詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    女性優遇と差別

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    ららぽ
    仕事
    私の勤務する会社はそこそこの歴史と規模のある大企業です。古い会社故に管理職はおじさんばかりですが、世の中の流れもあって女性活躍を推進しているので少しずつ女性管理職も増えてきています。
    私は入社10年ちょっとで係長クラス、年収700万円くらいの中堅社員です。

    会社は男女差別や区別をせず、女性も活躍しましょうと言うものの、そのわりには違和感を感じることがいくつかあります。

    ・総合職と一般職と言う明確な職種の違いは表向きはありませんが、実態として事務やアシスタントなど一般職相当の仕事に正社員の女性が就いています。一般職相当の仕事をしてる女性は昇格・昇給のペースが遅く、あるレベルで頭打ちです。
    ・女性のみに受けさせる研修があります。内容は決して女性にしか求められないものではなく、管理職になりたいと思うようにさせると言う自己啓発研修です。総合職相当の女性のみが強制です。
    ・女性の勤務地希望や負担の少ない部署への異動は比較的通りやすいです。会社はそんなことないと言うと思いますが、人事異動を見ていてそう感じます。同じ「家庭の都合」でも男性より女性の方が優遇されています。

    これら全ていらないと思うのは私だけでしょうか?世間が女性に家庭を押し付けてる以上、難しいところはあるのかもしれないですが、妊娠・出産以外は配慮しすぎも差別するのも良くないと思うのです。権利は男女平等に与え、男女平等に厳しく優しくするべきで、職種や研修、異動を男女で分ける必要ないのに、と思ってモヤモヤします。

    トピ内ID:0803118997

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 22 面白い
    • 82 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 64 エール
    • 18 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    男女平等(男女半々)をどうやって実現するか

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    「会社内での男女平等(男女半々)をどうやって実現するか」という問題だと思います。

    管理職も事務職も男女半々が普通になれば、そういった施策は必要なくなるでしょう。

    掃除のオジサンも、やり手管理職の女性もたくさんいて、みんな普通に暮らせる社会になれば問題は減るでしょう。

    >実態として事務やアシスタントなど一般職相当の仕事に正社員の女性が就いています。

    これは会社がわざとその職種の女性採用人数を多くしているのでしょうか?。

    一般職相当に就職希望する男性と女性の比率は半々ですか?。

    もし、応募の男女比率が2:8なら「公平」に採用すれば、職場の男女比率も2:8になりませんか?

    残念ながら、会社で出世して管理職や役員・社長を目指している女性は男性よりも少数だと思います。

    世間・親の考え方や教育に問題があるのかもしれません。福祉も十分ではないでしょう。

    でも「上」を目指す男性が多く、女性が少ないなら、男女平等(男女半々)を実現するためには、「上」を目指す女性を増やすしかないと思います。

    ※課長・部長などが男女半々でないからといって「上司不在の部署」を作る事はできません。

    そのために、トピ主さんが「不要」と思う施策があるのだと思います。

    大企業ならトピ主さんも頑張って出世すれば、部長・役員・社長も狙えると思います。

    トピ主さんが上を狙っているから「他の女性も同様に上を目指すだろう」と思い「権利は男女平等に与え、男女平等に厳しく優しくするべきで、職種や研修、異動を男女で分ける必要ないのに」と思うのでしょうか?

    そうではなく、「上」へ頑張りたくないのに「強制研修を受けさせられるのは嫌だ」と思うなら、男女平等(男女半々)は未来永劫、実現しないと思います。

    トピ内ID:9793999231

    閉じる× 閉じる×

    ありますよね、そういう会社

    しおりをつける
    🙂
    あやと
    以前勤めていた会社がそんな感じでした。
    そこから何社か経験しましたが、古い会社ほど男女差がありましたね。差を無くすよう努力はしていますけど。

    ただ、私は事務やアシスタント職に女性が多いのは適材適所の結果だと思います。
    (男性事務何名かと一緒に働いたことがありますが、どうも噛み合いませんでしたね…)

    電話対応は顔が見えない分女性の高い声の方が安心する、高い声の方が聞き取りやすいなどの利点がありますし、アシスタント職のように同時にいつもの処理をする能力は女性の方が長けています。
    脳の構造が違うらしいですね。

    一般職相当の社員の給料が低いのは仕方ない部分があるのではないでしょうか…一般職ですから。
    ただ採用試験の際に一般職として内定を出していないなら疑問を感じますね。
    総合職のつもりで入社したらやることは一般職だったということですよね?
    セコさを感じますね・・・。

    女性のみに受けさせる研修は、女性社員に昇給意欲を持たせる為のものなのではないでしょうか。
    だとしたら女性社員には昇給意欲がないとみなされているようで嫌ですね。その会社の女性に対する見方が分かりますね。

    逆に、男性社員のみが受ける研修はあるんですか??

    勤務地希望や負担の少ない部署への異動が女性の方が通りやすいというのは、家庭(子供)への配慮ですかね?
    家庭のことや子育ては母親がメインでするという固定概念が透けて見えるようですね。

    トピ主さんは色々と不満や疑問があるようですが
    10年そこそこで年収700万もらえるというのは、給与面ではいい方なのではないでしょうか。

    全てにおいて満足できる会社ってなかなかないと思います。

    私は身体や心が壊れない程度の労働条件で、満足いく給与がもらえるなら男女差別されてもいいと思う派なので、トピ主さんのような意見は新鮮でした。

    トピ内ID:2624888889

    閉じる× 閉じる×

    何と言うか

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    不平不満を訴える女性にありがちなんだけど、ご自分から見た”表”の
    主張に終始するばかりで、”その裏”を見ようとしない。または
    それはそれは華麗にスルーする。

    世間が女性に家事を押し付けている裏には、世間が男性に仕事を
    押し付けているって実態がある。
    それをスルーしているからこその意見でしかない訳です。

    10年も働いていたらもっと視野が広がってもいいと思いますけど、
    少なくとも労組では要職に就いている同期もいるでしょうから、
    動こうと思えばいくらでも動ける立場だと思いますよ。

    トピ内ID:5186528554

    閉じる× 閉じる×

    性差はある。

    しおりをつける
    🙂
    あらもう50歳
    主様の主張、分かります。
    が、やはり男女は平等であれども、同じではない、
    ということでしょう。

    「リーン・イン」という本を読んで欲しいですが、
    女性は男性に比べ、出世を望まない傾向があります。
    女性は女らしくあれ、男より前を行くな、という古い教育の結果です。
    主様の世代は、かなりフラットになってると思われるので、
    不思議かもしれませんが。

    トピ内ID:4700093084

    閉じる× 閉じる×

    今は改革時

    しおりをつける
    blank
    30代男
    なんでしょう。
    別にずっと続けるとは言ってないですよね。
    数の是正というのは負のスパイラルから脱却するための外力が必要です。
    病気になったら薬を飲む、でも健康になっても飲み続けたら別の障害が生じる。
    じゃあ治ってないうちから薬飲むのやめますかって話です。

    トピ内ID:0953666236

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    ららぽ
    コメントありがとうございます。

    私が最近、感じていたことの一つに男性がしんどそうだなと言うことがあります。昔と違って男性が仕事を最優先にする時代ではありません。
    バリキャリで高収入の奥様をお持ちで育児の大半を担っている方、介護のために仕事を控えたい方、心身の不調により仕事をセーブせざるを得ない方、そこそこのお給料でいいからプライベートを充実させたい方、男性にも色々います。
    これが女性なら総合職相当の仕事から一般職相当の仕事に変わる人もいたり、家庭の事情なら勤務地希望や負担の少ない部署への異動を考慮してもらえたりする人も多いように見えますが、男性にそういう方が少ないです。私の社内の狭い人間関係の中で知る限りですが、それに耐えられず辞めてしまうのは男性が多いように思います。女性と同じように配慮されていたら辞めなくて済んだ人もいたはずです。
    もちろん社内的なルールは男女平等で男性はアシスタント的な仕事に就けないわけでもなく、異動が考慮されないわけでもないです。そういう方もいて、それがとても少ないというだけです。お世話になった方が辞めてしまった時にはとても悲しく社内の裏の仕組みにモヤモヤしました。
    研修についても男性のみはありませんが、多くの研修が男女平等に機会が与えられ、一部、女性のみを対象にしています。基本的にはみんなに機会が与えられるよう人事も考えてくれています。女性活躍推進の過渡期で人事も頑張っているのだと思いますが、男性には機会を与えないこと、逆に女性には上昇志向がないと思って強制してくることにモヤモヤしていました。

    共感してくださった方、それは違うと意見してくださった方、皆さまのご意見ありがとうございました。私が出来ることは多くはないかもしれませんが、自分がもし偉くなったら男女関係なくみんなが働きやすい環境が作れたらと思います。

    トピ内ID:0803118997

    閉じる× 閉じる×

    女性の意識が追い付いていない

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    いろいろな意見を聞きますが、
    子供を出産する産休はともかく
    育児休暇の取得と時短は母親の義務である
    と思い込んでいる女性が多いのが気になります

    そして子供の急病などは母親が対処する
    そのために会社に迷惑をかけるのは当たり前
    子供のいる女性を雇っているのだから、
    優遇しろと女性自身が思っていることが多々あります

    ネットでもよく上がる話題です

    父親に負担させないでなぜ母親の会社が
    社員の子育てに協力しなければならないのかと。。

    一般職の女性自身がバリバリ仕事をしたい
    と望まない限り、何も変わりません

    会社の意識の問題ではなく女性の意識の問題だと思います

    トピ内ID:6751055434

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🍴
    昭和の人間だけど
    私はもう何十年も前から男女平等を望んでいる者なので
    トピ主さんの意見に概ね賛成です。
    古くて大きい企業ほど、未だ色濃く差別があるのも事実ですね。
    ただ、会社を変えていくのにはそれなりに時間がかかるんだと思うんです。

    仰っているように、管理職の方々はまだ昭和の感覚をお持ちの男性が大半だったりしますので、全員の首をすげかえるなりしないと急激に変化する事は無理でしょう。

    でもこれって男性ばかりの問題ではないと思うんです。
    女性にもまだまだ昭和の感覚の方が多いのも問題があると思います。

    キャリア志向、上昇志向の女性は男性に比べてまだまだ少ない。
    男性が家族を養うのが当たり前だと思っている人も多い。
    家事育児は女性の仕事だと思っている人も多い。
    専業主婦が専業主夫より圧倒的に多いですし、世間的に前者は許されるのに後者は批判されることが多いですよね。

    残念ながらまだまだ世間一般の考えが男女平等に程遠いのが現実です。

    男性女性関係なく、家計も家事育児も等しく担う事が当たり前だと全員が思わない限り、本当の意味での男女平等の世界は来ないと思います。
    「当たり前」ってところ重要。

    女性の中には自ら進んで差別される立場を選ぶ人も多いので、平等の世界はまだ先になりそうです。
    男性の意識を変えたければ、まず自ら変わらなくては。

    トピ主さんのような方が増えることを期待したいです。

    あ、でも昇給昇格のペースについては、
    あくまで職種の問題なので、男女差別とは別物だと思いますよ。

    トピ内ID:8384491160

    閉じる× 閉じる×

    家庭都合だけはわかる

    しおりをつける
    blank
    モゴモゴ
    実際のところ、子供のなんやかんや、
    老親のなんやかんやで動き回るのは女性の上が多いでしょう。
    仕方ないと思います。

    トピ内ID:5241157510

    閉じる× 閉じる×

    念のため

    しおりをつける
    🙂
    クリアアサピ
    昔の私のようです。

    男女平等を謳うなら本当の本当に平等をと考えていたことがあります(学生時代のほんのわずかな期間で覚めましたが)。

    おそらくトピ主さんは間近な実例も見て感じていらっしゃるので、文字に表れないだけで私よりきちんと考えているとは思いますが、老婆心ながら思うところを。

    男女平等って、やはりどうしても存在する性差を互いに理解した上での平等だと考えています。

    たとえば女性管理職。

    女性は仕事を続けるのに、どうしても妊娠出産を念頭におかねばなりません。

    生んで終わりではないので、子どもが熱を出したとか、なにかあるたびに「母親が対応するもの」と思いこんでいる夫婦だと、妻は欠勤や早退が増えます。

    そういう上司をもつ部下、特に男性は「上司は男がいい」と考える可能性は大いにあります。

    となると、管理職をめざす女性には育児も並行できるサポートの提供だけでなく、部下との関わりかた、夫婦での協力体制などしっかり考えてもらわねばなりません。
    男性以上に覚悟が必要と言っても過言ではないでしょう。

    女性のみに研修があるのは当然とも言えます。

    できれば男性にも、相互理解のために女性研修の内容周知はあってしかるべきとも思いますが、研修それじたいは個別でよいと思います。

    勤務地や職種の変更、働き方などについても、妻は専業またはパートくらいの男性なら、制度があるといって使えるとも限りません。

    夫の転勤に帯同する、夫のほうが激務、高収入など、妻が折れるのが効率的な家庭も多いです。

    トピ主さんは個別の内情までご存じではないでしょうから、男性は認めにくく女性は認められやすいというのは勘違いの可能性もあります。
    もちろんそのとおりである可能性も否めません。

    個人情報を守りながら、そういう制度の利用をどのくらいオープンにできるか、あたりを偉くなったらぜひ考えてみてほしいです。

    トピ内ID:8235286909

    閉じる× 閉じる×

    たぶん

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    トピ主さんの意見は理解できます。女性に対する優遇は差別を別の形で表したものという面もありますね。でも、実際に差別が存在している以上、優遇措置もまだ必要なのだと思います。

    スウェーデンでは、父親も母親も同じように育児休暇を取らなければならないと聞いたことがあります。また、時短も同じようにできるらしいです。でも、その背景には、もともと男女ともに同じように仕事をする環境があり、結婚生活をどちらか一方の経済力に頼ってはいない状況があります。

    では、日本での状況はどうでしょうか。いまだに専業主婦希望の女性はけっこうな割合で存在しているそうです。また、結婚時に女性が男性に求める条件は、第一に経済力であるともいえます。女性が妊娠出産をへても働ける状況がまだ整っていないことも理由のひとつでしょう。でも、女性自身が必ずしもそれを望んでいないという面もあるのではないでしょうか。

    結婚後の生活をおもに夫の収入に頼り、妻の収入はあくまでも補助的なものだと考えている女性は多いと思います。だから、夫となる人の経済力を重視するのです。社会を変えていくにはこの考えかたも変えていく必要がありますし、この考えかたを変えることによって社会が変わっていく一面もあるでしょう。

    日本はまだまだ発展途上にあると思います。将来的には女性への優遇措置もなくなっていくのでしょうが、それにはかなりの時間がかかるはずです。

    トピ内ID:6074515726

    閉じる× 閉じる×

    女性は今まで声を上げ続けてきた!

    しおりをつける
    😑
    ふんわり
    今の女性の地位は、これまで多くの女性たちが声を上げ続けてきた結果だと私は考えています。

    男女平等でない場面、男性のほうがいろいろ言いだしにくい状況、とてもよくわかります。
    私の職場にも、

    >バリキャリで高収入の奥様をお持ちで育児の大半を担っている方、介護のために仕事を控えたい方、心身の不調により仕事をセーブせざるを得ない方、そこそこのお給料でいいからプライベートを充実させたい方、男性にも色々います。

    という方たちがとても増えたと感じます。
    そして、主様の会社の方たちと違うところは、

    >総合職相当の仕事から一般職相当の仕事に変わる人もいたり、家庭の事情なら勤務地希望や負担の少ない部署への異動を考慮してもらえたりする

    を自分から申し出て、声を上げて、今までの女性たちと同様、そのような待遇を受けている人たちが増えました。

    自分の希望するライフスタイルを獲得したいなら、自分で声を上げていかなければ何も変わらない。
    「家庭の都合」だって、「総合職から一般職への転換」だって、「希望地、希望部署への異動」だって、声を上げてみることから始めなければ。

    >耐えられなくてやめてしまう男性

    やめても何とかなる状況だからやめるんですよね?
    それも一つの「ご自身での選択」です。
    しがみついてでも辞めずにこらえてきた女性たちもたくさんたくさんいます。

    トピ内ID:2915526888

    閉じる× 閉じる×

    裏の仕組みを作っているのは、会社ではなくトピ主様

    しおりをつける
    🙂
    平等は大変
    >社内の裏の仕組みにモヤモヤしました。

    裏の仕組みを作っているのは、会社ではなくトピ主様です。
    「そのほうが複雑な問題を考えずに済む」という、脳の怠惰が、「裏の仕組み」を作り出しています。

    悪、を作ってそれを打倒する、という考えが、一番簡単ですよね。
    課題解決について、何も考えなくていい。悪を倒せば終わり、です。
    そして、その悪は、トピ主様とは切り離されていて、倒されるシナリオが明確な「赤の他人」でもある。

    しかし実際は、裏の仕組みは、あなたがどっぷり染まっている仕組みでもあるし、あなた自身は、この仕組みと無縁どころか、当事者でもある。裏の仕組みは、決して自分とかけ離れた仕組みではないでしょう。

    本当の課題は、その裏の仕組みを作っているトピ主様ご自身に向き合うことであり、トピ主様が、その裏の仕組みに代表される、様々な課題を、ご自身のものであると感じて取り組む姿勢を持つことだと思います。

    ちなみに、
    >男女関係なくみんなが働きやすい環境
    を手にする場合、失うものもあります。多くの場合、その職場のコスパを維持するために能力の低い人が切り捨てられます。私の印象ですと平均点では辛酸を舐める側になると思います。

    トピ主様の会社は、美味しい環境を女性の前にちらつかせながら、そのコストを生み出せる人材になるべく尻叩きをしている状況でしょう。最終的には、その尻叩きに応じて伸びた女性と、できる男性のみが牽引する会社になるのだろう、と思います。後の人材は適当に処理されると思います。

    残れるよう頑張ってくださいね。

    トピ内ID:6193449956

    閉じる× 閉じる×

    女性の意識と男性の意識

    しおりをつける
    🙂
    女社長が増えればね
    日本には古くから、女は家事・育児・介護をするべきという根強い考え方があります。

    昨今は男性の年収が下がっていることから、これに仕事が加わっています。

    これに対し男性の中には、「男は仕事だけしていればいい」という意識が強い人がいます。

    その裏づけとして、トピ主が勤めているような会社があるのでしょう。

    このような男女差別が起きてしまうのは、管理職に男性が多いからだと思います。

    トピ主はキャリア志向なようなので、ぜひ頑張って会社を変えてください!

    トピ内ID:1210274949

    閉じる× 閉じる×

    立派だな

    しおりをつける
    🙂
    常在戦場
    ある方が言っているのを聞いた。
    なぜ日本の企業が衰退しているか?
    GAFAのような企業が出てこない土壌は、
    女性登用、多様性、高学歴(学び)、
    の欠如だとおっしゃっていた。
    女性を活用しきれないこと、
    社員の諸事情に対応した活用ができないこと、
    働き過ぎで勉強に充てる時間(余裕)活用がないこと。
    10年で大企業係長クラスとは相当優秀なのだろうが、
    これも妥当なことではないかもしれない。
    トピ主が上に行って改善できるよう意見するしかない。

    トピ内ID:8890423508

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      全部を平等にするのは難しい

      しおりをつける
      🐴
      そもそも女性と男性は違う生き物です。

      男性は同時進行に物を考えられません
      女性は同時進行で行動できます
      ※女性は話しながら食べながらテレビ見ながら仕事もできます。
      ※男性は一個ずつやりたいのです。

      男性の骨格は足は横に向けて開いてついています。
      女性の骨格は足は下に向けてついています。
      ※男性がイスに座る時に足を開いてしまうのはそのせいです。

      男性の色の感知できる範囲は狭いです。
      女性の色の感知できる範囲は広いです。
      ※イルミネーションがキレイ花がキレイと騒ぐ女性は細かい色の違いまで見えており(濃い赤、明るい赤、朱色、薄い赤などがわかる)、男性は、赤は赤というように細かく判断できないのです。

      男性は動的視力が強く、
      女性は動的視力が弱いです
      ※野球などスポーツは動くものは男性のほうが向いているのです。

      男性が感じる気温は2度高く(この部屋暑いな)
      女性が感じる気温は2度低い(この部屋寒いな)
      感じる温度も違います。

      男性は闘争本能が強く(人を蹴落とせる=上に行きやすい)
      女性は協調性が高い(人と共感したい=上に行きたいと思わない)
      そもそもが違う生き物です。

      これらは、
      色々な研究データの上で既に発表されている内容です。
      (私は研究者ではなく、一般的なお仕事です)

      つまり、生まれもって元々のもつ能力が違うので、
      全てを平等にすること自体が無理なんです。
      女性の中でも全員が一緒ではないですし。

      トピ主さんはなにを平等にしたいのでしょうか?
      もともと世の中は生まれながらに可愛い人もいればブスな人もいるわけで、
      平等だとは思えません。

      >管理職になりたいと思うようにさせると言う自己啓発研修
      これに関してはさきほど申し上げた通り、闘争本能が少ない女性に向けて行うのは間違っていないと思いますよ。

      トピ内ID:1576364684

      閉じる× 閉じる×

      働き方の変化

      しおりをつける
      blank
      ぽんしゅう
      均等法が施行されてからは、“女性が男性に合わせる”働き方でした。
      やってみればそれが無理なのは誰の目にも明らかで、女性をスポイル
      するだけでした。

      制度の上では公正平等だが、運用では差がある。
      これが世のすう勢で、制度でも運用でも差がない会社はほぼないでしょう。
      差がないと言うのは女性とスポークスマン的な人ばかりということ
      からも明白だと思います。

      今増えつつあるのが、働き方を“男性が女性に合わせる”会社です。
      前職でも管理職昇格要件にあった“カイゼントレーナー合宿”とかが
      女性には受けさせられないということでなくなりました。
      他にも勤務地限定社員でも部長代理や営業所長クラスまで昇格したり。

      ある職種の自衛官養成学校でも、訓練は女性隊員に合わせたメニュー
      なのでキツクないって男性隊員に公言されています。

      これって男性にとっては楽になった訳で、歓迎する向きもあるでしょう。
      (ゆとり管理職増加とか、一部で揶揄もされていますが)

      どうやってもメリットもデメリットもあることです。
      割り切りやどんな制度にも乗っかるしたたかさや、受け入れるしか
      ないかな、と思います。

      トピ内ID:5186528554

      閉じる× 閉じる×

      短絡的

      しおりをつける
      🐶
      たこすけ
      本当の意味での男女平等なんて、無理。
      性差がありますから。
      平等という概念に固執しすぎです。
      世の中は全てが不平等なんです。
      生物学的に異なる男女を平等に扱うなんて無理な話です。

      トピ内ID:9098557968

      閉じる× 閉じる×

      概ね賛成

      しおりをつける
      トラウマ
      一部異論はありますが概ね賛成です。

      企業間の競争力が落ちるし、或いはそのハンディはコストとして社内外問わず、必ずどこかにしわ寄せがいきます。

      というより、いまの女性の社会参加を促すやり方には常々疑問に思っています。

      競争社会は実力のみでのし上がるのが健全だし、それがあるべき姿です。優遇措置などいずれどこかで綻びが出るし、普及してしまったら撤廃できないでしょう。

      何より、現状の方式で一体誰が幸せになるのか。そりゃ一部の女性には恩恵があるでしょうが、社会全体で見れば損失の方がはるかに大きい。将来必ず何らかの形で禍根を残すと思う。

      ハンディ無しで戦えない女性は一般職とかに分類するか、或いは家庭でサポートする道があるし、主婦だって社会全体でみれば絶対になくてはならない存在です。

      そろそろ軌道修正すべき時期に来ているかなと思ってます。

      トピ内ID:1380197797

      閉じる× 閉じる×

      女性としての統一見解を出す

      しおりをつける
      🙂
      クリリンさん
      人はそれぞれ置かれた立場が違い、その意向も様々です。ですからある方はほぼすべての面での平等を主張し、ある方はいくつかの分野では優遇してほしいと言います。
      今の社会ではあらゆる立場の女性の方の要望が男性に出され、それを履行してほしいと言われているのだと思います。
      しかし男性がそれをすべて履行するという事は男性に完全なしもべになれと言っていることになってしまいます。
      ですから女性としての統一見解を出し貰って実現可能なところから始めていければと思います。それと同様に男性からも同じように要望が出されることは覚悟せねばなりません。

      トピ内ID:6325609397

      閉じる× 閉じる×

      平等にしたい部分と、したくない部分があるはず

      しおりをつける
      blank
      トワイライトゲームス
      1つ1つ見ていけばいいと思います。
      そうすれば課題とか矛盾とかはっきりします。

      制度:男女平等ないしは比較的男性優位
      結果:圧倒的に男性優位
      多くの女性はここだけを見て意見を述べる傾向があります。

      仕事の負荷:圧倒的に男性に過重
      家事・育児の負荷:圧倒的に女性に過重
      ワークライフバランス:圧倒的に女性優位
      この話になると、女性への配慮の話ばかりになる傾向があります。

      専業+扶養内の女性:今でも60%を超える
      専業+扶養内の男性:1%もいない
      ここなんか、是正しようとも均衡を取ろうとも思われていない。

      男女平等を求めたり訴えたりする人でも、平等にしたいのは結果だけで
      あとは知らん!困ってるなら自分で言え!って態度の人が多く感じます。
      そんな不誠実な意見にはきっついカウンターやブーメランが
      突き刺さることも多いけど、それを抵抗勢力だとか既得権者とか
      言って議論からは逃げる。

      男女が違う生き物ってのは眉唾だけど、主張するだけではなく、
      議論ができる女性にはなかなか巡り合わないと思う。

      トピ内ID:0370928085

      閉じる× 閉じる×

      う~ん

      しおりをつける
      🙂
      とおりすがり
      >一般職相当の仕事をしてる女性は昇格・昇給のペースが遅く、あるレベルで頭打ちです。

      総合職と一般職では仕事内容が違いますよね?
      仕事内容が違う以上、昇格・昇給のベースが違ったり、頭打ちになるのは仕方ないでしょう。
      役職定年で55歳や57歳でガクンと下がる事を考えればそれもアリかと。

      >それに耐えられず辞めてしまうのは男性が多いように思います。

      仕事と育児の両立・仕事と介護の両立と国で支援策も出されています。
      男性がって言われていますが、女性で育児や介護と関わっているのと同じ位の割合でいるのでしょうか?
      ならば、育児や介護で忙しくてという「おじさんが管理職が多い」と言うのもおかしな話です。育児や介護で辞める人が多いのなら、人材不足でもっと女性の管理職登用になっていると思われますが。

      >女性と同じように配慮されていたら辞めなくて済んだ人もいたはずです。

      こんな言い方もどうかとは思いますが、
      体のいいリストラじゃないですか?

      トピ主さんの会社ではそうでもないようですが、
      遠い支店に転勤にして通えないから退職ってのはあることですが。

      男女差別にこだわっているから、
      別の問題が見えなくなっているんじゃないかと思いますが。

      トピ内ID:0603202491

      閉じる× 閉じる×

      その偏りが原因

      しおりをつける
      🙂
      wooo
      >昔と違って男性が仕事を最優先にする時代ではありません。

      男性には働かないという選択肢がほぼありませんから、優先性を語る以前の問題で、それしか道が用意されていません。
      個別に労働に対する考え方や働き方の強弱はあるでしょうが、現在でも男性が無職であるケースなんて全くと言って良いほど想定されていないでしょう。
      「バリキャリで高収入の奥様をお持ちで育児の大半を担っている」なんてほとんど存在しない家庭を例に「昔と違って男性が仕事を最優先にする時代ではない」なんて言っても信憑性がありませんよ。
      今も昔も男性が仕事を優先せざるを得ない状況にあまり変化はありません。

      >専業+扶養内の女性:今でも60%を超える
      >専業+扶養内の男性:1%もいない
      >ここなんか、是正しようとも均衡を取ろうとも思われていない。

      この偏りが是正されなければ、働く男女のライフワークバランスなんて取り様が無いんですよね。
      ほとんど働かずに養われている女性が6割もいるのに、働いている人だけでバランス取れって無理な訳で。
      スウェーデンの話が出ていましたが、かの国の専業主婦(というよりただの失業者としてカウント)はたった2%。
      課税も個人単位で税金を払わない人には当然あらゆるリターンがなく、配偶者を扶養するという概念すらない。
      平等な国のバランスってこうやって取られているんですがね。
      バランスは全体で取らなければならないという当たり前の理屈が分かっていない人が特に女性に多い。
      働く女性の足を引っ張っているのも、他国と比較して女性の社会的地位が低いのも、会社での立場や働き方以前にこの6割の層が原因なんですけどね。

      トピ内ID:1299162958

      閉じる× 閉じる×

      質問しても良い?

      しおりをつける
      💍
      う~ん
      >妊娠・出産以外は配慮しすぎも差別するのも良くないと思うのです。権利は男女平等に与え、男女平等に厳しく優しくするべきで、職種や研修、異動を男女で分ける必要ないのに

      こういう考え方だと、
      男性の異動に配慮する方向ではなく、
      女性も「妊娠・出産以外で配慮しすぎは良くないから」
      男性と同じように異動して貰おうって
      言われてもOK?

      トピ内ID:3648983965

      閉じる× 閉じる×

      女性だけ研修受けさせられるのがご不満なようですが

      しおりをつける
      blank
      たろすけ
      区別は、どうしたってあります。
      逆立ちしたって、男性は出産出来ませんから。
      その上で、一般職/総合職という明確な職制や給与体系の違いがないのであれば、管理職になるには、という研修が必要だと会社が判断した、ということです。

      本当に男女差なく、能力で登用されるのであれば、会社の研修を受けるまでもなく相応の知識を持って仕事に取り組んでいるでしょう。
      あるいは、逆に、一般職然、とした働き方を希望するのであれば、管理職はこういうことを考えて部下に求めるモノがある、と理解してもらうためかも知れません。

      入社10年、トピさんは30代、独身女性ですか?
      あなたが結婚して、転勤を命じられても、
      出産して子育てしながら転勤を命じられても、
      親御さんの介護があるのに転勤を命じられても
      応じることが出来るのであれば、素晴らしい。

      もし、あなたが独身で、ご自身のコトだけ考えていれば良いのであれば、
      家庭の事情で配慮があることが、そして、それを配慮されるのが女性が多いということにモヤモヤするのであれば、それはあなたに守るモノがないからだと思います。

      いえね、あなたが大黒柱で、パートナーが「よそのご家庭では女性がセーブするだろう」ことを引き受けてくれるのであれば、問題はないです。
      出産は女性しか出来ませんが、育児は男性でも出来ますからね。
      今は、両親揃っていても女性だけじゃなく男性も育児休暇取れます。
      法で女性が守られているのは産前産後休暇であって、育児休暇は男性も女性も取得出来る。介護休暇も同じです。

      男性でも、家庭の事情ではなく、一線にいたいから管理職を断った人を知っています。ご自身の体調からそれを望んだ人も知っています。

      退職された方、配置を配慮されたとしても、仕事を続けるより退職を選んだのではないですか?

      トピ内ID:2728393806

      閉じる× 閉じる×

      キャリア・職場ランキング

        その他も見る その他も見る
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0