詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    気になって気になって...

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💍
    やおっぺ
    話題
    地球上にある原子の数は一定ですよね。
    ていうことは、地球の質量は一定ってこと?
    ロケットで宇宙に飛び出せばその分減るけど、増える方は隕石がぶつかるくらいしかないですよね。
    地球上に人や動植物がどんなに増えても地球の重さは変わらないのでしょうか?
    とすると、人が増えた場合、その分何かが減ってるってことですよね。
    核融合でもしないと原子が変わることはないでしょうし、地球上で核融合が起こってるとは思えませんし、どうなっているんでしょう?

    トピ内ID:5624699211

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 59 面白い
    • 17 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    何基準かで変わるのでは

    しおりをつける
    🐤
    もそもそ
    専門家ではありませんが。

    人間視点で考えたら、増減も大きく感じるんでしょうけど、地球や宇宙視点ならさほど変わらない、むしろプラマイゼロなのでは?
    と思いました。

    地球を船とするなら、世界的人口数から見ると江戸時代から比べると増えてますよね?
    でも定員オーバーなのかは、人間にはわからないようにも思います。それに石炭、石油は地球の中から掘り出して消費してしまいましたから、その分の重量は軽くなってますよ。未だに新たなエネルギー源も増え、消費してますよね。食糧など色々問題があるけど、それは耐えきれないのでなく、人間が未熟だから起こってるとも考えられませんかね。

    あと植物、特に木々は確実に減ってますよ。毎年いくらいくら森林が減ってる、そのお陰で野生動物が絶命の危機って言われてるじゃないですか。それに野生動物も種類は減ってるし、数も確実に減ってます。恐竜のような大きな(重い)生き物もいなくなりましたしね。
    人間の計り知れないどこかで、重さのバランスは取れてるのでは?

    ま、人間の未熟さで地球さんに負担かけてると私は感じてはいます。水は洗い流すことができるので、雨や台風は浄化の一つだとかの意見もありますよ。だから近年は世界的に水害が増えてるのかも知れませんね。
    地球の浄化のために大雨がふる。昔はまだ大雨や、時々の台風で済んでた。それがその適度では足りなくなってきたから、台風も強力になり上陸回数も増えてるのかもですね。

    あと空気成分は比重が昔とは変わってるそうですよ。空気全体を100とするなら、酸素が減っているので、他が増えてますよね。現在の人間は昔に比べると摂取してる酸素も減ってるのだとか。

    専門家から見たら、定義とか見解があるのかしら。とても興味深いですね。
    またトピ主さんが気になった理由も興味あります。

    トピ内ID:8920827112

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    💍
    黒にんにく
    もそもそさん、早速のレスありがとうございます。

    >それに石炭、石油は地球の中から掘り出して消費してしまいましたから、その分の重量は軽くなってますよ。

    そうなんですが、燃えて出た二酸化炭素や他のガスは大気中を漂っていますよね。
    地球の重力圏を脱する分は皆無かと。
    原子の結合が変わって燃やす以前とは異なる分子になっただけで、原子自体は変わってないですよね。
    そう考えると(大気も地球)と考えると、本当に質量の増減はないんじゃないかと思えてしまうのですが、どうなんでしょうね?

    トピ内ID:1488589161

    閉じる× 閉じる×

    生物なんて、ふんわりスカスカだから、、

    しおりをつける
    🙂
    マット
    高校の授業以外に地学とか化学とか勉強したことないですが、こういう話題すきですわ。

    地球のデカからすれば、生き物なんて微小ですよね。なので地球レベルで言うと、生物増えたっていうのは、ちょっと地表の状態が変わったというか、色合いが変わったなぐらいのもんでしょうね。
    植物や動物の体はほとんど水だというし、それを包んでるタンパク質なんて鉱物に比べたらふわっふわの、スッカスカだし。

    生き物が増えたら、ほんの少し海の水やミネラルが減ってるんじゃない?

    トピ内ID:4738680931

    閉じる× 閉じる×

    地球上の全ては原子でできている

    しおりをつける
    🙂
    新月
    人間の体も原子でできていて、その一つ一つの原子は遥かな宇宙のどこかでかつてできた物であって、ひょっとしたら原子とその隣の原子がたまたま同じ場所の生まれで、「久しぶり!何十億年ぶり。」となっているのかもしれない、そういう話を聞いた事があります。

    食物や呼吸で原子を体内に取り入れて、体ができているんですから、人が増えた場合、その分食物が減ってるって事になりますね。

    地球の磁気圏ではじき切れない太陽から飛んでくる水素原子やヘリウム原子も少しは地球に入って来るのでしょうか。

    火球も結構降って来てますよね。

    宇宙空間から飛来する物質で地球に捕捉される原子も細々でもずっとあるので、微妙に増えてはいるのでしょうね。

    トピ内ID:6558260746

    閉じる× 閉じる×

    面白いですね

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >二酸化炭素や他のガスは大気中を漂っていますよね。地球の重力圏を脱する分は皆無かと。

    本か何かで「水素」が大気圏の一番上まで上昇したら、重力圏を脱出する分子も多い。と知りました。

    「水素 地球外へ」で検索したら
    ・宇宙に漂う塵が地球に降り注ぐ量:4万トン/年
    ・水素が宇宙空間に逃げる量:9.5万トン/年
    ・ヘリウムが宇宙空間に逃げる量:1600トン/年
    ・地球内部で発生する核分裂で減る質量:16トン
    ・差引き、約5万トン/毎年 地球の質量が減っているそうです。

    でも地球全体の質量から見ると極小なので、地球は続くそうです。

    >人が増えた場合、その分何かが減ってる

    「質量保存の法則」もあるので、当然そうなります。人間自体や衣服や道具、建物の原子は別の物質から調達しています。

    ニュアンスは異なりますが「現在見られる、イギリスの美しい草原」は産業革命以前からの「薪」の需要で森林伐採が進み、イギリスの気候では森林が再生せず、森林破壊の跡が「美しい草原」となっているそうです。

    産業革命で、薪の代わりに石炭がメインで利用されるようになってから、イギリスの森林破壊は減少したそうで。

    >人が増えた場合、その分何かが減ってるってことですよね

    結局はそうなります。

    ロボット3原則で有名なアシモフ博士の短編SFに、地球の人類が増えすぎ、人類維持のために動物はいなくなり、ペットを飼うのも禁止される社会が描かれています。(短編集「木製買います」収録の「2430年」)

    アシモフ博士も人類が増えすぎて、他の動植物は人類維持のためだけに管理されて存在している世界を描いています。

    >どうなっているんでしょう?

    何かが増えれば何かが減る。原子自体の変換はほぼないので、炭素、酸素・水素・窒素などの原子の総量に変化はなく、人間が増えた分、動植物や無機物が減るのだと思います。

    トピ内ID:1173778561

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0