詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    あなたが異国を去るとき,残るとき。

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    光輝
    仕事
    皆さま、はじめまして。カリフォルニアで大学に通う光輝と申します。私もこの秋から4年生。高校時代の一年間の留学を含め、アメリカの生活も5年目となり、ついに来年の6月には無事卒業できそうな所まで漕ぎ着けました。

    ここで大きな選択に直面しています。「このままアメリカに残るのか、帰国するのか。」私は続けていきたい勉強の内容がアメリカでなくてならない、というわけではありませんので、卒業を機にきっぱりと帰国するつもりでいます。

    しかし同時に5年間もアメリカにいたのに、という思いや、アメリカの生活から逃げているんではないかな、という葛藤があるのも事実です。(異国の地で生活は日本でのそれと比べて格段に大変でしたから。)

    そこで(小町読者には多く居られる)海外在住の方や帰国された皆さんにお聞きしたいのです。皆さんがその異国の地へいかれた理由、そしていつ頃、どんなきっかけでその地に残ること、または帰国することを決意されましたか?なぜ今まで、異国で(または日本で)頑張ってこられたのですか?そして今、幸せですか?ぜひ1人の若造に色んな体験談をお聞かせください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    異国を選びました

    しおりをつける
    blank
    もとれ~
    米国中西部永住野郎です。

    僕は子供の頃から親に殴られ育ったので、半分逃げ出す形で高校交換留学しました。 そして大学へと。 勉強だけ無理やりやらされていた地獄のような日本での生活に比べ、米国での生活は辛い時もありましたが、ずっと豊かなものでした。

    日本で就職ましたが、年齢によって決まった給料、無茶苦茶混んでる東海道線、参加必修の飲み会、どこにでも充満してるタバコの煙。

    嫌気が差してまた米国に戻ってきました。 米国14年になりますが、ここに来て良かったです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    アメリカは素敵だ

    しおりをつける
    blank
    マドンナ
    国際結婚なのでここに残る以外選択の余地がありません。
    アメリカに来て10年ぐらいはいつか絶対日本に帰りたいと
    思ってました。私、白人恐怖症なんです(汗)。
    日本に帰りたいけど帰れない、ジレンマに陥ってました。
    でも、ある日本人(在米10年、現在日本在住)に悩みを相談したら、アメリカに住めるあなたは幸せだよと言われて目が覚めました。私はこっちに来て苦労している人の話しとか聞いていたので気持ちがネガティブになっていたんです。よく考えると昔日本にいた時はアメリカに憧れている自分を事を思い出しました。
    それでなんかアメリカってかっこいいじゃない? なんて最近、惚れ直してます。初心に戻れた心境です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    家族に迷惑をかける可能性がありました

    しおりをつける
    blank
    とるめんた
    私は20代後半の3年弱を中東で過ごしました。住みたくて、自分で資金を貯めて遊学したのです。
    私が住んでいた国は、今はまだビザが甘く、観光ビザをお金で買って長期滞在することができます。それで、10年以上滞在している人も多いです。
    しかし、日本人ができる仕事がほとんど観光の仕事しかなく、それも、政情によって不安定。
    観光ビザで働いているので、保険も年金もなし(というか、そんなものが、元々国にあるのか???)。
    現地の人と結婚しているならまだしも、それもない状態で生活し、どうしょうもなくなって日本に帰っても、家族に迷惑をかけるだけと判断し、帰国しました。
    帰国後、新しい仕事のための勉強をはじめ、生活を立て直すのはなかなか大変ですが、後悔はしていません。
    まだお若いのですし、色んな選択肢が自分の目の前に広がっている・・・くらいに考えてみたらどうでしょうか。
    帰ってきたいと思っているのなら、一度帰ってきてみれば良いと思います。それでだめだったら、再度また、アメリカに戻る道もあると思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    残るのなら覚悟を

    しおりをつける
    blank
    カクタス
     残ることの賛美派ばかりなので
    もっと冷静になって欲しいと思います。

    アメリカに残るならば
    ・日本の親が病気になったときの対応
    ・年金は、市民権保持者よりもだいぶ貧弱
    ・当面のビザの問題の解決。ビザが貰えるならば
    何の仕事でもやるという覚悟か、特殊技能を
    持つこと
    ・日本に帰る可能性が少しでもあるならば
    日本での年金の問題

    実務的な内容だけでも、最低このぐらいは
    覚悟しましょうね。

    アメリカが豊かとか、かっこいいかと思う事は、
    個人的な感想に尽きません。
    が、意外にそういった「感覚」というものが
    一番のカギだとは思いますが。

    私は嫌ですね。自分が戻るところは日本です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ビジョンなし、、、

    しおりをつける
    blank
    成り行き人生
    卒業の見込み、御めでとうございます。若いのに、がんばったね!

    私は、むか~し、日本の大学を卒業して、アメリカの大学院へやってきました。そのまま、現地で就職、アメリカ人と結婚して、はや、20ン年もすぎ(!)今にいたっております。

    一応、現地で築いたキャリアもあり、家族(夫と子供)や、長い付き合いの友人達もいるので、私の住みかは、ここですが、でも、これって、私の計画したこととかではなくて、その時その時の選択の積み重ねでした。つまり、貴方の年ごろには、ビジョンがなかったんだと、この頃、思います。

    ーつづくー

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ビジョンなし、、、

    しおりをつける
    blank
    成り行き人生
    ーつづきーです。

    こんな私から、お若いトピ主さんへのアドバイスは、『10年後、20年後、40年後の人生』を想像してみてください。

    どんな仕事をしていたいですか? そこは、どこですか?家族は、欲しいですか? どんな家族ですか?
    その時、日本の御両親は、どんな風にくらしていますか?

    10代で、日本を離れてしまったのですから、多分、日本での生活を想像するのは、難しいのではありませんか? 帰国なさって、日本人の生活を体験するのは、貴重なことだと、あなたの決心に同感します。

    私は、日本へ帰るたびに、通勤電車の混み様や、友人達の主婦ぶり(退屈かつ、立派です)、マスコミのレベルの低さなどから、私は、もう、日本で住むのは苦痛だと、思っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    日本を選びました

    しおりをつける
    blank
    あか
    30代女性です。
    仕事の関係で、海外(東南アジア)に長期出張していた際、帰国予定日が近くなって、本当に悩みました。
    理由は、1)一緒に仕事をしていた現地の会社の社員に誘われたこと。2)現地で恋人ができたこと。3)その国が大好きになって日本より精神的に楽だったこと。

    結局日本に帰ってくることを選んでしまいましたが、理由は、まだ海外で一人でやっていく素地ができておらず、日本でもっと学んでからでもチャンスはある、と思ったからです(技術専門職です)。

    結局、日本に帰ってから外資系の会社に転職し、いずれその国の現地法人に転籍できる機会を狙っていますが、後悔はありません。

    でも、帰るとき現地の友人が見送りに来てくれたのですが、空港で抱き合ってお互いに大泣き、離陸のときも機内でぐすぐす泣いていましたけどね。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ずっと若いわけじゃない

    しおりをつける
    blank
    出戻り
    若いときはいいんです、アメリカ。
    でも40代くらいになるとだんだん体が日本を懐かしくなりますよ。

    それにわたしは日本食を食べずにいられる日本人って見たことがありませんが、やっぱり病気の時はおかゆがたべたくなったり、おにぎりがたべたくなる。
    チキンヌードルスープじゃないんですよね。

    国際結婚した場合、懐かしいテレビ番組や昔はやった歌なんかの話もできないし、過去を共有できないのってけっこうつらいです。里帰りも頻繁にできるわけじゃないし。それにやはり人種差別って根深いものがあります。

    あと、だんだん健康にも問題がでてきます。
    親が病気になったり、介護が必要になったり。
    そうなってから日本に帰国することになったら、年金などももらえない。仕事もみつからない。それにアメリカ生活になじんだ分、日本に適応するのが大変です。(かといってアメリカに戻りたいともおもわないのですが)
    そういうことも頭の片隅にいれておいてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    やはり在住権を

    しおりをつける
    blank
    フィノ
    もしかしたらとるめんたさんとお知り合いかも?
    私も同じような状況で滞在4年にして帰りました。
    帰国理由は、観光に打撃を与える大事件が起き、仕事ができなくなったからです。

    日本に帰り、働きはじめました。海外に出る前に取得していた資格があり、それに加えて、英語も生かすことができました(日本にいた頃はカタコトでした)。
    ところが、会社都合で契約打ち切り・・・。

    再び海外に出ました。はじめは半年の予定だったのですが、今では在住権も取っています。

    実際、自分が在住権を取得してから分かったのが、在住権なしで生活するというのが、いかに不安定なことか、ということです。
    はじめに暮していた国での状況と比べると、今住んでいる国の方が生活は楽ですが、当時は我ながらアルバイト気分もあったということは否めません。

    ひとつ言うとすれば、「30歳前半までに住む国を確定する」ことは重要だと思います。
    日本もそうですが、年金や保険などの積立は、年齢が高くなればなるほど状況が厳しくなりますから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0