詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    胃瘻歴10年の義父

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    すなっち
    ひと
    77歳の義父は糖尿病、脳梗塞で約10年前に胃瘻となりました。
    意識はあるもののずっと寝たっきりで身動きも出来ずしゃべれずやせ細り、今の状態は本当胃瘻で生かされてると言う状態です。

    ここ数年は肺炎で入退院を繰り返してます。

    10年前は私達夫婦も若く胃瘻の事も良く分からなかったので、元気になったら取ることも出来ると言う医師の説明にそれならばとお願いをしました。

    でもこんなに長く胃瘻が続くとはこんな状態を見守るほうも辛いのですが、10年も自分の口で食べることも出来ず寝たっきりで本人が一番つらいだろうなと思います。

    同じく長生きされてるご家族がいらっしゃる方とかいますか?


    因みに私の父も同じく2度の脳梗塞後に胃瘻となりましたが、その後2年で他界してます。

    トピ内ID:5971783735

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 3 びっくり
    • 20 涙ぽろり
    • 78 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    母は13年 遺漏しました。

    しおりをつける
    😍
    トマトン
    74歳で脳梗塞で倒れ 87歳で
    亡くなりました。

    意識はあるけど 理解できてるかは
    わからない。声は出るが 喋れない。

    側に住む 叔母(母の姉)が寂しく無いようにと 平日3回ほど。弟は週末休みの時。
    私は遠方なので年に4,5回。

    久しぶりに会えば 涙ぐむ母
    身体をさすれば 痩せ細ってるけど
    暖かさ。

    遺漏の良し悪しは 気持ち的に
    なんとも言えません。

    1つ助かったのは ある都市に住んでるので 該当するので手帳を母が持ってたので医療費は無料。オムツ代、寝具のクリーニング代等のみで 13年間でも 微々たる金額で 家族としては助かりました。

    母が亡くなる1年前に 叔母は認知症で施設に入りました。
    母が亡くなった事は 内緒にしました。
    が、 施設でご飯を食べなくなったんです。
    母と、叔母は双子でした。
    双子は何かを感じる。と、よく言われますが ホントにビックリ。
    栄養剤点滴をやってましたが
    「点滴も限界なので 遺漏をやりますか?」と、施設併設の病院先生から
    打診が。

    弟から「母親の13年は本人もきっと つらかったと思うから 遺漏断ろうと思うけど」と、相談され、断ろうと思ってました。
    (叔母には子供居ないので 弟、私で施設も探し、保証人)

    不思議な事に 急にとろみのある飲み物を自分で飲み始め、今では(2年経ちました)固めのお粥、おかず
    時々差し入れるプリンや果物まで食べれる様になりました。
    双子同士のお別れに 1ヶ月掛かったのかな
    と、思います。


    一度、遺漏を始めたら 止めるのは
    すごく難しくなりそうです

    私も 60歳代
    終活する時に 「遺漏になったら
    必要無い」は記入しておけば
    子供達に気持ちの負担はかけなくて
    済むかと思ってます

    トピ内ID:1146113758

    閉じる× 閉じる×

    胃瘻の覚悟が必要

    しおりをつける
    温泉
    私の父は80手前で亡くなりました。
    入院中、胃瘻について担当医からきかれ、私は拒否しました。

    迷いはありましたが、拒否の選択に後悔ありません。

    何故なら、トピ主さまのような状態になった時、10年経ったから長すぎるとか、2年くらいがちょうどいいなんていう回答はないと思っていたからです。ちなみに私も胃瘻の知識はたいしてありません。常識的な範囲のみです。

    胃瘻とは、そういうものなのです。
    一度選択したのなら、全うするしかないんです。


    トピ内ID:1968968369

    閉じる× 閉じる×

    意志があるのも大変。

    しおりをつける
    🙂
    ひまわり
     父が脛椎損傷、四肢麻痺で数年入院しました。胃ろうや、気管切開は数ヵ月で取りました。意志はありました。気持ちはと取り戻しましたが、特に趣味もないまま。それも意志でしたが。
     同室の患者さんは労災で損傷した人でした。医療費は不要で、年金もありますが。
     意志はあるけど、気管切開は外せないから喋れない、四肢麻痺、胃ろう、導尿、座ることもできず、僅かに傾斜をつけるのも制限があり、テレビも少ししか見れない。部屋を出て気分転換もできない。何とか楽しいことにならないかと思ったものです。
     15年くらいくらいその調子でした。

     家族も明らかな嘘で来れなかった言い訳して、そうなるのかなぁと思いました。

     長く胃ろうしている人や似た立場の人のグループ会もあるそうです。参考になります。社会福祉協議会聞いてみてください。
     施設入所も躊躇わなくていいとおもいます。今後の方針を医師と話し合ってはいかがでしょうか?

     私は介護の仕事をしてました。胃ろうではありませんが、意志がなく、全面要介護の方の介護をしていたことはあります。胃ろうはしない主義の施設、病院でしたから、どうにか食べて貰っていました。今なら胃ろうにするでしょう。口にスプーンを差し込むと、食べるんですよ。
     だから全く意志がない、喪失してるんじゃないなと、思いました。意志が無いようでも車椅子で散歩したり、話しかけたりして、時々反応があるのを支援しました。
     でも、家族に其れを求めようとは思いません。施設におまかせ時々面会でも充分です。

     私自身は胃ろうは全面否定はしません。
    残された時間を楽しむためや、手術の体力を付けるための胃ろうは有意義と思います。

     終活ノートには、回復が余程期待できないなら胃ろうは望まないと書きます。栄養点滴も望みません。

     

    トピ内ID:6072388299

    閉じる× 閉じる×

    お疲れ様です。

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    先日実父を送りました。

    特養に入所していましたが、栄養状態が悪くなり入院。
    先生から胃ろうの選択肢の提案をされました。

    元々は、他のレスの方々のように胃ろうはしない選択をすることにしてはいましたが、
    最終的には胃ろうの選択をしない訳にはいかなくなりました。

    引取り先がない、からです。

    パーキンソン病で全介助の必要な父を自宅に連れ帰ることは不可能ですし、特養に戻すには胃ろうが必要。

    ですが結果的には、胃ろうの手術が身体的に不可能で、そのまま入院させて頂くことになりました。

    面倒を見られる場所があるならば、胃ろうは作らなくても良いでしょう。
    看取りをやってくださる施設を探す、とか。

    難しい問題ですね。

    トピ内ID:5252924841

    閉じる× 閉じる×

    胃瘻30年

    しおりをつける
    🙂
    私の遠い親戚のおばあちゃんが胃瘻をして30年生きたそうです。老衰で亡くなったようですが、あと数年で100歳だったとのこと。
    たまたま親戚の葬儀でこの事を知り、大変驚きました。本人も家族も大変だったと思います。
    医者から胃瘻をしないとこのままでは危ないと言われれば、お願いしますと言ってしまうと思います。
    焦ってしまいますよね。
    まさか、親戚もこんなに生きるとは思っていなかったと思います。
    こういったケースもあるということをお知らせしたくてレスしました。

    トピ内ID:3490066844

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0