詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • 仕事
    • 30代独身、持病あり。1人で生きて行く為にはどうすれば?
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    30代独身、持病あり。1人で生きて行く為にはどうすれば?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    おりん
    仕事
    30歳、持病あり、非正規、独身の女です。 26歳~28歳まで精神疾患を患ってしまい、家に引きこもってしまいました。 精神的に落ち着きが見られてからは、また働き続けて行けるかどうか試すつもりでまずはアルバイト契約ではございますが事務員の仕事をし、将来的に正社員になる為転職をしようと考えておりました。 (現会社で正社員になれる可能性は無いそうです) しかし、働き始めてから身体の不調を感じリウマチである事が判明致しました。 リウマチは完治しない病気の為、この先ずっと病院にかかり続けなければいけません。 今は父親と2人で暮らしている為、アルバイトとしての給料で生活は成り立ちますが 親に迷惑を掛け続けるべきではないので、自立をすべく正社員での仕事を探すべきだと分かってはいるのですが学生時代に取得したMOS、日商簿記2級しか資格がなく、対したスキルが無い中 どう転職活動をして行くべきか分からなくなってしまいました。 リウマチになってからは、体力が落ち、少し重い物は痛みが生じ運ぶ事すら出来ず 身体を使った仕事は選ぶ事が出来なくなりました。 学生時代の資格では意味がないので、もう一度簿記の勉強をし直して派遣からでも経理の道を探すべきか、スクールに通ってCADの勉強をし、こちらも派遣から正社員への道を進むべきか。 何故もっと早く将来を見越して動かなかったのか悔やんでも意味がないと分かりながらこの先、どう将来を描いて行くべきか分からなくなってしまいました。 どうか迷い続けてろくに行動を起こせていない私に喝を入れ 可能であれば是非、アドバイスをお願い致します。 長文お読み下さり、ありがとうございました。

    トピ内ID:7140940454

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 10 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 165 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します
    並び順:古い順

    職業訓練

    しおりをつける
    😨
    さば
    離職されたのなら、ハローワークで職業訓練を聞いてみてください。 CADや医療事務などの講座があると思います。基本テキスト代くらいです。 お大事にね。

    トピ内ID:0659218975

    閉じる× 閉じる×

    お大事にお過ごしくださいませ。

    しおりをつける
    🙂
    ひつじ
    よく働きながら過ごされていますね。 私はトピ主さんとはまた違いますが、10代から持病が始まり 30代でふたつめの持病がありました。 長い時間をかけてようやく二つの病気について薬を処方して くださるかたを見つけました。かなり改善しています。 この間も休みながら働き続けていましたので、私なりに おりんさんのご苦労がわかります。本当にお疲れ様です。 資格を持つのはとてもいいですね。これからも資格を持つのは とてもいいと思います。CADなのか、経理なのかは、おりんさんの 好きなこと、あるいは得意なことで選ぶ、また将来性があることも 考えるのが大事かなと思います。 私の場合でいえば、社会人になったあと、専門学校に入り、 資格をとりました。ハローワークの社会人向けサポート (名前を忘れてしまい増したが)を受けて経済的負担をいくらか 減らしていただきました。 あと、リウマチですが、私は素人であり医師でもないのですが、 かつては治る見込みの少ない病とはいわれていましたが、現在は治っている かたのお話しをよく聞きます。一番は温めることと聞きます。 図書館などで関連する本を見つけられてもいいのでは? 私は健康に自然興味を持つようになったため、雑誌やIEで 口コミやよい治療家のかたがいるとチェックしています。 私が病気になったころにはIEがなかったのでとても大変でしたが、 今は探すのがとても楽になったと感じています。そのようにして 今の主治医を探しました。 お大事にしてください。

    トピ内ID:7984106770

    閉じる× 閉じる×

    仕事を選ばない、多少は辛くても働く、節約する

    しおりをつける
    🙂
    何が何でも生き抜くぞ
    どうすれば良いかと聞かれても、結局はタイトルのことしか言えないし、生活のために働くなら皆そんなものでしょう。子どもや配偶者を扶養しなければならない立場なら、持病や不調があっても何とかギリギリでコントロールしながら働かなければならないし。 自分にはどう頑張っても出来ないことや、やっていたら倒れる、持病が確実に悪化(一時的ではなく長期で)するほどの事でなければ、仕事を選ばないことがまず自立への第一歩でしょうね。人間関係だの、資格を生かすだの、やりがいだのはもう忘れて良いレベル。苦手とか気分が悪いような業務があっても、仕事だと割り切る。 私も、どうしても苦手で仕事じゃなければ絶対に無理!という状況で、泣きながら吐きながら仕事したこともありますが、死にはしません。現実的に、人が死ぬレベルの仕事ってそうそうありません。むしろ命の危険がある仕事は、そ 特殊な技術や資格を持った方が携わる重要なお仕事が多いですよね。 現実問題として、やればできる仕事なら、好き嫌いや多少の苦手意識はかなぐり捨てて仕事を得ましょう。まずは、そこからです。 そして、収入が少ないなら節約です。とことん、節約です。 それでも、持病の悪化などでどうしても生活できなくなったら、自力で動けるうちに役所に相談して福祉的な支援を受ける。日本では、本当にどうにもならなければセーフティネットがあります。生きていくことは、出来ますよ。

    トピ内ID:2713455441

    閉じる× 閉じる×

    答えは自分で見つけるしか無い

    しおりをつける
    こと
    この世には選択肢は多種あり、その中で何が自分の道となるかは自分の意志や選択によって決まっていくものです。ですから、やってみよう、やってみたい、興味が持てる、という仕事の中で、最も抵抗感のないものを選んでみるのがよろしいかと思います。 行動を起こせば起こすほど、それまで気づけなかったり、知らなかった新しい道が開けていくものです。逆に言えば、考えているだけではものごと進展しません。ですから、自分にあまり負担をかけない範囲で、できることを一つずつやってみるとよいと思います。 誰にとっても未来は未知ですから、不安を募らせようと思えばいくらでもできてしまいます。だから、自分の心が不安とか恐れ、落ち込みに流れていかないよう、いつも自分を見ていてあげることも大切です。未来に対して、不必要な不安を生じさせないための最適な方法は、今に集中すること。今できること。今自分に与えられている可能性、選択肢。今にしっかり集中していくことは、大切です。 さて、ご病気のことですが、私は医学を否定するつもりはありませんが、現代医学は完璧ではないというのもまた事実です。リウマチは治らないとあまり断定的に決めつけてしまわず、改善もあるかもしれないという希望は捨てないでいてください。私事ですが、私は十代の頃難病指定されている病気にかかり、治療法はない、生涯治らないと言われましたが治りました。10年闘病しましたが、その後は一切再発もせず、現在とても健康です。治らないと言われていた病が治ったケースなど、探せば珍しくもない話だと私は思います。 トピ主さんは自分に厳しすぎる面がおありではないですか?こんなんじゃだめだ、なんでできない、といった厳しい目線で自分を見ることをやめるだけでも、色んな改善を得られるのではと思います。もっともっと自分に優しく、自分を大切になさってみてください。応援しています。

    トピ内ID:0562121237

    閉じる× 閉じる×

    正職員ができるとは限らない

    しおりをつける
    おそらく同じ精神疾患で、30代から働き始めました。運良く資格を持っていたので、正職員として働くこともできました。 しかし、持病のため、正職員は精神的にも体力的にも負荷がかかり、結局、今はパートに戻しています。 私や、同様の「持病で働けない」知人達は、子供がいらない男性と結婚して家事担当というパターンが多いです。 家事は夫婦で分担する時代ですが、「家事はムリ」とか「仕事が大変なので、できれば家事やりたくない」という男性もいますから、そういう方を探されては。 婚活的には、30歳ならまだ遅くはありません。

    トピ内ID:3039527300

    閉じる× 閉じる×

    淡々と

    しおりをつける
    akiron
    俺も「何が何でも生き抜くぞ」さんと同じ意見です 自分の辛い状況をいくら訴えたところで、せいぜいもらえるのは同情まで そりゃそうだよね、誰だって人の面倒を見るほどの余裕はないもんね 自分が雇用側になったつもりで考えたら分かるよ 同じ資格を持ってる人が二人面接にきました 一人は元気ではきはきしていて、健康そう もう一人はなよなよして頼りない、持病がある 採用枠はひとつなら、答えも一つだよね そしたら、自分に出来る事は何かって言えば 弱みを見せない事だよね 健康上の事を隠す必要も大っぴらに言う必要もない ただ、痛もうが何だろうがシャキッと毎日を過ごす 特に大事な場面ではね 非正規であることに不安があるなら、正社員になれるまで 転職活動をすると良いと思います 今の仕事は淡々と続けて、並行して正社員の募集を探す 自分が想像しているよりはるかに、色んな道がある筈です 持病が重病なら、支援してくれる制度や補助金なんかも探したら良いと思います(そんな支援がないなら、その程度の病気って事です) それと、勉強も運動もした方が良いし続けなさい 持病がある身でそれは辛いですか? 想像した事ありますか? 自分の隣で普段にこにこしている人が、自分より辛い人生を歩んでいても 何一つ愚痴らず、淡々と毎日を乗り越えてるかも知れない事を 辛さは人それぞれです、なので乗り越え方も人それぞれです

    トピ内ID:4917458688

    閉じる× 閉じる×

    とにかくお金

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    私も、非正規、体弱いで生きてきた独身男ですが、なんとか生き延びています。 若い時のことを振り返ると、自分なりに節約を考えて、お金を貯めてきたのがよかったと思います。 お金さえあれば、生きていくことはできますからね。 ということで、アドバイスできることとしたら、できる範囲でできるだけの収入を得ること、できる限りの節約をすることですかね。 病気やけがをすると、びっくりするくらいのお金が飛んでいくので、体には気を付けてください。 あとは、病気や介護、低収入の人には、けっこう手厚い補助がありますから、そのあたりの情報も手に入れておくことですね。 トピを読む限り、そんなに大変でもないように思いました。 がんばってください。

    トピ内ID:6005010193

    閉じる× 閉じる×

    元設計してました

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    CADでは正社員の道は厳しいと思います。 理由は、設計する人はほぼCAD扱えますが、それを「早く・正確に」分業するために派遣さんに頼むからです。 そして、建築・土木・設備・機械、いずれであっても専門用語が理解出来ないと難しいです。おそらく、定時はあっても残業も多いですよ。 現状でも、派遣登録をしてみてはどうですか?

    トピ内ID:5461416957

    閉じる× 閉じる×

    CADスクールは無駄。

    しおりをつける
    🐧
    業界のカワウソ
    CADを使う業界にいます。 おじいちゃんな年齢の人も適当にいじくりまわして覚えるので わざわざお金を出してスクールに行って覚えるものではありません。(職訓の無料ならばアリかなぁ・・・) 行きたい業界などの知識があれば別ですが「CADが使えます」じゃ何の売りにもなりませんし 無料でダウンロードできて中小企業なら結構使っているCADがありますし 無料故皆さんよってたかって使い方をネット上で討論しておりますし困ったら検索して下さい。 使い方講座もいっぱいあるのでCADに興味があればいじくりまわして覚えてください。 CADは特別なものではなく「鉛筆持てますよ~」ぐらいなものです。 まぁ30年ぐらい前ならウリになったかもしれませんね。 簿記1級を勉強する方がCADより可能性高いのでは?と思います。 (簿記については正直詳しくないので詳しい方お願いします) 知り合いで20代前半にある会社に入社したのですが簿記ができないという理由で首切りにあった人がいます。 どんな小さな会社でも簿記は必要ですので一般事務+簿記1級はCADよりは武器になると思います。 建築・土木・設備・機械系の小さい会社に就職したいなら 一般事務+簿記1級の応募で「私CADもできますよ~♪」みたいのは ちょっと「お。」ってなる可能背はあるので簿記1級を取得の上CADも独学でやってみるはどうでしょうか? ただ他の方も書いていますが建築・土木・設備・機械は残業がアホみたいにありますので体壊しますよ。 特に小さい会社だと毎日徹夜!とか平気であります。 体壊したりうつ病になって辞めて行った人を何十人と見ています。 他の方も勧めていますが現状で登録だけはしてみては?

    トピ内ID:3586000500

    閉じる× 閉じる×

    エール

    しおりをつける
    🐱
    うちの娘のことになりますが、大学院ドクター課程で精神疾患を患いました。 26歳からの3年。今も服用しておりますので過去にはなっていません。 が、就職してまた発症して三年が経つ今、自立して自分で何とか生きていこうと試行錯誤している姿は、我が子ながら根性あるなーなんて思って見守っております(苦笑) 5年前の自分を鑑みたら今のご自身を想像してなかったでしょ? ってことは5年後の自分だって不安に思って今、色々と考えても想像でしかありません。 リュウマチの診断を受けたとのことですが、完治はなかなか難しいにしても、ご自身の体調と向き合いながら、少しずつできる範囲でお仕事をされて行かれたらいいのではないでしょうか。 お父様はなんて仰ってるのでしょう。 うちは母子家庭で私は起業しており自営業でそれなりに暮らしておりますが、 娘に迷惑をかけらたなんて微塵も思っていません。 健康でも子供には心配がつきもの。 ましてや病気であれば心配しかありません。 どうぞ、体調を最優先に焦らず、親に頼れるうちは頼ってくださいませ。 ちなみにリュウマチになった友人は、最初は大量のステロイド剤を服用しておりましたが、今が食事療法などでかなり改善しています。 誰だって、加齢とともに持病と言われる症状は持っています。 キャリアについてのお話でその回答にはなっていませんね。 ごめんなさい。 お身体を大切に。 応援しています。

    トピ内ID:6810125944

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]