詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ピアニストに嫉妬してしまいます

    お気に入り追加
    レス183
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    おんぷ
    話題
    お読みいただきまして、有難うございます。

    私は音楽が好きで、以前はよくコンサートに行っていました。

    でも、ある時から「この人たちは、親に習わせてもらって、音大などに行けたから、できるんだ」って嫉妬の気持ちでいっぱいになりました。

    私は、貧乏な田舎育ちで、ピアノを習いたかったのですが、親に何度頼んでもやらせてくれませんでした。

    ピアノを習っている友達が羨ましかったです。

    もちろん、ピアニストは才能や、努力など、大変な思いをされているのは承知です。

    幼いころから習ったとしても、ピアニストになれるのは、一握りでしょう。

    でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。

    やって、才能がない、不向きだと分かったのと、全くやらせてもらえなかったのとは、別だと思います。

    大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません。

    トピ内ID:7389325410

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 64 面白い
    • 743 びっくり
    • 23 涙ぽろり
    • 142 エール
    • 13 なるほど

    レス

    レス数183

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    仕方のないことってあるから

    しおりをつける
    🍴
    アップルパイ
    世の中ね、あなたもわかっているとおり努力でどうにかなることと、何をどうしたってどうにもならないことってあるんですよね。
    あなたがピアニストに嫉妬するその気持ちは後者だと思う。

    なので。音楽が好きでもそんなドス黒い感情が湧き出てしまううちは、少しその音楽から離れたほうがいいと思います。
    きっと一生は続かないですよ。
    歳を重ねていくうちに上手く折り合いつけれる日がくると思うんで。

    人間は生まれながらにして平等ではありません。これが現実。
    手にしたカードでどうよりよく生きていくかを考えるのが賢明です。
    あなたが嫉妬するピアニストが手にできなかったものをあなたが実は持っているかもしれませんよね。

    トピ内ID:0861715661

    ...本文を表示

    結局は自分次第

    しおりをつける
    🙂
    酔っ払い狸
    トピ主さんの仰っていること、ちょっとわかるかも。

    私は大人になってから英語を本格的に勉強しましたが、その当時は帰国子女の人が羨ましかった。 親の仕事の関係などで、子供のころから外国で過ごせて語学も身に着けられる機会が与えられて、なんと恵まれているんだろうと思っていました。

    今になってみれば、帰国子女という立場ゆえの苦労や、語学力を維持していくのも相当な努力が必要だというのも理解できるようになりましたが、当時は、苦労しなくても発音も完璧で、流暢に話せるようになっていいなー!と単純に思っていました。 

    そして、私は中年になってからピアノレッスンの動画を使ってピアノを学び始めました。とても楽しいです! きちんと会費を払ってアプリをダウンロードして学べるサイトです。 大人になってから学ぶ利点は、自分のペースで好きなように学べること。音大受験やプロを目指すわけでも、誰かに聴かせるわけでもなく、自分が満足するレベルで、とにかく楽しく弾く、ということを目標に好きなポップスの曲を弾いたりしています。 

    トピ主さんが、ピアノを習い始めてみじめな思いをしてしまった、とありますが何故でしょうか? 思うように上手く弾けなかった、自分よりも腕が上の人と比べてしまった、などが理由なのでしょうか? せっかくやる気があったのに勿体ないな、と思いました。 もしかしたら、先生や教室が合わなかっただけかもしれません。 独学でやってみるのはいかがですか? 習う、というよりは、学ぶ、という姿勢で。

    語学もピアノも、整った環境があればそれに越したことはないけれど、それより大事なのは、自分のやる気と努力なんだなと実感しています。

    トピ内ID:3262603385

    ...本文を表示

    嫉妬はそれだけ?

    しおりをつける
    🐤
    ミチコ
    ピアニストだけに嫉妬していますか?

    他の人は?

    美人とかスタイルのいい人、仕事ができる人とか・・・

    嫉妬や妬み僻みは上手く付き合っていけばとても良い結果に結び付くのですが生かし切れていませんよね?
    大人になって習う機会があったのに挫折してしまった?
    多分、子供のころやっても無理だったと思います。

    親のせいにするのはとても簡単ですが、自分で努力もしましょうね。

    あ、そうだ、松任谷由美さんのモノマネが上手いミチコさん、あんなにピアノが上手いのに家にピアノが無かったんですって。

    トピ内ID:3969018169

    ...本文を表示

    それちょっと違う気がする。

    しおりをつける
    孤高の月
    特技がないのは親のせいなんですか?
    特技って、親に習い事させてもらった人だけが持ってるもの、という前提ですね。
    世の中、教室や学校に通わず自力で努力して特技を身につける人だっていますよ。
    ピアノを子供の頃から習っていたら上達したはずなのに、習わせてもらえなかったから大人になって習っても上手になれなかった、って事ですか?
    それ、子供の頃から習っていたって上達できなかったと思います。
    私事ですが、プロの漫画家、そしてイラストレーターにもなりました。
    教室や学校には一切通っていません。
    母が誰かにその事を言った時「学校にも通わないでプロなんかになれるはずがない」と言われたそうですが、トピ主はこの人と同じ考え方なんですね。
    実際学校に通わずともプロになりましたけどね。
    漫画家のみならず、商業イラストレーターにもね。
    自分の今の境遇を人のせいにしても、人生は変わりません。
    そうやって親を恨んで、人を妬んで、私には何もない、とふてくされていてもみじめなだけでしょう。
    それではせっかく好きな音楽だって楽しめませんよね。
    特技がありません、という事ですが、それでどうしたいのですか?

    トピ内ID:2942451260

    ...本文を表示

    耳は?

    しおりをつける
    blank
    マース
    トピ主さん、耳はいいのでしょうか?いくらピアノ弾くチャンスがあっても肝心の耳がなかったら悲惨ですよ。習ってたら習ってたで、また新たな羨みが生じていたと思います。今までその様な類いの事に巻き込まれなかったんだから、ラッキーと思いましょうよ。

    トピ内ID:3829452842

    ...本文を表示

    人間的と言うこと

    しおりをつける
    blank
    のんき
    子供の頃から鍛練が必要な事が増えていますね。

    伝統的には、歌舞伎役者、ピアニスト。

    新しくは、フィギュアスケート、将棋棋士。

    そのような方々は、ご自分を、どのように思われるのでしょうか。

    特権意識?

    私には、そうは思えません。

    なぜなら、歌舞伎の内容は、とても人間的だからです。

    音楽も、人間の表現であり、ピアニストに求めれるものも、人間理解だと思います。

    トピ主様は、トピ主様で、それを見つけられたら良いのではないでしょうか。

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    うちの子、友達に習って弾けるようになっていた

    しおりをつける
    🐶
    わんこ
    幼稚園の時、ピアノを習いたかったようですが
    当時我が家は史上最強の緊縮財政を引かなければならず
    ピアノを始め、習い事にかけられるお金などゼロでした

    普段、バス通園だったのですが
    何かの用でお迎えに行った時に
    お母さん、見て~と幼稚園のオルガンを
    両手で弾き始めました

    仲良しのお友達に教えて貰ったの~と嬉しそうに何曲も弾きました
    正直すごいなと思いました

    それを見てピアノを習いにとはいかないのが
    我が家の財政
    夫と話し、考えた結果、ロールピアノをクリスマスのプレゼントにしました

    その後もピアノを習わせてあげられることなく
    小学4年生になり、家の近所の音大生のお姉さんが
    格安で教えているという話を自分で聞きつけ
    やっと習えるようになりました

    音大生の先生が就職で引越してしまい
    またピアノは習うことができませんでしたが
    現在、仕事で園児に両手で演奏しているみたい
    一度習得したものは何とかなるもんですね

    そんな娘の一番の特技は泳ぐことです
    小学2からスイミングに通い
    主要な大会には全部出場できるようになりました

    引退してからも市民プールに泳ぎに行っているのですが
    先日おじいちゃんが娘の泳ぎを見て
    ちょっと泳ぎを教えて貰ってもいいかな?と言われ
    少し泳ぎを見てアドバイスしたのですが
    そのおじいちゃんは70歳過ぎて自力で動作サイトで研究して
    やっと泳げるようになったと言っていましたが
    娘曰く、すごい!大人になってここまで泳げるのってと感心していました

    私の特技は料理と手芸ですが習ったことはありません
    好きなことを好きなだけしましょうよ

    トピ内ID:8504624091

    ...本文を表示

    鍵盤ハーモニカや縦笛は好きでしたか?

    しおりをつける
    💡
    匿名
    ピアノを大人になってからやってみたとき、思ったより簡単ではないと気付きませんでしたかね?
    小さい頃から習わせても続かない子がほとんどだと思います。それこそ、才能があれば、学校のピアノなどを借りてでもやろうとするんじゃないでしょうか。
    そうそう、鍵盤ハーモニカや縦笛は教材として全員持ってたと思いますけど、好きでしたか?家でも練習したり、演奏を楽しんでいましたか?楽器演奏が得意な子は、そのへんからして違うんですよ。我が子が、鍵盤ハーモニカを見事に演奏していたら、こりゃあ才能あるって親も思うんじゃないでしょうかね?

    >習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません。

    親を恨んで一生終えるつもりですか?
    今からでも始めましょう。先の人生のほうが長いです。

    トピ内ID:8195719863

    ...本文を表示

    何に嫉妬しているのでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    のんき
    >でも、ある時から「この人たちは、親に習わせてもらって、音大などに行けたから、できるんだ」って嫉妬の気持ちでいっぱいになりました。

    トピ主様は、ピアニストの何に嫉妬しているのでしょうか?

    名声? 収入? 生きがい(得意なもの)をもっていること?

    どれも違う気がします。


    >私は、貧乏な田舎育ちで、ピアノを習いたかったのですが、親に何度頼んでもやらせてくれませんでした。

    親から受けた愛情の量でしょうか。


    >私は音楽が好きで、以前はよくコンサートに行っていました。

    それなら、コンサートに行かなくなった?ことも頷けます。


    今は、ご両親の事を、どのように思われているのでしょうか。

    私は、太宰治「桜桃」の中にある「こどもより親が大事」、このセリフで、親が生活に必死だったことが理解できました。

    トピ主様のご両親にも親があり、そして、トピ主様と同じ思いをしたのかも知れない。

    あるいは、ご両親の固有の思いを抱えて生活してこられたのかも知れない。

    きれいごとではなく、それを想像することがトピ主様の苦しみを軽減することになればとの思いで。

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    同感です

    しおりをつける
    blank
    アキアカネ
    私の場合、音楽ではなくて絵画のほうですが
    トピ主さんと同じように感じます

    親に許されてなんとなく美大に行かせてもらって
    大学3年まで、のほほんと遊んでいて
    卒業制作でようやく、絵を描く楽しさを知り
    その後、大学院にまで行かせてもらい
    卒業後すぐに、海外へ箔を付けるために短期間旅をしてスケッチ旅行
    これ、全部親のお金だそうです

    帰国後、色々あったんでしょうけど
    今は人様から先生と呼ばれて講師になっています

    私だって、美大にいきたかったし絵描きを夢見ていた
    美大に行けていたら必死に頑張ったと思う

    教室では、ほぼ講師としての役割もこなさず
    歩き回ってうなずいたりしているだけの講師を見ていると
    なんだか、本当にこの世の不平等感を感じます

    もう辞めたから、いい加減スッキリしたいけど
    この世には恵まれた環境で、恵まれた人生を送る人がいるんですよね

    私も独学でそこそこ頑張れたので
    美大に行っていたら…と思います

    嫉妬、確かに嫉妬しちゃいますね
    講師を見ると苛々してましたから

    トピ内ID:6059026586

    ...本文を表示

    習わせて貰っても駄目だったでしょう

    しおりをつける
    🙂
    母2号
    習い事させて貰えなかったから特技がない
    とか
    大人になってから習ったけど、みじめな思いをしたから辞めた

    なんて、人は
    子供の時からピアノを習っても、ピアニストになんてぜーーーーったいに成れていませんので、ご安心下さいませ。

    ピアニストになる人は、ピアノを習ってますレベルの子供時代ではありません。小さい頃から猛練習、猛勉強、新幹線に乗ってくたくたになりながらもレッスンに通い、コンクール入選していきます。大人のメンタルでみじめだとかで辞めてしまう甘ったれの根性なしでは、過酷なレッスンをこなし、コンクール予選を勝ち抜いて行きませんから。まだ、ピアニストの卵の人でも、中学生くらいには、その世界では知らない人がいないくらいの人しか、ピアニストにはなってしません。

    オリンピック選手の殆どが、小中学生から有名なのと同じです。

    そして、特技程度のもの、習い事でなくても充分身につけられる人はゴマンといます。趣味程度で、センスがよくて努力家であれば、習わずとも可能です。

    お金よりも、勝つまでやめないくらいの根性のない人は駄目です。みじめな思いをした事のない成功者なんていません。そこで諦めた人は、成功する資格を自分で捨てたってことです。

    トピ内ID:1566670616

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    姑世代嫁
    『親のせいにして』ピアニストに嫉妬して、何か変わりましたか?

    後10年間ほど、そうやって親の恨み、嫉妬してたら、何か変わりますか?

    いつまでも、そんな(おばかな)事、言っていても、何も変わりませんよね。

    トピ主さんが何歳だかわかりませんが、特技を身につけたかったら、今から何かやりましょうよ。

    私の母は、私達子供が全員家を離れた頃から(彼女が60歳頃でしょうか)、色々な事を始め、今90歳ですが、(小さな)仏像など彫っておりますよ。まあ、素人ですから大したものではありませんが、「『90歳で』これだけやるのは凄い!」と褒められ、特技となってます。

    日本女性は長生きですから、トピ主さんも後、50年位あるのではないですか?プロになるわけでも、オリンピックにでるわけでもないのですから、何か始めて楽しみましょうやー

    トピ内ID:3514129671

    ...本文を表示

    音楽鑑賞大好き弾くのは地獄

    しおりをつける
    😑
    クラクラ
    才能ある人に出逢うとハッピーな気持ちどころか、もう興奮してうきうきしてしまいます。
    弾いても幸せ?私は逆でした。ピアノが嫌で嫌でたまらなかった。あまりにも嫌いなのでサボってばかりいました。
    親にもサボっていることがバレで怒られての繰り返し。
    本当はピアノよりもしたい事があったのに言えませんでした。
    当時100万円相当もするピアノを「私も習いたい」と言った為に親は購入した。
    しかし…才能なし。譜面読みと練習が苦痛に…。人様の前に出て何かをしなければいけない発表会は何かの拷問?状態で。もう悲惨でした。

    楽譜を見ていると頭痛がしましたし、音色はイライラしたものでもはや騒音。時には乱暴で…。近所の方、ごめんなさいと今謝りたいです。
    やはり好きな子は上達も早いですし、天性の才能がある。

    レッスン嫌いだったわたしは、ピアノだけは子供にさせまいと誓ったものです。
    さあ!弾いてごらんなさい今からでも。
    向き、不向きってあるのです。芸術は!
    好きでも得意でなかったら…得意でも好きでなかったら、地獄です。先生も般若みたいな顔で怖かった…。

    トピ内ID:8295304761

    ...本文を表示

    憧れのままのものがあることも良いことです。

    しおりをつける
    🙂
    きき
    私は親に頼んで頼んで習わせて貰いました。
    小さい頃はピアノが好きだったし、習っていなくても弾ける曲が沢山あり、「習っているくせに弾けない子もいる。私の方が上手」と自信がありましたし調子にものっていました。確かに習って中学生頃まではトントン拍子、コンクールに入賞したりピアニストになりたい なんて思った時季もありました。
    でも、10年以上習ったことのある方は分かると思いますが その先はとても大変。
    だって「才能ない」と思った人は皆小中学のうちに辞め、残ったのは皆「それなりに才能のある人」そこから抜きん出るには 恐ろしい程の練習、試練、入賞もなく、演奏前には手が震え自信をなくし…それでもそこで演奏するために、僅かでも自分に自信を持ちたくて皆何時間も何時間も更に練習していくようになるのです。そんな中で天性の才能と努力、環境等が合わさって更に運もある人がピアニストになるのです。本当に少ない一握りの人です。
    私は大学卒業とともにピアノは辞め、現在趣味として弾く程度です。私も誉められていた中学頃に「受験のために」と言ってピアノを辞めておけば良い思い出だけで もっとピアノに良いイメージを持てたかもしれません。
    挫折感を味わうよりも 憧れのまま…「もし習っていれば私も今ごろピアニストになれたかも?」と想像する方が幸せではないのか?と私は本気で思います。

    トピ内ID:5165633183

    ...本文を表示

    逆の立場で

    しおりをつける
    blank
    のんき
    随分と昔の話しです。

    家元制度に反対して、歌舞伎に対しても、同じ趣旨で、批判をしていた俳優さんがいらっしゃいました。

    私も、若かったものですから、平等とは、などと結びつけて、あれこれ考えたことを覚えています。

    歌舞伎の始祖と言われる出雲阿国は、世間から羨ましがられる存在ではなかったし、それを求めた訳でもなかった・・・。

    著名な女形の方は、歌舞伎役者の家生まれでいらっしゃる訳でもない・・・。

    あれこれ考えたすえ、結局、自分がその立場にいない(いなかった)ことに抗議をしているだけで、普遍化はできない、そう結論を出しました。

    トピ主様に質問です。

    もし、トピ主様がピアニストになっていたとして、今のトピ主様と同じ気持ちを持っている人に、なんとおっしゃいますか?

    私は、親にもらったものだけで生きている人がいるとしたら、その人は、不幸だと思います。

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    全員が自ら希望して習い始めた訳ではない

    しおりをつける
    🙂
    まるまる
    ピアノ、バイオリン、この辺が王道だと思いますが個人的な体感では半分以上は親の希望で始まります。

    楽器は向き不向きが大きいなと見ていて思います。向いていないのが明らかなのに止めさせてもらえない(特にピアノ)友人を何人か知っていますが辛そうでした。

    大人になり習ってみて向いていなかったのであれば少しは溜飲も下がったのではありませんか?
    嫉妬が止まらないのはなぜでしょう。ピアノの問題ではないように思います。

    私も親の都合で海外で育ち外国語を習得している友人は羨ましかったです。
    けれど彼らなりの悩みもあるようです。

    人との距離感がつかめず馴染めない。子供の頃に流行っていたものが共通しない。漢字が苦手。いじめられていて良い思い出がない、など。
    隣の芝生は青いですね。

    「好きこそ物の上手なれ」これは至言です。
    ピアノに執着するのを止めて、今からでも好きなことを始めたらどうですか?
    決して得意にはなれなくても熱中できることが1つでもあれば人は幸せになれると思います。

    応援しています。

    トピ内ID:1928652034

    ...本文を表示

    学校の音楽の授業は受けてますよね?

    しおりをつける
    😍
    キャロツト
    >でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。

    日本は、国民皆がピアノの習い事をする国ではないです。
    その代わり義務教育を受けます。音楽の授業もあります。
    ピアニストになるくらいの力量の方は、その時点から抜きんでてますよ。

    >やって、才能がない、不向きだと分かったのと、全くやらせてもらえなかったのとは、別だと思います。

    音楽室で自主的に練習でもしましたか?
    ピアニストになりたいという情熱が幼いころからあれば、
    そのくらいの行動に出るでしょう。
    習ったとしてコンクール参加の費用を誰が出すのですか?


    > 大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    大人になって習った、出もダメだった。もともとピアニストになれる才能はないと証明がされたわけです。



    >習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません

    勉強はしてきませんでしたか?勉強が得意な子もいますよ。
    学校の授業の中で、得意なものはないのですか?
    それは何故でしょう?習わなかったから?

    人のせいにしすぎです。
    ならば、貴方が親になったとき、世の中のすべての物を、
    お子さんに習わせてあげますね?
    習わせていますか?何をです?

    トピ内ID:4357546690

    ...本文を表示

    私はトピ主さんの気持ちわかりますよ

    しおりをつける
    🙂
    かたつむり
    親が幼稚園の音楽教室に通わせてくれましたが、当時は親の経済力では電気オルガンしか買えず、ピアノを買えたのが、私が中2の時でした。テレビでみたピアニストに憧れていきなり自己流の練習を始めましたが、親には「音楽は趣味に留めておき」と言われました。私の場合は手も小さく、才能もないとわかっていたし、私だけに教育費を掛けるわけにいかなかったので、なんとしても音楽をやりたいと強行することはなかったです。

    でもどこかで音楽を真剣にやりたかったという気持ちはずっと残っています。数年前、音楽家の方のブログで、第一志望の音大に入れなかったもののすごい苦労をしてプロの演奏家になったという話を読み、それも親が音大を受験させてくれるだけの援助をしてくれたからのことじゃないの、とそれはすごい嫉妬を抱きました。

    3年前から思い切って、自分のお給料から月謝を払って、ピアノを習っています。アラ還なので、手もなかなか動きませんが、ようやく真剣に音楽を習えるので充実しています。

    ただ、今度は別の分野のお教室で、若いときからずっと活動してきて、今も華々しい活躍をしている人にすごく嫉妬しています。これは親の経済力に関係なく、自分が若い頃にやってこなかったことなので、親のせいにするわけにはいかないのですが、ないものねだりをしてしまうものですね。自分でも情けないと思います。親に経済力がなく、あきらめることが多かったせいか、親に褒められたことがなく、自己肯定感がないせいですかね。

    嫉妬する時間があれば、進歩するために、こつこつ練習するしかないと自分に言い聞かせています。

    トピ主さんも特技がないとおっしゃらずに、なにか始めてみられてはどうですか。

    トピ内ID:3698946145

    ...本文を表示

    怖い。

    しおりをつける
    🙂
    紫陽花(しよか)♪
    自分が成りたくて
    習えなくて成れなかったからと言って
    その道で成功を修めた人に嫉妬するなんて
    今まで考えたことも無かったから
    正直なところビックリ通り越して怖いです。


    私も貧乏な家庭に生まれ育ち
    友達がピアノや習字、算盤……当等、習っているのを羨ましくは思ったけど
    そこに恨みや妬みは無かったなぁ。

    でも、本当に才能のある人は遅くから習っても芽が出るものです。
    姉は二十からお習字習い始め、
    10年後には自分の教室開けるようになっていました。
    (今も多くの生徒さん抱えています)


    自分が思い描いた理想の人生を歩めないことを
    他者(親や経済面)の責任に転嫁するような人は
    何をやっても成功しないと思いますよ。

    嫉妬の炎を努力に替えて欲しいです。

    トピ内ID:3747355579

    ...本文を表示

    私のカウンセラーが言っていた言葉。「貴方は、何にでも

    しおりをつける
    🙂
    応援てんし
    「貴方は何にでもなれる。けれど全てを手には入れられない。」

    この言葉をここにレスとして書いてみたくなりました。

    ♀です。ある言語の教育家です。

     30歳前、結婚して子供を産んで育てたい願望がありましたが、家庭の事情や、次々ダメンズに引っかかったり、で、

    もんもんと悩んでいた時に、カウンセラーにこの言葉を言われました。ピアニストに憧れたことも!

     でもね、あれこれどんどん手を出していると、何も結果が出せないままnobody になる危険性有り。

    私は今は言語教育一本に絞れて、お金も稼ぎ、なんと優しい恋人まで現れました。もう子どもを産める時は、とっくに過ぎてしまったけれどね。いいの。ぜんぜん。それ以外の宝物をいっぱい手に入れたし、なんとまあ、この教育の仕事のおかげで何千人というお子さんたちと出会えました!運命って不思議です。

     トピ主さん。
     まずは深呼吸しよう。
     美味しいもの食べてよく寝て。
     落ち着いて、どんなことが自分をもっとも豊かに、かつ幸せにしてくれるか考えてみてね。
     時間をとって。たっぷり。

     蛇足ですが、私のそのカウンセラーさんは、昔、とても貧乏な子ども時代を過ごされました。今は、有名でリッチなセラピストさんです。母子家庭で育って、学費も応援してもらえず。でもなんと自力でバイトしてアメリカに留学し、大学院まで出てカウンセラーの資格を取られ、現在にいたります。子ども時代の苦労は、今この方の職業にめちゃめちゃ役に立っているそうな。本当に有名な方なのでこれ以上は書けませんが。

     でもね、貧乏や不幸ですら、未来の豊かさのタネ、なの。
     という言葉が貴方様の心に伝わると嬉しいです。

    ピアニストさんへの嫉妬、素晴らしい。何かしらの情熱の証拠だから。
    それを、こんな掲示板に書けちゃった、その勇気も素晴らしい!

     いいことおきますよ。きっと。

     

     

    トピ内ID:0921350020

    ...本文を表示

    田舎育ちの音大出身です。

    しおりをつける
    🐱
    でも、20年弾いてません。
    別にピアノが好きというわけでもなく、親が音大出身で強制の上に、幼い頃より物サシを片手に横に着かれ、苦痛で仕方なかったです。
    そして、それ程裕福ではないので、地元の国立しかダメでした。
    一時期、アマチュアの楽団やリサイタルのヘルプなどでしていましたが、生活できるわけもく、ヤマハ音楽教室とか働く事も考えましたが(資格はあります)好きでもないものを子供たちに楽しむ事を教えるのは、ムリだと考えすっぱり辞めました。
    この事で今でも子供を持つ事は、怖いです。
    親のようになってしまうのではないかと不安で子なし夫婦です。
    教えて貰わなくても独学で楽しんでいる人もいますし、音楽関係で出会った方でピアノなんて女、子供のする事だと親に反対され、それでも壊れたキーボードで練習し、アップを買い(鍵盤の重さが違うので、最初は戸惑われたみたいですが、毎日10時間弾いて、爪が割れたと笑ってらっしゃいました。)や音楽が好きで親も適度に応援して、音大にいかせてくれたけど、それでも何時間も練習はキツいと言って、プロではなく生徒を取ってレッスンしている子もいます。(でも、最近は習い事に口出す親御さんも多く、大変そうです)
    プロになった子もいます。その子は中学からはじめたみたいですが、裕福ではないのでピアノの先生に頭を下げて、毎日ピアノを借り、大学に入ってからはレッスン室に入り浸り、バイトをしながら留学費用を貯めイタリアに留学とそこまでしながら、プロになったけど、ただ習慣のようにピアノの前に座り、練習をする。割り切っているようで虚しくなる事もあると言ってました。
    こんなホンの一部だけでも、いろいろなドラマがあるのです。
    もちろん、今も昔もピアノが好きで環境にも実力にも恵まれている方もいるでしょう。
    それを言ってしまえば、貴方の今いる環境をいいなと羨む人もいるでしょう。

    トピ内ID:8787660452

    ...本文を表示

    気持ちはわかります

    しおりをつける
    blank
    けん
    自分の意思で選択しなかったとしても、あの時あっちを選んでいたら良かった。と人は考えがちですから、自分はやりたかったのにさせてもらえなかったとなると尚更の事そういう気持ちになりますよね。自然な事なので何も問題ないのではと思います。ただ、せっかく好きな音楽を気持ち良く聴けないというのはもったいないですね。
    今のご自身を褒めて受け入れてあげられたらもう少し楽になるのかもしれませんね。

    トピ内ID:7695186991

    ...本文を表示

    私はピアノを楽しんでいます

    しおりをつける
    blank
    パステルカラー
    4歳くらいからオルガンを始め、ピアノは小1の時祖父に買ってもらって高校入学まで習いました。
    高校は進学校だったので、ピアノは諦めて、(というより適性がなかった)
    語学の道に進みました。

    中学を卒業して以来ほとんどピアノに触れることはありませんでしたが、昨年から習い始めて、毎日楽しく練習しています。

    私の現在のピアノの先生は、某有名音大のピアノ科卒で、大勢の生徒さんを
    抱えていらっしゃいます。
    子供時代に多少なりともピアノを通して音楽の世界を垣間見た者として、ピアノの道はとっても険しいだろうと想像します。
    私の先生は、きっと私とはまったく異なる道を歩いてきて、異なる世界観を
    持っていらっしゃる・・との思いで、毎回レッスンを受けています。

    自分の世界とは異な世界に対する憧れと敬意とでも言いましょうか。

    そんな思いを持ちつつピアノを習うことのできる毎日に感謝をしています。

    トピ主さんもまたピアノを習い始められては?

    私の知り合いは「60の手習い」とか言って、還暦の年にチェロを始めました。
    ピアノを習いたいと言っていた私の一番の友達は、先日電子ピアノを購入したそうです。
    彼女は還暦を過ぎています。

    「楽しんだ者勝ち」と先生はおっしゃいます。
    先生の先生は96歳になられる方で、現役のピアノ教師だそうです。
    先生の先生が弾くレガートの音がとっても奇麗だそうで・・。

    憧れます、、

    トピ内ID:4808263898

    ...本文を表示

    私もそうだったな

    しおりをつける
    blank
    絵筆
    結構な資産家だったんですよ、うち。
    それが父の事業の失敗で、全てパア。

    もう食べていくだけでギリギリの生活に。
    ここにピアノを置こうね、と補強してたスペースが虚しく残るだけ。
    深窓の令嬢だった母は鬼のようになって、もうピアノがどうとか言ってられなくなりました。

    しかし私は家だけは残りましたし、公教育は受けられた。
    その中でとある私の才覚を担任が見つけ、熱心に導いてくれました。
    今はその仕事で誰かのお役に立てていることでよしとしています。恨んでも仕方のないことですからね。音楽、聴くのは大好きです。幅広いジャンルです。

    夫がピアノ弾くんですよ。習ってたの?と聞くと、いや耳で聴いて適当に…って。
    夫は副業でギタリストやってます。夫を見ていると私は音楽の才能はなかったなと感じてます。駅ピアノという番組でも、意外と独学の人が多くって驚き。本当に音を心から楽しんでいる。

    教会等でゴスペルの伴奏等、幼い頃からピアノに触れられる機会の多い環境の国もありますけど、ここ日本ではプロのクラシックのピアニストは環境が整わないと難しでしょう。けれど楽しむのは自由ですよ!

    貧困だったけれどピアノで有名になった何人かのミュージシャンの方は、もう運命に導かれたとしか思えません。自分の運命は何だったのか、何が得意なのか考えた方が得策かもしれません。

    トピ内ID:8683906768

    ...本文を表示

    ピアノって何か特別なのかな?

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    トピ主さん、「もしもピアノが弾けたなら」っていう曲を知っていますか。
    私のとても大好きな曲です。美しい歌です。
    なにか、子供のころの飢餓感を忘れられないような思いなのかしら。
    これを聞いて、悲しく暗い気持ちを、美しく昇華するのはいかがでしょうか。

    ここのレスを見ても、なんだか人間の醜さを感じるようなレスがありますね。そういう人たちがいるから、トピ主さんもよけい暗くなってしまうのでしょうか。
    でもね、そういうのからは遠ざかるのが一番よ。
    私は個人的に、自分のコンプレックスをさらけだしているトピ主さんのほうが、ここで「私も習ったけどー」といやらしい歪んだ自慢話する人より、ずっと人間として好感がもてますよ。

    それに、音楽は特別です。小さいころから習わないと絶対に大成はしないのが、音楽です。そして、習っても、99.99999%の人に大成する才能がないのも音楽です。楽器によって違いはあると思いますけど。

    絵は違います。大成できる割合は近いけど、大人になってから習い始めても大丈夫。ゴーギャンなんかサラリーマンの日曜画家だったし。

    「才能がないと大成しない」「大成できるのは100万人に一人くらい」なのはどの世界でも同じですが、「子供のころの訓練が絶対に不可欠」なジャンルは、それほど多くはないと思いますよ。ピアノとかバレリーナ(40歳定年)は、本当に特殊だと思います。

    何もそんな極めて少数のジャンルに目をむけなくても。大人になってからでも頑張れば、そこそこになって楽しめるジャンルは他にいっぱいあるのだから。絵もそうだし。私は語学ですね。30歳過ぎになって始めました。「ああ、子供のころからやっていたら」と始終思いますが(苦笑)、それなりに上達して楽しんでますよ。

    >大人になって習いましたけど、

    習ったならいいじゃないの。

    >特技もありません。

    他のジャンルに目を向けたら?

    トピ内ID:4486289713

    ...本文を表示

    それは子供の頃に習わなくてよかったってことです

    しおりをつける
    🙂
    モカ
    >大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして

    それは子供の頃に習わなくてよかったってことですね。
    無理してご両親に月謝代だしてもらっても、お金が無駄になったでしょう。
    だって演奏家になるほど音楽好きな人は、そんなことで惨めになったりしませんから。
    トピ主さんは、ピアニストとかピアノを上手に弾けるっていうステータスが好きなだけでしょう。
    小学生の頃は、わたしもそうでしたよ。

    >習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません。

    知らなかったかもしれませんが、特技って子供の頃に習い事をさせてもらわないと身につかないものじゃありません。
    大変だろうと思いますが、がんばってください。

    トピ内ID:0468209194

    ...本文を表示

    それなら私はプリマドンナ

    しおりをつける
    blank
    かいな
    私も子供の頃、バレエに憧れて、親にねだりましたが、駄目でした。
    大人になって、モスクワのボリジョイバレエを見て、親に「お母さんがあの時に習わせてくれていたら、私はプリマドンナだったに違いない。」と言って、家族で笑いました。

    そういう笑い話にしからならないような「もしも」の話でプロに嫉妬までしてしまうなんて、今の生活によほど不満があるんでしょうか。

    私は、子供になんの能力があるかわからないと、子供が「やりたい」というものをすべて習わせましたが、ただの親馬鹿で終わりました。
    ま、でもひととりの経験値だけは残りましたが・・。

    トピ内ID:0387262694

    ...本文を表示

    私はバレエ

    しおりをつける
    🙂
    めがね猫
    今から習えばいいじゃんとか、やってもだめだったでしょってことじゃないんですよね?
    機会さえもらえなかったってことが悲しいんですよね?

    私も子供の頃、本当にバレエ習いたかったです。でも田舎だし、バレエ教室までは送迎抜きには無理。そもそも高い月謝を払ってくれと言える感じでもなく。
    家で本読みながらポーズ取ってましたよ。

    あと美術もかな。うちは兄弟が多かったので、学費の高いところに行かせてなんて言えませんでした。
    今考えればいろんな方法があったんだと思いますよ。
    でも何と言うか、どうせダメだしって思考になっちゃうんですよね。何でもかんでも諦めさせられると。そういう自分のことも、きっと悲しいんじゃないでしょうか?

    気が済むまで嫉妬して、怒ればいいと思いますよ。こういうところで吐き出してもいいし、誰かに聞いてもらってもいい。そうしないと前に進めないと思います。

    私はようやく吹っ切れました。
    今は、他のレスにもある、独学で出来るようになった手芸や編み物をして楽しんだり、これから楽器を始めようかななんて思ってます。
    バレエはやっぱり重いが強すぎて出来ないです。トピ主さんと一緒ですね。

    本当に得意なことないですか?私は絵も編み物とかも全然得意なんて思ってなかったですけど、周りから上手だねって言われて初めて気付きました。
    トピ主さんも得意なこと、得意じゃなくても子供の頃からやってて楽しいことないですか?
    そういうことをやってみたらいいんじゃないでしょうか?

    トピ内ID:7175658446

    ...本文を表示

    ご心配なく。世の中あなたのような人だらけです。

    しおりをつける
    🙂
    まるこ
    例1: 中学の英語の先生が意地悪だったせいで、英語が大嫌いになった。大人になって興味を持ったけど、もう記憶力も衰えて時すでに遅し。一方、中学でよい先生に出会い英語が好きになったという友人は、英文科を出て留学、その後プロの通訳になった。私だって、先生にさえ恵まれていれば、今頃通訳になれてたかもしれないのに。

    例2: 大企業に就職できたはいいが、まったく興味のない営業部に配属となってしまい、営業成績は最悪で部のお荷物。希望の企画部にさえ入れていれば才能を発揮してトントン出世し、今頃は部長クラスだったのに。

    例3: 親が共働きだったのでおやつも夕食も自分で勝手に食べていた。そのせいでブクブク太り大人になった今も肥満体。母がきちんと栄養管理さえしてくれていれば、今頃スーパーモデルとして活躍してたかもしれないのに。

    ちなみに私の知人ですが、運動音痴なのに、片思いの先輩がいるというだけで陸上部に入り、走っても遅い、高くも遠くにも飛べないという理由でハンマー投げに回された(!)ところ、とんでもない才能を発揮、後に国体に出るまでになりました。「好きな人が陸上部」という偶然が起こした奇跡です。

    学校の陸上部というのは大抵足の速い子が入るので(逆に言えば足が速くなければ陸上部に入ろうなどと考えもしないので)、投てき系競技の才能の種は、世界中のいたるところで、芽さえ出すことなく埋もれたままになっているんだろうなあ・・・とつくづく思います。

    ああそういえば私も子供の頃、アイススケートを習わせてほしいと親に頼んで却下された覚えがあります。あの時習わせてもらっていたら、今頃浅田真央さんレベルになってた・・・かもね(笑)。

    トピ内ID:4598631471

    ...本文を表示

    まだお若いのでは?

    しおりをつける
    blank
    ばよりん
    私が昔、入ってたバイオリン教室で私の次の方が70代の女性で

    「孫の付きそいで来てたんだけど 私もやりたくなって始めたのよ、昔はバイオリンなんてやろうものなら非国民!と言われて石を投げられたものよー今は幸せだわねー」とおっしゃってたのを聞いて
    何歳でも始められるものなんだな、と思ってましたよ

    トピ主さんはレッスンでみじめな思いをして辞めたとありますが
    先生は沢山いますよ、明るい方から暗い方、優しい方から怖い方、沢山います。
    見学で合いそうな先生を見つけるのが先かもしれませんよ
    私は色んな先生に付いたので楽しめました
    嫌だなと感じた先生はたった1人だけでした
    凄く暗くて怖かったんです、でもそれ以外の方は全員、優しかったです
    基本的に大人の習い事の先生で厳しい先生って少ないですよ

    私もこれと言って特技なんてないし才能もないけど
    好きこそものの上手なれで続けてる事は多少あります
    トピ主さんも そういじけないで何かしてみては?

    トピ内ID:1029764454

    ...本文を表示

    うちも

    しおりをつける
    blank
    ちょき
    うちも親が弟にしか関心がなかったため、私がやりたいことはさせてもらえませんでした。

    もうすぐ50代ですが、40歳になってから和楽器に目覚め、昨年名取になりました。

    本気でやろうと思うなら、年齢も環境も関係ありませんよ。

    トピ内ID:3107243005

    ...本文を表示

    しおりをつける
    🙂
    りん
    ピアノ講師です。

    ピアニストになって部隊で賞賛浴びたかったのかな?それとも、音楽が好きで自分で音楽を奏でたかったのかな?

    舞台で拍手貰いたいのなら、もう少し簡単に出来ることがいいと思います。コーラス等だったら、大舞台でスポットライトの経験できます。

    ピアノが好きなのなら、諦めないで頑張ってみるといいと思います。私の生徒のおばあちゃん、人生で一つ心残りなのは、ピアノを習えなかったこと、と言ったらしいんです。戦争・戦後の時代ですからね。で、家族と友達が、80歳の誕生日にアップライトピアノレンタルとピアノレッスンの「商品券」をプレゼントしまして。心残り、との思いをお墓に持っていくより、やってみたほうがいいでしょ?ということで。で、頑張りましたよ、私もそのおばあちゃんも。

    でも、ピアノってそう簡単にすらすら弾けるものではないです、とぴ主さん、ちょっと挫折したら、「子供の頃習ってればすらすら弾けるのに」とか自分を哀れに思ってしまわないですか?

    大人の夢を応援します、みたいな教室を見つけるのも努力のうちです。

    頑張って!

    トピ内ID:8211469632

    ...本文を表示

    少しピアノから離れたら…?

    しおりをつける
    🙂
    らる
    〉大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    この一文が引っかかります。
    具体的にはどんな気持ちでお辞めになったのでしょうか。

    私は12年ピアノのレッスンを受けました。
    幼稚園のアップライトピアノを使ってのレッスンでした。
    私の家も貧乏でしたし、親とは色々あって今は絶縁状態にしていますが、大好きなピアノを習わせてくれた事は感謝しています。

    でも貧乏でしたから、鍵盤数の足りないオルガンのようなタッチの電子ピアノでずっと練習していました。
    生のピアノを持っていない事を悪く言われるのは悔しいので、レッスンでアップライトのピアノのや学校のグランドピアノのタッチを集中して覚えて、そのタッチの感覚を思い出しながら家の電子ピアノで練習したりしました。

    だから、家に生のピアノがある子が羨ましたかったですし、もし生ピアノがあったらもう少し上達したのかなと言う気持ちも正直ありました。
    でも、それを理由にしたくないから、工夫して練習しました。

    小学校の同学年で、グランドピアノが家にあり、ピアニストの方にもレッスンを受けている子がいました。
    本当に上手で、そして本当に努力していました。
    私は全然練習が足りないし、あんなに頑張れない弱い自分も知りました。

    でもピアノは好きです。
    その後、形を変えて音楽活動もして、ピアノもずっと弾いていました。
    たまに今でも弾きます。
    ピアニストに嫉妬はしません。
    素晴らしい演奏と音楽に感動するだけです。

    ピアニストではないですが、プロの歌手の方が知り合いでいるのですが、その方は高校卒業頃からピアノを独学で始めた方がいます。
    本当に素晴らしいJazzアプローチでピアノの弾き語りをする方で、もちろん才能はあるかと思いますが、努力も相当なものです。

    一旦ピアノから離れて、気持ちを落ち着かせてからまた楽しまれてはどうでしょうか。

    トピ内ID:9576248342

    ...本文を表示

    ピアニストになりたのですか?

    しおりをつける
    🙂
    独身43
    私の姉はピアノ教師をやっています。
    トピ主さんのおっしゃるような幼少期からピアノを習い、音大に行った人です。
    私も小学校の間はピアノを習ってましたが、
    先生がすごく怖くてピアノは正直好きじゃなかったです。イヤイヤやってました。
    中学校に入って吹奏楽部に入ったらそれはすごく楽しくてピアノはやめました。
    音楽自体は好きです。
    その他、水泳、そろばんとやらせてもらいましたが、
    今の私の特技は和裁です。30歳から自分で月謝を払って習いました。
    2年ほど前に師範も取りました。
    和裁の先生には「20才過ぎてから初めてはプロにはなれませんがいいですか?」と聞かれました。
    プロの人と比べると針目の綺麗さも速さも段違いですが別に趣味でやってるのでいい事です。
    師範の免許受任式には自分で縫った振袖を40歳にして着ました。うれしかったです。
    >実際習ってみじめな思いをして、やめました。
    みじめな思いってなんでしょう。
    トピ主さんのピアノは周りに自慢したい褒められたいだけのものなのでしょうか。
    音楽は音を楽しむものです。上手じゃなくても楽しく弾ければそれでいいのではないですか?
    ちなみに私もピアノ習ってた頃はめちゃくちゃ怒られましたよ。
    先生からヘタクソ、サボってばかりでしょ、やる気ないならやめなさいと散々言われました。
    習いはじめは誰もそんなものだと思います。
    …和裁の先生は優しくてちょっとでもがんばったらめちゃめちゃ褒めてくれます。楽しいです。
    先生が合わなかっただけかもしれないので、また別の所でがんばってみては?

    トピ内ID:9648941160

    ...本文を表示

    親は選べない 不幸なのか?

    しおりをつける
    blank
    のんき
    生まれてくる親は選べない。

    確かに理不尽です。

    でも、よくよく考えると、親を選んで生まれてくる事ができたとしたら、相当しんどいことになりそうな気がします。

    自分に起きる事の総ての責任が自分にあるとしたら、その重みに耐えられそうもありません。

    親のせいにして、でも、そうかな?と反省して、そんなものかもしれないですね。

    バイオリニストの方のドキュメンタリーをTV番組で観たことがありますが、親子の葛藤は、凄まじいものがありましたよ。

    もしかしたら、近親憎悪のようなもの?

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    わかりますよ

    しおりをつける
    🙂
    ミトコンドリア
    半分トピ主さん目線で、半分ピアニストに挫折したピアノ弾きです。

    私はある習い事の講師をしていますが、それ自体は大人になって自分のお金で始め親に反対されたものですが、ピアノの厳しさ挫折経験からです。トピ主さんからしたら親に無理に習わされてもピアノに挫折する経験だけいいじゃないと思うのでしょうか。
    ピアニストは違うかわかりませんが絵の先生だとか、習い事講師は個人事業主なので、生活のウエイトのほとんどは経理事務作業、集客のための広告活動、生徒さんが来る前と後に客商売ですから掃除です。生徒さんが残していったペットボトルを中身を捨てて分別して洗って、トイレ掃除や給湯室の掃除もします。HPなどネットにも詳しくならないといけません。のほほん先生やれないと思いますが。勿論、表向きは夢を売る仕事だから充実してますよ、てやってますよ。
    ただ、プロになりたかったという恨みみたいのがある生徒さんは扱いきれないです。ちょっとピアノ弾きたい、というんじゃなくてゴールが果てしなく高いので、若い頃からやらないとそれは無理、というのは正直あります。大体、皆さん親のトラウマを抱えているようです。

    ピアノの塾の中でも親の財力のレベルがかなり違います。それに関してはスタートラインに立てない溜息が出ますが、じゃあ親にお金を出してもらえていたとしてそれだけの努力は私はできません。もうピアノトラウマはいいんじゃないか、て一度リサイタルを聴きに行きましたが、トピ主さんと同じ状態で楽しめませんでした。かといって再開するのも習うのも嫌だし1人で孤独にやるのも嫌だし、つくづくピアノに向いていないと思います。今の習い事も恵まれた環境の方や若い頃からやってる方を見て溜息が出ますが好きでやめられません。好きこそものの上手なれなんです。

    結局、自分は自己肯定感が低くて嫉妬ひがみそねみが強い人間なんだな、夢見がち、て思ってます。

    トピ内ID:1375985936

    ...本文を表示

    レスを頂きまして、有難うございます

    しおりをつける
    🎶
    おんぷ
    ★アップルパイ様

    >あなたが嫉妬するピアニストの手にできなかったものをあなたが実は持ってるかもしれない

    私は、ピアノのコンサートやバレエ発表会など、他の人に拍手を贈るだけの人生に、辛くなったのかもしれません。
    自分に拍手を贈られたことは、そういったスポットライトのあたる場所では、多分ないです。

    華々しく、活躍してる人に、拍手を贈るだけの人生が辛くなって、コンサートに行けなくなったのかと思います。

    ★酔っ払い狸様

    >帰国子女

    私の周りにもたくさんいました。
    現地校では、その国の言葉を、家庭内では日本語を教育されてた子ばっかりです。
    両方とも、ネイティブです。
    バイリンガル、どころかトリリンガルみたいな。

    例えば、どんな素質があっても、日本の子供は積極的に習わせてもらえないとフランス語はできませんよね?
    でも、フランスに住み、現地校に行き、家庭では日本語を家族と会話したら、かなりできるようになる。

    環境って大事だなと思います。

    ★ミチコ様

    >嫉妬はそれだけ?

    美人・スタイル・仕事ができる。
    このことで、嫉妬を感じたことが殆どないというか、そういったことに、あまり価値を感じないので。

    その他の事で嫉妬?あんまりないです。

    その人の名前で、仕事のできる人に憧れます。
    だったら、パティシエや建築家さんも素敵でしょうけど。

    私は、ピアニストに憧れが強いから。

    ★孤高の月様

    >大人になって習っても上手になれなかった、って事ですか?
    世の中、教室や学校に通わず自力で努力して特技を身につける人

    私は、ピアニストに嫉妬しています。
    活躍されているピアニストで、子供の頃から習わずに、教室や学校に通わずに自力で努力して、その地位になったひとの名前を、ぜひ教えてください。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    私は美大に行きたかったけど

    しおりをつける
    🙂
    モンブラン
    物心ついた頃から三度の食事より絵を描くのが好きでした。
    芸術系の家系でもなく、親は我が子に幼少期から絵を習わせることなど考えもしなかったようです。
    逆に母の中産階級への憧れからピアノを習わされましたが
    音楽センスはまったくなくて中学進学時に辞めました。

    高三で親に頼み込み、美大受験専門画塾に通って衝撃を受けました。
    みんなすごく上手いんです。
    子供の頃からアカデミックな絵画技法を学んできた生徒が多く
    私の力量なんて周回遅れどころじゃない。
    挫折して地元の私大文学部に進学しました。
    母親は私が美大でなくお嬢様女子大に進んだことに大喜びしてました。

    もちろん早々にあきらめ美大受験さえしなかった私が根性なしです。
    石にかじりついてでもという気持ちになれなかった時点で才能がない。
    わかってはいるものの、後々まで
    「美大に行ってたらどうなってたかな」と夢想し、誰かが美大卒と聞いては羨ましかった。

    専業主婦になって時間ができ、転勤族ながら転居先で絵画教室を探しては通い50歳を過ぎました。
    ずっと、「楽しそうに描くね」と言われるだけの"ヘタの横好き"です。

    しかし最近、これはこれで幸せだなと思うようになりました。
    うっかり美大に進み若気の至りでプロになんかなっていたら苦しかっただろうなあと。
    虹を追いかけるようにして才能を追いかけて、本物の天才に嫉妬しながら孤独に闘う芸術の道なんて、
    私に生きられるわけがなかった。

    結局、今の自分は自分の器に見合った姿なんだと思います。

    あきらめて地味に生きるのがいいと言いたいんじゃないんですよ。
    自分の器を磨くのは自分しかできません。
    今できることをやるのが幸せだということです。

    トピ内ID:9189956816

    ...本文を表示

    また、その気になれたら始めて

    しおりをつける
    🙂
    白桃
    今、うちの子は、アパートでキーボードで5年間ピアノを習っています。
    それがOKな先生で
    ゆるーく習っているのですが
    お金もそうだけど、毎日の練習には、特に母親が小さい頃は付きっきりだし、根気が要る
    お母様にその気がないと始められても続かない
    他の習い事とハッキリ違うのは
    毎日の練習

    両手で弾いたこともない私から見たら
    ゆるくても、両手で弾いて
    好きなアニメソング、今は鬼滅の刃の曲を発表会でやると教えていただいて練習中
    クラシックは、さほど習えてません
    でも、今やめたら弾けなくなるんじゃないかな?という程度のレベルで
    習わせて良かったのか?5年経った今も分かりませんが
    61鍵盤でアニメの曲に足りなくて、さすがに88鍵盤のキーボード上位機種は買ってあげようかな?と思いました。それでも、キーボードなんだけど

    大人になってもトピ主さんのような気持ちになるなら、また、始めたくなったら始めたら良いと思う。
    トピ主さんは今、やろうと思ったらやれる状況なんですよね?
    大人になると自分でお金と時間を選択できるのが良いよね~。子どもの頃は与えられるだけで自由が足りない。大人って良いわ

    トピ内ID:2474454696

    ...本文を表示

    いいじゃないですか

    しおりをつける
    🙂
    >大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。


    実際、才能なかったな、と諦めがつきます。
    それで良かったんですよ。
    出来なかった過去を振り返ったり
    美化?しても意味がありません。

    トピ内ID:3112452581

    ...本文を表示

    この発言小町で初めて回答します。

    しおりをつける
    🙂
    たいちょう(北星斗)
    それにしても回答数が多いですねぇ~

    まずあなたはどのような回答を望んでいるのでしょう?

    私は他のサイトでよく回答をしていますが、質問者の皆さん皆自己肯定ばかりでなんら問題の解決に至らないというのが現実です。

    @↓一つ大きな思い違いを指摘しておきます。
    でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。

    大半の人はそのチャンスが無いのです。
    理由はチャンスがあってもそこに至るだけの才能や力が無いからです。


    大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。@実際にやってみたんですよね?それなら自分の才能や力の無さを認めるべきです。

    才能があれば運は向こうから巡ってきます・・・そういうものです。

    習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません。
    @習い事をさせてもらわなかったから特技が無いのではなく、
    自分から思い立って行動しながったから特技が無いのです。

    習ってないからできないとか、教えてくれ教えてくればかりの人っていますが全然違うんですよ。何事も自分自身が興味を持って取り組み熱中するあまり特技になる。才能がある人が教える側に立ち才能の無い人が教えてもらう側になる・・・ 誰かに教えてもらおうとか言う人は元々無理なんです。

    以前はよくコンサートに行っていたというのならそういうところへ行けるだけでも幸せだと感じるべきだと思います。

    聴き専でいいんじゃないでしょうか?

    ピアニストって人に聴かせる側、感動を与える側なので実際には想像するより遥かに大変だと思いますよ。

    私は素人演奏家でまだよかったと思ってます。

    トピ内ID:4640509433

    ...本文を表示

    コンサートの拍手

    しおりをつける
    🙂
    りん
    コンサートの拍手ですが、子供の発表会やコンクールではないのですから、「上手に弾けたね、すごい」と賞賛するためではないです。感動したから、自分の中の何かが変わったから、良いひと時を過ごしたから、有難う、と言うために拍手するわけです、そうでなかったら、お金払ってコンサートに行く意味がありません。

    裏を返せば、何かを持っている人は、ピアノの腕があまりなくても、音楽家として活躍出来るわけです。クラシックのソリストとしてでは無理ですけど、弾き語りとか。

    「活躍されているピアニストで、子供の頃から習わずに、教室や学校に通わずに自力で努力して、その地位になったひとの名前を、ぜひ教えてください。」

    戦後の作曲家や指揮者などは、そういう人多かったのではないですか?そして、そういう人しかいなかったから、有名になるチャンスがあった。

    昔は、変なしがらみがありましたし、有名な先生のレッスンというのは目が飛び出るほど高く、でも、そうするとエスカレーター式にどこかに収まって、自分も高いレッスン料とって、という悪循環でした。この頃は、日本も成熟した社会になってきて、ピアノを趣味でやる人の方が多い。才能を認められた人には、奨学金とか特待生とかの育成制度があります、これは、もっと充実してもいいのですが、音楽はお金持ちの人の為だけにあるわけではないですから。

    トピ内ID:8211469632

    ...本文を表示

    すごい自信だな

    しおりをつける
    😍
    キャロツト
    習わせてもらえれば、ピアニストになれたと思われるのは、
    何故なんでしょう?
    どうして、そのように思うのですか?

    貴方が親であれば、お子さんには世の中の習い事、
    すべてをさせてあげますね?
    習わないと、チャンスもないのですと主張されますね。
    だからすべてのことをさせないといけなくなります。

    どうやってそれを実現するのですか?

    トピ内ID:4357546690

    ...本文を表示

    今からでも実力をつけるのは遅くない。

    しおりをつける
    🙂
    ぴあこ
    ピアノ講師をしています。

    他の方へのレスで気になりましたので・・・。

    >私は、ピアニストに嫉妬しています。
    >活躍されているピアニストで、子供の頃から習わずに、
    >教室や学校に通わずに自力で努力して、
    >その地位になったひとの名前を、ぜひ教えてください。

    トピ主さんの理想とするピアニストとはきっと異なるのでしょうが、
    タレントでコンサートも開いている清水ミチコさんは独学ですね。
    日本のジャズピアニストの松永貴志さんはある程度独学で学ばれてから先生に習った方です。
    世界的に有名なジャズピアニストのセロニアス・モンクも独学です。
    どうでしょう、理想的な回答ではないですよね?
    でも皆さん、音楽で演奏表現することを糧としています。

    >大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    上記のこの言葉がトピ主さんの全てではありませんか?
    なぜ、やったことのない学習に取り組むことでみじめな思いをするのですか?
    知らないことで、出来ないことだから誰かに習わなければ身につかないのですよ。
    弾けるようになるための努力はしましたか?
    トピ主さんは生まれ持った才能がご自身にあって、少し習うだけでピアノ演奏の全てがわかるとでも思われたのでしょうか?

    ところで、才能の有無なんてどこで区別をするのでしょうか?
    向き/不向きはどういう観点で?

    習ってまもなく惨めな思いをするのであれば不適合なのかもしれませんが、
    悔しい思いを跳ね除けるだけのやる気があればいくらでも上達の道はあります。
    ピアノって何歳から始めても良いのです。
    理想と現実を比較しすぎなければ悩むことなどないのですけどね。

    トピ内ID:1108401422

    ...本文を表示

    奥田弦氏

    しおりをつける
    blank
    マース
    ピアニストの奥田弦さんは、いわゆるピアノ教育受けずにデビュー 耳がとてもよいかたです。

    トピ内ID:0510725607

    ...本文を表示

    人生を捧げつくしたのに報われなかったつらさをわかっていない

    しおりをつける
    🙂
    人生は甘くない
    >ピアニストは才能や、努力など、大変な思いをされているのは承知です。幼いころから習ったとしても、ピアニストになれるのは、一握りでしょう。
    でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。やって、才能がない、不向きだと分かったのと、全くやらせてもらえなかったのとは、別だと思います。

    幼い頃から、皆が遊んでいる間、練習させられて、体育も指を傷めそうなものは禁止されて、遠いところまでレッスンに行かされて、厳しい言葉をあびせられて、ピアノしかしてこなかったあげく、ピアノをあきらめざるを得なくなるつらさをあなたは理解していないだけだと思います。

    トピ内ID:4820028910

    ...本文を表示

    海苔漁師でピアニストの徳永さん!

    しおりをつける
    🙂
    のん
    こんにちは。私もバレエで似た状況だったので、気持ちはよくわかります。大人になってから始めても、子供の頃からやっていた人とは違って、何かイマイチなんですよね。

    ところで、海苔漁師の徳永さん、ご存じですか?独学で「ラ・カンパネラ」を習得した、巷では有名なピアニストなんですよ。私のような取り柄のない大人に、たくさんの勇気をくれました。ぜひネットで調べてみてくださいね。

    トピ内ID:1872415120

    ...本文を表示

    お返事、有難うございます

    しおりをつける
    🎶
    おんぷ
    ◆マース様

    耳って、幼い頃に身につける絶対音感の事ですか?習っていないので、判りません。
    競争の中の羨みで、成長する人もいるし、挫折する人もいる。
    競争は嫌だけど、楽しく続けたいと、次の目標を見つける人もいる。

    例えば、マラソン選手なんて、辛いだけだよ。と言われても、実際、走ってみないと、気がつかない事も多い。
    挫折したとしても、仲間や、練習やレッスンの思い出など別のものを手にする可能性もあります。
    もちろん、挫折により、心の大きな辛さを受けることもあるでしょうが。
    自分でやりたいと始めたなら、限界が知れて合点がいくのではないでしょうか。

    ◆のんき様

    芸術や採点スポーツは芸術的な一面も確かにありますね。
    新体操などでも、技術的な点数と表現的な点数
    芸術的表現に優れてても、それ以前の、レッスンによる技術がなければ無理でしょう。
    新体操で言えば、ピポットやアラベスク等の技がゼロで、人間的表現で、選手になれるんでしょうか?
    一定基準の技術のある人の中で、次に人間的表現が評価されるのだと思います。

    ◆わんこ様

    娘さん、音楽、水泳と素晴らしいですね。
    縮小財政なのに、音楽は習うのはダメで、水泳は習えるなんて、やはり音楽は経済的負担が大きいのでしょうか?
    好きなことを好きなだけしたいですが、それは、小さいころから習っている人が多いピアノにおいては、大人から始めると特技ではなく、趣味になってしまいますね。

    ◆匿名様

    鍵盤ハーモニカは、学校の先生が、ピアノを習っている子が上手だと、みんなの前で手本をさせたり、ソロパートをさせていました。
    その他大勢としか演奏できないから。
    それに、ピアノと鍵盤ハーモニカや縦笛は、かなり違わないですか?
    もし、才能があっても、習わせてくれなかったと思います。
    どうしてもやりたいという、熱望する子供のやる気も才能の一つだと思います。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    個人で仕事したことないでしょ?

    しおりをつける
    😑
    びっくり
    「フランスに住み、現地校に行き、家庭では日本語を家族と会話したら、かなりできるようになる」

    簡単に言いますが、よほど努力をしないと日本語もフランス語も中途半端になるリスクもあるわけですよ。

    トピ主さんの周囲のバイリンガル、トライリンガルの子たちだって、普通に遊んでて自然にバイリンガルになったわけじゃありません。現地の学校でフランス語で勉強したあと、今度は家庭で日本語の勉強をしてたはず。

    そのへんの努力は都合よく見ないふりして、結果だけ羨むのはやめませんか。

    というか、帰国子女でバイリンガルの子がしてきたのと同じだけの努力をするのなら、親に習わせてもらえなくてもフランス語はできるようになりますよ?
    だって私、高校の時にドイツ語やりたいと思って、NHKの語学講座で独学してそれなりに話せるようになりましたから。

    あと、自分の名前で仕事をするって怖いですよ。
    会社に雇われて仕事をする場合、失敗しても組織に守ってもらえます。でも個人の名前で仕事をしたら、失敗したら非難されるのは本人で、責任を負うのも本人です。

    トピ主さん、自分が有名ピアニストだとして、不可抗力でコンサートで失敗し、世間から名指しでボコボコに叩かれてもへこたれないでいられるメンタルですか?

    トピ内ID:1298870902

    ...本文を表示

    やればできる

    しおりをつける
    🙂
    おばちゃん47号
    陳腐なタイトルつけてすみません。

    この「やればできる」で人気のお笑い芸人ティモンディ、ご存じですか。
    高校野球の強豪校出身で、メンバーの高岸さんはドラフト候補にもなっていましたが、故障でその道を絶たれたという経歴をお持ちです。つい先日、神宮球場でプロの公式戦の始球式に立ち、「夢が叶った」と泣いて喜んでいたのが話題になりました。

    その高岸さんは、こう言っています。
    『成功の反対は挑戦しないこと』『やればできる、は挑戦の楽しさを表現している』
    他の方のレスにもありますが、「才能の有無」ではなく、「挑戦の有無」が主さんの「特技の有無」に繋がっているのだと思います。

    >どんな素質があっても、日本の子供は積極的に習わせてもらえないとフランス語はできませんよね?

    私の高校時代の友人で、学校の授業(高校2年生の第2外国語選択)からフランス語を始めましたが、指定校推薦を取って青学のフランス語学科に行き、今はフランス語翻訳を生業としている人がいます。
    1年生当時は私と同じく(笑)下から数えた方が早い成績で、塾に行った経験もなかったので、青学に決まったと聞いたときには驚きました。当の本人は「面白かったから英語より頑張ったよ」と笑っていたのを思い出しますが、人に見えない努力を重ねたことは想像に難くない。

    >活躍されているピアニストで、子供の頃から習わずに、教室や学校に通わずに自力で努力して、その地位になったひとの名前を、ぜひ教えてください。

    ドラゴンクエストの作曲で有名なすぎやまこういち先生は、ピアノ独学ですよ。御大は「音大に行けないから東大に行った」という、違う意味ですごい方ですが(笑)。

    ちなみに私も子供の頃から習いたくて、でも親に習わせて貰えなかったクチです。30過ぎてからピアノを習い始めて15年近く、まあ所詮は下手の横好きですが、「足るを知る」をモットーに頑張ってます(笑)

    トピ内ID:4413449072

    ...本文を表示

    運不運あるね。

    しおりをつける
    🙂
    氷雨
    確かに、子供の頃にピアノを習うチャンスすら与えられない環境だったのは不運でした。

    大人になってからピアノを習っても、なんちゃってピアノにはなるけど、幼い頃から訓練を積んできた人のようには弾けないのも現実。
    理想が高いほど惨めになります。

    ピアノが大好きで、一時は音大も目指したのに結局中途半端でやめてしまった私は、趣味で楽しむことは出来ますが、
    「どんな難曲でも弾ける」という人が羨ましくてたまらなくなるときもあります。
    自分の意思で見切りをつけた私でさえ「もっと必死に死に物狂いで練習していたら」とか思うのだから、習うことすら出来なかったトピ主さんが嫉妬するのも当たり前ですよ。

    嫌な気持ちになるならコンサートなんか行かなきゃいいんです。
    世の中自分ではどうにもならないことありますよ。

    トピ内ID:3127798018

    ...本文を表示

    なぜピアノ限定なんでしょ

    しおりをつける
    🐱
    もうすぐアラカン
    確かにピアノは安くない
    だから小さい時から習っている人でないとという思い込みも多い

    クラッシクのピアニストは小さい時からコンクールに出ていて早くから才能を見出されている人が多いのでトピ主さんが貧富の差がというお気持ちもわからなくもない

    ですが、音楽が好きで中学とか高校の部活から初めて
    有名な音楽家とまでは行かなくても音楽で身を立てている人は大勢いますよ

    高校の同級生にも楽団にいる人を何人も知っています

    また、幼児教育課でピアノが必須で大学から初めて
    当然家には無くて学校で練習するだけで
    みるみるうまくなった同級生も知ってます

    先生がいい指をしている私にこの指があれば何て言っていたのを覚えています

    ピアノは小さい時からの指の訓練さえしていればプロになれるわけじゃありません。
    もしあなたのその才能があったけども環境が無かったと言うのであればおそらく大人になってから習っても決して惨めななんて事にはなっていないはずです。

    本気で自分が小さいころから習う環境があったらきっと違う人生になったに違いないと思っているんでしょうか?

    >でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。

    チャンスをつかみに行く努力をほんの少しでもしましたか?
    全て悪いのは環境だったと本気で思いますか?

    視覚障害者のピアニストである辻井伸行さんが最初に引いたのはおもちゃのピアノです

    音楽が好きなら音楽に八つ当たりをするのは辞めませんか
    大人は自分の機嫌は自分でとるものですよ

    トピ内ID:3288682870

    ...本文を表示

    トピ主さんはお金持ちの子に嫉妬してるだけでしょ

    しおりをつける
    blank
    葉子
    確かにピアニストは技術+才能です。
    才能だけではなれないし、技術を身に付けるには親の財力が必要です。

    だからトピ主さんはピアニストに嫉妬しているのですよね。

    同じ芸術家でも、絵画やデザインなどで表現する人には嫉妬しませんよね?
    だって子供の頃に習ってなくても、美大に行かなくても、独学で才能を開花させる人はいますから。

    音楽家でも、作曲家や歌手などのジャンルでは、子供の頃に習わず独学でデビューした人もいます。
    でもトピ主さんの嫉妬の対象ではない。

    ならばやはり、お金持ちの家庭に生まれた人への嫉妬の感情ですね。

    そんなもの、多かれ少なかれみんなが思うことですよ。
    ご自分で上手く消化しましょう。
    出来ないなら、カウンセラーに相談してみてはいかがですか。

    トピ内ID:4951568823

    ...本文を表示

    トピ主さん、、

    しおりをつける
    ゆかたん
    中流家庭でも無理ですよ。
    小金持ちレベルでも無理でしょう。
    そんなに悔しがらなくても。

    トピ内ID:8675795976

    ...本文を表示

    みんなおなじじゃね?

    しおりをつける
    🙂
    ぼぼ
    んー俺ももう少し勉強できる環境だったら
    もっといい大学いけたなーとか
    思うけどそれはどこに産まれる選べないですからね

    東大卒の両親のもとに産まれてれば、、、
    なんていってもしかないですし

    自分のスタート地点を受け入れてから
    どうするか

    そこからが人生の真骨頂ですよ
    今からでもピアノ
    遅くないですよ

    トピ内ID:5882407823

    ...本文を表示

    ピアノを趣味で楽しく弾くだけではだめなの?

    しおりをつける
    🙂
    夜型
    私は50歳過ぎてからピアノを独学で始めました。アプリや動画を使って練習し、ピアノができる友人にレッスンを受けています。

    私のように素人が大人になってからですと、やはり限界はあるかと思いますし、クラシックの原曲など今から20年やっても無理かもしれません。 でも、自分ができる範囲で楽しみながらやっています。 クラシックにこだわらなくても、自分の好きな昔のヒット曲などを弾くのも楽しいですよ。

    私も、もし子供のころからやっていたら、今頃どんなにうまくなっていたんだろう、って妄想しましたよ。 でも、子供時代からやっていたらもしかしたら「苦行」になっていたかもしれない。 子供のころピアノを習っていたけどレッスンが苦痛でピアノが嫌いになってしまった、っていう話も聞きます。 私にピアノを教えてくれている友人も親御さんが教育熱心で7歳から高校を出るまで続けていたそうですが、当時のレッスンはとても厳しく、とても緊張したレッスンだったといいます。 親にもう辞めさせて、と泣いて頼んだこともあったとか。

    音大を受験したりピアニストを目指す人たちのレッスンはそれよりももっとはるかに厳しいものではないでしょうか? 才能や環境もですが、何より挫折や敗北を味わっても立ち直り、屈辱やプレッシャーにも負けない強靭な精神力が必要でしょう。

    「誰かを羨ましいと思うなら、その人も苦労も欲しいと思いなさい」これは、江原啓之さんが仰っていた言葉です。

    大人になってから自分の意志と努力で始めるのは、子供の頃整った環境で習うのとはまた違った醍醐味が味わえます。 私の場合は、今この状態で始められたからこそ、こうしてピアノの楽しさを味わい楽しめる、と思っています。 「ピアニスト」に拘らず、趣味で楽しく弾く、というのではだめなのですか?

    トピ内ID:3262603385

    ...本文を表示

    うーん。。。?

    しおりをつける
    🐧
    マロンクリーム
    わかるようなわからないような。。。

    音楽をやりたいんじゃなくて、「ピアニスト」になりたいのですか?
    せっかく始めたピアノを辞めてしまったってことがすごくビックリなんですよね。
    音楽が好きでピアノが好きで「ピアノを自由に弾けたらいいな~」の延長がピアニストになりたかったというなら、せっかく弾ける環境になったのに弾かない現状が理解出来ないんですよね。
    でも習って惨めな思いをしたのでやめた、って。
    綺麗なドレスを着てピアノの前に座りたい、が実際の夢で、ピアノを弾いて聴かせたい!って思いはないってことですよね。
    子供の頃のピアノの練習って、好きじゃない子にはかなりの苦痛ですよ。
    大人のトピ主さんが「惨め」程度で辞めてしまうなら、子供時代のトピ主さんは全く無理だったと思いますよ。
    それを身をもって知りたかったということでしょうけど、現在身をもって知ったじゃないですか。。。
    今現在習っていて、楽しくて夢中になり過ぎて困るほどなら、子供の頃に習わせてもらえていたらピアニストって未来もあったかもしれないのに、と思うのは理解できますけどね。
    現状聞いたら、全然ピアノを習うのに向いてないので、随分的外れな嫉妬だなぁと思います。

    実際他の方もおっしゃってますが中学や高校で始めることもできたわけですし、クラシックピアノは無理でもジャズピアノはそれこそ才能のみでなんとかなったりします。
    嫉妬の感情は仕方のないことですが、もう少し自分を省みて嫉妬の感情をバネにすることを覚えた方がいいと思いますよ。

    トピ内ID:8975878023

    ...本文を表示

    どうして辞めちゃったの?

    しおりをつける
    🙂
    ラビラビ
    トピ主さんは大人になってからピアノを習ったと書かれていますよね。
    どれくらいの期間習って、惨めになって辞めてしまったのですか?大人になって習ってみて、理想通り弾けるようにならないから惨めになったのですか?

    ピアニストに嫉妬するからコンサートにも行けないくらい強い思いがあるなら、大人になってから独学でもよかったし、習い始めて先生が合わないと思ったなら別の先生に習いにいってもよかったのでは?

    たぶん今のご自分や、自分の人生に対する不満のシンボルがピアノになっているのではないかと思います。そして何度頼んでもピアノを習わせてくれなかった親への不満。ピアノはきっと、そういう心の傷みたいなものに気づかせてくれるきっかけにすぎないのではと思います。

    トピ内ID:6253380052

    ...本文を表示

    やることに条件付ける人は何やったってダメでしょうね

    しおりをつける
    blank
    MB
    (トピ主レス 10月8日 12:07)
    >それに、ピアノと鍵盤ハーモニカや縦笛は、かなり違わないですか?

    楽譜を読み、指を動かす、上手くできるまで練習する、基本は同じです。そういう地道なことができないなら、ピアノだろうがフルートだろうが同じです。

    トピ内ID:2091826650

    ...本文を表示

    子どもの時に惨めな思いをしても、辞めなかった?

    しおりをつける
    🙂
    指の節が太くなる
    >大人になって習いましたけど、実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    何が惨めだったのでしょうか?大人になってから習って惨めな気持ちになって辞める人は、子どもの頃に習っていても続かなかったと思います。こういうとトピ主さんは、子どもの頃に習っていれば…という惨めさを感じたとか、大人になってやってもピアニストにはなれいから辛かった…等と言うのでしょうか。
    しかしピアニストになるには、惨めでも辛くてもピアノが弾きたい、弾かずにはいられない程のピアノへの情熱がないと、まずなれません。ピアニストになれなかった悔しさ、大人なのに初歩から習う惨めさがあっても、それを上回るピアノへの情熱はなかったのでしょう?情熱も天性の才能のうちですから、たとえトピ主さんが子どもの頃から習っていても、石にかじりついてでも弾きたい!という情熱はなかったのでは?
    私もピアノを習っていましたが、プロを目指さない習い事レベルでも、子どもながらに惨めなことや辛いことはありました。伴奏や発表会でスポットを浴びるその裏側は、挫折したり泣いたりの連続でした。
    また、ピアノを習わせてもらって努力しても、音大までは行かせてもらえない人が大半です。私もそうです。小6のときにピアノの先生から、将来につながるような本格的なレッスンを始めないか?と勧められ、私はその気になって親に言ったら、全く検討の余地もなく却下されました。検討どころか叱られましたよ。何を考えているんだ、プロを目指すレッスンだの音大だのどれだけ金がかかるんだ、そんなつもりでピアノをやらせたわけじゃないと。
    子どもながらにショックでしたよ。ここまで努力して先生にも認められたのに、ダメなんだと。プロにはなれないんだと思いながら弾くピアノは、しばらく辛かったですが、やはりピアノは大好きだから辞められませんでした。まして、ピアニストに嫉妬などしません。

    トピ内ID:8381044127

    ...本文を表示

    トピ主様の求めているものがよくわかりません

    しおりをつける
    🙂
    ぴこ
    子どもの頃ピアノを習いたかったのに習わせてもらえなかった
    大人になって習ってみたが、みじめになってやめた(なぜ?)
    大人になってから習っても趣味や特技にしかならない
    私の人生はスポットライトの当たらない、拍手ももらえない人生だ
    そんな人生になったのは私の才能を開花させる環境がなかったせいだ

    まとめるとこういうことですか?
    今トピ主様はどうなりたいですか?何がしたいですか?そのための努力を何かしていますか?現在の生活にも不満があるのでしょうが、それを全てピアノ問題につなげてはいませんか?

    トピ内ID:5451773591

    ...本文を表示

    今からやれることやってみれば良い

    しおりをつける
    🐱
    黒猫
    市民マラソンのトップ争いなら今からでも出来るでしょう。

    絵でもいいね、市民展入賞目指してみれば良い。

    片端からやれば良い。

    トピ内ID:1464138795

    ...本文を表示

    ここで練習しましょう

    しおりをつける
    🙂
    Anne
    アラカン、ピアノ歴10年になりました。

    私が幼稚園の頃
    ピアノ教室のグループレッスンが始まりました。
    女の子のママたちがオルガンを買い与え、
    こぞって娘をこの教室にいれたのです。
    当時のママたちの流行りだったのでしょうね。

    幼稚園が終わり、個人レッスンの教室への案内もありましたが
    小学校を期に引っ越したのと
    母自身に子どものお稽古ごとの個人教授を探す余裕がなかったらしく
    その後、どうねだっても
    あなたは飽きっぽいから、という理由で習わせてくれませんでした。

    それから数十年過ぎ、
    子育てが終わって、息子が習ったピアノ教室の先生に
    大人でも教えてもらえるのか尋ねると快諾していただいて
    飽きっぽかった私が、ピアノ歴10年になりました。

    その10年は、私の人生の中で
    本当に揉まれて、辛い、長い10年となりました。
    介護も経験し、ピアノに全く触れられない日も多かったのです。

    ピアノレッスンを受ける日
    もう何週間も練習曲が進んでいない
    もう練習する気力が乏しくなっている
    今、家で楽しめないのに、続けて意味があるんだろうか、と
    悩んでいた頃、きっと先生はお分かりになったんでしょうね

    大人はいろいろありますよね。
    ここで練習しましょうね。

    とおっしゃいました。涙がこぼれました。

    簡単な練習曲を繰り返す気力が自分には備わっていない
    そんな情けなさも含めて。

    その年を乗り越えて
    糸をつむぐように
    行ったり来たりしながら練習をしています。

    毎年 発表会も小さな子どもさんに混じって出ています。
    中学生の上手なお姉ちゃんたちが毎年目標になります。

    今年はコロナのせいで発表会はありませんでしたが
    今週の水曜日に発表会用に練習してきた曲を仕上げ
    先生に花丸をいただきました。

    ショパンのワルツです。
    大人でも、上達していきますよ。
    始めませんか。

    トピ内ID:6721538235

    ...本文を表示

    ピアニストへの嫉妬なのかな?

    しおりをつける
    🙂
    fg
    ピアニストへの嫉妬というよりは、親への思いのような気がします。
    親にこうしてほしかった、こうしてくれていれば今、こんな思いをせずにすむのに。。というような。
    ピアノに限らず、こんな思いは皆さん何かでお持ちです。
    小さいときから、塾に入れてくれていたら、中学受験させてくれていたら、水泳を習わせてくれたら、、、、など小さいことから大きなことまできりがありません。私も親にピアノではありませんが、同じように思うところはあります。
    今、とぴ主さんは、音楽がお好きでコンサートにも足を運んでいますよね。子供にも、とぴ主さんのようになったほしいと願い、子供には頑張ってピアノを習わせましたが、その領域には達することができずにいます(泣)。こんな親もいるということで。

    トピ内ID:0649819523

    ...本文を表示

    本人次第では?

    しおりをつける
    blank
    アルゴ
    確かに音楽は、プロでなくとも幼い頃から習う人が多いと思いますけど、習い事をさせてもらえなかったから特技がないって、それは違いますよ。

    あなたは好きなことを見つけて、それに情熱を傾けることができない人だから特技がないんです。

    私は絵が好きです。
    親には全否定、幼い頃からボロクソに貶されてきました。
    それでも好きだから、隠れて描いてました。
    小学生の自由になるお金もない頃から、たまに貰える僅かなお小遣いも使わずに画材を買うために貯めてましたよ。
    当然習わせてもらえるはずもありませんから、図書館でデッサンの基礎や画材の種類テクニックなど自力で調べて学びました。

    今子供を育てていますが、子供たちにもなんでもいいから、下手でも上手くいかなくても楽しい、ずっと続けたいと思えるようなものを一つ見つけて欲しいと思っています。
    進学や仕事に役立たなくても、生涯にわたり心の拠り所になる大事な部分だからです。

    トピ主さんがこれしかないと思えるものに出会えなかったのは、親のせいだとは思えません。

    大人になってピアノをやって惨めになってやめたのなら、それはその程度のものだったんですよ。
    下手でもなんでも楽しいって思えるものが、これからあなたにも出会えるかもしれませんよ。

    トピ内ID:0419481999

    ...本文を表示

    ネガティブですね~

    しおりをつける
    blank
    げん
    ピアノじゃありませんが、舞台で演奏する仕事をしています。

    >実際習ってみじめな思いをして、やめました。

    有名なピアニストだって、人前で何度もみじめな思いをして今があります。


    >習い事を何もさせてもらえなかったので、特技もありません。

    習ったら特技ができる訳じゃありません。好きなことを極めて得意になる。

    好きなことを探す事さえしなかった主さんは、例え環境が整っていたとしてもピアニストにはなれなかったんじゃない?

    トピ内ID:3107243005

    ...本文を表示

    私は習い事してない子が羨ましかった

    しおりをつける
    blank
    カンパネラ
    私は水泳とピアノを習っていました。
    ピアノは1回/週で気楽なものでしたが、水泳の方は国体選手等を複数輩出している強豪で、毎日1時間~自主練含め3時間の練習が基本。休みは正月の1日だけでした。当時は休息日などという概念はなかったです。
    小学生なので、ファミコンを買ってもらったとか、友達と夏祭りに行くとか、家族旅行は〇〇に行ったとか聞くと、自分とは違いすぎて、嘘みたいで、泣きそうになりました。
    同級生にバイオリンを習っている子がおり、やはりかなり本格的にやっていて、私たち二人は放課後絶対に誰とも遊ばないと皆に思われていました。なにか楽しいことがあって皆で笑っていても、私たち二人だけはわからず、気まずくもじもじしてました。
    ちなみにその子は指のどれかには絆創膏(テーピング)をしていて、肩も片方だけ盛り上がって少しいびつで、プールの授業で水着になると素肌にガーゼを貼っていました。
    私も膝を悪くして整骨院に頻繁に通っていました。そこの先生には「1日だけでも休ませてもらったら?」と言われていました。けどそんなこと許されなかった。

    どの分野で活躍している人にせよ、幼少期から多くのことを犠牲にして今があります。
    トピ主さんは今の仕上がったピアニストにだけ嫉妬していますが、そのピアニストがしてきた壮絶な努力や苦悩は過小評価、というか評価そのものをしていないように感じます。

    トピ内ID:9285289804

    ...本文を表示

    ご意見有難うございます

    しおりをつける
    おんぷ
    ♪のんき様

    >ピアニストの何に嫉妬しているのでしょうか?

    たくさんあります。
    その一つが子供の頃に自分の本当に興味を持ったやりたい事をやらせてもらって、輝かしい日々を送れたこと、レッスンや先生や友達、コンクール等思い出もいっぱいつくれたこと。
    (もちろん、意思に関係なく、親からの勧めだけでの場合もあると思いますが、その場合、本当に嫌で無理なら高校、大学、職業と長く続くのは難しいだろうから)

    >今は、ご両親の事を、どのように思われているのでしょうか。

    母方は、お手伝いさんが何人もいるような裕福な家の出身でしたが、母は幼い頃の戦争の動乱や食糧危機、そして戦後の大変さの中で育ってきているので「親として空腹な思いをさせていないし、空襲から逃げ回る辛い生活じゃないのだからそれだけでも、有難いと思いなさい」と言っていました。

    >トピ主様のご両親にも親があり、そして、トピ主様と同じ思いをしたのかも知れない。

    だったら、子供には同じような辛い思いをさせないという、考え方もあります。

    ♪アキアカネ様

    >美大に行けていたら必死に頑張ったと思う

    判ります。地位が人をつくるって、言葉ありますよね。

    例えば、東京の子がどうしても、博多に行きたいとします。
    親から、新幹線の切符を渡された子は、そのまますんなり、レールに乗れる。(新幹線の中での葛藤や辛さはあっても)

    切符を渡されない子に対して、他の人は、そんなに行きたいなら、歩いてでも行きなさい、あなたは根性がないのよと言う。

    仕方なく一生懸命に歩き続けて静岡迄は辿りつけても、疲れ果てて、もう全然コースが違う、このまま進んでも、追いつけるわけでもないし、ただ疲れるだけだし、歩くことも苦しいから、意味がないと挫折する。

    大人になって自分の力で切符を買って行こうとしても、差は歴然すぎて。
    今更行っても、散財するためだけみたいな。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    世の中不公平だから仕方ない

    しおりをつける
    🙂
    ねずみこぞう
    たまたまあなたの対象が音楽なだけで
    あなたの悩みは世の中に溢れています。

    お金があれば高校に行けたのに、
    お金があれば大学に行けたのに、
    お金があれば医学部に行けたのに
    対象は違うだけで、あなたのような思いは
    世の中で溢れています。
    普通だと思います。

    個人的に
    見かけ、生まれた家の財力、両親の仲良しさで
    人生の90%はきまると思います。
    貧乏でも見かけが良ければいい人と結婚できる可能性高いし
    見かけが悪くても家の財力があれば、余力があるし
    両親が仲良ければ、精神的に安定して育つので
    人生生きやすくなります。
    あなたと対極に、東京のど真ん中に資産家の父とモデルの母の元に生まれることもあるわけです。

    でも残念なことにすべてを手に入れる人も
    全て持っていない人も存在します。

    どうにもなりません
    人生はガチガチャと一緒で当たりはずれがあるので
    ハズレを引いたらそれだけです。

    トピ内ID:9099382872

    ...本文を表示

    こじつけかと思います。

    しおりをつける
    るりあ
    好きでも、継続していないので
    特技がないのはご自身の問題だと思います。

    ピアノを弾きたいと、老人(70代?)の方が、ストリートピアノ?の、72時間の中でピアノ弾いてました。

    お子さんの時に、学校や児童館等で弾いているお子さんいても、必ずしも全員が習ってはいません。

    確かに音大や、講師、プロの演奏家になるような方は、幼い頃から親が習わせてくれた。って方だと思いますが、

    演奏楽しんだり、ライブしている方が全員が幼い頃から親に習わせて貰ってはいないです。

    そして、幼い頃から習った方がずっと好んで弾くかといえば、結局は本人次第です。



    今からでも
    続ける事が大切だと思います。

    トピ内ID:9137656187

    ...本文を表示

    特技にしちゃったから、習わせてもらえた友人

    しおりをつける
    🙂
    指の節が太くなった
    私の友達は、ピアノを親から習わせてもらえませんでした(男の子には必要ないと言われて…)が、通っていた学童にあったピアノで練習してみたり、教室のオルガンをいじったりして独習。もともと耳が良くて才能があったのでしょう、楽譜なしでも耳で覚えた曲を弾けるようになり…。
    小学校の音楽の先生を味方につけたり、学校の合奏でピアノに立候補しちゃったりしながら外堀を埋めて、とうとう親にピアノを習うことを許可してもらいました。
    習い事をさせてもらえなかったから、特技がない?いやいや、自力で特技にして習う事ができた子もいますよ?
    ちなみに、うちの息子はあるスポーツが特技ですが、ほぼ学校の部活だけです。頑張ってましたよ。小学校のときから、自分で市の無料教室を見つけてきたり、学校の休み時間は毎日練習していました。1人でも。
    好きなこと、やりたい事って、自分でやらずにはいられない事ですよね。
    習い事をさせてもらえなかったから特技がないなんて言っていたら、小学生にも笑われそうですよ…。

    トピ内ID:8381044127

    ...本文を表示

    ある意味言い訳になっているのでは

    しおりをつける
    🙂
    母2号
    田舎で貧しくて、習い事させてもらえなかったから、今こうなんだと、自分のせいではない言い訳になっているのでは?

    大人になってから習ってみて、惨めな気持ちになったからやめたのも、子供の時から習っていたら、惨めにならなかったかも、ピアニストになれたかもと、夢みていられるもの。

    それは、それで得してますよ。

    私は中学から大学まで、同じスポーツをクラブ活動でやってて、50歳すぎからまたやり始めました。30年ぶりで、用具もフォームも全く変わってしまったけど、習い始めると割とスムーズに上手くなりました。習い始めて何年目?と聞かれるので、2年というと、びっくりされます。

    子供の時やってたの?と聞く人は、私より長くやっていても下手な言い訳のように言います。
    やっぱりねー子供の時からやってた人はーって。私は受験を考えると8年もやってなかったし、30年全くやってなくても、30歳から20年以上やってて勝てない人の言い訳はこれ。

    大学まで国公立でスポーツ有名校でもなく、専門の指導者にもついたことはない。教えてくれた先輩も皆んな我流で、本を読んだりしての独学でした。それでも、中学と大学は個人で全国大会にでています。

    その本の内容も、私が中学の頃とは同じ技でも全く違う解説がなされていて、これは、ルールや用具が変わったからですが、昔やっていたことが役立つこともあれば、癖が仇になることもあります。先生も、昔はこうするのが普通だったが、今はこうだから難しいですよねと、よく言われます。

    それでも、やれば出来るし、出来ないことも楽しい。だから、続いているし上達します。

    センスとやる気があれば、特技くらいのレベルにはなれるのに。

    そんなにピアノが弾きたかったなら、友達や学校に頼み込んで、中学高校からでも練習すれば良かったのに。特技にすら出来なかったのは、自分のせいです。

    トピ内ID:1566670616

    ...本文を表示

    私も

    しおりをつける
    blank
    かぶき
    体操教室、水泳教室、などになぜ通わせてくれなかったのか
    と親に対して今でも思いますよ。40歳になりますが。
    幼少の頃から専門に習わないと絶対に無理な分野ってあるんですよね。
    「大人のバク転教室」というのが都会にチラホラできたとかどうとか
    テレビで見たことはありますが、都会にしかないし
    たとえ通えても子供の体操教室並にクルクルできるようにはなりません。
    私は教育学部でしたが、体育の講義の時に嫌というほど
    「大人になってからでは難しい」という経験をしました。

    オリンピックを観るのも嫌になるほどです。
    スター選手になりたかったとかでは全然ありません。
    自分が「気持ち良い」と感じられるレベルでクルクルしてみたかった
    ということなのです。
    水泳は大人になって習いなんとか泳げますが、全然気持ちよくない。
    子供の頃からやっていた人とは動きが根本的に違う。
    そしてそれは大人になってからでは身につけられない技術。
    一生感じられない「気持ち良さ」。つらいです。

    トピ内ID:2108519416

    ...本文を表示

    私の場合・・・

    しおりをつける
    🙂
    通行人
     こんにちは!
    うちは親の希望で幼稚園入園ごろから、習わされましたが向いていなくて今でもピアノの音を聴くと手首がかゆくなります。

    絵の才能はあったと思うので習いたいと言ったのですが却下でした。
    高校の美術部で一緒だった友人が化学物質過敏症で今は大変です。
    油絵具が良くなかったようです。

    今となっては絵も高校で辞められてラッキーだったと思います。

    中年になって思いますが何かの失敗が何かの健康につながっていたりします。
    何が幸福で何が不幸かは禍福はあざなえる縄のごとしとか言いますよね。

    トピ内ID:7671827182

    ...本文を表示

    切り替えるしかないよね

    しおりをつける
    モガオ
    トピ主さんの気持ち、少しわかります。

    私は車が好きで、子供のころはレーサーになりたかったです。

    でも、住んでいる場所は、降雪地帯なのでサーキットそのものがありませんでした。

    仮に、鈴鹿や富士、菅生などの近くに住んでいたとしても、親が貧乏だったので、モータースポーツに使うお金などなかったでしょうね。

    それから時代は変わり、地元にも20年くらい前に本格的なサーキットができました。
    私もそれなりに稼げるようになり、ン百万かけてバイクを作り、サーキットライセンスも取って走ってみたのですが、若い子のようには走れなかったですね。

    その中でも飛びぬけて速い子がいて、翌年、本州の上位のレースに参加しましたが、極々平凡な成績で終わってしまいました。

    まぁ、自分が叶えたかった夢は彼が叶えましたが、彼は彼が叶えたかった夢は叶えられませんでした。

    人と競う夢なんてそんなものです。
    過ぎ去ったものをいつまでも悔いてもどうしようもないですよね。

    そんなことを考えている時間をもっと別のことに使いましょうよ。

    トピ内ID:6737211255

    ...本文を表示

    そんなふうに考えて楽しいの?

    しおりをつける
    blank
    匿名
    自分の人生ハズレだったと考えて何が楽しいのかなあ・・・?「貧乏に生まれて、やりたいこともできなくて、トピ主さん、かわいそうでしたね!」って人から同情されたいの??
    その感覚がよくわかりません・・・
    普通はそんなふうに考えないで、自分ができることを探して最大限に幸せになろうとするものだと思うけど。
    私は他人から「かわいそうな人」だなんて思われたくないけど、トピ主さんは逆なんだね。生まれで損してかわいそう、そう言われたいのね。そういう人もいるんだなあ・・・

    トピ内ID:9741801061

    ...本文を表示

    習わなかったから夢見てられる

    しおりをつける
    😑
    びっくり
    ここで「小さい時に習わせてもらえていれば今頃は」と言っていられるのって、習わせてもらえなかったからこそでは。

    小さい時にピアノを習った子で、ソナタまで進めるのは何割だと思います?
    小さい時に体操を習った子で、宙返りまで進めるのは何割だと思います?
    それを知らないから、もしくは知ってても見ないふりをしてるから、「習わせてくれなかった親を恨む」とか言えるんですよ。

    実際に子供にピアノやら体操やらを習わせた経験からすると、
    「小さい時から塾に通わせてくれれば東大行けたのに」
    「小さい時から英会話に通わせてくれれば、今頃は英語ペラペラだったのに」
    と言ってるのと同じに聞こえます。

    そして、もし塾に~とか、もし英会話に~とかは負け惜しみと思われそうで、恥ずかしくて言えない人が多いと思うんですが、なんで芸術とかスポーツとかだと恥ずかしげもなく言えちゃうんだろう。

    少しでも想像力があれば、勉強と同じで、習ったからって全員ができるようにはならないと分かりそうなものなのに。大人になってからでは習得が難しい技術はありますが、だからって子供ならみんな習得できるわけじゃない。

    トピ内ID:1298870902

    ...本文を表示

    誤解している

    しおりをつける
    🙂
    めぐ
    この頃のピアノレッスンは楽しくやりましょう、音楽を楽しみましょう、というスタンスがありますけど、30年前のピアノレッスンには、思い出作りなんてなかったですよ。

    先生の所に行って、お願いします、といって座り、宿題を弾いて上手く弾ければ丸、弾けなかったら怒られてもう一週間、基本個人レッスンだから友達なんて出来ないし、コンクールにいるのはライバルで、上手く弾けば賞をもらえるというわけでもないので、この子は誰の弟子、みたいな大人の駆け引きに振り回されて。

    トピ内ID:8211469632

    ...本文を表示

    分かる気もする

    しおりをつける
    🙂
    マイケル
    貧乏で習えなかったからじゃなくて、
    お母様の理由に納得いかないんですね。
    お母様自体は裕福に育ったのに。
    私の親も似た感じでしたよ。
    毎日食事与えているじゃない、何が不満なの、て。

    私は親が習わせたピアノにはザブザブお金を使われてましたが、自分の好きなものは、戦時下を思え、贅沢だ、餓死しないのは誰のおかげ、と買ってもらえませんでした。母が気に入った服とかは高くても与えられたけど、私が気に入ったものは安くても買ってもらえなかった。友達がみんな持ってる安いものを持たされず、話に入れず、しかもピアノで放課後もなく辛く友人との話題もなくテレビは禁止。でもコンクールなんてなかった。あんなに厳しい練習でも全てを犠牲にしてもコンクールレベルでもなかったのです。お母さんがピアノに明るい人はコンクール出ていました。最近、私の努力や親のヒステリックがどれだけ無駄だったか分かりました。

    憧れていたピアニストと例えば同じくらいの年齢になった時に、生活、親の教育を比べてしまう、て分かりますよ。でも、ピアニストなんて、勝ち組中の勝ち組じゃないでしょうか。だからこそ尊い。キラキラしたものを見て苦しい辛さも私は分かりますよ。
    戦時下でもないのに、戦時下と比べられて贅沢だと言われてもね。惨めになりますよね。
    主様の悩みは貧乏じゃなくて、毒親じゃない人が羨ましいのでは。ピアニストはあなたの中でその象徴なんでしょう。
    オリンピックを見たくないのも私も同じです。

    親に感謝できる人は毒親育ちじゃないんだなと思います。
    ある分野は反骨心で何とかなるけど、子供の頃からやらなきゃいけないもので成功している人が親に感謝しているコメントを出すと、それを見た親が、あんたは感謝が足りないとか言いますが、子供に食事しか与えてないのに何のリターンを求めてるんだろうと虚しくなります。

    トピ内ID:1375985936

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    🙂
    ひいみ
    いや、それが本音ですよ。
    このような考えが浅ましいとかいうのは、綺麗事では。
    ピアノに限った事では無く、皆多かれ少なかれ、似たような事は思うでしょう(思わない人もいるかもしれませんが)

    あと、裏を返せば、トピ主さんはそれほどピアノを(子供の頃に)習いたかったという事。ピアノへの情熱があったということです。
    (他にもいろいろ習い事はありますからね)ピアニストになるのであれば、やっぱり子供の頃の方がいいに決まってるというか(大人ではほぼ可能性が…)

    スポーツとかもそうですけど、大人になってからじゃ遅い!ってのは現実にある。

    私も、小学生の頃ピアノとバレエを習いたいと思いましたが、なぜかお金かかる事を知り、親には隠していました…。大人になったらやろう…と。
    で、大人になってもできますし、地道に練習したらそこそこひけるようになりますが、そういう事じゃないですよね!



    嫉妬したり、親の事いろいろ思ったり、いいんじゃないですか。しょうがないですよ。思うんだから。そのせいで、気分が沈んだりしたって、顔が歪んだってしょうがないですよ。


    そんな嫉妬してはいけない、考えを改めなくてはいけない、見苦しいとか、器が小さいとか、そういう意見もあるかもしれませんが、攻撃してやる!というわけではなく、ただ思うだけならいいんじゃないでしょうか(仕方ない)


    もちろん、考え方が変わって、全然気にならなくなるんだったら、それもいい事ですけどね!


    人に嫉妬するトピ主さんも、誰かに嫉妬される部分は必ずあります。そんなもんです。

    トピ内ID:0954850792

    ...本文を表示

    わかります。でも与えられた環境の中で道を見つけるしかない

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    私も同じような経験ありますよ。才能も運も持ち合わせた人たちですから、そりゃ嫉妬しちゃいますよ。あなただけが持っている感情ではないと思います。

    私はイラストレーターやってます。

    絵を描くことは小さい頃から好きでしたが、親からは才能ないだの、そんなことやめて将来いいとこに就職するため勉強しろだの言われて育ちました。

    当然美大や専門学校も行けませんでしたし、絵を書くための本格的な道具や機材は何も買ってもらえませんでした。
    就職して、自分の給料でやっと機材を揃えることができ、大人になってやっとイラストレーターとして活動できるようになりました。

    人気イラストレーターには10代から注目されて活躍されている人もいますが、そういう人たちの雑誌のインタビュー記事見ると、絵を描きたいと親に言ったら機材を買ってもらえた、親族にプロがいた…
    それ以上の年齢の人でも美大出身→美大からイラスト制作会社に就職→フリーという人がほとんどです。

    それを見るたびこの人たちは親から道具を与えられ、学校に行けて活動できたのになんで自分は…なんて惨めに思ったりもしましたが、他人と自分を比べていると全く筆が進みませんでした。嫉妬で人は前に進めないんだなと思いました。
    結局自分に与えられた環境の中であがくしかないと

    私は若くして人気イラストレーターになった人のようになることはできませんが、今では独学でなんとか副業程度の収入を得られるようにはなりました。

    絵と違って音楽は幼い頃からの教育が物を言うのかもしれませんが、音楽への関わり方って大きなホールで演奏して脚光を浴びることだけでしょうか?

    トピ主さんも、トピ主さんなりの音楽への関わり方を見つけられることを祈ります。

    トピ内ID:9581576132

    ...本文を表示

    別の視点からみたら トピ主さんも幸せよ

    しおりをつける
    🙂
    国国際結婚
    そうですよね~、生まれ育ちは運命ですから、そこは自分では決められません。でも 日本人に生まれたじゃないですか!

    音大だけじゃなくて医大だってお金かかると思いますし、それを言ったら大学へ入学できることだって「羨ましい」と嫉妬の気持ちが渦巻く家庭で生まれた子だって沢山いますよね?

    別の視点からみたら、沢山コンサートに好きなように行かれる環境、経済力があるトピ主さんだって 嫉妬される対象になるとは感じませんか?

    人と比べても意味がない。

    生まれてきた環境は変えられない。でもそこから自分の人生は自分が変えることはできますよね。

    私は幸い、英語が好きで、英会話に通わせてもらったりしたこともありましたが、そこからは留学し、留学先でもバイトしたり奨学金を得てなるべく自費で英語が上達するようしてきました。

    日本の小さな町で生まれたから、「もっと世界をみてみたい」と思い世界へ飛び出しました。
    国際結婚をし、子供達は4か国語話せる環境におきました。自分がしたいようにいくらだって自分の人生は変えられるし、自分ができなかった夢などは子供に託すことだって可能です。
    そこは誰にもコントロールできないんですよ。

    トピ内ID:9797006519

    ...本文を表示

    激しくわかります。

    しおりをつける
    😨
    つかも
    私もよくコンサートに行きましたが、ピアニストやその他の奏者をみていて、
    「この人たちは子供の頃から音楽がやれる環境に置かせてもらえてたから今ここにいるんだろうな」
    と言う気持ちがどうしても出てきます。嫉妬心です。
    私もピアノ習いたかった…
    ピアノ習っていたとしても才能がなけりゃ、とか、努力ができたか、とか以前に、そもそもその土俵に立たせてもらえなかったことに嫉妬心が出てきます。
    おんぷさんの気持ち痛いほどよくわかります。

    トピ内ID:8860333112

    ...本文を表示

    一番間違えているのは…

    しおりをつける
    🙂
    はひふー
    トピ主さんが一番間違えているのは、

    『人生はみんな平等なはずで、それなのに自分のやりたいことを叶えるチャンスが与えられなかった』

    と思っていることではないでしょうか。

    人は皆生まれもった環境(金銭面だけでなく、親の考え方、素養)に差があって、全然平等ではないし、その中で自分がどう生きるのか…それだけなのに。

    大人になってやっても惨めになるとか、コンサートにも行けないとか…自分でさらに自分の人生を惨めにしていくんだな~と。

    それは、親だけのせいではないと私は思います。

    トピ内ID:0405332869

    ...本文を表示

    うーん

    しおりをつける
    blank
    猫眼鏡
    ちょっと自己否定が強いあまり
    ピアニストの環境を美化しすぎで共感できません。
    他人の恵まれた環境にいいなーくらいはあるけれど
    ピアニストにまでなれると他の犠牲も物凄く
    親との関係が拗らせたものになってる人も
    メンタルを病んでしまった人も多い。
    子供の興味そのままに自己実現できてるわけじゃなくて
    やっぱり人生が壮絶ですよ。
    途中で辞めてないから、という発想も?
    その上そこまでしても食べて行けるのは一握りだわ
    コロナで更に貧窮してるしね。

    近所のお爺ちゃんは定年後から習い始めたそうですが
    「下手だけど」と言いながら楽しそうに弾いてますよ。
    自己実現てそうやって叶えるものでは?
    嫉妬優先で続けられなかったのは
    トピ主の音楽との向き合い方も?だし
    まず母親との関係性の問題ですよね。

    トピ内ID:4203014019

    ...本文を表示

    すごいとは思わなくなった。

    しおりをつける
    😨
    角っこ
    昔は世の中のカラクリを理解してなくて、
    オリンピック選手とかすごい!って思ってたけど
    今は全てにおいて環境が揃ったものすごく
    ラッキーな人だったんだー、位で別に嫉妬とかまではないです。
    もちろん本人のやる気や努力や才能も必要だと
    思いますが、もしも全ての人に同じ機会や環境を与えられる事ができたら、オリンピック代表選手は今、全員違うメンバーなんじゃないかと思ったりします。
    それくらい、本当は環境さえあれば出来た人も
    沢山いると思います。
    送り迎えなどのサポート、理解していつも応援してくれる家族、近くに有名なコーチがいる、
    それだけやってても大人になっても心配しなくていい経済的環境。
    親もそれなりに前に出て親の世界で
    指揮ってくれる。数えきれないですが全て。

    ただ、モデルさんや美声、絵画などの美術系の
    才能は持って生まれた物かなと。

    スポーツ系はある程度、環境が有ればそれなりに上まで行けそうな気がします。
    なので、別にたまたま自分には環境がなかっただけすごいとは思はないです。

    それだけ打ち込める環境が揃ったただ単に
    ラッキーな人だなーくらい。
    何で私はすみませんがそんなにリスペクトは
    ないです。
    だって1人では出来ませんよね?
    周りのおかげ(環境)がないと。

    トピ内ID:9145886859

    ...本文を表示

    過去は変えられないからね

    しおりをつける
    blank
    らなぁ
    もう仕方がないよね。
    嫉妬をし続けるか、他に目を向けるか。
    こればっかりはトピ主さん次第だ。
    子供の頃からやらないと無理なモノってあるもん。

    未来のトピ主さんのために、
    今のトピ主さんが何をしてあげられるか。
    何もしないのも一つだと思うしね。

    私がトピ主さんならどうするかな…。
    未来の人気ピアニストを見つけて、
    パトロンにでもなろうかな。
    私の目に狂いはなかった。みたいな。
    楽天家の戯れ言でございました。

    トピ内ID:7251632083

    ...本文を表示

    でも今なら自分を救える

    しおりをつける
    🙂
    止まっているのは怖い
    今ピアニストが憎いと思って何も進まない所に、
    トピ主は落ち込んでるわけで、
    このままピアニストが憎いと思い続けていると更に何もできない。
    しかも心は憎悪に支配され続ける。

    この何年もの間、ピアニストは更に上に行くよ。
    彼らは彼らで苦しみながらピアノと向き合って、
    更に音楽にのめり込んで行く。

    その間、トピ主は彼らを憎んで佇んでいるだけ。

    本当は今ならそんな自分を自力で救える。
    子供の頃は大人のような力が無いから与えられた環境から出られなかったけど、
    今は自分の環境をあの頃よりは選べるよね。
    だから少なくても、今なら今の自分を恨みの穴から救い出せる。
    そうして本当に自分が喜ぶ事を選択できる。

    私は毒親に虐待されて育った。
    マイナスの条件から脱するのに20年くらいかかった。
    人から見たら成し遂げられた事は多くは無い。
    私が苦しんでいる間、恵まれた人々は自分の人生を豊かにして行けていた。

    でもそれでも、私は自分をあそこから救い出せた自分は偉いと思っている。
    マイナスをゼロ地点に戻しただけだけど、
    自分をあのまま救い出せなかったら、いまだに辛いままだから。

    トピ内ID:6924446137

    ...本文を表示

    アドバイス、有難うございます

    しおりをつける
    おんぷ
    ◆母2号様

    >大人になってから習ったけど、みじめな思いをしたから辞めたなんて、人はピアニストになんて

    鉄は、熱いうちに打てですね。
    鉄が冷めて硬くなって曲げられない人なら、鉄が熱いうちでも絶対に曲げることはできませんですか?
    これ、習い事によりますね。
    体操とか、幼少時からやらなきゃいけないことも多くあります。

    >小さい頃から猛練習、猛勉強、新幹線に乗ってくたくたになりながらもレッスンに通い、コンクール入選していきます。

    だから、そういうことをやりたかった。新幹線に乗りたかった。

    >大人のメンタルでみじめだとかで辞めてしまう甘ったれの根性なしでは

    みじめの意味が違うんです。例えば難関曲ができない等のみじめさと、保育園児からばかにされ、せせら笑われるみじめさとでは。

    >オリンピック選手の殆どが、小中学生から有名なのと同じです。

    その通り、一流になろうとしたら、幼少期から習っているのです。

    >特技程度のもの、習い事でなくても充分身につけられる人はゴマンといます。趣味程度で、センスがよくて努力家であれば、習わずとも可能です。

    ピアニストは特技というより、プロの職業だから。

    >みじめな思いをした事のない成功者なんていません。

    だから、そのみじめさが、技術習得等の建設的なものにつながるみじめさならいいですが。心が崩壊するだけのマイナスのみじめさは別物です。

    ◆姑世代嫁様

    >日本女性は長生きですから、トピ主さんも後、50年位あるのではないですか?プロになるわけでも、オリンピックにでるわけでもないのですから、何か始めて楽しみましょうやー

    いや、オリンピック出たかったですね。

    もちろん、模索して色々やりましたよ。人から褒められる趣味もいっぱい。

    でも、結婚と同じなのかな、一番好きな人と結婚できなかったら、あとはなし崩し。どうでもいいやって思っちゃって。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    プロのアシスタント

    しおりをつける
    🙂
    エマ
    プロのミュージシャンのアシスタントをしていた者です。

    現場(スタジオ・コンサート等)にも同行しましたが。

    集まるミュージシャンの皆さんの多くは、独学の方や、

    学んだ時より、個人で頑張った方々が多かったです。

    勿論、音大を出身の方もおられましたが、

    実際の現場では、同じ立ち位置で、拍手を浴びていました。

    主様が行っていらっしゃったコンサートとは、

    多少ジャンルが違うかもしれませんが、

    コンサートは、制作・音響スタッフなど大勢で成り立っていますので、

    当日の拍手は、アーティストだけではなく、

    そのコンサートに携わった全ての人に贈られていると、毎回思っていました。

    主様も少し習われたが、とありましたが、

    もしかしたら、先生との相性が良くなかったのかもしれません。
    ※これは、とても大事な事です。

    何歳でも、始めるのに、遅い事はないと思います。

    そんな事は誰も決めてはいない。

    一度しかない、主様の人生です。

    トピ内ID:6578159544

    ...本文を表示

    成功体験がないの?

    しおりをつける
    🙂
    母2号
    そんな気持ちを持つと、納得して気持ちが楽になるのですか?私は損しているようにしか見えません。そして、そんな事考えた事もなかったから、非常にビックリ。子供の嫉妬みたいで、馬鹿馬鹿しくさえ感じます。

    そういえば、中3の時、全国大会優勝常連の私立からスカウトされましたが、親の反対で行けず、公立高校に入ることになり、もうオリンピック選手への道は閉ざされたのだと悲しかったです。15歳の子供でしたが、それでも他人に嫉妬したり、私立にいけたら私だってオリンピックに行けただろうになんて、その後も考えたこともないです。

    オリンピックへのチャンスが、0に等しくなったことは悲しかった。でも、自分の進んだ道で、後戻りできないなら、そこで何をどうするべきか考えるしかありません。
     
    誰でもトピ主さんの思うような事が本音なんてことはないで、周りの人が同意してくれるだろうと話す事は辞めた方がいいです。人間性を疑われます。

    今の自分に満足している人、気持ちの安定している人は、そんなこと考えません。

    健康で家族仲良く、楽しみの一つもあれば、満足です。

    トピ内ID:1566670616

    ...本文を表示

    機会の平等とは

    しおりをつける
    🎁
    お餅
    習ったとしてもピアニストになるのは本当に難しいことだと思いますが、トピ主さんのレスを読んで、そういう論点ではないことがわかりました。私は何かを習ったからと言って自分がオリンピック選手になれるような才覚はないと思いますが、親の都合で夢をあきらめた経験があるため、お気持ちには同意できる部分が多くあります。
    世界に目を向けると義務教育すら受けられなくて悪循環にいる子どもたちが多くいることを考えると、初等・中等教育の機会が一般的にある日本はまだ恵まれており、音楽分野でも機会の平等を実現するとしても無数にある個々の楽器などの技術についてどこまで機会を提供していくかといと難しいなとは正直思います。
    しかし、以前、スラム街の貧しい子どもたちに音楽家が楽器演奏を教えてオーケストラを結成して、エリオポリス交響楽団という名前で演奏活動をしているというのをテレビで観ました。今の私にできることは、こういった活動に賛同して応援することなのかなと思ったりします。

    トピ内ID:0688860653

    ...本文を表示

    機会の平等とは

    しおりをつける
    🎁
    お餅もちもち
    習ったとしてもピアニストになるのは本当に難しいことだと思いますが、トピ主さんのレスを読んで、そういう論点ではないことがわかりました。私は何かを習ったからと言って自分がオリンピック選手になれるような才覚はないと思いますが、親の都合で夢をあきらめた経験があるため、お気持ちには同意できる部分が多くあります。
    世界に目を向けると義務教育すら受けられなくて悪循環にいる子どもたちが多くいることを考えると、初等・中等教育の機会が一般的にある日本はまだ恵まれており、音楽分野でも機会の平等を実現するとしても無数にある個々の楽器などの技術についてどこまで機会を提供していくかといと難しいなとは正直思います。
    しかし、以前、スラム街の貧しい子どもたちに音楽家が楽器演奏を教えてオーケストラを結成して、エリオポリス交響楽団という名前で演奏活動をしているというのをテレビで観ました。今の私にできることは、こういった活動に賛同して応援することなのかなと思ったりします。

    トピ内ID:0070252100

    ...本文を表示

    自分の傷を癒やせるのは自分だけ

    しおりをつける
    blank
    アラフィフねずみ年
    たくさん悲しい思いをされてきて、まだその傷からは血が流れているのですね。
    ピアノに特に思い入れがあるようなので、そこを癒やさないと出口がないのでしょう。

    私はピアニストも目指して無かったし才能も無く、なんとなく習いに行きましたが先生の体罰がひどくてほとんど弾けないうちに辞めてしまいました。
    大人になって、自分の子どもがピアノを習いはじめて、私も習いたいと思いましたが子どもの先生は大人は(面倒だから)生徒は取らないと。
    そんな中、知人がピアニストに伝手があり、師事できることになりました。

    習ってみてわかったのですが、ピアニストというのはピアノが上手な人がなるわけではなく、表現する手段がたまたまピアノという楽器だった芸術家なのだと。
    もちろん、楽器は習える環境じゃないとだめなのですが、なんといったらいいかな、ピアニストはピアノが弾けなかったら別の手段で表現する人になっていただろうなと。
    その方に限ってかもしれませんが、努力とか嫉妬とか全く無くて、ただ目の前にピアノがあるからそれを弾く、頼まれるからステージに立つ、という感じです。

    それまで自分や子どもが習ったピアノの先生(全員音大出身ですが)とは、レッスンの内容も全く違います。
    基礎はみっちり厳しく叩き込まれますが、それは上手に弾くためではなく、より豊かに表現するための手段という感じです。
    レッスンというより、セラピー的な時間で、苦しいながらも癒されます。

    主様も、ピアニストの方にレッスンしてもらえる機会があれば流血がとまるかもしれません。

    トピ内ID:2941075392

    ...本文を表示

    ピアニストになる入り口は、習い事ではない

    しおりをつける
    🙂
    指の節が太くなる
    今までトピ主さんが、子どもの頃にピアノを習えなかった不満から、ピアニストに嫉妬する気持ちが理解できませんでしたが、今になって気がつきました。トピ主さんは、プロのピアニストになる入り口が、子どもの頃にピアノを習うことだと本気で思っているのですね。だから、ピアノを習えなかったことが、ピアニストになれなかったことに直結しているのですね。
    しかしトピ主さん。それは違います。子どもの習い事は、ピアニストになることの第一歩ではありません。子どもがピアノに興味を持って親に習いたいと言って、親がピアノ教室を探して連れて行く…はい、この時点でその子どもがプロのピアニストになれる可能性はかなり低いです。
    何故なら、プロのピアニストになる人はだいたいが物心つく前から当たり前にピアノをレッスンさすられていた人だからです。もちろん、中には音楽一家ではなくスタートがやや遅かった人もいるかもしれませんが、それでも子どもを音大や海外の音楽院に行かせられるような経済力と、子どもが芸術方面で食べていくことに理解がある親である事が必要です。
    私は、5歳から近所の個人のピアノ教室に通い、週一回30分のレッスンをごく普通の習い事のペースでやっていました。はい、もうこのスタートの時点でピアニストにはほぼなれませんから。さらに前のレスで書きましたが、小6で先生から本格的なレッスンをしないかと言われた(これを受けたら、上手くいけば音大に行って音楽の先生とか、ピアノ教室に就職できた可能性が若干あり)けれど、私の親はそのつもりはなく、そこまでの経済力もありませんでした。
    貧乏な田舎育ちでなく、都内に住んでる中流の上クラスの家庭でも、ピアニストになる教育は受けられません。趣味のピアノ止まりなんですよ、大抵は。
    ピアニストになれるのは、特別な人だけです。お姫様に生まれなかった事を悔やむようなものです。

    トピ内ID:8381044127

    ...本文を表示

    ピアニストに罪はない

    しおりをつける
    🙂
    わいキキ
    私、とある舞台人の追っかけをしています。歌もダンスも演技も上手で人格まで素敵。大ファンです。いつも思うのです。きっと物凄く努力したのだろうな、沢山家でも泣いたんだろうな…って。
    歌でもダンスでも一流と呼ばれるレベルに達するには相当な苦労がついてきます。もう辞めたいという葛藤や悩みもあったことでしょう。しかし一瞬の舞台の為に、頑張っている。誰かが喜ぶ姿を見たくてがんばったんだろうな…と思うのです。
    そして日々の訓練、そのつらい努力でさえ忘れる位、その事に夢中になれる。いつ観ても素敵で…!素晴らしいですよ。
    私は努力するのは大好きですが、賛美されると途端に逃げ出してしまう性格です。
    ある芸事で師匠から「その才能があれば…君は恵まれている!」「僕にもそれがあれば…!」「あなたは才能があるから…」といわれつづけて

    恐くなって…逃げました。
    努力あっての才能なのに、元々ある資質(才能)だからね!と苦しそうに言われた時のあの嫌な空気。殺気だった人の負の感情に嫌気がさしました。
    ピアニストとして成功しておられる方はきっとそんな負の感情でさえ跳ねのける強さと芸への愛があるのです。
    「もうそんな目で見られるのは嫌だ。やーめた」とあっさりその道を捨てた私は小物なのです。しかし小物なりに今は別の分野を極めています。

    これまで時間、教育、お金を費やしてきた親はがっくりと肩を落とし呆れていましたが非難はしませんでした。
    「道楽娘だな…仕方がないか…」と苦笑いするだけ。親孝行はします…許して下さい。
    どうかピアニストへの嫉妬という感情は捨てて下さいな。
    己と戦いながら日々努力されているのです。自分のやるべき使命を果たすべく。

    もう大人ですよね?なにが出来る?色々ありますよ…人生、喜びも楽しみだらけ!よーく見てみて下さい。どうか前向きに。

    トピ内ID:6760630374

    ...本文を表示

    自分ばかりを特別な人間だと思わないこと

    しおりをつける
    💍
    ペリドット
    テレビやコンサートを観ていて、観客側ではなくステージに立つ側になれていたらと憧れることは誰しも思うことですが、違和感があるのは、トピ主さんが、それが実現できなかったのを自分以外のせいにしているからです。まるで、状況さえ揃えば出来たかのような発言ですが、それならトピ主さんでなくとも、ここにいる誰もがピアニストやオリンピアンになれたってことですよね?
    自分ばかりを特別な人間だと思ってるからおかしな発想になるんですよ。

    トピ内ID:8912860127

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    ガーデン
    (トピ主レス10月10日 13:56)
    >みじめの意味が違うんです。例えば難関曲ができない等のみじめさと、保育園児からばかにされ、せせら笑われるみじめさとでは。

    子供がやるような教材を大人がやっていたからって、恥ずかしいのですか?
    私はいい大人ですか、可能ならもう一度高校に通いたいくらいですし、学び直したい大人は沢山いると思います。
    「子供の頃習わせてもらえなかった?貧しかった?」なんて、誰も思わないですよ。
    例えばですけと、50歳を過ぎて医者になった人、それに対し感じるのは賞賛や尊敬ではないですか?いまさら医者になってどうする?トピ主さんはそう思うのでしょうか。

    トピ内ID:9741801061

    ...本文を表示

    チャンスをもらう努力はしました?

    しおりをつける
    🙂
    おばさん
    >でも、そのチャンスさえも、与えられなかった。


    本当にピアノが好きで、ピアノを弾きたいと思う子は
    凡人が思いつかないことをしますよ。

    例えば、うちに来る生徒さんの中には
    自分で紙の鍵盤を作って机の上でエア・ピアノを長年しており
    学校や児童館にあるピアノで隙を見つけては弾き、独学です。

    お母様が知らないところで学校の合唱の伴奏を引き受け
    保護者の前での発表の場で我が子の実力を知って、
    うちへ連れてきた・・・という子がいました。

    かくいう私がピアノを習い始めたきっかけは
    4歳の時に祖父の家にあった古いオルガンを私が見つけ
    母が簡単にドレミファソを弾いてくれた後
    「母と同じに弾けない!(指が上手に動かない)」と
    鍵盤に咬み(鍵盤に歯型が残っています)つきながら
    オルガンをごちゃごちゃ弾いているのを
    祖父の家に行くたびにやっていたことがきっかけだそうです。



    >親に何度頼んでも


    お願いくらいでは、親は動かなかったのでしょう?

    トピ主が習いたいを思ったら、何かしら自分で動かないと。

    そういえば、うちの息子が弓道をしたいと言い出した時は
    自分で弓道場へ見学に行き、見よう見まねで家でゴム弓に似たものを作り、
    自主練をしていた後でしたね。

    子どもは、本当にしたいことがあるときは
    「親にお願い」以上のことをするものです。

    新幹線とか出てくると
    ピアニスト云々より
    ご両親へ恨みを持っているようですね。

    トピ内ID:5071290367

    ...本文を表示

    親を憎むのが辛いから

    しおりをつける
    🙂
    ピオニー
    子供は親への憎しみを、持っているのは辛いのだそうです。
    本来なら親に愛されて当然の存在である自分が、
    親に大切にされなかったという恨みを持つのは、
    本来なら大好きな親に対して、子として辛すぎるのだそうです。

    それがトピ主の場合、ピアニストに向いてるんでしょう。

    一連のトピ文やトピレスから、
    トピ主が本当に恨んでいるのは親御さんと分かります。
    親御さんが自分を可愛がってくれなかった事が悲しいのですよね。

    でも親を恨むのは辛い。

    だからピアニストに転化されているんだと思います。

    トピ主さんは親御さんに今でも話しても分かり合えないですか?。
    もう全然通じない親なら、恨みを持っていても辛いのは治らない。
    親が謝ってくれないようならもう自分で昇華し、
    自分を自分で大切にしてあげて下さい。

    トピ内ID:3908154850

    ...本文を表示

    わかるよ

    しおりをつける
    🙂
    常在戦場
    やりたかったんだよな。
    習いたかったんだよな。
    習うのにどんなに遠くても、
    どんなに苦労してでも、
    どんな目に遭っても、
    やってみたかったんだよな。
    満場の舞台でライトを浴びたかったよな。

    俺はトピ主とは全く違う立場で、
    親から目標を持たされた。
    しかし成就できなかった。
    自分はそれになりたかったか?
    なりたいなりたくないは深く考えなかった。
    今でよもくわからない。
    本当はなりたくなかったんだ、
    と思い込んでいるのかもしれない。
    親を喜ばせたかったというのもあった。
    しかし今でも悔しく思うし夢にも出てくる。
    なぜできなかったのか。
    なぜもっと頑張れなかったのか。
    きっと死ぬまで消えないだろう。
    だからか、五十歳前から、
    全く違うものに打ち込んでいる。
    歳の割には必死にやっている。
    みんな楽しみながらやっているのに、
    周りからは多分奇妙に写っているかもしれない。
    悔しさ、頑張れなかった後悔、
    全てをぶつけている。

    トピ内ID:7911793895

    ...本文を表示

    置かれた場所で咲きましょう。

    しおりをつける
    🙂
    音符
    トピ主さんの思った事、よくわかります。

    有名な音大に入りピアニストになるのには
    幼少から莫大なお金がかかります。
    親の理解と協力が必要だし
    良い先生に師事すると普段のレッスン代でさえ高く、教授のレッスンは1時間三万円でした。コンクールとなればレッスンも増え、
    交通費、宿泊代、ホールを貸し切り練習したり、、、、
    有名な音大のピアノとバイオリンの学生は
    こんな感じだと思います。

    才能があっても、お金がないと有名な音大には合格出来ないかもしれません。

    でもピアニストに資格は不要なので
    人の心を揺さぶる演奏をする人がいれば
    有名なピアニストになれるかもしれません。
    この話は別にして、有名音大からピアニストと言う事だけ考えれば
    確かに親の考え次第だと思います。
    裕福ではなくても、内職したり借金しながら子供の夢を叶えようとする親もいます。
    でも、殆どはお金を出せた家庭だと思います。
    そう考えるとトピ主さんの無念さも分かります。
    勉強なら塾に通わず東大に合格した人もいるけど、独学で芸大のピアノに合格した人はいないと思う。
    もしトピ主さんが、こんなピアノ生活をしてたら今頃有名なピアニストだったかもしれません。
    でも、途中で辞めてたかもしれないし、
    音大を卒業してもピアノで暮らせる職がなかったかもしれません。
    チャンスさえ与えられなかったかもしれないけど、
    置かれた場所で咲くしかないです。
    環境を恨んだりピアニストに嫉妬するより
    ピアノが好きで演奏を聴くのが好きな自分を好きになって下さい。
    私もピアノが好きだったけど田舎で教室もなく習う事が出来ませんでした。
    私の子供は絶対音感で、その才能を生かそうと環境を整えました。子供はピアニストになりました。いつかトピ主さんの置かれた場所が夢の協力者だったら素敵ですね。
    長文でごめんなさい。

    トピ内ID:1220497849

    ...本文を表示

    書き込んで頂き、有難うございます

    しおりをつける
    おんぷ
    ▲クラクラ様

    >向き、不向きってあるのです。芸術は!

    だからこそ、やってみないと分からない

    ▲きき様

    >その先はとても大変

    分かります、これって、公立の中学から進学高に入学後の成績みたいですね。

    >やって挫折するより、想像する方が幸せ

    よく、学校などで(やらずに後悔するよりも、やって後悔する方がいい)って、格言あるけど、あれはピアノにはフィットしないのでしょうか?

    ▲のんき様

    >家元制度に反対して~同じ趣旨で、批判をしていた

    でも、その立場になくても、弟子制度とか、それに代わる方式で、活躍している役者さんもいらっしゃるのでは?

    >もし、トピ主様がピアニストになっていたとして、今のトピ主様と同じ気持ちを持っている人に、なんとおっしゃいますか?

    「私は、たまたま両親や先生に恵まれて、周囲のお力があってピアニストになれた。自分の力は微力だ。芸術&スポーツ等は全員が機会均等ではないから、もし全員にチャンスがあったらもっとすごい表現者が出ているはず。夢や希望があっても、機会が与えられないのは、とても不公平だ。」

    ▲まるまる様

    >ピアノに執着するのを止めて、今からでも好きなことを始めたらどうですか?

    色々模索しても、ピアノという強力な磁石に戻されてしまいます。
    母親と別れた子が、他に優しい人を見つけなさいと言われているみたい。

    ▲キャロット様

    >勉強はしてきませんでしたか?

    それでも親の教育熱で塾とか、参考書とか、色々差はありますね。

    > 学校の授業の中で、得意なものはないのですか?

    義務教育は最低限ですから。

    >お子さんに習わせてあげますね?

    子供には(自分の人生を好きに選択してほしい。
    習いたいなら、全力で応援するし。途中で辞めてもいい。
    したくないなら、習い事したくないという気持ちを尊重する)

    という気持ちで子育てしてきました。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    おんぷさん、自分はお子さんにチャンスを与えていないじゃない!

    しおりをつける
    😍
    キャロツト
    > 子供には(自分の人生を好きに選択してほしい。
    習いたいなら、全力で応援するし。途中で辞めてもいい。
    したくないなら、習い事したくないという気持ちを尊重する)

    という気持ちで子育てしてきました。


    ↑は、貴方ダメじゃん!
    世の中のすべてのことを習わせてませんよね?
    ピアノを習ってピアニスト。
    では、貴方のお子さんは何を習わせて、どのプロに?
    何に才能があるのか「やってみないとわからない。
    習わないと機会均等でない。」のですよ!
    お子さんにさせてないでしょ。きちんと機会を与えなさいよ。

    トピ内ID:4357546690

    ...本文を表示

    今から何か習えば?

    しおりをつける
    🛳
    gura
    ものによっては、10年くらいやったら先生できるものもありますよ。

    弟子と言う生徒ではなくて、お客さんでいいなら、1年かじった程度のものでも先生としてやってる人も見かけます。

    子供は親を選べません。

    そして、生まれる場所も人間選べません。

    お金を持っている親でも、田舎にいたら知らずにできないことたくさんありますよ。


    もはやこれは運命なのです。

    だから、あなたは、ピアニストになるのは無理な人生だったの。
    でも、これからの人生は、自分で変えられるでしょ?

    その変えられる部分で頑張ってよ。

    とうか、それしかないの。

    トピ内ID:7132996799

    ...本文を表示

    どうしても

    しおりをつける
    🐧
    ヨコシマエナガ
    3つ目のレス読みましたが、どうしても親のせい環境のせいにしたいんですね~。

    小さい子より下手なのが惨めとか言ってレッスンやめちゃうような人は習ってても100%無理ですよ。
    これは本当に何歳だって同じ。
    やらない後悔よりやって後悔って、やらなかったのは貴女自身じゃないですか。
    小学校にもピアノはあるし、中学にも高校にもある。
    クラシックのピアニストは幼少期からのレッスンが必要でも、ジャズやポップスなら何歳からでも才能でカバー出来ます。
    ドレスを着てキラキラスポットライトは浴びれたかもですよね。

    でも実際何の行動も起こしてないじゃないですか。
    そしてやっと自力で習えるようになったら、「小さい子より下手な自分が惨め」って。。。
    大人になってから初めて習ったという人は何人か知ってます。
    小さい子もいるピアノ教室で、初心者の大人も上中級者の大人も混ざって発表会があります。
    大人から始めた人は確かに拙いですが、一生懸命で本当にピアノを弾くのが楽しいのが伝わってきます。
    そういう人が「小さい時に習える環境にいたら違う未来があったかも」と言うなら、確かにそれだけ楽しく一所懸命練習出来るなら、プロのピアニストとまではいかずともアマチュアピアニストとしては活動できたかも、と思います。

    でも他人の目が気になって惨め、と言ってるようじゃ無理無理。
    そりゃ仮定のタラレバ世界は現実の自分からいくらでも目を逸らせますからねー。
    「ピアニストになれたのは自分の力は微力?」
    本当に夢の世界にしか生きてないんですね。。。
    プロの練習量知ってて言ってます?
    いつまでも嫉妬の気持ちに囚われていてもそれはトピ主の勝手ですけど、それで幸せ?
    これからまだまだ何十年と生きるのに、未来を楽しまずに過去ばかり見て親を恨んで生きていくんですね。
    それこそ惨めな未来ですよね。

    トピ内ID:8975878023

    ...本文を表示

    貴女は自由でいられる

    しおりをつける
    🙂
    50代でバイエル再開
    ピアノとピアニストに対してとてつもなく高尚な夢や理想を
    もっていらっしゃいませんか?

    あくまで芸術分野のひとつに過ぎないのですよ。
    おそろしく周囲の環境と協力とお金に左右される音楽芸術のひとつです。
    だからこそ世界的な良い演奏は貴重だといえますが。
    そこにたどり着く人は、日本で10年に1人いるかどうか。

    もっと言えばピアノ演奏だけで食べられる人は両手の数いるかどうか。
    みんな教えながら食べています。

    どんなに子どもたちに環境を与えたつもりでも
    上には上がいる、そういう世界です。

    貴女はそういう競争や不条理から自由でいられますよ。
    50代すぎてバイエルから再開した私もそうです。

    保育園児から笑われたっていいじゃないですか。
    自分がキーをたたけば音が始まる。
    強さや弱さで変化する。
    50代を過ぎると五感を呼びさますものって重要です。
    聴覚にうったえるものを自分で作る事ができる。

    ドレミだけ叩いたっていいですよ。
    ましてバイエルはすばらしいCDもでているし
    その万分の一にもおよびません。
    でもいいじゃないですか、自由に音を楽しめば。

    もう一度、違う先生に習って違う教本をためしてみませんか?

    トピ内ID:5960542304

    ...本文を表示

    12日のレス、読みました

    しおりをつける
    blank
    でんち
    >その立場になくても、弟子制度とか、それに代わる方式で、活躍している役者さんもいらっしゃるのでは?

    では、主さんも音大へ行かなくてもピアニストになれたのでは?

    トピ内ID:3107243005

    ...本文を表示

    違うやり方でもう1度習いませんか?

    しおりをつける
    🙂
    50代でバイエル再開
    2度目です。

    おそらく習った先生か始めた教本が貴女にあわない、
    あるいは目標ができる範囲と違っていたと思うのです。

    50代になって再開して思うのですが
    とにかく右手と左手が違う動作で違う鍵盤を叩くのも
    難しくなります。
    楽譜をみてピアノの鍵盤を叩くのも「え~~~と」ってなります。

    次の先生にはつまずいた事を相談したらいいですよ。

    とにかく音を作り出して楽しむことです。
    そのためには1小節を20回以上は引き直して指に叩きこむこと
    も必要です。
    本当のピアニストはこれ以上の努力を何万倍も幼児からこなしてます。
    そしてくりかえしあきらめては泣き、報われない努力を呪い
    挫折を味わっています。


    バイエルを10年かけてひいたって私の年齢にはなりませんよ。(笑)

    トピ内ID:5960542304

    ...本文を表示

    習ってても大成しないよ

    しおりをつける
    🐱
    もね
    ピアニストになれてないから安心してください。
    そうやって環境のせいにしてるなら、
    ピアノを習ってても、
    グランドピアノ買ってくれないからだ、
    ~先生のレッスン受けさせてくれない、
    ~先生のレッスンが受けられなかったから音大落ちた、
    留学させてくれないから他の子より下手。
    留学しても仕送りが潤沢じゃないからバイトが必要で満足に練習出来なかった、
    もっと何年も留学したかった、
    帰国してもバックアップしてくれないから働かなきゃいけなかった。

    ずーーーーっと環境のせいにしてろくに練習しない言い訳するからコンサートが弾けるようなピアニストになってないよ。

    そんなになりたきゃ今日からピアニスト名乗ればピアニストだし、動画サイトで発表すれば誰か評価してくれるよ。

    ピアニストになってチヤホヤされて海外行ったりコンサートしたりお金稼ぎたーいじゃないなら、あなたも今日からピアニストですよ。

    トピ内ID:5401974386

    ...本文を表示

    大人になってからの習い事

    しおりをつける
    🙂
    ぽぽ
    トピ主さんと同じようにピアノを習いたかったけど習えなかった人達は沢山います。
    そんな思いを抱えて大人になって習い始める人も多いです。
    ピアニストが嫉妬の対象になるのは大きすぎる夢と現実感のバランスが悪いかもしれません。
    親も環境も選べません。
    社会人になったら親を恨むより自分で解消するべきです。
    ピアニストと比較なんて止めて憧れにすれば良いかと。
    そしてピアノへの思いがあるなら趣味で楽しめば良いと思います。
    数年前に聞きたい演奏と演奏の空き時間に
    大人の生徒さんの演奏があり、時間潰しに聴きました。
    けして上手な演奏ではありませんでした。
    でも、でも、暇潰しに聴いたなんて申し訳ないと思ったほど感動しました。
    演奏前の紹介のアナウンスで1人1人ピアノを始めた思いが語られました。
    習えなかったピアノを始めた。
    ショパンを弾けるようになってから死にたい~80代のお婆ちゃん。
    それぞれのピアノへの熱意が伝わってきました。ホントにピアノが好きで一生懸命さが
    ヒシヒシと伝わってきて涙が流れるほど感動しました。
    ピアニストを目指す訳ではなく習い事として
    ピアノを習ってるお子さんも多いかもしれません。
    でも大人の習い事って本人の意志なんですよね。自分の意志だから頑張ります。すごいと思いました。
    トピ主さんはプライドが高いのかもしれません。大人になって習い始めたら子供達よりレベルが低いって当たり前かもしれません。
    それこそピアニストになる訳じゃないし
    自分が少しでも上手になれれば、それで良いのでは?自分の上達を楽しみに頑張れば良いと思います。
    比べる事を止めてピアノを習えば良いのにと思いました。

    トピ内ID:1220497849

    ...本文を表示

    で、これから先どうするの?

    しおりをつける
    🙂
    おかん
    私は4才からピアノを習い中学まで続けましたが、部活等忙しくなってやめました。
    ピアノの音は今でも大好きで、流れてくると耳が反応します。
    弾けたら楽しいだろうと思いますが、もう40年もブランクあり指は動きませんね。聴くだけです。

    さて、おんぷさん。
    過去と他人は変えられない。
    変えられるのは、自分と未来だけです。
    これから先、どうしたいのですか?

    人生100年。
    私は半分ちょっと過ぎたところなので、これから先なんでもできると思っています。
    為せば成る、為さねば成らん…です。

    トピ内ID:1639341483

    ...本文を表示

    視野を広げましょう

    しおりをつける
    blank
    のんき
    12日のレス拝見しました。

    私の書いたこと、伝わらなかったようで、申し訳ありません。

    一方で、今のトピ主様には、他の見方は出来ないんじゃないかな?とも思いました。

    トピ主様のような方は、多くはないかも知れませんが、類型はあるように思います。

    太宰治の津軽を読まれた事がありますか?

    太宰治は旧家の生まれで、叶わない事はないくらいの環境であったと思いますが、それでも、思い通りの人生は、歩めなかったように思います。

    ですから、親のせいにも出来ず、自分を責めるしかなくて、さぞや辛かっただろうと、1ファンとして思います。

    (津軽には、切なくなるほど、そのようなエピソードが出てきます。)

    親のせいに出来るトピ主様は、お幸せだと思いますよ。

    トピ主様が今の状況を抜け出すには、自己相対化出来るようになるしかないと思います。

    そのためにも、視野を広げましょう。

    トピ主様に伝わることを願って。

    お達者で。

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    芸術系の仕事をしています

    しおりをつける
    🙂
    ティーマ
    年に一度くらいは、トピ主のようなことを面と向かって言ってくる方に出逢います。こちらがどんなに謙虚な答えをしても、そういう方は、何故か私に向かって、いくらでも食い下がってきます。

    不毛なのでたいていはコーディネーターさんやマネージャーさんが引きはがしてくれますが、私的な場で言われた時は自分で対処せざるを得ないことがあります。

    私から申し上げられることはただ一つです。「それはあなたの問題であって、私にそれを言われても、あなたは救われません」としか言いようがないです。

    親が環境を与えてくれなかったと言いますが、子供の頃に良い環境さえあればプロの演奏家になれるような才能を持っている方って、大人になってから楽器を始めても上達が異様に早いですよ。「才能がある」って、こういうことなんだ、と驚かされます。そして、才能のある人はセンスもいいです。簡単な曲さえステキに弾いてしまう。そして、センスがある人は、そういう自分の演奏の素晴らしさも理解できますから、自分の演奏を楽しみます。

    トピ主さん、大人レッスンで幼稚園児に笑われるくらいしか上達しなかったということは、やっぱり才能がないんですよ。

    ベトナム出身のピアニスト、ダン・タイ・ソンさんをご存じですか? 彼はショパンコンクールで優勝して世界的なピアニストになりましたが、子供の頃、ベトナム戦争の空襲の中、月明かりで紙に描いた鍵盤で練習したというのは有名な話です。「才能」って、こういうことですよ。

    「才能」は残酷です。トピ主みたいな人には想像もつかない世界です。環境さえよければ自分は今ごろピアニストだったなんて、所詮、ごまめの歯ぎしりです。

    人を惨めにするのは他人ではなく、自分です。トピ主さん、自分で自分を惨めにしていることが分かるでしょうか?

    音楽そのものに向き合ってください。癒しがあるとすれば、芸術を純粋に楽しむ自分の中です。

    トピ内ID:4991656821

    ...本文を表示

    スポット浴びて称賛されたい欲望が、ピアノに執着してる

    しおりをつける
    🙂
    指の関節が太くなる
    結局トピ主さんは、ピアノが好きでピアノを上手に弾きたい願望の究極として「ピアニスト」があるのではなく、スポットを浴びて称賛されたい欲望がピアニストへの執着になっただけではありませんか。
    >みじめの意味が違うんです。例えば難関曲ができない等のみじめさと、保育園児からばかにされ、せせら笑われるみじめさとでは。
    この文章から、トピ主さんはたとえピアノを習えたとしてもプロにはならなかったろうと思えます。理由は以下です。

    トピ主さんは、「ピアノが好きなら独習しなかったのか」というレスに、それではピアニストになれないと言いますが、それは大人になったら今だから言えることです。ピアノを習いたい田舎の子どもが、音大に行けないとピアニストになれないから…等と冷静に把握していたとは思えません。
    私の知人で、子どもの頃は独習でピアノや楽器を練習して、アマチュアオーケストラの団員になっている人や教育学部の音楽専攻を経て音楽教師になっている人がいます。彼らは、子どもの頃は将来がどうこうとは考えず、ただピアノが弾きたくて弾ける機会を作っていた、または練習したら夢が叶うと信じていたようです。
    本当にどうしてもピアノに惹きつけられた子なら、何とかして弾いているし、ピアニストになれる隠れた才能がある人なら、独習でやってもそこそこ弾けるようになります。少なくとも、保育園児に笑われないくらいには。
    また、ピアノが好きで真にピアノと向き合っている人は、人にバカにされる事よりも、難曲が弾けないことの方が惨めで辛いと感じます。ピアノを練習していたら笑われることやバカにされること、時には罵倒されること等いくらでもあります。でも良いのです。その時は恥ずかしくて辛いけど、練習して克服すれば良いのだから。しかし、自分の実力の壁に突き当たってしまった時は惨めというか、恐怖です。笑われる方が何倍もマシ。
    続きます。

    トピ内ID:8381044127

    ...本文を表示

    スポットを浴びて称賛されたい欲望がピアノに執着2

    しおりをつける
    🙂
    指の関節が太くなる
    続きです。
    トピ主さんはピアノという磁石に引き寄せられるそうですが、それが執着ではなく情熱なら、笑われても恥ずかしくても辞めないと思います。
    人前で弾くのが恥ずかしいなら、ある程度弾けるようになるまでは一人で独習すれば良いですし。
    再度言いますが、多少でも才能がある人は独習でもそこそこ弾けるようになります。教本で言えば少なくともブルグミュラーくらいまでは。それなら、保育園児にバカにされはしないのでは?
    結局、なんだかんだと理由をつけて独習はしないこと、笑われただけで辞めてしまうこと、少し習ったらすぐ弾けるようになるほどの才能はないこと。これだけ揃えば、ピアニストになれる素質はなかっただろうなと思えます。
    トピ主さんが、手当たり次第独習した子どもだったなら、情熱の面ではピアニスト向きだったかもしれないし、笑われても練習したならメンタルはピアニストかもしれない。あるいは、大人になって習ったら中級くらいまではサラッと出来たなら、ある程度は才能があったかもしれない。
    トピ主さんはどれも違うようなので、やはりピアニストになれる才能、情熱、メンタルは、どれもなかったのではないかと思います。…それが普通です。ピアニストになれるのは、これらを兼ね備えた天才だけ。
    ここまで厳しいことも書きましたが、決してトピ主さんは「ピアノに向かない」とは思わないし、拍手を貰いたい気持ちもわかります。だからこそピアニストへの執着をまずなくせませんか?そうすれば、今からでもスポット浴びて拍手されるチャンスはあります。 
    大人になってから習い、一度は子どもにバカにされて辞めたけど、それでもピアノが好きで再開しました、精一杯弾きます!と言って、大人の趣味の発表会に出れば、かなり拍手を貰えると思います。また、今流行りの駅においてあるピアノでも探して弾けば、たくさんの人が見てくれるはず。諦めないで欲しいな。

    トピ内ID:8381044127

    ...本文を表示

    一緒にお考えくださり、有難うございます

    しおりをつける
    💢
    おんぷ
    ○かたつむり様

    >嫉妬する時間があれば、進歩するために

    私も他の分野で色々模索したのですが、結局趣味の世界ってお金がかかるばっかりと気が付いて。

    ○紫陽花(しよか)♪様

    >その道で成功を修めた人に嫉妬するなんて

    だから、技能が上ということで、できない人をばかにしたり、いじめたり、無視する人もいるんですよ。

    ○おうえん天使様

    あれこれどんどん手を出していると、何も結果が出せないままnobody になる危険性有り。

    あれこれどころか、ひとつも手を出せなかった。

    >私のそのカウンセラーさんは~子ども時代の苦労は、今この方の職業にめちゃめちゃ役に立っている

    なりたい職業になれたら、逆説的に、その過程は肯定されて素晴らしいです。

    ○猫様

    毎日ピアノを貸してくれる先生はレアケースではないでしょうか。
    これをやると、一人の生徒だけ特別扱いと、問題になりますよ。

    教育環境はさまざまですね。私も、ものさし持って、つきっきりで教育してほしかったです。

    ○けん様

    音楽を聴くときに、私は聴く人、演奏することはないんだと思うとせつないですね。(ピアニストになりたかった私は、自分で好きに、楽しんで趣味で演奏したら?と言われたくないのです)

    ○パステルカラー様

    子供の頃に習ってた人は、基本ができてて、途中ブランクがあっても違うなと思います。いったんやめたことで、競争コースから脱出することができて、あとは楽しめそう。もし、心の傷があったら、多分習えないし、続けないだろうから。

    ○絵筆様

    資産家だったのに、暮らしが激変なさった。よく判ります。私も母の実家は資産家だったけど、格差のある父と、反対を押し切って結婚したから。

    運命に導かれる。スポーツでも、コーチがその選手にほれこんでみたいなのもありますよね。でももともと、習っていたから、コーチに導かれたのでしょうけど。

    トピ内ID:7389325410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    何かを表現したいんじゃないのね

    しおりをつける
    🙂
    十六夜
    ピアニストのみならず芸術家は何かを表現する人ですが
    あなたの文章からは「表現者」としての熱さは感じられません。
    伝わってくるのはピアニストになりたかったという暑苦しい執着。

    このトピのなにが不思議といって、それだけピアノを習いたかった人が
    今まで一回も真剣に習おうとしていないことです。
    ちょっとやってみて保育園児に笑われたという理由で「やーめた」。
    その後は「子供の時から訓練していれば」「親が習わせてさえくれたら」と牛のヨダレのように文句文句文句。

    大人になってから独習でピアノを極めた人を親切に挙げているご意見は無視。
    反論できない指摘も無視。
    一方で反論できそうな意見だけ選んで噛みつくその攻撃性。

    芸術家として人の心を感動させる才能の片鱗も感じられない。

    ピアニストはドレスを着て難曲をスラスラ弾いて称賛される人ではありません。
    ピアノ教室でふんぞり返って、ちょっと教えるだけでがっぽり儲かる職業でもありません。

    まずそこから間違ってますが、あなたはどこが違うのか一生わからないでしょう。

    このトピが、
    「幼少期に○○というピアノ曲を聴いて衝撃を受けた。
    いつか自分も弾いてみたいと熱望したがピアノを習う機会に恵まれず。
    あの難曲を弾きこなすピアニストに嫉妬せずにはいられない。
    へたでもいい。笑われてもいい。あの曲を弾きたい。
    当時の感動を自分が弾くことで誰かに伝えたい」
    というトピなら応援のレスがほとんどだったでしょう。

    トピ主の目と耳が嫉妬と我執で曇っている限り、
    悔しさで歯ぎしりしながらも一歩も前に進まない、つまらない一生を送ることになる。
    心から残念です。

    トピ内ID:9189956816

    ...本文を表示

    カウンセリング受けたら?

    しおりをつける
    blank
    ひじきと生姜焼き
    ご自分でおわかりなのか認めたくないのかわかりませんが
    見栄っ張りで承認欲求を拗らせてしまった人ですよね。
    音楽以外でも努力して恥をかいて
    何かを成し遂げたことがあるのでしょうか?
    チヤホヤされたい身分のスタートラインになれなかったのは親のせいだ
    と言われてもさ
    そりゃ惨めな人生だろうな、と思いますよ。
    自分で自分がお嫌いみたいだから。

    ここで噛み付いても満たされることはないですよ。
    全くもって方向性を間違えていらっしゃる。

    トピ内ID:2848836896

    ...本文を表示

    お稽古事は「みじめ」とセットです

    しおりをつける
    🙂
    麦の穂
    技術のある人間を嫉妬しているとのことですが、ステージでスポットライトを受けて喝采を浴びるピアニストに「あなた下手ね、年取ってからやるなんて、無駄なだけよ」と言われたのでしょうか。違いますよね?レスに出てくる「保育園児」やレッスンで関わりのあるごく少数の人たちだけでしょう?

    音楽を習っていながら他人の演奏をせせら笑うのは、親や教師の躾が悪いだけなので、気にする必要はありません。ただ愚直に、自分のなすべきことに集中すればよいのですから、また独学ででも練習なさればよいと思います。


    私はある邦楽器を演奏しています。芸事のお稽古は自分の欠点・弱点を直視することとセットですから、誰も笑わなくても、みじめなこと・情けないこと・辛いことだらけです。

    良い音が出るまで長くかかる楽器なので、途中で投げ出して辞めてしまう人も結構います。でも、己の不甲斐なさに耐えて頑張る人は、才能の多寡を問わず、ふっと階段を登る瞬間が必ず訪れます。才能豊かな人以外(私を含む)の上達如何は、それの瞬間まで辛抱して謙虚にお稽古を積めるかどうかだと個人的に思います。

    ちなみに、子供の頃は洋モノの楽器を習っていましたが、昔の先生は怖かったです。間違えれば幼児相手でも手を叩く、凍り付いて涙も出ないほどの厳しい叱責など普通にありました。そんな先生に当たっていても「もっと優しい先生なら、もっと練習好きになって上手になっていた」と言わない自信はありますか?

    トピ内ID:0786035924

    ...本文を表示

    13日のレス読みました

    しおりをつける
    🙂
    ティーマ
    何か違和感があるとずっと思っていましたが、このレスで、その違和感の正体が分かりました。

    トピ主は、「どうやってピアニストになるか」を誤解してるんです。

    トピ主はどうやら、「ピアニストには、いいピアノを与えてもらい、親や教師がつきっきりで厳しく指導すればなれる」と思っておいでのようですね。

    そこが違う。全然違う。

    正しくは、「才能のある子を見出して、その才能を伸ばす」なんですよ。

    何事も才能ありき。才能がある場合に限り、努力や環境が実りを与えるのです。

    で、その才能のあるなしはどこに現れるのかというと、私の前回のレスに書いた通りです。何歳から楽器を始めても、自然と上達してしまうし、どんな簡単な曲でもステキに弾けてしまう人、そして、そういう子供です。

    トピ主はそうじゃなかった。ちょっと習い事をして思い通りにならないからと言ってやめてしまった。これは才能がないからこそです。つまり、子供の頃のトピ主にどれほど完璧な環境が与えられたとしても、無駄になったでしょう。

    大変つらいことですが、これが「演奏家」という、才能がものをいう世界なのです。

    トピ内ID:4991656821

    ...本文を表示

    これからどうしますか

    しおりをつける
    🙂
    エノコロ
    レスをした方たちは、暖かく共感してくれる人も厳しく叱咤する人も、いずれの場合もこれからのトピ主様の一歩のためのレスをしていると思います。

    トピ主様がただグチを言いたくてトピを立てたのならいいけれど、トピ主様が返しているレスは不毛な言い返しでしかないですよね。その場に居続けて恨みごとを言いながらぐるぐる回り続けますか?まあそういう人生もあるかもしれませんが。

    多くの人は、というかほとんどの人は欲しくても与えてもらえなかった経験があると思います。その悲しさの部分はトピ主様に共感できるかもしれない。でも割り切ったり諦めたり自分でつかみ取りにいったりして生きているのです。だから文句を言うばかりでそこから出てこないトピ主様には共感できないのですよ。

    これからどう生きるかトピ主様次第です。トピ主様は実はピアノなんて本当は好きじゃないでしょ?そろそろ「スポットライトを浴びる素敵なピアニストの私」の呪縛からご自身を解放してあげてもいいのではないでしょうか。

    トピ内ID:5451773591

    ...本文を表示

    独学は出来たはず

    しおりをつける
    blank
    ささにしき
    親が習わせてくれなくても、学校にはピアノやオルガンはありましたよね?
    先生にお願いしたら、弾かせてもらえたと思いますよ。

    私の周りには、家にピアノがなくても独学で好きな曲を弾けるようになった人が複数いました。
    本人のやる気のみで、ショパン、リスト、シューマンなどが弾けるようになった人たちが。
    放課後は部活で音楽室が塞がりがちになるので、休み時間に弾いたりしていました。ピアノが弾きたいがために、合唱部に入り、休憩中にピアノを弾いたりしていました。部活だと、音楽の先生にアドバイスも貰えていたようです。家では鍵盤を書いた紙で練習していたそうです。
    私は合唱部で、ピアノにそれほどの情熱はありませんでしたが、発声練習や、簡単な伴奏曲は独学で弾けるようになりました。

    それほどピアニストになりたかったトピ主さんが何故そうしなかったのか、不思議でなりません。
    少なくとも、小学校から高校にはピアノがあり、弾ける機会はいくらでもあった筈。小学生から独学で続けていれば、大人になって教室で保育園児に笑われることもなかったでしょうに。

    習った時ですら、みじめで辞めてしまったトピ主さんですから、おそらく弾けない自分が学校でピアノを弾いて、周りに下手だと思われたくないとか、プライドが勝ってしまったんでしょうね。ピアノよりプライドが大事だったトピ主さんは、ピアノが好きだったようには思えません。

    >活躍されているピアニストで、子供の頃から習わずに、教室や学校に通わずに自力で努力して、その地位になったひとの名前を、ぜひ教えてください。

    井手諒さんは24歳まで独学でピアニストになった人です。大人になってからは習ったようですが。24歳まで独学でもサントリーホールでリサイタルを出来るまでになっています。やっぱり、紙鍵盤、学校のピアノ、合唱部での伴奏などで練習していたそうですよ。

    トピ内ID:7932786690

    ...本文を表示

    十六夜さんに同意

    しおりをつける
    🙂
    Welcome
    語学だとわかりやすいですが、
    気持ちを伝えたい・コミュニケーションとりたい、
    という思いがけなければ宝の持ち腐れです。
    (発音だけきれいなバイリンガルとかいます)

    外国人の恋人ができると語学の習得が早いのは、
    『相手に自分の気持ちを伝えたい、相手をよく知りたい』
    という気持ちが最大限にあるからでしょう。

    音楽も表現である以上、
    同じ要素があります。


    トピ主さんは
    コンサート聞いているときも、
    演奏者の感情表現とか受け取ってなかったんだろうな、
    と思います。

    クラシック、ジャズ、ポップス、ロック、
    色々なジャンルに関わらず、
    心揺さぶられるコンサートに行かれたことないんだろうな、て。
    そういうコンサートにいくと、
    表現を演奏技術を磨いてくれてありがとう、
    という気分になります。

    『私もなにか伝えられないかな』という思いは生まれても
    『あそこに私も立てた可能性が!』とかまず思わない

    トピ内ID:7331015513

    ...本文を表示

    ピアニストは環境

    しおりをつける
    🙂
    あさ
    トピ主さんの言うピアニストが、どの程度の方々なのかわかりませんが、
    日本でピアニストだけで身を立てている人はほとんどいません。
    みんな多かれ少なかれ、教える仕事等と兼ねてやっていて、
    大学教授にでもならない限り、一家を養うほどにはなれません。

    もしクラシックのピアニストを指すのだとして、
    そこそこお上手な、コンクールの入賞者さんたちはみな、
    幼少期から、選び抜かれた先生に、ピアノを習わされています。
    自我が芽生えてから習いたい、と言って始めている人は少なくて、
    ほとんどが、気がついたら習っていると言う状態。
    だから、自我が芽生えてから始めたいと言ったトピ主さんの家庭環境では、
    トピ主さんの年齢にもよりますが、
    早い段階で挫折がきていたと思いますよ。

    年齢による、と書いたのは、
    60代以上だと、習っているだけで希少価値、という地域も多かったからです。
    しかし、現在の40代団塊の世代Jr.だちは、ネコも杓子もピアノやってました。
    先生のレベルも様々。
    プロになれるようなレベルの高い先生は地域には全くいなくて、
    遊びに習いに行くみたいな教室がたくさんありました。

    つまりピアニストとして活躍するためには、
    ・物心つく前にピアノを習わせるマインドの親がいて
    ・レベルの高い先生に習うことができて
    ・親が日々のピアノの練習などに厳しくて
    ・本人が練習を継続的に続けることができる素質がある
    という環境と素質があって、やっと下地ができます。
    それから厳しい競争の道に行くわけです。

    トピ主さんはそういう環境がなかった、ということだと思うのですが、、、
    そんなに嫉妬してくれるなんてピアニスト冥利につきますね。

    トピ内ID:9270736468

    ...本文を表示

    なんかすごい不幸なのかな

    しおりをつける
    🙂
    ジョキン
    最初は分かるかも…と思っていたのですが、トピ主さんのレスが続くたびに、この人は今ものすごく不幸で寂しいのかなと感じてしまいました。

    トピ主さんが人並外れて承認欲求が強く、虚栄心が強いのかもしれないけど、多くの人はまずそこまでスポットライトを浴びて世界に名をとどろかせようと思ってないし、そうなれなかったとしても、自分の日頃の頑張りを評価してくれる家族や友人や職場の人達がいるから気持ちが落ち着いています。
    もちろん私にも承認欲求はあります。でもその欲求は自分の手の届く範囲で周囲に認められた、役に立てた、褒められたことで満たされます。

    でもトピ主さんは、自分にあったかもしれない才能を発揮するチャンスが与えられなかった過去を恨み、チャンスがあっても得られたとは限らない栄光が無い現状を嘆く。
    つまりは「私はこんな人生のはずでは無かった」と考えているのでないでしょうか。
    トピ主さんのレスを見ていると中学生ぐらいの時に夢想する、実は自分はどこかの王家の産まれである日迎えの使者が来るとか、異世界に転送されたらめちゃくちゃ強かったとか、今のこの暮らしは夢で現実世界では救世主だった、みたいなものを感じます。

    今誰からも認められず尊重してもらえないから、子供の頃にチャンスさえ与えてもらったらみんながひれ伏す人間になれたかもしれないと考えるのではないでしょうか。

    その欠落感を満たすのはなかなか難しいようにも思いますが、まずは自分の今の力で、手の届く範囲で達成感を得るように、仕事なりなんなり頑張って、着実に実績を積み上げてみてはいかがかなと思いました。

    それでもやっぱり不満が残るなら、いっそのこともっと苦しい人と触れ合うボランティアをしてはいかがでしょう。コンサートなど行く余裕もない程日々の暮らしに苦しい人、親に財産が無いため介護に苦しむ人と接してみれば少しは満たされるのでは?

    トピ内ID:4575594464

    ...本文を表示

    高いお金出して音大行っても役にたたない

    しおりをつける
    🙂
    ぽこん
    我が家の娘は 近所にあった教室に行き 関東圏の某音大に行きました

    自宅からは通えなかった為 仕送り
    学費 家のローンもあり本当に大変でした 美容院にも行けず前髪を自分でカットしてました

    なのになのに 娘は今は子育て中
    音楽とは全く縁のない生活をしています

    本当に無駄でした

    中学の時に 音楽の先生に娘の進路を相談した時 音大に行っても音楽で生活していけるのは ほんの一握りですよ
    とアドバイスいただき 本当にその通りだったと思っています

    ご参考までに(私の愚痴になってしまいました)

    トピ内ID:8933562900

    ...本文を表示

    ピアニストが問題じゃないのか

    しおりをつける
    🙂
    Welcome
    もう一度トピ文を読んで思いました。


    なんか親から満たされない思いがあって、
    文句いいたいけど言えない。
    分かり易く文句付けやすいのがピアノだったんかな。
    ピアノへの情熱は感じられないので。


    貧乏な親にしたら精一杯色々とやってくれたのも分かるし、
    虐待されたわけでもない。
    他人に言っても『今の生活はそんな悪くなさそうだし良いじゃない』
    とか言われる。

    でも満たされなーい!
    ではないでしょうか?

    それなら『今からピアノ練習したら?』とか
    『ピアニストの努力を考えて』
    とか言われてもなんともならないですね。



    カウンセリング言って、
    親への鬱憤を一度ぶちまけてはどうでしょうか?
     
    お金はかかりますが、
    カウンセラーさんはどんな小さな不満も
    『それくらいで!』とか言わず肯定して受け止めてくれます。

    対面がオススメですが
    今ならzoomとかもあり自宅でも受けられますよ

    トピ内ID:7331015513

    ...本文を表示

    自分を認めることが出来ない未熟な人

    しおりをつける
    🐱
    アラカンです
    というのがずっとトピ主さんの文章を読んだ感想です

    大人になって始めたら保育園児に笑われて惨めだったから続けられなかった。それを大人なってピアノを辞めた理由だという

    あまりに執拗で変質的です

    何人も言っているように、本当に才能がある人は大人になってから習ってもプロにはなれないかもしれませんが、ちゃんと開花します

    何を言われても納得はできませんよね
    あなたにあるのはそういう問題ではないからです

    貴方に必要なのはカウンセリングかもしれません

    ここで一生懸命言葉遊びをしてストレス解消になってますか?

    ピアニストに嫉妬するのもあなたの自由です
    それを他人にぶつけることでしか自分の存在を鼓舞できない
    気の毒でなりません

    トピ内ID:3288682870

    ...本文を表示

    大人になってビアノを習い始めたくちです

    しおりをつける
    🙂
    むむむ
    こんなに思いが強いなんて、きっと才能があるのかもしれませんね。
    ここまでの思い入れがあるなんて、すごいです。
    わたしも子供のころにはピアノの先生について習ったことはありませんでした。自己流で子供のころは弾いていました。
    小学校の合唱の伴奏等で、先生がピアノを習っている人、と聞いてその子たちに担当させたりすることがあって、うらやましいと思っていました。

    大人になって、ピアノを先生に付いて習い始めました。きっとおんぷさんから見たら、我慢ならない状態なのだろうと思いますが、続けています。
    こんな曲、絶対、無理!と思っても自分で練習すれば、少しずつでも上達します。世の中には、自分の思い通りにならない事ばかりですが、ピアノの練習に費やした努力は必ず返ってくると思います。
    それでも、中々上達せず、先日の発表会でもミスばかり、夜寝床の中で悔しくて、情けなくて泣きました。また頑張ります!

    トピ内ID:3452869787

    ...本文を表示

    お気持ちわかります。

    しおりをつける
    🙂
    音楽好き
    私も子供の頃、ピアノを習いたかったのにさせてもらえませんでした。
    姉がピアノを習い始めたのにすぐ辞めてしまったため、
    私には習わせても無駄だから、という理由で、何度頼んでもやらせてもらえませんでした。

    そして私も大人になってから(26歳)自分のお金でピアノを習い始め、
    20年以上レッスンを続けています。

    トピ主さんのいうピアニストとは、
    コンサートだけで食べていけるようなピアニストのことですよね。
    私も、子供の頃から習っていたら、もっと指も動き楽譜の覚えもよく、
    コンサートピアニストになれたかもしれなかった、と思うことはあります。
    自分の意思に反してできなかったことというのは、「やらなかったこと」と違って心に残りますよね。
    わかります。

    でも、これから書くことは綺麗事だと思われるかもしれませんが、ぜひ聞いて(読んで)ください。

    大人になってからの私のピアノの腕前は、とても人様に自慢できるものではありません。
    でも、自分でピアノを弾くということは、確実に私の人生を豊かにしてくれました。
    楽器を弾くというのは、楽器の力を借りて自ら音楽と一体になることだと私は思います。

    片手でドレミファソを弾くのもおぼつかなかったのが、音階を弾けるようになり、
    簡単な曲が弾けるようになり、楽譜が読めるようなり、発表会で演奏し、(たとえお世辞でも)喜ばれる。何より好きな曲を自分で弾くという経験は何事にも代えがたいものです。

    ぜひ、またレッスンを再開して、音楽を聞くだけでなく一体になる、自ら音楽になる喜びを感じてください。
    時間はかかるかもしれませんが、音楽がいつかトピ主さんの過去の苦しみを癒やしてくれるのではないかと思います。

    トピ内ID:8361360228

    ...本文を表示

    無いものねだりしてもさ

    しおりをつける
    🐱
    ババリーナ
    私はバレエ習ってますけど、日本でも、世界のバレリーナでも、地方の裕福でない出身の人はいます。

    どんな巡り合わせでバレエと出会い、プロになれたんだか…そういう縁があったんだと思います。
    それと、本人のすごい努力。

    大人バレエのクラスで、トピ主さんのように、「子供の頃バレエ習いたかったけど無理で、40代の今になってやろうと思ったの」って人 多いです。50代から始める人もいます。

    バレエは習得するのに時間がかかるし皆さん初めはそりゃぁ下手ですが、好きな気持ちが優先して頑張ってレッスンして発表会にも出てますよ。

    トピ主さんは大人になってピアノ習っても惨めだったとやめてしまったって事は、ピアノとは縁が無かったんだと思う。
    縁が無かったものを無いものねだりして欲しがっても仕方なくないですか?

    可愛いお子さんおられるなら、十分幸せだと思いますけどね。

    トピ内ID:9908732296

    ...本文を表示

    特技がない。

    しおりをつける
    😍
    落ち葉
    最初読んだ時は気持ちが分かる気がしたけど
    読むにつれ考えが変わりました。
    スポットライトを浴びるピアニストを見て
    羨ましくて
    特技のない自分が情けなくなった。
    その矛先はピアニストへの嫉妬と親への恨みになった。
    大多数の人は【今からでもピアノを習おう】って思うのかもしれません。
    そして少しずつ弾けるようになる喜びを感じるのかもです。
    主さんは自分を過大評価し過ぎてる。
    過大評価してるのに努力しない。
    【ピアニストになりたかった私に自分で好きに、楽しんで趣味で演奏したら?と言われたくないので~】と返信文にありましたが
    この思考が主さんを意固地にして屈折してる気がします。
    楽しんで趣味で演奏すれば良いのに。
    子供の頃は大きな夢を持ち大人になれば現実に気が付くものです。
    大きな夢にしがみつきピアノを習って止める人より小さな進歩に喜びを見出だせる人の方が幸せです。見ても聞いても素敵です。
    息子は小さい頃から聴こえてくる音がドレミ聴こえて音楽的センスがあって、音楽に関しては驚かれました。
    ピアニストになる才能とはこう言う事です。
    それと【習い事をさせてもらえなかったから何も特技がない】と特技がないのを人のせいにして生きてきた人はピアニストは無理でした。
    編み物・料理など、特技を持つ友達もいます。スポットライト浴びて拍手喝采の特技じゃないけど凄いって思う。
    今充実し情熱を注げる何かがあれば思考も違ったと思う。恥なんて思うプライドを捨てて頑張った方が自分のだめです。
    ピアニストになりたかったのならもう一度ピアノを習い好きな曲、弾きたかった曲にチャレンジして下さい。その曲が弾けるようになったら自分に拍手してあげて下さい。ピアノを好きになって下さい。
    自分の為に考え方を変えた方が主さんの為だと思いました。

    トピ内ID:1220497849

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    ぶんちゃっちゃ
    ギャンブラーだった漁師の男性が突然フジコヘミングの『ラ・カンパネラ』に魅了され、
    楽譜も読めないのにピアノを始め、弾けるようになり、TV番組の企画でフジコヘミングの前で演奏する、
    というのを見ましたよ。
    フジコさんも真剣に耳を傾けていらっしゃって、「ブラボー」と。
    「人間性が出ていてよい」というようなことを仰ってました。


    ギャンブルするお金が無くなり、暇を持て余して見た映像で感銘を受けたんだったかな?
    50歳過ぎてからピアノを、しかもいきなり感銘を受けたラ・カンパネラから。
    楽譜が読めないのでスマホのアプリとか動画投稿サイトの練習動画を見て指の動きを覚えて練習したのだそうです。
    始めてからTVまで7年間だったかな?
    今は漁師の傍ら、イベントなどで演奏もされているようでした。
    (ラ・カンパネラ一曲で!)
    トピ主さんが思うピアニストと上記の男性とは別かもしれませんが、
    人を魅了し、人に呼ばれ、あちこちで演奏を聞いて貰う、という活動はされてらっしゃるようです。
    トピ主さんもそんなに執着しているのなら、もう一度やってみたらいいんじゃないですか?
    この男性は50歳超えてから、しかも楽譜も読めないのに始めてらっしゃいますので、本当に執着できるのなら今からでも可能だと思いますよ。
    一時的にも習ってらっしゃって楽譜は読めるのでしょうから、この男性よりは先を行っているわけですし。


    でもこれって、執着しているというより執着できる力があるかどうか、なんじゃないかと思います。
    トピ主さんは執着する力が無い(そこまで真剣に取り組もうとは思えない)のを過去のせいにしているんじゃないかな?

    トピ内ID:1501941676

    ...本文を表示

    ぶんちゃっちゃさんのレス

    しおりをつける
    😀
    銀杏
    私も、その男性のTVみました。
    感動して感動して涙が流れたのを覚えてます。
    それこそ、この男性が早い時期からピアノを始めていたら世界的大ピアニストになったと思いました。
    この人が、これだけの努力を何年も積み重ねたのに、それでも弾けるようにならなかったら習わせてもらえなかった親を怨んだり、ピアニストに嫉妬するのも理解できます。
    ピアニストになりたかったおんぷさんから、
    ピアノへの情熱も愛も感じない。
    おんぷさんのレスを読んでもアドバイスに素直な気持ちで耳を傾けてるとは思えない。残念です。

    トピ内ID:1220497849

    ...本文を表示

    聴衆や観客のほうが気楽

    しおりをつける
    😨
    ははは50代
    私も子供のころ、習い事の経験も学習塾へ行ったこともない。
    高校は普通科なのに、私立大は受験すらさせてもらえなかった。
    高卒で就職し、定期代と昼食代以外、給料のほとんどを家計に入れた。
    10代・20代にかわいい洋服も着られず、余裕のある家が羨ましかった。

    余裕がないのに子供は3人、しかも夫婦共に7人きょうだいという
    親戚付き合いの多い家庭状況だったので仕方なかったのかなと
    大人になった今は何とか理解できる。昔は冠婚葬祭も派手だった。
    まだまだ『結婚式は人並みに』という考えの親だったので
    親戚一同の宿泊費も御車代も派手にふるまっていたなあ。

    あのお金の一部で進学費用に充てられたはずなのになあ…。


    さて、芸術関係で生計を立てている家のことを想像してみた。
    歌舞伎俳優・狂言師・能楽師などの跡取りや
    音楽家、舞踊家、茶道家、華道家、書家、画家などの跡取り…。

    親の跡を継ぐよう期待されるだけでも相当なプレッシャー。
    幼少期から常に弟子やファンたちの視線を浴び続ける。
    死ぬまで「できない」「やめたい」「私には無理」が許されない。
    場数を踏み、すばらしい仕事を残して当たり前。
    職業選択の自由は(ほぼ)与えられない。

    その世界で努力できることも才能のうちだなあとつくづく思う。
    裕福な御家庭だろうが、想像するだけでも息が詰まる。

    席に座って舞台の上の美の世界に浸っていられる人生でよかったと思う。
    (生の舞台芸術を見たことはなく、もっぱらテレビ画面を通してだけど…。)

    トピ内ID:6537333378

    ...本文を表示

    親に習わせてもらってましたが、こんな感じでした

    しおりをつける
    🐱
    オクターブ
    母がプロのピアニストで音大でも教えていました。私がお腹の中にいるときもコンサートやったそうです。
    3歳から母にピアノを習い始めました。

    親は私をピアニストにする気はなかったそうです。「ピアノは孤独で自分を追い詰める楽器で苦しいから」と言われました。

    で、ですね。
    母は、お弟子さんには優しいのですが、娘となると歯止めが利かないんですよ。
    ピアニストにするつもりがなくても、毎日、練習サボったら怒られ、うまく弾けなかったら「なんで弾けないの!親をバカにしてるの?!」と怒鳴られ、椅子からはたきおとされました。

    私は絶対音感もあり、楽譜の初見で弾くのも得意でした。でも、曲を詰めていくって全然違います。
    ある小節が思うように弾けないと、その小節を2時間とか弾きます。弾きすぎるとバランスがおかしくなって、またつかめるまで何時間も弾きます。
    嫌になっても飽きても疲れても弾きます。
    全体をまた練習して、ブロックにわけて、また同じところが納得いかないからずっと弾きます。
    子供に笑われて止めてるようじゃ、弾けるわけがないです。

    私はプロになるわけではないので、せいぜい2時間くらいの練習でしたが、芸大のピアノ科の学生さんなどは1日9時間とか普通です。

    トピ主様は、手が大きいでしょうか? ピアニストとして大成するには、1オクターブ半は届く大きな手が欲しいです。私は母に「手が小さいからダメね」と言われました。

    嫌になって何度もやめたいと言いましたが、高校受験までやめさせてもらえませんでした。一度始めたことを投げ出すなと。

    で、今、
    ピアノ聴くのは大好きです! 母には感謝しかないです。音楽がないと生きていけません。
    でも弾きたくはないです。

    トピ主様、ピアノを小さい頃から習うってどういうイメージなのかと思いまして、才能なかった私の経験談でした。
    親に椅子からはたきおとされたかったですか?

    トピ内ID:3750590120

    ...本文を表示

    ユーチューブ動画でお試しレッスンするのは?

    しおりをつける
    blank
    ピピピアノ
    あー何となくお気持ちわかります。私もなれるものならピアニストになりたかった!凡人にはほとんど不可能に近い大変な職業ですが、本当に素敵だし憧れますよね!小学生の時ピアノを習いたいと親に言ったら、どうせお前はすぐに飽きて投げ出すからお金と時間の無駄だと、取りつく島もなく言われて、悔しいけど言われてみりゃそうかもな、とぐうの音も出ないまま、その時はそのまま終わってしまいました(笑)

    それから30年以上月日が流れたある日突然、急にピアノをふと無性に習いたくなって、知人から不要になった古いピアノを格安で譲っていただき、レッスンに通うのは面倒臭かったのでYouTubeで初心者向けの短い動画を次から次へと観まくり、見よう見まねでアニメソングを練習。ドラえもんやジブリのテーマのゆっくりで簡単な曲くらいならどうにかこうにか弾けるようになりました。つっかえつっかえドラえもんを弾いたら、子供から「ママすごーい!ママ、ピアニストみたーい!」と拍手喝采され(笑)、胸に手を当てながら気取ったポーズでお辞儀すると、花束の代わりにお茶とお菓子を持ってきてくれました(笑)

    大観衆の拍手喝采はないものの、子供が喜んでくれたので私としてはかなり満足で、今も細々とマイペースで続けています。トピ主さんももし良かったらYoutubeでいろいろなピアノレッスン動画を検索して、出来そうなところから少しずつだけでも始められてはどうでしょう?その程度でトピ主さんの深い悲しみが癒されるかどうかはわかりませんが、少なくとも私はだいぶ気が済みました。

    どんなに恨んでも嘆いても過去はもう変えられないけど、未来はまだ白紙ですから、少しでも楽しめることを見つけて自由な心でエンジョイして行けるといいですね。変えられない過去に囚われている時間が、その1分1秒がもったい無い!(でもお気持ちは分かりますよ~) 元気出して下さいね。

    トピ内ID:2586835211

    ...本文を表示

    ピアニストという幻想のお姫さまに憧れること

    しおりをつける
    🙂
    50代でバイエル再開
    トピ主さんはピアノが好きでも弾きたいのでもない。

    ピアニストという立場に憧れ
    ステージ上の華やかな姿に文化的な育ちや上流の環境を重ねて
    幻想に憧れているわけです。

    お城に住むお姫さまに憧れ
    その環境を与えてくれなかった両親を恨んでいるのですね。

    ステージ・ピアニストがそれだけではほぼ食べられない事も
    陰の苦労も挫折も絶望もどうでもいいわけです。
    レッスンのために失ったものや時間も考えないわけです。
    ピアニストはおとぎ話のお姫さまと同じだから。

    今からピアノに挑戦したいわけでも
    弾きたい好きな曲があるわけでもない。
    人に笑われたり子どもに小馬鹿にされるのは
    憧れの夢のようなピアニストではないから。

    それはそれでいいと思いますよ。
    でも私には嫉妬するような対象ではないですね。
    ピアニストは所詮それ以上でもそれ以下でもないです。

    人生は一度きりで
    親を恨もうとも親にも祖父母から得られなかったものがあります。
    まして戦争のない時代に気軽にコンサートいけるなんて
    特権だと思います。

    私はピアニストに幻想を抱いていないので
    ピアノの音色を自分で確かめて
    五感を呼びさましてくれればいいです。

    トピ内ID:5960542304

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    パンケーキ
    挑戦願望が叶わなかったから拗らせているだけだから
    挑戦が叶ってる人の苦労は耳に入らないですよね。
    トピ主さんのお母さんは自分が経験してるからこそ
    徒労に終わることが目に見えてたんだろうな。
    そのくらいトピ主は明らかに向いてないし
    今挑戦できる機会が得られても
    ちょっとの挫折で辞めちゃうのだから
    お母さんの考えは正解だった。
    レスにもあるように才能ある人というのは
    マイナスベースから発掘して育成されている訳じゃないのよね。
    たまに夢みてレッスンを強いる教育ママさんもいるけど。
    何が何でも他人から叩かれようが
    行動に移している人から才能が育つのよ。というかその弾きたい衝動が一番大事な才能のひとつ。

    ピアニストのお母様にやらされていた方は
    自分の血が半分流れているからこそ
    全くない人よりも可能性があるし
    だからこその強制練習。
    苦労して辞めても音楽が好きなんだから向いてはいましたよね。

    トピ主さんはよく知らないからこその嫉妬だろうけど
    出来ない言い訳先行はちょっとね。
    趣味でも楽しめないくらいなのに。

    トピ内ID:3514915985

    ...本文を表示

    その嫉妬心を何かに生かせれば

    しおりをつける
    blank
    ぱる
    いんですけど、それは望んでないのですよね?

    ひたすら「ピアニストへ嫉妬」する事に意味を感じていらっしゃる
    ピアニストになれた人達への強い憧れではなく「嫉妬心」を持てるご自分にきっと価値を感じていらっしゃるのですよね

    だとしたらとても伝わりました
    トピ主さんのピアニストへのとても強い嫉妬心は。
    大変珍しいと思いましたが。

    嫉妬心の塊そんなトピ主さんにお勧めしたい映画があります
    実在するピアニストの映画「シャイン」
    というものです。有名な傑作なのでご存じだったらすみません。
    しかも映画なんて興味ないかもしれませんが…
    この映画に出てくる父親役の方とトピ主さんがどうしても重なって見えるので、もしも観てましたら この父親をどう思うか是非感想をお聞かせ頂ければと思います

    お身体どうかご自愛下さいますように

    トピ内ID:1029764454

    ...本文を表示

    生まれ育った環境のせいにして嫉妬しても生産性がない

    しおりをつける
    🙂
    クリスティーナ
    人は生まれ育た環境は選べないのです。
    しかしながら、人生は自身のものです。

    私の友人は外資の銀行勤めでした。ニューヨーク勤務になったとき、そこでアーティストと交流する機会が増え、そこにどっぷりつかり、「俺の人生、もっとアーティスティックにしたかった」と思い、あっさり銀行を辞め、単身フランスに飛んで料理人になりました。修行して、店も開きました。それに飽き足らず、美術も大好きだけど、自分はクリエーターではないからと、こんどは店は人に任せて勉強しなおしアートディーラーになりました。

    ただ嫉妬しているより、動いてみてはどうですか。

    トピ内ID:2496324299

    ...本文を表示

    お気持ち分からなくもない

    しおりをつける
    🙂
    ドレミファソ
    私も子供の頃ピアノは習っていません。
    母の夢?で和楽器を習っていましたが、学校の音楽の授業に何も役に立たず「ピアノの方が良かったのに…」と思いました。

    子供には3歳からピアノを習わせてます。
    3歳児にピアノが好きかどうかなんて考えは無いので、「取りあえず習わせて嫌なら止める」で始めました。
    絶対音感は有りませんでしたが、相対音感は身に付けました。
    ピアノが全く弾けない私からしたら「音楽がドレミで聞こえるよ」と言う子供が不思議でしか有りません。

    毎日1時間の練習で低学年でソナチネを弾いていますが、親がピアノがまったく弾けなく熱心でなくても
    子供もピアニストになる気持ちが無くても練習により ある程度は弾ける様になるので、ピアニストになりたい気持ちが有ればもっと弾ける様になるのでしょうね。

    子供の才能はよほどの天才でなければ、幼少期からの訓練や練習が不可欠だと思います。
    それは親次第なんですよね。

    ピアニストになるにはお金が掛かります。
    趣味で細く長く続けてくれれば良いピアノでさえ100万はします。
    最初は電子ピアノでしたが(30万)先生の強い希望でアップライトに買い換えました。
    レッスン料金も実技にソルフェージュと段階的に上がっていきます。

    ピアノの先生のお話だと「新幹線に乗り東京までレッスンに通っていた」「ワンレッスン3万」
    「片道一時間以上かかる教室に母親が付き添っていた」
    グランドピアノも必要でしょう
    音大受験も親子で頑張らないといけません。

    親の経済力により子供の才能が伸ばせない、特に楽器は高いし幼少期からの積み重ねが大切だと思います。
    本当に才能が有ったら親は関係無いなんてドラマみたいな夢物語は無いと思います。

    主人が「金持ちの家に生まれるのもその人の才能なんだよ」と言っていますが、本当にそうだなと思います。
    子は親を選べず、また親も子を選べませんね。

    トピ内ID:1328829063

    ...本文を表示

    レス全部読みました

    しおりをつける
    🙂
    ドライフラワー
    自己評価が高い方だとお見受けしました。
    同時に、失敗を非常に恐れるプライドの高い方であるとも思いました。
    理想の自分と現実の自分のギャップが苦しいのでしょう。
    自己防衛本能が強くて、自分の過失を素直に認められない。
    生きづらくないですか。

    私もそういう人間です。
    幼少期にピアノを習わせてもらいましたが、失敗が怖くて弾けなくなり、友達より遅れた教本を使っているのが恥ずかしくて恥ずかしくて、とうとうやめてしまいました。それこそ、自分より小さい子がもっと進んでいるのに耐えられなくて。
    友達とゲームで遊ぶときも、下手な自分、失敗する自分を見せるのが怖くて最初から「私、ゲーム嫌いだから」と逃げてばかり。本当はみんなと一緒になって遊びたいのに。

    いい大人になってから、人生損してきたなあと思います。もっと素直になればよかった。
    失敗したっていいじゃないって、笑い飛ばせばよかった。
    下手なプライドなんて持ってたってホントにしょうがない。
    嫉妬なんて、時間の無駄です。今より若い自分はいないんですもの。

    トピ内ID:8358861337

    ...本文を表示

    今からでも無理じゃないと思うけどなぁ

    しおりをつける
    🐶
    柿の種
    大人になってから始めた人でCDとコンサートの売上だけで生活できているピアニストは確かに少ないと思います。
    私も日本人でそういう方は知らないです。
    殆どの方はコンサートはたまにしますが、収入のメインはピアノ教室の講師のですね。

    ピアノ講師とか結婚式の伴奏ピアニストとかなら結構いるんじゃないかなぁ?
    毎日練習すれば、そこまでピアノは難しくないよ。
    週末に副業でやるとか。
    講師や伴奏者のレベルなんてピンキリだし。
    トピ主さんは、それじゃダメ?
    コロナ禍だし、客の高齢化だし、ピアニストもこれからの時代は大変だと思うよ。
    ネットや音声加工機能とか巧みに使って、これまでにない演奏ができるピアニストが脚光を浴びるようになると思う。
    これまでに求められていたものが変わっていく、これからはそんな時代だよ。
    最近のピアノの発表会はアニメの曲ばかりだし、アニメのコンサートの方が客が入るよ。AIが歌ったりしているよ。
    この先はピアニストも、ただピアノが上手いだけじゃもう難しくなると思う。
    だからトピ主さんにも全然チャンスはあると思うよ。
    せっかくそんなに情熱があるんだから思い切ってチャレンジして欲しいなと思います。
    うん、生活しなくちゃいけないから今のお仕事は辞められないよね。
    そうしたら音大生向けのグランドピアノ付きのワンルームマンションに住んでみたらどうかな。
    そうすれば夜遅くても弾けるし平日でも2~3時間の練習ができるかも。
    そうするには、とても勇気がいるけど、きっと楽しいと思うよ。
    グランドピアノの音色は本当に気持ちがいいよ。
    人生は一度きりだから、頑張ってほしいな。

    トピ内ID:2646840233

    ...本文を表示

    野望が

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    野望が大きいって事でしょうか?
    日本代表レベルで無いと納得できない?

    今はネットやSNSなどもあるので、自己表現の場も多いですし、音楽やスポーツに関してももきっちりした形でなくともアピールできるすそのは広いかと思います。

    親に習わせてもらって云々は、もちろんそういうケースも多いでしょうが、そうとも言い切れないでしょうし、そこを言ってもというのが全てでは?

    最近体力や精神力が衰えてきましたか?
    演奏者も聴く側も音楽に惹かれた同士ですよね?
    私からすると、音楽を追いかけるのに疲れた所で止める理由を探してただけにも聞こえます。

    トピ内ID:2784896235

    ...本文を表示

    実はピアニストという形に憧れているだけ?

    しおりをつける
    🙂
    晴風
    本当に音楽が好きで自分の演奏を聴いてほしい、聞かせることで楽しんでほしいと本当に思っていますか?

    大事なことはそこだと思います。

    トピ内ID:1575114447

    ...本文を表示

    育成環境が悪いと。

    しおりをつける
    🐱
    もね
    でも無理ですよ。
    コンクールに出るようになっても、
    トピ主の演奏おかしいよねと言われたら辞めちゃうから。

    環境がどんなに良くても常に一番なんてなれない。
    子供に笑われたら辞めちゃうトピ主は素晴らしい環境下で育成されてもピアニストにはなれないんです。

    自分でならないから。

    トピ内ID:5401974386

    ...本文を表示

    もう読んでないかな

    しおりをつける
    blank
    アキアカネ
    2回目です
    返信ありがとうございます。
    新幹線の例え、まさにその通り

    絵画などは、ある程度はいっても
    美大出身という肩書は、あまり売れていなくても
    講師になるのは必要だと思っています

    ましてや音大となると、その必要性が分かります
    幼いころからピアノだのバイオリンだのに慣れ親しみ
    その道へ進学しないと
    海外では分かりませんが、特に肩書を気にする国内では
    頑張っても、とこかでストップです

    ネットで頑張れとかの考え方もわかるのですけど
    要はそうじゃないんですよね

    蒔いた種が裕福で栄養に満ちて丁寧に育てられたら
    それは立派な花をつけ実をならせる確立がとても高いけど
    コンクリートに落ちた種はどうやって望んでも
    根も張れなければ、花もつけるのは過酷に困難です

    お気持ちすごく分かります
    拗ねているとか、ネットでいいでしょとかいうレスも分かるけど
    そういう事じゃないんですよね
     

    トピ内ID:4557469498

    ...本文を表示

    必要条件 十分条件

    しおりをつける
    🙂
    母2号
    学校で習いましたよね、
    必要条件、十分条件。

    小さい時からピアノを習うことは必要条件ですが、十分条件ではありません。

    その他、才能などの必要十分条件が揃わないと、ピアニストにならないのです。そして、その条件には、どんな種類の困難や惨めにも負けずに乗り越えるメンタルが含まれます。

    でも、トピ主さんにはそれが有りません。子供に馬鹿にされるくらいのこと、耐えうる大人は山のようにいますよ。

    もっといえば、ピアニストになる過程でも、なってからも周りから愛され支持されるキャラクターが必要ですが、成功者にケチをつけたがるキャラでは、そこも失格。

    一つの必要条件だけをとらえて、ピアニストになる十分条件のように語る思考がまったく理解できず、共感できません。

    トピ内ID:1566670616

    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    🙂
    猫女
    すべてのレスとトピ主さんの回答を読めていないのでもしかしたらピント外れなことを書いてしまったらごめんなさい。

    いろいろなご回答が寄せられていますが、私はトピ主さんのお気持ち、よくわかります。私はさすがにピアニストに嫉妬することはないんですが、そう思ってしまったトピ主さんの気持ち自体はわかります。
    私も地方育ちで、両親とも高卒で教育への関心はなく、しかもちょっと手のかかるきょうだいがいて、ついでに転勤族で2、3年で引っ越しを繰り返す家庭環境だったので、習い事は何もできませんでしたし、塾や予備校にも行けませんでした。高校受験も大学受験も「わからないから」と学校丸投げでした。
    中学受験、してみたかったです。習い事にも通ってみたかったです。
    特にピアノ。私の年代では多くの女子が習っていました。どうしても習いたくて何度も頼みましたがダメでした。
    ピアノものすごく習いたかったのに習えなかったという部分において、似たような環境じゃありませんか?
    ピアニストが幼少期から習わせてもらえる家庭に生まれ育ったのは事実ですよね。そして私たちはそういう家庭には生まれませんでした。
    ピアノ他楽器のコンクールで上位入賞する子供たち、有名小中学校に通っている子、実に多いです。楽器も習えて、いい学校にも通わせてもらって。つまり、親が裕福で文化度が高く、教育に非常に熱心なのです。
    本当に悔しいことではありますが、そういう家庭に生まれてくることができた子供もいる。かたや就学支援を受けるような家庭の子もいる。
    私もトピ主さんもピアノを習わせることをしない家庭に生まれてしまいました。ものすごく悔しいことではありますが、運命と思うしかないのでしょう。

    ところでトピ主さんの嫉妬の対象は若い女性ピアニストではないですか?男性や、ある程度年配のピアニストには嫉妬しないような気がします。(続きます)

    トピ内ID:0108644628

    ...本文を表示

    わかります(続き)

    しおりをつける
    🙂
    猫女
    自分のことばかりになって恐縮です。
    ピアノが習えなかったことがとても悔しかったので、結局どうしたかというと、大人になってから自分のお金で習うようになりました。途中で辞めたりはせず現在まで20年以上続いています。
    この間にはやはり惨めな思いをすることはたくさんありましたよ。発表会に出れば自分よりずっと年若い子たちが難曲弾きますし。親子連弾をする姿を見れば自分には決して叶えられなかったことだと悲しくなりました。
    でもピアノが好き、という気持ちだけで続いてしまい、いつしか子供たちを羨む気持ちも消えました。何も難曲を弾くことがすごいことでもなんでもないとわかったので。ピアノを弾く楽しみって、難曲を次々クリアすることじゃないんですよ。

    トピ主さんはせっかく習うところまでは行ったのに辞めてしまったのが残念だと思いました。もしかしたらたまたま教室が合わなかっただけなのかもしれませんよ。もし、ピアノが習えなかったことが悔しいというのなら、今からもう一度習ってみてはいかがでしょうか?
    それともピアノが習えなかったこと自体が悔しいのではなく、幼少期から習える人たちが妬ましいというだけですか?

    私はトピ主さんのお気持ちが部分的にはわかるというだけで、ではどうしたらいいのかはわかりません。
    ただ、ピアノを習うことができて長年続けているうちに随分気持ちが軽くはなりました。
    ご参考になれば幸いです。

    トピ内ID:0108644628

    ...本文を表示

    音楽家の使命

    しおりをつける
    blank
    浦島太郎
    外国で音楽家として生活している者の一人です。このレスで、自慢話や苦労話をお伝えしようとは思いません。ただコロナ禍のなかで、こんなたくさんの方のレスを読んで、本当に心を動かされたので、私も参加させていただきます。


    確かに私は、自分の一番好きな事を職業にできた幸せ者です。長い人生のなかで出会い、私を支え勇気付け続けて下さった方々に感謝の気持ちしかありません。


    音楽家の使命は、自分の経験した幸不幸を、自分の音を通じて、見ず知らずの人にスッピンのままお伝えして、日本であろうが外国であろうが、聴いて下さるお客様が体験された悲しみや喜びを、再び一緒に感じ合うことにあるのではないかと思っています。

    音楽家の責任は、誉められようが 貶されようが、常に自分の発する音と向き合って、音楽家人生を続けられる限り、感謝の気持ちと謙虚さを持ち続けることにあると思っています。


    私も年をとって、10年前にできて当たり前のことが できなくなってきました。音楽家として、その事とうまく向き合っていくことが、今の私の 大きな課題でもあります。


    それぞれ異なった職業があり、その中で、その腕を極めていくにあたって、その道を深めれば 深める程、挫折感、孤独、不安、悲しみ、感謝、希望、それらの気持ちは終わりなく続いていくものと思います。

    一番大切なのは、好きだ、好きだったという気持ちを忘れないことです。


    コロナ禍という、誰も経験のない とても危険な世の中になってしまいました。

    どうか皆様、お体にお気をつけ下さい。

    トピ内ID:4502084895

    ...本文を表示

    本人の努力が1番

    しおりをつける
    🐱
    バンドファン
    ピアノではありませんが、あるプロバンドのドラマーさんの話です。

    彼の家はとても貧しくて、テレビさえ無かった。でもラジオから聞こえる音楽に魅せられて、ドラムを叩きたいと思った。
    でも、ドラムを習えるようなお金がある筈もなく、「お小遣いを貯め教本だけ買って、紙に太鼓の絵を描いて、それを木の枝で叩いて」練習していたそうですよ。
    中学に入って部活動で初めて本物に触れた…

    こんな情熱(根性)ありましたか?
    それが答えだと思います。

    トピ内ID:6507927502

    ...本文を表示

    解決の方向を見違えている気がします

    しおりをつける
    blank
    のんき
    私は、本人の努力が足りなかった、とは思いません。

    貧しくても努力して成功をおさめた方は、親を恨む気持ちは持っていなかったのではないでしょうか。

    自分の運命を受け入れることが出来たから努力もできた、そのようなことてはないでしょうか。

    ピアニストは、たまたまそうであっただけで、必ず何かに引っ掛かっていたように思います。

    もし、まだお読みでしたら、気に止めて頂けると幸いです。

    追伸
    満たされない思いを抱えながらも、生産的に思考する、しか対処はない気がしています。

    トピ内ID:3963605028

    ...本文を表示

    歯を食いしばってピアノの練習する

    しおりをつける
    🐱
    ちーやのしっぽ
    か、あるいは、きっぱり音楽と縁を切る(コンサートにもいかない。楽器・CD類は全部捨てる)ことをおすすめします。

    「大人になって習ったが、小さい子に笑われ、みじめになってやめた・」・・って、ピアニストを目指していたのですよね?信じられない発言です(自虐ネタかと思った)。
    幼少期から習っていたとしても、うまくいかなくてやめたくなることなんか山ほどあると思いますが、子ども時分ならそれを乗り越えられたと思っておられますか?大人になった今でも乗り越えられないのに??

    自分なりの音楽(ピアノ)との付き合い方がわからなくなってしまったのなら、いちど距離を置けばいいと思います。「指と耳を切り落とせ!」とまではよう言いませんが、本当に音楽を聴きたくなるまで、あるいは本当にピアノを弾きたくなるまで、我慢してください。もしかしたら、あっさり音楽と縁が切れるかもしれませんが、それはそれで結構なことと思います。

    自分の劣等感が刺激される物事にあえて触れる必要はないです。

    トピ内ID:1704810402

    ...本文を表示

    仕方ないね

    しおりをつける
    🙂
    あすまま
    トピ主さんのレスを一通り拝見し、たくさんの方が納得できる正論や前向きなアドバイスをくださっているのに、それを端から否定して回る頑ななお姿に驚きつつ、改めてトピの文面を読み直しました。

    そして、トピには一言も、疑問形の文章がない事に気付きました。
    つまりトピ主さんは、ピアニストに嫉妬する現状をどうにか変える方法を知りたい訳でも、心の持ちようを尋ねたい訳でも、そうなる理由を分析して欲しい訳でもないのですね。
    その心のうちを、ただただ吐き出したかったのではないでしょうか。

    そうであれば、お気の済むまで吐き出してください。
    そしてこの先も、嫉妬し続けてみる。
    もしかしたら、吐き出す事で和らぐかも知れない。ある時突然、そんな思いが煙のように消えるかも知れない。いやそんな事はなく、人生最期の瞬間まで嫉妬の炎がくすぶったままかも知れない。

    それは分からない。

    でも、仕方ないですね。過去は変えられない。

    トピ内ID:7637014612

    ...本文を表示

    仮定法過去完了

    しおりをつける
    🙂
    アオイホノオ
    すなわち、過去の事実に反する仮定──主さんがピアノを子供の頃に習っていたら──ですが。
    それでも、ピアニストにはなれなかったでしょうね。断言できますよ。だって自分ができない理由を他人に押し付けてばかりですから。
    きっと「私ができないのはこの先生がわるい」「私ができないのは家庭環境のせい」「私ができないのはお父さん、お母さんのせい」…とかたっぱしから責任をなすりつけるでしょうね。

    できる人は、もちろん、環境やら運やら何やらもありますが、基本的に、そのことに対して自分で責任を持っているんですよ。悔しかったら、今からでもピアノを再開してみればいいのに。自分で自分に責任を持って。
    そしたら、広~い意味での自称ピアニストくらいにはなれるかも知れませんよ。

    トピ内ID:2001500581

    ...本文を表示

    もう一度やってみましょうよ

    しおりをつける
    🙂
    ゆい
    私は子どものころからピアノを習い、最初は練習が大嫌いでその教室で一番下手ぐらいでしたが、中学生からやる気が出て先生から音大受験の話が出るほど上達しました。
    でも、母が大反対し大好きだった音楽の道をあきらめました。
    ただ、それで母を恨んではいません。
    自分にもっと熱意があれば、母を説き伏せてでも音楽を選んだはずだと思うからです。

    クラシックではないですが、ピアノを独学で始めてプロミュージシャンになった人はいますよ。本当にやりたければ習う習わないとは違う次元で自分で切り開くのだと思います。小さい頃に習えなかった楽器を大人になって始める人は結構います。私も、学生時代できなかった楽器を社会人になってから自分で購入して習いました。
    習わせてもらえなかったことを恨むより、自分で道を切り開きませんか?

    みじめな思いをしたとのことですが、私も社会人になってから再度ピアノを習い始めたときに、昔のようには練習に時間が割けないし指は動かないしで、習っていた先生の子ども(小学校低学年くらい)にバカにされて嫌な思いをしました。
    でも、その先生は子どもを叱り、大人になっても続けることの素晴らしさを説いて下さいました。
    残念ながら引っ越し等でその教室はやめてしまいましたが、今、娘が通っている教室の先生も、とても根気強く教えて下さる方で、大人の生徒さんが結構いらっしゃるようです。
    焦らず探せばきっとトピ主さんに合ったところが見つかると思います。

    トピ内ID:3440504444

    ...本文を表示

    毎日何時間練習しますか?

    しおりをつける
    🐧
    たまご好き
    「プロの演奏家になりたかったと言うなら、今すぐに演奏家と同じだけの練習を続けてみなさい」

    昔、ある有名な作曲家の方が言われたことです。
    続けて次のようなことも言われていました。

    「殆どの方は、プロになる方と同じ練習をしないままに「演奏家になりたかった」と簡単に口にする。
    たとえ大人になってからでも、毎日何時間もの練習を10年以上続ければ、かなりの演奏ができるようになるはず。

    プロの演奏家は、その努力をずっと続けています」

    演奏家に限らず、専門職の人は皆同意できる言葉だと思います。

    分野はまったく違いますが、ある専門性の高い仕事をしています。
    周りをみても、その仕事を続けるためには、皆さん常に勉強をしていますし、その努力が続けられないなら、評価もされなくなります。

    まずはトピ主さんもプロの演奏家と同じだけの練習を続けてから、嫉妬してください。

    トピ内ID:5437774869

    ...本文を表示

    卑屈にならないで

    しおりをつける
    🐴
    コーンスープ
    アラフィフです。
    中学時代の恩師は、ピアノを習うことができず、学生の頃は音楽室に入り浸り、ピアノを習得し、音楽の先生になったと教えてくれました。
    先生の手は小さく、ピアノには不向きなのよと言いながら、とっても軽やかに鍵盤を叩いてた姿を思い出します。

    親類の子もピアノを習えず、独学でマスターし、学校の音楽会では毎年ピアノ担当でした。

    たらればを言い出したらきりがありません。
    トピ主さんの文面を読んでいたら、たとえスキルがあっても人の心をうつ演奏はできるのかな?と思いました。

    たらればを捨てて、もう一度、楽しむために習ってみませんか?

    トピ内ID:8328838884

    ...本文を表示

    現実を見つめて

    しおりをつける
    😀
    ゆみ
    あなたのお年は分かりませんが、お年を召して恨みつらみばかり言ってご自分がつらくないですか?人にはそれぞれ生まれた環境、経済的に恵まれる、恵まれないなどいろいろあります。それらをいちいちあげつらっても、幸せになれません。正直世に羽ばたくピアニストは、ほんのわずかな人でしょう。あなたの環境が金持ちで、音大でピアノ習ったからあなたがピアニストになれるわけでは決してないです。いいかげんそんな呪縛から解き放されて、ご自分が音楽が好きなら再度ピアノに挑戦したらいかがでしょうか。簡単にピアニストって言いますが、あの人たちだって毎日何十時間も練習して、それこそ血の出る思いで大変と思います。それだけのお金をもらうために、ピアニストとして完璧を求められるのですから。本業のピアニストの方が、このトピを見たら「何を甘えたことを」って思うかもしれませんよ。自信を持ってください。

    トピ内ID:4838232279

    ...本文を表示

    違う

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    環境、大切ですが、それより大切なのは努力と行動と運と才能です。

    私はまあまあ絵の才能があったので、親に有名美大へのお金を出してもらいました。ありがたいことです。
    今も美術系の仕事に就いてはいますが、人の2倍努力している自負はあります。他人からも、自分を痛めつけすぎ、と言われるくらいは。

    ですが、美大に行こうが行くまいが、おそらく私の努力量は変わらないと思います。ステージがどこであろうが、自分が人生の主役なので、美術にかかわるために死ぬ気で努力してますよ。

    はっきり言うと、ピアニストなめんなって感じです。トピ主さんは大人になって習ったんですよね?で、惨めになってやめたと。なめんな、ですよ。

    今から数年後に、ステージに立てばいいじゃないですか。努力量が圧倒的に足りない。


    学校も行かずに有名になった人を教えてください、とありますが、私の親友の話をしましょう。
    私の親友は、元孤児で裕福と言うわけでもなく、独学でピアノを弾けるようになりました。
    詳しくは書けませんが、芸能人にレクチャーしたりする程の腕前で、ステージにも立ちますよ。

    彼女の生い立ちと、あなたと、どちらが環境的に恵まれていたでしょうか?

    トピ内ID:8549570991

    ...本文を表示

    お気持ち分かります

    しおりをつける
    🐱
    むらさき
    トピ主さんのおっっしゃる通りです。

    ピアニストもフィギュアスケーターも医者も才能を伸ばす機会を与えられていたからです。

    時間もお金も才能を伸ばすために使うことができる環境があったからです。

    貧乏に生まれて自分で家事をしなくてはならなくて学費も自分で稼がなければならないような人が才能を伸ばすことなんてできません。

    環境があるかないかが100としたら、本人の努力なんて1も関係ないです。

    それでも相当努力しなければ絶対に才能は伸ばせないので、本人は努力したからだといいますけどね。
    努力だけすれば才能を伸ばせた環境だったのだと思いますよ。

    才能を伸ばすどころか、生き延びるためだけに大変な思いをした私は思います。

    だから私は、才能がある人を凄いと思いますが、運が良かったのねとも思っています。

    嫉妬する気持ちもありますが、比べてもしょうがないと思いますね。

    ピアノが出来たからといって幸せかどうかは関係ないです。
    親からピアノを強制されていたかもしれません。
    やりたくなくても何時間も弾きなさいと、辛かった人もいると思います。
    トピ主さんがピアノをしたかったのに習わせてもらえなかったように、ピアノなんて練習したくなかったのにやらされていた子もいると思います。

    そういう子は外で自由に遊んでいる子を見て羨ましいと思っていたでしょう。
    ピアノも習えずに貧乏で家事をしたり親の虐待に耐えていた子がいるなんて想像もできないのでしょう。トピ主さんがそうだとは言っていません。
    そういう子もいるんです。

    人は見かけだけで判断してはいけません。
    ピアノができるかできないかで、幸せかどうかなんて全く分からないのです。

    だから自分にないものを持っているというだけで羨ましく思うのはやめようと思いました。
    私が持っているもので彼らが持っていないものもあると思いますから。

    トピ内ID:3461064805

    ...本文を表示

    それも才能の一つ

    しおりをつける
    blank
    匿名
    幼い頃からいわゆる英才教育が受けられる環境や持って生まれた容姿、そういったものも才能の一つだと思います。
    トピ主はピアニストになる才能がなかった、それだけのことなのではないでしょうか。
    そういったものも含めて才能のある人というのは一握りなのだと思います。

    無駄な嫉妬がトピ主さんの人生を蝕んでるように見えますが、自分で望んでそうしているのだから仕方ありません。

    トピ内ID:3261753773

    ...本文を表示

    たかがピアノ、されどピアノ、ああピアノ

    しおりをつける
    ぎんねこ
    私の中で、二つの価値観があります。ピアノが素晴らしいと思う気持ちと、ブルジョアの趣味の一つだと唾棄する気持ち。
    ピアノを一度手にするかしないかは最初は家庭での価値観だと思います。

    私自身、父親がピアノが好きではないので、これからは電子楽器の時代だと、電子オルガンを習っていました。学校ではピアノのほうが伴奏でもなんでも幅が効くし、音楽のクラッシックの体系そのものがピアノで出来上がっているので、楽理も何もかもピアノが中心。
    電子オルガンのほうは上達して、アレンジでも何でもできますが、何か一つ物足りなく考えていました。
    其の後学校では、吹奏楽や、オーケストラに所属して、管楽器をこなしたり、成人してからは、職場の合唱団に所属して、コーラスをやっていました。どこかで、真摯に音楽をしながら、自分にできることをやっていたと思います。
    何も音楽で心を満たすためなら、ピアノでなくてもできると思います。

    確かに都心の一流大学にピアノの会があるように、ピアノが弾けるとなると、特権階級のように感じます。またピアノが習える環境というと、住宅事情がある程度で、両親が教育熱心で、経済的余裕があってと環境的に習える環境でないと習っていないと思います。
    また私自身、街の集団のオルガン教室から出発しているので、そんな環境で続けていたピアノなど、何か嘘だと感じる部分もあります。

    たかがピアノ、されどピアノなのではないかという思いが、ずっと渦巻いています。誰もがピアノを習うわけでもないけれど、身近な楽器。意外と習って弾いていたらつまらないかもしれません。

    トピ内ID:7473933523

    ...本文を表示

    だったら目指しましょう。ピアニストを、本気で。

    しおりをつける
    blank
    音楽一家のはぐれ者
    ピアニストになりたかったから、趣味で楽しんで……とは言われたくない。
    それなら、答えは簡単です。
    今から目指せばいいのです。

    あ、私は本気で言っています。なぜなら私も40代の今から、あるものを目指しているからです。
    始めたのは遅いです。もっと早く開始できていれば……という思いが時々去来しますが、過去の私にはそれができない事情があったのだから仕方ないと割りきっています。

    トピ主さん。スタートが遅れている以上、人より上達まで時間がかかるのは仕方がありません。それに、トピ主さんより経験がある園児なら、トピ主さんより上手なのも当たり前です。
    それはただの事実ですし、また現時点の話ですから、別に惨めなことじゃありません。バカにされたからって、それがなんだっていうんですか? これからいっぱい練習して、上手くなればいいだけですよね。

    過去の条件と現在地は、まるごと事実として受け止め、受け入れましょう。それから、一刻も早くやさしい教則本からスタートしましょう。楽譜が読めるなら最初は独学で十分。指が動くようになってから師事すればいいです。
    5年10年続けられたら、今からだってそれなりのピアノの技術は身につきます。それ以上になれるかどうかはその先の話。

    シンプルですが、才能のあることは続けられます。ないことは続きません。
    5年できたら、さらに上を目指してください。できなければ、トピ主さんはピアノとは別の才能をお持ちということになります。いさぎよく諦めて、他の「続くもの」を探すのがベターです。
    とにかく過去はもう仕方ないので、本当になりたいなら、今やれることをやってください。

    トピ内ID:6891052945

    ...本文を表示

    負の感情が起きるときはチャンス

    しおりをつける
    🙂
    ミントジュレップ
    …みたいな心理学の先生のコラムがありましたよ。
    何か隠れている感情が表面上嫉妬や不満の形をとっているから、じっと自分が本当は何が欲しいのか、今なにが起きているのか、何がきっかけで負の感情が起きたのか、見極めることができたら、一歩成長するチャンスかも!って。

    トピ内ID:6418404604

    ...本文を表示

    今からだって間に合うかも

    しおりをつける
    🙂
    michi
    私は素晴らしい音楽家の演奏を聴くと、その精神性の高さに自分の心が洗われます。
    俗世の悩みなど、本当に小さなことだと思えるほど、感動を覚えます。
    おそらく、才能ある音楽家は人間性も高いのではないかと思います。

    音楽は表現なんです。
    それをキャッチできるセンサーが私に備わっていることはありがたく思っています。

    トピ主様が実際習ってみじめな思いをしたというのは、プロのピアニストのような表現ができなかったからでしょうか?

    さすがに数年習った程度では音符を追うだけで精一杯でしょう。
    10年我慢して習えば、誰かの心を動かす演奏ができるかもしれない。

    今、リサイタルを開くだけでなくストリートピアノやYoutubeなど発信する場所はいろいろあります。
    それこそ施設などで老人や子供たちの心を癒し、拍手をもらう立場になれるかもしれない。
    挫折や切ない思いを知っているトピ主様の演奏はきっと人の心を打つことでしょう。

    もう一度頑張ってレッスンに行ってみませんか?

    トピ内ID:6082824710

    ...本文を表示

    親との関係性

    しおりをつける
    blank
    ニャンコ
    ピアノのことはきっかけにすぎず、あなたがご両親に強い不満を持っているのですよね。
    自分の生まれが違っていたら、違う親のもとに育てられていれば、私にも人から認められるようなものがあったに違いない、それがないのは親のせいだ!と本当は親御さんに言いたいのではないですか?

    努力をたくさんしてきたとかプロを舐めるなとかそういう意見が多いですが、努力できる環境にあるのも、ラッキーなことなのだと思いますよ。

    トピ内ID:5104346403

    ...本文を表示

    自分の人生

    しおりをつける
    🙂
    ふくろう
    自分に与えられた環境に不満をもったり、他を嫉妬したり、ということはありがちだが、その生まれながらの環境のもとでどう生きるかが問われるのである。いつまでも嘆いていなさるな。

    トピ内ID:4582227753

    ...本文を表示

    ピアニストになるために

    しおりをつける
    🙂
    もち
    ピアニストさんはピアニストになるために
    遊びたいときに遊べなかったし
    遊びによっては禁止されていたり
    結構不自由な事もたくさんあったはずです。
    嫉妬できるなんてなんて浅い考えなんだろうと思います。

    そしてピアノを勉強するうえで
    他の人と比べてみじめになるなんて
    勘違いも甚だしい。
    自分の音を追求すればいいじゃないですか。

    トピ内ID:9281737521

    ...本文を表示

    ありがとう

    しおりをつける
    🙂
    ありがとう
    おんぷさん
    私もピアノに憧れながら習わせてもらえなかったこと、真摯なレスがたくさんあったことなどから印象に残っていました。
    実はこのトピを読んだとき、そうだった、私もピアノすごくやりたかったな~と思い出し、誕生日が近かったので電子ピアノを夫が買ってくれて、そこから大好きな曲をYoutubeで見ながら少しずつ少しずつ練習して、ついに昨日最後まで弾けるようになったんですよ!!
    途中、入院もあったのですが、病気の不安からもしばし解放してくれたのがピアノです。
    おんぷさん、皆さん、きっかけをありがとう。
    おんぷさんも心安らかな日々を取り戻されてますように。

    トピ内ID:6664540895

    ...本文を表示

    人の苦労は同じ分…

    しおりをつける
    🙂
    桃ノ木
    人の一生分の苦労は同じ分だと私は思っています。

    裕福な家庭に生まれても、家族の仲が悪かったり、病気がちだったり、ご両親が早く亡くなったり…パッとみたところではその人が幸せかどうかわかりません。

    ピアニストになれる人って本当に一握りで、小さい頃から外に遊びに行くこともなく、体育の時間もバレーボールなどは避けたりしながら、毎日何時間も練習します。そういう子供時代を送り、コンクールなどで上を見て涙しながら歯を食いしばってきた人たちです。

    また、本当に手に入れたければ、奨学金などを得てなんとかなる時もありますが、残念ながら、おんぷさんには、機会がなかったのだと思います。自分の人生の中で与えられたものの中で感謝して、やりたいことを探すと見つかると思います。

    嫉妬しても、自分だけ苦しんでいるわけではありません。他人がよく見えても、隣の芝生が青いだけで、人それぞれ悩んでいます。

    トピ内ID:3744544177

    ...本文を表示

    言い訳ばかりですが。

    しおりをつける
    🐧
    人生後半がおもしろい
     本当に、スポットライトを浴びたいのなら、10年間、毎日10時間ピアノを引き続ける生活を試したから言って下さいね。
     彼らも、ピアニストになれる保証はどこにもなく、弾きたくなくても練習する。チャンスも環境も大切ですけれど、それを乗り越えることすらできないトピさん。残念です。気持ちはわからないでもないですが。もちろん単なるグチですよね。ただ、習い事も何もさせてもらえなかったので特技もなく、いろいろ試したのに何も身につかなかった。そこは残念な人生ですね。

    トピ内ID:2071037857

    ...本文を表示

    他人のせいにするクセ

    しおりをつける
    🙂
    まるさんかく
    人生がうまくいっていないのは自分のせいですよ。
    トピ主さんは努力をしたことがありますか?

    私は30歳で一念発起して作家になりました。
    それこそ、本当に血を吐くほど努力しました。

    その道で賞もいただき、一人前になるのに15年かかりました。

    自分が「何か」になれると他人に嫉妬することはなくなります。

    他人を妬むのはヒマだからです。
    妬む時間があったら努力してください。
    人生あっという間ですよ。

    トピ内ID:5530469311

    ...本文を表示

    私は幸いピアノは弾けますが

    しおりをつける
    🙂
    南風
    子どもの頃はバレエを習いたくて、でも親がやらせてくれなくて悲しい想いをしました。
    おんぷさんの気持ちはよく解ります。
    体が柔らかく、弾むようなダンサーを見ると羨望の気持ちが湧きます。

    さて、ピアノの方は幼少期に相当真面目にやっていて、
    球技など手を痛めそうなスポーツは避け、友達と遊ぶ時間もないほどレッスンしたけど、
    職業としてのピアニストになる才能と経済力は無いと高校1年の頃に見切って、
    今は趣味程度にしています。
    振り返ってみて、子ども時代の楽しい時間を無駄にしたなと思います。
    おかげでピアノは中途半端、スポーツ(特に球技)は大の苦手に仕上がった自分。
    挫折感もあって、高校の3年間は徹底的に音楽全部を避けてました。
    挫折も含めてよい人生経験で、自分の人格形成にとって良いものだったと思えたのは、
    もっとずっと大人になってからで、結構長い事うじうじしてました。

    私に言わせれば、こんな経験をしないで済んだ人が羨ましいし、
    もしもバレエをやっていてもこうだったかもしれないと思うと、
    親がやらせてくれなくて、まあよかったのかもしれないとも思えるのですが、
    これも、おんぷさんにとっては「私もそうやってみたかった」になるでしょうか。

    音楽鑑賞がお好きなのでしょうが、あえて音楽から離れてみては?
    そんなにマイナスの感情でいっぱいになる物にしばらく触れないようにしてみるのも、
    いいのかもしれません。

    なんとなくですが、本当はピアノを弾きたいという事じゃなくて、
    自分がやりたいと願った事をやらせてくれなかった親御さんとの関係に、
    なにか引っかかっているのかな?と感じました。

    自分の境遇を恨んだり人を羨んだり、人間て馬鹿ですよね。

    「ピアノはできなかったけど、私にはこれがある」
    と思える何かに出逢えるといいですね。

    トピ内ID:4556137972

    ...本文を表示

    輝きたかったのですね

    しおりをつける
    🙂
    かよ
    トピ主さんは、輝きたかったのですね。

    私は、子供に輝いてほしいと願っていました。
    特別な才と努力がない、平凡な子供が輝けるのって、学校が導きお膳立てしてくれる、学童期くらいかなと思っていたので。

    昨年の小6と中3、楽しみにしていた晴れ舞台、コロナでぜーんぶ!潰れましたよ。
    おそらくわたしはそのことを一生ぐずぐず思うでしょう。
    トピ主さんが誰に何を言われても響かないように、私も「取り返しがつかないこと」として、一生消化しないと思います。

    凡人の我が子たちは、拍手されることなく大人になるでしょう。
    習い事もさせましたが、秀でるものはありませんてしたし。
    残念でなりません。

    おそらくトピ主さんの思いも、そういう「取り返しのつかない」感だと思うんですよね。

    ただ、普通に学校行事や部活を体験してきたトピ主さんは、それができないまま卒業してしまった子供たちについては「別に、全員輝けるわけでもないし、そんなに思い入れもなかったし、これからいろいろ経験すればいいじゃない」と思うでしょう。

    ここでの皆さんのレスとトピ主さんの噛み合わなさはそういうことかなと。

    トピ主さん部活はしていましたか。
    部活で輝いている学生とそうではない自分の差はどこにあったと思いますか。
    学業では人並み以上の努力をしましたか。

    大人になって習い始めてみじめになってすぐやめた、それは地道な努力をして何かを体得する経験をされてこなかったのかなと思います。
    それは習い事には限りません。
    これからでも何かに食らいついてみればいいのにと思います。

    でも取り返しのつかない子供時代に、するべき経験ができなかったという恨み(それが思い込みであっても)が消化できないことは、ちょっと分かりますよ。

    そんなにお辛いなら、音楽とは今後一切関わらず、むしろ徹底して避けたほうがいいのではないかと思います。

    トピ内ID:5658569673

    ...本文を表示

    嫉妬すら感じない、好きなピアニストを探してみたら

    しおりをつける
    🙂
    あ。
    私は親にピアノを習わされ、まぁまぁひけるようにはなった程度の腕の持ち主です。中学生の頃はピアノを巡り、2年ほど集団無視など経験しました。嫉妬って本当に怖いですよね。

    ところで、私はよく動画サイトなどで色んな演奏家のピアノを聴きます。
    同じ曲でも、弾く人によって印象とか違います。
    良く指が動くなぁ!すごい!っていう人もいるし、一度聴けばいいかな?という演奏者もいるし、聴いていると胸が熱くなったりして、指がどうのとか考える余地もなく、何度でも同じ曲を聞いていられる人も。嫉妬すら感じられない、純粋に「この人のピアノが好き、聴いていられるだけで幸せ」っていうピアニストを見つけたら、多分変わると思うなぁ。私は、この人のこと知ってよかった!ずっと聴いていたい!っていうピアニスト見つけました。

    大人になってから音楽始める人もいますよね。なかなか上達しないからモヤモヤすると思うんだけど、一流ピアニスト並みに指が動かなくたって、弾きたい曲を自分なりの思いをこめて弾けたら、気持ちいいと思いますよ。自分では弾けない曲を弾いている人を見ると、気持ちいいんだろうなぁ~!って思います。

    トピ内ID:8246523406

    ...本文を表示

    私は機会を与えられても努力しなかった人間です

    しおりをつける
    blank
    私は豚に真珠パターン
    確かに、万人が努力次第である程度のレベルには辿り着けると思いますが、それでもやはり芸術や学問・スポーツにおいて、後世にも名を残す傑物は幼い頃から才能を養成する環境が整えられていたケースが殆どです。努力だけでまったく無縁の世界の上位に立つというのは現実的には厳しいでしょう。
    そもそもこれらの習い事って、全ての人に平等に習う機会があるわけではないのですよね。高いレッスン料や繋がりとか、そういう上流階級の嗜み…みたいな所があって、その敷居の高さ(一種の強い排他性ともいえるかも)が格式高さ、多くの人を魅了する雰囲気を作り上げていると思います。今はインターネットやメディアで芸術もスポーツも学問も、多くの人の目に触れられるようになりましたから、それだけ人気が高まっています。しかし人気に反して門戸が相応に開かれていない。これには何となく、習い事の不平等さだけでなく、目立つ綺麗どころばかりとりあげてしまう現代社会の歪さも感じます。トピ主さんもそれに振り回され過ぎてはいないでしょうか。
    当然ですが、望まない人に習い事をさせても伸びるわけありません。私は幼い頃親にせがんでピアノを習わせてもらっていましたが、すぐに飽きてろくに練習もせず辞めました。我ながら酷い態度だったと反省しています。今でもピアノの演奏を聴くと、私のような怠惰で傲慢な奴には不似合いな世界だったな、と思います。
    トピ主さんは親に習わせてもらえなかった悲しさと悔しさが残っていて辛いのですね。
    衣食住と教育、どちらに比重を重く取るかは大きく個人差があります。残念ながらトピ主さんの親御さんとトピ主さんでは価値観が違ったのでしょう。親も人間ですから、そこはどうしようもないと思います。
    親を反面教師としたいなら、トピ主さんは子供の価値観をよく理解する必要があります。押しつけない自由が自由なのです。
    いつか吹っ切れますよう、応援しています

    トピ内ID:5008965783

    ...本文を表示

    結局

    しおりをつける
    🙂
    <みじめの意味が違うんです。例えば難関曲ができない等のみじめさと、保育園児からばかにされ、せせら笑われるみじめさとでは。

    ピアニストに嫉妬とか実はどうでも良くて
    このメンタリティが全てでしょうね。
    自分には何も与えられなかった。
    だからちょっとでも恵まれた人を見るとムカつく。
    と言うだけでしょう。

    多分一生何かに嫉妬して過ごすのでしょう。
    誰のコメントにも言い訳ばっかりだし。
    本当に自分を何とかしたいと思ってないみたいですから。

    トピ内ID:3112452581

    ...本文を表示

    ジョージ ウィンストン

    しおりをつける
    🙂
    ピンポン
    トピ主さんは幼少期にピアノを習えず、大人になってからピアノを習い始めたら惨めだった、自力で努力してピアニストになった人はいるのかとお尋ねですが、確か幼少期にピアノを習っておらず、ピアノのコンクールや音大とは無縁のピアニストで、ジョージウィンストンと言うピアニストがいます。
    彼は大人になってからピアノを始め、ピアニストになった方だったと思います。素敵なピアノ曲を発表されていますし、日本でもCM局に使われるなどして有名ですよね。彼は、トピ主さんの中ではピアニストとして認められませんか?

    私は、彼の音楽を聴いて、幼少期にピアノを習っていなくても、音楽が好きで才能があれば、大人になってからでもピアニストになって素敵な曲を作曲し奏でる事ができるのだなと思いました。環境がなくても、才能と努力があれば、大人になってからでも道を開くことは出来るのだなと私は思いますよ。

    トピ内ID:8072116460

    ...本文を表示

    今からやる

    しおりをつける
    🙂
    はな
    そこまでの諦められない想いがお有りなら、今からやる。
    どんな苦労でも乗り越えられるのですよね?

    友人のピアニストは、豊かな家の出ではないですが、小学校の音楽教師の家に遊びに行っては勝手にピアノを弾き、奨学金で音楽の道に進みました。
    留学も奨学金です。
    好きが勝っていたけれど、道のりは困難で、胸が痛むくらい努力していました。
    面と向かってひどいことを言われても、笑っています。
    世界的なピアニストの師匠に師事し、プロになりました。

    経済的に恵まれて音楽を学ぶ人が多数ですが、そうでない人もかなりいます。
    金銭的に困らず進んでも、努力のない人は残らないです。

    私は音楽はもっぱら鑑賞の立場で、月に5回は行くマニアです。
    助産師から世界的なオペラ歌手になった方や、貧困スラムから指揮者になった人、応援する方々が多くいます。

    今からできること、ありますよね。
    例えばYouTubeも侮れません。ピアノの基礎はそこでマスターする。
    中古でピアノを買い、家に教師を招く。探せば格安で教えてくれる教師もいます。
    音大を受験し、奨学金を取る。
    道は探せばある。

    夢を叶えるのは人の数倍以上の努力が必要。
    足の引っ張り合いを笑ってスルーするスキルも必要。
    日本人なら差別は受けます。アジア人にクラシックはわからないと、一度は言われる世界です。
    メンタルは強靭でないと。

    私も別な仕事ですが、憧れを職にしました。
    学費も生活費も自分で稼いで得、奨学金も獲得しました。親に経済力がなかったんです。ついでに虐待家庭でした。
    振り返るとよく頑張ってきたと自分でも驚きます。でも、やらない道を選べませんでした。諦められなかった。
    誰かのせいと、やらない言い訳はしたくなかったんです。

    いつか主様のリサイタルを、わくわくしながら鑑賞したいです。
    応援しています。

    トピ内ID:0142861511

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0