詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    老後のお金

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    不安なおばさん
    話題
    今40代後半の子供のいない夫婦です。
    私たちが年金をもらう頃には70歳支給になっているのかな、なんて思ったり。
    皆さん、どのくらいを目安に備えますか?

    夫は年金なんてもらえないかもしれない、と本気で思っています。
    ふたりとも厚生年金で、年収も900万と600万なので、
    私はそこそこもらえるのかしらとまだ期待しています。

    個人年金に入っていて、60歳になったら1000万おりる予定です。
    また、現時点で貯金は2500万ほどですが、投資などはしていません。

    皆さん、もっと備えていますか?

    トピ内ID:3118148735

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 11 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 23 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    同年代です

    しおりをつける
    blank
    40代後半女性
    同年代の子のない夫婦です。貯金は主様と同程度ですが、私は結婚後パートですので、ずっと条件は悪いはず。健康なかぎりじわじわ働くことと貧乏な暮らしをする覚悟はありますが、やはり将来は不安になります。

    トピ内ID:4024755813

    閉じる× 閉じる×

    ねんきん定期便を見て言っているのか

    しおりをつける
    🙂
    esezou
    日本年金機構のFAQにはこうあります。「ねんきん定期便」は、国民年金および厚生年金保険の加入者(被保険者)にお送りしています、と。
    特に50歳以上になると年金見込額が記載されます。
    これらは保証値とは違いますが、概ねもらえる金額と思ってよいでしょう。
    またこれに記載されない金額もあります。
    年金がもらえる時期はどんどん遅くなってますが、受給権がなくなるわけではなく、前倒しも可能です。
    以上年金について正確な知識を仕入れ、ご自分たちの不安を元に「もらえないかもしれない」などと誤った情報を垂れ流すのは止めていただきたい。

    トピ内ID:0876678876

    閉じる× 閉じる×

    老後の不安はありません

    しおりをつける
    50代半ば
    夫婦二人で厚生年金ならあまり心配しなくてもいいと思います。

    蓄えより65歳もしくは70歳までの雇用状態を考えることですね。
    いくら貯蓄が多くても、暇ばかりあって、出費が嵩めばあっという間に底を尽きますし、ある程度収入が得られ仕事があると、健康でないといけないし、
    支出する時間も限られるので、現状と変わらぬ生活が送れると思います。

    私は自営業なので定年はないので、健康なうちは働けていれば、
    特に貯蓄はさほど多くなくても、60歳で夫婦二人で2千万円ほど
    あれば問題ないと考えています。

    だから特に不安はありません。

    トピ内ID:6944480736

    閉じる× 閉じる×

    生活レベル次第

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    トピ主さんの場合、世帯年収が1500万円ですから、税金や社会保険を除いた可処分所得は1000万円程度でしょう

    2500万円をいつから貯め始めたのかわかりませんが、仮に過去10年で貯めたとすれば年間の貯蓄額は250万円

    そこから逆算するとトピ主さん夫婦2人の生活レベルを維持するには年間750万円必要と推定できます。

    年金が夫婦で仮に350万円程度だとすると、今の生活レベルを老後も続けるのであれば毎年400万円の資産取り崩しが必要になります。
    老後を30年と考えると必要な資産は1億2000万円になります

    しかし老後の生活レベルを年金受給額程度まで落とせるのであれば老後の貯蓄はあまり必要ありません。

    老後に必要なお金は結局のところ老後の生活レベル次第なのでしょう

    年金の将来に関しては、5年に一度行っている厚労省の年金財政検証レポートを見るのが一番確実です。複数のシナリオで将来どうなるかが検証されています。

    そのレポートを見ればわかることですが、1つ確実なことがあります。それは年金の所得代替率を現在の61.7%から50%程度まで20-30年かけて調整するということです。つまり現在価値に換算すれば2割ほど支給額が減ることは確実といって良いでしょう。

    夫が想定するような年金を受給できないという可能性はゼロではありません。しかしそのような状況で個人の金融資産が保護される可能性は限りなく低いので、お金を貯めることは防衛策にはならないと思います。
    そのリスクに対処するなら全く別の方法を考えましょう。

    トピ内ID:6755104528

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0