で調整をすべきだし、それが無理なら遺言を作成して明記しておいた方が後々争いのもとにならずに済みますよね。それは遺産を残す親の責任だと思います。

    トピ内ID:5798534685

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      相続法の改正

      しおりをつける
      🙂
      高齢者
      平成31年から段階的に相続法は改正されました。
      長男嫁が一番メリットがある改正だと思います。
      遺言状も利用しやすい制度があります。
      しっかり勉強して対策しましょう。

      トピ内ID:4997099101

      閉じる× 閉じる×

      遺言もな~

      しおりをつける
      🙂
      私も長男嫁で、最近まで義父母の世話をしていました。
      義母が亡くなり、義父は要介護5で認知症もあるので施設にいます。
      なので相続はまだですが、思う事を少し。

      今の高齢者は長命で、介護期間も長くなります。
      一昔前は大体70代で死ぬ人が多く、介護もそれほど長期でない事が多かったと
      思いますが、いつ終わるとも知れない今どきの介護は、心身ともに疲弊します。
      長ければ30年以上、とても長男夫婦だけで背負い切れるものではありません。
      私達夫婦も壊れる寸前でした。
      最期まで看取るとか、他の兄弟が納得するほどの介護は無理で、どこかの時点で介護施設にお願いする事になると思います。
      だから、昔のような「長男が全部継ぐ・全部面倒見る」というのは非現実的で、出来る人はどれだけいるのか、私は疑問に思います。
      遺言を残されて、「長男に財産は全部譲るから最後まで面倒見ろ」と言われても正直、断りたいです。
      それでも見合わないほど、大変かもしれないから。

      死後の祭祀に手間とお金がかかるのは確かなので、祭祀の費用は概算して、祭祀を継承する子供が相続する。
      あるいは財産を相続人+1の数に分け、祭祀を行う者は2人分の相続をする、というやり方も聞いた事があります。

      そして、その他の遺産を、親への貢献度に応じて話し合いにより分ければ良いと思います。
      そうすれば、他の兄弟も「どうせ長男が貰うんだから」と無関心になる事もなく、出来ることはしようという気にもなるでしょう。

      いつ終わるか分からないほど長い親の老後ですから、生前に遺言をしても、
      その後の事情は多分違って来るし、むしろ決めてしまわずに、相続時に話し
      合う方が良いと思います。

      トピ内ID:2611169571

      閉じる× 閉じる×

      遺言や相続が語れるだけ豊かかも?

      しおりをつける
      🙂
      はーこ
      昔は遺言書というと、お金持ちの特別行為みたいでしたけど、今親の面倒で苦労している50~60代以降は誰もが行うエンディング行為になっていくと思います。
      我が家も作りました。たいして費用もかかりません。親は公証役場の方の前でカチンコチンになって声上ずってましたけど。

      我が家は幸い遺言書作りましたし、レスされる皆さんもおそらく遺言書や相続の是非を語れる位のご家庭なんでしょう。問題は遺言書も作れない家庭です。

      我が家のある地域は市内でも貧しく高齢化の進んだ地域です。高齢者独居、生活保護家庭、借金家庭多いです。猫の額みたいな土地に築50年以上の家、借家、そんなのばかりです。
      親の面倒すら放棄して顔も見たことない息子娘たちが多いです。出戻り娘との同居はあっても、長男が祭祀のお世話なんて「全く」見かけません。これからの時代、こうした貧困層は増えていくと思います。
      見かけはフツーのよくある市街地の街なみです。

      最初から手間と労力、借金抱えるだけとわかっている家庭では、遺言書の是非もないでしょう。ただ壮絶に揉めると思います。
      相続問えるだけ恵まれている、そんな時代がくるのかもしれません。

      「長男だから」むしろ懐かしい響きです。うちの地所に立つ90歳高齢者宅、誰も来ません。
      いつの日か、不幸でもあればちゃんと家壊してくれるのか心配しています。
      中の整理もせず放ったらかしの空き家ばかり増えています。やむを得ず土地所有者が解体なんて聞きます。
      もう、どうしよう~。レス直球じゃなくてごめんなさい。

      トピ内ID:1385361991

      閉じる× 閉じる×

      そんなもんです。

      しおりをつける
      🙂
      コロンビアラベル
      だから婚活市場で長男は嫌がられるんです。
      トピ主も先を見越して結婚すれば良かったですね。
      そうしたら次男嫁とか三男嫁で美味しい思いが出来たのに。
      残念。笑

      トピ内ID:4545976667

      閉じる× 閉じる×

      法律も時代も大変化した。女性は「知恵」を持ち「自衛・対策」を

      しおりをつける
      🙂
      おばさん
      田舎では、主様が書いたような古い慣習や考え方が残るところは、まだ結構あると思う。

      なので女性は

      まずは、男性との交際時点から
      そして結婚前に

      「そういう古い社会の考え方や立場の男性かどうか」の確認が必須。

      特に、古い考え方(社会)の長男なら、結婚すれば、「理不尽な長男の嫁」の役目を押し付けられる。

      「同居・介護」「夫実家の責任者」「跡取り」「墓守・寺関係」「親戚づきあい継承」~

      こういう古い体質の(夫)実家は、数時代前の古い法律が根本にあり、昔の人は、これを世間全体の「法律」として厳守したので

      現代でも根強く根深い。

      なので、そういう事に若い時から知識を持ち
      長男との結婚や、どういう地域の生まれ育ちか、夫実家の環境・考え方~等を

      付き合う早期から、話合い見極めることが重要必須。

      それが面倒なら、長男との交際を避けるのが一番安全。

      お見合い時代には、「長男でない人」という条件で探す女性(その親)も多かった。

      現代でも考える人は考えている。

      こうして「古い体質の結婚観や家族感が避けられる事」で、古い考えの家も親も考え方が変わっていく。

      もしそれを知らずに長男と結婚してしまい、古い体質の夫実家に「取り込まれ】てしまった女性(長男嫁)は

      同居しない・介護しない・もし知らずに同居したら同居解消~

      もし介護するなら、義理の親の長生き介護費や長年入所費があるか否かを、介護始まる前に確認する。そして遺残相続を、介護以前から、夫を通じて、ハッキリ決めて法的文書で残す。

      それができない(またはそのお金が無い)状況(夫の親・夫・義兄弟姉妹)なら、介護は引き受けない。勿論、同居で介護せず親を放っておけば、親に万一があったら、同居人に「刑事罰」が問われることがあるので、同居はしない。

      そうして「自衛」する。それができるかどうかは、その女性(嫁)の資質や人間力にもよる。

      トピ内ID:1261987193

      閉じる× 閉じる×

      良かった

      しおりをつける
      🙂
      SAKU
      長男と結婚したけど、うちには関係ない話だわ。
      あちらの親は相続させる物など持ってないし、遠方だから介護も難しい。
      お金は出せるけど、それ以上の事はできませんね。

      うちの親は多少のお金とマンションがあるけど、
      施設に入るとなったらマンションを売るつもりだし、
      私も相続したいとは思ってないし。

      どちらも自己完結してくれそうな、後期高齢者。

      うるさい親戚だのがいそうな男性とは、
      最初からつきあわなかったのが正解だと思ってます。

      トピ内ID:3636385796

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0