詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    空の巣症候群?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    ハシビロコウ
    話題
    初めての投稿です。

    ありふれた話なのかもしれませんが。
    今日、一人息子が独り立ちしました。
    今月で26歳になります。ちゃんと社会にお返し出来て
    親の役目も無事、終わってほっとしたところです。

    26年ぶりに夫婦2人暮らしにもどりました。
    息子の部屋の後始末や、いつも使っていたカップ等、片付け始めると、涙が溢れてきます。

    別に夫婦仲が悪いわけでも、息子ベッタリな母親でもありませんでしたが、この寂しさ、喪失感はなんなのでしょう?

    小町の皆さんもきっと、このような心情を経験された方もおられる事でしょう。

    時間の経つと楽になるものでしょうか?
    どのように心を鎮めたら良いのでしょうか?

    トピ内ID:4312668522

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 12 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 191 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そのままで

    しおりをつける
    🐧
    けちゃっぷ
    変に抑え込まないでどっぷり感傷に浸るのも気持ちの上で大事でしょう。

    好きな泣ける唄でもあればじっくり聞くのも良いと思います。

     

    トピ内ID:2744666812

    ...本文を表示

    お気持ちわかります

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    トピを読み、近い将来の自分のように思い、レスします。
    我が家には、来年の4月に就職が内定している大学生の息子がいます。最初は自宅から通勤予定ですが、いずれは独立すると言っています。自立させるまでが親の勤めと思ってこれまで育ててきました。だから、巣立っていくことは喜ばしい事だとはわかっています。私も息子べったりな訳ではないし、仕事も持ち、夫婦仲も円満ですが、近い将来巣立つ日がくることを思うとさみしいです。
    皆さん、どうされているのでしょうか。

    トピ内ID:6251107998

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    18歳の娘が息子かと思ったら、26歳なんですね。
    まぁかなり遅めではありますが、無事に巣立って良かったですね!
    お疲れ様でしたー!!

    残りの人生、思う存分旦那と楽しんで下さいね!

    トピ内ID:0445711876

    ...本文を表示

    まだ序の口

    しおりをつける
    🙂
    息子が社会に巣立ったとき、母親は寂しいです。
    私も修士で遠くに就職したときは寂しかったです。
    それよりも、結婚してお嫁さんを一番大切にしている姿を見ると、就職の時以上に寂しいです。
    今生の別れをその時に感じます。
    そして時が流れて、本物の今生の別れをする時がいつか訪れるでしょう。
    母親の息子への愛情は海よりも深いです。

    トピ内ID:4197192859

    ...本文を表示

    みんなそうなんですよ。

    しおりをつける
    匿名
    娘を嫁に出すのも私は、これからも納得出来ないくらいです。
    可愛がってそだてた娘を義理家にだし、嫁だからとコキ使われる。
    この風習なんなんでしょうね??
    娘が居たら絶対出したくない。
    結婚したくない女の子が増えるのもわかりますわ。
    子どもが巣立ちするのは人間が1番遅いのですよね。まぁ、気持ちもありますしね。
    私も、そのうちポッカリになるんだろうなぁーて思ってます。
    旦那とは仲良くしようとか。

    トピ内ID:2066831683

    ...本文を表示

    片付けを急がない

    しおりをつける
    🙂
    posuyumi
    ちゃんとされてるんだなあ、と感心しましたが。
    心理的負担を感じてまで片付けなくても良かったのかもしれないです。

    私が結婚しても、旦那が結婚しても、実家の部屋はすぐにはそのままでしたよ。
    帰省すればそのままその部屋に泊まりましたし。

    私の部屋は三年後には里帰り出産のためにすっきりさせてくれました。
    旦那の部屋はいまもまだ勉強机や本棚が残っています。

    何年もたち、もうさすがに捨てたほうがすっきりするなあ、という心境になってからでも良かったきがしますね。

    トピ内ID:0852819707

    ...本文を表示

    母も言ってました

    しおりをつける
    🙂
    フリースタイル
    末の妹が結婚して家を出たあと、せいせいした気持ち半分、寂しさも有ったと。ちょっと荒れてましたねぇ。

    荒れると言うか・・・子供達(既婚)に電話しまくるとか、構ってアピールも凄かった。
    子供達から、趣味(母は絵を書くのが上手い)をやったらと言われても、「ちっとも面白くない!」と荒れる訳です。

    母は友人から介護の資格を取る講座に誘われ、訪問介護にパートで登録し、働き始めたら、収まったみたいです。
    誰かのお世話をするという充実感や、パート仲間で雑談したり、絵を書くような一人でいる時間を増やすより、誰かとワイワイやりたかったのでしょう。

    母のパート先は、訪問介護とデイサービスをやっていたので、デイの方で母の絵心も発揮できたようです(笑)

    トピ内ID:6467358645

    ...本文を表示

    時間と共に慣れます。

    しおりをつける
    blank
    雨の一日
    26年長かったから余計に、寂しいんでしょう。

    我が家は18歳で二人の子供の都会への進学で、家を出ています。
    寂しいのはあったけど、子供の成長で親から巣立つのが当然なので、微笑ましい気持ちが勝ってましたよ。
    いつかは夫婦二人に戻るのは自然な事ですものね。

    トピ内ID:8358261905

    ...本文を表示

    トピ主さんが

    しおりをつける
    blank
    アポロ
    自分の人生を持っているのなら直ぐに乗り越えていくと思いますよ。
     何か趣味ありますか?俳句や短歌、英会話、ボランティア登山サークル何でもよいと思います。なければ今から始めればよいと思います。学生時代興味のあったものを思い出して。一定のレベルまでは直ぐに上達すると思いますよ。それ以上の上達には才能が必要ですが。好きなことは才能が無くても一定のレベルまでは上達するのだそうです。
     「この寂しさ・喪失感」は、トピ主さんが自分の人生を持っていなければ息子さんが結婚した時息子さんの配偶者に「嫉妬」という形で向けられる可能性があります。
     子育て長年大変だったと思います。これからを第二の青春として考え、自分探しを始められたら寂しさ・喪失感などたちどころに吹っ飛ぶと思いますよ。

    トピ内ID:6273390658

    ...本文を表示

    自分の母の気持ちに沿う事で、

    しおりをつける
    🙂
    Aloha
    今は成人してそれぞれに家庭を持った男女二人の子どもの母です。トピ文を読んで久しぶりに、昔の甘酸っぱい記憶を思い出してホロリとしました。私の経験をご参考までに書きます。

    娘が、希望していた遠くの大学に行くために家を出ました。まだ18歳になったばかりでした。空港まで送りに行くと言う私を振り切って、空港行きのバスに一人で乗る痩せた後姿を見送って帰宅した時には、娘の居ないがらんとした家が淋しくて、涙が出て止まりませんでした。

    翌日仕事に行っても、すぐに涙が出て仕事に身が入りません。これではいけないと次の様に考えました。私が生家を出たのは、娘よりもう少し大人になってからでしたが、外国に留学するためでしたから、私の母はもっと寂しくて私の事を心配したことでしょう。でも母は、私がやりたい事をやらせるために、寂しいとか、行かないほうが良いとか、一言も口に出さずに、笑って私を送り出してくれました。

    その時の母の寂しさを考えたら、私も元気を出さなければ、と決心しました。私は趣味で洋裁を良くします。娘が特別に痩せっぽちで、既製服が体に合わなかったので、小さい時から可愛い子供服を自分で縫っていつも着せていました。その趣味を活かして既製服の合わない母にも、時々着るものを縫ったりしていました。

    遠く離れた娘を思って涙を流すエネルギーを、快く送り出してくれた自分の母への感謝に振り替えて、自分なりに昇華させることにしました。仕事から帰った夕飯後に、夜なべ仕事でミシンに向かって母の着るものを毎晩縫いました。手の掛かる外出用のスーツから、冬の寒い台所で着られる厚地ウールのロングスカートまで、合計で5~6枚を一気に縫いあげました。

    縫ったものを小包にして母に送った後は、せいせいした快さが残りました。母から子へ、そしてまたその子へと、人生は順送りなのです。母は死ぬまで私が作った衣類を楽しんでくれました。

    トピ内ID:6950235913

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  12
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0