詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    動物病院の対応

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    wanko
    話題
    我が家は16歳半の小型犬を飼っています。
    9歳の時に人で言う「潰瘍性大腸炎」と診断され(内視鏡にて)それ以来ずっと薬を飲ませてきました。
    その時の症状は血便と食欲不振でした。
    しかしずっと薬を飲ませていてもご飯を食べなくなり、缶詰にしたり、ささみを食べさせたりしながら又普通に食べたり、先生にはよく「○○ちゃんはわがままだからねえ」と言われていました。
    又12歳を過ぎた辺りから心臓も「憎帽弁閉鎖不全症」と言われ薬を飲み始めました。又皮膚の弱い犬種と言うことで皮膚が少しでも赤いとか痒がるとすぐに「薬を飲まなくてはだめ」と言われずっとかなりの量の薬を飲んで来ました。
    そして丁度一年前の10月末頃の事です。又食欲が全く無くなり、血液検査、超音波と検査した結果「肝臓に4センチ位の腫瘍がある」と言われました。
    もちろん高齢の為手術は出来ないとのこと。
    ほとんど何も食べない為かなり痩せました(8kgから6kg弱)
    しばらくは(一日おきに3回)点滴に通いましたが、「心臓に負担がかかるからもう点滴はできません」と言われました。
    その時は「水もご飯も食べなくて点滴も出来ないなんて、もう新しい年は迎えられないのですか?」と聞いたら、「この腫瘍を取らない限り食欲は出ません」と言われ、それが11月の中頃の事です。
    それから病院を探してとても良い先生に巡り会い、その愛犬がまだ元気(高齢の為ヨロヨロですが)に生きているんです。
    今ではガリガリだった愛犬が元の体重に戻り又新しい年を迎えられそうです。
    人も癌の余命についてはそれぞれでしょうが、今の先生が言われる事は
    「肝臓は無言の臓器だから食欲不振は他に理由があるはず」と言われ色々原因を探してくれました。
    本当に感謝しかありません。

    トピ内ID:3658742886

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 13 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 41 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順

    良かったですね

    しおりをつける
    🙂
    白オバさん
    良い先生に出会えて。
    うちの猫の場合を思い出しました。11歳まで毎年の定期検診は何も無く、時々吐くようになって、胃液まではいてぐったりして連れていくと、猫はよく吐くから、と吐き気どめの薬、ステロイドの点滴をして、これで大丈夫だから、と。毎回。一度点滴して帰宅後、腰が抜けたようになり、診療時間過ぎでしたが、電話して診てもらいましたが、病院に着いた頃には治っていました。でも、そうなった理由もちゃんとした説明がなく、ああ、治ったから良かったねで終わりです。
    その後に、また体調を崩して検査したら、お腹に腫瘍が2つある、全身麻酔は目が覚めないこともあるので勧めしない。内視鏡でも完全には取りきれない場合もある、無理して手術するより、食べられるものをあげるしかない、と言われました。
    突然の宣告に驚き、悲しく、匙を投げるとはこういうことかと。諦めきれず、犬飼いの知人に教えてもらって別の病院へ。そこでの病院の診断は同じでしたが、詳しく検査できる専門の病院を紹介され、そこの先生からCT画像を見ながら丁寧に説明してもらいました。
    入院はストレスがかかるから、と、毎日来れますかと問われ、遠距離なので迷ってたら、紹介してくれた先生に即電話して、同じお薬を用意できるそうなので、そちらに通ってくださいね、と処方箋と画像のDVDをいただきました。二週間、毎日点滴をしていくうちに元気が戻り3日おき、1週間おき、そして点滴は終了しました。食欲戻り、体重もふえました。
    毎日飲む錠剤は飲んだフリして、後でペッと出すので、つぶして練って上あごに入れてると話したら、病院の方で粉にしてくれました。
    こうして毎月の病院通いをしながら、もう何をやっても無理だと言われてたのが、あきらめなくて本当に良かったと思います。
    本当に、動物病院もお医者さんも、色々です。人間と同じ、セカンドオピニオンは大事だと思いました。

    トピ内ID:7219692198

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    オッサン
     我が家も2歳半のワンコを飼っています。まだ若いのであまり獣医師のお世話にはなっていませんが、時々は診てもらいます。
     最初のかかりつけ医はいかにもいい加減そうなタイプで信用が置けない感じでした。そこでネットで調べて、もう少しまともそうな動物医院に行くことにしました。
     そこの獣医師はまじめそうですが話がくどく、頭はあまり良くなさそうです。なかなか良い獣医師は見つけにくいものですねえ。
     我が家の愛犬は若いので今のところあまり深刻な病気にはなっていませんが、いずれ年を取った時のことを考えて名獣医師を見つけておいた方がいいのかもと考えています。

    トピ内ID:7023222845

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🐶
    wanko
    白オバさん様、オッサン様
    読んでいただき又レスまでしてくださりありがとうございます。
    最近のペットは長生きになりましたから、動物病院選びは大切ですね。
    我が家が始めにかかっていた病院は、愛犬が4~5歳頃に近所に開業した、年中無休、毎日の診察時間も長くて通院するのに便利そうな病院でした。
    平日の夜も8時迄と長くて本当に便利でした。医師は院長は週一で休みが決まっており他の日は若い医師とで二人体制でした。
    しかし長くかかっていて感じたことは、「お金儲け主義?」と感じることが度々ありました。
    それが今の病院に変わって確信となりました。
    その一つが薬の量です。心臓の薬も半分で良いとか、皮膚の薬は止めて良いとか言われ減らしました。
    皮膚の薬は飲んでいるから痒がらないのか?と思っていましたが、止めて以来異常なしです。
    それとフードも病院では売っておらず、一部の病院食のみ置いてあります。
    以前は腸の病気がわかって以来「ロイヤルカナン」とか膀胱炎の時は又別のフードとかをその都度買っておりました。
    余りに高いのでネットでまとめて買ったときに、別のフードを進められ、「ネットでまとめて買っている」と言ったら、「体調に合わせて変えなくてはいけないからまとめて買ってはだめです。」と言われました。
    かなり無駄なお金を使っていたと今となっては残念です。

    トピ内ID:3658742886

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0